検索結果 4 件中 1 件 〜 4 件 "Architecture"
  1. 2009012200143

    「レトロ写真―あのころ」 金堂壁画を焼失  1949(昭和24)年1月26日、国宝・法隆寺の金堂から火災が発生、貴重な壁画12面を焼損。原因は電気座布団からの失火ともいわれる。これがきっかけで翌年、文化財保護法が制定される。世界最古の木造建築物は93年に世界文化遺産となった。

  2. 2009011400144

    「同盟写真特報」 頼母し完璧の備え、わが機械化消防陣、写真協会提供、(1)毅然!敵襲下に備えて完璧のわが消防隊員(2)火事ツ!と見る間間一髪、発火通報は司令部へ飛び、折返り司令部より出動命令は下る、その間実に十数秒(3)指令下るや直ちに出動、消防自動車は現場に急ぐ(4)(5)見る見るうちに梯子は伸びて消火活動は始まる。高層建築物等には梯子自動車が出動する、昭和17年5月21日(木曜日)第1768号

  3. 2004040300097

    51年カラーニュース 994 酒田市が大火  大火の火元とみられる映画館「グリーンハウス」の焼け跡。大型木造建築物で発見が遅れたため火の回りが速く、初期消火ができなくて約11時間も燃え続ける大火につながった=1976(昭和51)年10月30日、山形県酒田市

  4. 1995022300074

    連載企画「阪神大震災・専門家の分析」5回続きの(5)  悲惨な避難生活が長期化  室崎益輝・神戸大教授(カラーネガ)(むろさき・よしてる)京大工学部建築学科卒。同学科助手を経て、1977年から神戸大工学部へ、87年から教授。都市防災が専門で、阪神大震災でも火災などの被害状況を調査した。50歳。兵庫県尼崎市出身

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像