検索結果 48 件中 1 件 〜 48 件 "open"
  1. 2019071400289

    「震災原発」 原発事故後初スーパー開店  福島県浪江町、東京電力福島第1原発、イオン浪江店

  2. 2019071400288

    「震災原発」 原発事故後初スーパー開店  福島県浪江町、東京電力福島第1原発、イオン浪江店

  3. 2019071400287

    「12段用」「震災原発」 原発事故後初スーパー開店  福島県浪江町、東京電力福島第1原発、イオン浪江店

  4. 2019071400286

    「12段用」「震災原発」 原発事故後初スーパー開店  福島県浪江町、東京電力福島第1原発、イオン浪江店

  5. 2019071400207

    原発事故後初スーパー開店  イオン浪江店の開店セレモニー=14日午前、福島県浪江町

  6. 2019071400206

    原発事故後初スーパー開店  イオン浪江店の開店セレモニー=14日午前、福島県浪江町

  7. 2018031000951

    「東日本大震災7年」 きょう東日本大震災7年  津波で大きな被害を受けた福島県いわき市平薄磯地区を訪れた、山田守広さん(左)と久保井良子さん。原発事故前、楢葉町に住んでいた2人は、避難先のいわき市で出会った。今月末に仮設住宅の無償提供が終了するため、楢葉町に戻り共に暮らすことにした。「一緒になろうと思ってるんだ、寂しいしね」=10日午後

  8. 2017070300643

    市民に丁寧な情報提供を  東京電力福島第1原発の廃炉作業への理解促進を目指す「廃炉国際フォーラム」=3日午後、福島県いわき市

  9. 2017030400210

    「東日本大震災6年」「写真ニュース」24枚組みの(22) 明かりともる新たな町  東京電力福島第1原発(奥)の事故による全町避難が続く福島県大熊町の大川原地区。昨年Jヴィレッジから移動してきた同社の単身寮群(左下)と、作業員に食事を提供する福島給食センター(右)が明るく浮かび上がる。町は新役場庁舎を2018年度中に同地区に建設する計画だ=2月21日

  10. 2017021900326

    「東日本大震災6年」 自主避難者、再び家族分断  福島第1原発事故の自主避難者に対する住宅無償提供の継続を訴えデモ行進する人たち=2016年12月、福島市

  11. 2016120400184

    住宅無償提供「延長を」  福島第1原発事故の自主避難者に対する住宅無償提供の継続を訴えデモ行進する人たち=4日午後、福島市

  12. 2016072100529

    環境回復施設がオープン  環境創造センターで、事故直後の東京電力福島第1原発の模型を見る福島県の内堀雅雄知事(左から3人目)ら=21日午後、福島県三春町

  13. 2016033100418

    「環境整備の第一歩」  原発事故で全町避難が続く富岡町にオープンしたコンビニ=31日午後、福島県富岡町

  14. 2016033100417

    「環境整備の第一歩」  原発事故で全町避難が続く福島県富岡町にオープンしたコンビニで行われた開店セレモニーで、テープカットをする宮本皓一町長(中央)ら=31日午後

  15. 2016030100685

    原発構内にコンビニ開店・資料  東京電力福島第1原発敷地内にある作業員の大型休憩施設にオープンしたローソン=1日午後

  16. 2016030100683

    第1原発にコンビニ・資料  東京電力福島第1原発敷地内にある作業員の大型休憩施設にオープンしたローソン=1日午後

  17. 2016030100682

    第1原発にコンビニ・資料  東京電力福島第1原発敷地内にある作業員の大型休憩施設にオープンしたローソン=1日午後

  18. 2016030100677

    第1原発にコンビニ・資料  東京電力福島第1原発敷地内にある作業員の大型休憩施設。この建物内にローソンがオープンした=1日午後

  19. 2016030100668

    第1原発にコンビニ・資料  東京電力福島第1原発敷地内にある作業員の大型休憩施設にオープンしたローソン=1日午後

  20. 2016030100582

    原発構内にコンビニ開店  東京電力福島第1原発敷地内にある作業員の大型休憩施設にローソンがオープンし、あいさつする小野明所長=1日午後

  21. 2016030100581

    原発構内にコンビニ開店  東京電力福島第1原発敷地内にある作業員の大型休憩施設にオープンしたローソン=1日午後

  22. 2016030100580

    原発構内にコンビニ開店  東京電力福島第1原発敷地内にある作業員の大型休憩施設にオープンしたローソンの店内。食料品や日用品が並ぶ=1日午後

  23. 2015073100199

    全村避難の飯舘にコンビニ  東京電力福島第1原発事故で全村避難が続く飯舘村に、事故後初出店したセブン―イレブンの開店セレモニーでテープカットする菅野典雄村長(左から2人目)ら=31日午前

  24. 2015073100171

    全村避難の飯舘にコンビニ  東京電力福島第1原発事故で全村避難が続く福島県飯舘村に事故後、初出店したセブン―イレブン=31日午前

  25. 2015062000586

    「震災原発」「大型サイド」原発事故の住宅提供 「避難続ける権利を」  福島第1原発事故の避難指示区域など

  26. 2015062000584

    「震災原発」「大型サイド」原発事故の住宅提供 「避難続ける権利を」  福島第1原発事故の避難指示区域など

  27. 2015060100472

    作業員向け大型休憩所完成  東京電力福島第1原発の敷地内に完成した大型休憩所の食堂で、食事する作業員ら=1日午前(代表撮影)

  28. 2015022600905

    作業員に温かい食事を  福島第1原発の作業員に食事を提供するため整備が進む「福島給食センター」=25日、福島県大熊町

  29. 2013122500537

    情報提供不十分と不満  島根原発2号機の安全対策について話し合う鳥取県の平井伸治知事(左)と中国電力の苅田知英社長=25日午後、鳥取県庁

  30. 2013112900650

    使用済み燃料、初の移送  使用済み核燃料が入った輸送容器をつり下ろす作業=29日午後、福島第1原発の共用プール建屋(東京電力提供、核物質防護の理由から公開できない部分が画像加工されています)

  31. 2013112900619

    使用済み燃料、初の移送  共用プール建屋に移送された、使用済み核燃料が入った輸送容器=29日午後、福島第1原発(東京電力提供、核物質防護の理由から公開できない部分が画像加工されています)

  32. 2013112900615

    使用済み燃料、初の移送  福島第1原発の共用プール建屋内でつり上げられた輸送容器=29日午後(東京電力提供、核物質防護の理由から公開できない部分が画像加工されています)

  33. 2013112900614

    使用済み燃料、初の移送  共用プール建屋で、除染ピットに降ろされる使用済み核燃料が入った輸送容器=29日午後、福島第1原発(東京電力提供、核物質防護の理由から公開できない部分が画像加工されています)

  34. 2012070600401

    熊本県、九電と覚書締結  川内原発の事故発生時などの情報提供に関する覚書を締結した、九州電力の瓜生道明社長(左)と熊本県の蒲島郁夫知事=6日午後、熊本県庁

  35. 2012031000385

    米、日本の対処能力疑う  2011年3月25日、東京電力福島第1原発へ向かう米軍提供の台船=東京湾の浦賀水道

  36. 2012021100240

    「東日本大震災」 線量マップ、まず米側へ  東京電力が米原子力規制委員会に提供した福島第1原発のサーベイマップの一つ(NRC公表資料から)

  37. 2011081600350

    「東日本大震災」 「復興ひまわり」が満開  福島県南相馬市原町区では、原発事故の影響で作付けができなかった畑にヒマワリが満開となっている。「復興ひまわり大作戦実行委員会」が農地の保全と景観を考えて、6月に全国から集まったボランティアらと種まきをしたもの。農地を提供した八津尾初夫さんは被災して仮設住宅での生活を続けるが「ヒマワリが人の笑顔に見える。元気をもらっています」と話した=16日午後

  38. 2011072500426

    「東日本大震災」 「知識と経験を提供」  福島第1原発の視察を終え、記者団の質問に答えるIAEAの天野之弥事務局長=25日午後、福島県いわき市

  39. 2011072500425

    「東日本大震災」 「知識と経験を提供」  福島第1原発の視察を終えたIAEAの天野之弥事務局長(中央)=25日午後、福島県いわき市

  40. 2011072500424

    「東日本大震災」 「知識と経験を提供」  福島第1原発の視察を終え、記者団の質問に答えるIAEAの天野之弥事務局長=25日午後、福島県いわき市

  41. 2011050800353

    「東日本大震災」 原子炉建屋の二重扉開放  福島県浪江町の海沿いの被災地。約4・5キロ離れた福島第1原発の排気筒(奥)が見える=8日午前

  42. 2011050300298

    「東日本大震災」 被災地の表情  福島県川内村の緊急時避難準備区域内でコンビニを経営する秋元武さん。村の商店として23年間1日も休まず営業してきたが、福島第1原発の事故のため郡山へ避難を余儀なくされた。この日は店内に風を通すために開店。たばこを買い求める地元住民の姿も見られたが、原発の事故以来入荷はない。「原発建設には反対だった。こんな事故があったけど、村を離れることはない、行く末を見たいと思います」と話した=3日午後

  43. 2011033100483

    「セレ534」 東日本大震災  東京電力福島第1原発へ向かう米軍提供の台船=3月25日、東京湾の浦賀水道で共同通信社ヘリから

  44. 2011033100334

    「東日本大震災」 建屋の水、排除へ作業  東京電力福島第1原発へ向かう米軍提供の台船=3月25日、東京湾の浦賀水道で共同通信社ヘリから

  45. 2011032500437

    米軍が真水を提供  福島第1原発の原子炉などに注入する真水を積んだ米艦艇(手前)をえい航する海上自衛隊の艦艇=25日午後1時29分、東京湾の浦賀水道で共同通信社ヘリから(東日本大震災)

  46. 2011032500436

    米軍が真水を提供  福島第1原発の原子炉などに注入する真水を積んだ米艦艇(奥)をえい航する海上自衛隊の艦艇=25日午後1時29分、東京湾の浦賀水道で共同通信社ヘリから(東日本大震災)

  47. 2007102300112

    【】  圧力容器のふたを開放 クレーンで持ち上げられる新潟県の柏崎刈羽原発2号機の原子炉圧力容器のふた=23日午後

  48. 2007072400484

     【 】  新潟県中越沖地震 16日、地震により水面が波立っていく柏崎刈羽原発3号機の燃料貯蔵プールのモニター画像。上は地震前、下の2枚が地震発生時で、水面に白い泡のようなものが見える。時刻表示に地震発生時より約2分の遅れが生じている(東京電力提供)

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像