検索結果 864 件中 1 件 〜 50
  1. 2020052200699

    「3密」避け対策本部設置  訓練に水陸両用車も登場  台風による河川氾濫と感染症の複合災害を想定した愛知県豊橋市の防災訓練で水難救助を行う水陸両用車=22日午前

  2. 2020052200698

    「3密」避け対策本部設置  水陸両用車が水難救助訓練  台風による河川氾濫と感染症の複合災害を想定した愛知県豊橋市の防災訓練で水難救助を行う水陸両用車=22日午前

  3. 2020051402101

    室戸沖で9人不明、絶望か    転覆した韓国の小型タンカー、インチョン・パイオニア号の救難ゴムボートを収容する巡視船の保安官=1989(平成元)年10月31日午前9時13分、高知県室戸沖(共同通信社ヘリから) 元年国内 15204

  4. 2020050804677

    黒竜江最北端、7カ月の凍結期終了昨年より5日早く解氷  4月29日、漠河市北極村で撮影した黒竜江。中国とロシアの国境を流れる黒竜江の漠河区間は、4月29日朝から解氷期に入った。黒竜江は7カ月にわたる眠りから覚め、勢いを増しながら東へ流れる。黒竜江省漠河市の水害防止事業担当者によると、今春は気温の上昇が早く、同区間は昨年よりも5日早く解氷期に入ったという。(漠河=新華社配信/王景陽)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020050804664

    黒竜江最北端、7カ月の凍結期終了昨年より5日早く解氷  4月29日、漠河市北極村で撮影した黒竜江。中国とロシアの国境を流れる黒竜江の漠河区間は、4月29日朝から解氷期に入った。黒竜江は7カ月にわたる眠りから覚め、勢いを増しながら東へ流れる。黒竜江省漠河市の水害防止事業担当者によると、今春は気温の上昇が早く、同区間は昨年よりも5日早く解氷期に入ったという。(漠河=新華社配信/王景陽)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020050804585

    黒竜江最北端、7カ月の凍結期終了昨年より5日早く解氷  4月29日、漠河市北極村で撮影した黒竜江。中国とロシアの国境を流れる黒竜江の漠河区間は、4月29日朝から解氷期に入った。黒竜江は7カ月にわたる眠りから覚め、勢いを増しながら東へ流れる。黒竜江省漠河市の水害防止事業担当者によると、今春は気温の上昇が早く、同区間は昨年よりも5日早く解氷期に入ったという。(漠河=新華社配信/王景陽)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020050804544

    黒竜江最北端、7カ月の凍結期終了昨年より5日早く解氷  4月29日、漠河市北極村で撮影した黒竜江。中国とロシアの国境を流れる黒竜江の漠河区間は、4月29日朝から解氷期に入った。黒竜江は7カ月にわたる眠りから覚め、勢いを増しながら東へ流れる。黒竜江省漠河市の水害防止事業担当者によると、今春は気温の上昇が早く、同区間は昨年よりも5日早く解氷期に入ったという。(漠河=新華社配信/王景陽)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020050804609

    黒竜江最北端、7カ月の凍結期終了昨年より5日早く解氷  4月29日、漠河市北極村で撮影した黒竜江。中国とロシアの国境を流れる黒竜江の漠河区間は、4月29日朝から解氷期に入った。黒竜江は7カ月にわたる眠りから覚め、勢いを増しながら東へ流れる。黒竜江省漠河市の水害防止事業担当者によると、今春は気温の上昇が早く、同区間は昨年よりも5日早く解氷期に入ったという。(漠河=新華社配信/王景陽)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020042707595

    医療崩壊回避へ模索 浸水したまび記念病院  西日本豪雨で浸水した「まび記念病院」=2018年7月8日、岡山県倉敷市 「大型サイド」感染症と洪水の複合災害

  10. 2020042707594

    医療崩壊回避へ模索 病院から脱出する人たち  浸水で孤立した「まび記念病院」からボートで脱出する人たち=2018年7月8日、岡山県倉敷市 「大型サイド」感染症と洪水の複合災害

  11. 2020042103640

    早め早めの対応に役立つ 大水害による山崩れ  2011年の紀伊半島大水害による山崩れの現場=2月26日、三重県紀宝町 経済・行政連載企画「明日への挑戦」(31)=タイムライン

  12. 2020042103634

    早め早めの対応に役立つ 流木で遮断された県道  2011年の紀伊半島大水害で氾濫した熊野川からの流木で遮断された県道=三重県紀宝町 経済・行政連載企画「明日への挑戦」(31)=タイムライン

  13. 2020041301041

    親戚、友人宅避難も考えて 長野市の避難所  昨年の台風19号による浸水被害で、開設された長野市の避難所

  14. 2020041200041

    99人犠牲、台風19号半年 捜索する天野さん  台風19号上陸から半年を迎え、土砂災害で行方不明となった小野正子さんの手掛かりを求め捜索する天野民子さん=12日午前、宮城県丸森町

  15. 2020041200011

    99人犠牲、台風19号半年 床上浸水した住宅  昨年10月の台風19号による大雨で床上浸水した住宅。工事が遅れており、住民が2階で生活を続けている=11日夕、福島県いわき市

  16. 2020041101633

    「早く見つけてあげたい」 天野民子さん  行方不明となった妹小野正子さんの手掛かりを求めて、土砂崩れ現場近くを捜索する天野民子さん=5日、宮城県丸森町

  17. 2020041101632

    「早く見つけてあげたい」 捜索する天野民子さん  行方不明となった妹小野正子さんの手掛かりを求めて土砂崩れ現場近くを捜索する天野民子さん=5日、宮城県丸森町

  18. 2020041101630

    「早く見つけてあげたい」 花供える天野民子さん  家族が土砂崩れに巻き込まれた現場に花を供える天野民子さん=5日、宮城県丸森町

  19. 2020041101564

    予期せぬ災害、深い爪痕 自宅1階の高野さん  台風19号で浸水した自宅で話す高野照恵さん=3日、宮城県丸森町 「大型サイド」

  20. 2020041101563

    予期せぬ災害、深い爪痕 自宅被災の高野さん  台風19号で1階天井付近まで浸水した自宅で話す高野照恵さん=3日、宮城県丸森町 「大型サイド」

  21. 2020041101562

    予期せぬ災害、深い爪痕 止まった時計と高野さん  台風19号で被災した自宅で話す高野照恵さん。天井近くまで浸水し、1階の時計は止まったままだ=3日、宮城県丸森町 「大型サイド」

  22. 2020041001732

    「見当つかぬ」難工事 道路にあふれる水  2016年4月の熊本地震で、土砂崩れが発生した山から道路にあふれる水。道路に沿ったJR豊肥線の線路も押し流された=熊本県南阿蘇村 「熊本地震4年」

  23. 2020040902772

    企業4割が全面再開できず 郡山の工業団地  台風19号で浸水した福島県郡山市の郡山中央工業団地=2019年10月14日(共同通信社ヘリから)

  24. 2020040902250

    堤防決壊7県140カ所 千曲川の決壊現場  2019年10月、台風19号の豪雨で千曲川(右)の堤防が決壊し、住宅地へ濁流が流れ込んだ長野市穂保の現場。下は3日に撮影した同所。締切堤防付近では復旧作業が続く(いずれも小型無人機から) 台風19号半年1㌻特集

  25. 2020040902249

    堤防決壊7県140カ所 復旧作業中の堤防  昨年の台風19号で被災し、復旧作業中の阿武隈川支流高倉川の堤防=8日、宮城県角田市 台風19号半年1㌻特集

  26. 2020040902245

    企業4割が全面再開できず 郡山中央工業団地  昨年10月の台風19号で大規模な浸水被害があった福島県郡山市の郡山中央工業団地=9日

  27. 2020040801413

    JR豊肥線、8月めど再開 押し流された道路と線路  熊本地震による土砂崩れで押し流された道路とJR豊肥線の線路=2016年4月、熊本県南阿蘇村 「熊本地震4年」

  28. 2020040801412

    JR豊肥線、8月めど再開 押し流されたJR豊肥線  熊本地震による土砂崩れで線路が押し流されたJR豊肥線=2016年4月、熊本県南阿蘇村 「熊本地震4年」

  29. 2020031603697

    高台に町完成も人口流出 野蒜の災害危険区域  宮城県東松島市野蒜地区の津波で浸水した災害危険区域(手前)と高台に造成された団地(奥)=2月(共同通信社ヘリから) 「大型サイド」宮城・野蒜地区

  30. 2020031603693

    高台に町完成も人口流出 災害危険区域と高台  宮城県東松島市野蒜地区の高台に造成された団地(奥)と津波で浸水した災害危険区域(手前)=2月(共同通信社ヘリから) 「大型サイド」宮城・野蒜地区

  31. 2020031302326

    東京の浸水4100棟    集中豪雨で神田川があふれ、床上浸水の後片付けをする住民=1989(平成元)年8月1日午前7時30分、東京都中野区本町 元年国内 10663

  32. 2020031301758

    生き埋めの一家3人絶望視    土砂崩れの危険を逃れ、近くの「子母口老人いこいの家」に避難した周辺住民=1989(平成元)年8月1日午前10時、川崎市高津区子母口 元年国内 10657

  33. 2020031301753

    「助けて」の悲鳴残し    土砂崩れ現場から救出される消防署員。2度目の土砂崩れが発生し、救出作業中の消防署員も土砂に埋もれた=1989(平成元)年8月1日午前8時31分、川崎市高津区蟹ケ谷 元年国内 10655

  34. 2020031301730

    「助けて」の悲鳴残し    救出の消防署員ら6人が生き埋めになった土砂崩れ現場。現場が狭く救出作業ははかどらない=1989(平成元)年8月1日午前7時すぎ、川崎市高津区蟹ケ谷 元年国内 10651

  35. 2020031200943

    台風19号、公表は3割 土砂崩れ現場の捜索  台風19号による土砂崩れの現場で、不明者を捜索する警察官=2019年10月、宮城県丸森町 1㌻特集「災害時の死者氏名公表」

  36. 2020022809037

    安住つかの間、再び浸水 石巻市の災害公営住宅  台風19号による大雨で車が水没した、宮城県石巻市不動町の災害公営住宅=2019年10月13日 1㌻特集「二重被災」

  37. 2020030305287

    ジャカルタ首都圏で洪水  大雨で冠水したジャカルタの道路=2020(令和2)年2月25日、インドネシア・ジャカルタ、クレジット:NNA/共同通信イメージズ 「NNA」

  38. 2020021201212

    鉄道復旧断念、BRT転換 浸水した日田彦山線の線路  2017年7月の九州北部の豪雨で浸水したJR日田彦山線の線路=大分県日田市

  39. 2020021200858

    「避難勧告」すぐ逃げて 氾濫した千曲川  去年の台風19号による大雨で氾濫(はんらん)した千曲(ちくま)川=2019年10月、長野市 「ニュースアラカルト」(社会)「『避難勧告』すぐ逃げて」

  40. 2020020402608

    温暖化で台風ゆっくりに 氾濫した吉田川  台風19号の大雨で氾濫(はんらん)した吉田川=2019年10月、宮城県大郷町(おおさとちょう) 子ども学習企画「ニュースで解けた?」(300)

  41. 2020012500494

    実態に合わず対象外続出 浸水した宮城県丸森町  台風19号の影響で浸水した市街地で、救助活動にあたるヘリコプター=2019年10月、宮城県丸森町 「表層深層」被災者生活再建支援法アンケート

  42. 2020012500200

    追悼  ブラジル・サンパウロで壁画のモデルとなったのは、昨年のダム決壊事故の犠牲者。現場から運んだ泥で描かれたという。(ロイター=共同) 「海外フォト」

  43. 2020012224808

    水害で日立移転、地元衝撃 日立製作所の事業所  郡山中央工業団地にある日立製作所の事業所。昨年の台風19号で浸水被害に遭った=21日、福島県郡山市 大型サイド「台風19号で企業撤退」

  44. 2020011100406

    今も避難所に100人超 福島県いわき市の避難所  台風19号による河川の氾濫などで被災した住民が身を寄せる福島県いわき市の避難所=10日

  45. 2020010804680

    温暖化で台風ゆっくりに 決壊した千曲川の堤防  台風19号の大雨で決壊した千曲川の堤防(右上)。地球温暖化が台風の速度を遅らせ、豪雨被害が深刻になる懸念がある=2019年10月、長野市穂保

  46. 2019122200442

    水門開扉遅れで水位上昇 住民向け説明会  旧笊川の氾濫に関して行われた住民向け説明会=22日午前、仙台市太白区

  47. 2019122100017

    台風襲来、甚大被害続発 土砂崩れ現場の捜索  台風19号による土砂崩れの現場で、行方不明者を捜索する警察官=10月、宮城県丸森町廻倉地区

  48. 2019122100014

    台風襲来、甚大被害続発 氾濫した千曲川  台風19号による大雨で増水し氾濫した千曲川=10月、長野市穂保

  49. 2019122001014

    震度7、水害懸念も想定 佐賀県内の首長ら  災害研修「トップフォーラム」に参加する佐賀県内の首長ら=5月、佐賀県庁 ミニ特集「首長が学ぶ災害対応」

  50. 2019122001011

    震度7、水害懸念も想定 トップフォーラム  災害研修「トップフォーラム」に参加する佐賀県内の首長ら=5月、佐賀県庁 ミニ特集「首長が学ぶ災害対応」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像