検索結果 7,260 件中 1 件 〜 50
  1. 2019111905024

    「大型サイド」台風19号の住宅被害 浸水住宅に独自支援相次ぐ  台風19号で浸水被害を受けた家屋から家財道具を搬出するボランティア=10月15日、福島県いわき市

  2. 2019111403580

    台風19号で墓標30流れたか  墓標に造花を並べる黒沢完一さん=14日、群馬県上野村

  3. 2019111402732

    台風19号で墓標30流れたか  土砂崩れで崩落した「御巣鷹の尾根」の登山道=14日午後、群馬県上野村

  4. 2019111402625

    台風19号で墓標30流れたか  台風19号の影響で崩落した「御巣鷹の尾根」の登山口に向かう村道=14日、群馬県上野村

  5. 2019111402623

    台風19号で墓標30流れたか  台風19号による土砂崩れで埋まった「御巣鷹の尾根」の登山口=14日午前、群馬県上野村

  6. 2019111402621

    台風19号で墓標30流れたか  犠牲者の墓標が流されたとみられる「スゲノ沢」=14日午前、群馬県上野村

  7. 2019111402614

    台風19号で墓標30流れたか  「スゲノ沢」で犠牲者の墓標を捜す黒沢完一さん=14日、群馬県上野村

  8. 2019111401070

    「真摯に受け止め反省」  台風後の対応について記者会見する千葉県の森田健作知事=14日午前、千葉県庁

  9. 2019111400035

    被害軽減した防災訓練  台風19号で被災した妙笑寺=6日、長野市

  10. 2019111303110

    台風不明者を大規模捜索  行方不明者を捜索する茨城県警の警察官=13日午前10時12分、茨城県常陸大宮市

  11. 2019111302755

    台風不明者を大規模捜索  行方不明者の捜索に向かう茨城県警の警察官ら=13日午前10時7分、茨城県常陸大宮市

  12. 2019111205956

    台風19号から1カ月  住宅の敷地に押し寄せた土をかき出すボランティア=12日午後、宮城県丸森町

  13. 2019111205880

    台風19号から1カ月  土砂崩れで大槻利子さんらが亡くなった現場から見つかった衣類を、大槻武光さん(右)から受け取る、利子さんの長男恵太さん=11日午後、宮城県丸森町廻倉地区

  14. 2019111205643

    台風19号から1カ月  傾いた自宅横の倉庫を片付ける男性=12日、宮城県丸森町

  15. 2019111203522

    台風で名物桜倒れ新植樹へ  台風15号の強風で倒れた「左近の桜」の場所には「跡地」と記した看板が立てられた=8日、水戸市

  16. 2019111201819

    犠牲者悼み、住民黙とう  間借りして授業を受けている丸森小の教室で、台風19号の犠牲者を悼み黙とうする金山小の児童=12日正午、宮城県丸森町

  17. 2019111201641

    犠牲者悼み、住民黙とう  台風19号の犠牲者を悼み黙とうする長野県佐久市役所の職員=12日正午

  18. 2019111201619

    犠牲者悼み、住民黙とう  台風19号の犠牲者を悼み、宮城県丸森町の避難所で黙とうする住民ら=12日正午

  19. 2019111201583

    犠牲者悼み、住民黙とう  台風19号の犠牲者を悼み、正午の時報に合わせて黙とうする長野県佐久市役所の職員ら=12日

  20. 2019111201549

    犠牲者悼み、住民黙とう  間借りして授業を受けている丸森小の教室で、台風19号の犠牲者を悼み黙とうする金山小の児童=12日正午、宮城県丸森町

  21. 2019111201479

    犠牲者悼み、住民黙とう  台風19号の犠牲者を悼み、正午の時報に合わせて黙とうする長野県佐久市役所の職員ら=12日

  22. 2019111200651

    犠牲者悼み、住民黙とう  台風19号の影響で倒れ、撤去される電柱=12日午前、宮城県丸森町

  23. 2019111200103

    犠牲者悼み、住民黙とう  台風19号で犠牲となった男性の遺体が見つかった千曲川の中州には花束が置かれていた。周囲には流木やがれきが散乱したままだ=12日午前、長野県佐久市

  24. 2019111200097

    犠牲者悼み、住民黙とう  台風19号上陸から1カ月となった12日、流木や土砂が押し寄せたままの住宅=宮城県丸森町

  25. 2019111200049

    犠牲者悼み、住民黙とう  台風19号の影響で、傾いた自宅横の倉庫から家財を運び出す男性=12日午前、宮城県丸森町

  26. 2019111200016

    台風被災のピアノ再生へ  台風19号の影響で浸水被害を受けたピアノに触る鈴木智子さんと子どもたち。奥は調律師の遠藤洋さん=10月、福島県いわき市

  27. 2019111108032

    台風19号上陸から1カ月  長野市赤沼地区の公園に仮置きされた災害ごみ。夜になり自衛隊による搬出作業が行われた=11日

  28. 2019111108021

    台風19号、多い在宅被災者  長野市赤沼地区の公園に仮置きされた災害ごみ。夜になり自衛隊による搬出作業が行われていた=11日

  29. 2019111107579

    台風19号、多い在宅被災者  宮城県丸森町の筆甫地区の道路に残る土砂や流木=11日

  30. 2019111107503

    「故郷の味」守ると再起  台風19号で被災し、販売を控えることになったキウイが入った箱。右は渡辺信行さん=7日、福島県いわき市

  31. 2019111107267

    メインサイド「原発事故と二重被災した福島県の農家」 「故郷の味」守ると再起  台風19号で被災し、販売を控えることになったキウイを手に取る渡辺信行さん=7日、福島県いわき市

  32. 2019111107119

    台風19号、多い在宅被災者  宮城県丸森町立金山小の校庭に積まれた災害ごみ=11日午後

  33. 2019111106608

    台風19号、多い在宅被災者  宮城県丸森町の避難所で夜を過ごす人たち=11日

  34. 2019111106524

    台風19号、多い在宅被災者  宮城県丸森町の筆甫地区で崩落したままの道路=11日

  35. 2019111106519

    台風19号、多い在宅被災者  宮城県丸森町の筆甫地区で崩落したままの道路=11日

  36. 2019111106474

    台風19号、多い在宅被災者  浸水した畑でリンゴを落とす田中英男さん=11日、長野市赤沼地区

  37. 2019111106316

    台風19号、多い在宅被災者  浸水したリンゴ畑でがれきを片付ける田中英男さん=11日、長野市赤沼地区

  38. 2019111000425

    台風で鉄塔倒壊の現地視察  視察後、取材に応じる有識者作業部会の横山明彦座長=10日午後、千葉県君津市

  39. 2019111000424

    台風で鉄塔倒壊の現地視察  鉄塔が倒壊した跡地を視察する有識者作業部会の横山明彦座長(手前)ら=10日午後、千葉県君津市

  40. 2019110900651

    車水没、生活再建に支障  台風の被害にあった自動車=7日、宮城県丸森町

  41. 2019110900646

    「大型サイド」台風19号被害 車水没、生活再建に支障  日本カーシェアリング協会が、台風19号の被害が大きい宮城県丸森町で無料貸し出しを始めた車=9日

  42. 2019110900457

    台風19号、各地で被害  台風19号で被災した長野市赤沼地区に、愛知県の複数の高校から40人を超える生徒がボランティアに入った。立冬を過ぎ、朝から冷え込んだプルーン畑で泥をかき出した。阿部咲音さん(右から2人目)は、「まだまだボランティアの数が足りないと実感した。できる限りの活動を続けていきたい」と力を込めた=9日

  43. 2019110900032

    公立小中高10校「間借り」  台風19号で被災した宮城県丸森町立金山小の体育館=6日

  44. 2019110900007

    偕楽園の名物桜が台風被害  台風15号の強風で倒れた「左近の桜」の場所には「跡地」と記した看板が立てられた=8日、水戸市

  45. 2019110803025

    「写真特集」23枚組の(20) 台風19号まもなく1カ月  一日の片付け作業を終え、泥水が流れ込んだ自宅から庭を見つめる香高牧夫さん(70)。「救助されてから数日間、耳元で雨や川の音が聞こえているようで眠れなかった」。今は少しずつ落ち着きを取り戻している=6日

  46. 2019110802944

    「写真特集」23枚組の(19) 台風19号まもなく1カ月  近所の人たちとにぎやかにお茶を囲んだ家は、変わり果てた―。台風19号で宮城県丸森町の八巻とくさん(82)の自宅は、1階部分が浸水。2人きりで暮らす夫と2階へ上がり、一夜を明かした。運べたのは、先祖の位牌(いはい)と、布団だけ。趣味の編み物に使う毛糸、大切に育てた庭の花や木々、畑も全て流された。ボランティアの力で床下の泥はかき出した。部屋には、くっきりと浸水の跡が残る。「ここさ来っと思い出してしまってさびしいよ」。涙が止まらなくなった=7日

  47. 2019110802855

    「写真特集」23枚組の(18) 台風19号まもなく1カ月  立冬を迎え、朝晩の冷え込みが強くなった長野市で、台風19号の被災者に向け、応急仮設住宅の建築が急ピッチで進む。市内3カ所に計100戸を建てる計画で今月中の完成を目指す。全23戸を建てる予定の若槻団地運動広場では、クレーンが資材をつり上げ、職人が忙しく動き回っていた。県産木材などをふんだんに使った木造建築の建物で、1棟あたり4~5戸が入る=8日

  48. 2019110802299

    「写真特集」23枚組の(10) 台風19号まもなく1カ月  台風19号の影響で水位が上がった多摩川の丸子橋(手前から2本目)付近(上、10月13日)。河川敷の球場や芝生は、まだ泥に覆われていた(下、5日)。手前は東京都大田区、奥は川崎市中原区(共同通信社ヘリから)

  49. 2019110802297

    「写真特集」23枚組の(13) 台風19号まもなく1カ月  台風19号の影響で、町の中心部へ出る道路が寸断された宮城県丸森町蕨平地区にとどまった家族。停電が続き、ろうそくや懐中電灯の明かりだけで夕食を囲んだ(上、10月17日)。電気が復旧し、明るい部屋で過ごす家族だんらんの時間が戻った。しかし、「子どもたちは大人が話す台風への不安を耳にして、ストレスを感じているよう。それが心配」と母は話した(下、5日)

  50. 2019110802276

    被災工業団地ルポ 「お客が逃げてしまう」  郡山中央工業団地で、台風19号で被災した工場を清掃する従業員=2日、福島県郡山市

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像