検索結果 11 件中 1 件 〜 11
  1. 2019121110009

    「新華社」 保護されたゾウの野生復帰に尽くす「ゾウのお父さん」雲南省  雲南省シーサンパンナ国家自然保護区にある中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センター。(8月15日撮影、小型無人機から)2008年11月に完成した中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターは、雲南省シーサンパンナの密林で保護を必要とする野生ゾウに「シェルター」を提供している。同センターには「ゾウのお父さん」と呼ばれるアジアゾウ専門のケアスタッフが30人余り所属しており、保護した野生ゾウの世話に当たっている。これまでに野生のアジアゾウ23頭の救助に携わってきた。アジアゾウのケアに従事しているゾウ専門医は「われわれの最終目標は、野生ゾウに世話と治療を施し自然に戻すことだ」と語る。「ゾウのお父さん」の世話により、ほとんどの野生ゾウが元気な姿で自然に戻った。(景洪=新華社記者/楊宗友)=2019(令和元)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2018092621075

    負のイメージ、払拭に期待  登山道の規制が解除され、遺族らが訪れた御嶽山の山頂付近。避難用のシェルター(右下)が設置された=26日午前(共同通信社ヘリから)

  3. 2018092621073

    負のイメージ、払拭に期待  登山道の規制が解除され、遺族らが訪れた御嶽山の山頂。避難用のシェルター(右下の箱形)を設置するなどの安全策が強化された=26日午前(共同通信社ヘリから)

  4. 2018092600043

    遺族初めて御嶽山頂に  御嶽山の山頂付近に設置された避難用のシェルター=23日(共同通信社ヘリから)

  5. 2018092600039

    遺族初めて御嶽山頂に  噴石による被害の爪痕が残る御嶽山の山頂付近の山小屋。左上は避難用に設置されたシェルター=23日(共同通信社ヘリから)

  6. 2018092600031

    遺族初めて御嶽山頂に  噴火から4年を迎える御嶽山山頂の剣ケ峰。避難用のシェルター(中央右の箱形)が設置された=23日(共同通信社ヘリから)

  7. 2018092600030

    遺族初めて御嶽山頂に  噴火から4年を迎える御嶽山山頂の剣ケ峰。避難用のシェルター(中央付近の箱形)が設置された=23日(共同通信社ヘリから)

  8. 2018092600021

    遺族初めて御嶽山頂に  噴火から4年を迎える御嶽山山頂の剣ケ峰付近。避難用のシェルター(中央右の箱形)が設置された=23日(共同通信社ヘリから)

  9. 2015072500595

    御嶽山頂にシェルター設置  行方不明者の捜索再開を前に、御嶽山山頂付近に設置された仮設シェルター=25日午前(共同通信社ヘリから)

  10. 2015072500101

    御嶽山頂にシェルター設置  行方不明者の捜索再開を前に、御嶽山山頂付近に設置された仮設シェルター=25日午前(共同通信社ヘリから)

  11. 2000082600079

      全島民の4分の1脱出  陸揚げされた避難用シェルター=26日午後4時20分、東京都三宅村の三池港で共同通信社ヘリから

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像