検索結果 10,771 件中 1 件 〜 50
  1. 2020112403737

    ダム建設、産業創出目指す 熊本県の会合  豪雨からの復興計画が示された熊本県の会合。奥は蒲島郁夫知事=24日午後、熊本県庁

  2. 2020112403568

    熊本豪雨被害のピアノ修復 調律師遠藤さんと山中さん  7月の熊本豪雨で被災したグランドピアノの修復活動を行う遠藤洋さん(右)と山中裕貴さん=21日、福島県いわき市

  3. 2020112403567

    熊本豪雨被害のピアノ修復 ピアノ修復する遠藤さんら  7月の熊本豪雨で被災したグランドピアノの修復活動に当たる遠藤洋さん(左手前)と山中裕貴さん(右)=21日、福島県いわき市

  4. 2020112403558

    熊本豪雨被害のピアノ修復 調律師遠藤さんと山中さん  7月の熊本豪雨で被災したグランドピアノの修復活動に当たる遠藤洋さん(手前)と山中裕貴さん(右)=21日、福島県いわき市

  5. 2020111905873

    川辺川ダム建設再開へ 黙とうする熊本県知事ら  熊本県議会全員協議会の冒頭、7月の豪雨の犠牲者を悼み黙とうする蒲島郁夫知事(中央)。政策を転換し、川辺川ダム建設を容認すると表明した=19日午前10時

  6. 2020111905644

    豪雨被災者らダム評価二分 取材に応じる城本町内会長  取材に応じる熊本県人吉市城本町の城本雄二町内会長=19日

  7. 2020111902355

    熊本知事、川辺川ダム容認 全員協議会で黙とう  熊本県議会全員協議会の冒頭、7月の豪雨の犠牲者を悼み行われた黙とう=19日午前10時

  8. 2020111902351

    熊本知事、川辺川ダム容認 黙とうする熊本県知事ら  熊本県議会全員協議会の冒頭、7月の豪雨の犠牲者を悼み黙とうする蒲島郁夫知事(中央)ら=19日午前10時

  9. 2020111403839

    「災害弱者」支援へ法改正 球磨村で救助のお年寄り  7月、豪雨被害を受けた熊本県球磨村で、自衛隊員に救助されるお年寄り

  10. 2020111403827

    明るみに出た実態、啓発に 掲示されたポスター  7月の熊本豪雨で、避難所に掲示された性暴力防止の啓発ポスター=9月11日、熊本県八代市 「特集」災害時の性暴力

  11. 2020111003948

    工事会社と職人結ぶ 仮設建設で作業する関係者  豪雨被害を受けた熊本県人吉市で始まった仮設住宅の建設作業=7月11日 経済・行政連載企画「明日への挑戦」(44)=アプリで建設業支援

  12. 2020110905497

    要配慮者、個別に支援を 岡山県倉敷市の検討会  西日本豪雨で甚大な被害を受けた岡山県倉敷市で開かれた検討会=9日

  13. 2020110205559

    改正法案のポイント  豪雨対策を目的とする水防法などの改正案ポイント

  14. 2020110205557

    改正法案のポイント  豪雨対策を目的とする水防法などの改正案ポイント

  15. 2020110205555

    改正法案のポイント  豪雨対策を目的とする水防法などの改正案ポイント 「12段用」

  16. 2020110205553

    改正法案のポイント  豪雨対策を目的とする水防法などの改正案ポイント 「12段用」

  17. 2020110203960

    豪雨流失の消防団看板返還  看板が流失した球磨村と、発見された対馬市

  18. 2020110203956

    豪雨流失の消防団看板返還  看板が流失した球磨村と、発見された対馬市

  19. 2020110203902

    豪雨流失の消防団看板返還 返還された看板とヒノキ板  返還された看板(左)と新たに贈られた対馬産ヒノキ板=2日午後、熊本県球磨村

  20. 2020110203900

    豪雨流失の消防団看板返還 返還される看板  長崎県対馬市消防団の安田寿和団長(右)から看板を受け取る熊本県球磨村消防団の松野三千夫団長=2日午後、球磨村

  21. 2020102807652

    熊本、豪雨被災地で運動会 運動会に登場のくまモン  熊本県球磨村で小学校の運動会にサプライズで登場した「くまモン」=28日午後

  22. 2020102807640

    熊本、豪雨被災地で運動会 サプライズ登場のくまモン  熊本県球磨村で小学校の運動会にサプライズで登場した「くまモン」=28日午後

  23. 2020102405977

    土砂災害、区域指定に課題 自宅跡地に立つ大松崎さん  昨年10月の豪雨による土砂崩れで全壊した自宅跡地に立つ大松崎賢次さん。斜面は今もブルーシートがかかったままだった=19日、千葉市緑区誉田町

  24. 2020101005107

    特別警報、今回13例目  大雨特別警報の発表基準

  25. 2020101005106

    特別警報、今回13例目  大雨特別警報の発表基準

  26. 2020101005105

    特別警報、今回13例目  大雨特別警報の発表基準 「12段用」

  27. 2020101005104

    特別警報、今回13例目  大雨特別警報の発表基準 「12段用」

  28. 2020101005076

    伊豆諸島に大雨特別警報  東京都・三宅島、御蔵島

  29. 2020101005075

    伊豆諸島に大雨特別警報  東京都・三宅島、御蔵島

  30. 2020101005074

    伊豆諸島に大雨特別警報  東京都・三宅島、御蔵島 「12段用」

  31. 2020101005073

    伊豆諸島に大雨特別警報  東京都・三宅島、御蔵島 「12段用」

  32. 2020101203434

    支援者とグータッチして必勝誓う伊原木氏 岡山県浅口市  支援者とグータッチして必勝を誓う伊原木隆太氏=岡山県浅口市。25日投票の岡山県知事選は10日、告示後初の週末を迎えた。新人で元共産党県議の森脇久紀氏(57)、3選を目指す現職の伊原木隆太氏(54)の無所属2陣営は、平日の日中は有権者が不在になりがちな住宅街や農村部などを遊説。新型コロナウイルス対策に配慮しながら、感染防止の対応や西日本豪雨災害からの復興などをテーマに舌戦をヒートアップさせた。=2020(令和2)年10月10日、岡山県浅口市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  33. 2020101408222

    「最後」の渡し守福建省浦城県  10日、福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲村の渡し場で、渡し船の廃止前に乗りに来た地元民。中国福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲(ぼうしゅう)村の茅洲渡し場でこのほど、重量約2トンの鉄製の渡し船が岸に引き上げられ、地元民のために約70年間サービスを提供してきた渡し場が、正式にその役割を終えた。何栄興(か・えいこう)さん(59)は同渡し場の最後の渡し守で、これまでボランティアで数えきれないほど地元民を乗せてきた。強風や大雨の際は、渡し船は運航できなかったが、もしこのささやかな渡し場と渡し船がなければ、村民は町へ出るためにさらに1時間以上必要となった。同省北部の山地に位置する浦城県ではここ数年、渡し船を廃止して橋を建設するプロジェクトを進め、県内に20カ所ほどあった渡し場は、現在使用されている3カ所を残すのみとなった。地元の交通部門の担当者は、今後数年間プロジェクトを継続し、渡し船に頼る村の交通事情を一変させる予定だと述べた。(南平=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020101408335

    「最後」の渡し守福建省浦城県  10日、船を出す前にロープをほどく渡し守の何栄興さん。中国福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲(ぼうしゅう)村の茅洲渡し場でこのほど、重量約2トンの鉄製の渡し船が岸に引き上げられ、地元民のために約70年間サービスを提供してきた渡し場が、正式にその役割を終えた。何栄興(か・えいこう)さん(59)は同渡し場の最後の渡し守で、これまでボランティアで数えきれないほど地元民を乗せてきた。強風や大雨の際は、渡し船は運航できなかったが、もしこのささやかな渡し場と渡し船がなければ、村民は町へ出るためにさらに1時間以上必要となった。同省北部の山地に位置する浦城県ではここ数年、渡し船を廃止して橋を建設するプロジェクトを進め、県内に20カ所ほどあった渡し場は、現在使用されている3カ所を残すのみとなった。地元の交通部門の担当者は、今後数年間プロジェクトを継続し、渡し船に頼る村の交通事情を一変させる予定だと述べた。(南平=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020101408225

    「最後」の渡し守福建省浦城県  10日、地元民を乗せ船をこぐ渡し守の何栄興さん。中国福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲(ぼうしゅう)村の茅洲渡し場でこのほど、重量約2トンの鉄製の渡し船が岸に引き上げられ、地元民のために約70年間サービスを提供してきた渡し場が、正式にその役割を終えた。何栄興(か・えいこう)さん(59)は同渡し場の最後の渡し守で、これまでボランティアで数えきれないほど地元民を乗せてきた。強風や大雨の際は、渡し船は運航できなかったが、もしこのささやかな渡し場と渡し船がなければ、村民は町へ出るためにさらに1時間以上必要となった。同省北部の山地に位置する浦城県ではここ数年、渡し船を廃止して橋を建設するプロジェクトを進め、県内に20カ所ほどあった渡し場は、現在使用されている3カ所を残すのみとなった。地元の交通部門の担当者は、今後数年間プロジェクトを継続し、渡し船に頼る村の交通事情を一変させる予定だと述べた。(南平=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020101408213

    「最後」の渡し守福建省浦城県  10日、地元民に船との記念写真を依頼する渡し守の何栄興さん。中国福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲(ぼうしゅう)村の茅洲渡し場でこのほど、重量約2トンの鉄製の渡し船が岸に引き上げられ、地元民のために約70年間サービスを提供してきた渡し場が、正式にその役割を終えた。何栄興(か・えいこう)さん(59)は同渡し場の最後の渡し守で、これまでボランティアで数えきれないほど地元民を乗せてきた。強風や大雨の際は、渡し船は運航できなかったが、もしこのささやかな渡し場と渡し船がなければ、村民は町へ出るためにさらに1時間以上必要となった。同省北部の山地に位置する浦城県ではここ数年、渡し船を廃止して橋を建設するプロジェクトを進め、県内に20カ所ほどあった渡し場は、現在使用されている3カ所を残すのみとなった。地元の交通部門の担当者は、今後数年間プロジェクトを継続し、渡し船に頼る村の交通事情を一変させる予定だと述べた。(南平=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020101408249

    「最後」の渡し守福建省浦城県  10日、福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲村の渡し場で救命設備を運ぶ何栄興さん。中国福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲(ぼうしゅう)村の茅洲渡し場でこのほど、重量約2トンの鉄製の渡し船が岸に引き上げられ、地元民のために約70年間サービスを提供してきた渡し場が、正式にその役割を終えた。何栄興(か・えいこう)さん(59)は同渡し場の最後の渡し守で、これまでボランティアで数えきれないほど地元民を乗せてきた。強風や大雨の際は、渡し船は運航できなかったが、もしこのささやかな渡し場と渡し船がなければ、村民は町へ出るためにさらに1時間以上必要となった。同省北部の山地に位置する浦城県ではここ数年、渡し船を廃止して橋を建設するプロジェクトを進め、県内に20カ所ほどあった渡し場は、現在使用されている3カ所を残すのみとなった。地元の交通部門の担当者は、今後数年間プロジェクトを継続し、渡し船に頼る村の交通事情を一変させる予定だと述べた。(南平=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020101408271

    「最後」の渡し守福建省浦城県  10日、着岸後、船を固定する準備をする渡し守の何栄興さん。中国福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲(ぼうしゅう)村の茅洲渡し場でこのほど、重量約2トンの鉄製の渡し船が岸に引き上げられ、地元民のために約70年間サービスを提供してきた渡し場が、正式にその役割を終えた。何栄興(か・えいこう)さん(59)は同渡し場の最後の渡し守で、これまでボランティアで数えきれないほど地元民を乗せてきた。強風や大雨の際は、渡し船は運航できなかったが、もしこのささやかな渡し場と渡し船がなければ、村民は町へ出るためにさらに1時間以上必要となった。同省北部の山地に位置する浦城県ではここ数年、渡し船を廃止して橋を建設するプロジェクトを進め、県内に20カ所ほどあった渡し場は、現在使用されている3カ所を残すのみとなった。地元の交通部門の担当者は、今後数年間プロジェクトを継続し、渡し船に頼る村の交通事情を一変させる予定だと述べた。(南平=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020101408285

    「最後」の渡し守福建省浦城県  10日、トラクターが渡し船を引き揚げる様子を携帯電話で撮影する村民。中国福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲(ぼうしゅう)村の茅洲渡し場でこのほど、重量約2トンの鉄製の渡し船が岸に引き上げられ、地元民のために約70年間サービスを提供してきた渡し場が、正式にその役割を終えた。何栄興(か・えいこう)さん(59)は同渡し場の最後の渡し守で、これまでボランティアで数えきれないほど地元民を乗せてきた。強風や大雨の際は、渡し船は運航できなかったが、もしこのささやかな渡し場と渡し船がなければ、村民は町へ出るためにさらに1時間以上必要となった。同省北部の山地に位置する浦城県ではここ数年、渡し船を廃止して橋を建設するプロジェクトを進め、県内に20カ所ほどあった渡し場は、現在使用されている3カ所を残すのみとなった。地元の交通部門の担当者は、今後数年間プロジェクトを継続し、渡し船に頼る村の交通事情を一変させる予定だと述べた。(南平=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020101408303

    「最後」の渡し守福建省浦城県  10日、最後の渡し船を出す前に、まもなく開通する大橋を見つめる渡し守の何栄興さん。中国福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲(ぼうしゅう)村の茅洲渡し場でこのほど、重量約2トンの鉄製の渡し船が岸に引き上げられ、地元民のために約70年間サービスを提供してきた渡し場が、正式にその役割を終えた。何栄興(か・えいこう)さん(59)は同渡し場の最後の渡し守で、これまでボランティアで数えきれないほど地元民を乗せてきた。強風や大雨の際は、渡し船は運航できなかったが、もしこのささやかな渡し場と渡し船がなければ、村民は町へ出るためにさらに1時間以上必要となった。同省北部の山地に位置する浦城県ではここ数年、渡し船を廃止して橋を建設するプロジェクトを進め、県内に20カ所ほどあった渡し場は、現在使用されている3カ所を残すのみとなった。地元の交通部門の担当者は、今後数年間プロジェクトを継続し、渡し船に頼る村の交通事情を一変させる予定だと述べた。(南平=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020101408313

    「最後」の渡し守福建省浦城県  10日、船を引き揚げるトラクターを待つ渡し守の何栄興さん。中国福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲(ぼうしゅう)村の茅洲渡し場でこのほど、重量約2トンの鉄製の渡し船が岸に引き上げられ、地元民のために約70年間サービスを提供してきた渡し場が、正式にその役割を終えた。何栄興(か・えいこう)さん(59)は同渡し場の最後の渡し守で、これまでボランティアで数えきれないほど地元民を乗せてきた。強風や大雨の際は、渡し船は運航できなかったが、もしこのささやかな渡し場と渡し船がなければ、村民は町へ出るためにさらに1時間以上必要となった。同省北部の山地に位置する浦城県ではここ数年、渡し船を廃止して橋を建設するプロジェクトを進め、県内に20カ所ほどあった渡し場は、現在使用されている3カ所を残すのみとなった。地元の交通部門の担当者は、今後数年間プロジェクトを継続し、渡し船に頼る村の交通事情を一変させる予定だと述べた。(南平=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020101408208

    「最後」の渡し守福建省浦城県  10日、最後の運航後、オールを肩に担ぎ岸に上がった渡し守の何栄興さん。中国福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲(ぼうしゅう)村の茅洲渡し場でこのほど、重量約2トンの鉄製の渡し船が岸に引き上げられ、地元民のために約70年間サービスを提供してきた渡し場が、正式にその役割を終えた。何栄興(か・えいこう)さん(59)は同渡し場の最後の渡し守で、これまでボランティアで数えきれないほど地元民を乗せてきた。強風や大雨の際は、渡し船は運航できなかったが、もしこのささやかな渡し場と渡し船がなければ、村民は町へ出るためにさらに1時間以上必要となった。同省北部の山地に位置する浦城県ではここ数年、渡し船を廃止して橋を建設するプロジェクトを進め、県内に20カ所ほどあった渡し場は、現在使用されている3カ所を残すのみとなった。地元の交通部門の担当者は、今後数年間プロジェクトを継続し、渡し船に頼る村の交通事情を一変させる予定だと述べた。(南平=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020101408229

    「最後」の渡し守福建省浦城県  10日、地元民のために最後の船を出す渡し守の何栄興さん。近くに新しく建設された茅洲大橋が見える。(小型無人機から)中国福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲(ぼうしゅう)村の茅洲渡し場でこのほど、重量約2トンの鉄製の渡し船が岸に引き上げられ、地元民のために約70年間サービスを提供してきた渡し場が、正式にその役割を終えた。何栄興(か・えいこう)さん(59)は同渡し場の最後の渡し守で、これまでボランティアで数えきれないほど地元民を乗せてきた。強風や大雨の際は、渡し船は運航できなかったが、もしこのささやかな渡し場と渡し船がなければ、村民は町へ出るためにさらに1時間以上必要となった。同省北部の山地に位置する浦城県ではここ数年、渡し船を廃止して橋を建設するプロジェクトを進め、県内に20カ所ほどあった渡し場は、現在使用されている3カ所を残すのみとなった。地元の交通部門の担当者は、今後数年間プロジェクトを継続し、渡し船に頼る村の交通事情を一変させる予定だと述べた。(南平=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020101408339

    「最後」の渡し守福建省浦城県  10日、地元民のために最後の船を出す渡し守の何栄興さん。(小型無人機から)中国福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲(ぼうしゅう)村の茅洲渡し場でこのほど、重量約2トンの鉄製の渡し船が岸に引き上げられ、地元民のために約70年間サービスを提供してきた渡し場が、正式にその役割を終えた。何栄興(か・えいこう)さん(59)は同渡し場の最後の渡し守で、これまでボランティアで数えきれないほど地元民を乗せてきた。強風や大雨の際は、渡し船は運航できなかったが、もしこのささやかな渡し場と渡し船がなければ、村民は町へ出るためにさらに1時間以上必要となった。同省北部の山地に位置する浦城県ではここ数年、渡し船を廃止して橋を建設するプロジェクトを進め、県内に20カ所ほどあった渡し場は、現在使用されている3カ所を残すのみとなった。地元の交通部門の担当者は、今後数年間プロジェクトを継続し、渡し船に頼る村の交通事情を一変させる予定だと述べた。(南平=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020100901949

    朝鮮通信・資料 国家非常災害委員会の会議  洪水と大雨の被害防止対策を立てる北朝鮮の国家非常災害委員会のメンバー。朝鮮中央通信が2020年8月6日配信した(朝鮮通信=共同)

  46. 2020101408333

    「最後」の渡し守福建省浦城県  9日、福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲村の渡し場とその周辺。(小型無人機から)中国福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲(ぼうしゅう)村の茅洲渡し場でこのほど、重量約2トンの鉄製の渡し船が岸に引き上げられ、地元民のために約70年間サービスを提供してきた渡し場が、正式にその役割を終えた。何栄興(か・えいこう)さん(59)は同渡し場の最後の渡し守で、これまでボランティアで数えきれないほど地元民を乗せてきた。強風や大雨の際は、渡し船は運航できなかったが、もしこのささやかな渡し場と渡し船がなければ、村民は町へ出るためにさらに1時間以上必要となった。同省北部の山地に位置する浦城県ではここ数年、渡し船を廃止して橋を建設するプロジェクトを進め、県内に20カ所ほどあった渡し場は、現在使用されている3カ所を残すのみとなった。地元の交通部門の担当者は、今後数年間プロジェクトを継続し、渡し船に頼る村の交通事情を一変させる予定だと述べた。(南平=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020100204241

    寒暖差で局地的な前線形成  大雨のメカニズム(イメージ) 1㌻特集「台風19号被害1年」

  48. 2020100204238

    寒暖差で局地的な前線形成  大雨のメカニズム(イメージ) 1㌻特集「台風19号被害1年」

  49. 2020092503113

    予算確保へ高まる圧力 土砂に巻き込まれた民家  2018年7月、西日本豪雨の影響で土砂に巻き込まれた民家=広島県呉市阿賀町 連載企画「どうなる地方政策―新政権の課題」3回続きの(上)公共事業

  50. 2020092200135

    被災体験基に豪雨支援企画 手紙を書く星野さん  業務の合間に寄付のお礼の手紙を書く全日空の副操縦士、星野寿樹さん

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像