検索結果 76 件中 1 件 〜 50 件 "ブロック"
  1. 2020052601917

    成都など6都市で中日地方発展協力モデル区建設へ発改委が承認  20日、中日(成都)地方発展協力モデル区の瞪羚谷エリア。中国四川省成都市ハイテク産業開発区(高新区)で20日、中日産業協力オンライン誘致説明会が開催され、中日(成都)地方発展協力モデル区が正式に設立・開業し、イトーヨーカ堂BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)中国エリア本部プロジェクトや中日アニメ・漫画街区などのプロジェクト契約が締結された。国家発展改革委員会(発改委)は先ごろ、成都、天津、大連、上海、蘇州、青島の6都市の中日地方発展協力モデル区建設を正式に承認した。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020052601785

    成都など6都市で中日地方発展協力モデル区建設へ発改委が承認  20日、誘致説明会で発言する日本の著名アニメプロデューサー、黒川慶二郎氏。中国四川省成都市ハイテク産業開発区(高新区)で20日、中日産業協力オンライン誘致説明会が開催され、中日(成都)地方発展協力モデル区が正式に設立・開業し、イトーヨーカ堂BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)中国エリア本部プロジェクトや中日アニメ・漫画街区などのプロジェクト契約が締結された。国家発展改革委員会(発改委)は先ごろ、成都、天津、大連、上海、蘇州、青島の6都市の中日地方発展協力モデル区建設を正式に承認した。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020052601924

    成都など6都市で中日地方発展協力モデル区建設へ発改委が承認  20日、オンライン誘致説明会の会場。中国四川省成都市ハイテク産業開発区(高新区)で20日、中日産業協力オンライン誘致説明会が開催され、中日(成都)地方発展協力モデル区が正式に設立・開業し、イトーヨーカ堂BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)中国エリア本部プロジェクトや中日アニメ・漫画街区などのプロジェクト契約が締結された。国家発展改革委員会(発改委)は先ごろ、成都、天津、大連、上海、蘇州、青島の6都市の中日地方発展協力モデル区建設を正式に承認した。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020051800880

    河北省、中国初の市街区域ICVモデル走行区の運用開始  14日、河北省滄州市の経済開発区で、スマートコネクテッドカーの横で写真を撮る市民。中国河北省滄州市は14日、2回目のインテリジェント・コネクテッド・ビークル(ICV)モデル走行区の運用を開始すると発表した。今回試行地区が同市経済開発区から市街区域に拡大されたことで、同市が中国で初めて市街区域でスマートコネクテッドカーの走行テストを行った都市となった。前回のモデル走行区の距離を合わせると、同市のICVモデル走行区の総距離は229キロメートルに達した。今回の走行テストはコネクテッドカー企業の多岐にわたる路上テストのニーズに対応するため、市街区域の主要道路、高速道路、国道などさまざまな種類の道路で行われた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020051800972

    河北省、中国初の市街区域ICVモデル走行区の運用開始  14日、スマートコネクテッドカーの車内で写真を撮る市民。中国河北省滄州市は14日、2回目のインテリジェント・コネクテッド・ビークル(ICV)モデル走行区の運用を開始すると発表した。今回試行地区が同市経済開発区から市街区域に拡大されたことで、同市が中国で初めて市街区域でスマートコネクテッドカーの走行テストを行った都市となった。前回のモデル走行区の距離を合わせると、同市のICVモデル走行区の総距離は229キロメートルに達した。今回の走行テストはコネクテッドカー企業の多岐にわたる路上テストのニーズに対応するため、市街区域の主要道路、高速道路、国道などさまざまな種類の道路で行われた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020051800907

    河北省、中国初の市街区域ICVモデル走行区の運用開始  14日、滄州市内の路上でスマートコネクテッドカーの走行テストを行うテスト担当者。中国河北省滄州市は14日、2回目のインテリジェント・コネクテッド・ビークル(ICV)モデル走行区の運用を開始すると発表した。今回試行地区が同市経済開発区から市街区域に拡大されたことで、同市が中国で初めて市街区域でスマートコネクテッドカーの走行テストを行った都市となった。前回のモデル走行区の距離を合わせると、同市のICVモデル走行区の総距離は229キロメートルに達した。今回の走行テストはコネクテッドカー企業の多岐にわたる路上テストのニーズに対応するため、市街区域の主要道路、高速道路、国道などさまざまな種類の道路で行われた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020051800941

    河北省、中国初の市街区域ICVモデル走行区の運用開始  14日、河北省滄州市の経済開発区で、スマートコネクテッドカーの横で写真を撮る市民。中国河北省滄州市は14日、2回目のインテリジェント・コネクテッド・ビークル(ICV)モデル走行区の運用を開始すると発表した。今回試行地区が同市経済開発区から市街区域に拡大されたことで、同市が中国で初めて市街区域でスマートコネクテッドカーの走行テストを行った都市となった。前回のモデル走行区の距離を合わせると、同市のICVモデル走行区の総距離は229キロメートルに達した。今回の走行テストはコネクテッドカー企業の多岐にわたる路上テストのニーズに対応するため、市街区域の主要道路、高速道路、国道などさまざまな種類の道路で行われた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020051800961

    河北省、中国初の市街区域ICVモデル走行区の運用開始  14日、スマートコネクテッドカーを体験した市民。中国河北省滄州市は14日、2回目のインテリジェント・コネクテッド・ビークル(ICV)モデル走行区の運用を開始すると発表した。今回試行地区が同市経済開発区から市街区域に拡大されたことで、同市が中国で初めて市街区域でスマートコネクテッドカーの走行テストを行った都市となった。前回のモデル走行区の距離を合わせると、同市のICVモデル走行区の総距離は229キロメートルに達した。今回の走行テストはコネクテッドカー企業の多岐にわたる路上テストのニーズに対応するため、市街区域の主要道路、高速道路、国道などさまざまな種類の道路で行われた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020051800870

    河北省、中国初の市街区域ICVモデル走行区の運用開始  14日、河北省滄州市の経済開発区にある自動運転試行ステーション前で、出発を待つスマートコネクテッドカー。中国河北省滄州市は14日、2回目のインテリジェント・コネクテッド・ビークル(ICV)モデル走行区の運用を開始すると発表した。今回試行地区が同市経済開発区から市街区域に拡大されたことで、同市が中国で初めて市街区域でスマートコネクテッドカーの走行テストを行った都市となった。前回のモデル走行区の距離を合わせると、同市のICVモデル走行区の総距離は229キロメートルに達した。今回の走行テストはコネクテッドカー企業の多岐にわたる路上テストのニーズに対応するため、市街区域の主要道路、高速道路、国道などさまざまな種類の道路で行われた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020051800744

    河北省、中国初の市街区域ICVモデル走行区の運用開始  14日、河北省滄州市の経済開発区にある自動運転試行ステーション前で、出発を待つスマートコネクテッドカー。中国河北省滄州市は14日、2回目のインテリジェント・コネクテッド・ビークル(ICV)モデル走行区の運用を開始すると発表した。今回試行地区が同市経済開発区から市街区域に拡大されたことで、同市が中国で初めて市街区域でスマートコネクテッドカーの走行テストを行った都市となった。前回のモデル走行区の距離を合わせると、同市のICVモデル走行区の総距離は229キロメートルに達した。今回の走行テストはコネクテッドカー企業の多岐にわたる路上テストのニーズに対応するため、市街区域の主要道路、高速道路、国道などさまざまな種類の道路で行われた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020051800975

    河北省、中国初の市街区域ICVモデル走行区の運用開始  14日、スマートコネクテッドカーの車内に設置された液晶ディスプレイ。中国河北省滄州市は14日、2回目のインテリジェント・コネクテッド・ビークル(ICV)モデル走行区の運用を開始すると発表した。今回試行地区が同市経済開発区から市街区域に拡大されたことで、同市が中国で初めて市街区域でスマートコネクテッドカーの走行テストを行った都市となった。前回のモデル走行区の距離を合わせると、同市のICVモデル走行区の総距離は229キロメートルに達した。今回の走行テストはコネクテッドカー企業の多岐にわたる路上テストのニーズに対応するため、市街区域の主要道路、高速道路、国道などさまざまな種類の道路で行われた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020051102503

    「夜間経済」、新型コロナ収束後の都市に活気天津市  4日、天津市南開区の奥城商業広場でB級グルメを味わう人たち。中国天津市ではメーデーの連休(今年は5月1~5日)期間中、17の「夜間経済(ナイトタイムエコノミー)」街区が新型コロナウイルス対策を講じた上で営業を再開した。その第1弾として、深夜食堂326店舗が営業再開を加速させている。「夜間経済」は現在、活力を高め、都市の消費を促し、市場の自信を奮い立たせるための重要な手段になっている。暫定的な統計によると、一部の外食企業の売上高が2019年同期の7割まで回復したという。(天津=新華社記者/白佳麗)=2020(令和2)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020051102499

    「夜間経済」、新型コロナ収束後の都市に活気天津市  4日、天津市南開区の奥城商業広場にある陝西料理のレストランで、ライブ動画を送信するフロアマネージャー。中国天津市ではメーデーの連休(今年は5月1~5日)期間中、17の「夜間経済(ナイトタイムエコノミー)」街区が新型コロナウイルス対策を講じた上で営業を再開した。その第1弾として、深夜食堂326店舗が営業再開を加速させている。「夜間経済」は現在、活力を高め、都市の消費を促し、市場の自信を奮い立たせるための重要な手段になっている。暫定的な統計によると、一部の外食企業の売上高が2019年同期の7割まで回復したという。(天津=新華社記者/白佳麗)=2020(令和2)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020042709031

    広州市のアフリカ系住民が最前線で対策に協力感染への理解深まり  手書きのカードと感染対策物資を手に、自宅での隔離経過観察を終えたばかりのフランス企業役員のジュリアンさん(左から2人目)一家を訪ね気遣うカメルーン人留学生のアルベルティーニさん(左端)とティエリさん(右端)。(4月10日撮影)中国広東省広州市ではこのところ、中国の新型コロナウイルス感染対策への理解を深めたアフリカ系住民が、感染の封じ込めに積極的に協力している。現在、同市白雲区の多くの街道(区の下の行政区画)で外国人ボランティアチームが設立されており、大まかな統計では、84人の外国人ボランティアが登録されている。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020040300492

    夜間経済を推進魅力溢れる「音楽書店」オープン上海市  3月27日、音楽書店の向かいにある「極東第一楽団」と呼ばれる上海交響楽団の本拠地。この辺りは今後、国際音楽文化街区として整備される。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、世界中の書店や美術館、劇場が営業停止に追い込まれる中、中国上海市にこのほど、音楽関連の書籍などを扱う魅力あふれる「音楽書店」がオープンし、人々の心を癒している。また、同市には今年下半期に敷地面積1400平方メートルあまりの演劇書店がオープンし、「24時間営業+深夜食堂」の特色あるサービスを展開、上海市が提唱する「夜間経済(ナイトタイムエコノミー)」「夜間消費」に応えるものとなる見通し。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020031004264

    観光地の開放再開を推進福建省福州市  5日、福州市台江区の上下杭歴史文化街区にある「三通橋」を渡る観光客。中国福建省福州市の三坊七巷や上下杭、朱紫坊などの歴史文化街区ではここ数日、営業再開が着実に進んでいる。一部の観光地はすでに一般開放を再開しており、観光客の受け入れを始めた店舗もある。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020031004269

    観光地の開放再開を推進福建省福州市  5日、福州市台江区の上下杭歴史文化街区を散策する観光客。中国福建省福州市の三坊七巷や上下杭、朱紫坊などの歴史文化街区ではここ数日、営業再開が着実に進んでいる。一部の観光地はすでに一般開放を再開しており、観光客の受け入れを始めた店舗もある。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020031004273

    観光地の開放再開を推進福建省福州市  5日、福州市台江区の上下杭歴史文化街区にある店舗で商品を撮影する観光客。中国福建省福州市の三坊七巷や上下杭、朱紫坊などの歴史文化街区ではここ数日、営業再開が着実に進んでいる。一部の観光地はすでに一般開放を再開しており、観光客の受け入れを始めた店舗もある。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020031004267

    観光地の開放再開を推進福建省福州市  5日、福州市台江区の上下杭歴史文化街区を散策する観光客。中国福建省福州市の三坊七巷や上下杭、朱紫坊などの歴史文化街区ではここ数日、営業再開が着実に進んでいる。一部の観光地はすでに一般開放を再開しており、観光客の受け入れを始めた店舗もある。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020031004280

    観光地の開放再開を推進福建省福州市  5日、福州市台江区の上下杭歴史文化街区で消毒・殺菌作業を行うスタッフ。中国福建省福州市の三坊七巷や上下杭、朱紫坊などの歴史文化街区ではここ数日、営業再開が着実に進んでいる。一部の観光地はすでに一般開放を再開しており、観光客の受け入れを始めた店舗もある。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020031004274

    観光地の開放再開を推進福建省福州市  5日、福州市台江区の上下杭歴史文化街区を散策する観光客。中国福建省福州市の三坊七巷や上下杭、朱紫坊などの歴史文化街区ではここ数日、営業再開が着実に進んでいる。一部の観光地はすでに一般開放を再開しており、観光客の受け入れを始めた店舗もある。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020031004262

    観光地の開放再開を推進福建省福州市  5日、福州市台江区の上下杭歴史文化街区を訪れた観光客。中国福建省福州市の三坊七巷や上下杭、朱紫坊などの歴史文化街区ではここ数日、営業再開が着実に進んでいる。一部の観光地はすでに一般開放を再開しており、観光客の受け入れを始めた店舗もある。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020031603728

    福州市、「古厝」の保護・活用で都市の質的向上めざす  5日、福州鰲峰坊歴史文化街区の入口に建つ中国の伝統的建築様式の門の一つ、牌楼(はいろう)。中国福建省の省都で、古い歴史を持つ福州市には伝統的な住居、古厝(こせき)や古い建物が多く残っている。2020年の第44回世界遺産委員会年次会議の開催地である同市は現在、古厝の保護・修繕およびその活用に取り組み、都市の質的向上をめざしている。「福州市の新たな古厝の保護環境向上の作業方案」によると、同市が推進する古厝保護プロジェクト91項目211件のうち、すでに122件が完了しており、残りは5月末までにほぼ完成する見通しだという。(福州=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020031603730

    福州市、「古厝」の保護・活用で都市の質的向上めざす  5日、福州市台江区の上下杭歴史文化街区にある三通橋を渡る観光客。中国福建省の省都で、古い歴史を持つ福州市には伝統的な住居、古厝(こせき)や古い建物が多く残っている。2020年の第44回世界遺産委員会年次会議の開催地である同市は現在、古厝の保護・修繕およびその活用に取り組み、都市の質的向上をめざしている。「福州市の新たな古厝の保護環境向上の作業方案」によると、同市が推進する古厝保護プロジェクト91項目211件のうち、すでに122件が完了しており、残りは5月末までにほぼ完成する見通しだという。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020031603774

    福州市、「古厝」の保護・活用で都市の質的向上めざす  5日、福州市台江区の上下杭歴史文化街区を散策する観光客。中国福建省の省都で、古い歴史を持つ福州市には伝統的な住居、古厝(こせき)や古い建物が多く残っている。2020年の第44回世界遺産委員会年次会議の開催地である同市は現在、古厝の保護・修繕およびその活用に取り組み、都市の質的向上をめざしている。「福州市の新たな古厝の保護環境向上の作業方案」によると、同市が推進する古厝保護プロジェクト91項目211件のうち、すでに122件が完了しており、残りは5月末までにほぼ完成する見通しだという。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020031603685

    福州市、「古厝」の保護・活用で都市の質的向上めざす  5日、福州市台江区の上下杭歴史文化街区を流れる三捷河に沿って歩く観光客。中国福建省の省都で、古い歴史を持つ福州市には伝統的な住居、古厝(こせき)や古い建物が多く残っている。2020年の第44回世界遺産委員会年次会議の開催地である同市は現在、古厝の保護・修繕およびその活用に取り組み、都市の質的向上をめざしている。「福州市の新たな古厝の保護環境向上の作業方案」によると、同市が推進する古厝保護プロジェクト91項目211件のうち、すでに122件が完了しており、残りは5月末までにほぼ完成する見通しだという。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020022705885

    Stumbling blocks in front of the new Axel Springer building 26 February 2020, Berlin: Mathias Döpfner, CEO of Axel Springer SE, speaks during the laying of stumbling blocks in front of the new Axel Springer building. A total of 88 Stolpersteine are to be laid over the next few months in memory of murdered Jewish citizens. Photo: Christophe Gateau/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  28. 2020012203226

    DLD Munich 20 18 January 2020, Bavaria, Munich: Yannick Zehnder i(co-founder and CEO at CEVEN Blockchain Network) speaks during a panel at DLD Munich Conference 2020, Europes big innovation conference, Alte Kongresshalle, Munich, January 18 20, 2020Picture Alliance for DLD / Hubert Burda Media | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  29. 2020012203364

    DLD Munich 20 18 January 2020, Bavaria, Munich: Yannick Zehnder i(co-founder and CEO at CEVEN Blockchain Network) speaks during a panel at DLD Munich Conference 2020, Europes big innovation conference, Alte Kongresshalle, Munich, January 18 20, 2020Picture Alliance for DLD / Hubert Burda Media | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  30. 2020012203358

    DLD Munich 20 18 January 2020, Bavaria, Munich: Yannick Zehnder i(co-founder and CEO at CEVEN Blockchain Network) speaks during a panel at DLD Munich Conference 2020, Europes big innovation conference, Alte Kongresshalle, Munich, January 18 20, 2020Picture Alliance for DLD / Hubert Burda Media | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  31. 2020012203422

    DLD Munich 20 18 January 2020, Bavaria, Munich: Yannick Zehnder i(co-founder and CEO at CEVEN Blockchain Network) speaks during a panel at DLD Munich Conference 2020, Europes big innovation conference, Alte Kongresshalle, Munich, January 18 20, 2020Picture Alliance for DLD / Hubert Burda Media | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  32. 2020012203407

    DLD Munich 20 18 January 2020, Bavaria, Munich: Yannick Zehnder i(co-founder and CEO at CEVEN Blockchain Network) speaks during a panel at DLD Munich Conference 2020, Europes big innovation conference, Alte Kongresshalle, Munich, January 18 20, 2020Picture Alliance for DLD / Hubert Burda Media | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  33. 2020012203357

    DLD Munich 20 18 January 2020, Bavaria, Munich: Yannick Zehnder i(co-founder and CEO at CEVEN Blockchain Network) speaks during a panel at DLD Munich Conference 2020, Europes big innovation conference, Alte Kongresshalle, Munich, January 18 20, 2020Picture Alliance for DLD / Hubert Burda Media | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  34. 2020012203315

    DLD Munich 20 18 January 2020, Bavaria, Munich: Yannick Zehnder i(co-founder and CEO at CEVEN Blockchain Network) speaks during a panel at DLD Munich Conference 2020, Europes big innovation conference, Alte Kongresshalle, Munich, January 18 20, 2020Picture Alliance for DLD / Hubert Burda Media | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  35. 2020012203304

    DLD Munich 20 18 January 2020, Bavaria, Munich: Yannick Zehnder i(co-founder and CEO at CEVEN Blockchain Network) speaks during a panel at DLD Munich Conference 2020, Europes big innovation conference, Alte Kongresshalle, Munich, January 18 20, 2020Picture Alliance for DLD / Hubert Burda Media | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  36. 2020012203210

    DLD Munich 20 18 January 2020, Bavaria, Munich: Yannick Zehnder i(co-founder and CEO at CEVEN Blockchain Network) speaks during a panel at DLD Munich Conference 2020, Europes big innovation conference, Alte Kongresshalle, Munich, January 18 20, 2020Picture Alliance for DLD / Hubert Burda Media | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  37. 2020011603720

    ユン・ジョンウォンIBK企業銀行長 Against new IBK head Against new IBK head Unionized workers block Yoon Jong-won (L), new head of the state-run Industrial Bank of Korea (IBK), from entering his office in Seoul on Jan. 16, 2020. The labor union is against the appointment of Yoon, a former senior presidential secretary for the economy, citing his lack of experience with banking. (Yonhap)/2020-01-16 09:19:21/ < 1980-2020 YONHAPNEWS AGENCY. .> (Newscom TagID: yonphotos161591.jpg) [Photo via Newscom]、クレジット:Yonhapnews/ニューズコム/共同通信イメージズ 「Newscom」

  38. 2020031603740

    交通の改善で「第二の飛躍」を遂げる四川省のチベット族居住地域  上:2019年6月に撮影したリンゴ畑の入り口。(成都=新華社配信)下:2020年1月9日に撮影した宿泊施設が併設された観光農園の入り口。(成都=新華社記者/李夢馨)(組み写真)四川省のチベット族居住地域は、四川盆地から青海チベット高原にかけて標高が高くなる移行地帯に位置し、この地域の人々の生産生活や運命は、常に交通と密接な関係にある。データによると09年以来、中央政府と省政府が四川省のチベット族居住地域に割り当てた交通建設補助金は1300億元(1元=約15円)を超え、敷設または補修された道路は累計約4万7千キロに達した。19年末までに、同地域ではすべての郷鎮のセメント道路と、すべての建制村(行政区画としての村)の舗装道路が完成した。四川省は2月18日、カンゼ・チベット族自治州とアバ・チベット族チャン族自治州にある、合計16のチベット族居住地域の県が貧困県リストから外れたことを発表した。これにより、すでにリストを抜けた16県と合わせ、全国で2番目に人口が多いチベット族居住地域の全域で、貧困脱却が実現した。巨大な変化を前に、地元の幹部や一般の人々からも、交通の大発展が四川省のチベット族居住地域に「第二の飛躍」をもたらしたと感嘆の声が続々と上がっている。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2019120501737

    中国ブロックチェーン推進 フォビグループの李林氏ら  ブロックチェーンに関する国際討論会で、巨大経済圏構想「一帯一路」の沿線国家と協定を締結した、中国大手フォビグループ創業者の李林CEO(左端)=5日、中国海南省海口(共同)

  40. 2019112701464

    寒い冬でも賑やか天津市の「夜間経済」  14日、五大道の民園夜市。中国天津市でこのほど、市が設置する夜間経済(ナイトタイムエコノミー)モデル街区の運営が冬バージョンにモデルチェンジした。五大道夜間経済モデル地区では、導入された暖房付きの食べ物屋台33台が世界各地のグルメを販売するほか、「五大道国際バーフェスティバル」などのイベントも次々と開かれている。(天津=新華社配信/栗雅婷)=2019(令和元)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2019112701470

    寒い冬でも賑やか天津市の「夜間経済」  14日、民園夜市で写真撮影を楽しむ観光客。中国天津市でこのほど、市が設置する夜間経済(ナイトタイムエコノミー)モデル街区の運営が冬バージョンにモデルチェンジした。五大道夜間経済モデル地区では、導入された暖房付きの食べ物屋台33台が世界各地のグルメを販売するほか、「五大道国際バーフェスティバル」などのイベントも次々と開かれている。(天津=新華社配信/栗雅婷)=2019(令和元)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2019112701462

    寒い冬でも賑やか天津市の「夜間経済」  14日、五大道国際バーフェスティバルに参加しているバーの一角。中国天津市でこのほど、市が設置する夜間経済(ナイトタイムエコノミー)モデル街区の運営が冬バージョンにモデルチェンジした。五大道夜間経済モデル地区では、導入された暖房付きの食べ物屋台33台が世界各地のグルメを販売するほか、「五大道国際バーフェスティバル」などのイベントも次々と開かれている。(天津=新華社配信/栗雅婷)=2019(令和元)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2019112701453

    寒い冬でも賑やか天津市の「夜間経済」  14日、天津の小吃(シャオチー、軽食や簡単な料理)を売る屋台。中国天津市でこのほど、市が設置する夜間経済(ナイトタイムエコノミー)モデル街区の運営が冬バージョンにモデルチェンジした。五大道夜間経済モデル地区では、導入された暖房付きの食べ物屋台33台が世界各地のグルメを販売するほか、「五大道国際バーフェスティバル」などのイベントも次々と開かれている。(天津=新華社配信/栗雅婷)=2019(令和元)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2019103104314

    ビットコインのイメージ  日刊工業新聞社社員が所有するビットコインのダミーの硬貨=2019(令和元)年10月29日、日刊工業新聞社編集局、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  45. 2019103104308

    ビットコインのイメージ  日刊工業新聞社社員が所有するビットコインのダミーの硬貨=2019(令和元)年10月29日、日刊工業新聞社編集局、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  46. 2019103104323

    ビットコインのイメージ  日刊工業新聞社社員が所有するビットコインのダミーの硬貨=2019(令和元)年10月29日、日刊工業新聞社編集局、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  47. 2019103104324

    ビットコインのイメージ  日刊工業新聞社社員が所有するビットコインのダミーの硬貨=2019(令和元)年10月29日、日刊工業新聞社編集局、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  48. 2019112106218

    長岡技科大・上村教授が開発した製氷システム  長岡技術科学大学の上村靖司教授は、放射冷却で人工的に製氷するシステムを実用化した。冷媒の流路が凍らせたい水の表面に接触しないことで、放射冷却状態を発生させて上部から徐々に凍らせる。天然氷のように、氷の結晶が単一の方向に向かっていて、かつ結晶が大きい氷ができる。サカタ製作所(新潟県長岡市)と連携して、来春にも業務用として氷の発売を目指す。開発した製氷システムは、低温倉庫の中で使う。凍らせるためのユニットは、水をためた水槽の上に置く。そのユニットの中に、冷媒の流路が巡ったブロックがあり、ユニットとブロックの間には窒素が詰められ、水蒸気が入らないようにした。ブロックと水面は直に接触しない。冷媒にはエチレングリコール製の不凍液を採用し、マイナス10―マイナス20度Cの状態で使う。冷媒を通すと、水表面から熱が奪われ、1時間に1ミリ―2ミリメートルのペースで凍る。「バーなどの飲食店で使う氷なら、3日ほどで作れる。天然氷なら10日以上かかり、効率的に高品質な氷が作れる」と上村教授は胸を張る。原料水の取り扱いに気を配れば気泡が入らず、露天で製氷しないので不純物も入りにくい。同システムは現在、サカタ製作所とともに改善を進めている。同社が新規事業としてかき氷機の製造とレンタルに取り組んでいることを上村教授が知っていたため、連携を打診した。衛生面に配慮した環境で生産性の高い氷づくりに着手。水質が良好な新潟県の水をアピールし、地域活性化も図って来春の自社での氷販売を視野に入れる。上村教授は、2020年の製氷システム本体の発売を検討しており、パートナー企業も募っている。=2019(令和元)年10月29日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  49. 2019100700505

    伝統的農法受け継ぎ手作業で稲刈り湖南省紫鵲界棚田  4日、紫鵲界棚田で稲刈りをする地元農家。中国湖南省婁底(ろうてい)市新化県の紫鵲界(しじゃくかい)棚田は、同省中西部に位置する雪峰山脈に属する。標高500~1200メートルの山腹に広がる棚田の傾斜は平均約30度。平原地域の広大な水田と異なり、紫鵲界棚田は30平方メートルほどの小さなブロック状に分かれているため、小型農機を使っても稲刈りはできない。同地の耕作の歴史は秦漢時代までさかのぼることができ、地元の村民は現在も手作業で稲刈りをしている。(新化=新華社記者/陳振海)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2019100700492

    伝統的農法受け継ぎ手作業で稲刈り湖南省紫鵲界棚田  4日、紫鵲界棚田で、脱穀機の中のもみから虫を取り除く地元農家。中国湖南省婁底(ろうてい)市新化県の紫鵲界(しじゃくかい)棚田は、同省中西部に位置する雪峰山脈に属する。標高500~1200メートルの山腹に広がる棚田の傾斜は平均約30度。平原地域の広大な水田と異なり、紫鵲界棚田は30平方メートルほどの小さなブロック状に分かれているため、小型農機を使っても稲刈りはできない。同地の耕作の歴史は秦漢時代までさかのぼることができ、地元の村民は現在も手作業で稲刈りをしている。(新化=新華社記者/陳振海)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像