検索結果 239 件中 1 件 〜 50 件 "貧困世帯"
  1. 2020070705472

    野菜・果物パークが貧困脱却と増収を後押し黒竜江省望奎県  3日、廂黄后三満族村の野菜・果物パークにあるビニールハウスで、マクワウリを収穫する貧困脱却世帯の楊淑華(よう・しゅくか)さん。中国の大興安嶺山脈南麓の広域特殊困難地区に位置する黒竜江省綏化(すいか)市望奎(ぼうけい)県蓮花鎮廂黄后三満族村は2019年末、全貧困世帯が貧困脱却を実現した。同村に2017年に建設された野菜・果物パークが農民の貧困脱却・増収における重要な後ろ盾になっている。同パークには現在、50棟のビニールハウスがあり、約100世帯の農民の増収をけん引している。(綏化=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020070705360

    野菜・果物パークが貧困脱却と増収を後押し黒竜江省望奎県  3日、廂黄后三満族村の野菜・果物パークにあるビニールハウスで、サヤインゲンの生長状況をチェックする王福成(おう・ふくせい)さん。中国の大興安嶺山脈南麓の広域特殊困難地区に位置する黒竜江省綏化(すいか)市望奎(ぼうけい)県蓮花鎮廂黄后三満族村は2019年末、全貧困世帯が貧困脱却を実現した。同村に2017年に建設された野菜・果物パークが農民の貧困脱却・増収における重要な後ろ盾になっている。同パークには現在、50棟のビニールハウスがあり、約100世帯の農民の増収をけん引している。(綏化=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020070705368

    野菜・果物パークが貧困脱却と増収を後押し黒竜江省望奎県  3日、廂黄后三満族村の全景。(小型無人機から)中国の大興安嶺山脈南麓の広域特殊困難地区に位置する黒竜江省綏化(すいか)市望奎(ぼうけい)県蓮花鎮廂黄后三満族村は2019年末、全貧困世帯が貧困脱却を実現した。同村に2017年に建設された野菜・果物パークが農民の貧困脱却・増収における重要な後ろ盾になっている。同パークには現在、50棟のビニールハウスがあり、約100世帯の農民の増収をけん引している。(綏化=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020070705464

    野菜・果物パークが貧困脱却と増収を後押し黒竜江省望奎県  3日、廂黄后三満族村の野菜・果物パークにあるビニールハウスで、収穫したばかりのマクワウリを見せる貧困脱却世帯の楊淑華(よう・しゅくか)さん。中国の大興安嶺山脈南麓の広域特殊困難地区に位置する黒竜江省綏化(すいか)市望奎(ぼうけい)県蓮花鎮廂黄后三満族村は2019年末、全貧困世帯が貧困脱却を実現した。同村に2017年に建設された野菜・果物パークが農民の貧困脱却・増収における重要な後ろ盾になっている。同パークには現在、50棟のビニールハウスがあり、約100世帯の農民の増収をけん引している。(綏化=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020070705442

    野菜・果物パークが貧困脱却と増収を後押し黒竜江省望奎県  3日、廂黄后三満族村の野菜・果物パーク。(小型無人機から)中国の大興安嶺山脈南麓の広域特殊困難地区に位置する黒竜江省綏化(すいか)市望奎(ぼうけい)県蓮花鎮廂黄后三満族村は2019年末、全貧困世帯が貧困脱却を実現した。同村に2017年に建設された野菜・果物パークが農民の貧困脱却・増収における重要な後ろ盾になっている。同パークには現在、50棟のビニールハウスがあり、約100世帯の農民の増収をけん引している。(綏化=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020070705467

    野菜・果物パークが貧困脱却と増収を後押し黒竜江省望奎県  3日、廂黄后三満族村の野菜・果物パークにあるビニールハウスで、マクワウリの苗を片付ける貧困脱却世帯の楊淑華(よう・しゅくか)さん。中国の大興安嶺山脈南麓の広域特殊困難地区に位置する黒竜江省綏化(すいか)市望奎(ぼうけい)県蓮花鎮廂黄后三満族村は2019年末、全貧困世帯が貧困脱却を実現した。同村に2017年に建設された野菜・果物パークが農民の貧困脱却・増収における重要な後ろ盾になっている。同パークには現在、50棟のビニールハウスがあり、約100世帯の農民の増収をけん引している。(綏化=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020070705469

    野菜・果物パークが貧困脱却と増収を後押し黒竜江省望奎県  3日、廂黄后三満族村の野菜・果物パークにあるビニールハウス。(小型無人機から)中国の大興安嶺山脈南麓の広域特殊困難地区に位置する黒竜江省綏化(すいか)市望奎(ぼうけい)県蓮花鎮廂黄后三満族村は2019年末、全貧困世帯が貧困脱却を実現した。同村に2017年に建設された野菜・果物パークが農民の貧困脱却・増収における重要な後ろ盾になっている。同パークには現在、50棟のビニールハウスがあり、約100世帯の農民の増収をけん引している。(綏化=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020070705465

    野菜・果物パークが貧困脱却と増収を後押し黒竜江省望奎県  3日、廂黄后三満族村の野菜・果物パークにあるビニールハウスの外で、農薬を散布する貧困脱却世帯の楊淑華(よう・しゅくか)さん。中国の大興安嶺山脈南麓の広域特殊困難地区に位置する黒竜江省綏化(すいか)市望奎(ぼうけい)県蓮花鎮廂黄后三満族村は2019年末、全貧困世帯が貧困脱却を実現した。同村に2017年に建設された野菜・果物パークが農民の貧困脱却・増収における重要な後ろ盾になっている。同パークには現在、50棟のビニールハウスがあり、約100世帯の農民の増収をけん引している。(綏化=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020070111171

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村のジャガイモのビニールハウスで農作業に励む村の人たち。中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020070111173

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村の「農光互補」(農業と太陽光発電の協業)プロジェクトエリアにあるソーラーパネルの下に植えられた薬用植物の生育状況をチェックする村民の徐亜茹(じょ・あじょ)さん。中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020070111119

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村に立ち並ぶ住宅。中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020070111120

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村に立ち並ぶ住宅。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020070111125

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村の太陽光発電施設で、ソーラーパネルを掃除する村の人。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020070111138

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村の太陽光発電施設で、ソーラーパネルを点検する電力技術者。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020070111079

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村の太陽光発電施設。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020070111050

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村の太陽光発電施設で、ソーラーパネルを掃除する村の人。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020070111074

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村に立ち並ぶ住宅。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020070111077

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村に立ち並ぶ住宅。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020070111080

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村の花畑で働く作業員。中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020070111128

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村の花壇で花の手入れをする作業員。中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020070111130

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、自宅前の畑に植えた野菜の手入れをする徳勝村の村民。中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020070111103

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  上:かつての徳勝村。(2017年1月24日撮影、小型無人機から)。下:23日、住宅が立ち並ぶ徳勝村。(小型無人機から、組み合わせ写真)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2017(平成29)年1月24日、2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020070111109

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、自身が経営する「老王微民宿(王さんの小さな民宿)」で、「福」の字が書かれた飾りを整える徳勝村の村民、孫桂英(そん・けいえい)さん(右)。中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020070111110

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村のジャガイモのビニールハウスで農作業に励む村の人。中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020070111097

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、住宅が立ち並ぶ徳勝村の風景。中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020070111121

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村のジャガイモのビニールハウス。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020070111075

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、自身が経営する「老王微民宿(王さんの小さな民宿)」のベランダで、シーツを干す徳勝村の村民、孫桂英(そん・けいえい)さん。中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020070111082

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村の太陽光発電施設。中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020061604430

    小型モーターが貧困脱却の大きな力に湖南省永州市  9日、湖南省永州市江華ヤオ族自治県にある湖南竜徳晟機電科技大圩分公司のモーター生産ラインで作業する従業員。中国湖南省永州市江華ヤオ族自治県は近年、ターゲットを絞った企業・産業チェーン誘致などにより、小型モーターを生産する電機・小型家電企業を中心に41社を誘致してきた。2019年の同県の電機産業の生産額は30億元(1元=約15円)に達し、5千人余りの雇用を創出している。うち貧困世帯の雇用は千人を上回っており、1人当たりの平均月収は3千元余りとなっている。(永州=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020061604536

    小型モーターが貧困脱却の大きな力に湖南省永州市  9日、湖南省永州市江華ヤオ族自治県にある湖南竜徳晟機電科技大圩分公司のモーター生産ラインで作業する従業員。中国湖南省永州市江華ヤオ族自治県は近年、ターゲットを絞った企業・産業チェーン誘致などにより、小型モーターを生産する電機・小型家電企業を中心に41社を誘致してきた。2019年の同県の電機産業の生産額は30億元(1元=約15円)に達し、5千人余りの雇用を創出している。うち貧困世帯の雇用は千人を上回っており、1人当たりの平均月収は3千元余りとなっている。(永州=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020061604617

    小型モーターが貧困脱却の大きな力に湖南省永州市  9日、湖南省永州市江華ヤオ族自治県にある湖南竜徳晟機電科技大圩分公司のモーター生産ラインで作業する従業員。中国湖南省永州市江華ヤオ族自治県は近年、ターゲットを絞った企業・産業チェーン誘致などにより、小型モーターを生産する電機・小型家電企業を中心に41社を誘致してきた。2019年の同県の電機産業の生産額は30億元(1元=約15円)に達し、5千人余りの雇用を創出している。うち貧困世帯の雇用は千人を上回っており、1人当たりの平均月収は3千元余りとなっている。(永州=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020061604612

    小型モーターが貧困脱却の大きな力に湖南省永州市  9日、湖南省永州市江華ヤオ族自治県にある湖南竜徳晟機電科技大圩分公司のモーター生産ラインで作業する従業員。中国湖南省永州市江華ヤオ族自治県は近年、ターゲットを絞った企業・産業チェーン誘致などにより、小型モーターを生産する電機・小型家電企業を中心に41社を誘致してきた。2019年の同県の電機産業の生産額は30億元(1元=約15円)に達し、5千人余りの雇用を創出している。うち貧困世帯の雇用は千人を上回っており、1人当たりの平均月収は3千元余りとなっている。(永州=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020061604362

    小型モーターが貧困脱却の大きな力に湖南省永州市  9日、湖南省永州市江華ヤオ族自治県にある湖南竜徳晟機電科技大圩分公司のモーター生産ラインで作業する従業員。中国湖南省永州市江華ヤオ族自治県は近年、ターゲットを絞った企業・産業チェーン誘致などにより、小型モーターを生産する電機・小型家電企業を中心に41社を誘致してきた。2019年の同県の電機産業の生産額は30億元(1元=約15円)に達し、5千人余りの雇用を創出している。うち貧困世帯の雇用は千人を上回っており、1人当たりの平均月収は3千元余りとなっている。(永州=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020061604358

    小型モーターが貧困脱却の大きな力に湖南省永州市  9日、湖南省永州市江華ヤオ族自治県にある湖南竜徳晟機電科技大圩分公司のモーター生産ラインで作業する従業員。中国湖南省永州市江華ヤオ族自治県は近年、ターゲットを絞った企業・産業チェーン誘致などにより、小型モーターを生産する電機・小型家電企業を中心に41社を誘致してきた。2019年の同県の電機産業の生産額は30億元(1元=約15円)に達し、5千人余りの雇用を創出している。うち貧困世帯の雇用は千人を上回っており、1人当たりの平均月収は3千元余りとなっている。(永州=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020061604445

    小型モーターが貧困脱却の大きな力に湖南省永州市  9日、湖南省永州市江華ヤオ族自治県にある湖南竜徳晟機電科技大圩分公司のモーター生産ラインで作業する従業員。中国湖南省永州市江華ヤオ族自治県は近年、ターゲットを絞った企業・産業チェーン誘致などにより、小型モーターを生産する電機・小型家電企業を中心に41社を誘致してきた。2019年の同県の電機産業の生産額は30億元(1元=約15円)に達し、5千人余りの雇用を創出している。うち貧困世帯の雇用は千人を上回っており、1人当たりの平均月収は3千元余りとなっている。(永州=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020061809292

    鉱山労働者、演劇で人生が逆転江西省瑞金市  2019年に完成した新築の家の前で記念撮影をする欧陽さん夫妻。(6月4日撮影)欧陽羅発生(おうよう・らはつせい)さんと唐玉春(とう・ぎょくしゅん)さん夫婦は、中国江西省瑞金市沙洲壩鎮潔源村に暮らしている。欧陽さんは1995年、同市の昌隆採石場で鉱山労働者として働き始めたが、深刻な粉塵汚染により2006年に、不幸にも肺膿瘍と肺結核を患ってしまった。高額な治療費から、夫婦は多額の借金を背負った。さらに働いていた鉱山も汚染問題から2012年に永久封鎖され、夫婦は15年に地元の登録貧困世帯に指定された。夫の欧陽さんは、地元政府のサポートを受け、養魚池の管理を請け負うとともに、村の清掃員として働くこととなった。これにより2人の生活はある程度改善し、16年に貧困脱却基準に達することができた。地元政府は18年、すでに廃棄された昌隆採石場を「宝に変える」ため、使われなくなった鉱山を観光地に変え、そこに演劇プロジェクトを導入することを計画した。鉱山観光区は19年の年末、一般市民からエキストラの募集を開始した。欧陽さん夫婦はそれに応募し、見事選出された。夫婦は毎月6千元(1元=約15円)以上の出演料を得て、より良い生活を送ることができるようになった。欧陽さんは「かつての鉱山が今のように様変わりしたのを見ると、まるで人生が逆転したように感じる」と語った。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020061809284

    鉱山労働者、演劇で人生が逆転江西省瑞金市  自身が請け負った養魚池のそばで、魚の飼料用の草を用意する欧陽羅発生さん。(6月4日撮影)欧陽羅発生(おうよう・らはつせい)さんと唐玉春(とう・ぎょくしゅん)さん夫婦は、中国江西省瑞金市沙洲壩鎮潔源村に暮らしている。欧陽さんは1995年、同市の昌隆採石場で鉱山労働者として働き始めたが、深刻な粉塵汚染により2006年に、不幸にも肺膿瘍と肺結核を患ってしまった。高額な治療費から、夫婦は多額の借金を背負った。さらに働いていた鉱山も汚染問題から2012年に永久封鎖され、夫婦は15年に地元の登録貧困世帯に指定された。夫の欧陽さんは、地元政府のサポートを受け、養魚池の管理を請け負うとともに、村の清掃員として働くこととなった。これにより2人の生活はある程度改善し、16年に貧困脱却基準に達することができた。地元政府は18年、すでに廃棄された昌隆採石場を「宝に変える」ため、使われなくなった鉱山を観光地に変え、そこに演劇プロジェクトを導入することを計画した。鉱山観光区は19年の年末、一般市民からエキストラの募集を開始した。欧陽さん夫婦はそれに応募し、見事選出された。夫婦は毎月6千元(1元=約15円)以上の出演料を得て、より良い生活を送ることができるようになった。欧陽さんは「かつての鉱山が今のように様変わりしたのを見ると、まるで人生が逆転したように感じる」と語った。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020061809297

    鉱山労働者、演劇で人生が逆転江西省瑞金市  鉱山労働者として働いていた20年以上前にかぶっていたヘルメットを記者に見せる欧陽羅発生さん。(6月4日撮影)欧陽羅発生(おうよう・らはつせい)さんと唐玉春(とう・ぎょくしゅん)さん夫婦は、中国江西省瑞金市沙洲壩鎮潔源村に暮らしている。欧陽さんは1995年、同市の昌隆採石場で鉱山労働者として働き始めたが、深刻な粉塵汚染により2006年に、不幸にも肺膿瘍と肺結核を患ってしまった。高額な治療費から、夫婦は多額の借金を背負った。さらに働いていた鉱山も汚染問題から2012年に永久封鎖され、夫婦は15年に地元の登録貧困世帯に指定された。夫の欧陽さんは、地元政府のサポートを受け、養魚池の管理を請け負うとともに、村の清掃員として働くこととなった。これにより2人の生活はある程度改善し、16年に貧困脱却基準に達することができた。地元政府は18年、すでに廃棄された昌隆採石場を「宝に変える」ため、使われなくなった鉱山を観光地に変え、そこに演劇プロジェクトを導入することを計画した。鉱山観光区は19年の年末、一般市民からエキストラの募集を開始した。欧陽さん夫婦はそれに応募し、見事選出された。夫婦は毎月6千元(1元=約15円)以上の出演料を得て、より良い生活を送ることができるようになった。欧陽さんは「かつての鉱山が今のように様変わりしたのを見ると、まるで人生が逆転したように感じる」と語った。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020061809348

    鉱山労働者、演劇で人生が逆転江西省瑞金市  欧陽羅発生さんのたこだらけの両手にハンドクリームを塗る妻の唐玉春さん。(6月4日撮影)欧陽羅発生(おうよう・らはつせい)さんと唐玉春(とう・ぎょくしゅん)さん夫婦は、中国江西省瑞金市沙洲壩鎮潔源村に暮らしている。欧陽さんは1995年、同市の昌隆採石場で鉱山労働者として働き始めたが、深刻な粉塵汚染により2006年に、不幸にも肺膿瘍と肺結核を患ってしまった。高額な治療費から、夫婦は多額の借金を背負った。さらに働いていた鉱山も汚染問題から2012年に永久封鎖され、夫婦は15年に地元の登録貧困世帯に指定された。夫の欧陽さんは、地元政府のサポートを受け、養魚池の管理を請け負うとともに、村の清掃員として働くこととなった。これにより2人の生活はある程度改善し、16年に貧困脱却基準に達することができた。地元政府は18年、すでに廃棄された昌隆採石場を「宝に変える」ため、使われなくなった鉱山を観光地に変え、そこに演劇プロジェクトを導入することを計画した。鉱山観光区は19年の年末、一般市民からエキストラの募集を開始した。欧陽さん夫婦はそれに応募し、見事選出された。夫婦は毎月6千元(1元=約15円)以上の出演料を得て、より良い生活を送ることができるようになった。欧陽さんは「かつての鉱山が今のように様変わりしたのを見ると、まるで人生が逆転したように感じる」と語った。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020061809268

    鉱山労働者、演劇で人生が逆転江西省瑞金市  鉱山旅行観光区の劇場で、演劇のリハーサルに参加する妻の唐玉春さん。(6月3日撮影)欧陽羅発生(おうよう・らはつせい)さんと唐玉春(とう・ぎょくしゅん)さん夫婦は、中国江西省瑞金市沙洲壩鎮潔源村に暮らしている。欧陽さんは1995年、同市の昌隆採石場で鉱山労働者として働き始めたが、深刻な粉塵汚染により2006年に、不幸にも肺膿瘍と肺結核を患ってしまった。高額な治療費から、夫婦は多額の借金を背負った。さらに働いていた鉱山も汚染問題から2012年に永久封鎖され、夫婦は15年に地元の登録貧困世帯に指定された。夫の欧陽さんは、地元政府のサポートを受け、養魚池の管理を請け負うとともに、村の清掃員として働くこととなった。これにより2人の生活はある程度改善し、16年に貧困脱却基準に達することができた。地元政府は18年、すでに廃棄された昌隆採石場を「宝に変える」ため、使われなくなった鉱山を観光地に変え、そこに演劇プロジェクトを導入することを計画した。鉱山観光区は19年の年末、一般市民からエキストラの募集を開始した。欧陽さん夫婦はそれに応募し、見事選出された。夫婦は毎月6千元(1元=約15円)以上の出演料を得て、より良い生活を送ることができるようになった。欧陽さんは「かつての鉱山が今のように様変わりしたのを見ると、まるで人生が逆転したように感じる」と語った。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020061809323

    鉱山労働者、演劇で人生が逆転江西省瑞金市  上:瑞金市の昌隆採石場のかつての様子。(2018年10月10日撮影)下:瑞金市の昌隆採石場が観光地に変わった現在の様子。(6月3日撮影)欧陽羅発生(おうよう・らはつせい)さんと唐玉春(とう・ぎょくしゅん)さん夫婦は、中国江西省瑞金市沙洲壩鎮潔源村に暮らしている。欧陽さんは1995年、同市の昌隆採石場で鉱山労働者として働き始めたが、深刻な粉塵汚染により2006年に、不幸にも肺膿瘍と肺結核を患ってしまった。高額な治療費から、夫婦は多額の借金を背負った。さらに働いていた鉱山も汚染問題から2012年に永久封鎖され、夫婦は15年に地元の登録貧困世帯に指定された。夫の欧陽さんは、地元政府のサポートを受け、養魚池の管理を請け負うとともに、村の清掃員として働くこととなった。これにより2人の生活はある程度改善し、16年に貧困脱却基準に達することができた。地元政府は18年、すでに廃棄された昌隆採石場を「宝に変える」ため、使われなくなった鉱山を観光地に変え、そこに演劇プロジェクトを導入することを計画した。鉱山観光区は19年の年末、一般市民からエキストラの募集を開始した。欧陽さん夫婦はそれに応募し、見事選出された。夫婦は毎月6千元(1元=約15円)以上の出演料を得て、より良い生活を送ることができるようになった。欧陽さんは「かつての鉱山が今のように様変わりしたのを見ると、まるで人生が逆転したように感じる」と語った。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2018(平成30)年10月10日、2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020061809288

    鉱山労働者、演劇で人生が逆転江西省瑞金市  鉱山観光区の劇場の外で休憩する欧陽羅発生さんと妻の唐玉春さん。(6月3日撮影)欧陽羅発生(おうよう・らはつせい)さんと唐玉春(とう・ぎょくしゅん)さん夫婦は、中国江西省瑞金市沙洲壩鎮潔源村に暮らしている。欧陽さんは1995年、同市の昌隆採石場で鉱山労働者として働き始めたが、深刻な粉塵汚染により2006年に、不幸にも肺膿瘍と肺結核を患ってしまった。高額な治療費から、夫婦は多額の借金を背負った。さらに働いていた鉱山も汚染問題から2012年に永久封鎖され、夫婦は15年に地元の登録貧困世帯に指定された。夫の欧陽さんは、地元政府のサポートを受け、養魚池の管理を請け負うとともに、村の清掃員として働くこととなった。これにより2人の生活はある程度改善し、16年に貧困脱却基準に達することができた。地元政府は18年、すでに廃棄された昌隆採石場を「宝に変える」ため、使われなくなった鉱山を観光地に変え、そこに演劇プロジェクトを導入することを計画した。鉱山観光区は19年の年末、一般市民からエキストラの募集を開始した。欧陽さん夫婦はそれに応募し、見事選出された。夫婦は毎月6千元(1元=約15円)以上の出演料を得て、より良い生活を送ることができるようになった。欧陽さんは「かつての鉱山が今のように様変わりしたのを見ると、まるで人生が逆転したように感じる」と語った。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020061809342

    鉱山労働者、演劇で人生が逆転江西省瑞金市  演劇のリハーサルに参加するため、潔源村をバイクに乗って通り抜け、鉱山旅行観光区の劇場に向かう欧陽さん夫妻。(6月3日撮影)欧陽羅発生(おうよう・らはつせい)さんと唐玉春(とう・ぎょくしゅん)さん夫婦は、中国江西省瑞金市沙洲壩鎮潔源村に暮らしている。欧陽さんは1995年、同市の昌隆採石場で鉱山労働者として働き始めたが、深刻な粉塵汚染により2006年に、不幸にも肺膿瘍と肺結核を患ってしまった。高額な治療費から、夫婦は多額の借金を背負った。さらに働いていた鉱山も汚染問題から2012年に永久封鎖され、夫婦は15年に地元の登録貧困世帯に指定された。夫の欧陽さんは、地元政府のサポートを受け、養魚池の管理を請け負うとともに、村の清掃員として働くこととなった。これにより2人の生活はある程度改善し、16年に貧困脱却基準に達することができた。地元政府は18年、すでに廃棄された昌隆採石場を「宝に変える」ため、使われなくなった鉱山を観光地に変え、そこに演劇プロジェクトを導入することを計画した。鉱山観光区は19年の年末、一般市民からエキストラの募集を開始した。欧陽さん夫婦はそれに応募し、見事選出された。夫婦は毎月6千元(1元=約15円)以上の出演料を得て、より良い生活を送ることができるようになった。欧陽さんは「かつての鉱山が今のように様変わりしたのを見ると、まるで人生が逆転したように感じる」と語った。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020060508864

    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  5月29日、地元のハウスでサケツバタケを収穫する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/王雪氷)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020060508843

    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  5月29日、地元の作業場でサケツバタケを加工する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/賀書琛)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020060508899

    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  5月29日、地元のハウスでサケツバタケを収穫する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/趙沢輝)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020060508869

    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  5月29日、地元のハウスでサケツバタケを収穫する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/王雪氷)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020060508859

    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  5月29日、地元のハウスでサケツバタケを収穫する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/賀書琛)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020060508822

    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  5月29日、地元のハウスでサケツバタケを収穫する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/賀書琛)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020060508691

    Uターン起業したトン族女性、伝統の染織工芸で貧困扶助貴州省  5月28日、トン族伝統の木綿の手織り布を干す楊成蘭さん。中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮豊登トン寨に暮らす1980年代生まれのトン族女性、楊成蘭(よう・せいらん)さんは、2016年に夫とともに都会での仕事を辞め、故郷に戻って起業する道を選んだ。夫婦は空き家の2部屋を工房に改造し、故郷に伝わる機織り技術を生かして手織りの布や衣服、インテリア雑貨など一連のテキスタイル製品の生産・加工を行い、電子商取引(EC)プラットフォームで販売している。楊さんは18年、村に伝統織染合作社(協同組合)を設立し、村内および周辺集落の貧困世帯に出資を呼びかけた。地元の貧困世帯や村民の合作社への参加を促し、織りや染色、藍栽培などの産業に従事してもらうことで、民族に伝わる伝統の手工芸を継承すると同時に、村の人々の貧困脱却と増収につなげている。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像