検索結果 147 件中 1 件 〜 50 件 "貧困世帯"
  1. 2020052701276

    産業の発展で貧困から脱却広西チワン族自治区鹿寨県  19日、広西チワン族自治区柳州市鹿寨県四排鎮水頭村の果樹園で働く村民の廖義才(りょう・ぎさい)さん。中国広西チワン族自治区柳州市鹿寨(ろくさい)県は、貧困脱却の取り組みとして地域の特色を生かした産業に力を入れており、貧困世帯の約89%が現代農業や畜産などに従事している。同県では2016~19年に22の村が貧困から脱却し、貧困者数は2万7587人から1013人に減少した。(南寧=新華社記者/黄孝邦)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020052701327

    産業の発展で貧困から脱却広西チワン族自治区鹿寨県  19日、広西チワン族自治区柳州市鹿寨県四排鎮の木材加工工場で働く女性。中国広西チワン族自治区柳州市鹿寨(ろくさい)県は、貧困脱却の取り組みとして地域の特色を生かした産業に力を入れており、貧困世帯の約89%が現代農業や畜産などに従事している。同県では2016~19年に22の村が貧困から脱却し、貧困者数は2万7587人から1013人に減少した。(南寧=新華社記者/黄孝邦)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020052701335

    産業の発展で貧困から脱却広西チワン族自治区鹿寨県  19日、広西チワン族自治区柳州市鹿寨県四排鎮水頭村の畑を歩く村民の潘正坤(はん・せいこん)さん。中国広西チワン族自治区柳州市鹿寨(ろくさい)県は、貧困脱却の取り組みとして地域の特色を生かした産業に力を入れており、貧困世帯の約89%が現代農業や畜産などに従事している。同県では2016~19年に22の村が貧困から脱却し、貧困者数は2万7587人から1013人に減少した。(南寧=新華社記者/黄孝邦)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020052701293

    産業の発展で貧困から脱却広西チワン族自治区鹿寨県  広西チワン族自治区柳州市鹿寨県寨沙鎮古木村でアブラツバキの苗を手入れする村民。(5月10日撮影)中国広西チワン族自治区柳州市鹿寨(ろくさい)県は、貧困脱却の取り組みとして地域の特色を生かした産業に力を入れており、貧困世帯の約89%が現代農業や畜産などに従事している。同県では2016~19年に22の村が貧困から脱却し、貧困者数は2万7587人から1013人に減少した。(南寧=新華社記者/黄孝邦)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020051103233

    カーボンシンク取引で貧困脱却を後押し貴州省  カーボンシンク森林。(資料写真)カーボンシンク(二酸化炭素吸収源)プロジェクトは、中国貴州省が新たに開発した、森林の生態価値を経済価値に転換して貧困脱却を図るプロジェクト。貴州省のカーボンシンク測定方法によると、林地を持つ登録貧困世帯の樹木を木の種類、大きさ、カーボンシンク効果(二酸化炭素の吸収量と酸素の放出量)に照らして選別し、番号を付けて、写真撮影を行い、それらの情報を「貴州省カーボンシンク貧困扶助プラットフォーム」にアップロードする。各樹木のカーボンシンク取引価格は年間3元(1元=約15円)で、一度の開発で連続6年販売でき、その後も繰り返し開発できる。カーボンシンク森林は個人または企業に販売でき、販売によって得た金額は全額、貧困農家個人の収入になる。(貴陽=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020051103159

    カーボンシンク取引で貧困脱却を後押し貴州省  職員によりに番号が付けられた樹木。(資料写真)カーボンシンク(二酸化炭素吸収源)プロジェクトは、中国貴州省が新たに開発した、森林の生態価値を経済価値に転換して貧困脱却を図るプロジェクト。貴州省のカーボンシンク測定方法によると、林地を持つ登録貧困世帯の樹木を木の種類、大きさ、カーボンシンク効果(二酸化炭素の吸収量と酸素の放出量)に照らして選別し、番号を付けて、写真撮影を行い、それらの情報を「貴州省カーボンシンク貧困扶助プラットフォーム」にアップロードする。各樹木のカーボンシンク取引価格は年間3元(1元=約15円)で、一度の開発で連続6年販売でき、その後も繰り返し開発できる。カーボンシンク森林は個人または企業に販売でき、販売によって得た金額は全額、貧困農家個人の収入になる。(貴陽=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020051103232

    カーボンシンク取引で貧困脱却を後押し貴州省  貴州省のカーボンシンクプロジェクトによる貧困脱却のイメージ図。(資料写真)カーボンシンク(二酸化炭素吸収源)プロジェクトは、中国貴州省が新たに開発した、森林の生態価値を経済価値に転換して貧困脱却を図るプロジェクト。貴州省のカーボンシンク測定方法によると、林地を持つ登録貧困世帯の樹木を木の種類、大きさ、カーボンシンク効果(二酸化炭素の吸収量と酸素の放出量)に照らして選別し、番号を付けて、写真撮影を行い、それらの情報を「貴州省カーボンシンク貧困扶助プラットフォーム」にアップロードする。各樹木のカーボンシンク取引価格は年間3元(1元=約15円)で、一度の開発で連続6年販売でき、その後も繰り返し開発できる。カーボンシンク森林は個人または企業に販売でき、販売によって得た金額は全額、貧困農家個人の収入になる。(貴陽=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020051103130

    カーボンシンク取引で貧困脱却を後押し貴州省  座談会でカーボンシンク森林の番号付けや写真撮影などについて説明を受ける村民。(資料写真)カーボンシンク(二酸化炭素吸収源)プロジェクトは、中国貴州省が新たに開発した、森林の生態価値を経済価値に転換して貧困脱却を図るプロジェクト。貴州省のカーボンシンク測定方法によると、林地を持つ登録貧困世帯の樹木を木の種類、大きさ、カーボンシンク効果(二酸化炭素の吸収量と酸素の放出量)に照らして選別し、番号を付けて、写真撮影を行い、それらの情報を「貴州省カーボンシンク貧困扶助プラットフォーム」にアップロードする。各樹木のカーボンシンク取引価格は年間3元(1元=約15円)で、一度の開発で連続6年販売でき、その後も繰り返し開発できる。カーボンシンク森林は個人または企業に販売でき、販売によって得た金額は全額、貧困農家個人の収入になる。(貴陽=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020051102868

    「貧困扶助茶園」で茶摘みが最盛期雲南省広南県  4月26日、雲南省広南県底圩郷の茶畑で少数民族の衣装をまとって茶葉を摘む農家。二十四節気の「穀雨」を過ぎると、中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の「貧困扶助茶園」では、地元の茶農家による春の茶摘みが最盛期を迎える。同県底圩(ていう)郷は雲南省内で茶葉栽培の面積が比較的広い郷鎮の一つで、栽培の歴史も長い。それぞれ約千ムーにわたり広がる樹齢100年超の茶の木と野生の茶の木が保存されている。地元ではここ数年、産業による貧困扶助モデルを刷新し、企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を組み合わせる方式で茶産業の発展を推進している。また敷地1万ムー(約667ヘクタール)余りのエコ化・標準化した茶葉栽培拠点を建設し、貧困世帯が茶畑の管理、茶摘み、製茶などに従事する機会を創出。茶農家に安定した収入増をもたらすとともに、貧困世帯の貧困脱却を後押ししている。(昆明=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020051102852

    「貧困扶助茶園」で茶摘みが最盛期雲南省広南県  4月26日、雲南省広南県底圩郷の茶畑で少数民族の衣装をまとって茶葉を摘む農家。二十四節気の「穀雨」を過ぎると、中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の「貧困扶助茶園」では、地元の茶農家による春の茶摘みが最盛期を迎える。同県底圩(ていう)郷は雲南省内で茶葉栽培の面積が比較的広い郷鎮の一つで、栽培の歴史も長い。それぞれ約千ムーにわたり広がる樹齢100年超の茶の木と野生の茶の木が保存されている。地元ではここ数年、産業による貧困扶助モデルを刷新し、企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を組み合わせる方式で茶産業の発展を推進している。また敷地1万ムー(約667ヘクタール)余りのエコ化・標準化した茶葉栽培拠点を建設し、貧困世帯が茶畑の管理、茶摘み、製茶などに従事する機会を創出。茶農家に安定した収入増をもたらすとともに、貧困世帯の貧困脱却を後押ししている。(昆明=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020051102929

    「貧困扶助茶園」で茶摘みが最盛期雲南省広南県  4月26日、雲南省広南県底圩郷の茶畑で少数民族の衣装をまとって茶葉を摘む農家。二十四節気の「穀雨」を過ぎると、中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の「貧困扶助茶園」では、地元の茶農家による春の茶摘みが最盛期を迎える。同県底圩(ていう)郷は雲南省内で茶葉栽培の面積が比較的広い郷鎮の一つで、栽培の歴史も長い。それぞれ約千ムーにわたり広がる樹齢100年超の茶の木と野生の茶の木が保存されている。地元ではここ数年、産業による貧困扶助モデルを刷新し、企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を組み合わせる方式で茶産業の発展を推進している。また敷地1万ムー(約667ヘクタール)余りのエコ化・標準化した茶葉栽培拠点を建設し、貧困世帯が茶畑の管理、茶摘み、製茶などに従事する機会を創出。茶農家に安定した収入増をもたらすとともに、貧困世帯の貧困脱却を後押ししている。(昆明=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020051102840

    「貧困扶助茶園」で茶摘みが最盛期雲南省広南県  4月26日、雲南省広南県底圩郷の茶畑で少数民族の衣装をまとって茶葉を摘む農家。二十四節気の「穀雨」を過ぎると、中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の「貧困扶助茶園」では、地元の茶農家による春の茶摘みが最盛期を迎える。同県底圩(ていう)郷は雲南省内で茶葉栽培の面積が比較的広い郷鎮の一つで、栽培の歴史も長い。それぞれ約千ムーにわたり広がる樹齢100年超の茶の木と野生の茶の木が保存されている。地元ではここ数年、産業による貧困扶助モデルを刷新し、企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を組み合わせる方式で茶産業の発展を推進している。また敷地1万ムー(約667ヘクタール)余りのエコ化・標準化した茶葉栽培拠点を建設し、貧困世帯が茶畑の管理、茶摘み、製茶などに従事する機会を創出。茶農家に安定した収入増をもたらすとともに、貧困世帯の貧困脱却を後押ししている。(昆明=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020051102968

    「貧困扶助茶園」で茶摘みが最盛期雲南省広南県  4月26日、雲南省広南県底圩郷の茶畑で少数民族の衣装をまとって茶葉を摘む農家。二十四節気の「穀雨」を過ぎると、中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の「貧困扶助茶園」では、地元の茶農家による春の茶摘みが最盛期を迎える。同県底圩(ていう)郷は雲南省内で茶葉栽培の面積が比較的広い郷鎮の一つで、栽培の歴史も長い。それぞれ約千ムーにわたり広がる樹齢100年超の茶の木と野生の茶の木が保存されている。地元ではここ数年、産業による貧困扶助モデルを刷新し、企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を組み合わせる方式で茶産業の発展を推進している。また敷地1万ムー(約667ヘクタール)余りのエコ化・標準化した茶葉栽培拠点を建設し、貧困世帯が茶畑の管理、茶摘み、製茶などに従事する機会を創出。茶農家に安定した収入増をもたらすとともに、貧困世帯の貧困脱却を後押ししている。(昆明=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020051102921

    「貧困扶助茶園」で茶摘みが最盛期雲南省広南県  4月26日、雲南省広南県底圩郷の茶畑で少数民族の衣装をまとって茶葉を摘む農家。二十四節気の「穀雨」を過ぎると、中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の「貧困扶助茶園」では、地元の茶農家による春の茶摘みが最盛期を迎える。同県底圩(ていう)郷は雲南省内で茶葉栽培の面積が比較的広い郷鎮の一つで、栽培の歴史も長い。それぞれ約千ムーにわたり広がる樹齢100年超の茶の木と野生の茶の木が保存されている。地元ではここ数年、産業による貧困扶助モデルを刷新し、企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を組み合わせる方式で茶産業の発展を推進している。また敷地1万ムー(約667ヘクタール)余りのエコ化・標準化した茶葉栽培拠点を建設し、貧困世帯が茶畑の管理、茶摘み、製茶などに従事する機会を創出。茶農家に安定した収入増をもたらすとともに、貧困世帯の貧困脱却を後押ししている。(昆明=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020051102928

    「貧困扶助茶園」で茶摘みが最盛期雲南省広南県  4月26日、雲南省広南県底圩郷に広がる茶畑。二十四節気の「穀雨」を過ぎると、中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の「貧困扶助茶園」では、地元の茶農家による春の茶摘みが最盛期を迎える。同県底圩(ていう)郷は雲南省内で茶葉栽培の面積が比較的広い郷鎮の一つで、栽培の歴史も長い。それぞれ約千ムーにわたり広がる樹齢100年超の茶の木と野生の茶の木が保存されている。地元ではここ数年、産業による貧困扶助モデルを刷新し、企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を組み合わせる方式で茶産業の発展を推進している。また敷地1万ムー(約667ヘクタール)余りのエコ化・標準化した茶葉栽培拠点を建設し、貧困世帯が茶畑の管理、茶摘み、製茶などに従事する機会を創出。茶農家に安定した収入増をもたらすとともに、貧困世帯の貧困脱却を後押ししている。(昆明=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020051103175

    カーボンシンク取引で貧困脱却を後押し貴州省  24日、貴陽で行われたカーボンシンク森林の企業団体購入イベントで、購入企業に証明書などを授与する様子。カーボンシンク(二酸化炭素吸収源)プロジェクトは、中国貴州省が新たに開発した、森林の生態価値を経済価値に転換して貧困脱却を図るプロジェクト。貴州省のカーボンシンク測定方法によると、林地を持つ登録貧困世帯の樹木を木の種類、大きさ、カーボンシンク効果(二酸化炭素の吸収量と酸素の放出量)に照らして選別し、番号を付けて、写真撮影を行い、それらの情報を「貴州省カーボンシンク貧困扶助プラットフォーム」にアップロードする。各樹木のカーボンシンク取引価格は年間3元(1元=約15円)で、一度の開発で連続6年販売でき、その後も繰り返し開発できる。カーボンシンク森林は個人または企業に販売でき、販売によって得た金額は全額、貧困農家個人の収入になる。(貴陽=新華社配信)=2020(令和2)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020052701008

    貧困世帯がトウガラシ栽培で百万元を稼ぎ出すまでに安徽省阜南県  仕事を依頼している貧困戸と共に温室内の草取りをする董賀勤さん。(4月22日撮影)中国安徽省阜南県会竜鎮閆廟村で暮らす董賀勤(とう・がきん)さん(67)一家は、6年前には貧困世帯だったが、政府から支給された6千元(1元=約15円)の産業による貧困救済資金を元手にトウガラシのハウス栽培をスタートし、現在では百万元近くを稼ぎ出している。村の党支部書記、王猛(おう・もう)氏によると、同村には昨年末時点で約3千ムー(約200ヘクタール)の野菜栽培ハウスがあり、さまざまな品種のトウガラシを主力として栽培、ハウス栽培はすでに地元農民の貧困脱却と収入増を図るための主要産業となっているという。(阜南=新華社記者/劉方強)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020052701028

    貧困世帯がトウガラシ栽培で百万元を稼ぎ出すまでに安徽省阜南県  阜南県会竜鎮閆廟村で自身のトウガラシ栽培用ハウスで忙しく働く董賀勤さん。(4月22日撮影)中国安徽省阜南県会竜鎮閆廟村で暮らす董賀勤(とう・がきん)さん(67)一家は、6年前には貧困世帯だったが、政府から支給された6千元(1元=約15円)の産業による貧困救済資金を元手にトウガラシのハウス栽培をスタートし、現在では百万元近くを稼ぎ出している。村の党支部書記、王猛(おう・もう)氏によると、同村には昨年末時点で約3千ムー(約200ヘクタール)の野菜栽培ハウスがあり、さまざまな品種のトウガラシを主力として栽培、ハウス栽培はすでに地元農民の貧困脱却と収入増を図るための主要産業となっているという。(阜南=新華社記者/周牧)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020052701105

    貧困世帯がトウガラシ栽培で百万元を稼ぎ出すまでに安徽省阜南県  トウガラシに農薬を散布する董賀勤さん。(4月22日撮影)中国安徽省阜南県会竜鎮閆廟村で暮らす董賀勤(とう・がきん)さん(67)一家は、6年前には貧困世帯だったが、政府から支給された6千元(1元=約15円)の産業による貧困救済資金を元手にトウガラシのハウス栽培をスタートし、現在では百万元近くを稼ぎ出している。村の党支部書記、王猛(おう・もう)氏によると、同村には昨年末時点で約3千ムー(約200ヘクタール)の野菜栽培ハウスがあり、さまざまな品種のトウガラシを主力として栽培、ハウス栽培はすでに地元農民の貧困脱却と収入増を図るための主要産業となっているという。(阜南=新華社記者/周牧)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020052701013

    貧困世帯がトウガラシ栽培で百万元を稼ぎ出すまでに安徽省阜南県  トウガラシに農薬を散布する董賀勤さん。(4月22日撮影)中国安徽省阜南県会竜鎮閆廟村で暮らす董賀勤(とう・がきん)さん(67)一家は、6年前には貧困世帯だったが、政府から支給された6千元(1元=約15円)の産業による貧困救済資金を元手にトウガラシのハウス栽培をスタートし、現在では百万元近くを稼ぎ出している。村の党支部書記、王猛(おう・もう)氏によると、同村には昨年末時点で約3千ムー(約200ヘクタール)の野菜栽培ハウスがあり、さまざまな品種のトウガラシを主力として栽培、ハウス栽培はすでに地元農民の貧困脱却と収入増を図るための主要産業となっているという。(阜南=新華社記者/周牧)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020042003201

    太陽光発電プロジェクトで貧困救済を後押し内モンゴル自治区  14日、自宅屋上に設置されたソーラーパネルの発電量と収益状況をスマートフォンで確認するハンギン旗呼和木独鎮巴拉亥太陽光発電新村の村民。中国内モンゴル自治区オルドス市ハンギン旗呼和木独鎮は近年、3メガワットの太陽光発電プロジェクトの建設に力を入れている。このプロジェクトは同鎮巴拉亥太陽光発電新村で進められており、屋上太陽光発電所と貧困救済太陽光発電所の二つの部分からなっている。屋上太陽光発電所は、登録された貧困世帯を含む村民160世帯の住宅に設置された屋上ソーラーパネルで構成され、送電開始後、1世帯当たりの発電による年間平均収入は約5千元(1元=約15円)に達している。貧困救済太陽光発電所は、同鎮が貧困救済資金を統合し、支援機関と支援企業が建設したもので、今月末に電力網に接続され、発電を開始する計画になっている。(オルドス=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020042003244

    太陽光発電プロジェクトで貧困救済を後押し内モンゴル自治区  14日、自宅屋上のソーラーパネルを掃除するハンギン旗呼和木独鎮巴拉亥太陽光発電新村の村民。中国内モンゴル自治区オルドス市ハンギン旗呼和木独鎮は近年、3メガワットの太陽光発電プロジェクトの建設に力を入れている。このプロジェクトは同鎮巴拉亥太陽光発電新村で進められており、屋上太陽光発電所と貧困救済太陽光発電所の二つの部分からなっている。屋上太陽光発電所は、登録された貧困世帯を含む村民160世帯の住宅に設置された屋上ソーラーパネルで構成され、送電開始後、1世帯当たりの発電による年間平均収入は約5千元(1元=約15円)に達している。貧困救済太陽光発電所は、同鎮が貧困救済資金を統合し、支援機関と支援企業が建設したもので、今月末に電力網に接続され、発電を開始する計画になっている。(オルドス=新華社配信/賀書琛)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020042003036

    太陽光発電プロジェクトで貧困救済を後押し内モンゴル自治区  14日、自宅屋上のソーラーパネルを掃除するハンギン旗呼和木独鎮巴拉亥太陽光発電新村の村民。中国内モンゴル自治区オルドス市ハンギン旗呼和木独鎮は近年、3メガワットの太陽光発電プロジェクトの建設に力を入れている。このプロジェクトは同鎮巴拉亥太陽光発電新村で進められており、屋上太陽光発電所と貧困救済太陽光発電所の二つの部分からなっている。屋上太陽光発電所は、登録された貧困世帯を含む村民160世帯の住宅に設置された屋上ソーラーパネルで構成され、送電開始後、1世帯当たりの発電による年間平均収入は約5千元(1元=約15円)に達している。貧困救済太陽光発電所は、同鎮が貧困救済資金を統合し、支援機関と支援企業が建設したもので、今月末に電力網に接続され、発電を開始する計画になっている。(オルドス=新華社配信/賀書琛)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020042003770

    茶産業が貧困脱却を後押し福建省  12日、福建省政和県楊源郷の東源茶園で茶摘みをする農家。「中国白茶の里」と呼ばれる福建省南平市政和県には、面積11万ムー(約7300ヘクタール)に及ぶ茶畑が広がる。同県はここ数年、政和白茶をブランド化し、茶産業の発展を加速させており、2019年の茶葉生産量は1万5千トン、生産高は14億5千万元(1元=15円)に達した。また、茶農家が農家全体の75%以上を占め、農家は収入の半分以上を茶葉から得ている。茶産業は県内1017の貧困世帯に平均で年間2万1千元の収入増をもたらし、県内農家を貧困から豊かさへ導く基幹産業となった。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020042003811

    茶産業が貧困脱却を後押し福建省  12日、福建省政和雲根茶業の茶葉天日干し場。「中国白茶の里」と呼ばれる福建省南平市政和県には、面積11万ムー(約7300ヘクタール)に及ぶ茶畑が広がる。同県はここ数年、政和白茶をブランド化し、茶産業の発展を加速させており、2019年の茶葉生産量は1万5千トン、生産高は14億5千万元(1元=15円)に達した。また、茶農家が農家全体の75%以上を占め、農家は収入の半分以上を茶葉から得ている。茶産業は県内1017の貧困世帯に平均で年間2万1千元の収入増をもたらし、県内農家を貧困から豊かさへ導く基幹産業となった。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020042003879

    茶産業が貧困脱却を後押し福建省  12日、茶葉を天日干しする福建省政和雲根茶業の従業員。「中国白茶の里」と呼ばれる福建省南平市政和県には、面積11万ムー(約7300ヘクタール)に及ぶ茶畑が広がる。同県はここ数年、政和白茶をブランド化し、茶産業の発展を加速させており、2019年の茶葉生産量は1万5千トン、生産高は14億5千万元(1元=15円)に達した。また、茶農家が農家全体の75%以上を占め、農家は収入の半分以上を茶葉から得ている。茶産業は県内1017の貧困世帯に平均で年間2万1千元の収入増をもたらし、県内農家を貧困から豊かさへ導く基幹産業となった。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020042003819

    茶産業が貧困脱却を後押し福建省  12日、福建省政和県澄源郷の石仔嶺にある千畝茶園で茶摘みをする農家。「中国白茶の里」と呼ばれる福建省南平市政和県には、面積11万ムー(約7300ヘクタール)に及ぶ茶畑が広がる。同県はここ数年、政和白茶をブランド化し、茶産業の発展を加速させており、2019年の茶葉生産量は1万5千トン、生産高は14億5千万元(1元=15円)に達した。また、茶農家が農家全体の75%以上を占め、農家は収入の半分以上を茶葉から得ている。茶産業は県内1017の貧困世帯に平均で年間2万1千元の収入増をもたらし、県内農家を貧困から豊かさへ導く基幹産業となった。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020042003828

    茶産業が貧困脱却を後押し福建省  12日、福建省政和県楊源郷の東源茶園。「中国白茶の里」と呼ばれる福建省南平市政和県には、面積11万ムー(約7300ヘクタール)に及ぶ茶畑が広がる。同県はここ数年、政和白茶をブランド化し、茶産業の発展を加速させており、2019年の茶葉生産量は1万5千トン、生産高は14億5千万元(1元=15円)に達した。また、茶農家が農家全体の75%以上を占め、農家は収入の半分以上を茶葉から得ている。茶産業は県内1017の貧困世帯に平均で年間2万1千元の収入増をもたらし、県内農家を貧困から豊かさへ導く基幹産業となった。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020042003848

    茶産業が貧困脱却を後押し福建省  12日、茶葉をより分ける福建省政和雲根茶業の従業員。「中国白茶の里」と呼ばれる福建省南平市政和県には、面積11万ムー(約7300ヘクタール)に及ぶ茶畑が広がる。同県はここ数年、政和白茶をブランド化し、茶産業の発展を加速させており、2019年の茶葉生産量は1万5千トン、生産高は14億5千万元(1元=15円)に達した。また、茶農家が農家全体の75%以上を占め、農家は収入の半分以上を茶葉から得ている。茶産業は県内1017の貧困世帯に平均で年間2万1千元の収入増をもたらし、県内農家を貧困から豊かさへ導く基幹産業となった。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020042003874

    茶産業が貧困脱却を後押し福建省  12日、福建省政和県澄源郷澄源村の茶葉買い取り所。「中国白茶の里」と呼ばれる福建省南平市政和県には、面積11万ムー(約7300ヘクタール)に及ぶ茶畑が広がる。同県はここ数年、政和白茶をブランド化し、茶産業の発展を加速させており、2019年の茶葉生産量は1万5千トン、生産高は14億5千万元(1元=15円)に達した。また、茶農家が農家全体の75%以上を占め、農家は収入の半分以上を茶葉から得ている。茶産業は県内1017の貧困世帯に平均で年間2万1千元の収入増をもたらし、県内農家を貧困から豊かさへ導く基幹産業となった。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020042003884

    茶産業が貧困脱却を後押し福建省  12日、白茶餅を作る福建省政和雲根茶業の従業員。「中国白茶の里」と呼ばれる福建省南平市政和県には、面積11万ムー(約7300ヘクタール)に及ぶ茶畑が広がる。同県はここ数年、政和白茶をブランド化し、茶産業の発展を加速させており、2019年の茶葉生産量は1万5千トン、生産高は14億5千万元(1元=15円)に達した。また、茶農家が農家全体の75%以上を占め、農家は収入の半分以上を茶葉から得ている。茶産業は県内1017の貧困世帯に平均で年間2万1千元の収入増をもたらし、県内農家を貧困から豊かさへ導く基幹産業となった。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020042003881

    茶産業が貧困脱却を後押し福建省  12日、福建省政和県楊源郷の東源茶園で茶摘みをする農家。「中国白茶の里」と呼ばれる福建省南平市政和県には、面積11万ムー(約7300ヘクタール)に及ぶ茶畑が広がる。同県はここ数年、政和白茶をブランド化し、茶産業の発展を加速させており、2019年の茶葉生産量は1万5千トン、生産高は14億5千万元(1元=15円)に達した。また、茶農家が農家全体の75%以上を占め、農家は収入の半分以上を茶葉から得ている。茶産業は県内1017の貧困世帯に平均で年間2万1千元の収入増をもたらし、県内農家を貧困から豊かさへ導く基幹産業となった。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020040701662

    貧困者支援作業場、操業再開で大忙し貴州省晴隆県  1日、梱包され全国の市場に次々と出荷される電動車両。中国貴州省晴隆県は、「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により転居した貧困世帯の人々の雇用問題を解決するため、県政府所在地にある転居者が暮らす居住地のそばに産業パークを建設した。同パークには衣類工場、靴工場、電動車製造工場など、多くの企業が入居している。新型コロナウイルスの影響で一時休業していたこれらの企業がこのほど操業を再開して以来、「貧困者支援作業場」は順調に生産を続けている。(晴隆=新華社記者/施銭貴)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020040302557

    特色ある産業が貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  3月26日、ライブ配信でジャガイモを紹介し、地元貧困戸の農産物販売を支援するウランチャブ市チャハル右翼後旗の若者起業家。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市はここ数年、貧困脱却の難関攻略を進める中で地域の特色ある産業を全力で発展させている。企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を組み合わせた産業モデルを通じて、これまで複数に分かれていた貧困扶助補助金の統合を実施。伝統の養殖業をより大きく、より強くすることで近代農業への発展を促し、生活困窮者が質の高い貧困脱出を実現できるよう後押ししている。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020040302523

    特色ある産業が貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  3月26日、ライブ配信でジャガイモを紹介し、地元貧困戸の農産物販売を支援するウランチャブ市チャハル右翼後旗の若者起業家。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市はここ数年、貧困脱却の難関攻略を進める中で地域の特色ある産業を全力で発展させている。企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を組み合わせた産業モデルを通じて、これまで複数に分かれていた貧困扶助補助金の統合を実施。伝統の養殖業をより大きく、より強くすることで近代農業への発展を促し、生活困窮者が質の高い貧困脱出を実現できるよう後押ししている。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020040302586

    特色ある産業が貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  3月25日、ウランチャブ市商都県十八頃鎮泉脳子村が整備した平飼い鶏の鶏舎で卵を集める村民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市はここ数年、貧困脱却の難関攻略を進める中で地域の特色ある産業を全力で発展させている。企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を組み合わせた産業モデルを通じて、これまで複数に分かれていた貧困扶助補助金の統合を実施。伝統の養殖業をより大きく、より強くすることで近代農業への発展を促し、生活困窮者が質の高い貧困脱出を実現できるよう後押ししている。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020040302561

    特色ある産業が貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  3月25日、ウランチャブ市商都県十八頃鎮泉脳子村が整備した平飼い鶏の鶏舎で卵を集める村民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市はここ数年、貧困脱却の難関攻略を進める中で地域の特色ある産業を全力で発展させている。企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を組み合わせた産業モデルを通じて、これまで複数に分かれていた貧困扶助補助金の統合を実施。伝統の養殖業をより大きく、より強くすることで近代農業への発展を促し、生活困窮者が質の高い貧困脱出を実現できるよう後押ししている。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020052300824

    貧困脱却、大きく変わったチベット族の村四川省丹巴県  小巴旺村の一角。(3月24日撮影)中国四川省カンゼ・チベット族自治州丹巴(たんは)県甲居鎮の小巴旺村は、同省西部を流れる大渡河の支流、大金河西岸の山の斜面に築かれた集落。同村は2014年から貧困脱却の堅塁攻略戦に取り組み、積極的にチャンスをつかみ、村の舗装された自動車道と甲居観光周遊ルートを接続させ、村の連絡自動車道1・81キロ、集落の連絡道3キロ、住宅に通じる生活道路2キロを整備した。道路のボトルネックが解消されると、資源が豊富な村に内在していた原動力が刺激され、2016年末には貧困世帯13戸が貧困から脱却、同村は完全に貧困村リストから外れた。村では特産のスモモや質の良いクルミを栽培し、林の間では歯ごたえがあり香りのよいタケノコやパプリカを育てている。現在、リンゴのほとんどは実をつけるようになり、生態環境と調和した方法で栽培された高原野菜は需要に供給が追い付かない人気で、今年末の1人当たりの年間収入は、貧困脱却を果たした2016年当時の2倍になる見込み。同村は現在、「美しい村」として知られるチベット族集落「甲居藏寨」に隣接する抜群の地の利を生かして、農村観光に力を入れ、観光産業が他の産業をけん引し共同発展するよう取り組んでいる。(成都=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020052300840

    貧困脱却、大きく変わったチベット族の村四川省丹巴県  小巴旺村の一角。(3月24日撮影)中国四川省カンゼ・チベット族自治州丹巴(たんは)県甲居鎮の小巴旺村は、同省西部を流れる大渡河の支流、大金河西岸の山の斜面に築かれた集落。同村は2014年から貧困脱却の堅塁攻略戦に取り組み、積極的にチャンスをつかみ、村の舗装された自動車道と甲居観光周遊ルートを接続させ、村の連絡自動車道1・81キロ、集落の連絡道3キロ、住宅に通じる生活道路2キロを整備した。道路のボトルネックが解消されると、資源が豊富な村に内在していた原動力が刺激され、2016年末には貧困世帯13戸が貧困から脱却、同村は完全に貧困村リストから外れた。村では特産のスモモや質の良いクルミを栽培し、林の間では歯ごたえがあり香りのよいタケノコやパプリカを育てている。現在、リンゴのほとんどは実をつけるようになり、生態環境と調和した方法で栽培された高原野菜は需要に供給が追い付かない人気で、今年末の1人当たりの年間収入は、貧困脱却を果たした2016年当時の2倍になる見込み。同村は現在、「美しい村」として知られるチベット族集落「甲居藏寨」に隣接する抜群の地の利を生かして、農村観光に力を入れ、観光産業が他の産業をけん引し共同発展するよう取り組んでいる。(成都=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020052300847

    貧困脱却、大きく変わったチベット族の村四川省丹巴県  小巴旺村の一角。(3月24日撮影)中国四川省カンゼ・チベット族自治州丹巴(たんは)県甲居鎮の小巴旺村は、同省西部を流れる大渡河の支流、大金河西岸の山の斜面に築かれた集落。同村は2014年から貧困脱却の堅塁攻略戦に取り組み、積極的にチャンスをつかみ、村の舗装された自動車道と甲居観光周遊ルートを接続させ、村の連絡自動車道1・81キロ、集落の連絡道3キロ、住宅に通じる生活道路2キロを整備した。道路のボトルネックが解消されると、資源が豊富な村に内在していた原動力が刺激され、2016年末には貧困世帯13戸が貧困から脱却、同村は完全に貧困村リストから外れた。村では特産のスモモや質の良いクルミを栽培し、林の間では歯ごたえがあり香りのよいタケノコやパプリカを育てている。現在、リンゴのほとんどは実をつけるようになり、生態環境と調和した方法で栽培された高原野菜は需要に供給が追い付かない人気で、今年末の1人当たりの年間収入は、貧困脱却を果たした2016年当時の2倍になる見込み。同村は現在、「美しい村」として知られるチベット族集落「甲居藏寨」に隣接する抜群の地の利を生かして、農村観光に力を入れ、観光産業が他の産業をけん引し共同発展するよう取り組んでいる。(成都=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020052300894

    貧困脱却、大きく変わったチベット族の村四川省丹巴県  小巴旺村の一角。(3月24日撮影)中国四川省カンゼ・チベット族自治州丹巴(たんは)県甲居鎮の小巴旺村は、同省西部を流れる大渡河の支流、大金河西岸の山の斜面に築かれた集落。同村は2014年から貧困脱却の堅塁攻略戦に取り組み、積極的にチャンスをつかみ、村の舗装された自動車道と甲居観光周遊ルートを接続させ、村の連絡自動車道1・81キロ、集落の連絡道3キロ、住宅に通じる生活道路2キロを整備した。道路のボトルネックが解消されると、資源が豊富な村に内在していた原動力が刺激され、2016年末には貧困世帯13戸が貧困から脱却、同村は完全に貧困村リストから外れた。村では特産のスモモや質の良いクルミを栽培し、林の間では歯ごたえがあり香りのよいタケノコやパプリカを育てている。現在、リンゴのほとんどは実をつけるようになり、生態環境と調和した方法で栽培された高原野菜は需要に供給が追い付かない人気で、今年末の1人当たりの年間収入は、貧困脱却を果たした2016年当時の2倍になる見込み。同村は現在、「美しい村」として知られるチベット族集落「甲居藏寨」に隣接する抜群の地の利を生かして、農村観光に力を入れ、観光産業が他の産業をけん引し共同発展するよう取り組んでいる。(成都=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020052300804

    貧困脱却、大きく変わったチベット族の村四川省丹巴県  自宅前で花に水をやる小巴旺村のチベット族住民。(3月24日撮影)中国四川省カンゼ・チベット族自治州丹巴(たんは)県甲居鎮の小巴旺村は、同省西部を流れる大渡河の支流、大金河西岸の山の斜面に築かれた集落。同村は2014年から貧困脱却の堅塁攻略戦に取り組み、積極的にチャンスをつかみ、村の舗装された自動車道と甲居観光周遊ルートを接続させ、村の連絡自動車道1・81キロ、集落の連絡道3キロ、住宅に通じる生活道路2キロを整備した。道路のボトルネックが解消されると、資源が豊富な村に内在していた原動力が刺激され、2016年末には貧困世帯13戸が貧困から脱却、同村は完全に貧困村リストから外れた。村では特産のスモモや質の良いクルミを栽培し、林の間では歯ごたえがあり香りのよいタケノコやパプリカを育てている。現在、リンゴのほとんどは実をつけるようになり、生態環境と調和した方法で栽培された高原野菜は需要に供給が追い付かない人気で、今年末の1人当たりの年間収入は、貧困脱却を果たした2016年当時の2倍になる見込み。同村は現在、「美しい村」として知られるチベット族集落「甲居藏寨」に隣接する抜群の地の利を生かして、農村観光に力を入れ、観光産業が他の産業をけん引し共同発展するよう取り組んでいる。(成都=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020052300873

    貧困脱却、大きく変わったチベット族の村四川省丹巴県  小巴旺村の一角。(3月24日撮影)中国四川省カンゼ・チベット族自治州丹巴(たんは)県甲居鎮の小巴旺村は、同省西部を流れる大渡河の支流、大金河西岸の山の斜面に築かれた集落。同村は2014年から貧困脱却の堅塁攻略戦に取り組み、積極的にチャンスをつかみ、村の舗装された自動車道と甲居観光周遊ルートを接続させ、村の連絡自動車道1・81キロ、集落の連絡道3キロ、住宅に通じる生活道路2キロを整備した。道路のボトルネックが解消されると、資源が豊富な村に内在していた原動力が刺激され、2016年末には貧困世帯13戸が貧困から脱却、同村は完全に貧困村リストから外れた。村では特産のスモモや質の良いクルミを栽培し、林の間では歯ごたえがあり香りのよいタケノコやパプリカを育てている。現在、リンゴのほとんどは実をつけるようになり、生態環境と調和した方法で栽培された高原野菜は需要に供給が追い付かない人気で、今年末の1人当たりの年間収入は、貧困脱却を果たした2016年当時の2倍になる見込み。同村は現在、「美しい村」として知られるチベット族集落「甲居藏寨」に隣接する抜群の地の利を生かして、農村観光に力を入れ、観光産業が他の産業をけん引し共同発展するよう取り組んでいる。(成都=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020052300825

    貧困脱却、大きく変わったチベット族の村四川省丹巴県  小巴旺村の一角。(3月24日撮影)中国四川省カンゼ・チベット族自治州丹巴(たんは)県甲居鎮の小巴旺村は、同省西部を流れる大渡河の支流、大金河西岸の山の斜面に築かれた集落。同村は2014年から貧困脱却の堅塁攻略戦に取り組み、積極的にチャンスをつかみ、村の舗装された自動車道と甲居観光周遊ルートを接続させ、村の連絡自動車道1・81キロ、集落の連絡道3キロ、住宅に通じる生活道路2キロを整備した。道路のボトルネックが解消されると、資源が豊富な村に内在していた原動力が刺激され、2016年末には貧困世帯13戸が貧困から脱却、同村は完全に貧困村リストから外れた。村では特産のスモモや質の良いクルミを栽培し、林の間では歯ごたえがあり香りのよいタケノコやパプリカを育てている。現在、リンゴのほとんどは実をつけるようになり、生態環境と調和した方法で栽培された高原野菜は需要に供給が追い付かない人気で、今年末の1人当たりの年間収入は、貧困脱却を果たした2016年当時の2倍になる見込み。同村は現在、「美しい村」として知られるチベット族集落「甲居藏寨」に隣接する抜群の地の利を生かして、農村観光に力を入れ、観光産業が他の産業をけん引し共同発展するよう取り組んでいる。(成都=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020032314843

    山西省、貧困支援企業の秩序ある操業・生産再開を推進  18日、山西省晋中市楡社(ゆしゃ)県にある「農業貧困支援企業」の温室で、育苗作業をする農家の人。中国山西省晋中(しんちゅう)市政府はこのほど、新型コロナウイルスの感染予防・抑制を徹底しながら、「農業貧困支援企業」と貧困支援工場の秩序ある操業・生産再開を積極的に進めることで、地元の村民と貧困世帯の雇用・増収を後押ししている。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020032314663

    山西省、貧困支援企業の秩序ある操業・生産再開を推進  18日、山西省晋中市楡社(ゆしゃ)県にある「農業貧困支援企業」の温室で、トマトの生育状況をチェックする農家の人たち。中国山西省晋中(しんちゅう)市政府はこのほど、新型コロナウイルスの感染予防・抑制を徹底しながら、「農業貧困支援企業」と貧困支援工場の秩序ある操業・生産再開を積極的に進めることで、地元の村民と貧困世帯の雇用・増収を後押ししている。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020032314459

    山西省、貧困支援企業の秩序ある操業・生産再開を推進  18日、山西省晋中市楡社(ゆしゃ)県の貧困支援工場で、鉄道車両部品を整理する従業員。中国山西省晋中(しんちゅう)市政府はこのほど、新型コロナウイルスの感染予防・抑制を徹底しながら、「農業貧困支援企業」と貧困支援工場の秩序ある操業・生産再開を積極的に進めることで、地元の村民と貧困世帯の雇用・増収を後押ししている。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020032313512

    山西省、貧困支援企業の秩序ある操業・生産再開を推進  18日、山西省晋中市楡社(ゆしゃ)県にある「農業貧困支援企業」の温室で、セロリを収穫する農家の人たち。中国山西省晋中(しんちゅう)市政府はこのほど、新型コロナウイルスの感染予防・抑制を徹底しながら、「農業貧困支援企業」と貧困支援工場の秩序ある操業・生産再開を積極的に進めることで、地元の村民と貧困世帯の雇用・増収を後押ししている。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020032314908

    山西省、貧困支援企業の秩序ある操業・生産再開を推進  18日、山西省晋中市楡社(ゆしゃ)県にある「農業貧困支援企業」の温室で、野菜の若苗(わかなえ)に水をやる農家の人。中国山西省晋中(しんちゅう)市政府はこのほど、新型コロナウイルスの感染予防・抑制を徹底しながら、「農業貧困支援企業」と貧困支援工場の秩序ある操業・生産再開を積極的に進めることで、地元の村民と貧困世帯の雇用・増収を後押ししている。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020032314262

    山西省、貧困支援企業の秩序ある操業・生産再開を推進  18日、山西省晋中市楡社(ゆしゃ)県にある「農業貧困支援企業」の温室で、ナスを収穫する農家の人。中国山西省晋中(しんちゅう)市政府はこのほど、新型コロナウイルスの感染予防・抑制を徹底しながら、「農業貧困支援企業」と貧困支援工場の秩序ある操業・生産再開を積極的に進めることで、地元の村民と貧困世帯の雇用・増収を後押ししている。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像