検索結果 1,218 件中 1 件 〜 50
  1. 2019091302644

    諫早訴訟、高裁に差し戻し  国営諫早湾干拓事業の潮受け堤防の北部排水門。奥は大規模農業が営まれる干拓地=13日正午ごろ、長崎県諫早市(共同通信社ヘリから)

  2. 2019090900438

    「新華社」 キウイが農村振興の「富を生む果物」に山東省淄博市  4日、山東省淄博市源泉鎮を流れる淄河両岸のキウイ栽培地。(小型無人機から)中国山東省淄博(しはく)市博山区源泉鎮では、キウイの収穫が最盛期を迎えている。同鎮はここ数年、恵まれた自然環境を生かし、特色あるキウイ産業の発展に力を入れてきた。鎮内を流れる淄河の両岸では現在、キウイの栽培面積が1万2千ムー(800ヘクタール)に達し、収穫期には1ムー当たり2万元(1元=約15円)、計約2億元の生産額を実現する見通し。キウイは農村振興の「富を生む果物」となった。(淄博=新華社記者/王凱)=2019(令和元)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019090900634

    「新華社」 内モンゴル自治区の河套かんがい区域、世界かんがい施設遺産に  4日、地元の野菜加工工場にトマトを売るために列を作る河套かんがい区域三道橋鎮の農家。(小型無人機から)インドネシア・バリ島で4日、国際かんがい排水委員会(ICID)第70回執行理事会の全体会議が開かれ、中国内モンゴル自治区の河套かんがい区域と江西省千金陂のかんがい施設が2019年度(第6期)世界かんがい施設遺産に登録されることが決まった。(フフホト=新華社記者/劉詩平)=2019(令和元)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019090613262

    「新華社」 重点建設事業、着々と進む 河北省雄安新区  8月31日、空から見た雄安新区の白洋淀。(小型無人機から)中国河北省の雄安新区では現在、建設事業が既に大規模な実質的着工段階に入っている。同区管理委員会によると、今年の重点事業69件のうち20件が既に着工済みで、残りも着工に向けた準備が全力で進められている。また、北京市と雄安新区を結ぶ「京雄都市間鉄道」や営林事業「千年秀林」、白洋淀(はくようてん)の生態系修復などの事業も着々と進んでいる。(石家荘=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019090402635

    「新華社」 収穫期迎えた「タケノコの王様」重慶市  8月30日、うっそうと茂る金仏山の竹林にたたずむタケノコ掘りに使われる作業小屋。(小型無人機から)中国の一部の地域では、竹林が人々の生活に欠かせないものとなっている。落ち葉の下の土から顔を出すタケノコは、中国人にとってのグルメであり、趣のある食べ物でもある。また、風雅な文人に好まれるとともに、その美味しさと値段の安さから、庶民に広く愛されてきた。立秋を過ぎて秋めいてきた中国重慶市の観光名所、金仏山では年に一度のタケノコ掘りの季節を迎えた。この土地で生まれ育った大勢の人々が続々と故郷に戻り、大自然からの贈り物を収穫するために、うっそうと茂る山林に足を踏み入れている。同地で採れるシホウチク(金仏山方竹)のタケノコは、春や冬に採れるものとは異なり、秋に収穫期を迎える。世界自然遺産に登録されている金仏山の標高1400メートル~2千メートルの場所で育つこの独特なタケノコの断面は四角形で、多種の微量元素やビタミンを含んでいる。また、その実は柔らかく肉厚で、見た目も美しく味が良い。その上収穫量も少ないことから「タケノコのチャンピオン」や「タケノコの王様」と呼ばれている。タケノコ掘りに訪れた人は、運が良ければ1日に6千本以上を収穫でき、1シーズンで7千~1万元(1元=約15円)程度の増収が見込めるという。重慶市南川区には現在、10万ムー(約6667ヘクタール)を超えるシホウチクの竹林がある。収穫期には毎年1万人以上の人々がタケノコ掘りに訪れており、シホウチクが地元の農村を貧困から脱却させ、豊かにさせる特色ある農産業となっている。(重慶=新華社配信/凌雲霄)=2019(令和元)年8月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019090613248

    「新華社」 重点建設事業、着々と進む 河北省雄安新区  8月30日、空から見た雄安市民サービスセンター。(小型無人機から)中国河北省の雄安新区では現在、建設事業が既に大規模な実質的着工段階に入っている。同区管理委員会によると、今年の重点事業69件のうち20件が既に着工済みで、残りも着工に向けた準備が全力で進められている。また、北京市と雄安新区を結ぶ「京雄都市間鉄道」や営林事業「千年秀林」、白洋淀(はくようてん)の生態系修復などの事業も着々と進んでいる。(石家荘=新華社記者/曹国廠)=2019(令和元)年8月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019090613271

    「新華社」 重点建設事業、着々と進む 河北省雄安新区  8月29日、空から見た雄安新区の「千年秀林」。(小型無人機から)中国河北省の雄安新区では現在、建設事業が既に大規模な実質的着工段階に入っている。同区管理委員会によると、今年の重点事業69件のうち20件が既に着工済みで、残りも着工に向けた準備が全力で進められている。また、北京市と雄安新区を結ぶ「京雄都市間鉄道」や営林事業「千年秀林」、白洋淀(はくようてん)の生態系修復などの事業も着々と進んでいる。(石家荘=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019082600620

    「新華社」 美しい農村建設で農村振興を後押し江蘇省昆山市  23日、空から見た昆山市周荘鎮の香村祁荘。(小型無人機から)中国江蘇省昆山(こんざん)市はここ数年、農村振興戦略の推進に大いに力を入れ、エコで住みやすい農村環境を整備し、美しい鎮・村の建設を加速してきた。また、グリーン発展理念を深め、農業の近代化を着実に進めることで、農業の効率化や農家の増収、農村発展の活力強化という良好な状況を実現させている。(昆山=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019082600601

    「新華社」 美しい農村建設で農村振興を後押し江蘇省昆山市  23日、空から見た昆山市周荘鎮の香村祁荘。(小型無人機から)中国江蘇省昆山(こんざん)市はここ数年、農村振興戦略の推進に大いに力を入れ、エコで住みやすい農村環境を整備し、美しい鎮・村の建設を加速してきた。また、グリーン発展理念を深め、農業の近代化を着実に進めることで、農業の効率化や農家の増収、農村発展の活力強化という良好な状況を実現させている。(昆山=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019082600586

    「新華社」 美しい農村建設で農村振興を後押し江蘇省昆山市  23日、空から見た昆山市張浦鎮の金華村。(小型無人機から)中国江蘇省昆山(こんざん)市はここ数年、農村振興戦略の推進に大いに力を入れ、エコで住みやすい農村環境を整備し、美しい鎮・村の建設を加速してきた。また、グリーン発展理念を深め、農業の近代化を着実に進めることで、農業の効率化や農家の増収、農村発展の活力強化という良好な状況を実現させている。(昆山=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019082600587

    「新華社」 美しい農村建設で農村振興を後押し江蘇省昆山市  23日、空から見た昆山市周荘鎮の香村祁荘。(小型無人機から)中国江蘇省昆山(こんざん)市はここ数年、農村振興戦略の推進に大いに力を入れ、エコで住みやすい農村環境を整備し、美しい鎮・村の建設を加速してきた。また、グリーン発展理念を深め、農業の近代化を着実に進めることで、農業の効率化や農家の増収、農村発展の活力強化という良好な状況を実現させている。(昆山=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019082600596

    「新華社」 美しい農村建設で農村振興を後押し江蘇省昆山市  23日、空から見た昆山市周荘鎮香村祁荘のヒマワリ畑。(小型無人機から)中国江蘇省昆山(こんざん)市はここ数年、農村振興戦略の推進に大いに力を入れ、エコで住みやすい農村環境を整備し、美しい鎮・村の建設を加速してきた。また、グリーン発展理念を深め、農業の近代化を着実に進めることで、農業の効率化や農家の増収、農村発展の活力強化という良好な状況を実現させている。(昆山=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019082600503

    「新華社」 美しい農村建設で農村振興を後押し江蘇省昆山市  23日、空から見た昆山市周荘鎮の香村祁荘。(小型無人機から)中国江蘇省昆山(こんざん)市はここ数年、農村振興戦略の推進に大いに力を入れ、エコで住みやすい農村環境を整備し、美しい鎮・村の建設を加速してきた。また、グリーン発展理念を深め、農業の近代化を着実に進めることで、農業の効率化や農家の増収、農村発展の活力強化という良好な状況を実現させている。(昆山=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019082600563

    「新華社」 美しい農村建設で農村振興を後押し江蘇省昆山市  23日、昆山市周荘鎮の香村祁荘で、中国の伝統的な祝日、中秋節(旧暦8月15日)用のランタンを運ぶ人たち。(小型無人機から)中国江蘇省昆山(こんざん)市はここ数年、農村振興戦略の推進に大いに力を入れ、エコで住みやすい農村環境を整備し、美しい鎮・村の建設を加速してきた。また、グリーン発展理念を深め、農業の近代化を着実に進めることで、農業の効率化や農家の増収、農村発展の活力強化という良好な状況を実現させている。(昆山=新華社記者/季春鵬))=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019082600542

    「新華社」 美しい農村建設で農村振興を後押し江蘇省昆山市  23日、空から見た昆山市周荘鎮の香村祁荘。(小型無人機から)中国江蘇省昆山(こんざん)市はここ数年、農村振興戦略の推進に大いに力を入れ、エコで住みやすい農村環境を整備し、美しい鎮・村の建設を加速してきた。また、グリーン発展理念を深め、農業の近代化を着実に進めることで、農業の効率化や農家の増収、農村発展の活力強化という良好な状況を実現させている。(昆山=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019082600570

    「新華社」 美しい農村建設で農村振興を後押し江蘇省昆山市  23日、空から見た昆山市周荘鎮の香村祁荘。(小型無人機から)中国江蘇省昆山(こんざん)市はここ数年、農村振興戦略の推進に大いに力を入れ、エコで住みやすい農村環境を整備し、美しい鎮・村の建設を加速してきた。また、グリーン発展理念を深め、農業の近代化を着実に進めることで、農業の効率化や農家の増収、農村発展の活力強化という良好な状況を実現させている。(昆山=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019082600564

    「新華社」 美しい農村建設で農村振興を後押し江蘇省昆山市  23日、空から見た昆山市張浦鎮の金華村。(小型無人機から)中国江蘇省昆山(こんざん)市はここ数年、農村振興戦略の推進に大いに力を入れ、エコで住みやすい農村環境を整備し、美しい鎮・村の建設を加速してきた。また、グリーン発展理念を深め、農業の近代化を着実に進めることで、農業の効率化や農家の増収、農村発展の活力強化という良好な状況を実現させている。(昆山=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019082600583

    「新華社」 美しい農村建設で農村振興を後押し江蘇省昆山市  23日、空から見た昆山市張浦鎮の金華村。(小型無人機から)中国江蘇省昆山(こんざん)市はここ数年、農村振興戦略の推進に大いに力を入れ、エコで住みやすい農村環境を整備し、美しい鎮・村の建設を加速してきた。また、グリーン発展理念を深め、農業の近代化を着実に進めることで、農業の効率化や農家の増収、農村発展の活力強化という良好な状況を実現させている。(昆山=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019082600598

    「新華社」 美しい農村建設で農村振興を後押し江蘇省昆山市  23日、空から見た昆山市張浦鎮の金華村。(小型無人機から)中国江蘇省昆山(こんざん)市はここ数年、農村振興戦略の推進に大いに力を入れ、エコで住みやすい農村環境を整備し、美しい鎮・村の建設を加速してきた。また、グリーン発展理念を深め、農業の近代化を着実に進めることで、農業の効率化や農家の増収、農村発展の活力強化という良好な状況を実現させている。(昆山=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019082600604

    「新華社」 美しい農村建設で農村振興を後押し江蘇省昆山市  23日、空から見た昆山市張浦鎮の金華村。(小型無人機から)中国江蘇省昆山(こんざん)市はここ数年、農村振興戦略の推進に大いに力を入れ、エコで住みやすい農村環境を整備し、美しい鎮・村の建設を加速してきた。また、グリーン発展理念を深め、農業の近代化を着実に進めることで、農業の効率化や農家の増収、農村発展の活力強化という良好な状況を実現させている。(昆山=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019082100788

    「新華社」 砂漠の花畑寧夏回族自治区銀川市  17日、艾伊ラベンダー生態基地で一面に咲くクマツヅラ。(小型無人機から)夏の終わり、中国寧夏回族自治区銀川市の艾伊ラベンダー生態基地では、一面に咲き誇る花が芳しい香りを放っている。ムウス(毛烏素)砂漠の端にある同基地は、荒れ果てた土地を改良した上で点滴かんがい法を用い、ラベンダー、クマツヅラ、オオハンゴンソウなどの花やモンゴリマツ、新疆ポプラなど20種類を超える樹木を栽培している。荒地は美しい花畑へ変わり、多くの観光客が観賞に訪れている。(銀川=新華社記者/馮開華)=2019(令和元)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019082100809

    「新華社」 砂漠の花畑寧夏回族自治区銀川市  17日、ムウス(毛烏素)砂漠の端に位置する艾伊ラベンダー生態基地。(小型無人機から)夏の終わり、中国寧夏回族自治区銀川市の艾伊ラベンダー生態基地では、一面に咲き誇る花が芳しい香りを放っている。ムウス(毛烏素)砂漠の端にある同基地は、荒れ果てた土地を改良した上で点滴かんがい法を用い、ラベンダー、クマツヅラ、オオハンゴンソウなどの花やモンゴリマツ、新疆ポプラなど20種類を超える樹木を栽培している。荒地は美しい花畑へ変わり、多くの観光客が観賞に訪れている。(銀川=新華社記者/馮開華)=2019(令和元)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019082203377

    「新華社」 青波が戻ったロプノール新疆ウイグル自治区  15日、空から見た塩湖。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区にあるロプノールは、中国で2番目に大きな塩湖で、1970年代に干上がったが、この厳しい環境の土地には、希少な鉱物資源であるカリ岩塩が豊富に存在している。その採掘が進むにつれ、地下の天然塩水がくみ上げられ、塩水路を通って塩湖に流れ込み、ロプノールは再び「青い波が揺れる」風景が見られるようになった。中国国家開発投資集団の傘下企業、国投新疆羅布泊(ロプノール)鉀塩は2000年からこの地でカリ岩塩資源の開発を開始。20年近くにわたって建設と発展を続け、年産160万トンの硫酸カリウム生産施設と年産10万トンの硫酸カリウムマグネシウム肥料の生産施設を完成させた。世界最大の硫酸カリウム生産施設が誕生したことで、深刻だった中国のカリ肥料自給率不足の問題を解決へと導いた。(チャルクリク=新華社記者/趙戈)=2019(令和元)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019081608083

    「新華社」 居住地移転による貧困者支援広西興業県  14日、興業県にある貧困者支援団地「老郷家園」の近くに建設された、入居世帯の起業、雇用のための起業パーク。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区玉林市興業県ではここ数年、居住地移転による貧困者支援に取り組んでおり、生活に付随した公共サービス施設を絶えず整備することで、移転世帯の定住や就学、医療、雇用、起業、農作業などのニーズを全面的に満たしている。県内の居住地移転貧困者支援団地「老郷家園」には、既に1273世帯5600人以上が入居しており、移転入居率100%を実現。各世帯1人以上の就業との目標を達成したのは1235世帯で、労働力のない38世帯は農・産業貧困者支援などを通じて、安定収入を確保している。(興業=新華社記者/曹禕銘)=2019(令和元)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019082203448

    「新華社」 青波が戻ったロプノール新疆ウイグル自治区  14日、空から見た塩湖。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区にあるロプノールは、中国で2番目に大きな塩湖で、1970年代に干上がったが、この厳しい環境の土地には、希少な鉱物資源であるカリ岩塩が豊富に存在している。その採掘が進むにつれ、地下の天然塩水がくみ上げられ、塩水路を通って塩湖に流れ込み、ロプノールは再び「青い波が揺れる」風景が見られるようになった。中国国家開発投資集団の傘下企業、国投新疆羅布泊(ロプノール)鉀塩は2000年からこの地でカリ岩塩資源の開発を開始。20年近くにわたって建設と発展を続け、年産160万トンの硫酸カリウム生産施設と年産10万トンの硫酸カリウムマグネシウム肥料の生産施設を完成させた。世界最大の硫酸カリウム生産施設が誕生したことで、深刻だった中国のカリ肥料自給率不足の問題を解決へと導いた。(チャルクリク=新華社記者/趙戈)=2019(令和元)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019081608011

    「新華社」 居住地移転による貧困者支援広西興業県  14日、興業県にある貧困者支援団地「老郷家園」。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区玉林市興業県ではここ数年、居住地移転による貧困者支援に取り組んでおり、生活に付随した公共サービス施設を絶えず整備することで、移転世帯の定住や就学、医療、雇用、起業、農作業などのニーズを全面的に満たしている。県内の居住地移転貧困者支援団地「老郷家園」には、既に1273世帯5600人以上が入居しており、移転入居率100%を実現。各世帯1人以上の就業との目標を達成したのは1235世帯で、労働力のない38世帯は農・産業貧困者支援などを通じて、安定収入を確保している。(興業=新華社記者/曹禕銘)=2019(令和元)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019082203424

    「新華社」 青波が戻ったロプノール新疆ウイグル自治区  14日、空から見た塩湖。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区にあるロプノールは、中国で2番目に大きな塩湖で、1970年代に干上がったが、この厳しい環境の土地には、希少な鉱物資源であるカリ岩塩が豊富に存在している。その採掘が進むにつれ、地下の天然塩水がくみ上げられ、塩水路を通って塩湖に流れ込み、ロプノールは再び「青い波が揺れる」風景が見られるようになった。中国国家開発投資集団の傘下企業、国投新疆羅布泊(ロプノール)鉀塩は2000年からこの地でカリ岩塩資源の開発を開始。20年近くにわたって建設と発展を続け、年産160万トンの硫酸カリウム生産施設と年産10万トンの硫酸カリウムマグネシウム肥料の生産施設を完成させた。世界最大の硫酸カリウム生産施設が誕生したことで、深刻だった中国のカリ肥料自給率不足の問題を解決へと導いた。(チャルクリク=新華社記者/趙戈)=2019(令和元)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019081504086

    「新華社」 荒れ地が一面の花畑に甘粛省白銀市  13日、白銀市白銀区にある現代農業科学技術モデル園の花畑「鳳園花海」。(小型無人機から)中国西部の甘粛省白銀市白銀区では初秋に入り、現代農業科学技術モデル園の花畑「鳳園花海」で、クマツヅラやヒャクニチソウなどの花が咲き誇っている。花畑はかつて荒れ地だったが、土地の整備により活性化し、農村観光の質を向上させて農民に収入増の道を開いた。(白銀=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019081504069

    「新華社」 荒れ地が一面の花畑に甘粛省白銀市  13日、白銀市白銀区にある現代農業科学技術モデル園の花畑「鳳園花海」。(小型無人機から)中国西部の甘粛省白銀市白銀区では初秋に入り、現代農業科学技術モデル園の花畑「鳳園花海」で、クマツヅラやヒャクニチソウなどの花が咲き誇っている。花畑はかつて荒れ地だったが、土地の整備により活性化し、農村観光の質を向上させて農民に収入増の道を開いた。(白銀=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019081504060

    「新華社」 荒れ地が一面の花畑に甘粛省白銀市  13日、白銀市白銀区にある現代農業科学技術モデル園の花畑「鳳園花海」。(小型無人機から)中国西部の甘粛省白銀市白銀区では初秋に入り、現代農業科学技術モデル園の花畑「鳳園花海」で、クマツヅラやヒャクニチソウなどの花が咲き誇っている。花畑はかつて荒れ地だったが、土地の整備により活性化し、農村観光の質を向上させて農民に収入増の道を開いた。(白銀=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019081504091

    「新華社」 荒れ地が一面の花畑に甘粛省白銀市  13日、白銀市白銀区にある現代農業科学技術モデル園の花畑「鳳園花海」。(小型無人機から)中国西部の甘粛省白銀市白銀区では初秋に入り、現代農業科学技術モデル園の花畑「鳳園花海」で、クマツヅラやヒャクニチソウなどの花が咲き誇っている。花畑はかつて荒れ地だったが、土地の整備により活性化し、農村観光の質を向上させて農民に収入増の道を開いた。(白銀=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019082203376

    「新華社」 青波が戻ったロプノール新疆ウイグル自治区  13日、空から見た塩湖。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区にあるロプノールは、中国で2番目に大きな塩湖で、1970年代に干上がったが、この厳しい環境の土地には、希少な鉱物資源であるカリ岩塩が豊富に存在している。その採掘が進むにつれ、地下の天然塩水がくみ上げられ、塩水路を通って塩湖に流れ込み、ロプノールは再び「青い波が揺れる」風景が見られるようになった。中国国家開発投資集団の傘下企業、国投新疆羅布泊(ロプノール)鉀塩は2000年からこの地でカリ岩塩資源の開発を開始。20年近くにわたって建設と発展を続け、年産160万トンの硫酸カリウム生産施設と年産10万トンの硫酸カリウムマグネシウム肥料の生産施設を完成させた。世界最大の硫酸カリウム生産施設が誕生したことで、深刻だった中国のカリ肥料自給率不足の問題を解決へと導いた。(チャルクリク=新華社記者/趙戈)=2019(令和元)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019081504085

    「新華社」 荒れ地が一面の花畑に甘粛省白銀市  13日、白銀市白銀区にある現代農業科学技術モデル園の花畑「鳳園花海」。(小型無人機から)中国西部の甘粛省白銀市白銀区では初秋に入り、現代農業科学技術モデル園の花畑「鳳園花海」で、クマツヅラやヒャクニチソウなどの花が咲き誇っている。花畑はかつて荒れ地だったが、土地の整備により活性化し、農村観光の質を向上させて農民に収入増の道を開いた。(白銀=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019081504087

    「新華社」 荒れ地が一面の花畑に甘粛省白銀市  13日、白銀市白銀区にある現代農業科学技術モデル園の花畑「鳳園花海」。(小型無人機から)中国西部の甘粛省白銀市白銀区では初秋に入り、現代農業科学技術モデル園の花畑「鳳園花海」で、クマツヅラやヒャクニチソウなどの花が咲き誇っている。花畑はかつて荒れ地だったが、土地の整備により活性化し、農村観光の質を向上させて農民に収入増の道を開いた。(白銀=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019081504094

    「新華社」 荒れ地が一面の花畑に甘粛省白銀市  13日、白銀市白銀区にある現代農業科学技術モデル園の花畑「鳳園花海」。(小型無人機から)中国西部の甘粛省白銀市白銀区では初秋に入り、現代農業科学技術モデル園の花畑「鳳園花海」で、クマツヅラやヒャクニチソウなどの花が咲き誇っている。花畑はかつて荒れ地だったが、土地の整備により活性化し、農村観光の質を向上させて農民に収入増の道を開いた。(白銀=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019081406929

    「新華社」 まるで昼間のような賑やかさ古都の夜を満喫しよう西安市  8日、きらめくネオンが美しい夜の西安市の曲江大唐不夜城。(小型無人機から)かつて繁栄を極めた悠久の古都、中国陝西省西安市は近年、「ナイトエコノミー」の発展を切り口に、都市観光の産業チェーンを拡大させてきた。特色ある夜遊びエリアの構築や「夜景の質」向上プロジェクトの実施、さまざまなテーマのナイト文化芸術イベントの展開および店舗の営業時間延長の奨励などにより、観光客や市民のニーズを満たすことで、今では「西安で夜遊び」が古都観光の新たな目玉になっている。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019080800872

    「新華社」 収穫期を迎えた高山トマト陝西省渭南市  6日、渭南市金堆鎮の農業産業パーク。(小型無人機から)中国中央部の秦嶺(しんれい)山脈の奥に位置する陝西省渭南(いなん)市華州区金堆鎮は、現代的農業産業パークを建設し、高山トマトの施設栽培で貧困脱却に取り組んでいる。産業パークでは現在、86ムー(約5・73ヘクタール)の高山トマトが栽培され、508世帯の貧困家庭の増収をけん引している。(渭南=新華社記者/陶明)=2019(令和元)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019080903974

    「新華社」 赤クルミで庶民の貧困脱却を後押し陝西省洛南県  5日、陝西省洛南県景村鎮八一村にある千ムー(約66・7ヘクタール)の「赤クルミ栽培モデル基地」。(小型無人機から)秦嶺の山奥にある中国陝西省洛南県は、伝統的なクルミの生産地で、全県のクルミ栽培面積は70万ムー(約4万6667ヘクタール)に及ぶ。しかし、「生産量が少ない、生産性が低い、特色が不明確、庶民の栽培意欲も低い」という問題に長年悩まされてきた。そんな中、同県の精肉工場を退職した董兆斌(とう・ちょうひん)さんが、2015年末に盛鑫(せいきん)紅仁胡桃(赤クルミ)専門合作社(協同組合)を設立。赤クルミの特徴的な品種を導入し、栽培モデルを普及させた。現在、標準的な赤クルミ品種導入モデル基地は1200ムー(約80ヘクタール)に達し、2018年には65世帯の貧困脱却を後押しした。(洛南=新華社記者/陶明)=2019(令和元)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019080800250

    「新華社」 複数の河川が交わるプノンペン  7月31日、空から見たプノンペン市内。(小型無人機から)カンボジアの首都プノンペンは、メコン川の上下流、トンレサップ川、バサック川が合流して再び分岐する場所にあり、「チャット・ムック」(四つの河)とも呼ばれる。2018年、カンボジア国内総生産(GDP)の伸び率は7・3%に達し、アジアで最も経済の活力と発展の潜在力を持つ国となった。プノンペンはここ数年、多くの投資を呼び込んでおり、高層ビルが雨後のタケノコのように次々と誕生している。中国の統計によると、2018年末までに中国企業がカンボジアで締結した事業請負契約は累計204億2千万ドル(1ドル=約106円)、完成工事高(売上高)は128億8千万ドルで、中国資本は既にカンボジア経済を発展させる最も重要な原動力の一つとなっている。(プノンペン=新華社配信/高炳南)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019080800314

    「新華社」 複数の河川が交わるプノンペン  7月31日、空から見たプノンペン市内。(小型無人機から)カンボジアの首都プノンペンは、メコン川の上下流、トンレサップ川、バサック川が合流して再び分岐する場所にあり、「チャット・ムック」(四つの河)とも呼ばれる。2018年、カンボジア国内総生産(GDP)の伸び率は7・3%に達し、アジアで最も経済の活力と発展の潜在力を持つ国となった。プノンペンはここ数年、多くの投資を呼び込んでおり、高層ビルが雨後のタケノコのように次々と誕生している。中国の統計によると、2018年末までに中国企業がカンボジアで締結した事業請負契約は累計204億2千万ドル(1ドル=約106円)、完成工事高(売上高)は128億8千万ドルで、中国資本は既にカンボジア経済を発展させる最も重要な原動力の一つとなっている。(プノンペン=新華社配信/高炳南)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019080800265

    「新華社」 複数の河川が交わるプノンペン  7月31日、空から見たプノンペン市内。(小型無人機から)カンボジアの首都プノンペンは、メコン川の上下流、トンレサップ川、バサック川が合流して再び分岐する場所にあり、「チャット・ムック」(四つの河)とも呼ばれる。2018年、カンボジア国内総生産(GDP)の伸び率は7・3%に達し、アジアで最も経済の活力と発展の潜在力を持つ国となった。プノンペンはここ数年、多くの投資を呼び込んでおり、高層ビルが雨後のタケノコのように次々と誕生している。中国の統計によると、2018年末までに中国企業がカンボジアで締結した事業請負契約は累計204億2千万ドル(1ドル=約106円)、完成工事高(売上高)は128億8千万ドルで、中国資本は既にカンボジア経済を発展させる最も重要な原動力の一つとなっている。(プノンペン=新華社配信/高炳南)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019080800241

    「新華社」 複数の河川が交わるプノンペン  7月31日、空から見たプノンペン市内。(小型無人機から)カンボジアの首都プノンペンは、メコン川の上下流、トンレサップ川、バサック川が合流して再び分岐する場所にあり、「チャット・ムック」(四つの河)とも呼ばれる。2018年、カンボジア国内総生産(GDP)の伸び率は7・3%に達し、アジアで最も経済の活力と発展の潜在力を持つ国となった。プノンペンはここ数年、多くの投資を呼び込んでおり、高層ビルが雨後のタケノコのように次々と誕生している。中国の統計によると、2018年末までに中国企業がカンボジアで締結した事業請負契約は累計204億2千万ドル(1ドル=約106円)、完成工事高(売上高)は128億8千万ドルで、中国資本は既にカンボジア経済を発展させる最も重要な原動力の一つとなっている。(プノンペン=新華社配信/高炳南)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019072900393

    農薬散布ヘリ水田に墜落  送電線が近くに張られた水田に墜落したヘリコプター=29日午前9時36分、茨城県筑西市(共同通信社ヘリから)

  44. 2019072900144

    農薬散布ヘリ水田に墜落  水田に墜落したヘリコプター=29日午前9時44分、茨城県筑西市(共同通信社ヘリから)

  45. 2019072900106

    農薬散布ヘリ水田に墜落  水田に墜落したヘリコプター=29日午前9時43分、茨城県筑西市(共同通信社ヘリから)

  46. 2019072900105

    農薬散布ヘリ水田に墜落  水田に墜落したヘリコプター=29日午前9時47分、茨城県筑西市(共同通信社ヘリから)

  47. 2019080100446

    「新華社」 緑あふれる夏の塞北管理区河北省張家口市  28日、張家口市塞北管理区の農地。(小型無人機から)中国河北省張家口市塞北管理区はここ数年、国家現代農業モデル区として農地開墾体制の改革を絶えず推し進め、現代化された高効率で特色ある農業を発展させることで、高い効果を得てきた。同区では現在、ジャガイモ、ニンジン、アブラナ、まぐさなどの作物を5万ムー(約3330ヘクタール)の土地で大規模に栽培しており、同省の現代農業発展を代表する風景となっている。(石家荘=新華社記者/楊世堯)=2019(令和元)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019080100420

    「新華社」 緑あふれる夏の塞北管理区河北省張家口市  28日、張家口市塞北管理区で栽培されているアブラナ。(小型無人機から)中国河北省張家口市塞北管理区はここ数年、国家現代農業モデル区として農地開墾体制の改革を絶えず推し進め、現代化された高効率で特色ある農業を発展させることで、高い効果を得てきた。同区では現在、ジャガイモ、ニンジン、アブラナ、まぐさなどの作物を5万ムー(約3330ヘクタール)の土地で大規模に栽培しており、同省の現代農業発展を代表する風景となっている。(石家荘=新華社記者/楊世堯)=2019(令和元)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019080100389

    「新華社」 緑あふれる夏の塞北管理区河北省張家口市  28日、張家口市塞北管理区の農地。(小型無人機から)中国河北省張家口市塞北管理区はここ数年、国家現代農業モデル区として農地開墾体制の改革を絶えず推し進め、現代化された高効率で特色ある農業を発展させることで、高い効果を得てきた。同区では現在、ジャガイモ、ニンジン、アブラナ、まぐさなどの作物を5万ムー(約3330ヘクタール)の土地で大規模に栽培しており、同省の現代農業発展を代表する風景となっている。(石家荘=新華社記者/楊世堯)=2019(令和元)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019080100354

    「新華社」 緑あふれる夏の塞北管理区河北省張家口市  28日、張家口市塞北管理区で栽培されているアブラナ。(小型無人機から)中国河北省張家口市塞北管理区はここ数年、国家現代農業モデル区として農地開墾体制の改革を絶えず推し進め、現代化された高効率で特色ある農業を発展させることで、高い効果を得てきた。同区では現在、ジャガイモ、ニンジン、アブラナ、まぐさなどの作物を5万ムー(約3330ヘクタール)の土地で大規模に栽培しており、同省の現代農業発展を代表する風景となっている。(石家荘=新華社記者/楊世堯)=2019(令和元)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像