検索結果 55 件中 1 件 〜 50 件 "open"
  1. 2020051502224

    農村住宅改良事業で農村を刷新江蘇省淮安市  11日、江蘇省淮安市金湖県呂良鎮湖畔旺屯の農民集住地。(小型無人機から)中国江蘇省淮安市金湖県はここ数年、需要を見越したサービスの提供や各種プロジェクトの集中的な着工などにより、農村住宅改良事業を着実に進め、農村振興戦略を実行している。同県呂良鎮湖畔旺屯の農民集住地では住宅の設計を「新中国式」の建築様式で統一し、居住環境を改善した。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020051502295

    農村住宅改良事業で農村を刷新江蘇省淮安市  11日、江蘇省淮安市金湖県呂良鎮湖畔旺屯の農民集住地付近で河川の整備をする作業員。(小型無人機から)中国江蘇省淮安市金湖県はここ数年、需要を見越したサービスの提供や各種プロジェクトの集中的な着工などにより、農村住宅改良事業を着実に進め、農村振興戦略を実行している。同県呂良鎮湖畔旺屯の農民集住地では住宅の設計を「新中国式」の建築様式で統一し、居住環境を改善した。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020051502320

    農村住宅改良事業で農村を刷新江蘇省淮安市  11日、江蘇省淮安市金湖県呂良鎮湖畔旺屯の農民集住地付近で河川の整備をする作業員。(小型無人機から)中国江蘇省淮安市金湖県はここ数年、需要を見越したサービスの提供や各種プロジェクトの集中的な着工などにより、農村住宅改良事業を着実に進め、農村振興戦略を実行している。同県呂良鎮湖畔旺屯の農民集住地では住宅の設計を「新中国式」の建築様式で統一し、居住環境を改善した。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020051502296

    農村住宅改良事業で農村を刷新江蘇省淮安市  11日、江蘇省淮安市金湖県呂良鎮湖畔旺屯の農民集住地。(小型無人機から)中国江蘇省淮安市金湖県はここ数年、需要を見越したサービスの提供や各種プロジェクトの集中的な着工などにより、農村住宅改良事業を着実に進め、農村振興戦略を実行している。同県呂良鎮湖畔旺屯の農民集住地では住宅の設計を「新中国式」の建築様式で統一し、居住環境を改善した。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020042301714

    中国改革開放のシンボル、上海市浦東新区  17日、上海の外高橋保税区。(小型無人機から)中国上海市の浦東新区は改革開放によって誕生し、繁栄した。今年、開発と開放30周年を迎えた同区は、あぜ道が縦横に走る農業地帯だった場所に都市機能を集積、リソースを完備して、先進設備を備えた現代都市を作り上げ、中国の改革開放のシンボルとなった。(上海=新華社記者/丁汀)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020042301812

    中国改革開放のシンボル、上海市浦東新区  17日、上海の外高橋保税区。(小型無人機から)中国上海市の浦東新区は改革開放によって誕生し、繁栄した。今年、開発と開放30周年を迎えた同区は、あぜ道が縦横に走る農業地帯だった場所に都市機能を集積、リソースを完備して、先進設備を備えた現代都市を作り上げ、中国の改革開放のシンボルとなった。(上海=新華社記者/丁汀)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020042301798

    中国改革開放のシンボル、上海市浦東新区  17日、上海市浦東新区にある放射光施設「上海光源」。(小型無人機から)中国上海市の浦東新区は改革開放によって誕生し、繁栄した。今年、開発と開放30周年を迎えた同区は、あぜ道が縦横に走る農業地帯だった場所に都市機能を集積、リソースを完備して、先進設備を備えた現代都市を作り上げ、中国の改革開放のシンボルとなった。(上海=新華社記者/丁汀)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020041001906

    美しい村の自閉症児のための施設福建省  3月31日、福建省福州市閩侯県白沙鎮井下村にある放星家園。(小型無人機から)中国福建省福州市閩侯(びんこう)県白沙鎮井下村にある1軒の古い建物で、十数人の自閉症の子どもたちが療養生活を送っている。ここは曹芳(そう・ほう)さんが立ち上げた「放星家園」で、「農業療法」を採用し、地道な農作業を通じて子どもたちが社会に向けて心の窓を開き、命の価値を輝かせることを目指している。放星家園は2017年、美しい山河に囲まれた小さな村でオープンした。子どもたちはここで言語能力や文化的知識、身体能力などの回復訓練を行いながら、農作物を育てたり、地元農家の収穫の手伝いなどをしている。曹さんは「将来的には放星家園の規模を拡大し、より多くの自閉症の子どもたちを支援して、彼らの未来の夢ある道を切り開きたい」と語った。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020042301801

    中国改革開放のシンボル、上海市浦東新区  上海洋山港コンテナふ頭。(小型無人機から、3月18日撮影)中国上海市の浦東新区は改革開放によって誕生し、繁栄した。今年、開発と開放30周年を迎えた同区は、あぜ道が縦横に走る農業地帯だった場所に都市機能を集積、リソースを完備して、先進設備を備えた現代都市を作り上げ、中国の改革開放のシンボルとなった。(上海=新華社記者/丁汀)=2020(令和2)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020042301804

    中国改革開放のシンボル、上海市浦東新区  上海洋山港コンテナふ頭。(小型無人機から、3月18日撮影)中国上海市の浦東新区は改革開放によって誕生し、繁栄した。今年、開発と開放30周年を迎えた同区は、あぜ道が縦横に走る農業地帯だった場所に都市機能を集積、リソースを完備して、先進設備を備えた現代都市を作り上げ、中国の改革開放のシンボルとなった。。(上海=新華社記者/丁汀)=2020(令和2)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020031004466

    諸葛古鎮のモクレンが開花オンライン配信でお花見陝西省漢中市  3日、諸葛古鎮風景区の武侯祠で見頃を迎えたニシキクモクレンの花。(小型無人機から)中国陝西省漢中市勉県にある三国時代・蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)を祭った武侯祠(ぶこうし)でこのほど、樹齢400年を超えるニシキモクレンの花が続々と開花している。木全体にあふれるように花が咲き、優美で多彩な姿を見せている。このニシキモクレンの木は明代の万暦年間(1573~1620年)に植えられた。毎年5月につぼみをつけ、翌年3月ごろにピンクと白が合わさった花を咲かせる。今年は例年より15日早く開花した。新型コロナウイルスによる肺炎流行の影響で、武侯祠に隣接する諸葛古鎮風景区は現在も閉鎖中だが、花を楽しみたいという市民らの要望に応え、風景区の職員がソーシャルメディアでニシキモクレンの花が咲く華やかな様子をライブ配信し「オンライン花見」のサービスを提供している。(勉県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020021800939

    農村の感染対策に改造した農業機械が活躍河北省  14日、河北省灤州市范荘村の道路で消毒液の噴霧作業を行う高効率遠隔農業用噴霧器。(小型無人機から)新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、河北省灤州(らんしゅう)市はこのほど、農業機械を改造し予防・抑制の新たなツールとした。同市は農業合作社(協同組合)に無償で提供している農業用小型無人機と、俗に「カノン砲」と呼ばれる高効率で遠隔操作が可能な農業用噴霧器などの農機を徹底洗浄後、消毒液噴霧機器に改造した。さらに農業合作社の組合員を動員し消毒防疫班を設立。農民が「防疫先兵」となり、積極的に業務に当たっている。(灤州=新華社配信/于愛双)=2020(令和2)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020021800940

    農村の感染対策に改造した農業機械が活躍河北省  14日、河北省灤州市范荘村で上空から消毒液を噴霧する農業用小型無人機。(小型無人機から)新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、河北省灤州(らんしゅう)市はこのほど、農業機械を改造し予防・抑制の新たなツールとした。同市は農業合作社(協同組合)に無償で提供している農業用小型無人機と、俗に「カノン砲」と呼ばれる高効率で遠隔操作が可能な農業用噴霧器などの農機を徹底洗浄後、消毒液噴霧機器に改造した。さらに農業合作社の組合員を動員し消毒防疫班を設立。農民が「防疫先兵」となり、積極的に業務に当たっている。(灤州=新華社配信/于愛双)=2020(令和2)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2019112102228

    市街地で進む「トイレ革命」湖南省株洲市  17日、湖南省株洲市雲竜モデル区の華強路にある「建寧驛站」。(小型無人機から)中国湖南省株洲(しゅしゅう)市には、株洲の昔の呼び名である建寧(けんねい)にちなんだ「建寧驛站」がある。多様な機能を備え、さまざまなサービスを提供する複合施設で、中心となる公共トイレエリアやベビールームのほか、サービスエリアやスーパーマーケット、清掃員の休憩室や都市管理員の詰め所などが設けられている。市民のトイレ利用の需要を満たすとともに、無料の飲用冷水・温水サービス、体重計、救急箱、シェア傘なども提供している。現在までに同市の市街地には140カ所の「建寧驛站」が建設され、各驛站の1日当たりの平均利用者数は約2千人に達している。(株洲=新華社配信/陳思汗)=2019(令和元)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2019092708761

    スリランカで中国企業建築のロータス・タワー竣工式  コロンボのテレビ塔、ロータス・タワーの夜景。(9月3日、小型無人機から)スリランカの最大都市コロンボでこのほど、テレビ塔ロータス・タワーの竣工式が開かれた。ロータス・タワーは中国とスリランカの「一帯一路」建設における重要な協力プロジェクトとして、中国輸出入銀行が資金の大半を融資し、中国電子輸出入有限公司が建設を請け負った。高さは350メートルで、南アジアで最も高いテレビ塔となった。同タワーは運営開始後、電波を発信し通信サービスを提供するほか、飲食や宿泊、ショッピング、観光なども可能な施設となる。(コロンボ=新華社配信/中国電子輸出入有限公司提供)=2019(令和元)年9月3日、クレジット:中国電子輸出入有限公司/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2019092708747

    スリランカで中国企業建築のロータス・タワー竣工式  コロンボのテレビ塔、ロータス・タワーの夜景。(9月3日、小型無人機から)スリランカの最大都市コロンボでこのほど、テレビ塔ロータス・タワーの竣工式が開かれた。ロータス・タワーは中国とスリランカの「一帯一路」建設における重要な協力プロジェクトとして、中国輸出入銀行が資金の大半を融資し、中国電子輸出入有限公司が建設を請け負った。高さは350メートルで、南アジアで最も高いテレビ塔となった。同タワーは運営開始後、電波を発信し通信サービスを提供するほか、飲食や宿泊、ショッピング、観光なども可能な施設となる。(コロンボ=新華社配信/中国電子輸出入有限公司提供)=2019(令和元)年9月3日、クレジット:中国電子輸出入有限公司/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020042301709

    中国改革開放のシンボル、上海市浦東新区  テスラが上海に建設したギガファクトリーの組み写真。上は2019年4月3日、下は2019年7月23日に撮影。(小型無人機から)中国上海市の浦東新区は改革開放によって誕生し、繁栄した。今年、開発と開放30周年を迎えた同区は、あぜ道が縦横に走る農業地帯だった場所に都市機能を集積、リソースを完備して、先進設備を備えた現代都市を作り上げ、中国の改革開放のシンボルとなった。(上海=新華社記者/丁汀)=2019(令和元)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2019072202220

    ネットで人気、「江南水郷風」高速サービスエリア江蘇省蘇州市  14日、空から見た陽澄湖サービスエリア。(小型無人機から)中国の上海と南京を結ぶ滬寧高速道路の蘇州区間にある陽澄湖サービスエリアは今年5月のリニューアルオープン以来、インターネットで注目を集める庭園型サービスエリアになっている。同サービスエリアは敷地面積が5万平方メートルで、「中国一流、世界先端」を目指し、「夢の中の水郷、詩や絵画のように美しい江南」を設計理念として、2018年6月16日の着工から336日をかけて主要建築の改造を行った。(蘇州=新華社配信/王亭川)=2019(令和元)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2019072202266

    ネットで人気、「江南水郷風」高速サービスエリア江蘇省蘇州市  14日、空から見た陽澄湖サービスエリア。(小型無人機から)中国の上海と南京を結ぶ滬寧高速道路の蘇州区間にある陽澄湖サービスエリアは今年5月のリニューアルオープン以来、インターネットで注目を集める庭園型サービスエリアになっている。同サービスエリアは敷地面積が5万平方メートルで、「中国一流、世界先端」を目指し、「夢の中の水郷、詩や絵画のように美しい江南」を設計理念として、2018年6月16日の着工から336日をかけて主要建築の改造を行った。(蘇州=新華社配信/王亭川)=2019(令和元)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2019072601759

    中国と共同開発のコロンボ・ポートシティー、スリランカの開放型経済建設を後押し  コロンボ・ポートシティー。(小型無人機から、7月12日撮影)中国とスリランカが「一帯一路」構想に基づき共同開発を進めるコロンボ・ポートシティーの埋め立て工事が完了し、公共施設の建設が相次いで開始されたことに伴い、この南アジアにある新たな都市は発展の新段階に入った。中国とスリランカは現在、手を携えコロンボ・ポートシティーへの企業誘致を進めている。双方の計画によると、コロンボ・ポートシティーは世界中の投資家を集めるため、一連の企業優遇措置を推し進め、スリランカに開放経済の新たな高みを作り上げる。(コロンボ=新華社配信)=2019(令和元)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2019032902275

    「花」を通して農村振興を支援四川省  20日、成都市が管轄する崇州市道明(どうみょう)鎮竹芸村の菜の花畑に設置された景観施設と休憩所。(小型無人機から)3月後半を迎えた中国四川省の各地では、黄金色の菜の花、真っ白な梨の花が咲き、緑色の小麦畑、民家や道路などと相まって、美しい農村の風景をなしている。花は景色を楽しむ多くの観光客を呼び寄せるだけでなく、村民に新たな増収の道筋を提供している。同省各地が近年、「農業+生態+観光」などのモデルを通じ、「農業パーク化、農業・観光一体化」の発展思考に基づいて、生態観光レジャー目的地の開発を実施。インフラとサービスのレベルを引き上げ、農業と生態、観光などの産業融合を積極的に進め、「花」を媒体として美しい農村建設による経済効果の増強、農村振興の支援に取り組んでいる。(成都=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2019032902178

    「花」を通して農村振興を支援四川省  20日、成都市が管轄する崇州(すうしゅう)市道明(どうみょう)鎮竹芸村の菜の花畑に設けられた景観施設でお茶を飲む観光客。(小型無人機から)3月後半を迎えた中国四川省の各地では、黄金色の菜の花、真っ白な梨の花が咲き、緑色の小麦畑、民家や道路などと相まって、美しい農村の風景をなしている。花は景色を楽しむ多くの観光客を呼び寄せるだけでなく、村民に新たな増収の道筋を提供している。同省各地が近年、「農業+生態+観光」などのモデルを通じ、「農業パーク化、農業・観光一体化」の発展思考に基づいて、生態観光レジャー目的地の開発を実施。インフラとサービスのレベルを引き上げ、農業と生態、観光などの産業融合を積極的に進め、「花」を媒体として美しい農村建設による経済効果の増強、農村振興の支援に取り組んでいる。(成都=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2019032902285

    「花」を通して農村振興を支援四川省  20日、成都市が管轄する崇州(すうしゅう)市道明(どうみょう)鎮竹芸村の菜の花畑に設置された景観施設と休憩所。(小型無人機から)3月後半を迎えた中国四川省の各地では、黄金色の菜の花、真っ白な梨の花が咲き、緑色の小麦畑、民家や道路などと相まって、美しい農村の風景をなしている。花は景色を楽しむ多くの観光客を呼び寄せるだけでなく、村民に新たな増収の道筋を提供している。同省各地が近年、「農業+生態+観光」などのモデルを通じ、「農業パーク化、農業・観光一体化」の発展思考に基づいて、生態観光レジャー目的地の開発を実施。インフラとサービスのレベルを引き上げ、農業と生態、観光などの産業融合を積極的に進め、「花」を媒体として美しい農村建設による経済効果の増強、農村振興の支援に取り組んでいる。(成都=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2019032902229

    「花」を通して農村振興を支援四川省  20日、成都市が管轄する崇州(すうしゅう)市道明(どうみょう)鎮竹芸村の菜の花畑に設置された景観施設。(小型無人機から)3月後半を迎えた中国四川省の各地では、黄金色の菜の花、真っ白な梨の花が咲き、緑色の小麦畑、民家や道路などと相まって、美しい農村の風景をなしている。花は景色を楽しむ多くの観光客を呼び寄せるだけでなく、村民に新たな増収の道筋を提供している。同省各地が近年、「農業+生態+観光」などのモデルを通じ、「農業パーク化、農業・観光一体化」の発展思考に基づいて、生態観光レジャー目的地の開発を実施。インフラとサービスのレベルを引き上げ、農業と生態、観光などの産業融合を積極的に進め、「花」を媒体として美しい農村建設による経済効果の増強、農村振興の支援に取り組んでいる。(成都=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2019032800564

    「貧困救済茶園」の春摘み茶が収穫期迎える貴州省丹寨  17日、丹寨県竜泉鎮馬寨村の茶園で茶摘みをする作業員。(小型無人機から)中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州の丹寨(たんさい)県にある「貧困救済茶園」ではこのところ、暖かい日が続き春摘み茶の収穫期を迎えている。同県は2018年以来、産業による貧困救済モデルを革新し、多くの市民がオンラインで資金を出して茶園オーナーとなり、茶園が現地の貧困層を雇用する「貧困救済茶園」方式を採用することで、茶園管理や、茶摘み、製茶などの雇用の機会を提供し、貧困世帯の増収を後押ししている。(丹寨=新華社記者/楊文斌)=2019(平成31)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2019031800370

    1日の出入国者延べ4万9千人以上雲南省瑞麗市  8日、雲南銀翔機車製造の工場。(小型無人機から)中国雲南省南部、ミヤンマーとの国境に位置する瑞麗(ずいれい)市は、1978年に一級口岸(国境貿易通関地)が設置され、2010年には国家重点開発開放試験区に指定された。現在でも「一帯一路」構想における中国・ミヤンマー貿易最大の通商都市となるべく発展を続けている。同市国境検問所指揮センターの責任者、彭磊(ほう・らい)氏は14日、取材に対し「国家重点開発開放試験区に指定されて以降、国境エリアの人的往来は日増しに増えている。現在の1日の通関者数は延べ4万9千人を超え、商人や出稼ぎ労働者として市内に滞在するミャンマー人は5万人以上に上る」と述べた。(瑞麗=新華社記者/秦晴)=2019(平成31)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2019013112694

    北湖生態公園がリニューアルオープン四川省成都市  1日、成都市にある北湖生態公園の北湖で水草を清掃する作業員。(小型無人機から)中国四川省成都市にある北湖生態公園(第1期プロジェクト)は1日、9カ月の改修工事を経て正式に一般公開された。(成都=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2018101517758

    総投資額32億元、福州版「オペラハウス」がオープン  10日、空から見た福建省福州市の海峡文化芸術センター。中国福建省福州市の新たな文化拠点、海峡文化芸術センターは同市福州新区三江口にあり、敷地面積は約237ムー(約15万8千平方メートル)、延べ床面積は約15万平方メートルで、このうち、地下室の延べ床面積は約5万平方メートルとなっている。総投資額は約32億元(1元=約16円)で、2015年5月に着工し、今年8月に竣工した。同センターは、フィンランドの世界的建築家、ペッカ・サルミネン氏がメインデザイナーとなってデザインしたもので、福州の市花であるジャスミンのイメージを強調。1600席のオペラ劇場、1千席の音楽ホール、700席の多目的劇場、6つのスクリーンを持つ映画センター、芸術博物館の5つの建物が花びらの形にデザインされている。芸術博物館の建物には中央文化ホールやサービスセンターも設けられている。現在、オペラ劇場や音楽ホール、多目的劇場など、一部の専門性が高い建物は保利文化集団によって運営管理されている。7年間の上演契約が締結されており、上演回数は1年目が80回以上で、年々増やすことが求められている。運営管理企業は今後、オペラや舞踊劇、バレエ、児童劇、現代劇など各種上演プログラムの手配や、さまざまな公益活動を行っていく。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2018100120502

    空から見た海岸都市広西チワン族自治区北海市  26日、広西チワン族自治区北海市僑港鎮の電建漁港のふ頭に帰港し水揚げする漁師。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区北海市は1984年に対外開放した中国の初の沿海開放都市の一つで、古代海上シルクロードの出発点の一つでもある。「一帯一路」構想と地理的優位性を生かし、北海市は開放、革新の発展の道を歩んでいる。(北海=新華社記者/黄孝邦)=2018(平成30)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2018062900445

    空から望む上海市浦東新区  25日、上海浦東世紀公園。(小型無人機から)中国上海市浦東新区の開発は、中国の改革開放40年の過程で特筆すべき出来事だ。1990年からの28年間で、田んぼと畑だった場所は、ビルが林立する陸家嘴国際金融センターに発展した。中国初の保税区「外高橋保税区」、初の自由貿易試験区「中国(上海)自由貿易試験区」、初の保税港区「洋山保税港区」など、中国の数十の「初」は浦東新区で誕生した。浦東新区の域内総生産(GDP)は現在、開発開放時の60億元(1元=約17円)からすでに約1兆元までになり、経済規模は160倍に増加した。(上海=新華社記者/任瓏)=2018(平成30)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2018062900432

    空から望む上海市浦東新区  21日、陸家嘴の夜景。(小型無人機から)中国上海市浦東新区の開発は、中国の改革開放40年の過程で特筆すべき出来事だ。1990年からの28年間で、田んぼと畑だった場所は、ビルが林立する陸家嘴国際金融センターに発展した。中国初の保税区「外高橋保税区」、初の自由貿易試験区「中国(上海)自由貿易試験区」、初の保税港区「洋山保税港区」など、中国の数十の「初」は浦東新区で誕生した。浦東新区の域内総生産(GDP)は現在、開発開放時の60億元(1元=約17円)からすでに約1兆元までになり、経済規模は160倍に増加した。(上海=新華社記者/殷剛)=2018(平成30)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2018062900442

    空から望む上海市浦東新区  21日、早朝の陸家嘴。(小型無人機から)中国上海市浦東新区の開発は、中国の改革開放40年の過程で特筆すべき出来事だ。1990年からの28年間で、田んぼと畑だった場所は、ビルが林立する陸家嘴国際金融センターに発展した。中国初の保税区「外高橋保税区」、初の自由貿易試験区「中国(上海)自由貿易試験区」、初の保税港区「洋山保税港区」など、中国の数十の「初」は浦東新区で誕生した。浦東新区の域内総生産(GDP)は現在、開発開放時の60億元(1元=約17円)からすでに約1兆元までになり、経済規模は160倍に増加した。(上海=新華社記者/任瓏)=2018(平成30)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2018052800175

    鉄道物流の「南下ルート」拡大へ広西チワン族自治区南寧市  23日、作業中の南寧市物流センター。(小型無人機で撮影)中国広西チワン族自治区南寧市は現在、「一帯一路」建設に積極的に参与し「南下ルート」を絶えず拡大するため、鉄道物流建設を加速している。鉄道と道路、空路、海運を結び付けた多数の機能を集結した総合的、現代的な物流パークを目指し、南寧市鉄道物流センターの建設を急いでいる。同センターの敷地面積は5634ムー(約375ヘクタール)。5月11日に開業し、最初の段階として、コンテナやコールドチェーン、建築・住宅資材、穀物・食用油など12のエリアが建設され、フィーダーサービスや倉庫配送、包装加工、保税倉庫、ビジネス取引、情報マッチング、電子商取引、ファイナンスリースなどのサービスを提供している。(南寧=新華社記者/陸波岸)=2018(平成30)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2018052800156

    鉄道物流の「南下ルート」拡大へ広西チワン族自治区南寧市  23日、作業中の南寧市物流センター。(小型無人機で撮影)中国広西チワン族自治区南寧市は現在、「一帯一路」建設に積極的に参与し「南下ルート」を絶えず拡大するため、鉄道物流建設を加速している。鉄道と道路、空路、海運を結び付けた多数の機能を集結した総合的、現代的な物流パークを目指し、南寧市鉄道物流センターの建設を急いでいる。同センターの敷地面積は5634ムー(約375ヘクタール)。5月11日に開業し、最初の段階として、コンテナやコールドチェーン、建築・住宅資材、穀物・食用油など12のエリアが建設され、フィーダーサービスや倉庫配送、包装加工、保税倉庫、ビジネス取引、情報マッチング、電子商取引、ファイナンスリースなどのサービスを提供している。(南寧=新華社記者/陸波岸)=2018(平成30)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2018052800201

    鉄道物流の「南下ルート」拡大へ広西チワン族自治区南寧市  23日、作業中の南寧市物流センター。(小型無人機で撮影)中国広西チワン族自治区南寧市は現在、「一帯一路」建設に積極的に参与し「南下ルート」を絶えず拡大するため、鉄道物流建設を加速している。鉄道と道路、空路、海運を結び付けた多数の機能を集結した総合的、現代的な物流パークを目指し、南寧市鉄道物流センターの建設を急いでいる。同センターの敷地面積は5634ムー(約375ヘクタール)。5月11日に開業し、最初の段階として、コンテナやコールドチェーン、建築・住宅資材、穀物・食用油など12のエリアが建設され、フィーダーサービスや倉庫配送、包装加工、保税倉庫、ビジネス取引、情報マッチング、電子商取引、ファイナンスリースなどのサービスを提供している。(南寧=新華社記者/陸波岸)=2018(平成30)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020033004402

    地元レストランの「テーブル改革」安徽省黄山市  安徽省黄山市黟県にあるレストラン「徽公館」の外観。(資料写真)中国安徽省黄山市黟(い)県碧陽(へきよう)鎮にある趣に富んだレストラン「徽公館」では、オーナーの舒晴(しょ・せい)さんが、各テーブルに忙しく食器を並べる姿が見られた。これら大量の食器は、料理を一人前ずつ分けて提供する「分餐(ぶんさん)制」のために用意された。地元の特色ある料理を売りにする同レストランでは今後、100種類余りの料理全てに取り箸やスプーンを「標準装備」し、また顧客の要望に応じて分餐制を実施する。舒さんは「来店客は多くはなかったが、営業再開から10日余りの間に、3分の1以上の客が分餐を希望し、残りの客も料理を出すと取り箸やスプーンを求めた」と説明した。10年余りにわたって外食産業に従事し、さらに民宿も経営している女性起業家の舒さんは、これまでの大皿に盛られた料理を皆で食べる「集餐」から、一人一皿の「分餐」へと移行する「テーブル改革」を、まさに体感している。(合肥=新華社配信)=2018(平成30)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2019070100482

    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶  空から見た重慶市雲陽(うんよう)県の張飛廟。(2017年11月7日撮影、小型無人機から)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2019070100501

    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶  空から見た重慶市雲陽(うんよう)県の張飛廟。(2017年11月7日撮影、小型無人機から)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2019070100509

    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶  空から見た重慶市雲陽(うんよう)県の張飛廟。(2017年11月7日撮影、小型無人機から)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2019070100491

    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶  空から見た重慶市雲陽(うんよう)県の張飛廟。(2017年11月7日撮影、小型無人機から)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2019070100489

    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶  空から見た重慶市雲陽(うんよう)県の張飛廟。(2017年11月7日撮影、小型無人機から)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2019070100479

    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶  空から見た重慶市雲陽(うんよう)県の張飛廟。(2017年11月7日撮影、小型無人機から)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2019070100504

    「三国志」の英雄、張飛の首が埋葬された張飛廟を訪ねて重慶  空から見た重慶市雲陽(うんよう)県の張飛廟。(2017年11月7日撮影、小型無人機から)「三国志」の英雄の一人、張飛(ちょう・ひ)を祭る「張飛廟」は、蜀漢(221年~263年)末期に建てられたもので、張飛の首が埋葬されていると伝えられている。この廟はもともと三峡ダム地区(湖北省-重慶市)の長江南岸に位置する中国重慶市雲陽県飛鳳(ひほう)山のふもとにあったが、三峡ダムの建設期間中に32キロ離れた新たな場所に移転・再建され、2003年7月にリニューアルオープンを迎えた。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2018062900441

    空から望む上海市浦東新区  2017年5月19日に撮影した上海ディズニーランド。(小型無人機から)中国上海市浦東新区の開発は、中国の改革開放40年の過程で特筆すべき出来事だ。1990年からの28年間で、田んぼと畑だった場所は、ビルが林立する陸家嘴国際金融センターに発展した。中国初の保税区「外高橋保税区」、初の自由貿易試験区「中国(上海)自由貿易試験区」、初の保税港区「洋山保税港区」など、中国の数十の「初」は浦東新区で誕生した。浦東新区の域内総生産(GDP)は現在、開発開放時の60億元(1元=約17円)からすでに約1兆元までになり、経済規模は160倍に増加した。(上海=新華社記者/丁汀)=2017(平成29)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2018062900435

    空から望む上海市浦東新区  2017年5月14日に撮影した陸家嘴。(小型無人機から)中国上海市浦東新区の開発は、中国の改革開放40年の過程で特筆すべき出来事だ。1990年からの28年間で、田んぼと畑だった場所は、ビルが林立する陸家嘴国際金融センターに発展した。中国初の保税区「外高橋保税区」、初の自由貿易試験区「中国(上海)自由貿易試験区」、初の保税港区「洋山保税港区」など、中国の数十の「初」は浦東新区で誕生した。浦東新区の域内総生産(GDP)は現在、開発開放時の60億元(1元=約17円)からすでに約1兆元までになり、経済規模は160倍に増加した。(上海=新華社記者/丁汀)=2017(平成29)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2018062900460

    空から望む上海市浦東新区  2017年5月14日に撮影した陸家嘴の緑に囲まれた川辺の歩道。(小型無人機から)中国上海市浦東新区の開発は、中国の改革開放40年の過程で特筆すべき出来事だ。1990年からの28年間で、田んぼと畑だった場所は、ビルが林立する陸家嘴国際金融センターに発展した。中国初の保税区「外高橋保税区」、初の自由貿易試験区「中国(上海)自由貿易試験区」、初の保税港区「洋山保税港区」など、中国の数十の「初」は浦東新区で誕生した。浦東新区の域内総生産(GDP)は現在、開発開放時の60億元(1元=約17円)からすでに約1兆元までになり、経済規模は160倍に増加した。(上海=新華社記者/丁汀)=2017(平成29)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2018062900457

    空から望む上海市浦東新区  2017年4月14日に撮影した中華芸術宮の夜景。(小型無人機から)中国上海市浦東新区の開発は、中国の改革開放40年の過程で特筆すべき出来事だ。1990年からの28年間で、田んぼと畑だった場所は、ビルが林立する陸家嘴国際金融センターに発展した。中国初の保税区「外高橋保税区」、初の自由貿易試験区「中国(上海)自由貿易試験区」、初の保税港区「洋山保税港区」など、中国の数十の「初」は浦東新区で誕生した。浦東新区の域内総生産(GDP)は現在、開発開放時の60億元(1元=約17円)からすでに約1兆元までになり、経済規模は160倍に増加した。(上海=新華社記者/丁汀)=2017(平成29)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2018062900467

    空から望む上海市浦東新区  2017年4月13日に撮影した南浦大橋の夜景。(小型無人機から)中国上海市浦東新区の開発は、中国の改革開放40年の過程で特筆すべき出来事だ。1990年からの28年間で、田んぼと畑だった場所は、ビルが林立する陸家嘴国際金融センターに発展した。中国初の保税区「外高橋保税区」、初の自由貿易試験区「中国(上海)自由貿易試験区」、初の保税港区「洋山保税港区」など、中国の数十の「初」は浦東新区で誕生した。浦東新区の域内総生産(GDP)は現在、開発開放時の60億元(1元=約17円)からすでに約1兆元までになり、経済規模は160倍に増加した。(上海=新華社記者/丁汀)=2017(平成29)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2018062900455

    空から望む上海市浦東新区  2017年4月13日に撮影した盧浦大橋の夜景。(小型無人機から)中国上海市浦東新区の開発は、中国の改革開放40年の過程で特筆すべき出来事だ。1990年からの28年間で、田んぼと畑だった場所は、ビルが林立する陸家嘴国際金融センターに発展した。中国初の保税区「外高橋保税区」、初の自由貿易試験区「中国(上海)自由貿易試験区」、初の保税港区「洋山保税港区」など、中国の数十の「初」は浦東新区で誕生した。浦東新区の域内総生産(GDP)は現在、開発開放時の60億元(1元=約17円)からすでに約1兆元までになり、経済規模は160倍に増加した。(上海=新華社記者/丁汀)=2017(平成29)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2018062900462

    空から望む上海市浦東新区  2014年9月29日に撮影した上海自由貿易試験区外高橋コンテナターミナル。(小型無人機から)中国上海市浦東新区の開発は、中国の改革開放40年の過程で特筆すべき出来事だ。1990年からの28年間で、田んぼと畑だった場所は、ビルが林立する陸家嘴国際金融センターに発展した。中国初の保税区「外高橋保税区」、初の自由貿易試験区「中国(上海)自由貿易試験区」、初の保税港区「洋山保税港区」など、中国の数十の「初」は浦東新区で誕生した。浦東新区の域内総生産(GDP)は現在、開発開放時の60億元(1元=約17円)からすでに約1兆元までになり、経済規模は160倍に増加した。(上海=新華社記者/凡軍)=2014(平成26)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像