検索結果 1,288 件中 1 件 〜 50
  1. 2019101805010

    「新華社」 わらの焼却問題、廃棄物から収入の糧に湖南省常徳市  15日、常徳市鼎城区草坪鎮の興隆街村で、わら梱包機を運転し同僚と2人で田畑でワラを収拾する郭凌峰(かく・りんほう)さん(左)。(小型無人機から)中国湖南省常徳市では、今年に入り農作物収穫後のわらの焼却禁止を徹底している。禁止の強化と再利用を並行して進め、再利用に向けた先進技術と設備も導入した。収穫の時期を迎えた同市鼎城(ていじょう)区の草坪(そうへい)鎮では、農家がわらを燃やす風景は過去のものとなった。わらは梱包(こんぽう)機で束にした後、廃棄物からお宝に変身する。1トンあたり150~200元(1元=約15円)で回収され、家畜飼料や製板・製紙の材料などに加工される。市の取り組みは、わら焼却の問題を解決したばかりか、農家の収入アップにもつながった。(長沙=新華社記者/陳思汗)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019101805062

    「新華社」 わらの焼却問題、廃棄物から収入の糧に湖南省常徳市  15日、常徳市鼎城区草坪鎮の卓宇農業合作社の飼料工場で配合される飼葉とわら。(小型無人機から)中国湖南省常徳市では、今年に入り農作物収穫後のわらの焼却禁止を徹底している。禁止の強化と再利用を並行して進め、再利用に向けた先進技術と設備も導入した。収穫の時期を迎えた同市鼎城(ていじょう)区の草坪(そうへい)鎮では、農家がわらを燃やす風景は過去のものとなった。わらは梱包(こんぽう)機で束にした後、廃棄物からお宝に変身する。1トンあたり150~200元(1元=約15円)で回収され、家畜飼料や製板・製紙の材料などに加工される。市の取り組みは、わら焼却の問題を解決したばかりか、農家の収入アップにもつながった。(長沙=新華社記者/陳思汗)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019101605188

    「新華社」 干ばつ対策用の水源を強化江西省南昌市  11日、三級ポンプステーションで吸い上げた贛江(かんこう)の水を農業用水としたことで順調に進む秋の収穫作業。(小型無人機から)中国江西省では7月下旬から10月初旬まで降水量が少なく、主要河川で水位の低い状態が続き、多くの地域でさまざまな程度の干ばつが発生している。秋の農作物の収穫を順調に進められるよう、南昌市新建区では干ばつ対策に延べ2600人以上の職員を投入、300基を超える対策設備を購入し、ポンプ式の井戸を900本以上追加した。また、川底をさらい流れをよくして10数キロメートルの水路を引き入れるなど、全力で農業用水の確保に当たっている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019101605155

    「新華社」 干ばつ対策用の水源を強化江西省南昌市  11日、南昌市新建区昌邑(しょうゆう)郷の贛江(かんこう)の沿岸で水位が下がり続けむき出しになった干潟。(小型無人機から)中国江西省では7月下旬から10月初旬まで降水量が少なく、主要河川で水位の低い状態が続き、多くの地域でさまざまな程度の干ばつが発生している。秋の農作物の収穫を順調に進められるよう、南昌市新建区では干ばつ対策に延べ2600人以上の職員を投入、300基を超える対策設備を購入し、ポンプ式の井戸を900本以上追加した。また、川底をさらい流れをよくして10数キロメートルの水路を引き入れるなど、全力で農業用水の確保に当たっている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019101604912

    「新華社」 干ばつ対策用の水源を強化江西省南昌市  11日、水位が下がり河床が露出した南昌市新建区昌邑(しょうゆう)郷の贛江(かんこう)。(小型無人機から)中国江西省では7月下旬から10月初旬まで降水量が少なく、主要河川で水位の低い状態が続き、多くの地域でさまざまな程度の干ばつが発生している。秋の農作物の収穫を順調に進められるよう、南昌市新建区では干ばつ対策に延べ2600人以上の職員を投入、300基を超える対策設備を購入し、ポンプ式の井戸を900本以上追加した。また、川底をさらい流れをよくして10数キロメートルの水路を引き入れるなど、全力で農業用水の確保に当たっている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019101605149

    「新華社」 干ばつ対策用の水源を強化江西省南昌市  11日、南昌市新建区昌邑(しょうゆう)郷の沿岸干ばつ対策ステーションで、農業用水を確保するため、揚水ポンプで贛江(かんこう)の水を吸い上げる作業員。(小型無人機から)中国江西省では7月下旬から10月初旬まで降水量が少なく、主要河川で水位の低い状態が続き、多くの地域でさまざまな程度の干ばつが発生している。秋の農作物の収穫を順調に進められるよう、南昌市新建区では干ばつ対策に延べ2600人以上の職員を投入、300基を超える対策設備を購入し、ポンプ式の井戸を900本以上追加した。また、川底をさらい流れをよくして10数キロメートルの水路を引き入れるなど、全力で農業用水の確保に当たっている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019101605218

    「新華社」 干ばつ対策用の水源を強化江西省南昌市  11日、水位が下がり河床が露出した南昌市新建区昌邑(しょうゆう)郷の贛江(かんこう)。(小型無人機から)中国江西省では7月下旬から10月初旬まで降水量が少なく、主要河川で水位の低い状態が続き、多くの地域でさまざまな程度の干ばつが発生している。秋の農作物の収穫を順調に進められるよう、南昌市新建区では干ばつ対策に延べ2600人以上の職員を投入、300基を超える対策設備を購入し、ポンプ式の井戸を900本以上追加した。また、川底をさらい流れをよくして10数キロメートルの水路を引き入れるなど、全力で農業用水の確保に当たっている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019101605224

    「新華社」 干ばつ対策用の水源を強化江西省南昌市  11日、水位が下がり河床が露出した南昌市新建区昌邑(しょうゆう)郷の贛江(かんこう)。(小型無人機から)中国江西省では7月下旬から10月初旬まで降水量が少なく、主要河川で水位の低い状態が続き、多くの地域でさまざまな程度の干ばつが発生している。秋の農作物の収穫を順調に進められるよう、南昌市新建区では干ばつ対策に延べ2600人以上の職員を投入、300基を超える対策設備を購入し、ポンプ式の井戸を900本以上追加した。また、川底をさらい流れをよくして10数キロメートルの水路を引き入れるなど、全力で農業用水の確保に当たっている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019101605102

    「新華社」 干ばつ対策用の水源を強化江西省南昌市  11日、南昌市新建区昌邑(しょうゆう)郷の沿岸干ばつ対策ステーションで、贛江(かんこう)の水を吸い上げる揚水ポンプ。(小型無人機から)中国江西省では7月下旬から10月初旬まで降水量が少なく、主要河川で水位の低い状態が続き、多くの地域でさまざまな程度の干ばつが発生している。秋の農作物の収穫を順調に進められるよう、南昌市新建区では干ばつ対策に延べ2600人以上の職員を投入、300基を超える対策設備を購入し、ポンプ式の井戸を900本以上追加した。また、川底をさらい流れをよくして10数キロメートルの水路を引き入れるなど、全力で農業用水の確保に当たっている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019101605070

    「新華社」 干ばつ対策用の水源を強化江西省南昌市  11日、南昌市新建区昌邑(しょうゆう)郷の沿岸干ばつ対策ステーションで、贛江(かんこう)の水を吸い上げる揚水ポンプ。(小型無人機から)中国江西省では7月下旬から10月初旬まで降水量が少なく、主要河川で水位の低い状態が続き、多くの地域でさまざまな程度の干ばつが発生している。秋の農作物の収穫を順調に進められるよう、南昌市新建区では干ばつ対策に延べ2600人以上の職員を投入、300基を超える対策設備を購入し、ポンプ式の井戸を900本以上追加した。また、川底をさらい流れをよくして10数キロメートルの水路を引き入れるなど、全力で農業用水の確保に当たっている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019101604996

    「新華社」 江西省南昌で中稲の収穫がピーク  10日、蔣巷鎮で豊かに実った中稲を収穫する地元農家。(小型無人機から)中国江西省南昌市南昌県の蔣巷(しょうこう)鎮でこのほど、約5万ムー(約3300ヘクタール)田んぼに植えられた中稲(なかて)が収穫期を迎え、地元農家が収穫作業に追われている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019101604925

    「新華社」 江西省南昌で中稲の収穫がピーク  10日、蔣巷鎮で豊かに実った中稲を収穫する地元農家。(小型無人機から)中国江西省南昌市南昌県の蔣巷(しょうこう)鎮でこのほど、約5万ムー(1ムー=15分の1ヘクタール)の田んぼに植えられた中稲(なかて)が収穫期を迎え、地元農家が収穫作業に追われている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019101605063

    「新華社」 江西省南昌で中稲の収穫がピーク  10日、蔣巷鎮で豊かに実った中稲を収穫する地元農家。(小型無人機から)中国江西省南昌市南昌県の蔣巷(しょうこう)鎮でこのほど、約5万ムー(1ムー=15分の1ヘクタール)の田んぼに植えられた中稲(なかて)が収穫期を迎え、地元農家が収穫作業に追われている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019101605044

    「新華社」 江西省南昌で中稲の収穫がピーク  10日、蔣巷鎮で豊かに実った中稲を収穫する地元農家。(小型無人機から)中国江西省南昌市南昌県の蔣巷(しょうこう)鎮でこのほど、約5万ムー(1ムー=15分の1ヘクタール)の田んぼに植えられた中稲(なかて)が収穫期を迎え、地元農家が収穫作業に追われている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019101605059

    「新華社」 江西省南昌で中稲の収穫がピーク  10日、蔣巷鎮で豊かに実った中稲を収穫する地元農家。(小型無人機から)中国江西省南昌市南昌県の蔣巷(しょうこう)鎮でこのほど、約5万ムー(1ムー=15分の1ヘクタール)の田んぼに植えられた中稲(なかて)が収穫期を迎え、地元農家が収穫作業に追われている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019101605046

    「新華社」 江西省南昌で中稲の収穫がピーク  10日、蔣巷鎮で豊かに実った中稲を収穫する地元農家。(小型無人機から)中国江西省南昌市南昌県の蔣巷(しょうこう)鎮でこのほど、約5万ムー(1ムー=15分の1ヘクタール)の田んぼに植えられた中稲(なかて)が収穫期を迎え、地元農家が収穫作業に追われている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019101605010

    「新華社」 江西省南昌で中稲の収穫がピーク  10日、蔣巷鎮で豊かに実った中稲を収穫する地元農家。(小型無人機から)中国江西省南昌市南昌県の蔣巷(しょうこう)鎮でこのほど、約5万ムー(1ムー=15分の1ヘクタール)の田んぼに植えられた中稲(なかて)が収穫期を迎え、地元農家が収穫作業に追われている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019101604835

    「新華社」 魚の天日干し作業ピーク江西省都昌県  10日、都昌県薌渓郷の井頭村で、魚やエビを天日干しする漁民。(小型無人機から)中国江西省九江市都昌県は盛漁期を迎え、水揚げされた魚やエビなどを天日干しする独特な風景が広がっている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019101604818

    「新華社」 江西省南昌で中稲の収穫がピーク  10日、蔣巷鎮で豊かに実った中稲を収穫する地元農家。(小型無人機から)中国江西省南昌市南昌県の蔣巷(しょうこう)鎮でこのほど、約5万ムー(1ムー=15分の1ヘクタール)の田んぼに植えられた中稲(なかて)が収穫期を迎え、地元農家が収穫作業に追われている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019101605131

    「新華社」 魚の天日干し作業ピーク江西省都昌県  10日、都昌県にある印山付近を流れる川のそばで、魚やエビを天日干しする漁民。(小型無人機から)中国江西省九江市都昌県は盛漁期を迎え、水揚げされた魚やエビなどを天日干しする独特な風景が広がっている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019101605136

    「新華社」 収穫期を迎えたワイン用ブドウ甘粛省河西回廊  10日、収穫期を迎えた甘粛省武威市涼州区の醸造用ブドウ栽培基地。(小型無人機から)中国甘粛省の河西回廊にある醸造用ブドウ栽培地区では収穫期を迎え、ピノ・ノワールやカベルネ・ソーヴィニヨン、シャルドネなど優良品種のブドウが次々と収穫され、地元のワイン企業が大々的に搾汁・醸造作業を行っている。同省の河西回廊は北緯36~38度に位置し、典型的な温帯の乾燥砂漠・半砂漠地域に属している。ここで栽培した醸造用ブドウは糖度と酸度のバランスが最適で、中国や世界で有機ワインに最も適した産地の一つとされている。(武威=新華社記者/郎兵兵)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019101605000

    「新華社」 江西省南昌で中稲の収穫がピーク  10日、蔣巷鎮で豊かに実った中稲を収穫する地元農家。(小型無人機から)中国江西省南昌市南昌県の蔣巷(しょうこう)鎮でこのほど、約5万ムー(1ムー=15分の1ヘクタール)の田んぼに植えられた中稲(なかて)が収穫期を迎え、地元農家が収穫作業に追われている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019101605043

    「新華社」 魚の天日干し作業ピーク江西省都昌県  10日、都昌県にある印山付近を流れる川のそばで、魚やエビを天日干しする漁民。(小型無人機から)中国江西省九江市都昌県は盛漁期を迎え、水揚げされた魚やエビなどを天日干しする独特な風景が広がっている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019101605047

    「新華社」 江西省南昌で中稲の収穫がピーク  10日、蔣巷鎮で豊かに実った中稲を収穫する地元農家。(小型無人機から)中国江西省南昌市南昌県の蔣巷(しょうこう)鎮でこのほど、約5万ムー(1ムー=15分の1ヘクタール)の田んぼに植えられた中稲(なかて)が収穫期を迎え、地元農家が収穫作業に追われている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019101605017

    「新華社」 江西省南昌で中稲の収穫がピーク  10日、蔣巷鎮で豊かに実った中稲を収穫する地元農家。(小型無人機から)中国江西省南昌市南昌県の蔣巷(しょうこう)鎮でこのほど、約5万ムー(1ムー=15分の1ヘクタール)の田んぼに植えられた中稲(なかて)が収穫期を迎え、地元農家が収穫作業に追われている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019101605052

    「新華社」 江西省南昌で中稲の収穫がピーク  10日、蔣巷鎮で豊かに実った中稲を収穫する地元農家。(小型無人機から)中国江西省南昌市南昌県の蔣巷(しょうこう)鎮でこのほど、約5万ムー(1ムー=15分の1ヘクタール)の田んぼに植えられた中稲(なかて)が収穫期を迎え、地元農家が収穫作業に追われている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019101605104

    「新華社」 魚の天日干し作業ピーク江西省都昌県  10日、都昌県にある印山付近を流れる川のそばで、魚やエビを天日干しする漁民。(小型無人機から)中国江西省九江市都昌県は盛漁期を迎え、水揚げされた魚やエビなどを天日干しする独特な風景が広がっている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019101605290

    「新華社」 深まりゆく秋海塩が収穫期迎える山東省無棣県  9日、塩田で塩を収穫する魯北製塩場の従業員。(小型無人機から)中国山東省浜州市無棣(むてい)県にある魯北(ろほく)製塩場の254万アール(1アール=0・01ヘクタール)の塩田がこのほど、秋の収穫期を迎えた。同省北部の渤海湾に面し、県全体で365万アールの塩田を有する同県は、中国における海塩の重要な生産拠点となっており、今年1~9月の原塩の生産量は111万7千トンに上った。(済南=新華社記者/朱崢)=2019(令和元)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019101605282

    「新華社」 深まりゆく秋海塩が収穫期迎える山東省無棣県  9日、空から見た塩田の一角。(小型無人機から)中国山東省浜州市無棣(むてい)県にある魯北(ろほく)製塩場の254万アール(1アール=0・01ヘクタール)の塩田がこのほど、秋の収穫期を迎えた。同省北部の渤海湾に面し、県全体で365万アールの塩田を有する同県は、中国における海塩の重要な生産拠点となっており、今年1~9月の原塩の生産量は111万7千トンに上った。(済南=新華社記者/朱崢)=2019(令和元)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019101605283

    「新華社」 深まりゆく秋海塩が収穫期迎える山東省無棣県  9日、塩田で塩を収穫する魯北製塩場の従業員。(小型無人機から)中国山東省浜州市無棣(むてい)県にある魯北(ろほく)製塩場の254万アール(1アール=0・01ヘクタール)の塩田がこのほど、秋の収穫期を迎えた。同省北部の渤海湾に面し、県全体で365万アールの塩田を有する同県は、中国における海塩の重要な生産拠点となっており、今年1~9月の原塩の生産量は111万7千トンに上った。(済南=新華社記者/朱崢)=2019(令和元)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019101604802

    「新華社」 深まりゆく秋海塩が収穫期迎える山東省無棣県  9日、塩田で塩を収穫する魯北製塩場の従業員。(小型無人機から)中国山東省浜州市無棣(むてい)県にある魯北(ろほく)製塩場の254万アール(1アール=0・01ヘクタール)の塩田がこのほど、秋の収穫期を迎えた。同省北部の渤海湾に面し、県全体で365万アールの塩田を有する同県は、中国における海塩の重要な生産拠点となっており、今年1~9月の原塩の生産量は111万7千トンに上った。(済南=新華社記者/朱崢)=2019(令和元)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019101605325

    「新華社」 深まりゆく秋海塩が収穫期迎える山東省無棣県  9日、塩田で塩を収穫する魯北製塩場の従業員。(小型無人機から)中国山東省浜州市無棣(むてい)県にある魯北(ろほく)製塩場の254万アール(1アール=0・01ヘクタール)の塩田がこのほど、秋の収穫期を迎えた。同省北部の渤海湾に面し、県全体で365万アールの塩田を有する同県は、中国における海塩の重要な生産拠点となっており、今年1~9月の原塩の生産量は111万7千トンに上った。(済南=新華社記者/朱崢)=2019(令和元)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019101605298

    「新華社」 深まりゆく秋海塩が収穫期迎える山東省無棣県  9日、塩田で塩を収穫する魯北製塩場の従業員。(小型無人機から)中国山東省浜州市無棣(むてい)県にある魯北(ろほく)製塩場の254万アール(1アール=0・01ヘクタール)の塩田がこのほど、秋の収穫期を迎えた。同省北部の渤海湾に面し、県全体で365万アールの塩田を有する同県は、中国における海塩の重要な生産拠点となっており、今年1~9月の原塩の生産量は111万7千トンに上った。(済南=新華社記者/朱崢)=2019(令和元)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019101604905

    「新華社」 深まりゆく秋海塩が収穫期迎える山東省無棣県  9日、空から見た塩田の一角。(小型無人機から)中国山東省浜州市無棣(むてい)県にある魯北(ろほく)製塩場の254万アール(1アール=0・01ヘクタール)の塩田がこのほど、秋の収穫期を迎えた。同省北部の渤海湾に面し、県全体で365万アールの塩田を有する同県は、中国における海塩の重要な生産拠点となっており、今年1~9月の原塩の生産量は111万7千トンに上った。(済南=新華社記者/朱崢)=2019(令和元)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019101605214

    「新華社」 深まりゆく秋海塩が収穫期迎える山東省無棣県  9日、塩田で塩を収穫する魯北製塩場の従業員。(小型無人機から)中国山東省浜州市無棣(むてい)県にある魯北(ろほく)製塩場の254万アール(1アール=0・01ヘクタール)の塩田がこのほど、秋の収穫期を迎えた。同省北部の渤海湾に面し、県全体で365万アールの塩田を有する同県は、中国における海塩の重要な生産拠点となっており、今年1~9月の原塩の生産量は111万7千トンに上った。(済南=新華社記者/朱崢)=2019(令和元)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019101003241

    「新華社」 秋の花が見頃一面の花畑へ出かけよう上海  7日、空から見た「花開海上」のコスモス畑。(小型無人機から)中国上海市金山区にある同市最大の生態園(エコパーク)「花開海上」では7日、コスモスやキク、ヒマワリ、コキア(ホウキギ)などが見頃を迎え、多くの市民や観光客が色とりどりの花の海で、深まる秋を存分に楽しんでいた。(上海=新華社記者/方喆)=2019(令和元)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019101003160

    「新華社」 秋の花が見頃一面の花畑へ出かけよう上海  7日、見頃を迎えた「花開海上」のコスモス畑。(小型無人機から)中国上海市金山区にある同市最大の生態園(エコパーク)「花開海上」では7日、コスモスやキク、ヒマワリ、コキア(ホウキギ)などが見頃を迎え、多くの市民や観光客が色とりどりの花の海で、深まる秋を存分に楽しんでいた。(上海=新華社記者/方喆)=2019(令和元)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019101003191

    「新華社」 秋の花が見頃一面の花畑へ出かけよう上海  7日、空から見た「花開海上」のコキア(ホウキギ)畑。(小型無人機から)中国上海市金山区にある同市最大の生態園(エコパーク)「花開海上」では7日、コスモスやキク、ヒマワリ、コキア(ホウキギ)などが見頃を迎え、多くの市民や観光客が色とりどりの花の海で、深まる秋を存分に楽しんでいた。(上海=新華社記者/方喆)=2019(令和元)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019100600583

    関電子会社役員にも商品券  福井県高浜町の建設会社「吉田開発」=6日午後(共同通信社ヘリから)

  40. 2019100700376

    「新華社」 伝統的農法受け継ぎ手作業で稲刈り湖南省紫鵲界棚田  4日、紫鵲界棚田で稲刈りをする地元農家。(小型無人機から)中国湖南省婁底(ろうてい)市新化県の紫鵲界(しじゃくかい)棚田は、同省中西部に位置する雪峰山脈に属する。標高500~1200メートルの山腹に広がる棚田の傾斜は平均約30度。平原地域の広大な水田と異なり、紫鵲界棚田は30平方メートルほどの小さなブロック状に分かれているため、小型農機を使っても稲刈りはできない。同地の耕作の歴史は秦漢時代までさかのぼることができ、地元の村民は現在も手作業で稲刈りをしている。(新化=新華社記者/陳振海)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019100700529

    「新華社」 伝統的農法受け継ぎ手作業で稲刈り湖南省紫鵲界棚田  4日、紫鵲界棚田で稲刈りをする地元の農家。(小型無人機から)中国湖南省婁底(ろうてい)市新化県の紫鵲界(しじゃくかい)棚田は、同省中西部に位置する雪峰山脈に属する。標高500~1200メートルの山腹に広がる棚田の傾斜は平均約30度。平原地域の広大な水田と異なり、紫鵲界棚田は30平方メートルほどの小さなブロック状に分かれているため、小型農機を使っても稲刈りはできない。同地の耕作の歴史は秦漢時代までさかのぼることができ、地元の村民は現在も手作業で稲刈りをしている。(新化=新華社記者/陳振海)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019100300532

    「新華社」 ダイコンの収穫が本格化寧夏回族自治区  9月30日、ダイコン畑で働く馬渠生態移民区の農民。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区呉忠市紅寺堡区の馬渠生態移民区でこのほど、7千ムー(約467ヘクタール)の畑で栽培されているダイコンが収穫期を迎え、農民らはダイコンを収穫したり、切って乾燥させたりする作業に追われている。(銀川=新華社記者/馮開華)=2019(令和元)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019100300584

    「新華社」 ダイコンの収穫が本格化寧夏回族自治区  9月30日、ダイコン畑で働く馬渠生態移民区の農民。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区呉忠市紅寺堡区の馬渠生態移民区でこのほど、7千ムー(約467ヘクタール)の畑で栽培されているダイコンが収穫期を迎え、農民らはダイコンを収穫したり、切って乾燥させたりする作業に追われている。(銀川=新華社記者/馮開華)=2019(令和元)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019100101751

    「新華社」 祁連山麓のキヌアが赤く色付く甘粛省張掖市  27日、祁連山麓のキヌア畑。(小型無人機から)中国甘粛省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の麓にある張掖(ちょうえき)市粛南(しゅくなん)ユグル族自治県の馬蹄チベット族郷では9月末、収穫期を迎えたキヌア(ChenopodiumquinoaWilld.)が赤く色付いた。風が吹くと波打つように揺れる一面のキヌアが、祁連山の秋景色を鮮やかに彩っている。キヌアは南米アンデス地方原産で、水不足でも塩分を多量に含むアルカリ性の土壌でもよく育つ上、他の穀類より栄養価が高いことから、国連食糧農業機関(FAO)が栽培を推奨する重要作物の一つとなっている。甘粛省農業科学院はここ数年、キヌアの試験栽培と改良を行い、地元に適応する新品種「隴藜(りょうれい)」系列を開発。現在既に永昌県や天祝チベット族自治県など省内各地で栽培されている。(粛南=新華社配信)=2019(令和元)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019100101715

    「新華社」 祁連山麓のキヌアが赤く色付く甘粛省張掖市  27日、祁連山麓のキヌア畑。(小型無人機から)中国甘粛省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の麓にある張掖(ちょうえき)市粛南(しゅくなん)ユグル族自治県の馬蹄チベット族郷では9月末、収穫期を迎えたキヌア(ChenopodiumquinoaWilld.)が赤く色付いた。風が吹くと波打つように揺れる一面のキヌアが、祁連山の秋景色を鮮やかに彩っている。キヌアは南米アンデス地方原産で、水不足でも塩分を多量に含むアルカリ性の土壌でもよく育つ上、他の穀類より栄養価が高いことから、国連食糧農業機関(FAO)が栽培を推奨する重要作物の一つとなっている。甘粛省農業科学院はここ数年、キヌアの試験栽培と改良を行い、地元に適応する新品種「隴藜(りょうれい)」系列を開発。現在既に永昌県や天祝チベット族自治県など省内各地で栽培されている。(粛南=新華社配信)=2019(令和元)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019100101723

    「新華社」 祁連山麓のキヌアが赤く色付く甘粛省張掖市  27日、祁連山麓のキヌア畑。(小型無人機から)中国甘粛省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の麓にある張掖(ちょうえき)市粛南(しゅくなん)ユグル族自治県の馬蹄チベット族郷では9月末、収穫期を迎えたキヌア(ChenopodiumquinoaWilld.)が赤く色付いた。風が吹くと波打つように揺れる一面のキヌアが、祁連山の秋景色を鮮やかに彩っている。キヌアは南米アンデス地方原産で、水不足でも塩分を多量に含むアルカリ性の土壌でもよく育つ上、他の穀類より栄養価が高いことから、国連食糧農業機関(FAO)が栽培を推奨する重要作物の一つとなっている。甘粛省農業科学院はここ数年、キヌアの試験栽培と改良を行い、地元に適応する新品種「隴藜(りょうれい)」系列を開発。現在既に永昌県や天祝チベット族自治県など省内各地で栽培されている。(粛南=新華社配信)=2019(令和元)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019100101682

    「新華社」 祁連山麓のキヌアが赤く色付く甘粛省張掖市  27日、祁連山麓のキヌア畑。(小型無人機から)中国甘粛省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の麓にある張掖(ちょうえき)市粛南(しゅくなん)ユグル族自治県の馬蹄チベット族郷では9月末、収穫期を迎えたキヌア(ChenopodiumquinoaWilld.)が赤く色付いた。風が吹くと波打つように揺れる一面のキヌアが、祁連山の秋景色を鮮やかに彩っている。キヌアは南米アンデス地方原産で、水不足でも塩分を多量に含むアルカリ性の土壌でもよく育つ上、他の穀類より栄養価が高いことから、国連食糧農業機関(FAO)が栽培を推奨する重要作物の一つとなっている。甘粛省農業科学院はここ数年、キヌアの試験栽培と改良を行い、地元に適応する新品種「隴藜(りょうれい)」系列を開発。現在既に永昌県や天祝チベット族自治県など省内各地で栽培されている。(粛南=新華社配信)=2019(令和元)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019100101858

    「新華社」 祁連山麓のキヌアが赤く色付く甘粛省張掖市  27日、祁連山麓のキヌア畑。(小型無人機から)中国甘粛省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の麓にある張掖(ちょうえき)市粛南(しゅくなん)ユグル族自治県の馬蹄チベット族郷では9月末、収穫期を迎えたキヌア(ChenopodiumquinoaWilld.)が赤く色付いた。風が吹くと波打つように揺れる一面のキヌアが、祁連山の秋景色を鮮やかに彩っている。キヌアは南米アンデス地方原産で、水不足でも塩分を多量に含むアルカリ性の土壌でもよく育つ上、他の穀類より栄養価が高いことから、国連食糧農業機関(FAO)が栽培を推奨する重要作物の一つとなっている。甘粛省農業科学院はここ数年、キヌアの試験栽培と改良を行い、地元に適応する新品種「隴藜(りょうれい)」系列を開発。現在既に永昌県や天祝チベット族自治県など省内各地で栽培されている。(粛南=新華社配信)=2019(令和元)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019100101743

    「新華社」 祁連山麓のキヌアが赤く色付く甘粛省張掖市  27日、収穫期を迎え赤く色付いたキヌア。(小型無人機から)中国甘粛省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の麓にある張掖(ちょうえき)市粛南(しゅくなん)ユグル族自治県の馬蹄チベット族郷では9月末、収穫期を迎えたキヌア(ChenopodiumquinoaWilld.)が赤く色付いた。風が吹くと波打つように揺れる一面のキヌアが、祁連山の秋景色を鮮やかに彩っている。キヌアは南米アンデス地方原産で、水不足でも塩分を多量に含むアルカリ性の土壌でもよく育つ上、他の穀類より栄養価が高いことから、国連食糧農業機関(FAO)が栽培を推奨する重要作物の一つとなっている。甘粛省農業科学院はここ数年、キヌアの試験栽培と改良を行い、地元に適応する新品種「隴藜(りょうれい)」系列を開発。現在既に永昌県や天祝チベット族自治県など省内各地で栽培されている。(粛南=新華社配信/張智敏)=2019(令和元)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019100101487

    「新華社」 漁業文化生かし農村観光を後押し浙江省淳安県宋村郷  25日、浙江省淳安県宋村郷で、船首の漁灯をともして雲源港の水面を行き交う漁船。(小型無人機から)中国浙江省淳安県宋村郷はここ数年、農村観光を積極的に発展させ、漁業にまつわる要素や特色を取り入れた景観を作り上げ、農村振興を後押ししている。宋村郷は現在、素晴らしい自然の景観と漁業文化を生かし、地元の高級民宿と砂州での水遊びやバーベキュー、農業体験、民俗写真撮影を一体化した特色ある観光業を発展させている。今年1月初めから7月末まで、同郷は10万人の観光客を受け入れ、1300万元(1元=約15円)の経済収入を実現した。(杭州=新華社記者/徐昱)=2019(令和元)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像