検索結果 112 件中 1 件 〜 50 件 "ジャガイモ"
  1. 2020032425737

    「新華社」 苗栽培に大忙し春分迎えた「ジャガイモの里」寧夏回族自治区  20日、西吉県の万崖ジャガイモ科学技術モデルパークで、水耕栽培の無毒化苗の手入れをするスタッフ。二十四節気の春分に当たる20日、「ジャガイモの里」と呼ばれる中国寧夏回族自治区固原市西吉県では、モデルパークのスタッフが無毒化したジャガイモの苗の栽培に励んでいた。ジャガイモは同県の特色ある「高品質産業」であり、今年は全県で80万ムー(約5万3千ヘクタール)のジャガイモ栽培が計画されている。(固原=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2020032425766

    「新華社」 苗栽培に大忙し春分迎えた「ジャガイモの里」寧夏回族自治区  20日、西吉県の万崖ジャガイモ科学技術モデルパークで、水耕栽培の無毒化苗の生育状況を確認するスタッフ。二十四節気の春分に当たる20日、「ジャガイモの里」と呼ばれる中国寧夏回族自治区固原市西吉県では、モデルパークのスタッフが無毒化したジャガイモの苗の栽培に励んでいた。ジャガイモは同県の特色ある「高品質産業」であり、今年は全県で80万ムー(約5万3千ヘクタール)のジャガイモ栽培が計画されている。(固原=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2020032425725

    「新華社」 苗栽培に大忙し春分迎えた「ジャガイモの里」寧夏回族自治区  20日、西吉県の万崖ジャガイモ科学技術モデルパークで、スタッフが水耕栽培の無毒化苗の手入れをしている。二十四節気の春分に当たる20日、「ジャガイモの里」と呼ばれる中国寧夏回族自治区固原市西吉県では、モデルパークのスタッフが無毒化したジャガイモの苗の栽培に励んでいた。ジャガイモは同県の特色ある「高品質産業」であり、今年は全県で80万ムー(約5万3千ヘクタール)のジャガイモ栽培が計画されている。(固原=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2020032425759

    「新華社」 苗栽培に大忙し春分迎えた「ジャガイモの里」寧夏回族自治区  20日、西吉県の万崖ジャガイモ科学技術モデルパークで、村の人が無毒化苗を植え替えている。二十四節気の春分に当たる20日、「ジャガイモの」と呼ばれる中国寧夏回族自治区固原市西吉県では、モデルパークのスタッフが無毒化したジャガイモの苗の栽培に励んでいた。ジャガイモは同県の特色ある「高品質産業」であり、今年は全県で80万ムー(約5万3千ヘクタール)のジャガイモ栽培が計画されている。(固原=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2020032425777

    「新華社」 苗栽培に大忙し春分迎えた「ジャガイモの里」寧夏回族自治区  20日、西吉県の万崖ジャガイモ科学技術モデルパークで、水耕栽培の無毒化苗の手入れをするスタッフ。二十四節気の春分に当たる20日、「ジャガイモの里」と呼ばれる中国寧夏回族自治区固原市西吉県では、モデルパークのスタッフが無毒化したジャガイモの苗の栽培に励んでいた。ジャガイモは同県の特色ある「高品質産業」であり、今年は全県で80万ムー(約5万3千ヘクタール)のジャガイモ栽培が計画されている。(固原=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2020032425780

    「新華社」 苗栽培に大忙し春分迎えた「ジャガイモの里」寧夏回族自治区  20日、無毒化した苗を育てる缶型容器に養液を入れるスタッフ。二十四節気の春分に当たる20日、「ジャガイモの里」と呼ばれる中国寧夏回族自治区固原市西吉県では、モデルパークのスタッフが無毒化したジャガイモの苗の栽培に励んでいた。ジャガイモは同県の特色ある「高品質産業」であり、今年は全県で80万ムー(約5万3千ヘクタール)のジャガイモ栽培が計画されている。(固原=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2020032425697

    「新華社」 苗栽培に大忙し春分迎えた「ジャガイモの里」寧夏回族自治区  20日、西吉県の万崖ジャガイモ科学技術モデルパークで、スタッフが水耕栽培の無毒化苗の手入れをしている。二十四節気の春分に当たる20日、「ジャガイモの里」と呼ばれる中国寧夏回族自治区固原市西吉県では、モデルパークのスタッフが無毒化したジャガイモの苗の栽培に励んでいた。ジャガイモは同県の特色ある「高品質産業」であり、今年は全県で80万ムー(約5万3千ヘクタール)のジャガイモ栽培が計画されている。(固原=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2020022704995

    「新華社」 春の農作業に取り組む中国各地の農家  25日、山東省臨沂市平邑県平邑街道の畑でジャガイモを農業用マルチフィルムで覆う農家。(小型無人機から)早春を迎えた中国各地では気温が上がり、各農家が忙しく農作業に励んでいる。(臨沂=新華社配信/武紀全)=2020(令和2)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2020022705004

    「新華社」 春の農作業に取り組む中国各地の農家  24日、山東省膠州市膠西街道苑戈荘村でジャガイモを農業用マルチフィルムで覆う農家。(小型無人機から)早春を迎えた中国各地では気温が上がり、各農家が忙しく農作業に励んでいる。(青島=新華社配信/王昭脈)=2020(令和2)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2020030900897

    「新華社」 重慶市の貧困県、感染対策と貧困扶助・農作業再開を同時進行  2月22日、重慶市巫渓(ふけい)県の薯光農業科技開発無病化ジャガイモ栽培センターで、ジャガイモの無病化(ウイルスフリー化)苗の挿し木をする村民。中国南西部の秦嶺山脈と大巴山脈から成る秦巴山地に位置する広域特殊困難地区では、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が効果的に抑制されていることから、春の農作業が相次いで再開されている。地元の農村幹部によると、感染予防・抑制措置をしっかり行うと同時に、農業生産の再開が積極的に推し進めるよう村民らに呼び掛けているという。(重慶=新華社配信/黄偉)=2020(令和2)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2020030900900

    「新華社」 重慶市の貧困県、感染対策と貧困扶助・農作業再開を同時進行  2月22日、重慶市巫渓(ふけい)県の薯光農業科技開発無病化ジャガイモ栽培センターで、ジャガイモの無病化(ウイルスフリー化)苗の生育状況を確認するスタッフ。中国南西部の秦嶺山脈と大巴山脈から成る秦巴山地に位置する広域特殊困難地区では、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が効果的に抑制されていることから、春の農作業が相次いで再開されている。地元の農村幹部によると、感染予防・抑制措置をしっかり行うと同時に、農業生産の再開が積極的に推し進めるよう村民らに呼び掛けているという。(重慶=新華社配信/黄偉)=2020(令和2)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2020030900955

    「新華社」 重慶市の貧困県、感染対策と貧困扶助・農作業再開を同時進行  2月22日、重慶市巫渓(ふけい)県の薯光農業科技開発無病化ジャガイモ栽培センターで、ジャガイモの無病化(ウイルスフリー化)苗の挿し木をする村民。中国南西部の秦嶺山脈と大巴山脈から成る秦巴山地に位置する広域特殊困難地区では、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が効果的に抑制されていることから、春の農作業が相次いで再開されている。地元の農村幹部によると、感染予防・抑制措置をしっかり行うと同時に、農業生産の再開が積極的に推し進めるよう村民らに呼び掛けているという。(重慶=新華社配信/黄偉)=2020(令和2)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2020021916680

    「新華社」 農作業にいそしむ中国各地の農家  16日、畑のジャガイモを確認する四川省彭州市葛仙山鎮楠新村の農家。早春を迎えた中国各地で、農家が新型コロナウイルスによる肺炎の予防・抑制に取り組みながら、時期を見て農作業を進めている。農地では忙しく働く人々の姿をそこかしこに見ることができる。(彭州=新華社配信/羅国楊)=2020(令和2)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2020021405377

    「新華社」 野菜の安定供給で庶民の食生活を守る湖南省長沙市  7日、長沙市の大河西農産品物流センターでジャガイモを袋詰めする業者。中国湖南省長沙市の大河西農産品物流センターでは、新型コロナウイルスによる肺炎が拡大する中でも十分な野菜の供給が確保されている。種類も多く、価格も平年並みで、中国で「菜籃子(買い物かご)」と呼ばれる庶民の副食品需要を支えている。市政府も感染拡大を受け「菜籃子供給保証緊急対応プラン」を策定。指導チームを立ち上げ、農産品を納品する車両の取引手数料の減免、合理的な野菜調達システム構築などの措置を講じるとともに、卸売業者に対し早めの商品確保を奨励し、野菜の安定供給を維持している。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019080100446

    「新華社」 緑あふれる夏の塞北管理区河北省張家口市  28日、張家口市塞北管理区の農地。(小型無人機から)中国河北省張家口市塞北管理区はここ数年、国家現代農業モデル区として農地開墾体制の改革を絶えず推し進め、現代化された高効率で特色ある農業を発展させることで、高い効果を得てきた。同区では現在、ジャガイモ、ニンジン、アブラナ、まぐさなどの作物を5万ムー(約3330ヘクタール)の土地で大規模に栽培しており、同省の現代農業発展を代表する風景となっている。(石家荘=新華社記者/楊世堯)=2019(令和元)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019080100420

    「新華社」 緑あふれる夏の塞北管理区河北省張家口市  28日、張家口市塞北管理区で栽培されているアブラナ。(小型無人機から)中国河北省張家口市塞北管理区はここ数年、国家現代農業モデル区として農地開墾体制の改革を絶えず推し進め、現代化された高効率で特色ある農業を発展させることで、高い効果を得てきた。同区では現在、ジャガイモ、ニンジン、アブラナ、まぐさなどの作物を5万ムー(約3330ヘクタール)の土地で大規模に栽培しており、同省の現代農業発展を代表する風景となっている。(石家荘=新華社記者/楊世堯)=2019(令和元)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019080100389

    「新華社」 緑あふれる夏の塞北管理区河北省張家口市  28日、張家口市塞北管理区の農地。(小型無人機から)中国河北省張家口市塞北管理区はここ数年、国家現代農業モデル区として農地開墾体制の改革を絶えず推し進め、現代化された高効率で特色ある農業を発展させることで、高い効果を得てきた。同区では現在、ジャガイモ、ニンジン、アブラナ、まぐさなどの作物を5万ムー(約3330ヘクタール)の土地で大規模に栽培しており、同省の現代農業発展を代表する風景となっている。(石家荘=新華社記者/楊世堯)=2019(令和元)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019080100354

    「新華社」 緑あふれる夏の塞北管理区河北省張家口市  28日、張家口市塞北管理区で栽培されているアブラナ。(小型無人機から)中国河北省張家口市塞北管理区はここ数年、国家現代農業モデル区として農地開墾体制の改革を絶えず推し進め、現代化された高効率で特色ある農業を発展させることで、高い効果を得てきた。同区では現在、ジャガイモ、ニンジン、アブラナ、まぐさなどの作物を5万ムー(約3330ヘクタール)の土地で大規模に栽培しており、同省の現代農業発展を代表する風景となっている。(石家荘=新華社記者/楊世堯)=2019(令和元)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019080100361

    「新華社」 緑あふれる夏の塞北管理区河北省張家口市  28日、張家口市塞北管理区の農地。(小型無人機から)中国河北省張家口市塞北管理区はここ数年、国家現代農業モデル区として農地開墾体制の改革を絶えず推し進め、現代化された高効率で特色ある農業を発展させることで、高い効果を得てきた。同区では現在、ジャガイモ、ニンジン、アブラナ、まぐさなどの作物を5万ムー(約3330ヘクタール)の土地で大規模に栽培しており、同省の現代農業発展を代表する風景となっている。(石家荘=新華社記者/楊世堯)=2019(令和元)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019022701673

    「新華社」 春の繁忙期迎えた中国各地の農家  20日、河北省唐山市玉田(ぎょくでん)県玉田鎮東姚荘村の畑でジャガイモ栽培のために肥料をまく農家。春を迎え、中国各地の田畑でこのところ、農作業にいそしむ人々の姿が見られるようになった。(唐山=新華社配信/劉満倉)=2019(平成31)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2018120619788

    「新華社」 春雨製造がピーク迎える甘粛省臨夏  4日、春雨を干す臨夏市折橋(せっきょう)鎮陳馬(ちんば)村の村民。中国甘粛省臨夏(りんか)回族自治州では冬を迎えて、特産の手作り春雨の加工・販売がピークを迎えており、村民は春雨の加工や乾燥の作業に追われている。近年、地元政府はジャガイモの栽培面積拡大を図り、ジャガイモを春雨やでんぷんなどに高付加価値加工するよう導いて支援し、農民の貧困脱却と所得増につなげている。(臨夏=新華社配信/史有東)=2018(平成30)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2018120619898

    「新華社」 春雨製造がピーク迎える甘粛省臨夏  4日、春雨を干す臨夏市折橋(せっきょう)鎮陳馬(ちんば)村の村民。中国甘粛省臨夏(りんか)回族自治州では冬を迎えて、特産の手作り春雨の加工・販売がピークを迎えており、村民は春雨の加工や乾燥の作業に追われている。近年、地元政府はジャガイモの栽培面積拡大を図り、ジャガイモを春雨やでんぷんなどに高付加価値加工するよう導いて支援し、農民の貧困脱却と所得増につなげている。(臨夏=新華社配信/史有東)=2018(平成30)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2018120619754

    「新華社」 春雨製造がピーク迎える甘粛省臨夏  4日、春雨を干す臨夏市折橋(せっきょう)鎮陳馬(ちんば)村の村民。中国甘粛省臨夏(りんか)回族自治州では冬を迎えて、特産の手作り春雨の加工・販売がピークを迎えており、村民は春雨の加工や乾燥の作業に追われている。近年、地元政府はジャガイモの栽培面積拡大を図り、ジャガイモを春雨やでんぷんなどに高付加価値加工するよう導いて支援し、農民の貧困脱却と所得増につなげている。(臨夏=新華社配信/史有東)=2018(平成30)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2018102925867

    日本がアフガンに支援  牛を使って家族総出でジャガイモの収穫をするアフガニスタン・バーミヤンの農民=6日(共同)

  25. 2018101818509

    「新華社」 上海交通大、じゃがいも主食化の技術成果とその新製品を発表  15日、発表会の会場で展示されているじゃがいも入れのケーキ。中国で最も古い歴史を持つ大学の一つである上海交通大学は15日、じゃがいもの主食化の成果発表会を行い、同校のじゃがいもプロジェクト技術研究センターによる国家じゃがいも主食化戦略と結びついた一連の研究成果を紹介し、じゃがいもで作られたさまざまな新製品を展示した。(上海=新華社記者/劉穎)=2018(平成30)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2018101818536

    「新華社」 上海交通大、じゃがいも主食化の技術成果とその新製品を発表  15日、じゃがいもで作った餃子を紹介する上海交通大学農業生物学院の王正武(おう・しょうぶ)教授(左)。中国で最も古い歴史を持つ大学の一つである上海交通大学は15日、じゃがいもの主食化の成果発表会を行い、同校のじゃがいもプロジェクト技術研究センターによる国家じゃがいも主食化戦略と結びついた一連の研究成果を紹介し、じゃがいもで作られたさまざまな新製品を展示した。(上海=新華社記者/劉穎)=2018(平成30)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2018101818372

    「新華社」 上海交通大、じゃがいも主食化の技術成果とその新製品を発表  15日、じゃがいもの主食化の成果発表会が上海交通大学で行われた。中国で最も古い歴史を持つ大学の一つである上海交通大学は15日、じゃがいもの主食化の成果発表会を行い、同校のじゃがいもプロジェクト技術研究センターによる国家じゃがいも主食化戦略と結びついた一連の研究成果を紹介し、じゃがいもで作られたさまざまな新製品を展示した。(上海=新華社記者/劉穎)=2018(平成30)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2018071800042

    「スクランブル」 大規模農業の夢追い米国に  機械で洗浄されたジャガイモをチェックする伊藤英二郎さん(手前)と古村英之さん=3日、米オレゴン州マリン(共同)

  29. 2017072500495

    「日本農業新聞」 ソ菜(野菜)  ジャガイモの収穫=2008(平成20)年6月5日、長崎県諫早市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [48afcb80−16]

  30. 2017072500494

    「日本農業新聞」 ソ菜(野菜)  ジャガイモの収穫=2008(平成20)年6月5日、長崎県諫早市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [48afcb80−15]

  31. 2017072500349

    「日本農業新聞」 ソ菜(野菜)  今金だんしゃくの収穫=2006(平成18)年9月29日、北海道今金町、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [D06−0075−0929−2728]

  32. 2017072500348

    「日本農業新聞」 ソ菜(野菜)  今金だんしゃくの収穫=2006(平成18)年9月29日、北海道今金町、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [D06−0075−0929−2720]

  33. 2017072500347

    「日本農業新聞」 ソ菜(野菜)  今金だんしゃくの収穫=2006(平成18)年9月29日、北海道今金町、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [D06−0075−0929−2724]

  34. 2017072500346

    「日本農業新聞」 ソ菜(野菜)  今金だんしゃくの収穫=2006(平成18)年9月29日、北海道今金町、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [D06−0075−0929−2719]

  35. 2017072500345

    「日本農業新聞」 ソ菜(野菜)  今金だんしゃくの収穫=2006(平成18)年9月29日、北海道今金町、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [D06−0075−0929−2715]

  36. 2017072500271

    「日本農業新聞」 ソ菜(野菜)  加工用ジャガイモの収穫作業=2006(平成18)年3月9日、福島県南相馬市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [D支18−79−060309−0108]

  37. 2017072500270

    「日本農業新聞」 ソ菜(野菜)  加工用ジャガイモの収穫作業=2006(平成18)年3月9日、福島県南相馬市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [D支18−79−060309−0082]

  38. 2017072500269

    「日本農業新聞」 ソ菜(野菜)  加工用ジャガイモの収穫作業=2006(平成18)年3月9日、福島県南相馬市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [D支18−79−060309−0073]

  39. 2017072500268

    「日本農業新聞」 ソ菜(野菜)  加工用ジャガイモの収穫作業=2006(平成18)年3月9日、福島県南相馬市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [D支18−79−060309−0081]

  40. 2017072500267

    「日本農業新聞」 ソ菜(野菜)  加工用ジャガイモの収穫作業=2006(平成18)年3月9日、福島県南相馬市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [D支18−79−060309−0078]

  41. 2017072500180

    「日本農業新聞」 ソ菜(野菜)  ジャガイモ栽培畑=2005(平成17)年4月15日、長崎県島原市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [05−83−19A]

  42. 2017072500178

    「日本農業新聞」 ソ菜(野菜)  春ジャガイモトンネル栽培ほ場=2005(平成17)年4月15日、長崎県島原市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [05−88−22]

  43. 2017072500177

    「日本農業新聞」 ソ菜(野菜)  春ジャガイモトンネル栽培ほ場=2005(平成17)年4月15日、長崎県島原市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [05−82−05]

  44. 2017072500176

    「日本農業新聞」 ソ菜(野菜)  春ジャガイモトンネル栽培ほ場=2005(平成17)年4月15日、長崎県島原市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [05−83−1A]

  45. 2017072401703

    「日本農業新聞」 ソ菜(野菜)  春ジャガイモ栽培ほ場=2004(平成16)年3月18日、長崎県福江市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [04−241−E]

  46. 2017072401702

    「日本農業新聞」 ソ菜(野菜)  春ジャガイモ栽培ほ場=2004(平成16)年3月18日、長崎県福江市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [04−238−26]

  47. 2017072401701

    「日本農業新聞」 ソ菜(野菜)  春ジャガイモ栽培ほ場=2004(平成16)年3月18日、長崎県福江市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [04−234−19]

  48. 2017072401699

    「日本農業新聞」 ソ菜(野菜)  春ジャガイモ栽培ほ場=2004(平成16)年3月18日、長崎県福江市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [04−234−4]

  49. 2017072401698

    「日本農業新聞」 ソ菜(野菜)  春ジャガイモ栽培ほ場=2004(平成16)年3月18日、長崎県福江市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [04−233−29]

  50. 2017072401697

    「日本農業新聞」 ソ菜(野菜)  春ジャガイモ栽培ほ場=2004(平成16)年3月18日、長崎県福江市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [04−233−26]

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像