検索結果 242 件中 1 件 〜 50 件 "中国貴州省"
  1. 2019100700369

    「新華社」 美しい農村建設で農村観光を後押し貴州省六盤水市  5日、「大河堡・涼都花海」の敷地内を散策する観光客。かつて炭鉱が盛んだった中国貴州省六盤水(ろくばんすい)市鐘山区大河鎮は、モデル転換による発展を図り、美しい農村建設を推進することで、同地で有名な農村観光目的地となっている。同地にある「鐘山区大河現代都市農業パーク」のメインスポットで、四季折々の草花が楽しめる「大河堡・涼都花海」は、花めぐりや園林(庭園)鑑賞、農村観光などを楽しむ大勢の人々で賑わっている。(六盤水=新華社記者/施銭貴)=2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019100700588

    「新華社」 美しい農村建設で農村観光を後押し貴州省六盤水市  5日、四季折々の草花が楽しめる「大河堡・涼都花海」の一角。かつて炭鉱が盛んだった中国貴州省六盤水(ろくばんすい)市鐘山区大河鎮は、モデル転換による発展を図り、美しい農村建設を推進することで、同地で有名な農村観光目的地となっている。同地にある「鐘山区大河現代都市農業パーク」のメインスポットで、四季折々の草花が楽しめる「大河堡・涼都花海」は、花めぐりや園林(庭園)鑑賞、農村観光などを楽しむ大勢の人々で賑わっている。(六盤水=新華社記者/施銭貴)=2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019100700518

    「新華社」 美しい農村建設で農村観光を後押し貴州省六盤水市  5日、「大河堡・涼都花海」の敷地内を散策する観光客。かつて炭鉱が盛んだった中国貴州省六盤水(ろくばんすい)市鐘山区大河鎮は、モデル転換による発展を図り、美しい農村建設を推進することで、同地で有名な農村観光目的地となっている。同地にある「鐘山区大河現代都市農業パーク」のメインスポットで、四季折々の草花が楽しめる「大河堡・涼都花海」は、花めぐりや園林(庭園)鑑賞、農村観光などを楽しむ大勢の人々で賑わっている。(六盤水=新華社記者/施銭貴)=2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019091205095

    「新華社」 日本貴州友の会、日本と貴州の経済貿易協力を後押し  8日、座談会で発言するゼンショーホールディングス・グローバル事業推進本部の山本俊和シニアアドバイザー。中国貴州省を訪問した「日本貴州友の会」代表団は8日、貴陽市で特別座談会を開いた。日本の学者や企業代表者、同省の各級政府の関係者が、双方の経済・貿易交流促進について交流した。同会は日本の社会各界と貴州省との友好交流を促進する民間機関。2017年度の日本外務大臣賞を受賞した在日中国人作家・靳飛(きん・ひ)氏の呼びかけにより設立された。宮本雄二元駐中国大使が会長を務める。同会は設立以来、日本社会に持つ広範な影響力を活用し、日本の主流社会でさまざまな形式を通じて同省の経済・社会発展の成果を紹介することで、日本企業と同省の経済貿易や文化、観光などの分野での協力を後押ししてきた。(貴陽=新華社配信/貴州市政府提供)=2019(令和元)年9月8日、クレジット:貴州市政府/新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019091205094

    「新華社」 日本貴州友の会、日本と貴州の経済貿易協力を後押し  8日、貴州省貴陽市で開かれた「日本貴州友の会」代表団特別座談会。中国貴州省を訪問した「日本貴州友の会」代表団は8日、貴陽市で特別座談会を開いた。日本の学者や企業代表者、同省の各級政府の関係者が、双方の経済・貿易交流促進について交流した。同会は日本の社会各界と貴州省との友好交流を促進する民間機関。2017年度の日本外務大臣賞を受賞した在日中国人作家・靳飛(きん・ひ)氏の呼びかけにより設立された。宮本雄二元駐中国大使が会長を務める。同会は設立以来、日本社会に持つ広範な影響力を活用し、日本の主流社会でさまざまな形式を通じて同省の経済・社会発展の成果を紹介することで、日本企業と同省の経済貿易や文化、観光などの分野での協力を後押ししてきた。(貴陽=新華社配信/貴州市政府提供)=2019(令和元)年9月8日、クレジット:貴州市政府/新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019091205120

    「新華社」 日本貴州友の会、日本と貴州の経済貿易協力を後押し  8日、座談会に参加した来賓による記念撮影。中国貴州省を訪問した「日本貴州友の会」代表団は8日、貴陽市で特別座談会を開いた。日本の学者や企業代表者、同省の各級政府の関係者が、双方の経済・貿易交流促進について交流した。同会は日本の社会各界と貴州省との友好交流を促進する民間機関。2017年度の日本外務大臣賞を受賞した在日中国人作家・靳飛(きん・ひ)氏の呼びかけにより設立された。宮本雄二元駐中国大使が会長を務める。同会は設立以来、日本社会に持つ広範な影響力を活用し、日本の主流社会でさまざまな形式を通じて同省の経済・社会発展の成果を紹介することで、日本企業と同省の経済貿易や文化、観光などの分野での協力を後押ししてきた。(貴陽=新華社配信/貴州市政府提供)=2019(令和元)年9月8日、クレジット:貴州市政府/新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019091205128

    「新華社」 日本貴州友の会、日本と貴州の経済貿易協力を後押し  8日、座談会で発言する「日本貴州友の会」発起人の靳飛(きん・ひ)氏。中国貴州省を訪問した「日本貴州友の会」代表団は8日、貴陽市で特別座談会を開いた。日本の学者や企業代表者、同省の各級政府の関係者が、双方の経済・貿易交流促進について交流した。同会は日本の社会各界と貴州省との友好交流を促進する民間機関。2017年度の日本外務大臣賞を受賞した在日中国人作家・靳飛(きん・ひ)氏の呼びかけにより設立された。宮本雄二元駐中国大使が会長を務める。同会は設立以来、日本社会に持つ広範な影響力を活用し、日本の主流社会でさまざまな形式を通じて同省の経済・社会発展の成果を紹介することで、日本企業と同省の経済貿易や文化、観光などの分野での協力を後押ししてきた。(貴陽=新華社配信/貴州市政府提供)=2019(令和元)年9月8日、クレジット:貴州市政府/新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019091205116

    「新華社」 日本貴州友の会、日本と貴州の経済貿易協力を後押し  8日、貴州省貴陽市で開かれた「日本貴州友の会」代表団特別座談会。中国貴州省を訪問した「日本貴州友の会」代表団は8日、貴陽市で特別座談会を開いた。日本の学者や企業代表者、同省の各級政府の関係者が、双方の経済・貿易交流促進について交流した。同会は日本の社会各界と貴州省との友好交流を促進する民間機関。2017年度の日本外務大臣賞を受賞した在日中国人作家・靳飛(きん・ひ)氏の呼びかけにより設立された。宮本雄二元駐中国大使が会長を務める。同会は設立以来、日本社会に持つ広範な影響力を活用し、日本の主流社会でさまざまな形式を通じて同省の経済・社会発展の成果を紹介することで、日本企業と同省の経済貿易や文化、観光などの分野での協力を後押ししてきた。(貴陽=新華社配信/貴州市政府提供)=2019(令和元)年9月8日、クレジット:貴州市政府/新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019090900398

    「新華社」 優美な農村を訪ねて貴州省湄潭県  偏岩塘の風景。(8月9日撮影)中国貴州省湄潭(びたん)県の魚泉街道新石居民委員会偏岩塘組を訪れると、巧みに配置された貴州省北部の特徴的な民家、よく整えられた庭や道、至る所で見られる花壇、農家の庭先で足を止めている観光客の姿などが、遠くの青々とした山や川と共に一つの風景になっているのが分かる。新しい農村の建設が始まった2006年、農民らは村の整備に着手し、保存する建築物の選定、住居や果樹園の建設地決定などに取り組んだ。湄潭県はここ数年、県内の812農村住民居住区に対しモデル別の整備を進めており、精選モデル、高度モデル、普及モデルに分けて指導や推進、実施を行ってきた。偏岩塘と同様の整備で効果を得た優美な村落が現在、増え始めている。(湄潭=新華社記者/劉智強)=2019(令和元)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  10. 2019090900386

    「新華社」 優美な農村を訪ねて貴州省湄潭県  偏岩塘の再生資源回収所。(8月9日撮影)中国貴州省湄潭(びたん)県の魚泉街道新石居民委員会偏岩塘組を訪れると、巧みに配置された貴州省北部の特徴的な民家、よく整えられた庭や道、至る所で見られる花壇、農家の庭先で足を止めている観光客の姿などが、遠くの青々とした山や川と共に一つの風景になっているのが分かる。新しい農村の建設が始まった2006年、農民らは村の整備に着手し、保存する建築物の選定、住居や果樹園の建設地決定などに取り組んだ。湄潭県はここ数年、県内の812農村住民居住区に対しモデル別の整備を進めており、精選モデル、高度モデル、普及モデルに分けて指導や推進、実施を行ってきた。偏岩塘と同様の整備で効果を得た優美な村落が現在、増え始めている。(湄潭=新華社記者/劉智強)=2019(令和元)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  11. 2019090900419

    「新華社」 優美な農村を訪ねて貴州省湄潭県  偏岩塘の清掃員、劉正群(りゅう・せいぐん)さん。(8月9日撮影)中国貴州省湄潭(びたん)県の魚泉街道新石居民委員会偏岩塘組を訪れると、巧みに配置された貴州省北部の特徴的な民家、よく整えられた庭や道、至る所で見られる花壇、農家の庭先で足を止めている観光客の姿などが、遠くの青々とした山や川と共に一つの風景になっているのが分かる。新しい農村の建設が始まった2006年、農民らは村の整備に着手し、保存する建築物の選定、住居や果樹園の建設地決定などに取り組んだ。湄潭県はここ数年、県内の812農村住民居住区に対しモデル別の整備を進めており、精選モデル、高度モデル、普及モデルに分けて指導や推進、実施を行ってきた。偏岩塘と同様の整備で効果を得た優美な村落が現在、増え始めている。(湄潭=新華社記者/劉智強)=2019(令和元)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  12. 2019100101534

    「新華社」 農閑期は画家に茶農家の描く作品が人気貴州省湄潭県  貴州省遵義市湄潭県金花村の茶畑。(8月2日撮影)中国貴州省遵義市湄潭(びたん)県金花村の里石溝集落は、茶栽培を主とした小さな集落でありながら「画家村」の誉れが高い。(貴陽=新華社記者/李驚亜)=2019(令和元)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019071706491

    「新華社」 キノコ産業で収入増促進貧困層対象に貴州省  貴州省畢節市織金県後寨ミャオ族郷熊家寨村の集団合作社(協同組合)のハウスで栽培されたシイタケを収穫する人々。(7月5日撮影)中国貴州省はここ数年、貧困県でキノコ産業の発展を推進している。同省では現在、企業346社と専門合作社358社がキノコ産業に関わっている。今年上半期(1~6月)、同省が栽培する食用キノコの菌床棒の数は前年同期比36・9%増の18億本、生産額は60・5%増の51億3千万元(1元=約16円)に達し、同省のキノコが市場に多く出回り、貧困人口13万5千人の収入増に貢献した。(畢節=新華社配信)=2019(令和元)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019070901390

    「新華社」 中ロ青年起業インキュベーション交流プログラム開催貴州省  3日、貴州省貴陽市の関連施設を見学するロシアの青年企業家たち。2019年中ロ青年起業インキュベーションの「貴州省-ブリャンスク州」双方向交流プログラムが2日、中国貴州省の貴陽孔学堂でスタートした。中ロ両国の青年企業家や大学生起業家の代表らが一堂に会し、イノベーションと創業の経験について交流したほか、隣国との友好関係についても語り合った。(貴陽=新華社配信)=2019(令和元)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019070901369

    「新華社」 中ロ青年起業インキュベーション交流プログラム開催貴州省  3日、貴州省貴陽市の社区(コミュニティー)を見学し、関係者と記念写真を撮るロシアの青年企業家たち。2019年中ロ青年起業インキュベーションの「貴州省-ブリャンスク州」双方向交流プログラムが2日、中国貴州省の貴陽孔学堂でスタートした。中ロ両国の青年企業家や大学生起業家の代表らが一堂に会し、イノベーションと創業の経験について交流したほか、隣国との友好関係についても語り合った。(貴陽=新華社配信)=2019(令和元)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019070901391

    「新華社」 中ロ青年起業インキュベーション交流プログラム開催貴州省  3日、貴州省貴陽市の社区(コミュニティー)を見学するロシアの青年企業家たち。2019年中ロ青年起業インキュベーションの「貴州省-ブリャンスク州」双方向交流プログラムが2日、中国貴州省の貴陽孔学堂でスタートした。中ロ両国の青年企業家や大学生起業家の代表らが一堂に会し、イノベーションと創業の経験について交流したほか、隣国との友好関係についても語り合った。(貴陽=新華社配信)=2019(令和元)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019070901341

    「新華社」 中ロ青年起業インキュベーション交流プログラム開催貴州省  2日、「中俄青年心手相連(中ロ青年は手をつなぎ・心をつなぐ)」と書かれた横断幕にサインするロシアの青年企業家。2019年中ロ青年起業インキュベーションの「貴州省-ブリャンスク州」双方向交流プログラムが2日、中国貴州省の貴陽孔学堂でスタートした。中ロ両国の青年企業家や大学生起業家の代表らが一堂に会し、イノベーションと創業の経験について交流したほか、隣国との友好関係についても語り合った。(貴陽=新華社配信)=2019(令和元)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019070901393

    「新華社」 中ロ青年起業インキュベーション交流プログラム開催貴州省  2日、中ロ青年起業インキュベーションの「貴州省-ブリャンスク州」双方向交流プログラムの開幕式であいさつするロシアの青年企業家。2019年中ロ青年起業インキュベーションの「貴州省-ブリャンスク州」双方向交流プログラムが2日、中国貴州省の貴陽孔学堂でスタートした。中ロ両国の青年企業家や大学生起業家の代表らが一堂に会し、イノベーションと創業の経験について交流したほか、隣国との友好関係についても語り合った。(貴陽=新華社配信)=2019(令和元)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019070304822

    「新華社」 一面に広がる緑のじゅうたん貴州省高要棚田  1日、貴州省丹寨県竜泉鎮高要村の棚田。(小型無人機から)夏の盛りを迎え、中国貴州省丹寨(たんさい)県竜泉鎮の高要村では棚田に青々とした緑が広がっている。(丹寨=新華社記者/欧東衢)=2019(令和元)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019070304823

    「新華社」 一面に広がる緑のじゅうたん貴州省高要棚田  1日、貴州省丹寨県竜泉鎮高要村の棚田。(小型無人機から)夏の盛りを迎え、中国貴州省丹寨(たんさい)県竜泉鎮の高要村では棚田に青々とした緑が広がっている。(丹寨=新華社記者/欧東衢)=2019(令和元)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019070304777

    「新華社」 一面に広がる緑のじゅうたん貴州省高要棚田  1日、貴州省丹寨県竜泉鎮高要村の棚田。(小型無人機から)夏の盛りを迎え、中国貴州省丹寨(たんさい)県竜泉鎮の高要村では棚田に青々とした緑が広がっている。(丹寨=新華社記者/欧東衢)=2019(令和元)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019070304810

    「新華社」 一面に広がる緑のじゅうたん貴州省高要棚田  1日、貴州省丹寨県竜泉鎮高要村の棚田。(小型無人機から)夏の盛りを迎え、中国貴州省丹寨(たんさい)県竜泉鎮の高要村では棚田に青々とした緑が広がっている。(丹寨=新華社記者/欧東衢)=2019(令和元)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019070304825

    「新華社」 一面に広がる緑のじゅうたん貴州省高要棚田  1日、貴州省丹寨県竜泉鎮高要村の棚田。(小型無人機から)夏の盛りを迎え、中国貴州省丹寨(たんさい)県竜泉鎮の高要村では棚田に青々とした緑が広がっている。(丹寨=新華社記者/欧東衢)=2019(令和元)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019070304867

    「新華社」 一面に広がる緑のじゅうたん貴州省高要棚田  1日、貴州省丹寨県竜泉鎮高要村の棚田。(小型無人機から)夏の盛りを迎え、中国貴州省丹寨(たんさい)県竜泉鎮の高要村では棚田に青々とした緑が広がっている。(丹寨=新華社記者/欧東衢)=2019(令和元)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019070304821

    「新華社」 一面に広がる緑のじゅうたん貴州省高要棚田  1日、貴州省丹寨県竜泉鎮高要村の棚田。(小型無人機から)夏の盛りを迎え、中国貴州省丹寨(たんさい)県竜泉鎮の高要村では棚田に青々とした緑が広がっている。(丹寨=新華社記者/欧東衢)=2019(令和元)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019070304827

    「新華社」 一面に広がる緑のじゅうたん貴州省高要棚田  1日、貴州省丹寨県竜泉鎮高要村の棚田。(小型無人機から)夏の盛りを迎え、中国貴州省丹寨(たんさい)県竜泉鎮の高要村では棚田に青々とした緑が広がっている。(丹寨=新華社記者/欧東衢)=2019(令和元)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019061205605

    「新華社」 農村観光を活気づけるユリの花貴州省台江県  8日、貴州省台江県老屯郷のユリ栽培拠点を訪れた親子連れ。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州台江県老屯郷では、栽培されている色とりどりのユリの花が次々と咲き、多くの観光客の目を楽しませている。栽培面積は400ムー(約26・6ヘクタール)余り。老屯郷は2016年から、企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を一体化したユリの栽培による貧困者扶助プロジェクトを実施し、農村観光を発展させ、村民の収入増につなげている。(台江=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019061205567

    「新華社」 農村観光を活気づけるユリの花貴州省台江県  8日、貴州省台江県老屯郷のユリ栽培拠点で花の手入れをする農家。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州台江県老屯郷では、栽培されている色とりどりのユリの花が次々と咲き、多くの観光客の目を楽しませている。栽培面積は400ムー(約26・6ヘクタール)余り。老屯郷は2016年から、企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を一体化したユリの栽培による貧困者扶助プロジェクトを実施し、農村観光を発展させ、村民の収入増につなげている。(台江=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019061205547

    「新華社」 農村観光を活気づけるユリの花貴州省台江県  8日、貴州省台江県老屯郷のユリ栽培拠点を訪れた観光客。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州台江県老屯郷では、栽培されている色とりどりのユリの花が次々と咲き、多くの観光客の目を楽しませている。栽培面積は400ムー(約26・6ヘクタール)余り。老屯郷は2016年から、企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を一体化したユリの栽培による貧困者扶助プロジェクトを実施し、農村観光を発展させ、村民の収入増につなげている。(台江=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019061205522

    「新華社」 農村観光を活気づけるユリの花貴州省台江県  8日、貴州省台江県老屯郷のユリ栽培拠点を訪れた観光客。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州台江県老屯郷では、栽培されている色とりどりのユリの花が次々と咲き、多くの観光客の目を楽しませている。栽培面積は400ムー(約26・6ヘクタール)余り。老屯郷は2016年から、企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を一体化したユリの栽培による貧困者扶助プロジェクトを実施し、農村観光を発展させ、村民の収入増につなげている。(台江=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019061205525

    「新華社」 農村観光を活気づけるユリの花貴州省台江県  8日、貴州省台江県老屯郷のユリ栽培拠点を訪れた観光客。(小型無人機から)中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州台江県老屯郷では、栽培されている色とりどりのユリの花が次々と咲き、多くの観光客の目を楽しませている。栽培面積は400ムー(約26・6ヘクタール)余り。老屯郷は2016年から、企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を一体化したユリの栽培による貧困者扶助プロジェクトを実施し、農村観光を発展させ、村民の収入増につなげている。(台江=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019061205512

    「新華社」 農村観光を活気づけるユリの花貴州省台江県  8日、空から見た貴州省台江県老屯郷のユリ栽培拠点。(小型無人機から)中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州台江県老屯郷では、栽培されている色とりどりのユリの花が次々と咲き、多くの観光客の目を楽しませている。栽培面積は400ムー(約26・6ヘクタール)余り。老屯郷は2016年から、企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を一体化したユリの栽培による貧困者扶助プロジェクトを実施し、農村観光を発展させ、村民の収入増につなげている。(台江=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019061205513

    「新華社」 農村観光を活気づけるユリの花貴州省台江県  8日、貴州省台江県老屯郷のユリ栽培拠点を訪れた観光客。(小型無人機から)中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州台江県老屯郷では、栽培されている色とりどりのユリの花が次々と咲き、多くの観光客の目を楽しませている。栽培面積は400ムー(約26・6ヘクタール)余り。老屯郷は2016年から、企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を一体化したユリの栽培による貧困者扶助プロジェクトを実施し、農村観光を発展させ、村民の収入増につなげている。(台江=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019061205517

    「新華社」 農村観光を活気づけるユリの花貴州省台江県  8日、貴州省台江県老屯郷のユリ栽培拠点を訪れた観光客。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州台江県老屯郷では、栽培されている色とりどりのユリの花が次々と咲き、多くの観光客の目を楽しませている。栽培面積は400ムー(約26・6ヘクタール)余り。老屯郷は2016年から、企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を一体化したユリの栽培による貧困者扶助プロジェクトを実施し、農村観光を発展させ、村民の収入増につなげている。(台江=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019060403040

    「新華社」 ネットによる貧困救済で「デジタル村」が続々出現  27日、2019年中国国際ビッグデータ産業博覧会で、「2018年度全国『ビッグデータ+貧困救済』十大応用事例」について説明する新浪微熱点の李鵬(り・ほう)副総裁。中国貴州省貴陽市で26日から29日まで、2019年中国国際ビッグデータ産業博覧会が開催され、「ビッグデータ+貧困救済」がホットな議題となった。中国インターネット社会組織連合会(CFIS)が発表したデータによると、2018年末までに、国の関係部・委員会と電子商取引(EC)プラットフォームの主導的企業が共同で行った農村EC業務による貧困県のネット販売小売総額は1千億元(1元=約16円)を突破した。(貴陽=新華社配信/中国国際ビッグデータ産業博覧会メディアセンター提供)=2019(令和元)年5月27日、クレジット:中国国際ビッグデータ産業博覧会メディアセンター/新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019060402992

    「新華社」 ネットによる貧困救済で「デジタル村」が続々出現  26日、「ビッグデータと世界の貧困削減ハイレベル対話」の会場。中国貴州省貴陽市で26日から29日まで、2019年中国国際ビッグデータ産業博覧会が開催され、「ビッグデータ+貧困救済」がホットな議題となった。中国インターネット社会組織連合会(CFIS)が発表したデータによると、2018年末までに、国の関係部・委員会と電子商取引(EC)プラットフォームの主導的企業が共同で行った農村EC業務による貧困県のネット販売小売総額は1千億元(1元=約16円)を突破した。(貴陽=新華社配信/中国国際ビッグデータ産業博覧会メディアセンター提供)=2019(令和元)年5月26日、クレジット:中国国際ビッグデータ産業博覧会メディアセンター/新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019060402979

    「新華社」 ネットによる貧困救済で「デジタル村」が続々出現  26日、「ビッグデータと世界の貧困削減ハイレベル対話」の会場。中国貴州省貴陽市で26日から29日まで、2019年中国国際ビッグデータ産業博覧会が開催され、「ビッグデータ+貧困救済」がホットな議題となった。中国インターネット社会組織連合会(CFIS)が発表したデータによると、2018年末までに、国の関係部・委員会と電子商取引(EC)プラットフォームの主導的企業が共同で行った農村EC業務による貧困県のネット販売小売総額は1千億元(1元=約16円)を突破した。(貴陽=新華社配信/中国国際ビッグデータ産業博覧会メディアセンター提供)=2019(令和元)年5月26日、クレジット:中国国際ビッグデータ産業博覧会メディアセンター/新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019052700380

    「新華社」 朝鮮国際商品展覧会で商機見いだす中国企業  21日、朝鮮(北朝鮮)・平壌で開催中の国際商品展覧会で、中国貴州省の凱里(がいり)市からやってきた、ミャオ族の伝統的な刺しゅうの伝承者、呉秀英(ご・しゅうえい)さん(左)と交流する朝鮮(北朝鮮)の市民。毎年春と秋の2回、朝鮮(北朝鮮)・平壌(ピョンヤン)の三大革命展示館で国際商品展覧会が開催される。今年の春季展覧会は20日に開幕した。この展覧会は朝鮮(北朝鮮)の人々が外国の商品を購入する機会となるだけでなく、外国企業が朝鮮(北朝鮮)で商機を見いだし、市場を開拓する重要な場にもなっている。(平壌=新華社記者/程大雨)=2019(令和元)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019050901204

    「新華社」 アップル中国(貴安)データセンターの建設が加速  アップルデータセンターの俯瞰イメージ図。(資料写真)中国貴州省の貴安新区でアップル中国(貴安)データセンターの建設プロジェクトが今年の3月1日に正式に着工して以来、各種建設が加速している。現在は「データビル」の本体工事が進行している。工事現場では、数基のタワークレーンが材料を運搬し、作業員らは型枠の設置や鉄筋の結束を行っていた。また現場近くでは、データセンター専用の110キロボルト変電所の建設も同時進行している。アップルと貴州省は2017年7月、データセンターの共同建設に関する戦略的提携協定を結んだ。同センターはアップルが米国、デンマークに次いで建設する3番目のデータセンターで、投資規模は10億ドル(1ドル=約112円)を見込んでいる。2020年末の運用開始後は、データ遅延を減らし、製品の信頼性を高めることで、中国のアップルユーザーのiCloudサービス体験を向上させる。(貴安=新華社配信/貴安新区提供)=撮影日不明、クレジット:貴安新区/新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019051402281

    「新華社」 アップル中国(貴安)データセンターの建設が加速  23日、アップルデータセンター付属の変電所建設プロジェクトの現場。中国貴州省の貴安新区でアップル中国(貴安)データセンターの建設プロジェクトが今年の3月1日に正式に着工して以来、各種建設が加速している。現在は「データビル」の本体工事が進行している。工事現場では、数基のタワークレーンが材料を運搬し、作業員らは型枠の設置や鉄筋の結束を行っていた。また現場近くでは、データセンター専用の110キロボルト変電所の建設も同時進行している。アップルと貴州省は2017年7月、データセンターの共同建設に関する戦略的提携協定を結んだ。同センターはアップルが米国、デンマークに次いで建設する3番目のデータセンターで、投資規模は10億ドル(1ドル=約112円)を見込んでいる。2020年末の運用開始後は、データ遅延を減らし、製品の信頼性を高めることで、中国のアップルユーザーのiCloudサービス体験を向上させる。(貴安=新華社記者/向定傑)=2019(平成31)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019051402283

    「新華社」 アップル中国(貴安)データセンターの建設が加速  23日、アップルデータセンターの工事現場。中国貴州省の貴安新区でアップル中国(貴安)データセンターの建設プロジェクトが今年の3月1日に正式に着工して以来、各種建設が加速している。現在は「データビル」の本体工事が進行している。工事現場では、数基のタワークレーンが材料を運搬し、作業員らは型枠の設置や鉄筋の結束を行っていた。また現場近くでは、データセンター専用の110キロボルト変電所の建設も同時進行している。アップルと貴州省は2017年7月、データセンターの共同建設に関する戦略的提携協定を結んだ。同センターはアップルが米国、デンマークに次いで建設する3番目のデータセンターで、投資規模は10億ドル(1ドル=約112円)を見込んでいる。2020年末の運用開始後は、データ遅延を減らし、製品の信頼性を高めることで、中国のアップルユーザーのiCloudサービス体験を向上させる。(貴安=新華社記者/向定傑)=2019(平成31)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019051402285

    「新華社」 アップル中国(貴安)データセンターの建設が加速  23日、アップルデータセンタープロジェクトの工事現場入り口。中国貴州省の貴安新区でアップル中国(貴安)データセンターの建設プロジェクトが今年の3月1日に正式に着工して以来、各種建設が加速している。現在は「データビル」の本体工事が進行している。工事現場では、数基のタワークレーンが材料を運搬し、作業員らは型枠の設置や鉄筋の結束を行っていた。また現場近くでは、データセンター専用の110キロボルト変電所の建設も同時進行している。アップルと貴州省は2017年7月、データセンターの共同建設に関する戦略的提携協定を結んだ。同センターはアップルが米国、デンマークに次いで建設する3番目のデータセンターで、投資規模は10億ドル(1ドル=約112円)を見込んでいる。2020年末の運用開始後は、データ遅延を減らし、製品の信頼性を高めることで、中国のアップルユーザーのiCloudサービス体験を向上させる。(貴安=新華社記者/向定傑)=2019(平成31)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019051402265

    「新華社」 アップル中国(貴安)データセンターの建設が加速  23日、アップルデータセンターの工事現場。中国貴州省の貴安新区でアップル中国(貴安)データセンターの建設プロジェクトが今年の3月1日に正式に着工して以来、各種建設が加速している。現在は「データビル」の本体工事が進行している。工事現場では、数基のタワークレーンが材料を運搬し、作業員らは型枠の設置や鉄筋の結束を行っていた。また現場近くでは、データセンター専用の110キロボルト変電所の建設も同時進行している。アップルと貴州省は2017年7月、データセンターの共同建設に関する戦略的提携協定を結んだ。同センターはアップルが米国、デンマークに次いで建設する3番目のデータセンターで、投資規模は10億ドル(1ドル=約112円)を見込んでいる。2020年末の運用開始後は、データ遅延を減らし、製品の信頼性を高めることで、中国のアップルユーザーのiCloudサービス体験を向上させる。(貴安=新華社記者/向定傑)=2019(平成31)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019042202041

    「新華社」 断崖絶壁を巡り、水をもたらす「幸福渠」貴州省畢節市  17日、畢節市七星関区団結郷青林村で法郎渠を見回る村民。中国貴州省畢節(ひっせつ)市七星関区団結郷青林村では、断崖絶壁に沿って人工的に掘られた溝が周辺の集落を潤している。同村は山間部に位置し、水の確保が難しかったため、1960年代に村人50人余りが村へ水を引く溝を自ら掘り始め、5年以上かけて、絶壁に沿って掘られた4キロに及ぶ用水路、「法郎渠(ほうろうきょ)」を完成させた。こうして、かつての荒山は緑の畑に変わり、近年同村が力を入れ始めた果樹栽培も成果を上げ、法郎渠は同地の人々に富をもたらす「幸福渠」となった。(畢節=新華社配信/許学義)=2019(平成31)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019042202173

    「新華社」 断崖絶壁を巡り、水をもたらす「幸福渠」貴州省畢節市  17日、畢節市七星関区団結郷の青林村にある法郎渠。(小型無人機から)中国貴州省畢節(ひっせつ)市七星関区団結郷青林村では、断崖絶壁に沿って人工的に掘られた溝が周辺の集落を潤している。同村は山間部に位置し、水の確保が難しかったため、1960年代に村人50人余りが村へ水を引く溝を自ら掘り始め、5年以上かけて、絶壁に沿って掘られた4キロに及ぶ用水路、「法郎渠(ほうろうきょ)」を完成させた。こうして、かつての荒山は緑の畑に変わり、近年同村が力を入れ始めた果樹栽培も成果を上げ、法郎渠は同地の人々に富をもたらす「幸福渠」となった。(畢節=新華社配信/王純亮)=2019(平成31)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019042202179

    「新華社」 断崖絶壁を巡り、水をもたらす「幸福渠」貴州省畢節市  17日、畢節市七星関区団結郷青林村で法郎渠を見回る村民の孟啓恒(もう・けいこう)さん。中国貴州省畢節(ひっせつ)市七星関区団結郷青林村では、断崖絶壁に沿って人工的に掘られた溝が周辺の集落を潤している。同村は山間部に位置し、水の確保が難しかったため、1960年代に村人50人余りが村へ水を引く溝を自ら掘り始め、5年以上かけて、絶壁に沿って掘られた4キロに及ぶ用水路、「法郎渠(ほうろうきょ)」を完成させた。こうして、かつての荒山は緑の畑に変わり、近年同村が力を入れ始めた果樹栽培も成果を上げ、法郎渠は同地の人々に富をもたらす「幸福渠」となった。(畢節=新華社配信/王純亮)=2019(平成31)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019042202050

    「新華社」 断崖絶壁を巡り、水をもたらす「幸福渠」貴州省畢節市  17日、畢節市七星関区団結郷の青林村にある法郎渠。(小型無人機から)中国貴州省畢節(ひっせつ)市七星関区団結郷青林村では、断崖絶壁に沿って人工的に掘られた溝が周辺の集落を潤している。同村は山間部に位置し、水の確保が難しかったため、1960年代に村人50人余りが村へ水を引く溝を自ら掘り始め、5年以上かけて、絶壁に沿って掘られた4キロに及ぶ用水路、「法郎渠(ほうろうきょ)」を完成させた。こうして、かつての荒山は緑の畑に変わり、近年同村が力を入れ始めた果樹栽培も成果を上げ、法郎渠は同地の人々に富をもたらす「幸福渠」となった。(畢節=新華社配信/王純亮)=2019(平成31)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019042202042

    「新華社」 断崖絶壁を巡り、水をもたらす「幸福渠」貴州省畢節市  17日、畢節市七星関区団結郷青林村にある法郎渠を見回る途中で休憩する村民。中国貴州省畢節(ひっせつ)市七星関区団結郷青林村では、断崖絶壁に沿って人工的に掘られた溝が周辺の集落を潤している。同村は山間部に位置し、水の確保が難しかったため、1960年代に村人50人余りが村へ水を引く溝を自ら掘り始め、5年以上かけて、絶壁に沿って掘られた4キロに及ぶ用水路、「法郎渠(ほうろうきょ)」を完成させた。こうして、かつての荒山は緑の畑に変わり、近年同村が力を入れ始めた果樹栽培も成果を上げ、法郎渠は同地の人々に富をもたらす「幸福渠」となった。(畢節=新華社配信/王純亮)=2019(平成31)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019042202123

    「新華社」 断崖絶壁を巡り、水をもたらす「幸福渠」貴州省畢節市  17日、畢節市七星関区団結郷青林村にある法郎渠を清掃する村民。中国貴州省畢節(ひっせつ)市七星関区団結郷青林村では、断崖絶壁に沿って人工的に掘られた溝が周辺の集落を潤している。同村は山間部に位置し、水の確保が難しかったため、1960年代に村人50人余りが村へ水を引く溝を自ら掘り始め、5年以上かけて、絶壁に沿って掘られた4キロに及ぶ用水路、「法郎渠(ほうろうきょ)」を完成させた。こうして、かつての荒山は緑の畑に変わり、近年同村が力を入れ始めた果樹栽培も成果を上げ、法郎渠は同地の人々に富をもたらす「幸福渠」となった。(畢節=新華社配信/王純亮)=2019(平成31)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019042202064

    「新華社」 断崖絶壁を巡り、水をもたらす「幸福渠」貴州省畢節市  17日、畢節市七星関区団結郷青林村で法郎渠を見回る村民。(小型無人機から)中国貴州省畢節(ひっせつ)市七星関区団結郷青林村では、断崖絶壁に沿って人工的に掘られた溝が周辺の集落を潤している。同村は山間部に位置し、水の確保が難しかったため、1960年代に村人50人余りが村へ水を引く溝を自ら掘り始め、5年以上かけて、絶壁に沿って掘られた4キロに及ぶ用水路、「法郎渠(ほうろうきょ)」を完成させた。こうして、かつての荒山は緑の畑に変わり、近年同村が力を入れ始めた果樹栽培も成果を上げ、法郎渠は同地の人々に富をもたらす「幸福渠」となった。(畢節=新華社配信/王純亮)=2019(平成31)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像