検索結果 36 件中 1 件 〜 36 件 "陝西省漢中市"
  1. 2020031004489

    諸葛古鎮のモクレンが開花オンライン配信でお花見陝西省漢中市  3日、諸葛古鎮風景区の武侯祠で見頃を迎えたニシキモクレンの花。中国陝西省漢中市勉県にある三国時代・蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)を祭った武侯祠(ぶこうし)でこのほど、樹齢400年を超えるニシキモクレンの花が続々と開花している。木全体にあふれるように花が咲き、優美で多彩な姿を見せている。このニシキモクレンの木は明代の万暦年間(1573~1620年)に植えられた。毎年5月につぼみをつけ、翌年3月ごろにピンクと白が合わさった花を咲かせる。今年は例年より15日早く開花した。新型コロナウイルスによる肺炎流行の影響で、武侯祠に隣接する諸葛古鎮風景区は現在も閉鎖中だが、花を楽しみたいという市民らの要望に応え、風景区の職員がソーシャルメディアでニシキモクレンの花が咲く華やかな様子をライブ配信し「オンライン花見」のサービスを提供している。(勉県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020031004482

    諸葛古鎮のモクレンが開花オンライン配信でお花見陝西省漢中市  3日、見頃を迎えたニシクモクレンの花をライブ配信する諸葛古鎮風景区の職員。中国陝西省漢中市勉県にある三国時代・蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)を祭った武侯祠(ぶこうし)でこのほど、樹齢400年を超えるニシキモクレンの花が続々と開花している。木全体にあふれるように花が咲き、優美で多彩な姿を見せている。このニシキモクレンの木は明代の万暦年間(1573~1620年)に植えられた。毎年5月につぼみをつけ、翌年3月ごろにピンクと白が合わさった花を咲かせる。今年は例年より15日早く開花した。新型コロナウイルスによる肺炎流行の影響で、武侯祠に隣接する諸葛古鎮風景区は現在も閉鎖中だが、花を楽しみたいという市民らの要望に応え、風景区の職員がソーシャルメディアでニシキモクレンの花が咲く華やかな様子をライブ配信し「オンライン花見」のサービスを提供している。(勉県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020031004427

    諸葛古鎮のモクレンが開花オンライン配信でお花見陝西省漢中市  3日、見頃を迎えたニシキモクレンの花をライブ配信する諸葛古鎮風景区の職員。中国陝西省漢中市勉県にある三国時代・蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)を祭った武侯祠(ぶこうし)でこのほど、樹齢400年を超えるニシキモクレンの花が続々と開花している。木全体にあふれるように花が咲き、優美で多彩な姿を見せている。このニシキモクレンの木は明代の万暦年間(1573~1620年)に植えられた。毎年5月につぼみをつけ、翌年3月ごろにピンクと白が合わさった花を咲かせる。今年は例年より15日早く開花した。新型コロナウイルスによる肺炎流行の影響で、武侯祠に隣接する諸葛古鎮風景区は現在も閉鎖中だが、花を楽しみたいという市民らの要望に応え、風景区の職員がソーシャルメディアでニシキモクレンの花が咲く華やかな様子をライブ配信し「オンライン花見」のサービスを提供している。(勉県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020031004559

    諸葛古鎮のモクレンが開花オンライン配信でお花見陝西省漢中市  3日、諸葛古鎮風景区の武侯祠で見頃を迎えたニシキモクレンの花。中国陝西省漢中市勉県にある三国時代・蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)を祭った武侯祠(ぶこうし)でこのほど、樹齢400年を超えるニシキモクレンの花が続々と開花している。木全体にあふれるように花が咲き、優美で多彩な姿を見せている。このニシキモクレンの木は明代の万暦年間(1573~1620年)に植えられた。毎年5月につぼみをつけ、翌年3月ごろにピンクと白が合わさった花を咲かせる。今年は例年より15日早く開花した。新型コロナウイルスによる肺炎流行の影響で、武侯祠に隣接する諸葛古鎮風景区は現在も閉鎖中だが~花を楽しみたいという市民らの要望に応え、風景区の職員がソーシャルメディアでニシキモクレンの花が咲く華やかな様子をライブ配信し「オンライン花見」のサービスを提供している。(勉県=新華社記者/陶明)。(勉県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020031004560

    諸葛古鎮のモクレンが開花オンライン配信でお花見陝西省漢中市  3日、見ごろを迎えたニシキモクレンの花をライブ配信する諸葛古鎮風景区の職員。中国陝西省漢中市勉県にある三国時代・蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)を祭った武侯祠(ぶこうし)でこのほど、樹齢400年を超えるニシキモクレンの花が続々と開花している。木全体にあふれるように花が咲き、優美で多彩な姿を見せている。このニシキモクレンの木は明代の万暦年間(1573~1620年)に植えられた。毎年5月につぼみをつけ、翌年3月ごろにピンクと白が合わさった花を咲かせる。今年は例年より15日早く開花した。新型コロナウイルスによる肺炎流行の影響で、武侯祠に隣接する諸葛古鎮風景区は現在も閉鎖中だが、花を楽しみたいという市民らの要望に応え、風景区の職員がソーシャルメディアでニシキモクレンの花が咲く華やかな様子をライブ配信し「オンライン花見」のサービスを提供している。(勉県=新華社記者/陶明=2020(令和2)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020031004469

    諸葛古鎮のモクレンが開花オンライン配信でお花見陝西省漢中市  3日、諸葛古鎮風景区の武侯祠で見頃を迎えたニシキモクレンの花。中国陝西省漢中市勉県にある三国時代・蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)を祭った武侯祠(ぶこうし)でこのほど、樹齢400年を超えるニシクモクレンの花が続々と開花している。木全体にあふれるように花が咲き、優美で多彩な姿を見せている。このニシキモクレンの木は明代の万暦年間(1573~1620年)に植えられた。毎年5月につぼみをつけ、翌年3月ごろにピンクと白が合わさった花を咲かせる。今年は例年より15日早く開花した。新型コロナウイルスによる肺炎流行の影響で、武侯祠に隣接する諸葛古鎮風景区は現在も閉鎖中だが、花を楽しみたいという市民らの要望に応え、風景区の職員がソーシャルメディアでニシキモクレンの花が咲く華やかな様子をライブ配信し「オンライン花見」のサービスを提供している。(勉県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020031004481

    諸葛古鎮のモクレンが開花オンライン配信でお花見陝西省漢中市  3日、諸葛古鎮風景区の武侯祠で見頃を迎えたニシキモクレンの花。中国陝西省漢中市勉県にある三国時代・蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)を祭った武侯祠(ぶこうし)でこのほど、樹齢400年を超えるニシキモクレンの花が続々と開花している。木全体にあふれるように花が咲き、優美で多彩な姿を見せている。この旱蓮の木は明代の万暦年間(1573~1620年)に植えられた。毎年5月につぼみをつけ、翌年3月ごろにピンクと白が合わさった花を咲かせる。今年は例年より15日早く開花した。新型コロナウイルスによる肺炎流行の影響で、武侯祠のある諸葛古鎮風景区は現在も閉鎖中だが、花を楽しみたいという市民らの要望に応え、風景区の職員がソーシャルメディアでニシキモクレンの花が咲く華やかな様子をライブ配信し「オンライン花見」のサービスを提供している。(勉県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020031004548

    諸葛古鎮のモクレンが開花オンライン配信でお花見陝西省漢中市  3日、満開となったニシキモクレンをライブ配信する諸葛古鎮風景区の職員。中国陝西省漢中市勉県にある三国時代・蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)を祭った武侯祠(ぶこうし)でこのほど、樹齢400年を超えるニシキモクレンの花が続々と開花している。木全体にあふれるように花が咲き、優美で多彩な姿を見せている。この旱蓮の木は明代の万暦年間(1573~1620年)に植えられた。毎年5月につぼみをつけ、翌年3月ごろにピンクと白が合わさった花を咲かせる。今年は例年より15日早く開花した。新型コロナウイルスによる肺炎流行の影響で、武侯祠のある諸葛古鎮風景区は現在も閉鎖中だが、花を楽しみたいという市民らの要望に応え、風景区の職員がソーシャルメディアでニシキモクレンの花が咲く華やかな様子をライブ配信し「オンライン花見」のサービスを提供している。(勉県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020031004466

    諸葛古鎮のモクレンが開花オンライン配信でお花見陝西省漢中市  3日、諸葛古鎮風景区の武侯祠で見頃を迎えたニシキクモクレンの花。(小型無人機から)中国陝西省漢中市勉県にある三国時代・蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)を祭った武侯祠(ぶこうし)でこのほど、樹齢400年を超えるニシキモクレンの花が続々と開花している。木全体にあふれるように花が咲き、優美で多彩な姿を見せている。このニシキモクレンの木は明代の万暦年間(1573~1620年)に植えられた。毎年5月につぼみをつけ、翌年3月ごろにピンクと白が合わさった花を咲かせる。今年は例年より15日早く開花した。新型コロナウイルスによる肺炎流行の影響で、武侯祠に隣接する諸葛古鎮風景区は現在も閉鎖中だが、花を楽しみたいという市民らの要望に応え、風景区の職員がソーシャルメディアでニシキモクレンの花が咲く華やかな様子をライブ配信し「オンライン花見」のサービスを提供している。(勉県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020031004477

    諸葛古鎮のモクレンが開花オンライン配信でお花見陝西省漢中市  3日、諸葛古鎮風景区の武侯祠で見頃を迎えたニシキモクレンの花。中国陝西省漢中市勉県にある三国時代・蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)を祭った武侯祠(ぶこうし)でこのほど、樹齢400年を超えるシニキモクレンの花が続々と開花している。木全体にあふれるように花が咲き、優美で多彩な姿を見せている。このニシキモクレンの木は明代の万暦年間(1573~1620年)に植えられた。毎年5月につぼみをつけ、翌年3月ごろにピンクと白が合わさった花を咲かせる。今年は例年より15日早く開花した。新型コロナウイルスによる肺炎流行の影響で、武侯祠に隣接する諸葛古鎮風景区は現在も閉鎖中だが、花を楽しみたいという市民らの要望に応え、風景区の職員がソーシャルメディアでニシキモクレンの花が咲く華やかな様子をライブ配信し「オンライン花見」のサービスを提供している。(勉県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020031004420

    諸葛古鎮のモクレンが開花オンライン配信でお花見陝西省漢中市  3日、見頃を迎えたニシキモクレンの花をライブ配信する諸葛古鎮風景区の職員。中国陝西省漢中市勉県にある三国時代・蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)を祭った武侯祠(ぶこうし)でこのほど、樹齢400年を超えるニシキモクレンの花が続々と開花している。木全体にあふれるように花が咲き、優美で多彩な姿を見せている。このニシキモクレンの木は明代の万暦年間(1573~1620年)に植えられた。毎年5月につぼみをつけ、翌年3月ごろにピンクと白が合わさった花を咲かせる。今年は例年より15日早く開花した。新型コロナウイルスによる肺炎流行の影響で、武侯祠に隣接する諸葛古鎮風景区は現在も閉鎖中だが、花を楽しみたいという市民らの要望に応え、風景区の職員がソーシャルメディアでニシキモクレンの花が咲く華やかな様子をライブ配信し「オンライン花見」のサービスを提供している。(勉県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2019032800965

    菜の花が彩る「畑アート」陝西省洋県  23日に撮影した「真」「美」「漢」「中」の文字が見える花畑。(小型無人機から)トキのふるさととして知られる中国陝西省漢中市洋県の竜山で菜の花が見頃を迎えた。200ムー(約13ヘクタール)の花畑に小麦を混ぜて植えることで「花に囲まれたトキの故郷、愛あふれる洋州」(洋州は洋県の古名)をテーマとした畑アートが出現した。図柄に描かれた「カササギの橋」は赤いヒナゲシで構成され、満開となる3月末にはさらに色鮮やかな田園風景が広がる。(洋県=新華社記者/陶明)=2019(平成31)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2019032800945

    菜の花が彩る「畑アート」陝西省洋県  23日に撮影した「カササギの橋での出会い」をモチーフにした畑アート。(小型無人機から)トキのふるさととして知られる中国陝西省漢中市洋県の竜山で菜の花が見頃を迎えた。200ムー(約13ヘクタール)の花畑に小麦を混ぜて植えることで「花に囲まれたトキの故郷、愛あふれる洋州」(洋州は洋県の古名)をテーマとした畑アートが出現した。図柄に描かれた「カササギの橋」は赤いヒナゲシで構成され、満開となる3月末にはさらに色鮮やかな田園風景が広がる。(洋県=新華社記者/陶明)=2019(平成31)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2019032800922

    菜の花が彩る「畑アート」陝西省洋県  23日に撮影した「カササギの橋での出会い」をモチーフにした畑アート。(小型無人機から)トキのふるさととして知られる中国陝西省漢中市洋県の竜山で菜の花が見頃を迎えた。200ムー(約13ヘクタール)の花畑に小麦を混ぜて植えることで「花に囲まれたトキの故郷、愛あふれる洋州」(洋州は洋県の古名)をテーマとした畑アートが出現した。図柄に描かれた「カササギの橋」は赤いヒナゲシで構成され、満開となる3月末にはさらに色鮮やかな田園風景が広がる。(洋県=新華社記者/陶明)=2019(平成31)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2019032800946

    菜の花が彩る「畑アート」陝西省洋県  23日に撮影した「カササギの橋での出会い」をモチーフにした畑アート。(小型無人機から)トキのふるさととして知られる中国陝西省漢中市洋県の竜山で菜の花が見頃を迎えた。200ムー(約13ヘクタール)の花畑に小麦を混ぜて植えることで「花に囲まれたトキの故郷、愛あふれる洋州」(洋州は洋県の古名)をテーマとした畑アートが出現した。図柄に描かれた「カササギの橋」は赤いヒナゲシで構成され、満開となる3月末にはさらに色鮮やかな田園風景が広がる。(洋県=新華社記者/陶明)=2019(平成31)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2019032000089

    サクランボの花が満開陝西省西郷県  14日、サクランボの花が満開となった陝西省漢中市西郷県の桜桃溝。中国陝西省漢中市西郷(せいきょう)県の桜桃溝でこのほど、サクランボ(桜桃)の花が満開となり、花見に訪れた多くの観光客でにぎわっている。同県ではサクランボの栽培面積が約2万ムー(約1333ヘクタール)となっており、毎年春になるとサクランボの花が次々と咲き乱れ、地元の美しい観光スポットになっている。(西郷=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2019032000168

    サクランボの花が満開陝西省西郷県  14日、陝西省漢中市西郷県の桜桃溝で花見をする観光客。中国陝西省漢中市西郷(せいきょう)県の桜桃溝でこのほど、サクランボ(桜桃)の花が満開となり、花見に訪れた多くの観光客でにぎわっている。同県ではサクランボの栽培面積が約2万ムー(約1333ヘクタール)となっており、毎年春になるとサクランボの花が次々と咲き乱れ、地元の美しい観光スポットになっている。(西郷=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2019032000170

    サクランボの花が満開陝西省西郷県  14日、陝西省漢中市西郷県の桜桃溝で花見をする観光客。中国陝西省漢中市西郷(せいきょう)県の桜桃溝でこのほど、サクランボ(桜桃)の花が満開となり、花見に訪れた多くの観光客でにぎわっている。同県ではサクランボの栽培面積が約2万ムー(約1333ヘクタール)となっており、毎年春になるとサクランボの花が次々と咲き乱れ、地元の美しい観光スポットになっている。(西郷=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2019032000263

    サクランボの花が満開陝西省西郷県  14日、サクランボの花が満開となった陝西省漢中市西郷県の桜桃溝。中国陝西省漢中市西郷(せいきょう)県の桜桃溝でこのほど、サクランボ(桜桃)の花が満開となり、花見に訪れた多くの観光客でにぎわっている。同県ではサクランボの栽培面積が約2万ムー(約1333ヘクタール)となっており、毎年春になるとサクランボの花が次々と咲き乱れ、地元の美しい観光スポットになっている。(西郷=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2019032000116

    サクランボの花が満開陝西省西郷県  14日、陝西省漢中市西郷県の桜桃溝で花見をする観光客。中国陝西省漢中市西郷(せいきょう)県の桜桃溝でこのほど、サクランボ(桜桃)の花が満開となり、花見に訪れた多くの観光客でにぎわっている。同県ではサクランボの栽培面積が約2万ムー(約1333ヘクタール)となっており、毎年春になるとサクランボの花が次々と咲き乱れ、地元の美しい観光スポットになっている。(西郷=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2019031502122

    食用キノコ栽培で収入増加陝西省西郷県  13日、陝西省漢中市西郷県の地元企業、午子農業が運営する食用キノコ栽培基地で収穫したサケツバタケを箱詰めする従業員。中国陝西省漢中市西郷(せいきょう)県はここ数年、農業生産構造の調整を積極的に行い、食用キノコ産業の発展に力を入れ、「企業+専業合作社(共同組合)+生産基地+農家」というビジネスモデルを普及させている。企業が貧困家庭と直接契約を結び、原材料と技術を提供して定期的にキノコを回収する方式をとることで、農民の収入増加の一助となっている。(西郷=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2019031502123

    食用キノコ栽培で収入増加陝西省西郷県  13日、陝西省漢中市西郷県の地元企業、漢中富林生態農林開発が運営する食用キノコ栽培基地で、キクラゲを収穫する従業員。中国陝西省漢中市西郷(せいきょう)県はここ数年、農業生産構造の調整を積極的に行い、食用キノコ産業の発展に力を入れ、「企業+専業合作社(共同組合)+生産基地+農家」というビジネスモデルを普及させている。企業が貧困家庭と直接契約を結び、原材料と技術を提供して定期的にキノコを回収する方式をとることで、農民の収入増加の一助となっている。(西郷=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2019031502139

    食用キノコ栽培で収入増加陝西省西郷県  13日、陝西省漢中市西郷県の地元企業、午子農業が運営する食用キノコ栽培基地で収穫したサケツバタケ。中国陝西省漢中市西郷(せいきょう)県はここ数年、農業生産構造の調整を積極的に行い、食用キノコ産業の発展に力を入れ、「企業+専業合作社(共同組合)+生産基地+農家」というビジネスモデルを普及させている。企業が貧困家庭と直接契約を結び、原材料と技術を提供して定期的にキノコを回収する方式をとることで、農民の収入増加の一助となっている。(西郷=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2019031502118

    食用キノコ栽培で収入増加陝西省西郷県  13日、陝西省漢中市西郷県の地元企業、漢中富林生態農林開発が運営する食用キノコ栽培基地で、キクラゲを収穫する従業員。中国陝西省漢中市西郷(せいきょう)県はここ数年、農業生産構造の調整を積極的に行い、食用キノコ産業の発展に力を入れ、「企業+専業合作社(共同組合)+生産基地+農家」というビジネスモデルを普及させている。企業が貧困家庭と直接契約を結び、原材料と技術を提供して定期的にキノコを回収する方式をとることで、農民の収入増加の一助となっている。(西郷=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2019010811987

    貧困世帯にホームドクターを派遣陝西省鎮巴県  6日、鎮巴県涇洋(けいよう)街道弁事処高橋村の村民、牟文貴(ぼう・ぶんき)さん(中央)に義足のリハビリを指導するホームドクター・サービスチームのスタッフ。中国陝西省漢中市鎮巴(ちんは)県は、大巴山脈(だいはさんみゃく)の奥地に位置する極度の貧困県で、貧困世帯の4割以上は病気により貧困化(または再貧困化)した。2016年以降、同県は医療衛生貧困者支援プロジェクトを大いに推進しており、県・鎮・村の686人の医療従事者を統合して、180のホームドクター・サービスチームを編成。一つのチームを一つの村に派遣し、定期的に貧困世帯を訪れている。チームは無料健康指導やルーティン検査、入院・精算手続きなどのサービスを行っており、県内の5万人余りの貧困者が恩恵を受けている。(鎮巴=新華社記者/邵瑞)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2019010811918

    貧困世帯にホームドクターを派遣陝西省鎮巴県  5日、鎮巴県長嶺鎮九陣壩(きゅうじんは)村の村民、李菊山(り・きくざん)さんの血圧を測るホームドクター・サービスチームのスタッフ。中国陝西省漢中市鎮巴(ちんは)県は、大巴山脈(だいはさんみゃく)の奥地に位置する極度の貧困県で、貧困世帯の4割以上は病気により貧困化(または再貧困化)した。2016年以降、同県は医療衛生貧困者支援プロジェクトを大いに推進しており、県・鎮・村の686人の医療従事者を統合して、180のホームドクター・サービスチームを編成。一つのチームを一つの村に派遣し、定期的に貧困世帯を訪れている。チームは無料健康指導やルーティン検査、入院・精算手続きなどのサービスを行っており、県内の5万人余りの貧困者が恩恵を受けている。(鎮巴=新華社記者/邵瑞)=2019(平成31)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2019010811962

    貧困世帯にホームドクターを派遣陝西省鎮巴県  5日、鎮巴県長嶺鎮九陣壩(きゅうじんは)村の貧困世帯を訪れるホームドクター・サービスチームのスタッフ。中国陝西省漢中市鎮巴(ちんは)県は、大巴山脈(だいはさんみゃく)の奥地に位置する極度の貧困県で、貧困世帯の4割以上は病気により貧困化(または再貧困化)した。2016年以降、同県は医療衛生貧困者支援プロジェクトを大いに推進しており、県・鎮・村の686人の医療従事者を統合して、180のホームドクター・サービスチームを編成。一つのチームを一つの村に派遣し、定期的に貧困世帯を訪れている。チームは無料健康指導やルーティン検査、入院・精算手続きなどのサービスを行っており、県内の5万人余りの貧困者が恩恵を受けている。(鎮巴=新華社記者/邵瑞)=2019(平成31)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2019010812119

    貧困世帯にホームドクターを派遣陝西省鎮巴県  5日、鎮巴県長嶺鎮九陣壩(きゅうじんは)村の村民、陳祥蘭(ちん・しょうらん)さん(中央)の目を診察するホームドクター・サービスチームの医師、陳娟(ちん・えん)さん(右端)。中国陝西省漢中市鎮巴(ちんは)県は、大巴山脈(だいはさんみゃく)の奥地に位置する極度の貧困県で、貧困世帯の4割以上は病気により貧困化(または再貧困化)した。2016年以降、同県は医療衛生貧困者支援プロジェクトを大いに推進しており、県・鎮・村の686人の医療従事者を統合して、180のホームドクター・サービスチームを編成。一つのチームを一つの村に派遣し、定期的に貧困世帯を訪れている。チームは無料健康指導やルーティン検査、入院・精算手続きなどのサービスを行っており、県内の5万人余りの貧困者が恩恵を受けている。(鎮巴=新華社記者/邵瑞)=2019(平成31)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2018032301065

    一面に広がる黄色いじゅうたん陝西省漢中市で菜の花が見頃  22日、朝霧の漢中市南鄭県新集鎮の菜の花畑と農家。中国陝西省の漢中盆地では近ごろ、7万ヘクタールを超える菜の花畑が満開を迎え、黄色の菜の花と緑色の麦の苗が美しい景色を作り出した。(漢中=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2018032301085

    一面に広がる黄色いじゅうたん陝西省漢中市で菜の花が見頃  22日早朝、漢中市勉県墩鎮喇家寨を訪れる観光客。(ドローンによる空撮)中国陝西省の漢中盆地では近ごろ、7万ヘクタールを超える菜の花畑が満開を迎え、黄色の菜の花と緑色の麦の苗が美しい景色を作り出した。(漢中=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2018032301111

    一面に広がる黄色いじゅうたん陝西省漢中市で菜の花が見頃  22日、赤い夕日に照らされ映える漢中市南鄭県新集鎮岳家嶺村の菜の花畑。(ドローンによる空撮)中国陝西省の漢中盆地では近ごろ、7万ヘクタールを超える菜の花畑が満開を迎え、黄色の菜の花と緑色の麦の苗が美しい景色を作り出した。(漢中=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2018032301112

    一面に広がる黄色いじゅうたん陝西省漢中市で菜の花が見頃  22日早朝、漢中市南鄭県新集鎮の農家の菜の花畑の上空を飛ぶ小鳥。中国陝西省の漢中盆地では近ごろ、7万ヘクタールを超える菜の花畑が満開を迎え、黄色の菜の花と緑色の麦の苗が美しい景色を作り出した。(漢中=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2018032301096

    一面に広がる黄色いじゅうたん陝西省漢中市で菜の花が見頃  22日、漢中市南鄭県馬鞍山の山麓に咲く菜の花。(ドローンによる空撮)中国陝西省の漢中盆地では近ごろ、7万ヘクタールを超える菜の花畑が満開を迎え、黄色の菜の花と緑色の麦の苗が美しい景色を作り出した。(漢中=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2018032301099

    一面に広がる黄色いじゅうたん陝西省漢中市で菜の花が見頃  21日、漢中市南鄭県新集鎮の菜の花畑を通る高速列車。(ドローンによる空撮)中国陝西省の漢中盆地では近ごろ、7万ヘクタールを超える菜の花畑が満開を迎え、黄色の菜の花と緑色の麦の苗が美しい景色を作り出した。(漢中=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2018020500896

    トキの保護で貧困を脱却した洋県の村  2017年8月16日に上空から撮影した陝西省漢中市洋県草壩(ハ)村の黒米生産基地。草壩村には、村全体で有機栽培をする田んぼが2300ムー(1ムー=約667平方メートル)、アブラナ生産基地が4600ムー、サクランボ畑が300ムーある。年間生産量は有機栽培米が800トン強、菜種油・ごま油が260トン、高品質野菜が500トン強と、複数の作物を並行して有機栽培することで良好な発展を続けている。【新華社西安】中国・長江最大の支流である漢江(かんこう)上流の秦嶺山脈と大巴山脈一帯に位置する秦巴山区は、中国で特に貧しい地区として国家に指定されている広域特殊困難地区の一つ。1600人を超える村の人たちと同様、1980年代に村一帯が国からトキ保護区の中心地域に指定されたときは「トキの保護なんて村民の生活が成り立たなくなってしまう」と思った。だが今は「トキのふるさと」である美しい山河が、村民の収入を増やし、富をもたらす「黄金の鍵」となっている。(新華社記者/陶明)  =2017(平成29)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2018020500886

    トキの保護で貧困を脱却した洋県の村  2017年8月16日、陝西省漢中市洋県草壩(ハ)村の梨園で梨狩りをする観光客。草壩村には、3800ムー(1ムー=約667平方メートル)に及ぶ認証を受けた有機栽培梨の果樹園があり、1ムー当たりの産出額は600万元(1元=約17円)に上る。【新華社西安】中国・長江最大の支流である漢江(かんこう)上流の秦嶺山脈と大巴山脈一帯に位置する秦巴山区は、中国で特に貧しい地区として国家に指定されている広域特殊困難地区の一つ。1600人を超える村の人たちと同様、1980年代に村一帯が国からトキ保護区の中心地域に指定されたときは「トキの保護なんて村民の生活が成り立たなくなってしまう」と思った。だが今は「トキのふるさと」である美しい山河が、村民の収入を増やし、富をもたらす「黄金の鍵」となっている。(新華社記者/陶明)=2017(平成29)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像