検索結果 5,498 件中 1 件 〜 50 件 "Hall"
  1. 2019072000242

    「経営トップの発言集」 ひと  王子ホールディングスの加来正年社長

  2. 2019072000241

    「経営トップの発言集」 ひと  東京電力ホールディングスの小早川智明社長

  3. 2019071808792

    「12段用」 HIS、TOB価格変えず  ユニゾホールディングスの株価推移

  4. 2019071808790

    「12段用」 HIS、TOB価格変えず  ユニゾホールディングスの株価推移

  5. 2019071808787

    HIS、TOB価格変えず  ユニゾホールディングスの株価推移

  6. 2019071808784

    HIS、TOB価格変えず  ユニゾホールディングスの株価推移

  7. 2019072202389

    「新華社」 中ロ越境ロープウエー着工、両国の相互接続に新ルート黒竜江省  18日、黒河・ブラゴベシチェンスク越境黒竜江ロープウエー建設工事着工式典のメイン会場。中国とロシアを結ぶ初の国境横断ロープウエー、黒河(こくが)・ブラゴベシチェンスク越境黒竜江(アムール川)ロープウエー建設工事が18日午前11時ごろ、正式に始まった。これは中ロ両国の重要な交通インフラ相互接続がまた新たな進展を迎え、両国を結ぶ新たなルートとなることを意味している。中ロを結ぶ初の国境横断ロープウエーは、黒河市大黒河島とブラゴベシチェンスク市の間で建設され、水平総距離は1100メートル、「複式単線交走式旅客空中索道」形式で80人乗りのゴンドラを採用。運転速度は秒速7メートル、年間最大で600万人を輸送できる設計になっている。プロジェクトの総投資額は5億7千万元(1元=約16円)、そのうち1期投資額は3億3千万元で、2021年第1四半期の運行開始を見込んでいる。(黒河=新華社配信/謝剣飛)=2019(令和元)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019072202401

    「新華社」 中ロ越境ロープウエー着工、両国の相互接続に新ルート黒竜江省  18日、黒河・ブラゴベシチェンスク越境黒竜江ロープウエー建設工事着工式典のサブ会場に並んだ建設機械。中国とロシアを結ぶ初の国境横断ロープウエー、黒河(こくが)・ブラゴベシチェンスク越境黒竜江(アムール川)ロープウエー建設工事が18日午前11時ごろ、正式に始まった。これは中ロ両国の重要な交通インフラ相互接続がまた新たな進展を迎え、両国を結ぶ新たなルートとなることを意味している。中ロを結ぶ初の国境横断ロープウエーは、黒河市大黒河島とブラゴベシチェンスク市の間で建設され、水平総距離は1100メートル、「複式単線交走式旅客空中索道」形式で80人乗りのゴンドラを採用。運転速度は秒速7メートル、年間最大で600万人を輸送できる設計になっている。プロジェクトの総投資額は5億7千万元(1元=約16円)、そのうち1期投資額は3億3千万元で、2021年第1四半期の運行開始を見込んでいる。(黒河=新華社配信/謝剣飛)=2019(令和元)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019072202397

    「新華社」 中ロ越境ロープウエー着工、両国の相互接続に新ルート黒竜江省  18日、黒河・ブラゴベシチェンスク越境黒竜江ロープウエー建設工事着工式典のサブ会場。中国とロシアを結ぶ初の国境横断ロープウエー、黒河(こくが)・ブラゴベシチェンスク越境黒竜江(アムール川)ロープウエー建設工事が18日午前11時ごろ、正式に始まった。これは中ロ両国の重要な交通インフラ相互接続がまた新たな進展を迎え、両国を結ぶ新たなルートとなることを意味している。中ロを結ぶ初の国境横断ロープウエーは、黒河市大黒河島とブラゴベシチェンスク市の間で建設され、水平総距離は1100メートル、「複式単線交走式旅客空中索道」形式で80人乗りのゴンドラを採用。運転速度は秒速7メートル、年間最大で600万人を輸送できる設計になっている。プロジェクトの総投資額は5億7千万元(1元=約16円)、そのうち1期投資額は3億3千万元で、2021年第1四半期の運行開始を見込んでいる。(黒河=新華社配信/謝剣飛)=2019(令和元)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019072202343

    「新華社」 中ロ越境ロープウエー着工、両国の相互接続に新ルート黒竜江省  18日、黒河・ブラゴベシチェンスク越境黒竜江ロープウエー建設工事着工式典のメイン会場。中国とロシアを結ぶ初の国境横断ロープウエー、黒河(こくが)・ブラゴベシチェンスク越境黒竜江(アムール川)ロープウエー建設工事が18日午前11時ごろ、正式に始まった。これは中ロ両国の重要な交通インフラ相互接続がまた新たな進展を迎え、両国を結ぶ新たなルートとなることを意味している。中ロを結ぶ初の国境横断ロープウエーは、黒河市大黒河島とブラゴベシチェンスク市の間で建設され、水平総距離は1100メートル、「複式単線交走式旅客空中索道」形式で80人乗りのゴンドラを採用。運転速度は秒速7メートル、年間最大で600万人を輸送できる設計になっている。プロジェクトの総投資額は5億7千万元(1元=約16円)、そのうち1期投資額は3億3千万元で、2021年第1四半期の運行開始を見込んでいる。(黒河=新華社配信/謝剣飛)=2019(令和元)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019071600854

    元年国内 051 新元号制定に国民の共感  経団連常任理事会であいさつする竹下登首相。左は経団連の斎藤英四郎会長=1989(平成元)年1月10日、東京・大手町の経団連会館

  12. 2019071703190

    「DPA」 Chancellor Merkel in Saxony 15 July 2019, Saxony, Görlitz: Armin Schnettler (l-r), Siemens Energy Research, Siemens CEO Joe Kaeser and Michael Kretschmer (CDU), Minister President of Saxony, are standing in front of a turbine in a production hall of the Siemens plant in Görlitz after signing a future pact. One and a half months before the state elections in Saxony, Chancellor Merkel visits the Siemens plant in the Neisse town of Görlitz and a women‘s network meeting in the state capital. Photo: Sebastian Kahnert/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  13. 2019071702930

    「DPA」 Chancellor Merkel in Saxony 15 July 2019, Saxony, Görlitz: Following the signing of a future pact in a production hall at the Siemens plant in Görlitz, Siemens CEO Joe Kaeser stands in front of a turbine. One and a half months before the state elections in Saxony, Chancellor Merkel visits the Siemens plant in the Neisse town of Görlitz and a women‘s network meeting in the state capital. Photo: Sebastian Kahnert/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  14. 2019071702882

    「DPA」 Chancellor Merkel in Saxony 15 July 2019, Saxony, Görlitz: Siemens CEO Joe Kaeser speaks before the signing of a future pact in a production hall of the Siemens plant in Görlitz. One and a half months before the state elections in Saxony, Chancellor Merkel visits the Siemens plant in the Neisse town of Görlitz and a women‘s network meeting in the state capital. Photo: Sebastian Kahnert/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  15. 2019071703291

    「DPA」 Chancellor Merkel in Saxony 15 July 2019, Saxony, Görlitz: Following the signing of a future pact in a production hall at the Siemens plant in Görlitz, Siemens CEO Joe Kaeser stands in front of a turbine. One and a half months before the state elections in Saxony, Chancellor Merkel visits the Siemens plant in the Neisse town of Görlitz and a women‘s network meeting in the state capital. Photo: Sebastian Kahnert/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  16. 2019071102322

    デフレ脱却の重要なツール  インタビューに答えるサントリーホールディングスの新浪剛史社長

  17. 2019071002423

    「関西ウオッチ」 職場で「昼寝」広がる  昼食後に本社のホールでうたた寝などをする大日本住友製薬の従業員=大阪市

  18. 2019071001678

    かんぽ生命社長が謝罪  記者会見の会場に入るかんぽ生命保険の植平光彦社長(右)と日本郵便の横山邦男社長=10日午後、東京都千代田区

  19. 2019070904042

    「大型サイド」 信頼、業績回復道険しく  野村ホールディングスの業績

  20. 2019070904039

    「大型サイド」 信頼、業績回復道険しく  野村ホールディングスの業績

  21. 2019070903142

    元年国内 972 日韓ニット協議が決着  記者団に囲まれ会場を出る日本繊維産業連盟の植松健悟常任委員=1989(平成元)年2月1日午後11時35分、東京・丸の内のパレスホテル

  22. 2019070903141

    元年国内 971 日韓ニット協議が決着  協議を終え会場を出る韓国繊維製品輸出組合の張翼竜理事長=1989(平成元)年2月1日午後11時20分、東京・丸の内のパレスホテル

  23. 2019070700503

    東京港、五輪期間の物流は  東京港と臨海部の主な五輪会場

  24. 2019070700502

    東京港、五輪期間の物流は  東京港と臨海部の主な五輪会場

  25. 2019070600341

    「経営トップの発言集」 ひと  JFEホールディングスの柿木厚司社長

  26. 2019070902542

    「新華社」 中国、国家スパコンセンターを6カ所に設立  6日、イベント会場に展示された次世代100京級スパコン「天河三号」のプロトタイプ。中国天津市の天津浜海新区で6日、「中国スーパーコンピューター(スパコン)事業発展40年および国家スパコン天津センター成立10周年記念」のイベントが行われ、中国がこれまでに天津、長沙、広州など6カ所に相次いで国家スパコンセンターを建設し、イノベーション駆動型の発展に新たな原動力を提供していることが明らかになった。(天津=新華社記者/毛振華)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019070902507

    「新華社」 中国、国家スパコンセンターを6カ所に設立  6日、イベント会場で「新時代中国スパコン発展コンセンサス」発表の様子。中国天津市の天津浜海新区で6日、「中国スーパーコンピューター(スパコン)事業発展40年および国家スパコン天津センター成立10周年記念」のイベントが行われ、中国がこれまでに天津、長沙、広州など6カ所に相次いで国家スパコンセンターを建設し、イノベーション駆動型の発展に新たな原動力を提供していることが明らかになった。(天津=新華社記者/毛振華)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019070402303

    「日刊工業新聞」 セブン&アイ・ホールディングスのロゴマーク  ロゴマーク=2019(令和元)年7月1日、東京都千代田区の本社、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  29. 2019070402315

    「日刊工業新聞」 セブン&アイ・ホールディングスのロゴマーク  ロゴマーク=2019(令和元)年7月1日、東京都千代田区の本社、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  30. 2019070402308

    「日刊工業新聞」 セブン&アイ・ホールディングスのロゴマーク  ロゴマーク=2019(令和元)年7月1日、東京都千代田区の本社、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  31. 2019070402309

    「日刊工業新聞」 セブン&アイ・ホールディングスのロゴマーク  ロゴマーク=2019(令和元)年7月1日、東京都千代田区の本社、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  32. 2019070402305

    「日刊工業新聞」 セブン-イレブン・ジャパンのセブンらくらくお届け便  セブン-イレブン・ジャパの店舗商品宅配サービス=2019(令和元)年7月1日、セブン&アイホールディングス本社前、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  33. 2019070206720

    「DPA」 Ceremonial act for the 70th anniversary of the dpa 01 July 2019, Berlin: Niddal Salah-Eldin, Deputy Editor-in-Chief of dpa, Peter Kropsch, Managing Director of dpa, Ulrich Wilhelm, Director-General of Bayrischer Rundfunk and Chairman of ARD, Mathias Döpfner, CEO of Axel Springer SE and President of BDZV, Katrin Bennhold, head of the Berlin office of the New York Times, ZDF editor-in-chief and dpa supervisory board member Peter Frey and dpa federal correspondent Anne-Beatrice Clasmann at the dpa‘s 70th anniversary ceremony. The German Press Agency dpa was founded on 18 August 1949 in Goslar and has stood for independent agency journalism for 70 years. Photo: Christian Charisius/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  34. 2019071005919

    「新華社」 「インターネット+」、中国の生花販売変える  カスミソウで飾られた結婚式場。(資料写真)故郷の中国湖南省長沙市で友人と小さな生花店を営む、1990年代生まれの向夢期(しょう・ぼうき)さんは、数年前まで上海市中心部の地下鉄「人民広場駅」でスポーツ記念グッズを販売する女性店員だった。向さんのような若手起業家が生花ビジネスに狙いを定め、巨大都市から二線都市(経済・文化が発達する地域中核都市)や三線都市(地方中心都市)に触手を伸ばしつつある。専門機関はリポートで、インターネットと生花店を結び付けた「インターネット+生花店」の台頭を受け、このビジネスが中国の経済成長の次なるブルーオーシャン(競争のない未開拓の市場)になると指摘している。(長沙=新華社配信/向夢期さん提供)=撮影日不明、クレジット:向夢期さん/新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019070206783

    「DPA」 Ceremonial act for the 70th anniversary of the dpa 01 July 2019, Berlin: Niddal Salah-Eldin, Deputy Editor-in-Chief of dpa, Peter Kropsch, Managing Director of dpa, Ulrich Wilhelm, Director of Bayrischer Rundfunk and Chairman of ARD, Mathias Döpfner, CEO of Axel Springer SE and President of BDZV and Katrin Bennhold (l-r), Head of the Berlin office of the New York Times, discuss at a panel entitled “Press freedom in danger? Democracy in danger“ at the celebration of the 70th anniversary of the dpa. The German Press Agency dpa was founded on 18 August 1949 in Goslar and has stood for independent agency journalism for 70 years. Photo: Kay Nietfeld/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  36. 2019070405285

    「新華社」 白茶の郷で闘茶競技会福建省福鼎市  6月30日、決勝会場で香りを審査する福建省農業農村庁の教授級高級農芸師、蘇峰(そ・ほう)氏(左から2人目)ら。中国福建省福鼎(ふくてい)市点頭鎮で6月30日、海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶産業交流協会などの団体による「中国・福鼎白茶小鎮(点頭)第2回民間闘茶競技会」が開幕し、多くの茶関連企業や茶専門店、茶人が参加した。競技会は、同市の白茶文化の高揚と専門的で高精度化され個性ある「白茶小鎮」の建設、多くの茶人に実りある交流と技芸を磨き合う場の提供を目的に開催された。福鼎市は「世界の白茶は中国に、中国の白茶は福鼎にある」とうたわれ、2006年には「中国白茶之郷」の称号を授与された。市内の茶葉栽培面積は現在、21万5千ムー(約1万4333ヘクタール)に達している。点頭鎮は中国白茶の「特色小鎮」(特色ある小さな町)であり、茶葉栽培面積は3万6700ムー(約2447ヘクタール)と同市最大の茶葉生産地の一つとされる。同鎮では茶産業が農業の高効率化と農民の増収、農村振興の効果的な保障となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019070405325

    「新華社」 白茶の郷で闘茶競技会福建省福鼎市  6月30日、会場で茶葉を審査する専門家。中国福建省福鼎(ふくてい)市点頭鎮で6月30日、海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶産業交流協会などの団体による「中国・福鼎白茶小鎮(点頭)第2回民間闘茶競技会」が開幕し、多くの茶関連企業や茶専門店、茶人が参加した。競技会は、同市の白茶文化の高揚と専門的で高精度化され個性ある「白茶小鎮」の建設、多くの茶人に実りある交流と技芸を磨き合う場の提供を目的に開催された。福鼎市は「世界の白茶は中国に、中国の白茶は福鼎にある」とうたわれ、2006年には「中国白茶之郷」の称号を授与された。市内の茶葉栽培面積は現在、21万5千ムー(約1万4333ヘクタール)に達している。点頭鎮は中国白茶の「特色小鎮」(特色ある小さな町)であり、茶葉栽培面積は3万6700ムー(約2447ヘクタール)と同市最大の茶葉生産地の一つとされる。同鎮では茶産業が農業の高効率化と農民の増収、農村振興の効果的な保障となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019070405392

    「新華社」 白茶の郷で闘茶競技会福建省福鼎市  6月30日、開幕式会場で行われた茶芸の実演。中国福建省福鼎(ふくてい)市点頭鎮で6月30日、海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶産業交流協会などの団体による「中国・福鼎白茶小鎮(点頭)第2回民間闘茶競技会」が開幕し、多くの茶関連企業や茶専門店、茶人が参加した。競技会は、同市の白茶文化の高揚と専門的で高精度化され個性ある「白茶小鎮」の建設、多くの茶人に実りある交流と技芸を磨き合う場の提供を目的に開催された。福鼎市は「世界の白茶は中国に、中国の白茶は福鼎にある」とうたわれ、2006年には「中国白茶之郷」の称号を授与された。市内の茶葉栽培面積は現在、21万5千ムー(約1万4333ヘクタール)に達している。点頭鎮は中国白茶の「特色小鎮」(特色ある小さな町)であり、茶葉栽培面積は3万6700ムー(約2447ヘクタール)と同市最大の茶葉生産地の一つとされる。同鎮では茶産業が農業の高効率化と農民の増収、農村振興の効果的な保障となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019070405303

    「新華社」 白茶の郷で闘茶競技会福建省福鼎市  6月30日、決勝会場で茶の風味を審査する専門家。中国福建省福鼎(ふくてい)市点頭鎮で6月30日、海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶産業交流協会などの団体による「中国・福鼎白茶小鎮(点頭)第2回民間闘茶競技会」が開幕し、多くの茶関連企業や茶専門店、茶人が参加した。競技会は、同市の白茶文化の高揚と専門的で高精度化され個性ある「白茶小鎮」の建設、多くの茶人に実りある交流と技芸を磨き合う場の提供を目的に開催された。福鼎市は「世界の白茶は中国に、中国の白茶は福鼎にある」とうたわれ、2006年には「中国白茶之郷」の称号を授与された。市内の茶葉栽培面積は現在、21万5千ムー(約1万4333ヘクタール)に達している。点頭鎮は中国白茶の「特色小鎮」(特色ある小さな町)であり、茶葉栽培面積は3万6700ムー(約2447ヘクタール)と同市最大の茶葉生産地の一つとされる。同鎮では茶産業が農業の高効率化と農民の増収、農村振興の効果的な保障となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019070405296

    「新華社」 白茶の郷で闘茶競技会福建省福鼎市  6月30日、決勝会場で開いた茶葉を審査する、茶葉品評の専門家、陳金水(ちん・きんすい)氏(前列右)。中国福建省福鼎(ふくてい)市点頭鎮で6月30日、海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶産業交流協会などの団体による「中国・福鼎白茶小鎮(点頭)第2回民間闘茶競技会」が開幕し、多くの茶関連企業や茶専門店、茶人が参加した。競技会は、同市の白茶文化の高揚と専門的で高精度化され個性ある「白茶小鎮」の建設、多くの茶人に実りある交流と技芸を磨き合う場の提供を目的に開催された。福鼎市は「世界の白茶は中国に、中国の白茶は福鼎にある」とうたわれ、2006年には「中国白茶之郷」の称号を授与された。市内の茶葉栽培面積は現在、21万5千ムー(約1万4333ヘクタール)に達している。点頭鎮は中国白茶の「特色小鎮」(特色ある小さな町)であり、茶葉栽培面積は3万6700ムー(約2447ヘクタール)と同市最大の茶葉生産地の一つとされる。同鎮では茶産業が農業の高効率化と農民の増収、農村振興の効果的な保障となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019070405323

    「新華社」 白茶の郷で闘茶競技会福建省福鼎市  6月30日、決勝会場で官能評価を行う専門家。中国福建省福鼎(ふくてい)市点頭鎮で6月30日、海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶産業交流協会などの団体による「中国・福鼎白茶小鎮(点頭)第2回民間闘茶競技会」が開幕し、多くの茶関連企業や茶専門店、茶人が参加した。競技会は、同市の白茶文化の高揚と専門的で高精度化され個性ある「白茶小鎮」の建設、多くの茶人に実りある交流と技芸を磨き合う場の提供を目的に開催された。福鼎市は「世界の白茶は中国に、中国の白茶は福鼎にある」とうたわれ、2006年には「中国白茶之郷」の称号を授与された。市内の茶葉栽培面積は現在、21万5千ムー(約1万4333ヘクタール)に達している。点頭鎮は中国白茶の「特色小鎮」(特色ある小さな町)であり、茶葉栽培面積は3万6700ムー(約2447ヘクタール)と同市最大の茶葉生産地の一つとされる。同鎮では茶産業が農業の高効率化と農民の増収、農村振興の効果的な保障となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019070405308

    「新華社」 白茶の郷で闘茶競技会福建省福鼎市  6月30日、決勝会場で茶葉の外形を審査する専門家。中国福建省福鼎(ふくてい)市点頭鎮で6月30日、海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶産業交流協会などの団体による「中国・福鼎白茶小鎮(点頭)第2回民間闘茶競技会」が開幕し、多くの茶関連企業や茶専門店、茶人が参加した。競技会は、同市の白茶文化の高揚と専門的で高精度化され個性ある「白茶小鎮」の建設、多くの茶人に実りある交流と技芸を磨き合う場の提供を目的に開催された。福鼎市は「世界の白茶は中国に、中国の白茶は福鼎にある」とうたわれ、2006年には「中国白茶之郷」の称号を授与された。市内の茶葉栽培面積は現在、21万5千ムー(約1万4333ヘクタール)に達している。点頭鎮は中国白茶の「特色小鎮」(特色ある小さな町)であり、茶葉栽培面積は3万6700ムー(約2447ヘクタール)と同市最大の茶葉生産地の一つとされる。同鎮では茶産業が農業の高効率化と農民の増収、農村振興の効果的な保障となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019070304856

    「新華社」 蘇州高新区に中日イノベーションバレー設立へ総投資額30億元  6月29日、蘇州中日イノベーションバレープロジェクト計画の発表会場。中国江蘇省にあり多数の日系企業が進出する蘇州(国家級)ハイテク産業開発区(蘇州高新区)で6月29日、製造、研究開発、本部機能を一体化した専門的でハイエンドな日系企業集積コミュニティーの形成を目的とする蘇州中日イノベーションバレー建設プロジェクト計画が発表された。蘇州高新区は長江デルタ地域、ひいては中国で最も日系企業が集中する地区の一つ。現時点で世界企業番付上位500社にランクする20社を含む日系企業550社が進出し、その投資総額は200億ドル(1ドル=約108円)で、2018年の区全体の日系企業における輸出入総額は100億ドルを突破している。(蘇州=新華社配信/葛雷)=2019(令和元)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019070304728

    「新華社」 蘇州高新区に中日イノベーションバレー設立へ総投資額30億元  29日、蘇州中日イノベーションバレープロジェクト計画の発表会場。中国江蘇省にあり多数の日系企業が進出する蘇州(国家級)ハイテク産業開発区(蘇州高新区)で6月29日、製造、研究開発、本部機能を一体化した専門的でハイエンドな日系企業集積コミュニティーの形成を目的とする蘇州中日イノベーションバレー建設プロジェクト計画が発表された。蘇州高新区は長江デルタ地域、ひいては中国で最も日系企業が集中する地区の一つ。現時点で世界企業番付上位500社にランクする20社を含む日系企業550社が進出し、その投資総額は200億ドル(1ドル=約108円)で、2018年の区全体の日系企業における輸出入総額は100億ドルを突破している。(蘇州=新華社配信/葛雷)=2019(令和元)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019062805027

    吉本興業がユヌス氏とJV  社会事業に取り組むジョイントベンチャーを創設し調印したムハマド・ユヌス氏(中央左)と吉本興業ホールディングスの大崎洋会長(同右)=28日、バンコク(共同)

  46. 2019062805004

    吉本興業がユヌス氏とJV  取材に応じる吉本興業ホールディングスの大崎洋会長=28日、バンコク(共同)

  47. 2019070304769

    「新華社」 第2回輸入博、事前マッチング商談会を開催上海市  6月28日、マッチング商談会の会場。中国上海市で11月5日~10日に開催される第2回中国国際輸入博覧会(輸入博)で、品質生活エリアと科技生活エリアに出展する海外企業と中国国内バイヤーとの事前マッチング商談会および企業誘致説明会が6月28日に開かれ、世界の出展企業60数社と中国のバイヤー企業130社余りが参加した。同輸入博で事前マッチングが行われるのは今回が初めて。(上海=新華社配信/王翔)=2019(令和元)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019070100535

    「新華社」 三山グリーン、中国初の日本酒供給レストラン認証制度を開始  28日、オープニングセレモニーの会場に展示された日本酒。日本の大手日本酒輸出業者、三山グリーン株式会社は先日、中国での日本酒販売ブランド「東瀛三山」が打ち出された後に続き、28日に北京でオープニングセレモニーを行い、高品質の日本酒供給レストラン第三者認証制度「瀛」をPRした。セレモニーには同社の史習上(デビッド・シイ)代表取締役や中国国際商会(CCOIC)中日韓企業交流センターの史銘(し・めい)主任などの来賓が出席した。史習上社長は、「この制度は中国初の高品質の日本酒供給レストラン第三者認証制度で、同社は第三者にレストランの選考・評価を委託し、認証を獲得したレストランに証明書を発行する。第三者のメンバーには、日本の有名な蔵元の杜氏や日本地酒協同組合、日本酒造組合および千葉酒販協同組合のほか、中国国内の有名なグルメサイトなども含まれる」と説明した。(北京=新華社記者/薛臣)=2019(令和元)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019062706517

    新社長  ユニデンホールディングス社長に就任した木場和人氏

  50. 2019062704988

    新社長  東邦ホールディングス社長に就任した有働敦氏

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像