検索結果 7 件中 1 件 〜 7 件 "貧困脱却"
  1. 2020052700997

    黄牛が増収を後押し貴州省鳳岡県  貴州省鳳岡県土渓鎮にある畜産企業の飼育場で飼われている牛。(5月8日撮影)中国貴州省遵義(じゅんぎ)市鳳岡県は近年、肉用牛産業を発展させ、科学的な飼育を行い、貴州黄牛の潜在力を掘り起こすことで、貧困者の増収を後押ししている。同県では16年から現在までに、2835世帯1万2190人が同産業を通じて貧困脱却と増収を実現したという。(遵義=新華社記者/劉智強)=2020(令和2)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020052700993

    黄牛が増収を後押し貴州省鳳岡県  貴州省鳳岡県土渓鎮にある畜産企業の飼育場で飼われている牛。(5月8日撮影)中国貴州省遵義(じゅんぎ)市鳳岡県は近年、肉用牛産業を発展させ、科学的な飼育を行い、貴州黄牛の潜在力を掘り起こすことで、貧困者の増収を後押ししている。同県では16年から現在までに、2835世帯1万2190人が同産業を通じて貧困脱却と増収を実現したという。(遵義=新華社記者/劉智強)=2020(令和2)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020052701047

    黄牛が増収を後押し貴州省鳳岡県  貴州省鳳岡県土渓鎮にある畜産企業の飼育場で飼われている牛。(5月8日撮影)中国貴州省遵義(じゅんぎ)市鳳岡県は近年、肉用牛産業を発展させ、科学的な飼育を行い、貴州黄牛の潜在力を掘り起こすことで、貧困者の増収を後押ししている。同県では16年から現在までに、2835世帯1万2190人が同産業を通じて貧困脱却と増収を実現したという。(遵義=新華社記者/劉智強)=2020(令和2)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020052701010

    黄牛が増収を後押し貴州省鳳岡県  貴州省鳳岡県土渓鎮にある畜産企業の飼育場で飼われている同地原産の黄牛。(5月8日撮影)中国貴州省遵義(じゅんぎ)市鳳岡県は近年、肉用牛産業を発展させ、科学的な飼育を行い、貴州黄牛の潜在力を掘り起こすことで、貧困者の増収を後押ししている。同県では16年から現在までに、2835世帯1万2190人が同産業を通じて貧困脱却と増収を実現したという。(遵義=新華社記者/劉智強)=2020(令和2)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020051103233

    カーボンシンク取引で貧困脱却を後押し貴州省  カーボンシンク森林。(資料写真)カーボンシンク(二酸化炭素吸収源)プロジェクトは、中国貴州省が新たに開発した、森林の生態価値を経済価値に転換して貧困脱却を図るプロジェクト。貴州省のカーボンシンク測定方法によると、林地を持つ登録貧困世帯の樹木を木の種類、大きさ、カーボンシンク効果(二酸化炭素の吸収量と酸素の放出量)に照らして選別し、番号を付けて、写真撮影を行い、それらの情報を「貴州省カーボンシンク貧困扶助プラットフォーム」にアップロードする。各樹木のカーボンシンク取引価格は年間3元(1元=約15円)で、一度の開発で連続6年販売でき、その後も繰り返し開発できる。カーボンシンク森林は個人または企業に販売でき、販売によって得た金額は全額、貧困農家個人の収入になる。(貴陽=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020051103159

    カーボンシンク取引で貧困脱却を後押し貴州省  職員によりに番号が付けられた樹木。(資料写真)カーボンシンク(二酸化炭素吸収源)プロジェクトは、中国貴州省が新たに開発した、森林の生態価値を経済価値に転換して貧困脱却を図るプロジェクト。貴州省のカーボンシンク測定方法によると、林地を持つ登録貧困世帯の樹木を木の種類、大きさ、カーボンシンク効果(二酸化炭素の吸収量と酸素の放出量)に照らして選別し、番号を付けて、写真撮影を行い、それらの情報を「貴州省カーボンシンク貧困扶助プラットフォーム」にアップロードする。各樹木のカーボンシンク取引価格は年間3元(1元=約15円)で、一度の開発で連続6年販売でき、その後も繰り返し開発できる。カーボンシンク森林は個人または企業に販売でき、販売によって得た金額は全額、貧困農家個人の収入になる。(貴陽=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020051103232

    カーボンシンク取引で貧困脱却を後押し貴州省  貴州省のカーボンシンクプロジェクトによる貧困脱却のイメージ図。(資料写真)カーボンシンク(二酸化炭素吸収源)プロジェクトは、中国貴州省が新たに開発した、森林の生態価値を経済価値に転換して貧困脱却を図るプロジェクト。貴州省のカーボンシンク測定方法によると、林地を持つ登録貧困世帯の樹木を木の種類、大きさ、カーボンシンク効果(二酸化炭素の吸収量と酸素の放出量)に照らして選別し、番号を付けて、写真撮影を行い、それらの情報を「貴州省カーボンシンク貧困扶助プラットフォーム」にアップロードする。各樹木のカーボンシンク取引価格は年間3元(1元=約15円)で、一度の開発で連続6年販売でき、その後も繰り返し開発できる。カーボンシンク森林は個人または企業に販売でき、販売によって得た金額は全額、貧困農家個人の収入になる。(貴陽=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像