検索結果 3 件中 1 件 〜 3 件 "Architecture"
  1. 2018110116474

    「新華社」 香糯の香り漂う大苗山広西チワン族自治区  30日、風雨橋(中国南部の伝統的建築様式の橋)の上で収穫したばかりの香糯を干す安太郷元宝村の住民。中国広西チワン族自治区柳州市融水(ゆうすい)ミャオ族自治県安太郷の元宝(げんぽう)村では、秋の香糯(もち米の一種で香りがよい)が収穫期を迎え、地元の栽培合作社(共同組合)が社員を動員して一斉に収穫を行った。香糯は同自治県大苗山(だいびょうさん)の特産品で、高寒冷地という特殊な自然環境で成長し、生産量は少ないが、栄養価が高い。安太郷はここ数年、貧困住民の土地資源の流通と整備統合を通じ、「企業+模範拠点+合作社+農家」の発展モデルにより貧困住民が高山香糯栽培産業を発展できるようにした。(融水=新華社記者/呉建路)=2018(平成30)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2018031900948

    「新華社」 大学生が起業帰郷しロバを飼育  3月15日、張掖市甘州区靖安郷のロバ飼育基地で、ロバ舎を見回る同基地の職員と普賢さん(右)。普賢さんは1984生まれ。本来の専門は建築学だが、2015年に故郷である中国甘粛省張掖市甘州区の靖安郷でロバの飼育基地を立ち上げた。「2015年は母の体調が思わしくなく、阿膠(山東省東阿県で作られる上質のにかわ。漢方薬などに用いる)を買ってあげた時に阿膠の価格が高騰したことから、ロバの飼育には未来性があると思った。」普賢さんは、商機に気づいてから山東省、新疆ウイグル自治区などへ実地調査に行き、まずはロバの赤ちゃん300頭を購入して、起業の第一歩を踏み出した。ロバは300頭から現在の3千頭まで増え、普賢さんは独学でロバ飼育に関する知識を学んでいる。彼はまた、山東省と新疆ウイグル自治区の企業数社と提携関係を結び、ロバ乳、ロバの皮、ロバ肉などの農産物を続々と売り出していくという。ここの数年、彼が帰郷しロバを飼育し始めてから、200余りの農家もロバを飼育するようになった。普賢さんは2016年に張掖市の「イノベーションと創業・行動する青年」先進個人と呼ばれる名誉な賞を受賞している。(張掖=新華社記者/範培珅)=2018(平成30)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2018031900923

    「新華社」 大学生が起業帰郷しロバを飼育  3月15日、張掖市甘州区靖安郷のロバ飼育基地で、病気のロバにミルクを飲ませる飼育員を手助けする普賢さん(右)。普賢さんは1984生まれ。本来の専門は建築学だが、2015年に故郷である中国甘粛省張掖市甘州区の靖安郷でロバの飼育基地を立ち上げた。「2015年は母の体調が思わしくなく、阿膠(山東省東阿県で作られる上質のにかわ。漢方薬などに用いる)を買ってあげた時に阿膠の価格が高騰したことから、ロバの飼育には未来性があると思った。」普賢さんは、商機に気づいてから山東省、新疆ウイグル自治区などへ実地調査に行き、まずはロバの赤ちゃん300頭を購入して、起業の第一歩を踏み出した。ロバは300頭から現在の3千頭まで増え、普賢さんは独学でロバ飼育に関する知識を学んでいる。彼はまた、山東省と新疆ウイグル自治区の企業数社と提携関係を結び、ロバ乳、ロバの皮、ロバ肉などの農産物を続々と売り出していくという。ここの数年、彼が帰郷しロバを飼育し始めてから、200余りの農家もロバを飼育するようになった。普賢さんは2016年に張掖市の「イノベーションと創業・行動する青年」先進個人と呼ばれる名誉な賞を受賞している。(張掖=新華社記者/範培珅)=2018(平成30)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像