検索結果 332 件中 1 件 〜 50 件 "open"
  1. 2019111803554

    「新華社」 2019中国国際観光交易会、中国観光業の発展成果を各国に示す  15日、会場で伝統技術を披露する手工芸者。中国雲南省昆明市で15日から17日まで、中国文化・観光部が主催する2019中国国際観光交易会(CITM)が開催された。世界75の国と地域の出展企業と、世界中から集まった700人近くのバイヤーが、中国観光業の発展の成果を分かち合った。文化・観光部の責任者は開幕式で、中国の各文化・観光部門は引き続き産業規模を拡大し、国際的な文化・観光交流、提携を進め、各国に市場機会を提供することで共同発展を実現したいと表明した。CITMはすでに21年の歴史を有し、世界の観光業界の交流・協力の重要なプラットフォームと年間最大の大会となっている。(昆明=新華社記者/姚兵)=2019(令和元)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019110608483

    「新華社」 【輸入博】第2回中国輸入博開幕習近平主席が基調演説  5日、開幕式を前に、世界企業上位500社に名を連ねる企業の代表と記念撮影に応じる習近平主席(前列中央)。第2回中国国際輸入博覧会が5日、上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)で開幕した。中国の習近平(しゅう・きんぺい)国家主席が開幕式に出席し、「開放・協力運命を共に」と題した基調演説を行った。(上海=新華社記者/李濤)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019110500737

    「新華社」 中日両国の研究者、低コスト電極触媒による水分解で大きな進展  実験室で学生を指導する劉小鶴教授(右端)。(資料写真)中国湖南省にある中南大学は14日、同大学材料科学・工程学院の劉小鶴(りゅう・しょうかく)教授率いる研究チームが日本の国立研究開発法人物質・材料研究機構(NIMS)の馬仁志(ば・じんし)氏と協力し、低コストの電極触媒による水分解で大きな進展を遂げたことを明らかにした。研究成果は国際的学術誌「AdvancedFunctionalMaterials」「AppliedCatalysisB:Environmental」に掲載された。(長沙=新華社配信/中南大学提供)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:中南大学/新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019110500739

    「新華社」 中日両国の研究者、低コスト電極触媒による水分解で大きな進展  中南大学で研究者と交流、協力を行う日本の国立研究開発法人物質・材料研究機構(NIMS)の馬仁志氏。(資料写真)中国湖南省にある中南大学は14日、同大学材料科学・工程学院の劉小鶴(りゅう・しょうかく)教授率いる研究チームが日本の国立研究開発法人物質・材料研究機構(NIMS)の馬仁志(ば・じんし)氏と協力し、低コストの電極触媒による水分解で大きな進展を遂げたことを明らかにした。研究成果は国際的学術誌「AdvancedFunctionalMaterials」「AppliedCatalysisB:Environmental」に掲載された。(長沙=新華社配信/中南大学提供)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:中南大学/新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019110500809

    「新華社」 中日両国の研究者、低コスト電極触媒による水分解で大きな進展  中南大学図書館前で記念撮影する研究チームの一部メンバー。(資料写真)中国湖南省にある中南大学は14日、同大学材料科学・工程学院の劉小鶴(りゅう・しょうかく)教授率いる研究チームが日本の国立研究開発法人物質・材料研究機構(NIMS)の馬仁志(ば・じんし)氏と協力し、低コストの電極触媒による水分解で大きな進展を遂げたことを明らかにした。研究成果は国際的学術誌「AdvancedFunctionalMaterials」「AppliedCatalysisB:Environmental」に掲載された。(長沙=新華社配信/中南大学提供)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:中南大学/新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019110500720

    「新華社」 中日両国の研究者、低コスト電極触媒による水分解で大きな進展  酸化ニッケル(NiO)/窒化炭素(CN)材料のミクロ構造と電極触媒性能を対比した分析図。(資料写真)中国湖南省にある中南大学は14日、同大学材料科学・工程学院の劉小鶴(りゅう・しょうかく)教授率いる研究チームが日本の国立研究開発法人物質・材料研究機構(NIMS)の馬仁志(ば・じんし)氏と協力し、低コストの電極触媒による水分解で大きな進展を遂げたことを明らかにした。研究成果は国際的学術誌「AdvancedFunctionalMaterials」「AppliedCatalysisB:Environmental」に掲載された。(長沙=新華社配信/中南大学提供)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:中南大学/新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019110500745

    「新華社」 中日両国の研究者、低コスト電極触媒による水分解で大きな進展  記念撮影する中南大学材料科学・工程学院の劉小鶴教授率いる原子力顕微鏡実験室チーム。(資料写真)中国湖南省にある中南大学は14日、同大学材料科学・工程学院の劉小鶴(りゅう・しょうかく)教授率いる研究チームが日本の国立研究開発法人物質・材料研究機構(NIMS)の馬仁志(ば・じんし)氏と協力し、低コストの電極触媒による水分解で大きな進展を遂げたことを明らかにした。研究成果は国際的学術誌「AdvancedFunctionalMaterials」「AppliedCatalysisB:Environmental」に掲載された。(長沙=新華社配信/中南大学提供)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:中南大学/新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019101500819

    「大型サイド」中国、米NBAに反発 企業も対象、圧力を強化  上海で行われたNBAのオープン戦で、中国国旗を持ち観戦するファン=10日(共同)

  9. 2019101500818

    「大型サイド」中国、米NBAに反発 企業も対象、圧力を強化  NBAのオープン戦が行われた中国・上海の会場前で、中国国旗を手に記念撮影するファン=10日(共同)

  10. 2019100801358

    「新華社」 農村高齢者世帯の「ぬくもりの家」を訪ねて江西省南昌市  6日、江西省南昌市南昌県の武陽鎮前進村の「顧養之家」(ケアハウス)で、食事を楽しむ高齢者たち。中国の農村部ではここ数年、「空巣老人」(1人または夫婦のみで生活する高齢者)にいかに食事を保障するかが問題となっている。江西省南昌市南昌県はこの問題を解決するため、新築物件または遊休不動産を利用して、各郷・鎮の村に養老サービスセンター103カ所を設置した。また、「政府の負担、社会・企業の寄付、村の収入からの拠出、公益団体の資金援助」の資金調達で専門職員を招聘し、夫婦2人暮らしや1人暮らしの高齢者および「五保サポート」(衣・食・住・医療・葬儀の保障)を受ける高齢者に毎日2食分の食事を無料で提供することで、食事と安心、ぬくもりを届けるとともに、養老サービスセンターに持続的な発展の原動力を与えている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019100801389

    「新華社」 農村高齢者世帯の「ぬくもりの家」を訪ねて江西省南昌市  6日、江西省南昌市南昌県の武陽鎮前進村の「顧養之家」(ケアハウス)で、器におかずをよそうスタッフ。中国の農村部ではここ数年、「空巣老人」(1人または夫婦のみで生活する高齢者)にいかに食事を保障するかが問題となっている。江西省南昌市南昌県はこの問題を解決するため、新築物件または遊休不動産を利用して、各郷・鎮の村に養老サービスセンター103カ所を設置した。また、「政府の負担、社会・企業の寄付、村の収入からの拠出、公益団体の資金援助」の資金調達で専門職員を招聘し、夫婦2人暮らしや1人暮らしの高齢者および「五保サポート」(衣・食・住・医療・葬儀の保障)を受ける高齢者に毎日2食分の食事を無料で提供することで、食事と安心、ぬくもりを届けるとともに、養老サービスセンターに持続的な発展の原動力を与えている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019100801415

    「新華社」 農村高齢者世帯の「ぬくもりの家」を訪ねて江西省南昌市  6日、江西省南昌市南昌県の武陽鎮前進村の「顧養之家」(ケアハウス)で、テレビ番組を楽しむ人たち。中国の農村部ではここ数年、「空巣老人」(1人または夫婦のみで生活する高齢者)にいかに食事を保障するかが問題となっている。江西省南昌市南昌県はこの問題を解決するため、新築物件または遊休不動産を利用して、各郷・鎮の村に養老サービスセンター103カ所を設置した。また、「政府の負担、社会・企業の寄付、村の収入からの拠出、公益団体の資金援助」の資金調達で専門職員を招聘し、夫婦2人暮らしや1人暮らしの高齢者および「五保サポート」(衣・食・住・医療・葬儀の保障)を受ける高齢者に毎日2食分の食事を無料で提供することで、食事と安心、ぬくもりを届けるとともに、養老サービスセンターに持続的な発展の原動力を与えている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019100801416

    「新華社」 農村高齢者世帯の「ぬくもりの家」を訪ねて江西省南昌市  6日、江西省南昌市南昌県の武陽鎮前進村の「顧養之家」(ケアハウス)で、食事を楽しむ高齢者たち。中国の農村部ではここ数年、「空巣老人」(1人または夫婦のみで生活する高齢者)にいかに食事を保障するかが問題となっている。江西省南昌市南昌県はこの問題を解決するため、新築物件または遊休不動産を利用して、各郷・鎮の村に養老サービスセンター103カ所を設置した。また、「政府の負担、社会・企業の寄付、村の収入からの拠出、公益団体の資金援助」の資金調達で専門職員を招聘し、夫婦2人暮らしや1人暮らしの高齢者および「五保サポート」(衣・食・住・医療・葬儀の保障)を受ける高齢者に毎日2食分の食事を無料で提供することで、食事と安心、ぬくもりを届けるとともに、養老サービスセンターに持続的な発展の原動力を与えている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019100801393

    「新華社」 農村高齢者世帯の「ぬくもりの家」を訪ねて江西省南昌市  6日、江西省南昌市南昌県の武陽鎮前進村の「顧養之家」(ケアハウス)で、食事を終え、食堂を後にする人たち。中国の農村部ではここ数年、「空巣老人」(1人または夫婦のみで生活する高齢者)にいかに食事を保障するかが問題となっている。江西省南昌市南昌県はこの問題を解決するため、新築物件または遊休不動産を利用して、各郷・鎮の村に養老サービスセンター103カ所を設置した。また、「政府の負担、社会・企業の寄付、村の収入からの拠出、公益団体の資金援助」の資金調達で専門職員を招聘し、夫婦2人暮らしや1人暮らしの高齢者および「五保サポート」(衣・食・住・医療・葬儀の保障)を受ける高齢者に毎日2食分の食事を無料で提供することで、食事と安心、ぬくもりを届けるとともに、養老サービスセンターに持続的な発展の原動力を与えている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019100801357

    「新華社」 農村高齢者世帯の「ぬくもりの家」を訪ねて江西省南昌市  6日、江西省南昌市南昌県の武陽鎮前進村の「顧養之家」(ケアハウス)で、おしゃべりに花を咲かせる高齢者たち。中国の農村部ではここ数年、「空巣老人」(1人または夫婦のみで生活する高齢者)にいかに食事を保障するかが問題となっている。江西省南昌市南昌県はこの問題を解決するため、新築物件または遊休不動産を利用して、各郷・鎮の村に養老サービスセンター103カ所を設置した。また、「政府の負担、社会・企業の寄付、村の収入からの拠出、公益団体の資金援助」の資金調達で専門職員を招聘し、夫婦2人暮らしや1人暮らしの高齢者および「五保サポート」(衣・食・住・医療・葬儀の保障)を受ける高齢者に毎日2食分の食事を無料で提供することで、食事と安心、ぬくもりを届けるとともに、養老サービスセンターに持続的な発展の原動力を与えている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019100801435

    「新華社」 農村高齢者世帯の「ぬくもりの家」を訪ねて江西省南昌市  6日、「顧養之家」(ケアハウス)の廊下の掲示板。ここには同施設の利用者の名前や情報などが貼られている。中国の農村部ではここ数年、「空巣老人」(1人または夫婦のみで生活する高齢者)にいかに食事を保障するかが問題となっている。江西省南昌市南昌県はこの問題を解決するため、新築物件または遊休不動産を利用して、各郷・鎮の村に養老サービスセンター103カ所を設置した。また、「政府の負担、社会・企業の寄付、村の収入からの拠出、公益団体の資金援助」の資金調達で専門職員を招聘し、夫婦2人暮らしや1人暮らしの高齢者および「五保サポート」(衣・食・住・医療・葬儀の保障)を受ける高齢者に毎日2食分の食事を無料で提供することで、食事と安心、ぬくもりを届けるとともに、養老サービスセンターに持続的な発展の原動力を与えている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019100801392

    「新華社」 農村高齢者世帯の「ぬくもりの家」を訪ねて江西省南昌市  6日、江西省南昌市南昌県の武陽鎮前進村の「顧養之家」(ケアハウス)で、食事を楽しむ高齢者。中国の農村部ではここ数年、「空巣老人」(1人または夫婦のみで生活する高齢者)にいかに食事を保障するかが問題となっている。江西省南昌市南昌県はこの問題を解決するため、新築物件または遊休不動産を利用して、各郷・鎮の村に養老サービスセンター103カ所を設置した。また、「政府の負担、社会・企業の寄付、村の収入からの拠出、公益団体の資金援助」の資金調達で専門職員を招聘し、夫婦2人暮らしや1人暮らしの高齢者および「五保サポート」(衣・食・住・医療・葬儀の保障)を受ける高齢者に毎日2食分の食事を無料で提供することで、食事と安心、ぬくもりを届けるとともに、養老サービスセンターに持続的な発展の原動力を与えている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019110500717

    「新華社」 常州で中国スイス産業パーク開業国際競争力の育成目指す  企業入居式典で披露されたパフォーマンス。(9月26日撮影)中国江蘇省の常州国家ハイテク産業開発区(常州国家高新区)政府はこのほど、中国スイス(常州)国際産業イノベーションパークが正式に開業し、スイスやカナダから企業6社が入居したことを明らかにした。(常州=新華社配信/常州国家高新区提供)=2019(令和元)年9月26日、クレジット:常州国家高新区/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  19. 2019092504533

    「新華社」 第1回長江デルタ文化・観光フェア、上海で開催  21日、上海美術館が会場に展示した多種多様な面塑(中国民間伝統芸術の一つ、もち米と小麦粉をこねて作る「しんこ細工」を指し、「面花」とも呼ばれる)。2019年第1回長江デルタ文化・観光フェアが21日、中国上海市の上海国際旅游度假区(上海国際観光リゾート区)上海奕欧来(シャンハイビレッジ)アウトレットで開幕し、長江デルタ地域の優れた文化・観光関係企業91社が参加した。今回のフェアは、長江デルタの江蘇省、浙江省、安徽省、上海市の三省一市の上質な資源を結集し、同地域内の産業をリンクさせ、市民や観光客に高品質な観光を提供することを目的に開催された。(上海=新華社配信/王翔)=2019(令和元)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019092504566

    「新華社」 第1回長江デルタ文化・観光フェア、上海で開催  21日、浙江省竜泉市の業者が展示した特色ある磁器製品。2019年第1回長江デルタ文化・観光フェアが21日、中国上海市の上海国際旅游度假区(上海国際観光リゾート区)上海奕欧来(シャンハイビレッジ)アウトレットで開幕し、長江デルタ地域の優れた文化・観光関係企業91社が参加した。今回のフェアは、長江デルタの江蘇省、浙江省、安徽省、上海市の三省一市の上質な資源を結集し、同地域内の産業をリンクさせ、市民や観光客に高品質な観光を提供することを目的に開催された。(上海=新華社配信/王翔)=2019(令和元)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019092504646

    「新華社」 第1回長江デルタ文化・観光フェア、上海で開催  21日、上海美術館が会場に展示したパンダをテーマにした面塑(中国民間伝統芸術の一つ、もち米と小麦粉をこねて作る「しんこ細工」を指し、「面花」とも呼ばれる)。2019年第1回長江デルタ文化・観光フェアが21日、中国上海市の上海国際旅游度假区(上海国際観光リゾート区)上海奕欧来(シャンハイビレッジ)アウトレットで開幕し、長江デルタ地域の優れた文化・観光関係企業91社が参加した。今回のフェアは、長江デルタの江蘇省、浙江省、安徽省、上海市の三省一市の上質な資源を結集し、同地域内の産業をリンクさせ、市民や観光客に高品質な観光を提供することを目的に開催された。(上海=新華社配信/王翔)=2019(令和元)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019092708662

    「新華社」 アリババ商学院、アフリカ人学生のための越境ECクラスを開設  11日、始業式の参加者。中国の杭州師範大学アリババ商学院(AlibabaBusinessCollege)で11日、2019年度留学生の始業式が行われた。これは中国の電子商取引(EC)企業がアフリカの学生向けに開設した、初の越境EC4年制本科クラスとなる。ルワンダからの留学生22人が選抜試験に合格し、アリババの本社がある杭州でこれから4年間の学生生活を送る。留学生はここで、インターネットや国際貿易、越境ECの知識を学ぶだけでなく、身をもって中国のデジタル経済の発展を感じることができる。(杭州=新華社配信/アリババ提供)=2019(令和元)年9月11日、クレジット:アリババ/新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019091205095

    「新華社」 日本貴州友の会、日本と貴州の経済貿易協力を後押し  8日、座談会で発言するゼンショーホールディングス・グローバル事業推進本部の山本俊和シニアアドバイザー。中国貴州省を訪問した「日本貴州友の会」代表団は8日、貴陽市で特別座談会を開いた。日本の学者や企業代表者、同省の各級政府の関係者が、双方の経済・貿易交流促進について交流した。同会は日本の社会各界と貴州省との友好交流を促進する民間機関。2017年度の日本外務大臣賞を受賞した在日中国人作家・靳飛(きん・ひ)氏の呼びかけにより設立された。宮本雄二元駐中国大使が会長を務める。同会は設立以来、日本社会に持つ広範な影響力を活用し、日本の主流社会でさまざまな形式を通じて同省の経済・社会発展の成果を紹介することで、日本企業と同省の経済貿易や文化、観光などの分野での協力を後押ししてきた。(貴陽=新華社配信/貴州市政府提供)=2019(令和元)年9月8日、クレジット:貴州市政府/新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019091205094

    「新華社」 日本貴州友の会、日本と貴州の経済貿易協力を後押し  8日、貴州省貴陽市で開かれた「日本貴州友の会」代表団特別座談会。中国貴州省を訪問した「日本貴州友の会」代表団は8日、貴陽市で特別座談会を開いた。日本の学者や企業代表者、同省の各級政府の関係者が、双方の経済・貿易交流促進について交流した。同会は日本の社会各界と貴州省との友好交流を促進する民間機関。2017年度の日本外務大臣賞を受賞した在日中国人作家・靳飛(きん・ひ)氏の呼びかけにより設立された。宮本雄二元駐中国大使が会長を務める。同会は設立以来、日本社会に持つ広範な影響力を活用し、日本の主流社会でさまざまな形式を通じて同省の経済・社会発展の成果を紹介することで、日本企業と同省の経済貿易や文化、観光などの分野での協力を後押ししてきた。(貴陽=新華社配信/貴州市政府提供)=2019(令和元)年9月8日、クレジット:貴州市政府/新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019091205120

    「新華社」 日本貴州友の会、日本と貴州の経済貿易協力を後押し  8日、座談会に参加した来賓による記念撮影。中国貴州省を訪問した「日本貴州友の会」代表団は8日、貴陽市で特別座談会を開いた。日本の学者や企業代表者、同省の各級政府の関係者が、双方の経済・貿易交流促進について交流した。同会は日本の社会各界と貴州省との友好交流を促進する民間機関。2017年度の日本外務大臣賞を受賞した在日中国人作家・靳飛(きん・ひ)氏の呼びかけにより設立された。宮本雄二元駐中国大使が会長を務める。同会は設立以来、日本社会に持つ広範な影響力を活用し、日本の主流社会でさまざまな形式を通じて同省の経済・社会発展の成果を紹介することで、日本企業と同省の経済貿易や文化、観光などの分野での協力を後押ししてきた。(貴陽=新華社配信/貴州市政府提供)=2019(令和元)年9月8日、クレジット:貴州市政府/新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019091205128

    「新華社」 日本貴州友の会、日本と貴州の経済貿易協力を後押し  8日、座談会で発言する「日本貴州友の会」発起人の靳飛(きん・ひ)氏。中国貴州省を訪問した「日本貴州友の会」代表団は8日、貴陽市で特別座談会を開いた。日本の学者や企業代表者、同省の各級政府の関係者が、双方の経済・貿易交流促進について交流した。同会は日本の社会各界と貴州省との友好交流を促進する民間機関。2017年度の日本外務大臣賞を受賞した在日中国人作家・靳飛(きん・ひ)氏の呼びかけにより設立された。宮本雄二元駐中国大使が会長を務める。同会は設立以来、日本社会に持つ広範な影響力を活用し、日本の主流社会でさまざまな形式を通じて同省の経済・社会発展の成果を紹介することで、日本企業と同省の経済貿易や文化、観光などの分野での協力を後押ししてきた。(貴陽=新華社配信/貴州市政府提供)=2019(令和元)年9月8日、クレジット:貴州市政府/新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019091205116

    「新華社」 日本貴州友の会、日本と貴州の経済貿易協力を後押し  8日、貴州省貴陽市で開かれた「日本貴州友の会」代表団特別座談会。中国貴州省を訪問した「日本貴州友の会」代表団は8日、貴陽市で特別座談会を開いた。日本の学者や企業代表者、同省の各級政府の関係者が、双方の経済・貿易交流促進について交流した。同会は日本の社会各界と貴州省との友好交流を促進する民間機関。2017年度の日本外務大臣賞を受賞した在日中国人作家・靳飛(きん・ひ)氏の呼びかけにより設立された。宮本雄二元駐中国大使が会長を務める。同会は設立以来、日本社会に持つ広範な影響力を活用し、日本の主流社会でさまざまな形式を通じて同省の経済・社会発展の成果を紹介することで、日本企業と同省の経済貿易や文化、観光などの分野での協力を後押ししてきた。(貴陽=新華社配信/貴州市政府提供)=2019(令和元)年9月8日、クレジット:貴州市政府/新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019073103319

    「山陽新聞」 廃校舎に犬猫保護施設 岡山・吉備中央町  犬猫の保護施設「ティアハイム小学校」がオープンする旧大和中学校。2014年3月に閉校した吉備中央町宮地の旧大和中学校に29日、犬猫の保護施設「ティアハイム小学校」がオープンする。当面は猫の受け入れから始め、新たな飼い主を見つけることで殺処分ゼロを目指す。ペット用品通信販売などのDCイノベーション(岡山市北区)が設立した一般社団法人「ティアハイム小学校」が運営。同法人によると、廃校舎を活用した同様の施設は全国初という。=2019(令和元)年7月24日、岡山県吉備中央町宮地、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  29. 2019072601795

    「新華社」 中国と共同開発のコロンボ・ポートシティー、スリランカの開放型経済建設を後押し  22日、コロンボ・ポートシティーの景観水路エリアで運河護岸用の鉄筋かごにワイヤを取り付ける作業員。中国とスリランカが「一帯一路」構想に基づき共同開発を進めるコロンボ・ポートシティーの埋め立て工事が完了し、公共施設の建設が相次いで開始されたことに伴い、この南アジアにある新たな都市は発展の新段階に入った。中国とスリランカは現在、手を携えコロンボ・ポートシティーへの企業誘致を進めている。双方の計画によると、コロンボ・ポートシティーは世界中の投資家を集めるため、一連の企業優遇措置を推し進め、スリランカに開放経済の新たな高みを作り上げる。(コロンボ=新華社記者/唐璐)=2019(令和元)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019072601759

    「新華社」 中国と共同開発のコロンボ・ポートシティー、スリランカの開放型経済建設を後押し  コロンボ・ポートシティー。(小型無人機から、7月12日撮影)中国とスリランカが「一帯一路」構想に基づき共同開発を進めるコロンボ・ポートシティーの埋め立て工事が完了し、公共施設の建設が相次いで開始されたことに伴い、この南アジアにある新たな都市は発展の新段階に入った。中国とスリランカは現在、手を携えコロンボ・ポートシティーへの企業誘致を進めている。双方の計画によると、コロンボ・ポートシティーは世界中の投資家を集めるため、一連の企業優遇措置を推し進め、スリランカに開放経済の新たな高みを作り上げる。(コロンボ=新華社配信)=2019(令和元)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019072600206

    「新華社」 米バイオ医薬品大手のギリアド・サイエンシズ、成都市に拠点開設  10日、成都市高新技術産業開発区に開設された世界企業番付「500強」企業の中国西部営業センター。中国四川省成都市の高新技術産業開発区とギリアド・サイエンシズが10日、協力協定に調印し、米国に本社を置く世界企業番付「500強」企業の中国西部営業センターが正式に同区に開設された。(成都=新華社配信/高新技術産業開発区管理委員会提供)=2019(令和元)年7月10日、クレジット:高新技術産業開発区管理委員会/新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019072600251

    「新華社」 世界的高地都市で100度のお湯を提供四川省理塘県  10日、新たに設置されたウォーターサーバーから魔法瓶にお湯を注ぐ地元民。中国の青海チベット高原の南東端に位置する四川省カンゼ・チベット族自治州理塘(りとう)県は標高が平均4千メートルに達する「世界高城」(世界有数の標高の高い都市)と呼ばれている。標高が高いため気圧が低く、ここでは水が70度前後で沸騰してしまう。このため、現地の人々は安全なお湯を飲むことができず、寄生虫によるエキノコックス症などの病気が発生している。チベット族居住地域支援事業チームの医療スタッフは現地の人々に100度のお湯を提供するため、社会貢献に熱心な企業とのマッチングを積極的に仲介し、高原専用ウォーターサーバーの寄贈を実現した。このサーバーは水を100度まで沸騰させることができ、浄水機能も備えている。(カンゼ=新華社配信/理塘県政府提供)=2019(令和元)年7月10日、クレジット:理塘県政府/新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019072600253

    「新華社」 世界的高地都市で100度のお湯を提供四川省理塘県  10日、新たに設置されたウォーターサーバーの傍で水を飲む子ども。中国の青海チベット高原の南東端に位置する四川省カンゼ・チベット族自治州理塘(りとう)県は標高が平均4千メートルに達する「世界高城」(世界有数の標高の高い都市)と呼ばれている。標高が高いため気圧が低く、ここでは水が70度前後で沸騰してしまう。このため、現地の人々は安全なお湯を飲むことができず、寄生虫によるエキノコックス症などの病気が発生している。チベット族居住地域支援事業チームの医療スタッフは現地の人々に100度のお湯を提供するため、社会貢献に熱心な企業とのマッチングを積極的に仲介し、高原専用ウォーターサーバーの寄贈を実現した。このサーバーは水を100度まで沸騰させることができ、浄水機能も備えている。(カンゼ=新華社配信/理塘県政府提供)=2019(令和元)年7月10日、クレジット:理塘県政府/新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019072600188

    「新華社」 米バイオ医薬品大手のギリアド・サイエンシズ、成都市に拠点開設  10日、ギリアド・サイエンシズ成都支社の開業式典で挨拶するダニエル・オデイ最高経営責任者(CEO)。中国四川省成都市の高新技術産業開発区とギリアド・サイエンシズが10日、協力協定に調印し、米国に本社を置く世界企業番付「500強」企業の中国西部営業センターが正式に同区に開設された。(成都=新華社配信/高新技術産業開発区管理委員会提供)=2019(令和元)年7月10日、クレジット:高新技術産業開発区管理委員会/新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019071005969

    「新華社」 ごみ分別に奨励制度導入を検討広東省深圳市  4日、深圳市内の住宅団地に設置されたごみ箱。中国広東省深圳市はこのほど、ごみの分別に奨励金を出す制度の計画を発表し、現在パブリックコメントを求めている。計画によると、2019年から2021年まで、毎年6250万元(1元=約16円)を生活ごみ分別奨励補助金に当て、その年の生活ごみの分別で模範的と認定された家庭や個人、団地、企業に奨励金を支給する。(深圳=新華社配信/深圳市都市管理局提供)=2019(令和元)年7月4日、クレジット:深圳市都市管理局/新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019070405317

    「新華社」 白茶の郷で闘茶競技会福建省福鼎市  6月30日、競技会の開幕を知らせる海峡両岸茶産業交流協会の元執行会長、福建省茶業協会の楊祖基(よう・そき)会長(右)と寧徳市海峡茶業交流協会の李歩泉(り・ほせん)会長(左)。中国福建省福鼎(ふくてい)市点頭鎮で6月30日、海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶産業交流協会などの団体による「中国・福鼎白茶小鎮(点頭)第2回民間闘茶競技会」が開幕し、多くの茶関連企業や茶専門店、茶人が参加した。競技会は、同市の白茶文化の高揚と専門的で高精度化され個性ある「白茶小鎮」の建設、多くの茶人に実りある交流と技芸を磨き合う場の提供を目的に開催された。福鼎市は「世界の白茶は中国に、中国の白茶は福鼎にある」とうたわれ、2006年には「中国白茶之郷」の称号を授与された。市内の茶葉栽培面積は現在、21万5千ムー(約1万4333ヘクタール)に達している。点頭鎮は中国白茶の「特色小鎮」(特色ある小さな町)であり、茶葉栽培面積は3万6700ムー(約2447ヘクタール)と同市最大の茶葉生産地の一つとされる。同鎮では茶産業が農業の高効率化と農民の増収、農村振興の効果的な保障となっている。(福鼎=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019071006093

    「新華社」 ごみ分別に奨励制度導入を検討広東省深圳市  ごみを分別して捨てる深圳市民。(6月28日撮影)中国広東省深圳市はこのほど、ごみの分別に奨励金を出す制度の計画を発表し、現在パブリックコメントを求めている。計画によると、2019年から2021年まで、毎年6250万元(1元=約16円)を生活ごみ分別奨励補助金に当て、その年の生活ごみの分別で模範的と認定された家庭や個人、団地、企業に奨励金を支給する。(深圳=新華社配信/深圳市都市管理局提供)=2019(令和元)年6月28日、クレジット:深圳市都市管理局/新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019071005971

    「新華社」 ごみ分別に奨励制度導入を検討広東省深圳市  ごみを分別して捨てる深圳市民。(6月28日撮影)中国広東省深圳市はこのほど、ごみの分別に奨励金を出す制度の計画を発表し、現在パブリックコメントを求めている。計画によると、2019年から2021年まで、毎年6250万元(1元=約16円)を生活ごみ分別奨励補助金に当て、その年の生活ごみの分別で模範的と認定された家庭や個人、団地、企業に奨励金を支給する。(深圳=新華社配信/深圳市都市管理局提供)=2019(令和元)年6月28日、クレジット:深圳市都市管理局/新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019071005966

    「新華社」 ごみ分別に奨励制度導入を検討広東省深圳市  深圳市内の住宅団地に設置された各種ごみ箱。(6月28日撮影)中国広東省深圳市はこのほど、ごみの分別に奨励金を出す制度の計画を発表し、現在パブリックコメントを求めている。計画によると、2019年から2021年まで、毎年6250万元(1元=約16円)を生活ごみ分別奨励補助金に当て、その年の生活ごみの分別で模範的と認定された家庭や個人、団地、企業に奨励金を支給する。(深圳=新華社配信/深圳市都市管理局提供)=2019(令和元)年6月28日、クレジット:深圳市都市管理局/新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019062625771

    「新華社」 設立から2年余遼寧自貿区が東北部旧工業基地の振興を推進  遼寧自貿区営口片区にある営口総合保税区。(資料写真)中国(遼寧)自由貿易試験区(遼寧自貿区)は2017年4月1日、中国東北部唯一の自由貿易試験区として設立された。それから2年余りにわたり、各手続きプロセスの簡素化、輸出入業務の実施推進、改革案の発表など一連の「創造的」な探索、制度刷新と開放拡大の同時実施を進め、遼寧省の旧工業基地の経済発展に新たな活力を注ぎ込んでいる。今年4月10日、中国東北地域沿岸で唯一の総合保税区となる営口総合保税区が、正式に運営を開始した。同総合保税区内で業務展開する企業に対し、産業の発展、固定資産投資、対外貿易物流、倉庫保管、金融、企業の構造転換と高度化、外商投資、経営幹部・ハイテク人材、事務所施設の9分野で支援を提供する。(営口=新華社配信/中国(遼寧)自由貿易試験区営口片区提供)=撮影日不明、クレジット:中国(遼寧)自由貿易試験区営口片区/新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019061100023

    燕三条の職人技を間近で  見学や体験が可能な企業を紹介する「オープンファクトリーマップ」

  42. 2019061100022

    燕三条の職人技を間近で  見学や体験が可能な企業を紹介する「オープンファクトリーマップ」

  43. 2019060600048

    「12段用」「スクランブル」 遺伝情報、企業に売ります  遺伝情報を有償で提供する仕組み

  44. 2019060600047

    「12段用」「スクランブル」 遺伝情報、企業に売ります  遺伝情報を有償で提供する仕組み

  45. 2019060600046

    「スクランブル」 遺伝情報、企業に売ります  遺伝情報を有償で提供する仕組み

  46. 2019060600045

    「スクランブル」 遺伝情報、企業に売ります  遺伝情報を有償で提供する仕組み

  47. 2019060600042

    「スクランブル」 遺伝情報、企業に売ります  遺伝情報の提供ができる「ジェネシスヘルスケア」のスマホアプリ

  48. 2019060600041

    「スクランブル」 遺伝情報、企業に売ります  遺伝情報の提供ができる「ジェネシスヘルスケア」のスマホアプリ

  49. 2019062625786

    「新華社」 ある在中米国企業の困惑  6日、キャボットコーポレーションの上海工場で行われた地域住民向けの企業参観デーイベントの様子。世界的特殊化学製品企業のキャボットコーポレーションは1988年に中国に進出し、中国側パートナーと共に上海初の外資系化学工業企業を設立した。しかしここ1年、この中国でのビジネスに長かった経験を持つ米国企業が、かつてない困惑に直面している。同社の上級副社長兼アジア太平洋地域担当部長の朱戟(ジェフ・チュー)氏は新華社の取材に、「わが社では毎年、延べ20人近い技術系社員が米ボストン本社での技術交流や研修に参加してきたが、昨年からこうしたビザ申請がたびたび却下されるようになった。すでに会社の業務に悪影響が出ていると言える」と明かした。朱氏は、米国企業の対中投資は通常のビジネス協力であり、誰もがそれぞれの役割を担うことは、世界的なワークシェアと互恵・ウィンウィンの表れだ。過去20年、キャボットは海外投資を中国に集中し、手厚いリターンを得てきた。今は中米経済貿易摩擦を背景に多少の困惑に直面しているが、中国市場をあきらめることはないと強調した。(上海=新華社配信/キャボットコーポレーション提供)=2019(令和元)年6月6日、クレジット:キャボットコーポレーション/新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019061403722

    「新華社」 瀋陽税関、輸入水生動物の通関迅速化と検疫管理を後押し  6日、タイから輸入された観賞魚のフラワーホーン。タイから輸入された53箱、計2万2230匹の観賞魚が6日、中国遼寧省瀋陽市の瀋陽桃仙国際空港に到着した。税関職員による検査の後、中国の企業信用管理制度で上から2番目のA類企業(一般認証企業)向け隔離検疫場に直ちに搬送され、隔離養殖された。(瀋陽=新華社配信/瀋陽税関提供)=2019(令和元)年6月6日、クレジット:瀋陽税関/新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像