検索結果 20 件中 1 件 〜 20
  1. 2019080800250

    「新華社」 複数の河川が交わるプノンペン  7月31日、空から見たプノンペン市内。(小型無人機から)カンボジアの首都プノンペンは、メコン川の上下流、トンレサップ川、バサック川が合流して再び分岐する場所にあり、「チャット・ムック」(四つの河)とも呼ばれる。2018年、カンボジア国内総生産(GDP)の伸び率は7・3%に達し、アジアで最も経済の活力と発展の潜在力を持つ国となった。プノンペンはここ数年、多くの投資を呼び込んでおり、高層ビルが雨後のタケノコのように次々と誕生している。中国の統計によると、2018年末までに中国企業がカンボジアで締結した事業請負契約は累計204億2千万ドル(1ドル=約106円)、完成工事高(売上高)は128億8千万ドルで、中国資本は既にカンボジア経済を発展させる最も重要な原動力の一つとなっている。(プノンペン=新華社配信/高炳南)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019080800314

    「新華社」 複数の河川が交わるプノンペン  7月31日、空から見たプノンペン市内。(小型無人機から)カンボジアの首都プノンペンは、メコン川の上下流、トンレサップ川、バサック川が合流して再び分岐する場所にあり、「チャット・ムック」(四つの河)とも呼ばれる。2018年、カンボジア国内総生産(GDP)の伸び率は7・3%に達し、アジアで最も経済の活力と発展の潜在力を持つ国となった。プノンペンはここ数年、多くの投資を呼び込んでおり、高層ビルが雨後のタケノコのように次々と誕生している。中国の統計によると、2018年末までに中国企業がカンボジアで締結した事業請負契約は累計204億2千万ドル(1ドル=約106円)、完成工事高(売上高)は128億8千万ドルで、中国資本は既にカンボジア経済を発展させる最も重要な原動力の一つとなっている。(プノンペン=新華社配信/高炳南)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019080800265

    「新華社」 複数の河川が交わるプノンペン  7月31日、空から見たプノンペン市内。(小型無人機から)カンボジアの首都プノンペンは、メコン川の上下流、トンレサップ川、バサック川が合流して再び分岐する場所にあり、「チャット・ムック」(四つの河)とも呼ばれる。2018年、カンボジア国内総生産(GDP)の伸び率は7・3%に達し、アジアで最も経済の活力と発展の潜在力を持つ国となった。プノンペンはここ数年、多くの投資を呼び込んでおり、高層ビルが雨後のタケノコのように次々と誕生している。中国の統計によると、2018年末までに中国企業がカンボジアで締結した事業請負契約は累計204億2千万ドル(1ドル=約106円)、完成工事高(売上高)は128億8千万ドルで、中国資本は既にカンボジア経済を発展させる最も重要な原動力の一つとなっている。(プノンペン=新華社配信/高炳南)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019080800241

    「新華社」 複数の河川が交わるプノンペン  7月31日、空から見たプノンペン市内。(小型無人機から)カンボジアの首都プノンペンは、メコン川の上下流、トンレサップ川、バサック川が合流して再び分岐する場所にあり、「チャット・ムック」(四つの河)とも呼ばれる。2018年、カンボジア国内総生産(GDP)の伸び率は7・3%に達し、アジアで最も経済の活力と発展の潜在力を持つ国となった。プノンペンはここ数年、多くの投資を呼び込んでおり、高層ビルが雨後のタケノコのように次々と誕生している。中国の統計によると、2018年末までに中国企業がカンボジアで締結した事業請負契約は累計204億2千万ドル(1ドル=約106円)、完成工事高(売上高)は128億8千万ドルで、中国資本は既にカンボジア経済を発展させる最も重要な原動力の一つとなっている。(プノンペン=新華社配信/高炳南)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019012202921

    「新華社」 中国GDP、初めて90兆元の大台突破  江西省都昌県中館鎮で豊作の田畑を走る列車。(2018年10月6日撮影、小型無人機から)中国国家統計局が21日発表した2018年の国内総生産(GDP)は、90兆309億元(1元=約16円)と初めて90兆元の大台を突破した。(都昌=新華社配信/傅建斌)=2018(平成30)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2018062900445

    「新華社」 空から望む上海市浦東新区  25日、上海浦東世紀公園。(小型無人機から)中国上海市浦東新区の開発は、中国の改革開放40年の過程で特筆すべき出来事だ。1990年からの28年間で、田んぼと畑だった場所は、ビルが林立する陸家嘴国際金融センターに発展した。中国初の保税区「外高橋保税区」、初の自由貿易試験区「中国(上海)自由貿易試験区」、初の保税港区「洋山保税港区」など、中国の数十の「初」は浦東新区で誕生した。浦東新区の域内総生産(GDP)は現在、開発開放時の60億元(1元=約17円)からすでに約1兆元までになり、経済規模は160倍に増加した。(上海=新華社記者/任瓏)=2018(平成30)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2018062900432

    「新華社」 空から望む上海市浦東新区  21日、陸家嘴の夜景。(小型無人機から)中国上海市浦東新区の開発は、中国の改革開放40年の過程で特筆すべき出来事だ。1990年からの28年間で、田んぼと畑だった場所は、ビルが林立する陸家嘴国際金融センターに発展した。中国初の保税区「外高橋保税区」、初の自由貿易試験区「中国(上海)自由貿易試験区」、初の保税港区「洋山保税港区」など、中国の数十の「初」は浦東新区で誕生した。浦東新区の域内総生産(GDP)は現在、開発開放時の60億元(1元=約17円)からすでに約1兆元までになり、経済規模は160倍に増加した。(上海=新華社記者/殷剛)=2018(平成30)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2018062900442

    「新華社」 空から望む上海市浦東新区  21日、早朝の陸家嘴。(小型無人機から)中国上海市浦東新区の開発は、中国の改革開放40年の過程で特筆すべき出来事だ。1990年からの28年間で、田んぼと畑だった場所は、ビルが林立する陸家嘴国際金融センターに発展した。中国初の保税区「外高橋保税区」、初の自由貿易試験区「中国(上海)自由貿易試験区」、初の保税港区「洋山保税港区」など、中国の数十の「初」は浦東新区で誕生した。浦東新区の域内総生産(GDP)は現在、開発開放時の60億元(1元=約17円)からすでに約1兆元までになり、経済規模は160倍に増加した。(上海=新華社記者/任瓏)=2018(平成30)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2018082417057

    「新華社」 寧夏回族自治区成立60年、質の高い発展の歩み  寧夏回族自治区呉忠市の呉忠儀表有限責任公司の自動化産業パーク。(5月16日、小型無人機から)中国寧夏回族自治区は1958年の自治区成立から60年の間に、域内総生産(GDP)が3億2800万元(1元=約16円)から3453億9300万元と1052倍増えた。市場のニーズに合致し、特色のある質の高い現代的な経済構造システムを現在構築している。特にここ数年、発展の新旧原動力の転換が絶えず加速していることから、経済の質の高い発展推進に一層の自信をみせている。(銀川=新華社記者/王鵬)=2018(平成30)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2018071700729

    「新華社」 18年上半期の中国経済成長率、6·8%  5月4日、山東省青島港前湾新港区の自動化コンテナターミナル。(小型無人機から)中国国家統計局は16日、経済データを発表した。初歩的な計算によると、上半期の国内総生産(GDP)は41兆8961億元で、不変価格で計算すると、成長率は前年比6・8増だった。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2018(平成30)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019012202913

    「新華社」 中国GDP、初めて90兆元の大台突破  貴州省鎮遠県青渓鎮にある生花を原料とした酒造会社でバラの花びらを運ぶ従業員。(2018年4月21日撮影、小型無人機から)中国国家統計局が21日発表した2018年の国内総生産(GDP)は、90兆309億元(1元=約16円)と初めて90兆元の大台を突破した。(鎮遠=新華社配信/蔡興文)=2018(平成30)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2018062900441

    「新華社」 空から望む上海市浦東新区  2017年5月19日に撮影した上海ディズニーランド。(小型無人機から)中国上海市浦東新区の開発は、中国の改革開放40年の過程で特筆すべき出来事だ。1990年からの28年間で、田んぼと畑だった場所は、ビルが林立する陸家嘴国際金融センターに発展した。中国初の保税区「外高橋保税区」、初の自由貿易試験区「中国(上海)自由貿易試験区」、初の保税港区「洋山保税港区」など、中国の数十の「初」は浦東新区で誕生した。浦東新区の域内総生産(GDP)は現在、開発開放時の60億元(1元=約17円)からすでに約1兆元までになり、経済規模は160倍に増加した。(上海=新華社記者/丁汀)=2017(平成29)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2018062900435

    「新華社」 空から望む上海市浦東新区  2017年5月14日に撮影した陸家嘴。(小型無人機から)中国上海市浦東新区の開発は、中国の改革開放40年の過程で特筆すべき出来事だ。1990年からの28年間で、田んぼと畑だった場所は、ビルが林立する陸家嘴国際金融センターに発展した。中国初の保税区「外高橋保税区」、初の自由貿易試験区「中国(上海)自由貿易試験区」、初の保税港区「洋山保税港区」など、中国の数十の「初」は浦東新区で誕生した。浦東新区の域内総生産(GDP)は現在、開発開放時の60億元(1元=約17円)からすでに約1兆元までになり、経済規模は160倍に増加した。(上海=新華社記者/丁汀)=2017(平成29)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2018062900460

    「新華社」 空から望む上海市浦東新区  2017年5月14日に撮影した陸家嘴の緑に囲まれた川辺の歩道。(小型無人機から)中国上海市浦東新区の開発は、中国の改革開放40年の過程で特筆すべき出来事だ。1990年からの28年間で、田んぼと畑だった場所は、ビルが林立する陸家嘴国際金融センターに発展した。中国初の保税区「外高橋保税区」、初の自由貿易試験区「中国(上海)自由貿易試験区」、初の保税港区「洋山保税港区」など、中国の数十の「初」は浦東新区で誕生した。浦東新区の域内総生産(GDP)は現在、開発開放時の60億元(1元=約17円)からすでに約1兆元までになり、経済規模は160倍に増加した。(上海=新華社記者/丁汀)=2017(平成29)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2018062900457

    「新華社」 空から望む上海市浦東新区  2017年4月14日に撮影した中華芸術宮の夜景。(小型無人機から)中国上海市浦東新区の開発は、中国の改革開放40年の過程で特筆すべき出来事だ。1990年からの28年間で、田んぼと畑だった場所は、ビルが林立する陸家嘴国際金融センターに発展した。中国初の保税区「外高橋保税区」、初の自由貿易試験区「中国(上海)自由貿易試験区」、初の保税港区「洋山保税港区」など、中国の数十の「初」は浦東新区で誕生した。浦東新区の域内総生産(GDP)は現在、開発開放時の60億元(1元=約17円)からすでに約1兆元までになり、経済規模は160倍に増加した。(上海=新華社記者/丁汀)=2017(平成29)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2018062900467

    「新華社」 空から望む上海市浦東新区  2017年4月13日に撮影した南浦大橋の夜景。(小型無人機から)中国上海市浦東新区の開発は、中国の改革開放40年の過程で特筆すべき出来事だ。1990年からの28年間で、田んぼと畑だった場所は、ビルが林立する陸家嘴国際金融センターに発展した。中国初の保税区「外高橋保税区」、初の自由貿易試験区「中国(上海)自由貿易試験区」、初の保税港区「洋山保税港区」など、中国の数十の「初」は浦東新区で誕生した。浦東新区の域内総生産(GDP)は現在、開発開放時の60億元(1元=約17円)からすでに約1兆元までになり、経済規模は160倍に増加した。(上海=新華社記者/丁汀)=2017(平成29)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2018062900455

    「新華社」 空から望む上海市浦東新区  2017年4月13日に撮影した盧浦大橋の夜景。(小型無人機から)中国上海市浦東新区の開発は、中国の改革開放40年の過程で特筆すべき出来事だ。1990年からの28年間で、田んぼと畑だった場所は、ビルが林立する陸家嘴国際金融センターに発展した。中国初の保税区「外高橋保税区」、初の自由貿易試験区「中国(上海)自由貿易試験区」、初の保税港区「洋山保税港区」など、中国の数十の「初」は浦東新区で誕生した。浦東新区の域内総生産(GDP)は現在、開発開放時の60億元(1元=約17円)からすでに約1兆元までになり、経済規模は160倍に増加した。(上海=新華社記者/丁汀)=2017(平成29)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2018062900462

    「新華社」 空から望む上海市浦東新区  2014年9月29日に撮影した上海自由貿易試験区外高橋コンテナターミナル。(小型無人機から)中国上海市浦東新区の開発は、中国の改革開放40年の過程で特筆すべき出来事だ。1990年からの28年間で、田んぼと畑だった場所は、ビルが林立する陸家嘴国際金融センターに発展した。中国初の保税区「外高橋保税区」、初の自由貿易試験区「中国(上海)自由貿易試験区」、初の保税港区「洋山保税港区」など、中国の数十の「初」は浦東新区で誕生した。浦東新区の域内総生産(GDP)は現在、開発開放時の60億元(1元=約17円)からすでに約1兆元までになり、経済規模は160倍に増加した。(上海=新華社記者/凡軍)=2014(平成26)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2012122000440

    物価目標、来年1月結論  日銀本店=2011年12月、東京都中央区

  20. 2007022100034

    【】  日銀が政策決定会合 東京都中央区の日本銀行本店=21日午前、共同通信社ヘリから

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像