検索結果 53 件中 1 件 〜 50 件 "貧困世帯"
  1. 2020061604430

    小型モーターが貧困脱却の大きな力に湖南省永州市  9日、湖南省永州市江華ヤオ族自治県にある湖南竜徳晟機電科技大圩分公司のモーター生産ラインで作業する従業員。中国湖南省永州市江華ヤオ族自治県は近年、ターゲットを絞った企業・産業チェーン誘致などにより、小型モーターを生産する電機・小型家電企業を中心に41社を誘致してきた。2019年の同県の電機産業の生産額は30億元(1元=約15円)に達し、5千人余りの雇用を創出している。うち貧困世帯の雇用は千人を上回っており、1人当たりの平均月収は3千元余りとなっている。(永州=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020061604536

    小型モーターが貧困脱却の大きな力に湖南省永州市  9日、湖南省永州市江華ヤオ族自治県にある湖南竜徳晟機電科技大圩分公司のモーター生産ラインで作業する従業員。中国湖南省永州市江華ヤオ族自治県は近年、ターゲットを絞った企業・産業チェーン誘致などにより、小型モーターを生産する電機・小型家電企業を中心に41社を誘致してきた。2019年の同県の電機産業の生産額は30億元(1元=約15円)に達し、5千人余りの雇用を創出している。うち貧困世帯の雇用は千人を上回っており、1人当たりの平均月収は3千元余りとなっている。(永州=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020061604617

    小型モーターが貧困脱却の大きな力に湖南省永州市  9日、湖南省永州市江華ヤオ族自治県にある湖南竜徳晟機電科技大圩分公司のモーター生産ラインで作業する従業員。中国湖南省永州市江華ヤオ族自治県は近年、ターゲットを絞った企業・産業チェーン誘致などにより、小型モーターを生産する電機・小型家電企業を中心に41社を誘致してきた。2019年の同県の電機産業の生産額は30億元(1元=約15円)に達し、5千人余りの雇用を創出している。うち貧困世帯の雇用は千人を上回っており、1人当たりの平均月収は3千元余りとなっている。(永州=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020061604612

    小型モーターが貧困脱却の大きな力に湖南省永州市  9日、湖南省永州市江華ヤオ族自治県にある湖南竜徳晟機電科技大圩分公司のモーター生産ラインで作業する従業員。中国湖南省永州市江華ヤオ族自治県は近年、ターゲットを絞った企業・産業チェーン誘致などにより、小型モーターを生産する電機・小型家電企業を中心に41社を誘致してきた。2019年の同県の電機産業の生産額は30億元(1元=約15円)に達し、5千人余りの雇用を創出している。うち貧困世帯の雇用は千人を上回っており、1人当たりの平均月収は3千元余りとなっている。(永州=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020061604362

    小型モーターが貧困脱却の大きな力に湖南省永州市  9日、湖南省永州市江華ヤオ族自治県にある湖南竜徳晟機電科技大圩分公司のモーター生産ラインで作業する従業員。中国湖南省永州市江華ヤオ族自治県は近年、ターゲットを絞った企業・産業チェーン誘致などにより、小型モーターを生産する電機・小型家電企業を中心に41社を誘致してきた。2019年の同県の電機産業の生産額は30億元(1元=約15円)に達し、5千人余りの雇用を創出している。うち貧困世帯の雇用は千人を上回っており、1人当たりの平均月収は3千元余りとなっている。(永州=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020061604445

    小型モーターが貧困脱却の大きな力に湖南省永州市  9日、湖南省永州市江華ヤオ族自治県にある湖南竜徳晟機電科技大圩分公司のモーター生産ラインで作業する従業員。中国湖南省永州市江華ヤオ族自治県は近年、ターゲットを絞った企業・産業チェーン誘致などにより、小型モーターを生産する電機・小型家電企業を中心に41社を誘致してきた。2019年の同県の電機産業の生産額は30億元(1元=約15円)に達し、5千人余りの雇用を創出している。うち貧困世帯の雇用は千人を上回っており、1人当たりの平均月収は3千元余りとなっている。(永州=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020061604358

    小型モーターが貧困脱却の大きな力に湖南省永州市  9日、湖南省永州市江華ヤオ族自治県にある湖南竜徳晟機電科技大圩分公司のモーター生産ラインで作業する従業員。中国湖南省永州市江華ヤオ族自治県は近年、ターゲットを絞った企業・産業チェーン誘致などにより、小型モーターを生産する電機・小型家電企業を中心に41社を誘致してきた。2019年の同県の電機産業の生産額は30億元(1元=約15円)に達し、5千人余りの雇用を創出している。うち貧困世帯の雇用は千人を上回っており、1人当たりの平均月収は3千元余りとなっている。(永州=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020061809292

    鉱山労働者、演劇で人生が逆転江西省瑞金市  2019年に完成した新築の家の前で記念撮影をする欧陽さん夫妻。(6月4日撮影)欧陽羅発生(おうよう・らはつせい)さんと唐玉春(とう・ぎょくしゅん)さん夫婦は、中国江西省瑞金市沙洲壩鎮潔源村に暮らしている。欧陽さんは1995年、同市の昌隆採石場で鉱山労働者として働き始めたが、深刻な粉塵汚染により2006年に、不幸にも肺膿瘍と肺結核を患ってしまった。高額な治療費から、夫婦は多額の借金を背負った。さらに働いていた鉱山も汚染問題から2012年に永久封鎖され、夫婦は15年に地元の登録貧困世帯に指定された。夫の欧陽さんは、地元政府のサポートを受け、養魚池の管理を請け負うとともに、村の清掃員として働くこととなった。これにより2人の生活はある程度改善し、16年に貧困脱却基準に達することができた。地元政府は18年、すでに廃棄された昌隆採石場を「宝に変える」ため、使われなくなった鉱山を観光地に変え、そこに演劇プロジェクトを導入することを計画した。鉱山観光区は19年の年末、一般市民からエキストラの募集を開始した。欧陽さん夫婦はそれに応募し、見事選出された。夫婦は毎月6千元(1元=約15円)以上の出演料を得て、より良い生活を送ることができるようになった。欧陽さんは「かつての鉱山が今のように様変わりしたのを見ると、まるで人生が逆転したように感じる」と語った。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020061809284

    鉱山労働者、演劇で人生が逆転江西省瑞金市  自身が請け負った養魚池のそばで、魚の飼料用の草を用意する欧陽羅発生さん。(6月4日撮影)欧陽羅発生(おうよう・らはつせい)さんと唐玉春(とう・ぎょくしゅん)さん夫婦は、中国江西省瑞金市沙洲壩鎮潔源村に暮らしている。欧陽さんは1995年、同市の昌隆採石場で鉱山労働者として働き始めたが、深刻な粉塵汚染により2006年に、不幸にも肺膿瘍と肺結核を患ってしまった。高額な治療費から、夫婦は多額の借金を背負った。さらに働いていた鉱山も汚染問題から2012年に永久封鎖され、夫婦は15年に地元の登録貧困世帯に指定された。夫の欧陽さんは、地元政府のサポートを受け、養魚池の管理を請け負うとともに、村の清掃員として働くこととなった。これにより2人の生活はある程度改善し、16年に貧困脱却基準に達することができた。地元政府は18年、すでに廃棄された昌隆採石場を「宝に変える」ため、使われなくなった鉱山を観光地に変え、そこに演劇プロジェクトを導入することを計画した。鉱山観光区は19年の年末、一般市民からエキストラの募集を開始した。欧陽さん夫婦はそれに応募し、見事選出された。夫婦は毎月6千元(1元=約15円)以上の出演料を得て、より良い生活を送ることができるようになった。欧陽さんは「かつての鉱山が今のように様変わりしたのを見ると、まるで人生が逆転したように感じる」と語った。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020061809297

    鉱山労働者、演劇で人生が逆転江西省瑞金市  鉱山労働者として働いていた20年以上前にかぶっていたヘルメットを記者に見せる欧陽羅発生さん。(6月4日撮影)欧陽羅発生(おうよう・らはつせい)さんと唐玉春(とう・ぎょくしゅん)さん夫婦は、中国江西省瑞金市沙洲壩鎮潔源村に暮らしている。欧陽さんは1995年、同市の昌隆採石場で鉱山労働者として働き始めたが、深刻な粉塵汚染により2006年に、不幸にも肺膿瘍と肺結核を患ってしまった。高額な治療費から、夫婦は多額の借金を背負った。さらに働いていた鉱山も汚染問題から2012年に永久封鎖され、夫婦は15年に地元の登録貧困世帯に指定された。夫の欧陽さんは、地元政府のサポートを受け、養魚池の管理を請け負うとともに、村の清掃員として働くこととなった。これにより2人の生活はある程度改善し、16年に貧困脱却基準に達することができた。地元政府は18年、すでに廃棄された昌隆採石場を「宝に変える」ため、使われなくなった鉱山を観光地に変え、そこに演劇プロジェクトを導入することを計画した。鉱山観光区は19年の年末、一般市民からエキストラの募集を開始した。欧陽さん夫婦はそれに応募し、見事選出された。夫婦は毎月6千元(1元=約15円)以上の出演料を得て、より良い生活を送ることができるようになった。欧陽さんは「かつての鉱山が今のように様変わりしたのを見ると、まるで人生が逆転したように感じる」と語った。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020061809348

    鉱山労働者、演劇で人生が逆転江西省瑞金市  欧陽羅発生さんのたこだらけの両手にハンドクリームを塗る妻の唐玉春さん。(6月4日撮影)欧陽羅発生(おうよう・らはつせい)さんと唐玉春(とう・ぎょくしゅん)さん夫婦は、中国江西省瑞金市沙洲壩鎮潔源村に暮らしている。欧陽さんは1995年、同市の昌隆採石場で鉱山労働者として働き始めたが、深刻な粉塵汚染により2006年に、不幸にも肺膿瘍と肺結核を患ってしまった。高額な治療費から、夫婦は多額の借金を背負った。さらに働いていた鉱山も汚染問題から2012年に永久封鎖され、夫婦は15年に地元の登録貧困世帯に指定された。夫の欧陽さんは、地元政府のサポートを受け、養魚池の管理を請け負うとともに、村の清掃員として働くこととなった。これにより2人の生活はある程度改善し、16年に貧困脱却基準に達することができた。地元政府は18年、すでに廃棄された昌隆採石場を「宝に変える」ため、使われなくなった鉱山を観光地に変え、そこに演劇プロジェクトを導入することを計画した。鉱山観光区は19年の年末、一般市民からエキストラの募集を開始した。欧陽さん夫婦はそれに応募し、見事選出された。夫婦は毎月6千元(1元=約15円)以上の出演料を得て、より良い生活を送ることができるようになった。欧陽さんは「かつての鉱山が今のように様変わりしたのを見ると、まるで人生が逆転したように感じる」と語った。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020061809268

    鉱山労働者、演劇で人生が逆転江西省瑞金市  鉱山旅行観光区の劇場で、演劇のリハーサルに参加する妻の唐玉春さん。(6月3日撮影)欧陽羅発生(おうよう・らはつせい)さんと唐玉春(とう・ぎょくしゅん)さん夫婦は、中国江西省瑞金市沙洲壩鎮潔源村に暮らしている。欧陽さんは1995年、同市の昌隆採石場で鉱山労働者として働き始めたが、深刻な粉塵汚染により2006年に、不幸にも肺膿瘍と肺結核を患ってしまった。高額な治療費から、夫婦は多額の借金を背負った。さらに働いていた鉱山も汚染問題から2012年に永久封鎖され、夫婦は15年に地元の登録貧困世帯に指定された。夫の欧陽さんは、地元政府のサポートを受け、養魚池の管理を請け負うとともに、村の清掃員として働くこととなった。これにより2人の生活はある程度改善し、16年に貧困脱却基準に達することができた。地元政府は18年、すでに廃棄された昌隆採石場を「宝に変える」ため、使われなくなった鉱山を観光地に変え、そこに演劇プロジェクトを導入することを計画した。鉱山観光区は19年の年末、一般市民からエキストラの募集を開始した。欧陽さん夫婦はそれに応募し、見事選出された。夫婦は毎月6千元(1元=約15円)以上の出演料を得て、より良い生活を送ることができるようになった。欧陽さんは「かつての鉱山が今のように様変わりしたのを見ると、まるで人生が逆転したように感じる」と語った。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020061809323

    鉱山労働者、演劇で人生が逆転江西省瑞金市  上:瑞金市の昌隆採石場のかつての様子。(2018年10月10日撮影)下:瑞金市の昌隆採石場が観光地に変わった現在の様子。(6月3日撮影)欧陽羅発生(おうよう・らはつせい)さんと唐玉春(とう・ぎょくしゅん)さん夫婦は、中国江西省瑞金市沙洲壩鎮潔源村に暮らしている。欧陽さんは1995年、同市の昌隆採石場で鉱山労働者として働き始めたが、深刻な粉塵汚染により2006年に、不幸にも肺膿瘍と肺結核を患ってしまった。高額な治療費から、夫婦は多額の借金を背負った。さらに働いていた鉱山も汚染問題から2012年に永久封鎖され、夫婦は15年に地元の登録貧困世帯に指定された。夫の欧陽さんは、地元政府のサポートを受け、養魚池の管理を請け負うとともに、村の清掃員として働くこととなった。これにより2人の生活はある程度改善し、16年に貧困脱却基準に達することができた。地元政府は18年、すでに廃棄された昌隆採石場を「宝に変える」ため、使われなくなった鉱山を観光地に変え、そこに演劇プロジェクトを導入することを計画した。鉱山観光区は19年の年末、一般市民からエキストラの募集を開始した。欧陽さん夫婦はそれに応募し、見事選出された。夫婦は毎月6千元(1元=約15円)以上の出演料を得て、より良い生活を送ることができるようになった。欧陽さんは「かつての鉱山が今のように様変わりしたのを見ると、まるで人生が逆転したように感じる」と語った。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2018(平成30)年10月10日、2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020061809288

    鉱山労働者、演劇で人生が逆転江西省瑞金市  鉱山観光区の劇場の外で休憩する欧陽羅発生さんと妻の唐玉春さん。(6月3日撮影)欧陽羅発生(おうよう・らはつせい)さんと唐玉春(とう・ぎょくしゅん)さん夫婦は、中国江西省瑞金市沙洲壩鎮潔源村に暮らしている。欧陽さんは1995年、同市の昌隆採石場で鉱山労働者として働き始めたが、深刻な粉塵汚染により2006年に、不幸にも肺膿瘍と肺結核を患ってしまった。高額な治療費から、夫婦は多額の借金を背負った。さらに働いていた鉱山も汚染問題から2012年に永久封鎖され、夫婦は15年に地元の登録貧困世帯に指定された。夫の欧陽さんは、地元政府のサポートを受け、養魚池の管理を請け負うとともに、村の清掃員として働くこととなった。これにより2人の生活はある程度改善し、16年に貧困脱却基準に達することができた。地元政府は18年、すでに廃棄された昌隆採石場を「宝に変える」ため、使われなくなった鉱山を観光地に変え、そこに演劇プロジェクトを導入することを計画した。鉱山観光区は19年の年末、一般市民からエキストラの募集を開始した。欧陽さん夫婦はそれに応募し、見事選出された。夫婦は毎月6千元(1元=約15円)以上の出演料を得て、より良い生活を送ることができるようになった。欧陽さんは「かつての鉱山が今のように様変わりしたのを見ると、まるで人生が逆転したように感じる」と語った。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020061809342

    鉱山労働者、演劇で人生が逆転江西省瑞金市  演劇のリハーサルに参加するため、潔源村をバイクに乗って通り抜け、鉱山旅行観光区の劇場に向かう欧陽さん夫妻。(6月3日撮影)欧陽羅発生(おうよう・らはつせい)さんと唐玉春(とう・ぎょくしゅん)さん夫婦は、中国江西省瑞金市沙洲壩鎮潔源村に暮らしている。欧陽さんは1995年、同市の昌隆採石場で鉱山労働者として働き始めたが、深刻な粉塵汚染により2006年に、不幸にも肺膿瘍と肺結核を患ってしまった。高額な治療費から、夫婦は多額の借金を背負った。さらに働いていた鉱山も汚染問題から2012年に永久封鎖され、夫婦は15年に地元の登録貧困世帯に指定された。夫の欧陽さんは、地元政府のサポートを受け、養魚池の管理を請け負うとともに、村の清掃員として働くこととなった。これにより2人の生活はある程度改善し、16年に貧困脱却基準に達することができた。地元政府は18年、すでに廃棄された昌隆採石場を「宝に変える」ため、使われなくなった鉱山を観光地に変え、そこに演劇プロジェクトを導入することを計画した。鉱山観光区は19年の年末、一般市民からエキストラの募集を開始した。欧陽さん夫婦はそれに応募し、見事選出された。夫婦は毎月6千元(1元=約15円)以上の出演料を得て、より良い生活を送ることができるようになった。欧陽さんは「かつての鉱山が今のように様変わりしたのを見ると、まるで人生が逆転したように感じる」と語った。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020060508864

    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  5月29日、地元のハウスでサケツバタケを収穫する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/王雪氷)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020060508843

    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  5月29日、地元の作業場でサケツバタケを加工する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/賀書琛)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020060508869

    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  5月29日、地元のハウスでサケツバタケを収穫する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/王雪氷)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020060508693

    肉牛養殖で増収を後押し内モンゴル自治区ジャラントン市  5月28日、ジャラントン市の肉牛牧場で、飼料を運ぶトラック。中国内モンゴル自治区ジャラントン市は近年、地元の強みを生かしさまざまな優遇政策を制定、肉牛養殖産業の発展を支援してきた。現在、同市で50頭以上を養殖する肉牛牧場は625カ所を数える。「企業+拠点+農家」モデルによって、貧困世帯が肉牛を養殖するようけん引しているだけでなく、資本出資や利益配当、就業受け入れなどを通じて、貧困世帯の増収と富裕化を支援している。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020060508698

    肉牛養殖で増収を後押し内モンゴル自治区ジャラントン市  5月28日、ジャラントン市の肉牛牧場で飼育されている肉牛。中国内モンゴル自治区ジャラントン市は近年、地元の強みを生かしさまざまな優遇政策を制定、肉牛養殖産業の発展を支援してきた。現在、同市で50頭以上を養殖する肉牛牧場は625カ所を数える。「企業+拠点+農家」モデルによって、貧困世帯が肉牛を養殖するようけん引しているだけでなく、資本出資や利益配当、就業受け入れなどを通じて、貧困世帯の増収と富裕化を支援している。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020060508786

    肉牛養殖で増収を後押し内モンゴル自治区ジャラントン市  5月28日、ジャラントン市の肉牛牧場で、牛にエサを与える飼育員。中国内モンゴル自治区ジャラントン市は近年、地元の強みを生かしさまざまな優遇政策を制定、肉牛養殖産業の発展を支援してきた。現在、同市で50頭以上を養殖する肉牛牧場は625カ所を数える。「企業+拠点+農家」モデルによって、貧困世帯が肉牛を養殖するようけん引しているだけでなく、資本出資や利益配当、就業受け入れなどを通じて、貧困世帯の増収と富裕化を支援している。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020060508797

    肉牛養殖で増収を後押し内モンゴル自治区ジャラントン市  5月28日、ジャラントン市の肉牛牧場で飼育されている肉牛。中国内モンゴル自治区ジャラントン市は近年、地元の強みを生かしさまざまな優遇政策を制定、肉牛養殖産業の発展を支援してきた。現在、同市で50頭以上を養殖する肉牛牧場は625カ所を数える。「企業+拠点+農家」モデルによって、貧困世帯が肉牛を養殖するようけん引しているだけでなく、資本出資や利益配当、就業受け入れなどを通じて、貧困世帯の増収と富裕化を支援している。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020060508685

    肉牛養殖で増収を後押し内モンゴル自治区ジャラントン市  5月28日、ジャラントン市の肉牛牧場で、牛にエサを与える飼育員。中国内モンゴル自治区ジャラントン市は近年、地元の強みを生かしさまざまな優遇政策を制定、肉牛養殖産業の発展を支援してきた。現在、同市で50頭以上を養殖する肉牛牧場は625カ所を数える。「企業+拠点+農家」モデルによって、貧困世帯が肉牛を養殖するようけん引しているだけでなく、資本出資や利益配当、就業受け入れなどを通じて、貧困世帯の増収と富裕化を支援している。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020060508747

    肉牛養殖で増収を後押し内モンゴル自治区ジャラントン市  5月28日、ジャラントン市の肉牛牧場で、牛にエサを与える飼育員。中国内モンゴル自治区ジャラントン市は近年、地元の強みを生かしさまざまな優遇政策を制定、肉牛養殖産業の発展を支援してきた。現在、同市で50頭以上を養殖する肉牛牧場は625カ所を数える。「企業+拠点+農家」モデルによって、貧困世帯が肉牛を養殖するようけん引しているだけでなく、資本出資や利益配当、就業受け入れなどを通じて、貧困世帯の増収と富裕化を支援している。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020060907925

    肉牛養殖で増収を後押し内モンゴル自治区ジャラントン市  5月28日、ジャラントン市の肉牛牧場で、牛にエサを与える飼育員。中国内モンゴル自治区ジャラントン市は近年、地元の強みを生かしさまざまな優遇政策を制定、肉牛養殖産業の発展を支援してきた。現在、同市で50頭以上を養殖する肉牛牧場は625カ所を数える。「企業+拠点+農家」モデルによって、貧困世帯が肉牛を養殖するようけん引しているだけでなく、資本出資や利益配当、就業受け入れなどを通じて、貧困世帯の増収と富裕化を支援している。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020060908292

    故郷で起業の女性、ジャガイモ事業で貧困脱却けん引内モンゴル自治区  地下の貯蔵室でジャガイモの保存状況を確認する郭晨慧さん。(4月28日撮影)中国内モンゴル自治区ウランチャブ市チャハル右翼後旗の郭晨慧(かく・しんけい)さんは、2015年に北京から故郷に戻って起業し、地元の良質なジャガイモのインターネットを通じた販売を開始した。数年にわたり奮闘を続け、「実店舗+電子商取引(EC)」の経営モデルによるジャガイモの栽培から加工、ネット販売、民宿・観光を一つにした多元的な産業形態を次第に確立していった。業務の拡大に伴い、彼女は貧困世帯のジャガイモ産業参入を積極的に呼び掛け、豊かになる道筋を提供している。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020060907930

    故郷で起業の女性、ジャガイモ事業で貧困脱却けん引内モンゴル自治区  アルバイト作業員と一緒に切り終えた種イモを箱に入れる郭晨慧さん。(4月28日撮影)中国内モンゴル自治区ウランチャブ市チャハル右翼後旗の郭晨慧(かく・しんけい)さんは、2015年に北京から故郷に戻って起業し、地元の良質なジャガイモのインターネットを通じた販売を開始した。数年にわたり奮闘を続け、「実店舗+電子商取引(EC)」の経営モデルによるジャガイモの栽培から加工、ネット販売、民宿・観光を一つにした多元的な産業形態を次第に確立していった。業務の拡大に伴い、彼女は貧困世帯のジャガイモ産業参入を積極的に呼び掛け、豊かになる道筋を提供している。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020042003048

    太陽光発電プロジェクトで貧困救済を後押し内モンゴル自治区  14日、ハンギン旗呼和木独鎮巴拉亥太陽光発電新村。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区オルドス市ハンギン旗呼和木独鎮は近年、3メガワットの太陽光発電プロジェクトの建設に力を入れている。このプロジェクトは同鎮巴拉亥太陽光発電新村で進められており、屋上太陽光発電所と貧困救済太陽光発電所の二つの部分からなっている。屋上太陽光発電所は、登録された貧困世帯を含む村民160世帯の住宅に設置された屋上ソーラーパネルで構成され、送電開始後、1世帯当たりの発電による年間平均収入は約5千元(1元=約15円)に達している。貧困扶助太陽光発電所は、同鎮が貧困扶助資金を統合し、支援機関と支援企業が建設したもので、4月末に電力網に接続され、発電を開始する計画になっている。(オルドス=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020042003201

    太陽光発電プロジェクトで貧困救済を後押し内モンゴル自治区  14日、自宅屋上に設置されたソーラーパネルの発電量と収益状況をスマートフォンで確認するハンギン旗呼和木独鎮巴拉亥太陽光発電新村の村民。中国内モンゴル自治区オルドス市ハンギン旗呼和木独鎮は近年、3メガワットの太陽光発電プロジェクトの建設に力を入れている。このプロジェクトは同鎮巴拉亥太陽光発電新村で進められており、屋上太陽光発電所と貧困救済太陽光発電所の二つの部分からなっている。屋上太陽光発電所は、登録された貧困世帯を含む村民160世帯の住宅に設置された屋上ソーラーパネルで構成され、送電開始後、1世帯当たりの発電による年間平均収入は約5千元(1元=約15円)に達している。貧困救済太陽光発電所は、同鎮が貧困救済資金を統合し、支援機関と支援企業が建設したもので、今月末に電力網に接続され、発電を開始する計画になっている。(オルドス=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020042003244

    太陽光発電プロジェクトで貧困救済を後押し内モンゴル自治区  14日、自宅屋上のソーラーパネルを掃除するハンギン旗呼和木独鎮巴拉亥太陽光発電新村の村民。中国内モンゴル自治区オルドス市ハンギン旗呼和木独鎮は近年、3メガワットの太陽光発電プロジェクトの建設に力を入れている。このプロジェクトは同鎮巴拉亥太陽光発電新村で進められており、屋上太陽光発電所と貧困救済太陽光発電所の二つの部分からなっている。屋上太陽光発電所は、登録された貧困世帯を含む村民160世帯の住宅に設置された屋上ソーラーパネルで構成され、送電開始後、1世帯当たりの発電による年間平均収入は約5千元(1元=約15円)に達している。貧困救済太陽光発電所は、同鎮が貧困救済資金を統合し、支援機関と支援企業が建設したもので、今月末に電力網に接続され、発電を開始する計画になっている。(オルドス=新華社配信/賀書琛)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020042003036

    太陽光発電プロジェクトで貧困救済を後押し内モンゴル自治区  14日、自宅屋上のソーラーパネルを掃除するハンギン旗呼和木独鎮巴拉亥太陽光発電新村の村民。中国内モンゴル自治区オルドス市ハンギン旗呼和木独鎮は近年、3メガワットの太陽光発電プロジェクトの建設に力を入れている。このプロジェクトは同鎮巴拉亥太陽光発電新村で進められており、屋上太陽光発電所と貧困救済太陽光発電所の二つの部分からなっている。屋上太陽光発電所は、登録された貧困世帯を含む村民160世帯の住宅に設置された屋上ソーラーパネルで構成され、送電開始後、1世帯当たりの発電による年間平均収入は約5千元(1元=約15円)に達している。貧困救済太陽光発電所は、同鎮が貧困救済資金を統合し、支援機関と支援企業が建設したもので、今月末に電力網に接続され、発電を開始する計画になっている。(オルドス=新華社配信/賀書琛)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020042003233

    太陽光発電プロジェクトで貧困救済を後押し内モンゴル自治区  14日、ハンギン旗呼和木独鎮巴拉亥太陽光発電新村。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区オルドス市ハンギン旗呼和木独鎮は近年、3メガワットの太陽光発電プロジェクトの建設に力を入れている。このプロジェクトは同鎮巴拉亥太陽光発電新村で進められており、屋上太陽光発電所と貧困救済太陽光発電所の二つの部分からなっている。屋上太陽光発電所は、登録された貧困世帯を含む村民160世帯の住宅に設置された屋上ソーラーパネルで構成され、送電開始後、1世帯当たりの発電による年間平均収入は約5千元(1元=約15円)に達している。貧困救済太陽光発電所は、同鎮が貧困救済資金を統合し、支援機関と支援企業が建設したもので、今月末に電力網に接続され、発電を開始する計画になっている。(オルドス=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020042003197

    太陽光発電プロジェクトで貧困救済を後押し内モンゴル自治区  14日、ハンギン旗呼和木独鎮巴拉亥太陽光発電新村。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区オルドス市ハンギン旗呼和木独鎮は近年、3メガワットの太陽光発電プロジェクトの建設に力を入れている。このプロジェクトは同鎮巴拉亥太陽光発電新村で進められており、屋上太陽光発電所と貧困救済太陽光発電所の二つの部分からなっている。屋上太陽光発電所は、登録された貧困世帯を含む村民160世帯の住宅に設置された屋上ソーラーパネルで構成され、送電開始後、1世帯当たりの発電による年間平均収入は約5千元(1元=約15円)に達している。貧困救済太陽光発電所は、同鎮が貧困救済資金を統合し、支援機関と支援企業が建設したもので、今月末に電力網に接続され、発電を開始する計画になっている。(オルドス=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020040302557

    特色ある産業が貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  3月26日、ライブ配信でジャガイモを紹介し、地元貧困戸の農産物販売を支援するウランチャブ市チャハル右翼後旗の若者起業家。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市はここ数年、貧困脱却の難関攻略を進める中で地域の特色ある産業を全力で発展させている。企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を組み合わせた産業モデルを通じて、これまで複数に分かれていた貧困扶助補助金の統合を実施。伝統の養殖業をより大きく、より強くすることで近代農業への発展を促し、生活困窮者が質の高い貧困脱出を実現できるよう後押ししている。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020040302523

    特色ある産業が貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  3月26日、ライブ配信でジャガイモを紹介し、地元貧困戸の農産物販売を支援するウランチャブ市チャハル右翼後旗の若者起業家。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市はここ数年、貧困脱却の難関攻略を進める中で地域の特色ある産業を全力で発展させている。企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を組み合わせた産業モデルを通じて、これまで複数に分かれていた貧困扶助補助金の統合を実施。伝統の養殖業をより大きく、より強くすることで近代農業への発展を促し、生活困窮者が質の高い貧困脱出を実現できるよう後押ししている。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020060908366

    故郷で起業の女性、ジャガイモ事業で貧困脱却けん引内モンゴル自治区  ライブコマースでジャガイモの販促を行う郭晨慧さん。(3月26日撮影)中国内モンゴル自治区ウランチャブ市チャハル右翼後旗の郭晨慧(かく・しんけい)さんは、2015年に北京から故郷に戻って起業し、地元の良質なジャガイモのインターネットを通じた販売を開始した。数年にわたり奮闘を続け、「実店舗+電子商取引(EC)」の経営モデルによるジャガイモの栽培から加工、ネット販売、民宿・観光を一つにした多元的な産業形態を次第に確立していった。業務の拡大に伴い、彼女は貧困世帯のジャガイモ産業参入を積極的に呼び掛け、豊かになる道筋を提供している。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020032314459

    山西省、貧困支援企業の秩序ある操業・生産再開を推進  18日、山西省晋中市楡社(ゆしゃ)県の貧困支援工場で、鉄道車両部品を整理する従業員。中国山西省晋中(しんちゅう)市政府はこのほど、新型コロナウイルスの感染予防・抑制を徹底しながら、「農業貧困支援企業」と貧困支援工場の秩序ある操業・生産再開を積極的に進めることで、地元の村民と貧困世帯の雇用・増収を後押ししている。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020032313709

    貧困者支援工場が操業再開、貧困脱却を促進甘粛省通渭県  17日、アイロンがけをする従業員。中国甘粛省定西市通渭(つうい)県の探越(通渭)服装服飾は、ターゲットを絞った貧困者支援活動に積極的に参加し、貧困者の雇用を支援する工場を設立することで、地元の人々の雇用問題を地元で解決している。同工場は従業員約170人に対する安定的な雇用を進めており、そのうち貧困世帯に指定された従業員は約40%を占めている。工場は2月22日から操業・生産再開を加速し、人々の地元での雇用と増収の確保を目指している。(通渭=新華社記者/王銘禹)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020032313782

    貧困者支援工場が操業再開、貧困脱却を促進甘粛省通渭県  17日、従業員らが製造した服の完成品。中国甘粛省定西市通渭(つうい)県の探越(通渭)服装服飾は、ターゲットを絞った貧困者支援活動に積極的に参加し、貧困者の雇用を支援する工場を設立することで、地元の人々の雇用問題を地元で解決している。同工場は従業員約170人に対する安定的な雇用を進めており、そのうち貧困世帯に指定された従業員は約40%を占めている。工場は2月22日から操業・生産再開を加速し、人々の地元での雇用と増収の確保を目指している。(通渭=新華社記者/王銘禹)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020032313829

    貧困者支援工場が操業再開、貧困脱却を促進甘粛省通渭県  17日、工場で作業に励む従業員たち。中国甘粛省定西市通渭(つうい)県の探越(通渭)服装服飾は、ターゲットを絞った貧困者支援活動に積極的に参加し、貧困者の雇用を支援する工場を設立することで、地元の人々の雇用問題を地元で解決している。同工場は従業員約170人に対する安定的な雇用を進めており、そのうち貧困世帯に指定された従業員は約40%を占めている。工場は2月22日から操業・生産再開を加速し、人々の地元での雇用と増収の確保を目指している。(通渭=新華社記者/王銘禹)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020032313924

    貧困者支援工場が操業再開、貧困脱却を促進甘粛省通渭県  17日、衣料品の縫製作業をする従業員。中国甘粛省定西市通渭(つうい)県の探越(通渭)服装服飾は、ターゲットを絞った貧困者支援活動に積極的に参加し、貧困者の雇用を支援する工場を設立することで、地元の人々の雇用問題を地元で解決している。同工場は従業員約170人に対する安定的な雇用を進めており、そのうち貧困世帯に指定された従業員は約40%を占めている。工場は2月22日から操業・生産再開を加速し、人々の地元での雇用と増収の確保を目指している。(通渭=新華社記者/王銘禹)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2019081608071

    居住地移転による貧困者支援広西興業県  14日、廃品回収のためトラクターを運転して村に向かう貧困世帯の男性。中国広西チワン族自治区玉林市興業県ではここ数年、居住地移転による貧困者支援に取り組んでおり、生活に付随した公共サービス施設を絶えず整備することで、移転世帯の定住や就学、医療、雇用、起業、農作業などのニーズを全面的に満たしている。県内の居住地移転貧困者支援団地「老郷家園」には、既に1273世帯5600人以上が入居しており、移転入居率100%を実現。各世帯1人以上の就業との目標を達成したのは1235世帯で、労働力のない38世帯は農・産業貧困者支援などを通じて、安定収入を確保している。(興業=新華社記者/曹禕銘)=2019(令和元)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2019032800607

    「貧困救済茶園」の春摘み茶が収穫期迎える貴州省丹寨  17日、丹寨県竜泉鎮羊甲村の茶園で茶摘みをする作業員。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州の丹寨(たんさい)県にある「貧困救済茶園」ではこのところ、暖かい日が続き春摘み茶の収穫期を迎えている。同県は2018年以来、産業による貧困救済モデルを革新し、多くの市民がオンラインで資金を出して茶園オーナーとなり、茶園が現地の貧困層を雇用する「貧困救済茶園」方式を採用することで、茶園管理や、茶摘み、製茶などの雇用の機会を提供し、貧困世帯の増収を後押ししている。(丹寨=新華社記者/楊文斌)=2019(平成31)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2019032800591

    「貧困救済茶園」の春摘み茶が収穫期迎える貴州省丹寨  17日、丹寨県竜泉鎮羊甲村の茶園で茶摘みをする作業員。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州の丹寨(たんさい)県にある「貧困救済茶園」ではこのところ、暖かい日が続き春摘み茶の収穫期を迎えている。同県は2018年以来、産業による貧困救済モデルを革新し、多くの市民がオンラインで資金を出して茶園オーナーとなり、茶園が現地の貧困層を雇用する「貧困救済茶園」方式を採用することで、茶園管理や、茶摘み、製茶などの雇用の機会を提供し、貧困世帯の増収を後押ししている。(丹寨=新華社記者/楊文斌)=2019(平成31)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2019032800595

    「貧困救済茶園」の春摘み茶が収穫期迎える貴州省丹寨  17日、丹寨県竜泉鎮羊甲村の茶園で茶摘みをする作業員。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州の丹寨(たんさい)県にある「貧困救済茶園」ではこのところ、暖かい日が続き春摘み茶の収穫期を迎えている。同県は2018年以来、産業による貧困救済モデルを革新し、多くの市民がオンラインで資金を出して茶園オーナーとなり、茶園が現地の貧困層を雇用する「貧困救済茶園」方式を採用することで、茶園管理や、茶摘み、製茶などの雇用の機会を提供し、貧困世帯の増収を後押ししている。(丹寨=新華社記者/楊文斌)=2019(平成31)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2019032800584

    「貧困救済茶園」の春摘み茶が収穫期迎える貴州省丹寨  17日、丹寨県竜泉鎮羊甲村の茶園で茶摘みをする作業員。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州の丹寨(たんさい)県にある「貧困救済茶園」ではこのところ、暖かい日が続き春摘み茶の収穫期を迎えている。同県は2018年以来、産業による貧困救済モデルを革新し、多くの市民がオンラインで資金を出して茶園オーナーとなり、茶園が現地の貧困層を雇用する「貧困救済茶園」方式を採用することで、茶園管理や、茶摘み、製茶などの雇用の機会を提供し、貧困世帯の増収を後押ししている。(丹寨=新華社記者/楊文斌)=2019(平成31)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2019010811987

    貧困世帯にホームドクターを派遣陝西省鎮巴県  6日、鎮巴県涇洋(けいよう)街道弁事処高橋村の村民、牟文貴(ぼう・ぶんき)さん(中央)に義足のリハビリを指導するホームドクター・サービスチームのスタッフ。中国陝西省漢中市鎮巴(ちんは)県は、大巴山脈(だいはさんみゃく)の奥地に位置する極度の貧困県で、貧困世帯の4割以上は病気により貧困化(または再貧困化)した。2016年以降、同県は医療衛生貧困者支援プロジェクトを大いに推進しており、県・鎮・村の686人の医療従事者を統合して、180のホームドクター・サービスチームを編成。一つのチームを一つの村に派遣し、定期的に貧困世帯を訪れている。チームは無料健康指導やルーティン検査、入院・精算手続きなどのサービスを行っており、県内の5万人余りの貧困者が恩恵を受けている。(鎮巴=新華社記者/邵瑞)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2019010811918

    貧困世帯にホームドクターを派遣陝西省鎮巴県  5日、鎮巴県長嶺鎮九陣壩(きゅうじんは)村の村民、李菊山(り・きくざん)さんの血圧を測るホームドクター・サービスチームのスタッフ。中国陝西省漢中市鎮巴(ちんは)県は、大巴山脈(だいはさんみゃく)の奥地に位置する極度の貧困県で、貧困世帯の4割以上は病気により貧困化(または再貧困化)した。2016年以降、同県は医療衛生貧困者支援プロジェクトを大いに推進しており、県・鎮・村の686人の医療従事者を統合して、180のホームドクター・サービスチームを編成。一つのチームを一つの村に派遣し、定期的に貧困世帯を訪れている。チームは無料健康指導やルーティン検査、入院・精算手続きなどのサービスを行っており、県内の5万人余りの貧困者が恩恵を受けている。(鎮巴=新華社記者/邵瑞)=2019(平成31)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2019010811962

    貧困世帯にホームドクターを派遣陝西省鎮巴県  5日、鎮巴県長嶺鎮九陣壩(きゅうじんは)村の貧困世帯を訪れるホームドクター・サービスチームのスタッフ。中国陝西省漢中市鎮巴(ちんは)県は、大巴山脈(だいはさんみゃく)の奥地に位置する極度の貧困県で、貧困世帯の4割以上は病気により貧困化(または再貧困化)した。2016年以降、同県は医療衛生貧困者支援プロジェクトを大いに推進しており、県・鎮・村の686人の医療従事者を統合して、180のホームドクター・サービスチームを編成。一つのチームを一つの村に派遣し、定期的に貧困世帯を訪れている。チームは無料健康指導やルーティン検査、入院・精算手続きなどのサービスを行っており、県内の5万人余りの貧困者が恩恵を受けている。(鎮巴=新華社記者/邵瑞)=2019(平成31)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2019010812119

    貧困世帯にホームドクターを派遣陝西省鎮巴県  5日、鎮巴県長嶺鎮九陣壩(きゅうじんは)村の村民、陳祥蘭(ちん・しょうらん)さん(中央)の目を診察するホームドクター・サービスチームの医師、陳娟(ちん・えん)さん(右端)。中国陝西省漢中市鎮巴(ちんは)県は、大巴山脈(だいはさんみゃく)の奥地に位置する極度の貧困県で、貧困世帯の4割以上は病気により貧困化(または再貧困化)した。2016年以降、同県は医療衛生貧困者支援プロジェクトを大いに推進しており、県・鎮・村の686人の医療従事者を統合して、180のホームドクター・サービスチームを編成。一つのチームを一つの村に派遣し、定期的に貧困世帯を訪れている。チームは無料健康指導やルーティン検査、入院・精算手続きなどのサービスを行っており、県内の5万人余りの貧困者が恩恵を受けている。(鎮巴=新華社記者/邵瑞)=2019(平成31)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像