検索結果 14,570 件中 1 件 〜 50
  1. 2020112708714

    格安ブランドへの移行阻害 会見する武田総務相  記者会見で携帯電話大手の契約移行手続きを批判する武田総務相=27日午前、総務省

  2. 2020112707215

    商品ニュース 暖かい消臭下着  セーレンの男性向け秋冬用「消臭アンダーシャツ」

  3. 2020112606020

    都市対抗野球第5日 ハナマウイ先発の平野  四国銀行に1失点完投で敗れたハナマウイ・平野=東京ドーム

  4. 2020112605756

    都市対抗野球第5日 交代告げるハナの本西監督  四国銀行―ハナマウイ 8回表の後、選手交代を告げるハナマウイの本西監督(右)=東京ドーム

  5. 2020112605422

    酒類提供店へ時短営業要請 大村知事の記者会見  時短営業要請について記者会見する愛知県の大村秀章知事=26日午後、愛知県庁

  6. 2020112605006

    酒類提供店へ時短営業要請 記者会見する大村知事  時短営業要請について記者会見する愛知県の大村秀章知事=26日午後、愛知県庁

  7. 2020112605005

    酒類提供店へ時短営業要請 大村知事が記者会見  時短営業要請について記者会見する愛知県の大村秀章知事=26日午後、愛知県庁

  8. 2020112605002

    酒類提供店へ時短営業要請 記者会見する大村秀章知事  時短営業要請について記者会見する愛知県の大村秀章知事=26日午後、愛知県庁

  9. 2020112601794

    カニをむきむき名物おかみ カニをむく板倉さん  カニむきのサービスをする福井市の旅館「白浜荘」のおかみ板倉美津子さん 「北陸カレント」

  10. 2020112507121

    ヤマト、受取店舗を拡大 新サービスのデモ  ネット通販で注文した商品を店舗で受け取れる、ヤマト運輸の新サービスのデモ=25日午前、東京都千代田区

  11. 2020112507119

    ヤマト、受取店舗を拡大 受け取りを知らせる画面  ヤマト運輸の新サービスのデモで、ネット通販で注文した商品の店舗での受け取りを知らせるスマートフォンの画面=25日午前、東京都千代田区

  12. 2020112506239

    商品ニュース 肌の潤い守るマスク  ファンケルの「抗菌やさしい潤いマスク」

  13. 2020112709495

    中国扶貧基金会、ラオスの児童に「まごころ小包」  25日、ラオス・ビエンチャンのノンベン小学校で本を読む児童。中国の非政府組織(NGO)、中国扶貧基金会(CFPA)による「2020年ラオスまごころ小包プロジェクト」の始動および小包配布式典が25日、ラオスの首都ビエンチャンにあるノンベン小学校で行われ、文房具や衛生用品の入った小包「パンダパック」5万個がラオス平和団結委員会に贈られた。同会がラオスで物品を寄贈するのは昨年に続き2回目。計7万個の「パンダパック」が公立小学校の児童たちに提供された。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2020(令和2)年11月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020112709546

    中国扶貧基金会、ラオスの児童に「まごころ小包」  25日、「パンダパック」を受け取ったラオスの児童。中国の非政府組織(NGO)、中国扶貧基金会(CFPA)による「2020年ラオスまごころ小包プロジェクト」の始動および小包配布式典が25日、ラオスの首都ビエンチャンにあるノンベン小学校で行われ、文房具や衛生用品の入った小包「パンダパック」5万個がラオス平和団結委員会に贈られた。同会がラオスで物品を寄贈するのは昨年に続き2回目。計7万個の「パンダパック」が公立小学校の児童たちに提供された。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2020(令和2)年11月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020112709569

    中国扶貧基金会、ラオスの児童に「まごころ小包」  25日、「パンダパック」を受け取ったラオスの児童。中国の非政府組織(NGO)、中国扶貧基金会(CFPA)による「2020年ラオスまごころ小包プロジェクト」の始動および小包配布式典が25日、ラオスの首都ビエンチャンにあるノンベン小学校で行われ、文房具や衛生用品の入った小包「パンダパック」5万個がラオス平和団結委員会に贈られた。同会がラオスで物品を寄贈するのは昨年に続き2回目。計7万個の「パンダパック」が公立小学校の児童たちに提供された。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2020(令和2)年11月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020112404715

    都市対抗野球第3日 適時打の今井  鷺宮製作所―ジェイプロジェクト 3回表ジェイプロジェクト2死二塁、今井が適時打を放つ=東京ドーム

  17. 2020112404710

    都市対抗野球第3日 今井の適時打  鷺宮製作所―ジェイプロジェクト 3回表ジェイプロジェクト2死二塁、今井が適時打を放つ=東京ドーム

  18. 2020112404635

    都市対抗野球第3日 引き揚げるナイン  ジェイプロジェクトに勝利し、引き揚げる鷺宮製作所ナイン=東京ドーム

  19. 2020112404473

    都市対抗野球第3日 先発の平川  ジェイプロジェクト戦に先発した鷺宮製作所・平川=東京ドーム

  20. 2020112403565

    名古屋に相談機能強化店舗 三井住友信託銀の新型店舗  カウンターを廃止し、半個室のブースを設置した三井住友信託銀行の新型店舗=24日午前、名古屋市

  21. 2020112403562

    名古屋に相談機能強化店舗 オンライン相談のブース  三井住友信託銀行の新型店舗に設置されたオンライン相談用のブース=24日午前、名古屋市

  22. 2020112706249

    三菱創業150周年記念式典「三菱グループ社会貢献活動ご報告の会」  三菱グループは20年11月24日、創業150周年を記念して社会貢献活動の報告会を開いた。助成先の教育支援事業などを紹介。三菱創業150周年記念事業委員会の宮永俊一委員長(写真=三菱重工業会長)は「150年の節目に、これまで支えてくれた社会の皆さまへの感謝の思いを各助成事業の進捗(しんちょく)という形で報告できることを深謝する」と述べた。写真はフォトセッションに応じる、(右から)平野信行 三菱UFJフィナンシャル・グループ 取締役 執行役会長、宮永俊一 三菱重工業 取締役会長、小林健 三菱商事 取締役会長。=2020(令和2)年11月24日、東京都港区のオークラ東京、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  23. 2020112706240

    三菱創業150周年記念式典「三菱グループ社会貢献活動ご報告の会」  三菱グループは20年11月24日、創業150周年を記念して社会貢献活動の報告会を開いた。助成先の教育支援事業などを紹介。三菱創業150周年記念事業委員会の宮永俊一委員長(写真=三菱重工業会長)は「150年の節目に、これまで支えてくれた社会の皆さまへの感謝の思いを各助成事業の進捗(しんちょく)という形で報告できることを深謝する」と述べた。写真はフォトセッションに応じる、(右から)平野信行 三菱UFJフィナンシャル・グループ 取締役 執行役会長、宮永俊一 三菱重工業 取締役会長、小林健 三菱商事 取締役会長。=2020(令和2)年11月24日、東京都港区のオークラ東京、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  24. 2020112706250

    三菱創業150周年記念式典「三菱グループ社会貢献活動ご報告の会」  三菱グループは20年11月24日、創業150周年を記念して社会貢献活動の報告会を開いた。助成先の教育支援事業などを紹介。三菱創業150周年記念事業委員会の宮永俊一委員長(写真=三菱重工業会長)は「150年の節目に、これまで支えてくれた社会の皆さまへの感謝の思いを各助成事業の進捗(しんちょく)という形で報告できることを深謝する」と述べた。写真はフォトセッションに応じる、(右から)平野信行 三菱UFJフィナンシャル・グループ 取締役 執行役会長、宮永俊一 三菱重工業 取締役会長、小林健 三菱商事 取締役会長。=2020(令和2)年11月24日、東京都港区のオークラ東京、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  25. 2020112706237

    三菱創業150周年記念式典「三菱グループ社会貢献活動ご報告の会」  三菱グループは20年11月24日、創業150周年を記念して社会貢献活動の報告会を開いた。助成先の教育支援事業などを紹介。三菱創業150周年記念事業委員会の宮永俊一委員長(写真=三菱重工業会長)は「150年の節目に、これまで支えてくれた社会の皆さまへの感謝の思いを各助成事業の進捗(しんちょく)という形で報告できることを深謝する」と述べた。写真はフォトセッションに応じる、(右から)平野信行 三菱UFJフィナンシャル・グループ 取締役 執行役会長、宮永俊一 三菱重工業 取締役会長、小林健 三菱商事 取締役会長。=2020(令和2)年11月24日、東京都港区のオークラ東京、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  26. 2020112706247

    三菱創業150周年記念式典「三菱グループ社会貢献活動ご報告の会」  三菱グループは20年11月24日、創業150周年を記念して社会貢献活動の報告会を開いた。助成先の教育支援事業などを紹介。三菱創業150周年記念事業委員会の宮永俊一委員長(写真=三菱重工業会長)は「150年の節目に、これまで支えてくれた社会の皆さまへの感謝の思いを各助成事業の進捗(しんちょく)という形で報告できることを深謝する」と述べた。写真はフォトセッションに応じる、(右から)平野信行 三菱UFJフィナンシャル・グループ 取締役 執行役会長、宮永俊一 三菱重工業 取締役会長、小林健 三菱商事 取締役会長。=2020(令和2)年11月24日、東京都港区のオークラ東京、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  27. 2020112706248

    三菱創業150周年記念式典「三菱グループ社会貢献活動ご報告の会」  三菱グループは20年11月24日、創業150周年を記念して社会貢献活動の報告会を開いた。助成先の教育支援事業などを紹介。三菱創業150周年記念事業委員会の宮永俊一委員長(写真=三菱重工業会長)は「150年の節目に、これまで支えてくれた社会の皆さまへの感謝の思いを各助成事業の進捗(しんちょく)という形で報告できることを深謝する」と述べた。写真はフォトセッションに応じる、(右から)平野信行 三菱UFJフィナンシャル・グループ 取締役 執行役会長、宮永俊一 三菱重工業 取締役会長、小林健 三菱商事 取締役会長。=2020(令和2)年11月24日、東京都港区のオークラ東京、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  28. 2020112707813

    小池百合子知事  キーワード:小池百合子、小池都知事、マスク、記者会見=2020(令和2)年11月24日、東京(ロイター=共同) 「ロイター」「プラス」

  29. 2020112200565

    GoTo見直し、数日中に 浅草のポスター  東京・浅草の店舗に掲示された「Go To トラベル」のポスター=22日午後

  30. 2020112004980

    航空券払い戻し相談千件超 保全管理人らの記者会見  破産手続き開始の申し立てについて記者会見するエアアジア・ジャパンの保全管理人ら=17日、中部空港

  31. 2020112511815

    貧困扶助製品を地下鉄駅で紹介四川省成都市  20日、四川省成都市地下鉄1号線天府三街駅の「四川省貧困扶助」製品展示エリアで持参した特産品を紹介する同省達州市宣漢県竜泉トゥチャ族郷大坪村第一書記の屈徳勝(くつ・とくしょう)さん。中国四川省成都市地下鉄1号線の天府三街駅で20日、新華社四川支局、四川省扶貧(貧困扶助)開発局、成都軌道集団、中国鉄建崑崙投資集団、二更動画などが共同で主催する「四川省貧困扶助」製品の展示会が正式にスタートした。「四川省貧困扶助」の商標は、貧困地区の農産品販売システム刷新を目指し同省が進めている取り組みで、全国初の貧困扶助のための団体商標となる。商標発表から約2年の間に、省内企業2824社が6012製品に対する商標使用申請を行った。(成都=新華社記者/胥氷潔)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020112511824

    中日協力の新たな模範青島日本国際ビジネスハブを訪ねて  20日、青島日本国際ビジネスハブで交流する中日企業家サロンの参加者。中国青島市は海を隔てて日本と向かい合っており、日本と最も交流の深い中国の都市の一つ。両地間の緊密な人文(人と文化)、経済・交流の往来は、中国の地方都市の対日協力の模範となりつつある。同市と日本とのビジネス交流促進を目的とした施設「青島日本国際ビジネスハブ」のオープニングセレモニーが5月19日、同市西海岸新区で開かれた。オープン以降半年間にわたり、多くの展示会や交流イベントが行われ、すでに多数の日系企業が契約を結んで入居しており、中日の双方が協力を深化するための対外開放の新たなプラットフォームとなりつつある。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020112511937

    中日協力の新たな模範青島日本国際ビジネスハブを訪ねて  20日、青島日本国際ビジネスハブを訪れたゲスト。中国青島市は海を隔てて日本と向かい合っており、日本と最も交流の深い中国の都市の一つ。両地間の緊密な人文(人と文化)、経済・交流の往来は、中国の地方都市の対日協力の模範となりつつある。同市と日本とのビジネス交流促進を目的とした施設「青島日本国際ビジネスハブ」のオープニングセレモニーが5月19日、同市西海岸新区で開かれた。オープン以降半年間にわたり、多くの展示会や交流イベントが行われ、すでに多数の日系企業が契約を結んで入居しており、中日の双方が協力を深化するための対外開放の新たなプラットフォームとなりつつある。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020112511931

    中日協力の新たな模範青島日本国際ビジネスハブを訪ねて  20日、青島日本国際ビジネスハブで交流する中日企業家サロンの参加者。中国青島市は海を隔てて日本と向かい合っており、日本と最も交流の深い中国の都市の一つ。両地間の緊密な人文(人と文化)、経済・交流の往来は、中国の地方都市の対日協力の模範となりつつある。同市と日本とのビジネス交流促進を目的とした施設「青島日本国際ビジネスハブ」のオープニングセレモニーが5月19日、同市西海岸新区で開かれた。オープン以降半年間にわたり、多くの展示会や交流イベントが行われ、すでに多数の日系企業が契約を結んで入居しており、中日の双方が協力を深化するための対外開放の新たなプラットフォームとなりつつある。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020112511882

    中日協力の新たな模範青島日本国際ビジネスハブを訪ねて  20日、青島日本国際ビジネスハブのオフィスエリアに入居する日系企業で働くスタッフ。中国青島市は海を隔てて日本と向かい合っており、日本と最も交流の深い中国の都市の一つ。両地間の緊密な人文(人と文化)、経済・交流の往来は、中国の地方都市の対日協力の模範となりつつある。同市と日本とのビジネス交流促進を目的とした施設「青島日本国際ビジネスハブ」のオープニングセレモニーが5月19日、同市西海岸新区で開かれた。オープン以降半年間にわたり、多くの展示会や交流イベントが行われ、すでに多数の日系企業が契約を結んで入居しており、中日の双方が協力を深化するための対外開放の新たなプラットフォームとなりつつある。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020112703596

    「公共冷蔵庫」スタート 岡山で国内初  運用が始まった「北長瀬コミュニティフリッジ」。個人や企業が寄付した食料品や日用品を、必要とする人がいつでも無料で受け取れる「コミュニティフリッジ(公共冷蔵庫)」が、複合商業施設・ブランチ岡山北長瀬(岡山市北区北長瀬表町)に開設され、20日、正式運用が始まった。新型コロナウイルスの影響などで困窮している親子や学生を支援しようと、岡山市の民間団体が企画した。国内での本格的な取り組みは初という。まちづくりの一般社団法人・北長瀬エリアマネジメントの事業。「北長瀬コミュニティフリッジ」と名付け、同施設の立体駐車場近くにある倉庫に冷蔵庫・冷凍庫各1台と棚を設置した。活動に賛同するスーパーや企業、飲食店、個人から寄付される生鮮品、冷凍食品、カップ麺、菓子、洗剤、トイレットペーパーなどを置く。倉庫は無人運用としており、物資を必要とする人は24時間いつでも人目を気にせず受け取れる。=2020(令和2)年11月20日、岡山市北区北長瀬表町、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  37. 2020112511773

    貧困扶助製品を地下鉄駅で紹介四川省成都市  20日、四川省成都市地下鉄1号線天府三街駅の「四川省貧困扶助」製品展示エリアで小金蜜入りりんごを紹介する同省アバ・チベット族チャン族自治州小金県沃日鎮農村のインフルエンサー。中国四川省成都市地下鉄1号線の天府三街駅で20日、新華社四川支局、四川省扶貧(貧困扶助)開発局、成都軌道集団、中国鉄建崑崙投資集団、二更動画などが共同で主催する「四川省貧困扶助」製品の展示会が正式にスタートした。「四川省貧困扶助」の商標は、貧困地区の農産品販売システム刷新を目指し同省が進めている取り組みで、全国初の貧困扶助のための団体商標となる。商標発表から約2年の間に、省内企業2824社が6012製品に対する商標使用申請を行った。(成都=新華社記者/胥氷潔)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020112601612

    瀋陽の中日産業パーク、日系企業などが協力企業戦略協定に調印  19日、瀋陽ハイテク産業開発区で行われた中日産業パーク協力企業戦略提携の調印式。中国遼寧省瀋陽市の瀋陽ハイテク産業開発区でこのほど、中日産業パーク協力企業戦略協定の合同調印式が行われた。パナソニックと損害保険ジャパン、ローソン、セコムの中国法人、清華大学日本研究センター、日本アジア投資、アースサポートの7社・機関が、同開発区と不動産大手・瀋陽万科企業と戦略提携協定をそれぞれ締結した。(瀋陽=新華社配信)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020112601640

    瀋陽の中日産業パーク、日系企業などが協力企業戦略協定に調印  19日、瀋陽ハイテク産業開発区で行われた中日産業パーク協力企業戦略提携の調印式。中国遼寧省瀋陽市の瀋陽ハイテク産業開発区でこのほど、中日産業パーク協力企業戦略協定の合同調印式が行われた。パナソニックと損害保険ジャパン、ローソン、セコムの中国法人、清華大学日本研究センター、日本アジア投資、アースサポートの7社・機関が、同開発区と不動産大手・瀋陽万科企業と戦略提携協定をそれぞれ締結した。(瀋陽=新華社配信)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020111808855

    経済重視、自治体任せ 掲示されたポスター  東京・浅草の仲見世通りの店舗に掲示された「Go To トラベル」のポスター=18日午後 「表層深層」コロナ感染2千人超え

  41. 2020111808853

    経済重視、自治体任せ 掲示されたポスター  東京・浅草の仲見世通りの店舗に掲示された「Go To トラベル」のポスター=18日午後 「表層深層」コロナ感染2千人超え

  42. 2020112601552

    地域の雇用支える貧困扶助工場湖南省桃源県  18日、インダクターをテストする従業員。中国湖南省常徳市桃源県の西安鎮にある貧困扶助工場では、顧客からの注文に応じるため従業員たちが急ピッチで作業を進めている。同工場はさまざまな種類のインダクターを製造しており、周辺住民約150人を雇用している。(桃源=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020112511786

    日本の友人からの感謝の手紙江蘇省蘇州市  18日、驪住建材(蘇州)の池田昌毅総経理。中国江蘇省蘇州ハイテク産業開発区の滸墅関(こしょかん)経済開発区管理委員会はこのほど、日系企業の経営者から1通の感謝の手紙を受け取った。手紙を書いたのは同委員会の管轄区域内にあるLIXILグループの中国子会社、驪住建材(蘇州)の池田昌毅総経理で、招商局スタッフの黄霆(こう・てい)さん宛に感謝の気持ちが記されていた。(蘇州=新華社配信)=2020(令和2)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020112601109

    ガザ地区に女性初のタクシー運転手、サービスは女性客限定  18日、パレスチナ自治区ガザ地区で乗務中のネイラ・アブ・ジュッバさん。パレスチナ人のネイラ・アブ・ジュッバさん(39)は、パレスチナ自治区ガザ地区で初の女性タクシー運転手となった。自ら小さな事業所を立ち上げ、女性客限定でサービスを提供している。(ガザ=新華社配信)=2020(令和2)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020112601113

    四川省が投資誘致イベント、総投資額約9千億元  18日、「2020中外知名企業四川行」の説明会・プロジェクト提携合意書署名式に参加する企業の代表。中国四川省人民政府は17~19日、成都市で投資誘致プロモーションイベント「2020中外知名企業四川行」を開催した。国内外の企業と電子・情報、装備製造、先進素材、デジタル経済などの分野でプロジェクト879件を締結し、投資総額は8931億5千万元(1元=約16円)に達した。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020112601336

    ガザ地区に女性初のタクシー運転手、サービスは女性客限定  18日、パレスチナ自治区ガザ地区で乗務中のネイラ・アブ・ジュッバさん。パレスチナ人のネイラ・アブ・ジュッバさん(39)は、パレスチナ自治区ガザ地区で初の女性タクシー運転手となった。自ら小さな事業所を立ち上げ、女性客限定でサービスを提供している。(ガザ=新華社配信)=2020(令和2)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020112601538

    四川省が投資誘致イベント、総投資額約9千億元  18日、「2020中外知名企業四川行」のプロジェクト提携合意書署名式に参加する企業の代表。中国四川省人民政府は17~19日、成都市で投資誘致プロモーションイベント「2020中外知名企業四川行」を開催した。国内外の企業と電子・情報、装備製造、先進素材、デジタル経済などの分野でプロジェクト879件を締結し、投資総額は8931億5千万元(1元=約16円)に達した。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020112601090

    ガザ地区に女性初のタクシー運転手、サービスは女性客限定  18日、パレスチナ自治区ガザ地区で乗務中のネイラ・アブ・ジュッバさん。パレスチナ人のネイラ・アブ・ジュッバさん(39)は、パレスチナ自治区ガザ地区で初の女性タクシー運転手となった。自ら小さな事業所を立ち上げ、女性客限定でサービスを提供している。(ガザ=新華社配信)=2020(令和2)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020112709598

    長江デルタ地域、「双循環」による新たな発展の枠組みを探る  18日、電子商取引(EC)プラットフォームで製品を販売する安徽三寸光反光材料の従業員。中国国内経済の大循環を主体とし、国内と国際の双循環を互いに促進させる新たな経済発展枠組みの構築が加速する中、経済規模が国内の4分の1を占める長江デルタ地域では現在、新たな発展モデルを形成する道を模索している。同地域は面積35万8千平方キロで、上海市と江蘇省、浙江省、安徽省からなる長江デルタ地域は中国で最も人口が多く、都市化が進んだ都市群として知られる。(合肥=新華社配信/潘彬)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020112601491

    ガザ地区に女性初のタクシー運転手、サービスは女性客限定  18日、パレスチナ自治区ガザ地区で乗務中のネイラ・アブ・ジュッバさん。パレスチナ人のネイラ・アブ・ジュッバさん(39)は、パレスチナ自治区ガザ地区で初の女性タクシー運転手となった。自ら小さな事業所を立ち上げ、女性客限定でサービスを提供している。(ガザ=新華社配信)=2020(令和2)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像