検索結果 276 件中 1 件 〜 50
  1. 2019092708761

    「新華社」 スリランカで中国企業建築のロータス・タワー竣工式  コロンボのテレビ塔、ロータス・タワーの夜景。(9月3日、小型無人機から)スリランカの最大都市コロンボでこのほど、テレビ塔ロータス・タワーの竣工式が開かれた。ロータス・タワーは中国とスリランカの「一帯一路」建設における重要な協力プロジェクトとして、中国輸出入銀行が資金の大半を融資し、中国電子輸出入有限公司が建設を請け負った。高さは350メートルで、南アジアで最も高いテレビ塔となった。同タワーは運営開始後、電波を発信し通信サービスを提供するほか、飲食や宿泊、ショッピング、観光なども可能な施設となる。(コロンボ=新華社配信/中国電子輸出入有限公司提供)=2019(令和元)年9月3日、クレジット:中国電子輸出入有限公司/新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019092708747

    「新華社」 スリランカで中国企業建築のロータス・タワー竣工式  コロンボのテレビ塔、ロータス・タワーの夜景。(9月3日、小型無人機から)スリランカの最大都市コロンボでこのほど、テレビ塔ロータス・タワーの竣工式が開かれた。ロータス・タワーは中国とスリランカの「一帯一路」建設における重要な協力プロジェクトとして、中国輸出入銀行が資金の大半を融資し、中国電子輸出入有限公司が建設を請け負った。高さは350メートルで、南アジアで最も高いテレビ塔となった。同タワーは運営開始後、電波を発信し通信サービスを提供するほか、飲食や宿泊、ショッピング、観光なども可能な施設となる。(コロンボ=新華社配信/中国電子輸出入有限公司提供)=2019(令和元)年9月3日、クレジット:中国電子輸出入有限公司/新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019090613262

    「新華社」 重点建設事業、着々と進む 河北省雄安新区  8月31日、空から見た雄安新区の白洋淀。(小型無人機から)中国河北省の雄安新区では現在、建設事業が既に大規模な実質的着工段階に入っている。同区管理委員会によると、今年の重点事業69件のうち20件が既に着工済みで、残りも着工に向けた準備が全力で進められている。また、北京市と雄安新区を結ぶ「京雄都市間鉄道」や営林事業「千年秀林」、白洋淀(はくようてん)の生態系修復などの事業も着々と進んでいる。(石家荘=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019090613248

    「新華社」 重点建設事業、着々と進む 河北省雄安新区  8月30日、空から見た雄安市民サービスセンター。(小型無人機から)中国河北省の雄安新区では現在、建設事業が既に大規模な実質的着工段階に入っている。同区管理委員会によると、今年の重点事業69件のうち20件が既に着工済みで、残りも着工に向けた準備が全力で進められている。また、北京市と雄安新区を結ぶ「京雄都市間鉄道」や営林事業「千年秀林」、白洋淀(はくようてん)の生態系修復などの事業も着々と進んでいる。(石家荘=新華社記者/曹国廠)=2019(令和元)年8月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019090613271

    「新華社」 重点建設事業、着々と進む 河北省雄安新区  8月29日、空から見た雄安新区の「千年秀林」。(小型無人機から)中国河北省の雄安新区では現在、建設事業が既に大規模な実質的着工段階に入っている。同区管理委員会によると、今年の重点事業69件のうち20件が既に着工済みで、残りも着工に向けた準備が全力で進められている。また、北京市と雄安新区を結ぶ「京雄都市間鉄道」や営林事業「千年秀林」、白洋淀(はくようてん)の生態系修復などの事業も着々と進んでいる。(石家荘=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019081608083

    「新華社」 居住地移転による貧困者支援広西興業県  14日、興業県にある貧困者支援団地「老郷家園」の近くに建設された、入居世帯の起業、雇用のための起業パーク。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区玉林市興業県ではここ数年、居住地移転による貧困者支援に取り組んでおり、生活に付随した公共サービス施設を絶えず整備することで、移転世帯の定住や就学、医療、雇用、起業、農作業などのニーズを全面的に満たしている。県内の居住地移転貧困者支援団地「老郷家園」には、既に1273世帯5600人以上が入居しており、移転入居率100%を実現。各世帯1人以上の就業との目標を達成したのは1235世帯で、労働力のない38世帯は農・産業貧困者支援などを通じて、安定収入を確保している。(興業=新華社記者/曹禕銘)=2019(令和元)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019081608011

    「新華社」 居住地移転による貧困者支援広西興業県  14日、興業県にある貧困者支援団地「老郷家園」。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区玉林市興業県ではここ数年、居住地移転による貧困者支援に取り組んでおり、生活に付随した公共サービス施設を絶えず整備することで、移転世帯の定住や就学、医療、雇用、起業、農作業などのニーズを全面的に満たしている。県内の居住地移転貧困者支援団地「老郷家園」には、既に1273世帯5600人以上が入居しており、移転入居率100%を実現。各世帯1人以上の就業との目標を達成したのは1235世帯で、労働力のない38世帯は農・産業貧困者支援などを通じて、安定収入を確保している。(興業=新華社記者/曹禕銘)=2019(令和元)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019081406929

    「新華社」 まるで昼間のような賑やかさ古都の夜を満喫しよう西安市  8日、きらめくネオンが美しい夜の西安市の曲江大唐不夜城。(小型無人機から)かつて繁栄を極めた悠久の古都、中国陝西省西安市は近年、「ナイトエコノミー」の発展を切り口に、都市観光の産業チェーンを拡大させてきた。特色ある夜遊びエリアの構築や「夜景の質」向上プロジェクトの実施、さまざまなテーマのナイト文化芸術イベントの展開および店舗の営業時間延長の奨励などにより、観光客や市民のニーズを満たすことで、今では「西安で夜遊び」が古都観光の新たな目玉になっている。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019072202220

    「新華社」 ネットで人気、「江南水郷風」高速サービスエリア江蘇省蘇州市  14日、空から見た陽澄湖サービスエリア。(小型無人機から)中国の上海と南京を結ぶ滬寧高速道路の蘇州区間にある陽澄湖サービスエリアは今年5月のリニューアルオープン以来、インターネットで注目を集める庭園型サービスエリアになっている。同サービスエリアは敷地面積が5万平方メートルで、「中国一流、世界先端」を目指し、「夢の中の水郷、詩や絵画のように美しい江南」を設計理念として、2018年6月16日の着工から336日をかけて主要建築の改造を行った。(蘇州=新華社配信/王亭川)=2019(令和元)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019072202266

    「新華社」 ネットで人気、「江南水郷風」高速サービスエリア江蘇省蘇州市  14日、空から見た陽澄湖サービスエリア。(小型無人機から)中国の上海と南京を結ぶ滬寧高速道路の蘇州区間にある陽澄湖サービスエリアは今年5月のリニューアルオープン以来、インターネットで注目を集める庭園型サービスエリアになっている。同サービスエリアは敷地面積が5万平方メートルで、「中国一流、世界先端」を目指し、「夢の中の水郷、詩や絵画のように美しい江南」を設計理念として、2018年6月16日の着工から336日をかけて主要建築の改造を行った。(蘇州=新華社配信/王亭川)=2019(令和元)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019070205113

    「新華社」 翼を広げた鳳凰北京大興国際空港の主要工事が予定通り完工  北京大興国際空港のターミナルビル内部。(6月14日、小型無人機から/パノラマ合成)中国北京市で6月30日、北京大興国際空港の主要工事プロジェクトが予定通り順調に完工した。各プロジェクトはいずれも一度で検収に合格した。これにより、北京大興国際空港は、建設工事から開港準備へと移っている。(北京=新華社記者/才揚)=2019(令和元)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019070205173

    「新華社」 翼を広げた鳳凰北京大興国際空港の主要工事が予定通り完工  北京大興国際空港のターミナルビル内部。(6月14日、小型無人機から/パノラマ合成)中国北京市で6月30日、北京大興国際空港の主要工事プロジェクトが予定通り順調に完工した。各プロジェクトはいずれも一度で検収に合格した。これにより、北京大興国際空港は、建設工事から開港準備へと移っている。(北京=新華社記者/才揚)=2019(令和元)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019070205183

    「新華社」 翼を広げた鳳凰北京大興国際空港の主要工事が予定通り完工  「翼を広げた鳳凰」をモチーフにした北京大興国際空港のターミナルビル。(6月14日、小型無人機から)中国北京市で6月30日、北京大興国際空港の主要工事プロジェクトが予定通り順調に完工した。各プロジェクトはいずれも一度で検収に合格した。これにより、北京大興国際空港は、建設工事から開港準備へと移っている。(北京=新華社記者/才揚)=2019(令和元)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019070205171

    「新華社」 翼を広げた鳳凰北京大興国際空港の主要工事が予定通り完工  「翼を広げた鳳凰」をモチーフにした北京大興国際空港のターミナルビル。(6月14日、小型無人機から)中国北京市で6月30日、北京大興国際空港の主要工事プロジェクトが予定通り順調に完工した。各プロジェクトはいずれも一度で検収に合格した。これにより、北京大興国際空港は、建設工事から開港準備へと移っている。(北京=新華社記者/才揚)=2019(令和元)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019070205148

    「新華社」 翼を広げた鳳凰北京大興国際空港の主要工事が予定通り完工  「翼を広げた鳳凰」をモチーフにした北京大興国際空港のターミナルビル。(6月14日、小型無人機から)中国北京市で6月30日、北京大興国際空港の主要工事プロジェクトが予定通り順調に完工した。各プロジェクトはいずれも一度で検収に合格した。これにより、北京大興国際空港は、建設工事から開港準備へと移っている。(北京=新華社記者/才揚)=2019(令和元)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019070205134

    「新華社」 翼を広げた鳳凰北京大興国際空港の主要工事が予定通り完工  北京大興国際空港。(6月14日、小型無人機から/パノラマ合成)中国北京市で6月30日、北京大興国際空港の主要工事プロジェクトが予定通り順調に完工した。各プロジェクトはいずれも一度で検収に合格した。これにより、北京大興国際空港は、建設工事から開港準備へと移っている。(北京=新華社記者/才揚)=2019(令和元)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019061805892

    「新華社」 黄河にかかる「110歳」の中山橋を訪ねて甘粛省蘭州市  12日に撮影した黄河の蘭州区間に架かる中山橋。(小型無人機から)中国甘粛省蘭州市城関区に位置する蘭州黄河鉄橋(中山橋)は、黄河の蘭州区間に架かる最も古い橋で、110年の歴史を持つ。当時のドイツ系商社・テルゲ・ウント・シュレーター商会(Telge&Schroeter)の経営者、ケイヨス氏が1906年に蘭州を訪れ、同地で橋の建設に使用する材料・設備をすべてドイツから輸入するという内容が盛り込まれた「蘭州黄河鉄橋の修理・保証に関する契約」を締結した。蘭州黄河鉄橋は1908年5月9日に正式着工し、1909年7月27日に完成、1909年8月19日に開通した。それから100年余りの間に8回にわたる補強や修理が行われたという。また、1954年に行われた補強工事で、鉄橋の5カ所にアーチ鉄骨が加えられたことから、橋の強度と耐荷性が向上し、より堂々とした美しい橋となった。2006年、中国国務院は蘭州黄河鉄橋を「第6批(回)全国重点文物(文化遺産)保護単位」に認定すると発表した。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019061805889

    「新華社」 黄河にかかる「110歳」の中山橋を訪ねて甘粛省蘭州市  12日に撮影した黄河の蘭州区間に架かる中山橋。(小型無人機から)中国甘粛省蘭州市城関区に位置する蘭州黄河鉄橋(中山橋)は、黄河の蘭州区間に架かる最も古い橋で、110年の歴史を持つ。当時のドイツ系商社・テルゲ・ウント・シュレーター商会(Telge&Schroeter)の経営者、ケイヨス氏が1906年に蘭州を訪れ、同地で橋の建設に使用する材料・設備をすべてドイツから輸入するという内容が盛り込まれた「蘭州黄河鉄橋の修理・保証に関する契約」を締結した。蘭州黄河鉄橋は1908年5月9日に正式着工し、1909年7月27日に完成、1909年8月19日に開通した。それから100年余りの間に8回にわたる補強や修理が行われたという。また、1954年に行われた補強工事で、鉄橋の5カ所にアーチ鉄骨が加えられたことから、橋の強度と耐荷性が向上し、より堂々とした美しい橋となった。2006年、中国国務院は蘭州黄河鉄橋を「第6回全国重点文物(文化遺産)保護単位」に認定すると発表した。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019061805893

    「新華社」 黄河にかかる「110歳」の中山橋を訪ねて甘粛省蘭州市  12日に撮影した黄河の蘭州区間に架かる中山橋。(小型無人機から)中国甘粛省蘭州市城関区に位置する蘭州黄河鉄橋(中山橋)は、黄河の蘭州区間に架かる最も古い橋で、110年の歴史を持つ。当時のドイツ系商社・テルゲ・ウント・シュレーター商会(Telge&Schroeter)の経営者、ケイヨス氏が1906年に蘭州を訪れ、同地で橋の建設に使用する材料・設備をすべてドイツから輸入するという内容が盛り込まれた「蘭州黄河鉄橋の修理・保証に関する契約」を締結した。蘭州黄河鉄橋は1908年5月9日に正式着工し、1909年7月27日に完成、1909年8月19日に開通した。それから100年余りの間に8回にわたる補強や修理が行われたという。また、1954年に行われた補強工事で、鉄橋の5カ所にアーチ鉄骨が加えられたことから、橋の強度と耐荷性が向上し、より堂々とした美しい橋となった。2006年、中国国務院は蘭州黄河鉄橋を「第6回全国重点文物(文化遺産)保護単位」に認定すると発表した。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019061805648

    「新華社」 黄河にかかる「110歳」の中山橋を訪ねて甘粛省蘭州市  12日に撮影した黄河の蘭州区間に架かる中山橋。(小型無人機から)中国甘粛省蘭州市城関区に位置する蘭州黄河鉄橋(中山橋)は、黄河の蘭州区間に架かる最も古い橋で、110年の歴史を持つ。当時のドイツ系商社・テルゲ・ウント・シュレーター商会(Telge&Schroeter)の経営者、ケイヨス氏が1906年に蘭州を訪れ、同地で橋の建設に使用する材料・設備をすべてドイツから輸入するという内容が盛り込まれた「蘭州黄河鉄橋の修理・保証に関する契約」を締結した。蘭州黄河鉄橋は1908年5月9日に正式着工し、1909年7月27日に完成、1909年8月19日に開通した。それから100年余りの間に8回にわたる補強や修理が行われたという。また、1954年に行われた補強工事で、鉄橋の5カ所にアーチ鉄骨が加えられたことから、橋の強度と耐荷性が向上し、より堂々とした美しい橋となった。2006年、中国国務院は蘭州黄河鉄橋を「第6回全国重点文物(文化遺産)保護単位」に認定すると発表した。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019061805708

    「新華社」 黄河にかかる「110歳」の中山橋を訪ねて甘粛省蘭州市  12日に撮影した黄河の蘭州区間に架かる中山橋。(小型無人機から)中国甘粛省蘭州市城関区に位置する蘭州黄河鉄橋(中山橋)は、黄河の蘭州区間に架かる最も古い橋で、110年の歴史を持つ。当時のドイツ系商社・テルゲ・ウント・シュレーター商会(Telge&Schroeter)の経営者、ケイヨス氏が1906年に蘭州を訪れ、同地で橋の建設に使用する材料・設備をすべてドイツから輸入するという内容が盛り込まれた「蘭州黄河鉄橋の修理・保証に関する契約」を締結した。蘭州黄河鉄橋は1908年5月9日に正式着工し、1909年7月27日に完成、1909年8月19日に開通した。それから100年余りの間に8回にわたる補強や修理が行われたという。また、1954年に行われた補強工事で、鉄橋の5カ所にアーチ鉄骨が加えられたことから、橋の強度と耐荷性が向上し、より堂々とした美しい橋となった。2006年、中国国務院は蘭州黄河鉄橋を「第6回全国重点文物(文化遺産)保護単位」に認定すると発表した。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019051403017

    「新華社」 滬通長江大橋、南側主塔が高さ300メートル超に  8日、滬通長江大橋南側主塔の29号橋脚の施工現場。(小型無人機から)中国江蘇省で建設中の滬通(こつう)長江大橋南側主塔の29号橋脚がこのほど、高さ300メートルを超え、305・5メートルに達した。工事を担当する中鉄大橋局滬通長江大橋プロジェクト部の関係者が明らかにした。7月には頂部が完成する見込み。(南通=新華社配信/許叢軍)=2019(令和元)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019051402950

    「新華社」 滬通長江大橋、南側主塔が高さ300メートル超に  8日、滬通長江大橋南側主塔の29号橋脚の施工現場。(小型無人機から)中国江蘇省で建設中の滬通(こつう)長江大橋南側主塔の29号橋脚がこのほど、高さ300メートルを超え、305・5メートルに達した。工事を担当する中鉄大橋局滬通長江大橋プロジェクト部の関係者が明らかにした。7月には頂部が完成する見込み。(南通=新華社配信/許叢軍)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019051402955

    「新華社」 滬通長江大橋、南側主塔が高さ300メートル超に  8日、滬通長江大橋南側主塔の29号橋脚で行われた鋼桁の架設工事。(小型無人機から)中国江蘇省で建設中の滬通(こつう)長江大橋南側主塔の29号橋脚がこのほど、高さ300メートルを超え、305・5メートルに達した。工事を担当する中鉄大橋局滬通長江大橋プロジェクト部の関係者が明らかにした。7月には頂部が完成する見込み。(南通=新華社配信/許叢軍)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019051402967

    「新華社」 滬通長江大橋、南側主塔が高さ300メートル超に  8日、滬通長江大橋南側主塔の29号橋脚の施工現場。(小型無人機から)中国江蘇省で建設中の滬通(こつう)長江大橋南側主塔の29号橋脚がこのほど、高さ300メートルを超え、305・5メートルに達した。工事を担当する中鉄大橋局滬通長江大橋プロジェクト部の関係者が明らかにした。7月には頂部が完成する見込み。(南通=新華社配信/許叢軍)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019051402954

    「新華社」 滬通長江大橋、南側主塔が高さ300メートル超に  8日、滬通長江大橋南側主塔の29号橋脚で行われた鋼桁の架設工事。(小型無人機から)中国江蘇省で建設中の滬通(こつう)長江大橋南側主塔の29号橋脚がこのほど、高さ300メートルを超え、305・5メートルに達した。工事を担当する中鉄大橋局滬通長江大橋プロジェクト部の関係者が明らかにした。7月には頂部が完成する見込み。(南通=新華社配信/許叢軍)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019051402946

    「新華社」 滬通長江大橋、南側主塔が高さ300メートル超に  8日、滬通長江大橋南側主塔の29号橋脚(右)の施工現場。(小型無人機から)中国江蘇省で建設中の滬通(こつう)長江大橋南側主塔の29号橋脚がこのほど、高さ300メートルを超え、305・5メートルに達した。工事を担当する中鉄大橋局滬通長江大橋プロジェクト部の関係者が明らかにした。7月には頂部が完成する見込み。(南通=新華社配信/許叢軍)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019051402879

    「新華社」 500kVフレキシブル直流送電網モデル事業、完成急ぐ河北省張家口  8日、河北省張家口市康保県姚家灘村にある康保交直変換所の工事現場。(小型無人機から)中国河北省張家口市で工事が進められている張北再生可能エネルギーフレキシブル直流送電網モデルプロジェクトには、張北、康保、北京、豊寧の4カ所の交直変換所と直流送電線が含まれている。同プロジェクトはフレキシブル直流送電技術を利用して新エネルギーの大出力を実現することで、北京への新エネルギー電力の供給量を増やし、冬季五輪の低炭素で環境に優しい電力需要を満たすことを目指す。(張家口=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019041701056

    「新華社」 完成間近のロータス·タワーがライトアップスリランカ·コロンボ  12日、ライトアップしたスリランカ・コロンボのロータス・タワー。(小型無人機から)スリランカの首都コロンボのランドマーク、コロンボ・ロータス・タワーで12日夜、新年(シンハラ・タミル正月)に合わせ、ライトアップの試験点灯が行われた。コロンボ・ロータス・タワーの建設は、中国とスリランカの「一帯一路」共同建設における重要な協力プロジェクトとされる。2012年1月に契約が調印され、中国電子輸出入有限公司(CEIEC)がプロジェクトを全面的に請け負っている。運用開始後は電波塔としての役割のほか、飲食や宿泊、ショッピング、会議などさまざまな機能を担う。7月の完成を見込む。(コロンボ=新華社記者/郭磊)=2019(平成31)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019041701001

    「新華社」 完成間近のロータス·タワーがライトアップスリランカ·コロンボ  12日、ライトアップしたスリランカ・コロンボのロータス・タワー。(小型無人機から)スリランカの首都コロンボのランドマーク、コロンボ・ロータス・タワーで12日夜、新年(シンハラ・タミル正月)に合わせ、ライトアップの試験点灯が行われた。コロンボ・ロータス・タワーの建設は、中国とスリランカの「一帯一路」共同建設における重要な協力プロジェクトとされる。2012年1月に契約が調印され、中国電子輸出入有限公司(CEIEC)がプロジェクトを全面的に請け負っている。運用開始後は電波塔としての役割のほか、飲食や宿泊、ショッピング、会議などさまざまな機能を担う。7月の完成を見込む。(コロンボ=新華社記者/郭磊)=2019(平成31)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019041701071

    「新華社」 完成間近のロータス·タワーがライトアップスリランカ·コロンボ  12日、ライトアップしたスリランカ・コロンボのロータス・タワー。(小型無人機から)スリランカの首都コロンボのランドマーク、コロンボ・ロータス・タワーで12日夜、新年(シンハラ・タミル正月)に合わせ、ライトアップの試験点灯が行われた。コロンボ・ロータス・タワーの建設は、中国とスリランカの「一帯一路」共同建設における重要な協力プロジェクトとされる。2012年1月に契約が調印され、中国電子輸出入有限公司(CEIEC)がプロジェクトを全面的に請け負っている。運用開始後は電波塔としての役割のほか、飲食や宿泊、ショッピング、会議などさまざまな機能を担う。7月の完成を見込む。(コロンボ=新華社記者/郭磊)=2019(平成31)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019041701035

    「新華社」 完成間近のロータス·タワーがライトアップスリランカ·コロンボ  12日、ライトアップしたスリランカ・コロンボのロータス・タワー。(小型無人機から)スリランカの首都コロンボのランドマーク、コロンボ・ロータス・タワーで12日夜、新年(シンハラ・タミル正月)に合わせ、ライトアップの試験点灯が行われた。コロンボ・ロータス・タワーの建設は、中国とスリランカの「一帯一路」共同建設における重要な協力プロジェクトとされる。2012年1月に契約が調印され、中国電子輸出入有限公司(CEIEC)がプロジェクトを全面的に請け負っている。運用開始後は電波塔としての役割のほか、飲食や宿泊、ショッピング、会議などさまざまな機能を担う。7月の完成を見込む。(コロンボ=新華社記者/郭磊)=2019(平成31)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019041701031

    「新華社」 完成間近のロータス·タワーがライトアップスリランカ·コロンボ  12日、ライトアップしたスリランカ・コロンボのロータス・タワー。(小型無人機から)スリランカの首都コロンボのランドマーク、コロンボ・ロータス・タワーで12日夜、新年(シンハラ・タミル正月)に合わせ、ライトアップの試験点灯が行われた。コロンボ・ロータス・タワーの建設は、中国とスリランカの「一帯一路」共同建設における重要な協力プロジェクトとされる。2012年1月に契約が調印され、中国電子輸出入有限公司(CEIEC)がプロジェクトを全面的に請け負っている。運用開始後は電波塔としての役割のほか、飲食や宿泊、ショッピング、会議などさまざまな機能を担う。7月の完成を見込む。(コロンボ=新華社記者/郭磊)=2019(平成31)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019041701088

    「新華社」 完成間近のロータス·タワーがライトアップスリランカ·コロンボ  12日、ライトアップしたスリランカ・コロンボのロータス・タワー。(小型無人機から)スリランカの首都コロンボのランドマーク、コロンボ・ロータス・タワーで12日夜、新年(シンハラ・タミル正月)に合わせ、ライトアップの試験点灯が行われた。コロンボ・ロータス・タワーの建設は、中国とスリランカの「一帯一路」共同建設における重要な協力プロジェクトとされる。2012年1月に契約が調印され、中国電子輸出入有限公司(CEIEC)がプロジェクトを全面的に請け負っている。運用開始後は電波塔としての役割のほか、飲食や宿泊、ショッピング、会議などさまざまな機能を担う。7月の完成を見込む。(コロンボ=新華社記者/郭磊)=2019(平成31)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019041701032

    「新華社」 完成間近のロータス·タワーがライトアップスリランカ·コロンボ  12日、ライトアップしたスリランカ・コロンボのロータス・タワー。(小型無人機から)スリランカの首都コロンボのランドマーク、コロンボ・ロータス・タワーで12日夜、新年(シンハラ・タミル正月)に合わせ、ライトアップの試験点灯が行われた。コロンボ・ロータス・タワーの建設は、中国とスリランカの「一帯一路」共同建設における重要な協力プロジェクトとされる。2012年1月に契約が調印され、中国電子輸出入有限公司(CEIEC)がプロジェクトを全面的に請け負っている。運用開始後は電波塔としての役割のほか、飲食や宿泊、ショッピング、会議などさまざまな機能を担う。7月の完成を見込む。(コロンボ=新華社記者/郭磊)=2019(平成31)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019041904914

    「新華社」 観光の供給側構造改革で全域観光の安定発展を後押し海南省  11日、海南省瓊中リー族ミャオ族自治県の川下りスポット瓊中峡エリア。(小型無人機から)中国海南省はここ数年、観光の供給側構造改革のさらなる推進を主軸とし「点、線、面」を結合させ、全域観光(地域の各産業と観光業を融合させ経済社会の調和の取れた発展を目指す概念)の発展によってモデル省の建設を全面的に推進している。同省は豊かな海や森林などの自然資源を基に、省内観光の核心的競争力を着実に引き上げ、同省の特色に富む観光商品シリーズを構築している。2019年1~2月だけで、省全体の観光客数は前年同期比4・7%増の1616万4千人に達し、観光収入は同6・3%増の207億8千万元(1元=約17円)だった。(三亜=新華社記者/楊冠宇)=2019(平成31)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019041701099

    「新華社」 完成間近のロータス·タワーがライトアップスリランカ·コロンボ  10日、スリランカの首都コロンボにあるロータス・タワー。(小型無人機から)スリランカの首都コロンボのランドマーク、コロンボ・ロータス・タワーで12日夜、新年(シンハラ・タミル正月)に合わせ、ライトアップの試験点灯が行われた。コロンボ・ロータス・タワーの建設は、中国とスリランカの「一帯一路」共同建設における重要な協力プロジェクトとされる。2012年1月に契約が調印され、中国電子輸出入有限公司(CEIEC)がプロジェクトを全面的に請け負っている。運用開始後は電波塔としての役割のほか、飲食や宿泊、ショッピング、会議などさまざまな機能を担う。7月の完成を見込む。(コロンボ=新華社記者/郭磊)=2019(平成31)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019041701094

    「新華社」 完成間近のロータス·タワーがライトアップスリランカ·コロンボ  10日、スリランカの首都コロンボにあるロータス・タワー。(小型無人機から)スリランカの首都コロンボのランドマーク、コロンボ・ロータス・タワーで12日夜、新年(シンハラ・タミル正月)に合わせ、ライトアップの試験点灯が行われた。コロンボ・ロータス・タワーの建設は、中国とスリランカの「一帯一路」共同建設における重要な協力プロジェクトとされる。2012年1月に契約が調印され、中国電子輸出入有限公司(CEIEC)がプロジェクトを全面的に請け負っている。運用開始後は電波塔としての役割のほか、飲食や宿泊、ショッピング、会議などさまざまな機能を担う。7月の完成を見込む。(コロンボ=新華社記者/郭磊)=2019(平成31)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019041700997

    「新華社」 完成間近のロータス·タワーがライトアップスリランカ·コロンボ  10日、スリランカの首都コロンボにあるロータス・タワー。(小型無人機から)スリランカの首都コロンボのランドマーク、コロンボ・ロータス・タワーで12日夜、新年(シンハラ・タミル正月)に合わせ、ライトアップの試験点灯が行われた。コロンボ・ロータス・タワーの建設は、中国とスリランカの「一帯一路」共同建設における重要な協力プロジェクトとされる。2012年1月に契約が調印され、中国電子輸出入有限公司(CEIEC)がプロジェクトを全面的に請け負っている。運用開始後は電波塔としての役割のほか、飲食や宿泊、ショッピング、会議などさまざまな機能を担う。7月の完成を見込む。(コロンボ=新華社記者/郭磊)=2019(平成31)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019041701387

    「新華社」 文化観光ビジネスで古村の貧困脱却を後押し雲南省板江村  7日、空から見た板江村。(小型無人機から)中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州の広南県板江(ばんこう)村は、数百年の歴史を有する村落で、中国伝統村落リストに登録されている。この村は山の奥深くにあり、交通が不便なことから、貧困問題にこれまで悩まされてきた。同村は2017年に民宿と文化クリエイティブ、観光を組み合わせた新型の文化観光プロジェクトを導入し、地元の伝統ある村落の建物やしきたり、祝日・行事、手工芸などの文化を優れたカルチャー製品に転化して、農村の貧困脱却を後押ししている。(広南=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019041701052

    「新華社」 完成間近のロータス·タワーがライトアップスリランカ·コロンボ  4日、スリランカの首都コロンボにあるロータス·タワー。(小型無人機から)スリランカの首都コロンボのランドマーク、コロンボ・ロータス・タワーで12日夜、新年(シンハラ・タミル正月)に合わせ、ライトアップの試験点灯が行われた。コロンボ・ロータス・タワーの建設は、中国とスリランカの「一帯一路」共同建設における重要な協力プロジェクトとされる。2012年1月に契約が調印され、中国電子輸出入有限公司(CEIEC)がプロジェクトを全面的に請け負っている。運用開始後は電波塔としての役割のほか、飲食や宿泊、ショッピング、会議などさまざまな機能を担う。7月の完成を見込む。(コロンボ=新華社記者/郭磊)=2019(平成31)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019041701092

    「新華社」 完成間近のロータス·タワーがライトアップスリランカ·コロンボ  4日、スリランカの首都コロンボにあるロータス・タワー。(小型無人機から)スリランカの首都コロンボのランドマーク、コロンボ・ロータス・タワーで12日夜、新年(シンハラ・タミル正月)に合わせ、ライトアップの試験点灯が行われた。コロンボ・ロータス・タワーの建設は、中国とスリランカの「一帯一路」共同建設における重要な協力プロジェクトとされる。2012年1月に契約が調印され、中国電子輸出入有限公司(CEIEC)がプロジェクトを全面的に請け負っている。運用開始後は電波塔としての役割のほか、飲食や宿泊、ショッピング、会議などさまざまな機能を担う。7月の完成を見込む。(コロンボ=新華社記者/郭磊)=2019(平成31)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019041701084

    「新華社」 完成間近のロータス·タワーがライトアップスリランカ·コロンボ  4日、スリランカの首都コロンボにあるロータス・タワー。(小型無人機から)スリランカの首都コロンボのランドマーク、コロンボ・ロータス・タワーで12日夜、新年(シンハラ・タミル正月)に合わせ、ライトアップの試験点灯が行われた。コロンボ・ロータス・タワーの建設は、中国とスリランカの「一帯一路」共同建設における重要な協力プロジェクトとされる。2012年1月に契約が調印され、中国電子輸出入有限公司(CEIEC)がプロジェクトを全面的に請け負っている。運用開始後は電波塔としての役割のほか、飲食や宿泊、ショッピング、会議などさまざまな機能を担う。7月の完成を見込む。(コロンボ=新華社記者/郭磊)=2019(平成31)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019041701079

    「新華社」 完成間近のロータス·タワーがライトアップスリランカ·コロンボ  3日、コロンボ・ポートシティー(CPC)から見たロータス・タワー。(小型無人機から)スリランカの首都コロンボのランドマーク、コロンボ・ロータス・タワーで12日夜、新年(シンハラ・タミル正月)に合わせ、ライトアップの試験点灯が行われた。コロンボ・ロータス・タワーの建設は、中国とスリランカの「一帯一路」共同建設における重要な協力プロジェクトとされる。2012年1月に契約が調印され、中国電子輸出入有限公司(CEIEC)がプロジェクトを全面的に請け負っている。運用開始後は電波塔としての役割のほか、飲食や宿泊、ショッピング、会議などさまざまな機能を担う。7月の完成を見込む。(コロンボ=新華社記者/郭磊)=2019(平成31)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019041701171

    「新華社」 完成間近のロータス·タワーがライトアップスリランカ·コロンボ  3日、コロンボ・ポートシティー(CPC)の上空から撮ったロータス・タワー。(小型無人機から)スリランカの首都コロンボのランドマーク、コロンボ・ロータス・タワーで12日夜、新年(シンハラ・タミル正月)に合わせ、ライトアップの試験点灯が行われた。コロンボ・ロータス・タワーの建設は、中国とスリランカの「一帯一路」共同建設における重要な協力プロジェクトとされる。2012年1月に契約が調印され、中国電子輸出入有限公司(CEIEC)がプロジェクトを全面的に請け負っている。運用開始後は電波塔としての役割のほか、飲食や宿泊、ショッピング、会議などさまざまな機能を担う。7月の完成を見込む。(コロンボ=新華社記者/郭磊)=2019(平成31)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019032902275

    「新華社」 「花」を通して農村振興を支援四川省  20日、成都市が管轄する崇州市道明(どうみょう)鎮竹芸村の菜の花畑に設置された景観施設と休憩所。(小型無人機から)3月後半を迎えた中国四川省の各地では、黄金色の菜の花、真っ白な梨の花が咲き、緑色の小麦畑、民家や道路などと相まって、美しい農村の風景をなしている。花は景色を楽しむ多くの観光客を呼び寄せるだけでなく、村民に新たな増収の道筋を提供している。同省各地が近年、「農業+生態+観光」などのモデルを通じ、「農業パーク化、農業・観光一体化」の発展思考に基づいて、生態観光レジャー目的地の開発を実施。インフラとサービスのレベルを引き上げ、農業と生態、観光などの産業融合を積極的に進め、「花」を媒体として美しい農村建設による経済効果の増強、農村振興の支援に取り組んでいる。(成都=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019032902178

    「新華社」 「花」を通して農村振興を支援四川省  20日、成都市が管轄する崇州(すうしゅう)市道明(どうみょう)鎮竹芸村の菜の花畑に設けられた景観施設でお茶を飲む観光客。(小型無人機から)3月後半を迎えた中国四川省の各地では、黄金色の菜の花、真っ白な梨の花が咲き、緑色の小麦畑、民家や道路などと相まって、美しい農村の風景をなしている。花は景色を楽しむ多くの観光客を呼び寄せるだけでなく、村民に新たな増収の道筋を提供している。同省各地が近年、「農業+生態+観光」などのモデルを通じ、「農業パーク化、農業・観光一体化」の発展思考に基づいて、生態観光レジャー目的地の開発を実施。インフラとサービスのレベルを引き上げ、農業と生態、観光などの産業融合を積極的に進め、「花」を媒体として美しい農村建設による経済効果の増強、農村振興の支援に取り組んでいる。(成都=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019032902285

    「新華社」 「花」を通して農村振興を支援四川省  20日、成都市が管轄する崇州(すうしゅう)市道明(どうみょう)鎮竹芸村の菜の花畑に設置された景観施設と休憩所。(小型無人機から)3月後半を迎えた中国四川省の各地では、黄金色の菜の花、真っ白な梨の花が咲き、緑色の小麦畑、民家や道路などと相まって、美しい農村の風景をなしている。花は景色を楽しむ多くの観光客を呼び寄せるだけでなく、村民に新たな増収の道筋を提供している。同省各地が近年、「農業+生態+観光」などのモデルを通じ、「農業パーク化、農業・観光一体化」の発展思考に基づいて、生態観光レジャー目的地の開発を実施。インフラとサービスのレベルを引き上げ、農業と生態、観光などの産業融合を積極的に進め、「花」を媒体として美しい農村建設による経済効果の増強、農村振興の支援に取り組んでいる。(成都=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019032902229

    「新華社」 「花」を通して農村振興を支援四川省  20日、成都市が管轄する崇州(すうしゅう)市道明(どうみょう)鎮竹芸村の菜の花畑に設置された景観施設。(小型無人機から)3月後半を迎えた中国四川省の各地では、黄金色の菜の花、真っ白な梨の花が咲き、緑色の小麦畑、民家や道路などと相まって、美しい農村の風景をなしている。花は景色を楽しむ多くの観光客を呼び寄せるだけでなく、村民に新たな増収の道筋を提供している。同省各地が近年、「農業+生態+観光」などのモデルを通じ、「農業パーク化、農業・観光一体化」の発展思考に基づいて、生態観光レジャー目的地の開発を実施。インフラとサービスのレベルを引き上げ、農業と生態、観光などの産業融合を積極的に進め、「花」を媒体として美しい農村建設による経済効果の増強、農村振興の支援に取り組んでいる。(成都=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019031800370

    「新華社」 1日の出入国者延べ4万9千人以上雲南省瑞麗市  8日、雲南銀翔機車製造の工場。(小型無人機から)中国雲南省南部、ミヤンマーとの国境に位置する瑞麗(ずいれい)市は、1978年に一級口岸(国境貿易通関地)が設置され、2010年には国家重点開発開放試験区に指定された。現在でも「一帯一路」構想における中国・ミヤンマー貿易最大の通商都市となるべく発展を続けている。同市国境検問所指揮センターの責任者、彭磊(ほう・らい)氏は14日、取材に対し「国家重点開発開放試験区に指定されて以降、国境エリアの人的往来は日増しに増えている。現在の1日の通関者数は延べ4万9千人を超え、商人や出稼ぎ労働者として市内に滞在するミャンマー人は5万人以上に上る」と述べた。(瑞麗=新華社記者/秦晴)=2019(平成31)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像