検索結果 12,395 件中 1 件 〜 50
  1. 2020021700471

    「新華社」 四川省の日本企業、続々と営業再開  成都市高新区の出光電子材料が建設したOLED(有機EL)発光材料製造工場。(資料写真)中国南西部の四川省の省都成都には富士康科技集団(フォックスコン・テクノロジー)やインテル、テキサス・インスツルメンツなど世界的な企業が拠点を置く成都ハイテク産業開発区(高新区)がある。地元の関係部門は昼夜を問わず企業の感染防止活動に協力しており、企業活動の秩序的な再開を支援している。高新区にある出光電子材料中国の中島光茂総経理は「現地政府の速やかで十分な指導の下、1日までに詳細な緊急対策計画を策定し、10日からは従業員三十数人が出社している」と説明。従業員や家族の安全を守るため、日本の本社からマスク数千枚を調達して配布したほか、一部はハイテク区にも寄付したという。中島氏は「マスクの数はそれほど多くはないが、成都と共に困難を乗り切りたい」と語った。中国では、肺炎の拡大を受けて外出を控える人が増えたため、ネット消費が活発化している。イトーヨーカ堂のオンライン販売も同様に伸びている。同社は急増するオンライン需要に対応するため、インターネット販売向け商品の種類を2倍に増やした。1日の注文数は通常の4倍の1600件に増えたという。成都イトーヨーカ堂の店舗マネジャー、李麗娟(り・れいけん)さんは「今年の春節期間中の実店舗の来客数は前年同期に比べて3割減少したが、売上高は2倍に増えた」と説明。「今ではほぼ全ての従業員が勤務しており、お客様に質の高いサービスを提供している」と語った。(成都=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  2. 2020021500022

    「ニュース産直便」 伝統の刺し子で自立支援  販売会で「刺し子」の商品を手に笑顔を見せる事業所利用者の深谷里美さん(左)ら=7日、宇都宮市

  3. 2020021500019

    「ニュース産直便」 伝統の刺し子で自立支援  宇都宮市の事業所で「刺し子」の商品を作る利用者とスタッフ=5日

  4. 2020021406574

    対米ビジネス好転する  手袋メーカー、スワニーの能田元さん=香川県東かがわ市

  5. 2020021405116

    アフリカの女性映画人育成  13日、パリのユネスコ本部で、アフリカの女性映画人の育成支援事業を発表したアズレ事務局長(左)と河瀬直美監督(共同)

  6. 2020021700601

    「新華社」 中国企業、3Dプリンターで医療用「隔離小屋」を製造  13日、小屋の外観。中国江蘇省の蘇州工業パーク管理委員会は13日、同パークの入居企業の盈創新材料(蘇州)が3Dプリンターで制作した小屋15棟を同日、湖北省の咸寧(かんねい)市中心医院に導入し、新型コロナウイルスによる肺炎患者を隔離するために使用を開始したことを明らかにした。(咸寧=新華社配信/馬寓峰)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2020021700666

    「新華社」 日本企業が業務再開、地元政府も支援長江デルタ地域  13日、浙江日立ソリューションズソフトウェアサービスのエレベーターホールに設置されたティッシュボックス。中国の長江デルタ地域では、多くの日本企業が新型コロナウイルスによる肺炎の感染防止に配慮しつつ企業活動を再開している。各地方政府も支援措置により企業の感染防止策や生産再開を後押ししている。浙江省嘉興市の平湖経済開発区では、13日までに30社以上の日本企業の9割以上が活動を再開した。地元政府は感染対策の指導のほか、金融支援や租税減免などの措置も講じ、企業が難局を乗り越えられるようサポートしている。江蘇省蘇州市でも多くの日本企業が操業を再開しており、地元政府が通知や感染状況を英語や日本語に翻訳するなどして、企業の活動再開を支援している。(杭州=新華社配信)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2020021409941

    「新華社」 世界最大級の自動車ガラスメーカーが操業再開福建省福清市  12日、福耀集団の自動車用ガラス生産工場で、マスクを着用しロボットによる生産を確認する作業員。中国福建省福清市にある自動車ガラスメーカーの福耀玻璃工業集団(福耀集団)は春節(旧正月)休み開けから段階的に通常営業を再開し、一部の従業員も続々と職場に復帰している。市内にある同集団の工場では12日、生産の第一線で働く作業員らが感染症対策を講じながら、休みなく海外からの注文分を生産していた。(福清=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2020021700383

    「新華社」 有名レストランがデリバリーで営業再開湖南省長沙市  12日、湖南省長沙市にある「文和友」化竜池店で、「出前安心カード」に配達員の情報を記録するスタッフ。中国湖南省長沙市にある有名レストラン「文和友」は、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受けて、店内での飲食提供を中止し、宅配サービスに力を入れている。営業を再開した企業が抱える食事問題を解決するため、企業向けケータリングサービスを開始した他、最前線で働く医療スタッフや社区(コミュニティー)の職員の一部に弁当を無料で提供し、感染予防・抑制活動を支援している。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2020021302918

    「新華社」 西安市公共衛生センターの建設、最終段階に  11日、西安市公共衛生センター建設プロジェクトの現場。(小型無人機から)中国陝西省の西安市公共衛生センターの建設は、数千人の作業員や管理者が1週間以上、24時間止まることなく作業を続け、おおむね最終段階に入った。うちオフィス・生活エリアは、すでに正式に検収を終えている。同センターは西安市高陵区にあり、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)、第1期工事で建設した応急隔離病棟は約500床の病床を備える。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2020021302832

    「新華社」 日本各界、新型肺炎に立ち向かう中国を応援  11日、東京・新宿区の店舗内に掲示された「中国加油」(中国頑張れ)、「武漢加油」(武漢頑張れ)のメッセージ。日本ではこのところ、新型コロナウイルスによる肺炎に立ち向かう中国に対し、各界からさまざまな形で応援の気持ちが示されている。(東京=新華社記者/杜瀟逸)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2020021302833

    「新華社」 日本各界、新型肺炎に立ち向かう中国を応援  11日、マスクの無料提供と武漢を応援するメッセージが書かれた東京・銀座の店舗前の看板。日本ではこのところ、新型コロナウイルスによる肺炎に立ち向かう中国に対し、各界からさまざまな形で応援の気持ちが示されている。(東京=新華社記者/杜瀟逸)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2020021302821

    「新華社」 感染対策を万全にして物流業務を再開湖南省長沙市  11日、金霞経済開発区にある長沙新港バラ貨物ふ頭で作業をする作業員。中国湖南省長沙市開福区に位置する金霞経済開発区は、物流を基幹産業とする工業パークで、同市の医薬品の物流産業がそこに集まっている。同開発区は新型コロナウイルスによる肺炎に対する企業の感染予防・抑制活動が適切に行われていることを保証すると同時に、企業に営業再開に向けた指導とサービスを提供している。同開発区で特別監督管理サービスを受けた企業とプロジェクトは11日時点で402となり、営業を開始または再開した企業は209社に上った。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2020021302831

    「新華社」 感染対策を万全にして物流業務を再開湖南省長沙市  11日、金霞経済開発区にある国薬控股(シノファームグループ)湖南の物流倉庫で、フォークリフトで貨物を運ぶ作業員。中国湖南省長沙市開福区に位置する金霞経済開発区は、物流を基幹産業とする工業パークで、同市の医薬品の物流産業がそこに集まっている。同開発区は新型コロナウイルスによる肺炎に対する企業の感染予防・抑制活動が適切に行われていることを保証すると同時に、企業に営業再開に向けた指導とサービスを提供している。同開発区で特別監督管理サービスを受けた企業とプロジェクトは11日時点で402となり、営業を開始または再開した企業は209社に上った。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2020021302823

    「新華社」 感染対策を万全にして物流業務を再開湖南省長沙市  11日、金霞経済開発区にある国薬控股(シノファームグループ)湖南で、運転手に質問し、登録手続きをするスタッフ。中国湖南省長沙市開福区に位置する金霞経済開発区は、物流を基幹産業とする工業パークで、同市の医薬品の物流産業がそこに集まっている。同開発区は新型コロナウイルスによる肺炎に対する企業の感染予防・抑制活動が適切に行われていることを保証すると同時に、企業に営業再開に向けた指導とサービスを提供している。同開発区で特別監督管理サービスを受けた企業とプロジェクトは11日時点で402となり、営業を開始または再開した企業は209社に上った。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2020021302867

    「新華社」 新型肺炎に勝つラーメン店の店主が無料で弁当を差し入れ江西省南昌市  10日、南昌市紅谷灘新区で、韓海明さんのラーメン店の入り口に貼られた臨時休業を示す張り紙。今年21歳になる韓海明(かん・かいめい)さんは中国江西省南昌市でラーメン店を経営している。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、韓さんは7日から、家族と一緒に丼定食、水餃子などを準備し、昼食の時間になると、いとこと店の周辺の病院や地下鉄の入り口、社区(コミュニティー)などで感染対策のために働く人々に弁当を届けている。現在までに水餃子140セット、丼もの280セットが無料で配られており、これらの弁当のおかげで、午後2時にようやく勤務を終え家に戻ってご飯を食べていた作業員が、時間通りに昼食を取れるようになった。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2020021302813

    「新華社」 新型肺炎に勝つラーメン店の店主が無料で弁当を差し入れ江西省南昌市  10日、江西省南昌市紅谷灘新区にある韓海明さんのラーメン店で、感染対策のため最前線で働く人々のために準備された水餃子。今年21歳になる韓海明(かん・かいめい)さんは中国江西省南昌市でラーメン店を経営している。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、韓さんは7日から、家族と一緒に丼定食、水餃子などを準備し、昼食の時間になると、いとこと店の周辺の病院や地下鉄の入り口、社区(コミュニティー)などで感染対策のために働く人々に弁当を届けている。現在までに水餃子140セット、丼もの280セットが無料で配られており、これらの弁当のおかげで、午後2時にようやく勤務を終え家に戻ってご飯を食べていた作業員が、時間通りに昼食を取れるようになった。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2020021700656

    「新華社」 日本企業が業務再開、地元政府も支援長江デルタ地域  10日、日本電産芝浦浙江の生産現場では従業員の体温測定が不定期に実施されている。中国の長江デルタ地域では、多くの日本企業が新型コロナウイルスによる肺炎の感染防止に配慮しつつ企業活動を再開している。各地方政府も支援措置により企業の感染防止策や生産再開を後押ししている。浙江省嘉興市の平湖経済開発区では、13日までに30社以上の日本企業の9割以上が活動を再開した。地元政府は感染対策の指導のほか、金融支援や租税減免などの措置も講じ、企業が難局を乗り越えられるようサポートしている。江蘇省蘇州市でも多くの日本企業が操業を再開しており、地元政府が通知や感染状況を英語や日本語に翻訳するなどして、企業の活動再開を支援している。(杭州=新華社配信)=2020(令和2)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2020021700680

    「新華社」 日本企業が業務再開、地元政府も支援長江デルタ地域  10日、森永食品浙江の朝礼に参加する従業員。感染予防のため1メートル以上離れている。中国の長江デルタ地域では、多くの日本企業が新型コロナウイルスによる肺炎の感染防止に配慮しつつ企業活動を再開している。各地方政府も支援措置により企業の感染防止策や生産再開を後押ししている。浙江省嘉興市の平湖経済開発区では、13日までに30社以上の日本企業の9割以上が活動を再開した。地元政府は感染対策の指導のほか、金融支援や租税減免などの措置も講じ、企業が難局を乗り越えられるようサポートしている。江蘇省蘇州市でも多くの日本企業が操業を再開しており、地元政府が通知や感染状況を英語や日本語に翻訳するなどして、企業の活動再開を支援している。(杭州=新華社配信)=2020(令和2)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2020021700690

    「新華社」 日本企業が業務再開、地元政府も支援長江デルタ地域  10日、1人が一つのテーブルで食事を取る中部理化アルミ制品平湖の食堂。中国の長江デルタ地域では、多くの日本企業が新型コロナウイルスによる肺炎の感染防止に配慮しつつ企業活動を再開している。各地方政府も支援措置により企業の感染防止策や生産再開を後押ししている。浙江省嘉興市の平湖経済開発区では、13日までに30社以上の日本企業の9割以上が活動を再開した。地元政府は感染対策の指導のほか、金融支援や租税減免などの措置も講じ、企業が難局を乗り越えられるようサポートしている。江蘇省蘇州市でも多くの日本企業が操業を再開しており、地元政府が通知や感染状況を英語や日本語に翻訳するなどして、企業の活動再開を支援している。(杭州=新華社配信)=2020(令和2)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2020021302862

    「新華社」 新型肺炎に勝つラーメン店の店主が無料で弁当を差し入れ江西省南昌市  10日、江西省南昌市紅谷灘新区にあるラーメン店の入り口に「共にウイルスに打ち勝とう」と書かれた横断幕を掲げる韓海明さん。今年21歳になる韓海明(かん・かいめい)さんは中国江西省南昌市でラーメン店を経営している。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、韓さんは7日から、家族と一緒に丼定食、水餃子などを準備し、昼食の時間になると、いとこと店の周辺の病院や地下鉄の入り口、社区(コミュニティー)などで感染対策のために働く人々に弁当を届けている。現在までに水餃子140セット、丼もの280セットが無料で配られており、これらの弁当のおかげで、午後2時にようやく勤務を終え家に戻ってご飯を食べていた作業員が、時間通りに昼食を取れるようになった。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2020021302934

    「新華社」 新型肺炎に勝つラーメン店の店主が無料で弁当を差し入れ江西省南昌市  10日、南昌市紅谷灘新区で、感染対策のため最前線で働く人々のために水餃子を準備する韓海明さん(右)。今年21歳になる韓海明(かん・かいめい)さんは中国江西省南昌市でラーメン店を経営している。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、韓さんは7日から、家族と一緒に丼定食、水餃子などを準備し、昼食の時間になると、いとこと店の周辺の病院や地下鉄の入り口、社区(コミュニティー)などで感染対策のために働く人々に弁当を届けている。現在までに水餃子140セット、丼もの280セットが無料で配られており、これらの弁当のおかげで、午後2時にようやく勤務を終え家に戻ってご飯を食べていた作業員が、時間通りに昼食を取れるようになった。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2020021302935

    「新華社」 新型肺炎に勝つラーメン店の店主が無料で弁当を差し入れ江西省南昌市  10日、江西省南昌市紅谷灘新区で、韓海明さんに感謝を示す社区の職員。今年21歳になる韓海明(かん・かいめい)さんは中国江西省南昌市でラーメン店を経営している。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、韓さんは7日から、家族と一緒に丼定食、水餃子などを準備し、昼食の時間になると、いとこと店の周辺の病院や地下鉄の入り口、社区(コミュニティー)などで感染対策のために働く人々に弁当を届けている。現在までに水餃子140セット、丼もの280セットが無料で配られており、これらの弁当のおかげで、午後2時にようやく勤務を終え家に戻ってご飯を食べていた作業員が、時間通りに昼食を取れるようになった。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2020021302920

    「新華社」 新型肺炎に勝つラーメン店の店主が無料で弁当を差し入れ江西省南昌市  10日、南昌市紅谷灘新区にあるラーメン店で、感染対策のため最前線で働く人々のために水餃子を準備する韓海明さん(右)。今年21歳になる韓海明(かん・かいめい)さんは中国江西省南昌市でラーメン店を経営している。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、韓さんは7日から、家族と一緒に丼定食、水餃子などを準備し、昼食の時間になると、いとこと店の周辺の病院や地下鉄の入り口、社区(コミュニティー)などで感染対策のために働く人々に弁当を届けている。現在までに水餃子140セット、丼もの280セットが無料で配られており、これらの弁当のおかげで、午後2時にようやく勤務を終え家に戻ってご飯を食べていた作業員が、時間通りに昼食を取れるようになった。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2020021700551

    「新華社」 中国の日本企業、続々と営業再開新型肺炎に配慮  10日、日本の武蔵野化学研究所の中国現地法人、武蔵野化学中国のオフィスで消毒をする職員。中国ではこのところ、多くの日本企業が徐々に業務を再開し、新型コロナウイルスによる肺炎の感染に対応しながら操業を始めている。(南昌=新華社配信)=2020(令和2)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2020021700667

    「新華社」 日本企業が業務再開、地元政府も支援長江デルタ地域  10日、日本電産芝浦浙江の食堂で食事をする従業員。入学試験会場のように互いが離れて座っている。入口の案内掲示には、向き合って座らないよう、入退室にはマスクを着用するよう書かれている。中国の長江デルタ地域では、多くの日本企業が新型コロナウイルスによる肺炎の感染防止に配慮しつつ企業活動を再開している。各地方政府も支援措置により企業の感染防止策や生産再開を後押ししている。浙江省嘉興市の平湖経済開発区では、13日までに30社以上の日本企業の9割以上が活動を再開した。地元政府は感染対策の指導のほか、金融支援や租税減免などの措置も講じ、企業が難局を乗り越えられるようサポートしている。江蘇省蘇州市でも多くの日本企業が操業を再開しており、地元政府が通知や感染状況を英語や日本語に翻訳するなどして、企業の活動再開を支援している。(杭州=新華社配信)=2020(令和2)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2020021700442

    「新華社」 中国の日本企業、続々と営業再開新型肺炎に配慮  10日、日本電産テクノモータの現地法人、日本電産芝浦浙江の食堂で食事をする従業員。入学試験会場のように互いが離れて座っている。中国ではこのところ、多くの日本企業が徐々に業務を再開し、新型コロナウイルスによる肺炎の感染に対応しながら操業を始めている。(杭州=新華社配信)=2020(令和2)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2020021700398

    「新華社」 中国の日本企業、続々と営業再開新型肺炎に配慮  10日、日本の武蔵野化学研究所の中国現地法人、武蔵野化学中国の食堂。中国ではこのところ、多くの日本企業が徐々に業務を再開し、新型コロナウイルスによる肺炎の感染に対応しながら操業を始めている。(南昌=新華社配信)=2020(令和2)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2020021302928

    「新華社」 新型肺炎に勝つラーメン店の店主が無料で弁当を差し入れ江西省南昌市  9日、江西省南昌市紅谷灘新区で、地下鉄駅で感染対策のために働く人々に弁当を届ける韓海明さん(右)。今年21歳になる韓海明(かん・かいめい)さんは中国江西省南昌市でラーメン店を経営している。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、韓さんは7日から、家族と一緒に丼定食、水餃子などを準備し、昼食の時間になると、いとこと店の周辺の病院や地下鉄の入り口、社区(コミュニティー)などで感染対策のために働く人々に弁当を届けている。現在までに水餃子140セット、丼もの280セットが無料で配られており、これらの弁当のおかげで、午後2時にようやく勤務を終え家に戻ってご飯を食べていた作業員が、時間通りに昼食を取れるようになった。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2020021302930

    「新華社」 新型肺炎に勝つラーメン店の店主が無料で弁当を差し入れ江西省南昌市  9日、江西省南昌市紅谷灘新区で当日配送する丼ものを準備をする韓海明さん(右)。今年21歳になる韓海明(かん・かいめい)さんは中国江西省南昌市でラーメン店を経営している。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、韓さんは7日から、家族と一緒に丼定食、水餃子などを準備し、昼食の時間になると、いとこと店の周辺の病院や地下鉄の入り口、社区(コミュニティー)などで感染対策のために働く人々に弁当を届けている。現在までに水餃子140セット、丼もの280セットが無料で配られており、これらの弁当のおかげで、午後2時にようやく勤務を終え家に戻ってご飯を食べていた作業員が、時間通りに昼食を取れるようになった。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2020021302938

    「新華社」 新型肺炎に勝つラーメン店の店主が無料で弁当を差し入れ江西省南昌市  9日、南昌市紅谷灘新区で、社区で当番勤務する人々に弁当を届ける韓海明さん(右)。今年21歳になる韓海明(かん・かいめい)さんは中国江西省南昌市でラーメン店を経営している。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、韓さんは7日から、家族と一緒に丼定食、水餃子などを準備し、昼食の時間になると、いとこと店の周辺の病院や地下鉄の入り口、社区(コミュニティー)などで感染対策のために働く人々に弁当を届けている。現在までに水餃子140セット、丼もの280セットが無料で配られており、これらの弁当のおかげで、午後2時にようやく勤務を終え家に戻ってご飯を食べていた作業員が、時間通りに昼食を取れるようになった。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2020021700366

    「新華社」 四川省の日本企業、続々と営業再開  8日午前、成都のイトーヨーカ堂店舗に入る前に列に並び、体温測定を受ける成都市民。中国南西部の四川省の省都成都には富士康科技集団(フォックスコン・テクノロジー)やインテル、テキサス・インスツルメンツなど世界的な企業が拠点を置く成都ハイテク産業開発区(高新区)がある。地元の関係部門は昼夜を問わず企業の感染防止活動に協力しており、企業活動の秩序的な再開を支援している。高新区にある出光電子材料中国の中島光茂総経理は「現地政府の速やかで十分な指導の下、1日までに詳細な緊急対策計画を策定し、10日からは従業員三十数人が出社している」と説明。従業員や家族の安全を守るため、日本の本社からマスク数千枚を調達して配布したほか、一部はハイテク区にも寄付したという。中島氏は「マスクの数はそれほど多くはないが、成都と共に困難を乗り切りたい」と語った。中国では、肺炎の拡大を受けて外出を控える人が増えたため、ネット消費が活発化している。イトーヨーカ堂のオンライン販売も同様に伸びている。同社は急増するオンライン需要に対応するため、インターネット販売向け商品の種類を2倍に増やした。1日の注文数は通常の4倍の1600件に増えたという。成都イトーヨーカ堂の店舗マネジャー、李麗娟(り・れいけん)さんは「今年の春節期間中の実店舗の来客数は前年同期に比べて3割減少したが、売上高は2倍に増えた」と説明。「今ではほぼ全ての従業員が勤務しており、お客様に質の高いサービスを提供している」と語った。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2020021700419

    「新華社」 中国の日本企業、続々と営業再開新型肺炎に配慮  8日、成都のイトーヨーカ堂の入口で体温測定を受けるために並ぶ来店者。中国ではこのところ、多くの日本企業が徐々に業務を再開し、新型コロナウイルスによる肺炎の感染に対応しながら操業を始めている。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2020021700435

    「新華社」 四川省の日本企業、続々と営業再開  8日、成都にあるイトーヨーカ堂の店舗に並ぶ商品。中国南西部の四川省の省都成都には富士康科技集団(フォックスコン・テクノロジー)やインテル、テキサス・インスツルメンツなど世界的な企業が拠点を置く成都ハイテク産業開発区(高新区)がある。地元の関係部門は昼夜を問わず企業の感染防止活動に協力しており、企業活動の秩序的な再開を支援している。高新区にある出光電子材料中国の中島光茂総経理は「現地政府の速やかで十分な指導の下、1日までに詳細な緊急対策計画を策定し、10日からは従業員三十数人が出社している」と説明。従業員や家族の安全を守るため、日本の本社からマスク数千枚を調達して配布したほか、一部はハイテク区にも寄付したという。中島氏は「マスクの数はそれほど多くはないが、成都と共に困難を乗り切りたい」と語った。中国では、肺炎の拡大を受けて外出を控える人が増えたため、ネット消費が活発化している。イトーヨーカ堂のオンライン販売も同様に伸びている。同社は急増するオンライン需要に対応するため、インターネット販売向け商品の種類を2倍に増やした。1日の注文数は通常の4倍の1600件に増えたという。成都イトーヨーカ堂の店舗マネジャー、李麗娟(り・れいけん)さんは「今年の春節期間中の実店舗の来客数は前年同期に比べて3割減少したが、売上高は2倍に増えた」と説明。「今ではほぼ全ての従業員が勤務しており、お客様に質の高いサービスを提供している」と語った。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2020021700573

    「新華社」 中国の日本企業、続々と営業再開新型肺炎に配慮  8日、成都のイトーヨーカ堂のレジカウンター。中国ではこのところ、多くの日本企業が徐々に業務を再開し、新型コロナウイルスによる肺炎の感染に対応しながら操業を始めている。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2020021700374

    「新華社」 四川省の日本企業、続々と営業再開  8日、成都イトーヨーカ堂のある店舗で商品を整理するスタッフ。中国南西部の四川省の省都成都には富士康科技集団(フォックスコン・テクノロジー)やインテル、テキサス・インスツルメンツなど世界的な企業が拠点を置く成都ハイテク産業開発区(高新区)がある。地元の関係部門は昼夜を問わず企業の感染防止活動に協力しており、企業活動の秩序的な再開を支援している。高新区にある出光電子材料中国の中島光茂総経理は「現地政府の速やかで十分な指導の下、1日までに詳細な緊急対策計画を策定し、10日からは従業員三十数人が出社している」と説明。従業員や家族の安全を守るため、日本の本社からマスク数千枚を調達して配布したほか、一部はハイテク区にも寄付したという。中島氏は「マスクの数はそれほど多くはないが、成都と共に困難を乗り切りたい」と語った。中国では、肺炎の拡大を受けて外出を控える人が増えたため、ネット消費が活発化している。イトーヨーカ堂のオンライン販売も同様に伸びている。同社は急増するオンライン需要に対応するため、インターネット販売向け商品の種類を2倍に増やした。1日の注文数は通常の4倍の1600件に増えたという。成都イトーヨーカ堂の店舗マネジャー、李麗娟(り・れいけん)さんは「今年の春節期間中の実店舗の来客数は前年同期に比べて3割減少したが、売上高は2倍に増えた」と説明。「今ではほぼ全ての従業員が勤務しており、お客様に質の高いサービスを提供している」と語った。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2020021700522

    「新華社」 四川省の日本企業、続々と営業再開  8日、成都にあるイトーヨーカ堂の店舗のレジに並び精算する消費者。中国南西部の四川省の省都成都には富士康科技集団(フォックスコン・テクノロジー)やインテル、テキサス・インスツルメンツなど世界的な企業が拠点を置く成都ハイテク産業開発区(高新区)がある。地元の関係部門は昼夜を問わず企業の感染防止活動に協力しており、企業活動の秩序的な再開を支援している。高新区にある出光電子材料中国の中島光茂総経理は「現地政府の速やかで十分な指導の下、1日までに詳細な緊急対策計画を策定し、10日からは従業員三十数人が出社している」と説明。従業員や家族の安全を守るため、日本の本社からマスク数千枚を調達して配布したほか、一部はハイテク区にも寄付したという。中島氏は「マスクの数はそれほど多くはないが、成都と共に困難を乗り切りたい」と語った。中国では、肺炎の拡大を受けて外出を控える人が増えたため、ネット消費が活発化している。イトーヨーカ堂のオンライン販売も同様に伸びている。同社は急増するオンライン需要に対応するため、インターネット販売向け商品の種類を2倍に増やした。1日の注文数は通常の4倍の1600件に増えたという。成都イトーヨーカ堂の店舗マネジャー、李麗娟(り・れいけん)さんは「今年の春節期間中の実店舗の来客数は前年同期に比べて3割減少したが、売上高は2倍に増えた」と説明。「今ではほぼ全ての従業員が勤務しており、お客様に質の高いサービスを提供している」と語った。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2020021700575

    「新華社」 中国の日本企業、続々と営業再開新型肺炎に配慮  8日、成都のイトーヨーカ堂の店外で車両を消毒する配送職員。中国ではこのところ、多くの日本企業が徐々に業務を再開し、新型コロナウイルスによる肺炎の感染に対応しながら操業を始めている。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2020021700355

    「新華社」 四川省の日本企業、続々と営業再開  8日、成都にあるイトーヨーカ堂の店舗の外でスクーターの消毒をする配達員。中国南西部の四川省の省都成都には富士康科技集団(フォックスコン・テクノロジー)やインテル、テキサス・インスツルメンツなど世界的な企業が拠点を置く成都ハイテク産業開発区(高新区)がある。地元の関係部門は昼夜を問わず企業の感染防止活動に協力しており、企業活動の秩序的な再開を支援している。高新区にある出光電子材料中国の中島光茂総経理は「現地政府の速やかで十分な指導の下、1日までに詳細な緊急対策計画を策定し、10日からは従業員三十数人が出社している」と説明。従業員や家族の安全を守るため、日本の本社からマスク数千枚を調達して配布したほか、一部はハイテク区にも寄付したという。中島氏は「マスクの数はそれほど多くはないが、成都と共に困難を乗り切りたい」と語った。中国では、肺炎の拡大を受けて外出を控える人が増えたため、ネット消費が活発化している。イトーヨーカ堂のオンライン販売も同様に伸びている。同社は急増するオンライン需要に対応するため、インターネット販売向け商品の種類を2倍に増やした。1日の注文数は通常の4倍の1600件に増えたという。成都イトーヨーカ堂の店舗マネジャー、李麗娟(り・れいけん)さんは「今年の春節期間中の実店舗の来客数は前年同期に比べて3割減少したが、売上高は2倍に増えた」と説明。「今ではほぼ全ての従業員が勤務しており、お客様に質の高いサービスを提供している」と語った。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2020020705608

    VAR、場内で映像共有  事業計画について記者会見するJリーグの村井満チェアマン=7日午後、東京都中央区

  41. 2020020705389

    赤字ウーバー、新たな負担  ニューヨーク証券取引所のディスプレーに表示されたウーバーのロゴ=2019年5月(ロイター=共同)

  42. 2020020704298

    商品ニュース  シンシアが発売した「ウルトラマン」のデザインの折り畳み傘

  43. 2020020703280

    ウーバー赤字1200億円  米ウーバー・テクノロジーズの配車地点を示すサイン=2019年9月、カリフォルニア州サンディエゴ(ロイター=共同)

  44. 2020021405244

    「新華社」 野菜の安定供給で庶民の食生活を守る湖南省長沙市  7日、長沙市の大河西農産品物流センターでニンジンを積み込む運転手。中国湖南省長沙市の大河西農産品物流センターでは、新型コロナウイルスによる肺炎が拡大する中でも十分な野菜の供給が確保されている。種類も多く、価格も平年並みで、中国で「菜籃子(買い物かご)」と呼ばれる庶民の副食品需要を支えている。市政府も感染拡大を受け「菜籃子供給保証緊急対応プラン」を策定。指導チームを立ち上げ、農産品を納品する車両の取引手数料の減免、合理的な野菜調達システム構築などの措置を講じるとともに、卸売業者に対し早めの商品確保を奨励し、野菜の安定供給を維持している。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2020020608576

    2千円札使って首里城支援  首里城再建を支援するため、2千円札の沖縄県内での流通増加額に応じた寄付を発表した県銀行協会の川上康会長(中央)ら=6日、那覇市

  46. 2020020605744

    ナイキが新厚底靴発売へ  ナイキが発表した厚底シューズの新モデル「エアズームアルファフライネクスト%」(同社公式サイトより)

  47. 2020021001040

    「新華社」 飲食店店員がスーパーの臨時店員にワークシェアリングで難関克服  陝西省西安市にある雲南料理レストランの店員、高偉(こう・い)さんは「ワークシェアリング」モデルを通じ、アリババグループ傘下の生鮮スーパー「盒馬鮮生(フーマー・フレッシュ)」の臨時店員になった。(2月6日撮影)中国各地では新型コロナウイルスによる肺炎の影響で、多くの飲食店が営業を停止する一方、大型スーパーマーケットの一部では人手不足に陥っている。これを受け、一部の飲食企業が市民らの基本的生活に支障が出ないよう、大手スーパーと協力して「ワークシェアリング」モデルの構築に積極的に取り組んでいる。消費者のニーズを満たすだけでなく、一時的に職務に就けなくなった従業員の働き口の確保にもつながっている。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2020021405183

    「新華社」 配達員が届けるぬくもり安徽省合肥市  6日、合肥市包河区の宅配事業所で急いで夕食を取る徐発祥さん。安徽省合肥市に住む徐発祥(じょ・はつしょう)さんは23歳のデリバリー配達員。新型コロナウイルス感染による肺炎の影響で多くの市民が外出を避ける中、同僚たちと共に毎日配達用箱の消毒など感染防止措置を講じた上で、昼夜を問わず閑散とした市街地を走って商品を配達し、各家庭にぬくもりを届けている。(合肥=新華社配信/周牧)=2020(令和2)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2020021405222

    「新華社」 配達員が届けるぬくもり安徽省合肥市  6日、合肥市包河区のマンションで、直接接触を避けるため顧客の家の玄関前に配達品を置く徐発祥さん。安徽省合肥市に住む徐発祥(じょ・はつしょう)さんは23歳のデリバリー配達員。新型コロナウイルス感染による肺炎の影響で多くの市民が外出を避ける中、同僚たちと共に毎日配達用箱の消毒など感染防止措置を講じた上で、昼夜を問わず閑散とした市街地を走って商品を配達し、各家庭にぬくもりを届けている。(合肥=新華社配信/周牧)=2020(令和2)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2020021405177

    「新華社」 配達員が届けるぬくもり安徽省合肥市  6日、合肥市包河区でレストランから配達品を受け取る徐発祥さん。安徽省合肥市に住む徐発祥(じょ・はつしょう)さんは23歳のデリバリー配達員。新型コロナウイルス感染による肺炎の影響で多くの市民が外出を避ける中、同僚たちと共に毎日配達用箱の消毒など感染防止措置を講じた上で、昼夜を問わず閑散とした市街地を走って商品を配達し、各家庭にぬくもりを届けている。(合肥=新華社配信/周牧)=2020(令和2)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像