検索結果 78 件中 1 件 〜 50 件 "貧困脱却"
  1. 2020040302557

    「新華社」 特色ある産業が貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  3月26日、ライブ配信でジャガイモを紹介し、地元貧困戸の農産物販売を支援するウランチャブ市チャハル右翼後旗の若者起業家。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市はここ数年、貧困脱却の難関攻略を進める中で地域の特色ある産業を全力で発展させている。企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を組み合わせた産業モデルを通じて、これまで複数に分かれていた貧困扶助補助金の統合を実施。伝統の養殖業をより大きく、より強くすることで近代農業への発展を促し、生活困窮者が質の高い貧困脱出を実現できるよう後押ししている。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2020040302523

    「新華社」 特色ある産業が貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  3月26日、ライブ配信でジャガイモを紹介し、地元貧困戸の農産物販売を支援するウランチャブ市チャハル右翼後旗の若者起業家。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市はここ数年、貧困脱却の難関攻略を進める中で地域の特色ある産業を全力で発展させている。企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を組み合わせた産業モデルを通じて、これまで複数に分かれていた貧困扶助補助金の統合を実施。伝統の養殖業をより大きく、より強くすることで近代農業への発展を促し、生活困窮者が質の高い貧困脱出を実現できるよう後押ししている。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2020032313709

    「新華社」 貧困者支援工場が操業再開、貧困脱却を促進甘粛省通渭県  17日、アイロンがけをする従業員。中国甘粛省定西市通渭(つうい)県の探越(通渭)服装服飾は、ターゲットを絞った貧困者支援活動に積極的に参加し、貧困者の雇用を支援する工場を設立することで、地元の人々の雇用問題を地元で解決している。同工場は従業員約170人に対する安定的な雇用を進めており、そのうち貧困世帯に指定された従業員は約40%を占めている。工場は2月22日から操業・生産再開を加速し、人々の地元での雇用と増収の確保を目指している。(通渭=新華社記者/王銘禹)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2020032313782

    「新華社」 貧困者支援工場が操業再開、貧困脱却を促進甘粛省通渭県  17日、従業員らが製造した服の完成品。中国甘粛省定西市通渭(つうい)県の探越(通渭)服装服飾は、ターゲットを絞った貧困者支援活動に積極的に参加し、貧困者の雇用を支援する工場を設立することで、地元の人々の雇用問題を地元で解決している。同工場は従業員約170人に対する安定的な雇用を進めており、そのうち貧困世帯に指定された従業員は約40%を占めている。工場は2月22日から操業・生産再開を加速し、人々の地元での雇用と増収の確保を目指している。(通渭=新華社記者/王銘禹)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2020032313829

    「新華社」 貧困者支援工場が操業再開、貧困脱却を促進甘粛省通渭県  17日、工場で作業に励む従業員たち。中国甘粛省定西市通渭(つうい)県の探越(通渭)服装服飾は、ターゲットを絞った貧困者支援活動に積極的に参加し、貧困者の雇用を支援する工場を設立することで、地元の人々の雇用問題を地元で解決している。同工場は従業員約170人に対する安定的な雇用を進めており、そのうち貧困世帯に指定された従業員は約40%を占めている。工場は2月22日から操業・生産再開を加速し、人々の地元での雇用と増収の確保を目指している。(通渭=新華社記者/王銘禹)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2020032313924

    「新華社」 貧困者支援工場が操業再開、貧困脱却を促進甘粛省通渭県  17日、衣料品の縫製作業をする従業員。中国甘粛省定西市通渭(つうい)県の探越(通渭)服装服飾は、ターゲットを絞った貧困者支援活動に積極的に参加し、貧困者の雇用を支援する工場を設立することで、地元の人々の雇用問題を地元で解決している。同工場は従業員約170人に対する安定的な雇用を進めており、そのうち貧困世帯に指定された従業員は約40%を占めている。工場は2月22日から操業・生産再開を加速し、人々の地元での雇用と増収の確保を目指している。(通渭=新華社記者/王銘禹)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2020031801510

    「新華社」 太岳山奥深くの村、中薬材で目を見張る変化山西省  10日、地元で作られた製品を整理する長征村の郝銀剛(かく・ぎんごう)主任。中国山西省長治市沁源県にある長征村は、省南東部の太岳山の奥深くに位置している。2017年に初めて取材に訪れた時、村は貧困脱却を果たしたばかりだった。貧困脱却堅塁攻略の戦いで、村の幹部は人々を率いて中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)を植えた。数日前、3度目の訪問をしたところ、村はなんと「観光名所」に変わっていた。2019年に同村を訪れた観光客は2万人を数える。村に新たに出現した「薬王文化園」を見て回ると、上党道地薬材体験館や中薬茶館、手工薬材館などのほかに、民宿や中薬材観光エリアもあった。(長治=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2020022603028

    「新華社」 山村の工場、生産再開で大忙し陝西省鎮安県  21日、鎮安県雲蓋寺鎮の雲鎮社区(コミュニティー)内の工場で電子セラミックス製品の材料を整理する従業員。中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈からなる秦巴山地に位置する陝西省商洛市鎮安県は、新型コロナウイルスによる肺炎の感染防止と経済発展のための活動に統一計画の下で取り組んでいる。県内の各鎮・村では、新型肺炎のため春節(旧正月)明けの操業再開が遅れている企業、フル稼働に達していない企業の生産再開や生産向上に向けた調整作業が急ピッチで進められており、人々の収入を保障するとともに、貧困脱却の難関攻略を後押ししている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2020022503887

    「新華社」 営業再開に奔走する電子商取引村山西省武郷県  14日、村人が開いた微店の実店舗「貧困脱却メイカー小院」。新型コロナウイルスによる肺炎の感染対策が講じられる中、中国山西省武郷県嶺頭村では微商(ウィーチャットを利用して販売や宣伝を行う事業者)が続々と営業を再開している。太行山に位置する同村には計188世帯の農家があり、うち60世帯以上がスマートフォンで微店(モバイルECショップ)を開設して特産品を販売、村全体で貧困脱却を実現している。(太原=新華社記者/呂夢琦)=2020(令和2)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2020022503901

    「新華社」 営業再開に奔走する電子商取引村山西省武郷県  14日、発送するアワを梱包する嶺頭村村民の魏宝玉(ぎ・ほうぎょく)さん。新型コロナウイルスによる肺炎の感染対策が講じられる中、中国山西省武郷県嶺頭村では微商(ウィーチャットを利用して販売や宣伝を行う事業者)が続々と営業を再開している。太行山に位置する同村には計188世帯の農家があり、うち60世帯以上がスマートフォンで微店(モバイルECショップ)を開設して特産品を販売、村全体で貧困脱却を実現している。(太原=新華社記者/呂夢琦)=2020(令和2)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2020022503892

    「新華社」 営業再開に奔走する電子商取引村山西省武郷県  14日、嶺頭村の村民がスマートフォンに開設した微店。新型コロナウイルスによる肺炎の感染対策が講じられる中、中国山西省武郷県嶺頭村では微商(ウィーチャットを利用して販売や宣伝を行う事業者)が続々と営業を再開している。太行山に位置する同村には計188世帯の農家があり、うち60世帯以上がスマートフォンで微店(モバイルECショップ)を開設して特産品を販売、村全体で貧困脱却を実現している。(太原=新華社記者/呂夢琦)=2020(令和2)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2020022503898

    「新華社」 営業再開に奔走する電子商取引村山西省武郷県  14日、嶺頭村村民の張小暁(ちょう・しょうぎょう)さんが経営する特産品販売所。店の商品は主にスマートフォンで開設した微店で販売されている。新型コロナウイルスによる肺炎の感染対策が講じられる中、中国山西省武郷県嶺頭村では微商(ウィーチャットを利用して販売や宣伝を行う事業者)が続々と営業を再開している。太行山に位置する同村には計188世帯の農家があり、うち60世帯以上がスマートフォンで微店(モバイルECショップ)を開設して特産品を販売、村全体で貧困脱却を実現している。(太原=新華社記者/呂夢琦)=2020(令和2)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2020022503940

    「新華社」 営業再開に奔走する電子商取引村山西省武郷県  14日、スマートフォンの微店で販売している特産品を見せる村人の郭晋平(かく・しんへい)さん。新型コロナウイルスによる肺炎の感染対策が講じられる中、中国山西省武郷県嶺頭村では微商(ウィーチャットを利用して販売や宣伝を行う事業者)が続々と営業を再開している。太行山に位置する同村には計188世帯の農家があり、うち60世帯以上がスマートフォンで微店(モバイルECショップ)を開設して特産品を販売、村全体で貧困脱却を実現している。(太原=新華社記者/呂夢琦)=2020(令和2)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2020022503877

    「新華社」 営業再開に奔走する電子商取引村山西省武郷県  14日、嶺頭村村民の張小暁(ちょう・しょうぎょう)さんが経営する特産品販売所。店の商品は主にスマートフォンで開設した微店で販売されている。新型コロナウイルスによる肺炎の感染対策が講じられる中、中国山西省武郷県嶺頭村では微商(ウィーチャットを利用して販売や宣伝を行う事業者)が続々と営業を再開している。太行山に位置する同村には計188世帯の農家があり、うち60世帯以上がスマートフォンで微店(モバイルECショップ)を開設して特産品を販売、村全体で貧困脱却を実現している。(太原=新華社記者/呂夢琦)=2020(令和2)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019102800761

    「新華社」 かつての貧困村が美しい村に変身江西省南昌市  23日、江西省南昌市湾里区羅亭鎮義坪村の「貧困脱却ステーション」で、自身のポイントカードを掲げて見せる村の人。同村の貧困家庭は公共施設整備への参加やボランティア活動、善い行いをすることによって貯めたポイントを商品に交換できるという。中国江西省南昌市湾里区羅亭鎮の東にある義坪(ぎへい)村は、2018年まで貧困が深刻な市級の村の一つだった。しかし、近年、支援機関や鎮村幹部、現地住民の努力により、同村は産業基盤を立脚し、貧困者支援の発展の道を確立。イチゴ栽培基地や太陽光発電、花のまちなどのプロジェクトを相次いで導入した。また、村民による「農家楽」(アグリツーリズム)施設や民宿の経営を奨励し、観光サービス業の発展に大いに力を入れている。現在、村のインフラは大幅に改善され、環境も整備され、かつての荒れ果てた貧困村は美しい農村へと生まれ変わった。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019101605417

    「新華社」 スーパーマーケットで貧困層支援広西・融安県  14日、広西・融安県長安鎮の安寧村にある「貧困層支援の愛心超市」で買い物をする村民。中国広西チワン族自治区柳州市融安県はここ数年、「貧困脱却の堅塁攻略」事業における支援方法を刷新し、企業誘致や資金導入、地元の才能ある人の参画奨励などの方法で、貧困村や貧困層の移住地区などに地場産業の特色を備えた「貧困層支援の愛心超市(思いやりスーパーマーケット)」を設立。貧困層の農産品販売を支援し、販売先確保の難題を解決している。また、自発的な産業の発展に向けて、村の公益活動や農村振興の推進に積極的に参加した貧困家庭には、報奨として一定のポイントを付与している。ポイントを得た村民は、ポイントカードを用いて「愛心超市」で品物と交換できるようにし、より多くの村民が脱貧困産業の発展や居住環境の構築、文明的な村の気風づくりなどで村に貢献することを奨励している。同県は、これまでに約1100万元(1元=約15円)を投じ、17軒の「愛心超市」を開設している。(融安=新華社記者/黄孝邦)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019101605578

    「新華社」 スーパーマーケットで貧困層支援広西・融安県  14日、広西・融安県長安鎮の安寧村にある「貧困層支援の愛心超市」で買い物をする村民。中国広西チワン族自治区柳州市融安県はここ数年、「貧困脱却の堅塁攻略」事業における支援方法を刷新し、企業誘致や資金導入、地元の才能ある人の参画奨励などの方法で、貧困村や貧困層の移住地区などに地場産業の特色を備えた「貧困層支援の愛心超市(思いやりスーパーマーケット)」を設立。貧困層の農産品販売を支援し、販売先確保の難題を解決している。また、自発的な産業の発展に向けて、村の公益活動や農村振興の推進に積極的に参加した貧困家庭には、報奨として一定のポイントを付与している。ポイントを得た村民は、ポイントカードを用いて「愛心超市」で品物と交換できるようにし、より多くの村民が脱貧困産業の発展や居住環境の構築、文明的な村の気風づくりなどで村に貢献することを奨励している。同県は、これまでに約1100万元(1元=約15円)を投じ、17軒の「愛心超市」を開設している。(融安=新華社記者/黄孝邦)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019101605579

    「新華社」 スーパーマーケットで貧困層支援広西・融安県  14日、広西・融安県長安鎮の安寧村にある「貧困層支援の愛心超市」で買い物をする村民。中国広西チワン族自治区柳州市融安県はここ数年、「貧困脱却の堅塁攻略」事業における支援方法を刷新し、企業誘致や資金導入、地元の才能ある人の参画奨励などの方法で、貧困村や貧困層の移住地区などに地場産業の特色を備えた「貧困層支援の愛心超市(思いやりスーパーマーケット)」を設立。貧困層の農産品販売を支援し、販売先確保の難題を解決している。また、自発的な産業の発展に向けて、村の公益活動や農村振興の推進に積極的に参加した貧困家庭には、報奨として一定のポイントを付与している。ポイントを得た村民は、ポイントカードを用いて「愛心超市」で品物と交換できるようにし、より多くの村民が脱貧困産業の発展や居住環境の構築、文明的な村の気風づくりなどで村に貢献することを奨励している。同県は、これまでに約1100万元(1元=約15円)を投じ、17軒の「愛心超市」を開設している。(融安=新華社記者/黄孝邦)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019101605553

    「新華社」 スーパーマーケットで貧困層支援広西・融安県  14日、広西・融安県長安鎮の安寧村にある「貧困層支援の愛心超市」で買い物をする村民。中国広西チワン族自治区柳州市融安県はここ数年、「貧困脱却の堅塁攻略」事業における支援方法を刷新し、企業誘致や資金導入、地元の才能ある人の参画奨励などの方法で、貧困村や貧困層の移住地区などに地場産業の特色を備えた「貧困層支援の愛心超市(思いやりスーパーマーケット)」を設立。貧困層の農産品販売を支援し、販売先確保の難題を解決している。また、自発的な産業の発展に向けて、村の公益活動や農村振興の推進に積極的に参加した貧困家庭には、報奨として一定のポイントを付与している。ポイントを得た村民は、ポイントカードを用いて「愛心超市」で品物と交換できるようにし、より多くの村民が脱貧困産業の発展や居住環境の構築、文明的な村の気風づくりなどで村に貢献することを奨励している。同県は、これまでに約1100万元(1元=約15円)を投じ、17軒の「愛心超市」を開設している。(融安=新華社記者/黄孝邦)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019060402973

    「新華社」 香港民間組織、四川省チベット族居住地域の貧困脱却を後押し  25日、理塘県で行われた貧困救済プロジェクトの調印式会場。中国の香港各界貧困救済促進会は25日、四川省カンゼ(甘孜)チベット族自治州理塘県と貧困救済に関する協定を締結した。救済資金として134万元(1元=約16円)を寄付し、重点民生事業を支援する。同県が貧困を脱却し、ゆとりある生活を目指すことを後押しする。香港各界貧困救済促進会は、大陸と香港の貧困救済事業の最前線に積極的に身を投ずる民間組織で2018年6月23日に設立された。香港各界の大陸貧困救済事業への参加を橋渡しし、香港が国家発展の大局に溶け込むことを支援している。(カンゼ=新華社配信/理塘県政府提供)=2019(令和元)年5月25日、クレジット:理塘県政府/新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019060402916

    「新華社」 香港民間組織、四川省チベット族居住地域の貧困脱却を後押し  25日、理塘県を視察する香港の人々。中国の香港各界貧困救済促進会は25日、四川省カンゼ(甘孜)チベット族自治州理塘県と貧困救済に関する協定を締結した。救済資金として134万元(1元=約16円)を寄付し、重点民生事業を支援する。同県が貧困を脱却し、ゆとりある生活を目指すことを後押しする。香港各界貧困救済促進会は、大陸と香港の貧困救済事業の最前線に積極的に身を投ずる民間組織で2018年6月23日に設立された。香港各界の大陸貧困救済事業への参加を橋渡しし、香港が国家発展の大局に溶け込むことを支援している。(カンゼ=新華社配信/理塘県政府提供)=2019(令和元)年5月25日、クレジット:理塘県政府/新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019041701388

    「新華社」 文化観光ビジネスで古村の貧困脱却を後押し雲南省板江村  7日、草木染の麻布を干す板江村の村民、李乜修(り・ばしゅう)さん。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州の広南県板江(ばんこう)村は、数百年の歴史を有する村落で、中国伝統村落リストに登録されている。この村は山の奥深くにあり、交通が不便なことから、貧困問題にこれまで悩まされてきた。同村は2017年に民宿と文化クリエイティブ、観光を組み合わせた新型の文化観光プロジェクトを導入し、地元の伝統ある村落の建物やしきたり、祝日・行事、手工芸などの文化を優れたカルチャー製品に転化して、農村の貧困脱却を後押ししている。(広南=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019041701403

    「新華社」 文化観光ビジネスで古村の貧困脱却を後押し雲南省板江村  7日、炊きあがった色鮮やかなご飯を子どもに手渡す板江村の村民、陸的刀(りく・てきとう)さん(中央)。このご飯は地元で採れたもち米を使い、薬草で色付けしてから蒸したもの。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州の広南県板江(ばんこう)村は、数百年の歴史を有する村落で、中国伝統村落リストに登録されている。この村は山の奥深くにあり、交通が不便なことから、貧困問題にこれまで悩まされてきた。同村は2017年に民宿と文化クリエイティブ、観光を組み合わせた新型の文化観光プロジェクトを導入し、地元の伝統ある村落の建物やしきたり、祝日・行事、手工芸などの文化を優れたカルチャー製品に転化して、農村の貧困脱却を後押ししている。(広南=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019041701346

    「新華社」 文化観光ビジネスで古村の貧困脱却を後押し雲南省板江村  7日、織り機で麻布を織る板江村の村民、陸乜茹(りく・ばじょ)さん。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州の広南県板江(ばんこう)村は、数百年の歴史を有する村落で、中国伝統村落リストに登録されている。この村は山の奥深くにあり、交通が不便なことから、貧困問題にこれまで悩まされてきた。同村は2017年に民宿と文化クリエイティブ、観光を組み合わせた新型の文化観光プロジェクトを導入し、地元の伝統ある村落の建物やしきたり、祝日・行事、手工芸などの文化を優れたカルチャー製品に転化して、農村の貧困脱却を後押ししている。(広南=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019041701391

    「新華社」 文化観光ビジネスで古村の貧困脱却を後押し雲南省板江村  7日、板江村で、村民の李乜修(り・ばしゅう)さんによる伝統的な草木染の作業の様子を撮影する成都から来たカメラマンたち。彼らは「民芸遊学計画」のメンバーでもある。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州の広南県板江(ばんこう)村は、数百年の歴史を有する村落で、中国伝統村落リストに登録されている。この村は山の奥深くにあり、交通が不便なことから、貧困問題にこれまで悩まされてきた。同村は2017年に民宿と文化クリエイティブ、観光を組み合わせた新型の文化観光プロジェクトを導入し、地元の伝統ある村落の建物やしきたり、祝日・行事、手工芸などの文化を優れたカルチャー製品に転化して、農村の貧困脱却を後押ししている。(広南=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019041701364

    「新華社」 文化観光ビジネスで古村の貧困脱却を後押し雲南省板江村  7日、針仕事に精を出す板江村の女性たち。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州の広南県板江(ばんこう)村は、数百年の歴史を有する村落で、中国伝統村落リストに登録されている。この村は山の奥深くにあり、交通が不便なことから、貧困問題にこれまで悩まされてきた。同村は2017年に民宿と文化クリエイティブ、観光を組み合わせた新型の文化観光プロジェクトを導入し、地元の伝統ある村落の建物やしきたり、祝日・行事、手工芸などの文化を優れたカルチャー製品に転化して、農村の貧困脱却を後押ししている。(広南=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019041701370

    「新華社」 文化観光ビジネスで古村の貧困脱却を後押し雲南省板江村  7日、民宿の寝室でベッドメイキングをする板江村の人。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州の広南県板江(ばんこう)村は、数百年の歴史を有する村落で、中国伝統村落リストに登録されている。この村は山の奥深くにあり、交通が不便なことから、貧困問題にこれまで悩まされてきた。同村は2017年に民宿と文化クリエイティブ、観光を組み合わせた新型の文化観光プロジェクトを導入し、地元の伝統ある村落の建物やしきたり、祝日・行事、手工芸などの文化を優れたカルチャー製品に転化して、農村の貧困脱却を後押ししている。(広南=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019041701318

    「新華社」 文化観光ビジネスで古村の貧困脱却を後押し雲南省板江村  7日、チワン族の特色ある高床式住居を建てる板江村の村民、李天安(り・てんあん)さん。地元住民の多くがこのような家に住んでいる。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州の広南県板江(ばんこう)村は、数百年の歴史を有する村落で、中国伝統村落リストに登録されている。この村は山の奥深くにあり、交通が不便なことから、貧困問題にこれまで悩まされてきた。同村は2017年に民宿と文化クリエイティブ、観光を組み合わせた新型の文化観光プロジェクトを導入し、地元の伝統ある村落の建物やしきたり、祝日・行事、手工芸などの文化を優れたカルチャー製品に転化して、農村の貧困脱却を後押ししている。(広南=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019041701387

    「新華社」 文化観光ビジネスで古村の貧困脱却を後押し雲南省板江村  7日、空から見た板江村。(小型無人機から)中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州の広南県板江(ばんこう)村は、数百年の歴史を有する村落で、中国伝統村落リストに登録されている。この村は山の奥深くにあり、交通が不便なことから、貧困問題にこれまで悩まされてきた。同村は2017年に民宿と文化クリエイティブ、観光を組み合わせた新型の文化観光プロジェクトを導入し、地元の伝統ある村落の建物やしきたり、祝日・行事、手工芸などの文化を優れたカルチャー製品に転化して、農村の貧困脱却を後押ししている。(広南=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019041701340

    「新華社」 文化観光ビジネスで古村の貧困脱却を後押し雲南省板江村  6日、板江村の村民、王文蓮(おう・ぶんれん)さん(左から2人目)からチワン族の伝統的な刺繍についての説明を受ける成都市から来たカメラマン、金平(きん・へい)さん。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州の広南県板江(ばんこう)村は、数百年の歴史を有する村落で、中国伝統村落リストに登録されている。この村は山の奥深くにあり、交通が不便なことから、貧困問題にこれまで悩まされてきた。同村は2017年に民宿と文化クリエイティブ、観光を組み合わせた新型の文化観光プロジェクトを導入し、地元の伝統ある村落の建物やしきたり、祝日・行事、手工芸などの文化を優れたカルチャー製品に転化して、農村の貧困脱却を後押ししている。(広南=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019041701325

    「新華社」 文化観光ビジネスで古村の貧困脱却を後押し雲南省板江村  6日、チワン族女性の伝統衣装を披露する板江村の村民、李広利(り・こうり)さん。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州の広南県板江(ばんこう)村は、数百年の歴史を有する村落で、中国伝統村落リストに登録されている。この村は山の奥深くにあり、交通が不便なことから、貧困問題にこれまで悩まされてきた。同村は2017年に民宿と文化クリエイティブ、観光を組み合わせた新型の文化観光プロジェクトを導入し、地元の伝統ある村落の建物やしきたり、祝日・行事、手工芸などの文化を優れたカルチャー製品に転化して、農村の貧困脱却を後押ししている。(広南=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019041701365

    「新華社」 文化観光ビジネスで古村の貧困脱却を後押し雲南省板江村  6日、自宅の前に立つ板江村の村民、陸光明(りく・こうめい)さん(中央)とその妻、娘。地元住民の多くがこのような家に住んでいる。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州の広南県板江(ばんこう)村は、数百年の歴史を有する村落で、中国伝統村落リストに登録されている。この村は山の奥深くにあり、交通が不便なことから、貧困問題にこれまで悩まされてきた。同村は2017年に民宿と文化クリエイティブ、観光を組み合わせた新型の文化観光プロジェクトを導入し、地元の伝統ある村落の建物やしきたり、祝日・行事、手工芸などの文化を優れたカルチャー製品に転化して、農村の貧困脱却を後押ししている。(広南=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019041701371

    「新華社」 文化観光ビジネスで古村の貧困脱却を後押し雲南省板江村  6日、伝統的な技法で民族衣装の縁部分の模様を編む糸を作る板江村の村民、李中(り・ちゅう)さん。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州の広南県板江(ばんこう)村は、数百年の歴史を有する村落で、中国伝統村落リストに登録されている。この村は山の奥深くにあり、交通が不便なことから、貧困問題にこれまで悩まされてきた。同村は2017年に民宿と文化クリエイティブ、観光を組み合わせた新型の文化観光プロジェクトを導入し、地元の伝統ある村落の建物やしきたり、祝日・行事、手工芸などの文化を優れたカルチャー製品に転化して、農村の貧困脱却を後押ししている。(広南=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019041223629

    「新華社」 お茶で貧困脱却支援福建省·寧徳原子力発電所  3日、寧徳原子力発電所の茶畑で行われた茶摘み競技の結果発表を待つイベント参加者。中国広核集団(CGN)傘下の福建省にある寧徳原子力発電所は2日から3日にかけて、発電所や同所が貧困脱却に向け支援する村落で、発電所内で生産している白茶「和茶」をテーマに「和茶の魅力の旅」と題するイベントを開催した。インターネットで応募し招待されたネットユーザー20人余りが参加し、漢服や地元のショオ族の伝統的衣装に身を包み、2チームに分かれて茶摘み競技や朗読、お茶の品評、茶芸などのプログラムを通じて「和茶大使」の称号を争った。同発電所は建設当時、地元の特徴的な基幹産業を守るために約200ムー(約13・3ヘクタール)の茶畑を残し、地元住民を雇用することで住民と良好で和やかな関係を築いてきた。(深圳=新華社配信/中国広核集団提供)=2019(平成31)年4月3日、クレジット:中国広核集団/新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019041223649

    「新華社」 お茶で貧困脱却支援福建省·寧徳原子力発電所  2日、寧徳原子力発電所の茶畑。中国広核集団(CGN)傘下の福建省にある寧徳原子力発電所は2日から3日にかけて、発電所や同所が貧困脱却に向け支援する村落で、発電所内で生産している白茶「和茶」をテーマに「和茶の魅力の旅」と題するイベントを開催した。インターネットで応募し招待されたネットユーザー20人余りが参加し、漢服や地元のショオ族の伝統的衣装に身を包み、2チームに分かれて茶摘み競技や朗読、お茶の品評、茶芸などのプログラムを通じて「和茶大使」の称号を争った。同発電所は建設当時、地元の特徴的な基幹産業を守るために約200ムー(約13・3ヘクタール)の茶畑を残し、地元住民を雇用することで住民と良好で和やかな関係を築いてきた。(深圳=新華社配信/中国広核集団提供)=2019(平成31)年4月2日、クレジット:中国広核集団/新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019041223655

    「新華社」 お茶で貧困脱却支援福建省·寧徳原子力発電所  2日、お茶の製造を体験するイベント参加者。中国広核集団(CGN)傘下の福建省にある寧徳原子力発電所は2日から3日にかけて、発電所や同所が貧困脱却に向け支援する村落で、発電所内で生産している白茶「和茶」をテーマに「和茶の魅力の旅」と題するイベントを開催した。インターネットで応募し招待されたネットユーザー20人余りが参加し、漢服や地元のショオ族の伝統的衣装に身を包み、2チームに分かれて茶摘み競技や朗読、お茶の品評、茶芸などのプログラムを通じて「和茶大使」の称号を争った。同発電所は建設当時、地元の特徴的な基幹産業を守るために約200ムー(約13・3ヘクタール)の茶畑を残し、地元住民を雇用することで住民と良好で和やかな関係を築いてきた。(深圳=新華社配信/中国広核集団提供)=2019(平成31)年4月2日、クレジット:中国広核集団/新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019041223638

    「新華社」 お茶で貧困脱却支援福建省·寧徳原子力発電所  2日、寧徳原子力発電所の茶畑で漢服を着て茶を摘むイベント参加者。中国広核集団(CGN)傘下の福建省にある寧徳原子力発電所は2日から3日にかけて、発電所や同所が貧困脱却に向け支援する村落で、発電所内で生産している白茶「和茶」をテーマに「和茶の魅力の旅」と題するイベントを開催した。インターネットで応募し招待されたネットユーザー20人余りが参加し、漢服や地元のショオ族の伝統的衣装に身を包み、2チームに分かれて茶摘み競技や朗読、お茶の品評、茶芸などのプログラムを通じて「和茶大使」の称号を争った。同発電所は建設当時、地元の特徴的な基幹産業を守るために約200ムー(約13・3ヘクタール)の茶畑を残し、地元住民を雇用することで住民と良好で和やかな関係を築いてきた。(深圳=新華社配信/中国広核集団提供)=2019(平成31)年4月2日、クレジット:中国広核集団/新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019091700498

    「新華社」 中国の経済発展に「伴走」アリババ20年史  2019年3月28日、中国浙江省杭州市で開かれたアリババ貧困脱却モデルクラスで、参加者と心得を分かち合う馬雲(ジャック・マー)氏。アリババグループは10日、創業20周年の節目を迎えた。無名の一起業チームから時価総額4千億ドル(1ドル=約108円)を超える上場企業に成長するまでの20年で、アリババはインターネットの世界への扉を開いた。この20年を振り返るとき、目に映るのは、アリババが中国の経済発展や社会の変革と歩調を合わせて進んできた軌跡にほかならない。(杭州=新華社記者/殷暁聖)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019041700412

    「新華社」 中国の水力発電プロジェクト、ラオス山村住民の貧困脱却を後押し  ラオス・ナムター川1号水力発電所の中央制御室で働くラオス人スタッフ。(3月19日撮影)ラオス・ナムター川第1号水力発電所は、中国大手電力会社の中国南方電網公司が「一帯一路」構想の下で行った初の海外BOT(建設・運営・引き渡し)方式による水力発電プロジェクトで、ラオス北部のボーケーオ県のナムター川に造られている。昨年10月に運転を開始し、年間7億5900万キロワット時を発電することが可能で、地元経済の発展を支援している。同発電所の建設が影響するボーケーオ県とルアンナムター県の37村、1735世帯のため、中国南方電網公司は2018年までに移転地11カ所の建設と移住者の移転作業を完了した。同発電所はこの山間地帯に電気を引き、道路を開通させ、村民の生産力発展に役立っている。(ボーケーオ=新華社記者/王婧嬙)=2019(平成31)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019041700374

    「新華社」 中国の水力発電プロジェクト、ラオス山村住民の貧困脱却を後押し  ラオス・ナムター川1号水力発電所の外観。(3月19日撮影)ラオス・ナムター川第1号水力発電所は、中国大手電力会社の中国南方電網公司が「一帯一路」構想の下で行った初の海外BOT(建設・運営・引き渡し)方式による水力発電プロジェクトで、ラオス北部のボーケーオ県のナムター川に造られている。昨年10月に運転を開始し、年間7億5900万キロワット時を発電することが可能で、地元経済の発展を支援している。同発電所の建設が影響するボーケーオ県とルアンナムター県の37村、1735世帯のため、中国南方電網公司は2018年までに移転地11カ所の建設と移住者の移転作業を完了した。同発電所はこの山間地帯に電気を引き、道路を開通させ、村民の生産力発展に役立っている。(ボーケーオ=新華社記者/王婧嬙)=2019(平成31)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019011517295

    「新華社」 「イチゴお姉さん」の「美」ジネス  7日、山東省淄博市沂源県中荘鎮蓋冶村の貧困扶助農場で農家からイチゴを買い付ける江さん(右)。中国山東省淄博(しはく)市沂源(ぎげん)県中荘鎮蓋冶(がいや)村の農家、江芳芳(こう・ほうほう)さんがイチゴ栽培を始めたのは2014年。数年の試行錯誤を経て2017年にイチゴ専業合作社を設立した。企業・合作社・生産基地・農家を一体化させたビジネスモデルを取り入れ、地元のエコ栽培をけん引してきた。江さんは2018年、地元政府の支援の下で貧困扶助農場を設立、インターネットと実店舗での販売により、イチゴの販売ルートを全国各地に広げた。江さんのイチゴ産業は地元や周辺地域の農家を活気づけ、毎年1千万元余り(1元=約16円)の収入増につながった。親しみを込めて「イチゴお姉さん」と呼ばれる江さんは、イチゴ産業の発展により貧困脱却と収入増加に貢献できるのはこの上ない幸せだと語った。(淄博=新華社配信/趙東山)=2019(平成31)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019011517293

    「新華社」 「イチゴお姉さん」の「美」ジネス  7日、山東省淄博市沂源県中荘鎮蓋冶村の貧困扶助農場で、買い付けたイチゴを点検する江さん。中国山東省淄博(しはく)市沂源(ぎげん)県中荘鎮蓋冶(がいや)村の農家、江芳芳(こう・ほうほう)さんがイチゴ栽培を始めたのは2014年。数年の試行錯誤を経て2017年にイチゴ専業合作社を設立した。企業・合作社・生産基地・農家を一体化させたビジネスモデルを取り入れ、地元のエコ栽培をけん引してきた。江さんは2018年、地元政府の支援の下で貧困扶助農場を設立、インターネットと実店舗での販売により、イチゴの販売ルートを全国各地に広げた。江さんのイチゴ産業は地元や周辺地域の農家を活気づけ、毎年1千万元余り(1元=約16円)の収入増につながった。親しみを込めて「イチゴお姉さん」と呼ばれる江さんは、イチゴ産業の発展により貧困脱却と収入増加に貢献できるのはこの上ない幸せだと語った。(淄博=新華社配信/趙東山)=2019(平成31)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2018121020963

    「新華社」 地元就職で貧困脱却と増収を後押し山東省沂源県  4日、沂源県悦荘鎮(えつそう)にある果物加工品メーカーの貧困扶助工場で働く女性。中国山東省淄博(しはく)市沂源(ぎげん)県では、現地の労働集約型産業や貧困支援工場、ミニ企業による貧困扶助拠点を積極的に活用し、企業の短期雇用、季節雇用、臨時雇用、さらには小規模な職場の村への導入、歩合給による加工内職といった柔軟な方法をとることで、農村の余剰労働力と労働能力のある貧困層の雇用を多方面から実現させてきた。また、同県は今年に入ってから、すでに現地の余剰労働力や貧困層6千人余りの地元就職、増収を後押ししている。(淄博=新華社配信/趙東山)=2018(平成30)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2018121021163

    「新華社」 地元就職で貧困脱却と増収を後押し山東省沂源県  4日、山東省沂源県悦荘(えつそう)鎮にある建築材料メーカーの工場で働く女性。中国山東省淄博(しはく)市沂源(ぎげん)県では、現地の労働集約型産業や貧困支援工場、ミニ企業による貧困扶助拠点を積極的に活用し、企業の短期雇用、季節雇用、臨時雇用、さらには小規模な職場の村への導入、歩合給による加工内職といった柔軟な方法をとることで、農村の余剰労働力と労働能力のある貧困層の雇用を多方面から実現させてきた。また、同県は今年に入ってから、すでに現地の余剰労働力や貧困層6千人余りの地元就職、増収を後押ししている。(淄博=新華社配信/趙東山)=2018(平成30)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2018121021036

    「新華社」 地元就職で貧困脱却と増収を後押し山東省沂源県  3日、沂源県悦荘鎮(えつそう)にある木材企業の工場で、作業員が製品を運んでいる。中国山東省淄博(しはく)市沂源(ぎげん)県では、現地の労働集約型産業や貧困支援工場、ミニ企業による貧困扶助拠点を積極的に活用し、企業の短期雇用、季節雇用、臨時雇用、さらには小規模な職場の村への導入、歩合給による加工内職といった柔軟な方法をとることで、農村の余剰労働力と労働能力のある貧困層の雇用を多方面から実現させてきた。また、同県は今年に入ってから、すでに現地の余剰労働力や貧困層6千人余りの地元就職、増収を後押ししている。(淄博=新華社配信/趙東山)=2018(平成30)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2018110516698

    「新華社」 新疆マラルベシ県、住民移転による貧困脱却を推進  10月27日、新疆ウイグル自治区マラルベシ県マラルベシ鎮幸福園社区の商業エリアで、焼き上がったナンを窯から取り出す男性。店の顧客の大部分は社区の住民で、毎日約200元(1元=約16円)の純利益があるという。中国新疆ウイグル自治区マラルベシ(巴楚)県では、的確な貧困者支援を実施する中で、僻地やインフラ未整備、土地不足、収穫量が少ないなど、問題がある地域に住む村民を統一的に県城(県政府所在地)の近くに移転させ、貧困世帯に住宅、医療、教育の保障を提供している。また、サテライト工場を誘致し、貧困者への技能訓練を拡大するなど、貧困者の都市部での就労や自主起業をリードし、人々が着実に貧困脱却できるよう保障している。同県では2017年4月から、10の郷・鎮の貧困世帯を数回に分けてマラルベシ鎮幸福園社区(地域コミュニティー)に移転させた。これまでに765世帯が入居している。(マラルベシ=新華社記者/胡虎虎)=2018(平成30)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2018102511320

    「新華社」 「スマート豚舎」で目指す貧困脱却河北省磁県  23日、磁県徐家溝二街村の養豚場で子豚にワクチンを接種するスタッフ。中国河北省邯鄲(かんたん)市磁県はここ数年、スマート養豚事業を特色ある貧困扶助産業プロジェクトに組み込み、企業と村、農家を一体化させたビジネスモデルを構築することで、農民の貧困脱却を支援している。スマート豚舎はIoT(モノのインターネット)技術を採用しており、スマートフォンで豚舎内の状況を随時確認できる。餌やりや給水、汚物処理なども自動化されている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2018(平成30)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2018102511276

    「新華社」 「スマート豚舎」で目指す貧困脱却河北省磁県  23日、磁県徐家溝二街村の養豚場で、スマートシステムを操作し豚舎に飼料を投入するスタッフ。中国河北省邯鄲(かんたん)市磁県はここ数年、スマート養豚事業を特色ある貧困扶助産業プロジェクトに組み込み、企業と村、農家を一体化させたビジネスモデルを構築することで、農民の貧困脱却を支援している。スマート豚舎はIoT(モノのインターネット)技術を採用しており、スマートフォンで豚舎内の状況を随時確認できる。餌やりや給水、汚物処理なども自動化されている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2018(平成30)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2018102511235

    「新華社」 「スマート豚舎」で目指す貧困脱却河北省磁県  23日、磁県徐家溝二街村の養豚場で豚舎を清掃するスタッフ。中国河北省邯鄲(かんたん)市磁県はここ数年、スマート養豚事業を特色ある貧困扶助産業プロジェクトに組み込み、企業と村、農家を一体化させたビジネスモデルを構築することで、農民の貧困脱却を支援している。スマート豚舎はIoT(モノのインターネット)技術を採用しており、スマートフォンで豚舎内の状況を随時確認できる。餌やりや給水、汚物処理なども自動化されている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2018(平成30)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2018101801581

    「新華社」 「全域観光」が切り開く地域振興の新局面河北省邯鄲市  14日、河北省邯鄲市永年区にある国家5A級観光地「広府古城」。(小型無人機から)中国河北省邯鄲(かんたん)市永年区はここ数年、観光業の発展と農村振興、貧困脱却の難関攻略、環境整備などの事業の結合に取り組む。観光により富をもたらすプロジェクトの実施を通じ、歴史文化ツアーや自然景色ツアー、農村体験ツアーなど多くの業態が参画する「全域観光」(注)という新たな経済モデルを構築し、農民増収をけん引した。区内には現在、国家5A級(最高ランク)観光地1つと観光名所や観光スポット100カ所以上があり、2017年には延べ482万人の観光客を受け入れた。(石家荘=新華社記者/王暁)(注)全域観光:観光レジャー業を通じた地域経済・社会の全面的かつ協調的な発展を目指す新たな地域経済モデル。=2018(平成30)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像