検索結果 864 件中 1 件 〜 50 件 "open"
  1. 2020012001025

    「新華社」 春節まであとわずか出稼ぎ労働者のバイク帰省始まる福建省  15日、バイクで故郷へ向かう出稼ぎ労働者たち。スマホのナビ機能を使っているという。春節(旧正月、今年は1月25日)で帰省する出稼ぎ労働者の第一陣268人が15日、中国福建省の泉州市、アモイ市、漳州(しょうしゅう)市などの都市から198台のバイクに乗り、故郷に向けて出発した。中国石油天然気集団(CNPC)はこのバイク隊のために便宜を図る公益活動「ぬくもりの道をバイクで帰ろう」を15日から23日まで実施している。今年で9年目になるこの活動では、福建省と江西省のガソリンスタンド35カ所を開放し、バイクで帰省する人々に無料で給油サービスや反射ベスト、ショウガ湯、温かいお茶および地図などを提供するといった一連の思いやりのあるサービスを行っている。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2020012001032

    「新華社」 春節まであとわずか出稼ぎ労働者のバイク帰省始まる福建省  15日、バイクで帰省する出稼ぎ労働者の第一陣。春節(旧正月、今年は1月25日)で帰省する出稼ぎ労働者の第一陣268人が15日、中国福建省の泉州市、アモイ市、漳州(しょうしゅう)市などの都市から198台のバイクに乗り、故郷に向けて出発した。中国石油天然気集団(CNPC)はこのバイク隊のために便宜を図る公益活動「ぬくもりの道をバイクで帰ろう」を15日から23日まで実施している。今年で9年目になるこの活動では、福建省と江西省のガソリンスタンド35カ所を開放し、バイクで帰省する人々に無料で給油サービスや反射ベスト、ショウガ湯、温かいお茶および地図などを提供するといった一連の思いやりのあるサービスを行っている。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2020012000753

    「新華社」 春節まであとわずか出稼ぎ労働者のバイク帰省始まる福建省  15日、ヘルメットのあご紐を整える江西省吉安市出身の陳海平(ちん・かいへい)さん(右)と妻の郭九香(かく・きゅうこう)さん。春節(旧正月、今年は1月25日)で帰省する出稼ぎ労働者の第一陣268人が15日、中国福建省の泉州市、アモイ市、漳州(しょうしゅう)市などの都市から198台のバイクに乗り、故郷に向けて出発した。中国石油天然気集団(CNPC)はこのバイク隊のために便宜を図る公益活動「ぬくもりの道をバイクで帰ろう」を15日から23日まで実施している。今年で9年目になるこの活動では、福建省と江西省のガソリンスタンド35カ所を開放し、バイクで帰省する人々に無料で給油サービスや反射ベスト、ショウガ湯、温かいお茶および地図などを提供するといった一連の思いやりのあるサービスを行っている。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2020012000976

    「新華社」 春節まであとわずか出稼ぎ労働者のバイク帰省始まる福建省  15日、中国石油天然気集団の泉州博覧大道スタンドに並んで無料のガソリンカードを受け取る出稼ぎ労働者。春節(旧正月、今年は1月25日)で帰省する出稼ぎ労働者の第一陣268人が15日、中国福建省の泉州市、アモイ市、漳州(しょうしゅう)市などの都市から198台のバイクに乗り、故郷に向けて出発した。中国石油天然気集団(CNPC)はこのバイク隊のために便宜を図る公益活動「ぬくもりの道をバイクで帰ろう」を15日から23日まで実施している。今年で9年目になるこの活動では、福建省と江西省のガソリンスタンド35カ所を開放し、バイクで帰省する人々に無料で給油サービスや反射ベスト、ショウガ湯、温かいお茶および地図などを提供するといった一連の思いやりのあるサービスを行っている。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2020012000961

    「新華社」 春節まであとわずか出稼ぎ労働者のバイク帰省始まる福建省  15日、バイクで帰省する出稼ぎ労働者のために無料で給油する中国石油天然気集団の若いボランティア。春節(旧正月、今年は1月25日)で帰省する出稼ぎ労働者の第一陣268人が15日、中国福建省の泉州市、アモイ市、漳州(しょうしゅう)市などの都市から198台のバイクに乗り、故郷に向けて出発した。中国石油天然気集団(CNPC)はこのバイク隊のために便宜を図る公益活動「ぬくもりの道をバイクで帰ろう」を15日から23日まで実施している。今年で9年目になるこの活動では、福建省と江西省のガソリンスタンド35カ所を開放し、バイクで帰省する人々に無料で給油サービスや反射ベスト、ショウガ湯、温かいお茶および地図などを提供するといった一連の思いやりのあるサービスを行っている。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2020012001003

    「新華社」 春節まであとわずか出稼ぎ労働者のバイク帰省始まる福建省  15日、無料のガソリンカードを掲げて見せる江西省贛州市出身の出稼ぎ労働者、周華明(しゅう・かめい)さん。春節(旧正月、今年は1月25日)で帰省する出稼ぎ労働者の第一陣268人が15日、中国福建省の泉州市、アモイ市、漳州(しょうしゅう)市などの都市から198台のバイクに乗り、故郷に向けて出発した。中国石油天然気集団(CNPC)はこのバイク隊のために便宜を図る公益活動「ぬくもりの道をバイクで帰ろう」を15日から23日まで実施している。今年で9年目になるこの活動では、福建省と江西省のガソリンスタンド35カ所を開放し、バイクで帰省する人々に無料で給油サービスや反射ベスト、ショウガ湯、温かいお茶および地図などを提供するといった一連の思いやりのあるサービスを行っている。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2020012001040

    「新華社」 春節まであとわずか出稼ぎ労働者のバイク帰省始まる福建省  15日、中国石油天然気集団の漳州スタンドで、バイクで帰省する「90後」の出稼ぎ労働者、冉曉紅(ぜん・ぎょうこう)さん(左から三番目)。春節(旧正月、今年は1月25日)で帰省する出稼ぎ労働者の第一陣268人が15日、中国福建省の泉州市、アモイ市、漳州(しょうしゅう)市などの都市から198台のバイクに乗り、故郷に向けて出発した。中国石油天然気集団(CNPC)はこのバイク隊のために便宜を図る公益活動「ぬくもりの道をバイクで帰ろう」を15日から23日まで実施している。今年で9年目になるこの活動では、福建省と江西省のガソリンスタンド35カ所を開放し、バイクで帰省する人々に無料で給油サービスや反射ベスト、ショウガ湯、温かいお茶および地図などを提供するといった一連の思いやりのあるサービスを行っている。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2020012001037

    「新華社」 春節まであとわずか出稼ぎ労働者のバイク帰省始まる福建省  15日、バイクで故郷へ向かう出稼ぎ労働者たち。春節(旧正月、今年は1月25日)で帰省する出稼ぎ労働者の第一陣268人が15日、中国福建省の泉州市、アモイ市、漳州(しょうしゅう)市などの都市から198台のバイクに乗り、故郷に向けて出発した。中国石油天然気集団(CNPC)はこのバイク隊のために便宜を図る公益活動「ぬくもりの道をバイクで帰ろう」を15日から23日まで実施している。今年で9年目になるこの活動では、福建省と江西省のガソリンスタンド35カ所を開放し、バイクで帰省する人々に無料で給油サービスや反射ベスト、ショウガ湯、温かいお茶および地図などを提供するといった一連の思いやりのあるサービスを行っている。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2020012000800

    「新華社」 春節まであとわずか出稼ぎ労働者のバイク帰省始まる福建省  15日、バイクで故郷へ向かう出稼ぎ労働者。春節(旧正月、今年は1月25日)で帰省する出稼ぎ労働者の第一陣268人が15日、中国福建省の泉州市、アモイ市、漳州(しょうしゅう)市などの都市から198台のバイクに乗り、故郷に向けて出発した。中国石油天然気集団(CNPC)はこのバイク隊のために便宜を図る公益活動「ぬくもりの道をバイクで帰ろう」を15日から23日まで実施している。今年で9年目になるこの活動では、福建省と江西省のガソリンスタンド35カ所を開放し、バイクで帰省する人々に無料で給油サービスや反射ベスト、ショウガ湯、温かいお茶および地図などを提供するといった一連の思いやりのあるサービスを行っている。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2020012001041

    「新華社」 春節まであとわずか出稼ぎ労働者のバイク帰省始まる福建省  15日、座席の後ろに荷物をいっぱい詰め込み、バイクで帰省する江西省撫州市出身の出稼ぎ労働者、劉喜竜(りゅう・きりゅう)さん。春節(旧正月、今年は1月25日)で帰省する出稼ぎ労働者の第一陣268人が15日、中国福建省の泉州市、アモイ市、漳州(しょうしゅう)市などの都市から198台のバイクに乗り、故郷に向けて出発した。中国石油天然気集団(CNPC)はこのバイク隊のために便宜を図る公益活動「ぬくもりの道をバイクで帰ろう」を15日から23日まで実施している。今年で9年目になるこの活動では、福建省と江西省のガソリンスタンド35カ所を開放し、バイクで帰省する人々に無料で給油サービスや反射ベスト、ショウガ湯、温かいお茶および地図などを提供するといった一連の思いやりのあるサービスを行っている。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2020010901633

    「新華社」 コミュニティーの高齢者サービスセンターが全域に普及上海  2日、南京西路街道総合高齢者サービスセンターの食堂で昼食を取る高齢者ら。ビジネスマンや学生にとって2020年の「仕事初め」に当たる2日、中国上海市の南京西路街道総合高齢者サービスセンターを利用する20数名の高齢者も、社区(コミュニティー)での介護生活の新しい一年をスタートさせた。同センターは年中無休の社区の高齢者を対象としたデイサービスセンターで、24時間体制の短期入所生活介護や長期デイサービスなどをワンストップで提供している。上海市は2019年末、市内全域に社区総合高齢者サービスセンターを開設した。同市の高齢化は全国的に最も早く進行しており、2018年末の高齢者人口は503万2800人に達し、戸籍総人口の34・4%を占めている。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2020010901609

    「新華社」 コミュニティーの高齢者サービスセンターが全域に普及上海  2日、南京西路街道総合高齢者サービスセンターでレクリエーション活動を楽しむ高齢者ら。ビジネスマンや学生にとって2020年の「仕事初め」に当たる2日、中国上海市の南京西路街道総合高齢者サービスセンターを利用する20数名の高齢者も、社区(コミュニティー)での介護生活の新しい一年をスタートさせた。同センターは年中無休の社区の高齢者を対象としたデイサービスセンターで、24時間体制の短期入所生活介護や長期デイサービスなどをワンストップで提供している。上海市は2019年末、市内全域に社区総合高齢者サービスセンターを開設した。同市の高齢化は全国的に最も早く進行しており、2018年末の高齢者人口は503万2800人に達し、戸籍総人口の34・4%を占めている。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2020010901590

    「新華社」 コミュニティーの高齢者サービスセンターが全域に普及上海  2日、南京西路街道総合高齢者サービスセンターの食堂で昼食を取る高齢者ら。ビジネスマンや学生にとって2020年の「仕事初め」に当たる2日、中国上海市の南京西路街道総合高齢者サービスセンターを利用する20数名の高齢者も、社区(コミュニティー)での介護生活の新しい一年をスタートさせた。同センターは年中無休の社区の高齢者を対象としたデイサービスセンターで、24時間体制の短期入所生活介護や長期デイサービスなどをワンストップで提供している。上海市は2019年末、市内全域に社区総合高齢者サービスセンターを開設した。同市の高齢化は全国的に最も早く進行しており、2018年末の高齢者人口は503万2800人に達し、戸籍総人口の34・4%を占めている。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2020010901585

    「新華社」 コミュニティーの高齢者サービスセンターが全域に普及上海  2日、グループで絵を描き、目と手、協調能力を鍛える高齢者たち。ビジネスマンや学生にとって2020年の「仕事初め」に当たる2日、中国上海市の南京西路街道総合高齢者サービスセンターを利用する20数名の高齢者も、社区(コミュニティー)での介護生活の新しい一年をスタートさせた。同センターは年中無休の社区の高齢者を対象としたデイサービスセンターで、24時間体制の短期入所生活介護や長期デイサービスなどをワンストップで提供している。上海市は2019年末、市内全域に社区総合高齢者サービスセンターを開設した。同市の高齢化は全国的に最も早く進行しており、2018年末の高齢者人口は503万2800人に達し、戸籍総人口の34・4%を占めている。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2020010901605

    「新華社」 コミュニティーの高齢者サービスセンターが全域に普及上海  2日、南京西路街道総合高齢者サービスセンターの食堂で高齢者らの昼食を用意する職員。ビジネスマンや学生にとって2020年の「仕事初め」に当たる2日、中国上海市の南京西路街道総合高齢者サービスセンターを利用する20数名の高齢者も、社区(コミュニティー)での介護生活の新しい一年をスタートさせた。同センターは年中無休の社区の高齢者を対象としたデイサービスセンターで、24時間体制の短期入所生活介護や長期デイサービスなどをワンストップで提供している。上海市は2019年末、市内全域に社区総合高齢者サービスセンターを開設した。同市の高齢化は全国的に最も早く進行しており、2018年末の高齢者人口は503万2800人に達し、戸籍総人口の34・4%を占めている。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2020010901623

    「新華社」 コミュニティーの高齢者サービスセンターが全域に普及上海  2日、南京西路街道総合高齢者サービスセンターで、高齢者らと歌を歌う介護スタッフとボランティア。ビジネスマンや学生にとって2020年の「仕事初め」に当たる2日、中国上海市の南京西路街道総合高齢者サービスセンターを利用する20数名の高齢者も、社区(コミュニティー)での介護生活の新しい一年をスタートさせた。同センターは年中無休の社区の高齢者を対象としたデイサービスセンターで、24時間体制の短期入所生活介護や長期デイサービスなどをワンストップで提供している。上海市は2019年末、市内全域に社区総合高齢者サービスセンターを開設した。同市の高齢化は全国的に最も早く進行しており、2018年末の高齢者人口は503万2800人に達し、戸籍総人口の34・4%を占めている。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2020010901626

    「新華社」 コミュニティーの高齢者サービスセンターが全域に普及上海  2日、足の不自由な高齢者の食後の散歩を補助する介護スタッフ。ビジネスマンや学生にとって2020年の「仕事初め」に当たる2日、中国上海市の南京西路街道総合高齢者サービスセンターを利用する20数名の高齢者も、社区(コミュニティー)での介護生活の新しい一年をスタートさせた。同センターは年中無休の社区の高齢者を対象としたデイサービスセンターで、24時間体制の短期入所生活介護や長期デイサービスなどをワンストップで提供している。上海市は2019年末、市内全域に社区総合高齢者サービスセンターを開設した。同市の高齢化は全国的に最も早く進行しており、2018年末の高齢者人口は503万2800人に達し、戸籍総人口の34・4%を占めている。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2020010901630

    「新華社」 コミュニティーの高齢者サービスセンターが全域に普及上海  2日、南京西路街道総合高齢者サービスセンターで器械を使って体を鍛える高齢者ら。ビジネスマンや学生にとって2020年の「仕事初め」に当たる2日、中国上海市の南京西路街道総合高齢者サービスセンターを利用する20数名の高齢者も、社区(コミュニティー)での介護生活の新しい一年をスタートさせた。同センターは年中無休の社区の高齢者を対象としたデイサービスセンターで、24時間体制の短期入所生活介護や長期デイサービスなどをワンストップで提供している。上海市は2019年末、市内全域に社区総合高齢者サービスセンターを開設した。同市の高齢化は全国的に最も早く進行しており、2018年末の高齢者人口は503万2800人に達し、戸籍総人口の34・4%を占めている。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2020010901607

    「新華社」 コミュニティーの高齢者サービスセンターが全域に普及上海  2日、南京西路街道総合高齢者サービスセンターで高齢者の健康管理を行う介護スタッフ。ビジネスマンや学生にとって2020年の「仕事初め」に当たる2日、中国上海市の南京西路街道総合高齢者サービスセンターを利用する20数名の高齢者も、社区(コミュニティー)での介護生活の新しい一年をスタートさせた。同センターは年中無休の社区の高齢者を対象としたデイサービスセンターで、24時間体制の短期入所生活介護や長期デイサービスなどをワンストップで提供している。上海市は2019年末、市内全域に社区総合高齢者サービスセンターを開設した。同市の高齢化は全国的に最も早く進行しており、2018年末の高齢者人口は503万2800人に達し、戸籍総人口の34・4%を占めている。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019120500311

    「泉の広場」改装開業  リニューアルオープンし、にぎわう「泉の広場」周辺エリア=5日午前、大阪・梅田

  21. 2019120500174

    「泉の広場」改装開業  「泉の広場」周辺エリアがリニューアルオープンし、記念式典で点灯された「ウォーターツリー」=5日午前、大阪・梅田

  22. 2019120407066

    「新華社」 中国製品を世界に届ける英国人ビジネスマン浙江省義烏市  11月29日、義烏市国際貿易サービスセンターの事務ホールで、泰山さん(右)に貿易相談サービスを提供する職員。英国人のニゼルさんは2005年初め、中国浙江省義烏(ぎう)市の卸売市場国際商貿城を訪れ、経営者向けに英語の研修を行った。相手に「安如泰山(あんじょたいざん)」の印象を与えるため、ニゼルさんは自らの中国名を「泰山」とした。泰山さんは2008年、大学で学んだマーケティング知識を実践に移そうと、輸出入会社を設立。さらに2012年には、外国人バイヤーが集まるという同市の優位性を生かして洋食レストランを開いた。2014年11月以来、中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」のうち義烏を始発駅とする路線11本が相次いで開通、泰山夫婦の輸出入ビジネスもまた新たなルートを切り開いた。クリスマス商品からインテリア用品まで、泰山夫婦は数多くの中国製品を、欧米の国・地域に向けて次々と販売している。泰山さんは「中国製品は高品質かつ低価格、しかも品質は向上を続け、販売ルートもいっそう拡大している」と語った。ビジネス環境の持続的な改善は、義烏市を訪れて商売を営む大勢の泰山のような外国人バイヤーを呼び込んでいる。現在、180万種類余りの商品が同市から世界219カ国・地域へ向けて輸出されており、毎年約50万人の外国人バイヤーが買い付けに訪れている。また同市に駐在している外国人バイヤーは、100余りの国・地域の約1万5千人に上る。統計によると、同市には123カ国・地域の外資系企業が2829社あるという。(義鳥=新華社記者/譚進)=2019(令和元)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019112801825

    被災地ドローン撮影で事業  災害時に愛媛新聞社からドローン動画を提供する協定を結び、記念撮影する土居英雄社長(左)と二宮隆久愛媛県大洲市長=28日、大洲市

  24. 2019112701592

    「新華社」 アリババ、香港に上場  26日、上場式典で香港証券取引所最高経営責任者(CEO)の李小加(チャールズ・リー)氏(手前中央)から祝福されるアリババグループの張勇(ダニエル・チャン)CEO(手前右)。中国電子商取引(EC)大手のアリババグループが26日、香港証券取引所に株式を上場し、米国と香港に重複上場した初の中国インターネット企業となった。(香港=新華社配信/アリババグループ提供)=2019(令和元)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019111902294

    最先端の食や文化発信   22日のオープンを前に報道関係者に公開された「渋谷パルコ」の店舗=19日午前、東京都渋谷区

  26. 2019111902290

    最先端の食や文化発信   22日のオープンを前に報道関係者に公開された「渋谷パルコ」の任天堂の直営店=19日午前、東京都渋谷区

  27. 2019112102243

    「新華社」 市街地で進む「トイレ革命」湖南省株洲市  17日、株洲市中心広場にある「建寧驛站」で飲用水を給水機から容器に注ぐ清掃員。中国湖南省株洲(しゅしゅう)市には、株洲の昔の呼び名である建寧(けんねい)にちなんだ「建寧驛站」がある。多様な機能を備え、さまざまなサービスを提供する複合施設で、中心となる公共トイレエリアやベビールームのほか、サービスエリアやスーパーマーケット、清掃員の休憩室や都市管理員の詰め所などが設けられている。市民のトイレ利用の需要を満たすとともに、無料の飲用冷水・温水サービス、体重計、救急箱、シェア傘なども提供している。現在までに同市の市街地には140カ所の「建寧驛站」が建設され、各驛站の1日当たりの平均利用者数は約2千人に達している。(株洲=新華社配信/陳思汗)=2019(令和元)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019112102228

    「新華社」 市街地で進む「トイレ革命」湖南省株洲市  17日、湖南省株洲市雲竜モデル区の華強路にある「建寧驛站」。(小型無人機から)中国湖南省株洲(しゅしゅう)市には、株洲の昔の呼び名である建寧(けんねい)にちなんだ「建寧驛站」がある。多様な機能を備え、さまざまなサービスを提供する複合施設で、中心となる公共トイレエリアやベビールームのほか、サービスエリアやスーパーマーケット、清掃員の休憩室や都市管理員の詰め所などが設けられている。市民のトイレ利用の需要を満たすとともに、無料の飲用冷水・温水サービス、体重計、救急箱、シェア傘なども提供している。現在までに同市の市街地には140カ所の「建寧驛站」が建設され、各驛站の1日当たりの平均利用者数は約2千人に達している。(株洲=新華社配信/陳思汗)=2019(令和元)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019112102239

    「新華社」 市街地で進む「トイレ革命」湖南省株洲市  17日、株洲市中心広場にある「建寧駅站」で体重を量る学生。中国湖南省株洲(しゅしゅう)市には、株洲の昔の呼び名である建寧(けんねい)にちなんだ「建寧驛站」がある。多様な機能を備え、さまざまなサービスを提供する複合施設で、中心となる公共トイレエリアやベビールームのほか、サービスエリアやスーパーマーケット、清掃員の休憩室や都市管理員の詰め所などが設けられている。市民のトイレ利用の需要を満たすとともに、無料の飲用冷水・温水サービス、体重計、救急箱、シェア傘なども提供している。現在までに同市の市街地には140カ所の「建寧驛站」が建設され、各驛站の1日当たりの平均利用者数は約2千人に達している。(株洲=新華社配信/陳思汗)=2019(令和元)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019112102244

    「新華社」 市街地で進む「トイレ革命」湖南省株洲市  17日、放課後に株洲市中心広場にある「建寧驛站」で軽食を買う学生。中国湖南省株洲(しゅしゅう)市には、株洲の昔の呼び名である建寧(けんねい)にちなんだ「建寧驛站」がある。多様な機能を備え、さまざまなサービスを提供する複合施設で、中心となる公共トイレエリアやベビールームのほか、サービスエリアやスーパーマーケット、清掃員の休憩室や都市管理員の詰め所などが設けられている。市民のトイレ利用の需要を満たすとともに、無料の飲用冷水・温水サービス、体重計、救急箱、シェア傘なども提供している。現在までに同市の市街地には140カ所の「建寧驛站」が建設され、各驛站の1日当たりの平均利用者数は約2千人に達している。(株洲=新華社配信/陳思汗)=2019(令和元)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019112102250

    「新華社」 市街地で進む「トイレ革命」湖南省株洲市  17日、株洲市中心広場にある「建寧驛站」で本を読む市民。中国湖南省株洲(しゅしゅう)市には、株洲の昔の呼び名である建寧(けんねい)にちなんだ「建寧驛站」がある。多様な機能を備え、さまざまなサービスを提供する複合施設で、中心となる公共トイレエリアやベビールームのほか、サービスエリアやスーパーマーケット、清掃員の休憩室や都市管理員の詰め所などが設けられている。市民のトイレ利用の需要を満たすとともに、無料の飲用冷水・温水サービス、体重計、救急箱、シェア傘なども提供している。現在までに同市の市街地には140カ所の「建寧驛站」が建設され、各驛站の1日当たりの平均利用者数は約2千人に達している。(株洲=新華社配信/陳思汗)=2019(令和元)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019112102263

    「新華社」 市街地で進む「トイレ革命」湖南省株洲市  17日、株洲市黄河北路にある「建寧驛站」で手を洗う市民。中国湖南省株洲(しゅしゅう)市には、株洲の昔の呼び名である建寧(けんねい)にちなんだ「建寧驛站」がある。多様な機能を備え、さまざまなサービスを提供する複合施設で、中心となる公共トイレエリアやベビールームのほか、サービスエリアやスーパーマーケット、清掃員の休憩室や都市管理員の詰め所などが設けられている。市民のトイレ利用の需要を満たすとともに、無料の飲用冷水・温水サービス、体重計、救急箱、シェア傘なども提供している。現在までに同市の市街地には140カ所の「建寧驛站」が建設され、各驛站の1日当たりの平均利用者数は約2千人に達している。(株洲=新華社配信/陳思汗)=2019(令和元)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019111803560

    「新華社」 2019中国国際観光交易会、中国観光業の発展成果を各国に示す  15日、アメリカの観光業者(右)と商談する中国側出展企業のスタッフ。中国雲南省昆明市で15日から17日まで、中国文化・観光部が主催する2019中国国際観光交易会(CITM)が開催された。世界75の国と地域の出展企業と、世界中から集まった700人近くのバイヤーが、中国観光業の発展の成果を分かち合った。文化・観光部の責任者は開幕式で、中国の各文化・観光部門は引き続き産業規模を拡大し、国際的な文化・観光交流、提携を進め、各国に市場機会を提供することで共同発展を実現したいと表明した。CITMはすでに21年の歴史を有し、世界の観光業界の交流・協力の重要なプラットフォームと年間最大の大会となっている。(昆明=新華社記者/姚兵)=2019(令和元)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019111803773

    「新華社」 2019中国国際観光交易会、中国観光業の発展成果を各国に示す  15日、雲南省の展示ブースを見学する来場者。中国雲南省昆明市で15日から17日まで、中国文化・観光部が主催する2019中国国際観光交易会(CITM)が開催された。世界75の国と地域の出展企業と、世界中から集まった700人近くのバイヤーが、中国観光業の発展の成果を分かち合った。文化・観光部の責任者は開幕式で、中国の各文化・観光部門は引き続き産業規模を拡大し、国際的な文化・観光交流、提携を進め、各国に市場機会を提供することで共同発展を実現したいと表明した。CITMはすでに21年の歴史を有し、世界の観光業界の交流・協力の重要なプラットフォームと年間最大の大会となっている。(昆明=新華社記者/姚兵)=2019(令和元)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019111803415

    「新華社」 2019中国国際観光交易会、中国観光業の発展成果を各国に示す  15日、開幕式でパフォーマンスを披露する雲南省出身のダンサー。中国雲南省昆明市で15日から17日まで、中国文化・観光部が主催する2019中国国際観光交易会(CITM)が開催された。世界75の国と地域の出展企業と、世界中から集まった700人近くのバイヤーが、中国観光業の発展の成果を分かち合った。文化・観光部の責任者は開幕式で、中国の各文化・観光部門は引き続き産業規模を拡大し、国際的な文化・観光交流、提携を進め、各国に市場機会を提供することで共同発展を実現したいと表明した。CITMはすでに21年の歴史を有し、世界の観光業界の交流・協力の重要なプラットフォームと年間最大の大会となっている。(昆明=新華社記者/姚兵)=2019(令和元)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019111803759

    「新華社」 2019中国国際観光交易会、中国観光業の発展成果を各国に示す  15日、雲南省の手工芸品を見学する来場者。中国雲南省昆明市で15日から17日まで、中国文化・観光部が主催する2019中国国際観光交易会(CITM)が開催された。世界75の国と地域の出展企業と、世界中から集まった700人近くのバイヤーが、中国観光業の発展の成果を分かち合った。文化・観光部の責任者は開幕式で、中国の各文化・観光部門は引き続き産業規模を拡大し、国際的な文化・観光交流、提携を進め、各国に市場機会を提供することで共同発展を実現したいと表明した。CITMはすでに21年の歴史を有し、世界の観光業界の交流・協力の重要なプラットフォームと年間最大の大会となっている。(昆明=新華社記者/姚兵)=2019(令和元)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019111803679

    「新華社」 2019中国国際観光交易会、中国観光業の発展成果を各国に示す  15日、開幕式でパフォーマンスを披露する雲南省出身のダンサー。中国雲南省昆明市で15日から17日まで、中国文化・観光部が主催する2019中国国際観光交易会(CITM)が開催された。世界75の国と地域の出展企業と、世界中から集まった700人近くのバイヤーが、中国観光業の発展の成果を分かち合った。文化・観光部の責任者は開幕式で、中国の各文化・観光部門は引き続き産業規模を拡大し、国際的な文化・観光交流、提携を進め、各国に市場機会を提供することで共同発展を実現したいと表明した。CITMはすでに21年の歴史を有し、世界の観光業界の交流・協力の重要なプラットフォームと年間最大の大会となっている。(昆明=新華社記者/姚兵)=2019(令和元)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019111803337

    「新華社」 2019中国国際観光交易会、中国観光業の発展成果を各国に示す  15日、民族色の濃い伝統舞踊を披露する太平洋諸島諸国のダンサー。中国雲南省昆明市で15日から17日まで、中国文化・観光部が主催する2019中国国際観光交易会(CITM)が開催された。世界75の国と地域の出展企業と、世界中から集まった700人近くのバイヤーが、中国観光業の発展の成果を分かち合った。文化・観光部の責任者は開幕式で、中国の各文化・観光部門は引き続き産業規模を拡大し、国際的な文化・観光交流、提携を進め、各国に市場機会を提供することで共同発展を実現したいと表明した。CITMはすでに21年の歴史を有し、世界の観光業界の交流・協力の重要なプラットフォームと年間最大の大会となっている。(昆明=新華社記者/姚兵)=2019(令和元)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019111803693

    「新華社」 2019中国国際観光交易会、中国観光業の発展成果を各国に示す  15日、開幕式でパフォーマンスを披露する雲南省出身のダンサー。中国雲南省昆明市で15日から17日まで、中国文化・観光部が主催する2019中国国際観光交易会(CITM)が開催された。世界75の国と地域の出展企業と、世界中から集まった700人近くのバイヤーが、中国観光業の発展の成果を分かち合った。文化・観光部の責任者は開幕式で、中国の各文化・観光部門は引き続き産業規模を拡大し、国際的な文化・観光交流、提携を進め、各国に市場機会を提供することで共同発展を実現したいと表明した。CITMはすでに21年の歴史を有し、世界の観光業界の交流・協力の重要なプラットフォームと年間最大の大会となっている。(昆明=新華社記者/姚兵)=2019(令和元)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019111803535

    「新華社」 2019中国国際観光交易会、中国観光業の発展成果を各国に示す  15日、開幕式でパフォーマンスを披露する雲南省出身のダンサー。中国雲南省昆明市で15日から17日まで、中国文化・観光部が主催する2019中国国際観光交易会(CITM)が開催された。世界75の国と地域の出展企業と、世界中から集まった700人近くのバイヤーが、中国観光業の発展の成果を分かち合った。文化・観光部の責任者は開幕式で、中国の各文化・観光部門は引き続き産業規模を拡大し、国際的な文化・観光交流、提携を進め、各国に市場機会を提供することで共同発展を実現したいと表明した。CITMはすでに21年の歴史を有し、世界の観光業界の交流・協力の重要なプラットフォームと年間最大の大会となっている。(昆明=新華社記者/姚兵)=2019(令和元)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019111803562

    「新華社」 2019中国国際観光交易会、中国観光業の発展成果を各国に示す  15日、雲南省徳宏(とっこう)ダイ族チンポー族自治州のブースで伝統舞踊を実演するダンサー。中国雲南省昆明市で15日から17日まで、中国文化・観光部が主催する2019中国国際観光交易会(CITM)が開催された。世界75の国と地域の出展企業と、世界中から集まった700人近くのバイヤーが、中国観光業の発展の成果を分かち合った。文化・観光部の責任者は開幕式で、中国の各文化・観光部門は引き続き産業規模を拡大し、国際的な文化・観光交流、提携を進め、各国に市場機会を提供することで共同発展を実現したいと表明した。CITMはすでに21年の歴史を有し、世界の観光業界の交流・協力の重要なプラットフォームと年間最大の大会となっている。(昆明=新華社記者/姚兵)=2019(令和元)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019111803569

    「新華社」 2019中国国際観光交易会、中国観光業の発展成果を各国に示す  15日、ブースでパフォーマンスを披露する出展企業のスタッフ。中国雲南省昆明市で15日から17日まで、中国文化・観光部が主催する2019中国国際観光交易会(CITM)が開催された。世界75の国と地域の出展企業と、世界中から集まった700人近くのバイヤーが、中国観光業の発展の成果を分かち合った。文化・観光部の責任者は開幕式で、中国の各文化・観光部門は引き続き産業規模を拡大し、国際的な文化・観光交流、提携を進め、各国に市場機会を提供することで共同発展を実現したいと表明した。CITMはすでに21年の歴史を有し、世界の観光業界の交流・協力の重要なプラットフォームと年間最大の大会となっている。(昆明=新華社記者/姚兵)=2019(令和元)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019111803552

    「新華社」 2019中国国際観光交易会、中国観光業の発展成果を各国に示す  15日、雲南省徳宏(とっこう)ダイ族チンポー族自治州のブースで伝統舞踊の「孔雀舞」を実演するダンサー。中国雲南省昆明市で15日から17日まで、中国文化・観光部が主催する2019中国国際観光交易会(CITM)が開催された。世界75の国と地域の出展企業と、世界中から集まった700人近くのバイヤーが、中国観光業の発展の成果を分かち合った。文化・観光部の責任者は開幕式で、中国の各文化・観光部門は引き続き産業規模を拡大し、国際的な文化・観光交流、提携を進め、各国に市場機会を提供することで共同発展を実現したいと表明した。CITMはすでに21年の歴史を有し、世界の観光業界の交流・協力の重要なプラットフォームと年間最大の大会となっている。(昆明=新華社記者/姚兵)=2019(令和元)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019110500799

    「新華社」 KFC、唯一の女文字「女書」をコンセプトにした新店舗湖南省  22日、永州市冷水灘区にオープンしたKFCの「女書」コンセプト店舗で記念撮影する女書伝承者の胡欣(こ・きん)さん(左)と女書愛好家。ファストフード大手のケンタッキー・フライドチキン(KFC)は22日、中国湖南省永州市で、世界で唯一の女性だけが用いる文字「女書」をコンセプトとした店舗をオープンした。同店では「四時半課堂」と呼ばれる小学生が放課後に集まる学童クラブを設置しており、同市に在住する女書の無形文化遺産伝承者を招き、地元の青少年に女書の風習や書き方などを教えるなど、女書文化の普及に取り組んでいる。女書は、同市江永県東部の上江圩鎮と周辺の三つの郷鎮で女性のみに伝えられてきた。オープン当日には、一部の従業員が着る女書の刺しゅうをあしらった制服が注目を集め、女書が持つ神秘的な雰囲気を醸し出していた。(長沙=新華社配信/長沙KFC提供)=2019(令和元)年10月22日、クレジット:長沙KFC/新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019110801264

    「日刊工業新聞」 セブン&アイ・フードシステムズのロゴマーク  キーワード:セブン&アイ・フードシステムズ、外食事業、外食産業、セブン&アイ・ホールディングス、企業、看板、ロゴ、ロゴマーク=2019(令和元)年10月16日、ポッポ幕張店開店会見会場、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  46. 2019101500822

    「大型サイド」中国、米NBAに反発 企業も対象、圧力を強化  真っ赤に染まった中国・上海のNBAオープン戦の会場から中国国旗を持って去るファンら=10日(共同)

  47. 2019101605567

    「新華社」 文化的なナイトライフが充実湖南省長沙市  12日、長沙の昔ながらの庶民文化と飲食を融合させた、ネットで話題のレストラン。中国湖南省長沙市はここ数年、文化的な強みを生かし、市民や観光客に多様なナイトライフを提供している。グルメ、夜市、橘子洲(きっししゅう)の花火といった特色あるエンターテインメントが観光業の成長を促進。24時間営業のコンビニエンスストア・書店などの施設の発展やデリバリー・運転代行などのサービス業の営業時間延長を後押ししている。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019101605472

    「新華社」 文化的なナイトライフが充実湖南省長沙市  12日、長沙国際金融センターにあるネットで話題のランドマークを訪れた人たち。中国湖南省長沙市はここ数年、文化的な強みを生かし、市民や観光客に多様なナイトライフを提供している。グルメ、夜市、橘子洲(きっししゅう)の花火といった特色あるエンターテインメントが観光業の成長を促進。24時間営業のコンビニエンスストア・書店などの施設の発展やデリバリー・運転代行などのサービス業の営業時間延長を後押ししている。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019101605468

    「新華社」 文化的なナイトライフが充実湖南省長沙市  12日、長沙市黄興路の歩行者天国で演奏を披露するバンド。中国湖南省長沙市はここ数年、文化的な強みを生かし、市民や観光客に多様なナイトライフを提供している。グルメ、夜市、橘子洲(きっししゅう)の花火といった特色あるエンターテインメントが観光業の成長を促進。24時間営業のコンビニエンスストア・書店などの施設の発展やデリバリー・運転代行などのサービス業の営業時間延長を後押ししている。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019101605460

    「新華社」 文化的なナイトライフが充実湖南省長沙市  12日、長沙市にある飲食文化と宗教文化を合わせた公共の場「火宮殿」で、泥人形の制作を実演する職人。中国湖南省長沙市はここ数年、文化的な強みを生かし、市民や観光客に多様なナイトライフを提供している。グルメ、夜市、橘子洲(きっししゅう)の花火といった特色あるエンターテインメントが観光業の成長を促進。24時間営業のコンビニエンスストア・書店などの施設の発展やデリバリー・運転代行などのサービス業の営業時間延長を後押ししている。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像