検索結果 16 件中 1 件 〜 16 件 "ブロック"
  1. 2020031603740

    交通の改善で「第二の飛躍」を遂げる四川省のチベット族居住地域  上:2019年6月に撮影したリンゴ畑の入り口。(成都=新華社配信)下:2020年1月9日に撮影した宿泊施設が併設された観光農園の入り口。(成都=新華社記者/李夢馨)(組み写真)四川省のチベット族居住地域は、四川盆地から青海チベット高原にかけて標高が高くなる移行地帯に位置し、この地域の人々の生産生活や運命は、常に交通と密接な関係にある。データによると09年以来、中央政府と省政府が四川省のチベット族居住地域に割り当てた交通建設補助金は1300億元(1元=約15円)を超え、敷設または補修された道路は累計約4万7千キロに達した。19年末までに、同地域ではすべての郷鎮のセメント道路と、すべての建制村(行政区画としての村)の舗装道路が完成した。四川省は2月18日、カンゼ・チベット族自治州とアバ・チベット族チャン族自治州にある、合計16のチベット族居住地域の県が貧困県リストから外れたことを発表した。これにより、すでにリストを抜けた16県と合わせ、全国で2番目に人口が多いチベット族居住地域の全域で、貧困脱却が実現した。巨大な変化を前に、地元の幹部や一般の人々からも、交通の大発展が四川省のチベット族居住地域に「第二の飛躍」をもたらしたと感嘆の声が続々と上がっている。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2019100700505

    伝統的農法受け継ぎ手作業で稲刈り湖南省紫鵲界棚田  4日、紫鵲界棚田で稲刈りをする地元農家。中国湖南省婁底(ろうてい)市新化県の紫鵲界(しじゃくかい)棚田は、同省中西部に位置する雪峰山脈に属する。標高500~1200メートルの山腹に広がる棚田の傾斜は平均約30度。平原地域の広大な水田と異なり、紫鵲界棚田は30平方メートルほどの小さなブロック状に分かれているため、小型農機を使っても稲刈りはできない。同地の耕作の歴史は秦漢時代までさかのぼることができ、地元の村民は現在も手作業で稲刈りをしている。(新化=新華社記者/陳振海)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2019100700492

    伝統的農法受け継ぎ手作業で稲刈り湖南省紫鵲界棚田  4日、紫鵲界棚田で、脱穀機の中のもみから虫を取り除く地元農家。中国湖南省婁底(ろうてい)市新化県の紫鵲界(しじゃくかい)棚田は、同省中西部に位置する雪峰山脈に属する。標高500~1200メートルの山腹に広がる棚田の傾斜は平均約30度。平原地域の広大な水田と異なり、紫鵲界棚田は30平方メートルほどの小さなブロック状に分かれているため、小型農機を使っても稲刈りはできない。同地の耕作の歴史は秦漢時代までさかのぼることができ、地元の村民は現在も手作業で稲刈りをしている。(新化=新華社記者/陳振海)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2019100700493

    伝統的農法受け継ぎ手作業で稲刈り湖南省紫鵲界棚田  4日、紫鵲界棚田で、もみを詰めた袋を縛る地元農家。中国湖南省婁底(ろうてい)市新化県の紫鵲界(しじゃくかい)棚田は、同省中西部に位置する雪峰山脈に属する。標高500~1200メートルの山腹に広がる棚田の傾斜は平均約30度。平原地域の広大な水田と異なり、紫鵲界棚田は30平方メートルほどの小さなブロック状に分かれているため、小型農機を使っても稲刈りはできない。同地の耕作の歴史は秦漢時代までさかのぼることができ、地元の村民は現在も手作業で稲刈りをしている。(新化=新華社記者/陳振海)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2019100700532

    伝統的農法受け継ぎ手作業で稲刈り湖南省紫鵲界棚田  4日、紫鵲界棚田で脱穀を終えた稲わらを束にする地元農家。稲わらは肥料や飼料となる。中国湖南省婁底(ろうてい)市新化県の紫鵲界(しじゃくかい)棚田は、同省中西部に位置する雪峰山脈に属する。標高500~1200メートルの山腹に広がる棚田の傾斜は平均約30度。平原地域の広大な水田と異なり、紫鵲界棚田は30平方メートルほどの小さなブロック状に分かれているため、小型農機を使っても稲刈りはできない。同地の耕作の歴史は秦漢時代までさかのぼることができ、地元の村民は現在も手作業で稲刈りをしている。(新化=新華社記者/陳振海)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2019100700544

    伝統的農法受け継ぎ手作業で稲刈り湖南省紫鵲界棚田  4日、紫鵲界棚田で、もみを袋に詰めて水田から運び出す地元農家。中国湖南省婁底(ろうてい)市新化県の紫鵲界(しじゃくかい)棚田は、同省中西部に位置する雪峰山脈に属する。標高500~1200メートルの山腹に広がる棚田の傾斜は平均約30度。平原地域の広大な水田と異なり、紫鵲界棚田は30平方メートルほどの小さなブロック状に分かれているため、小型農機を使っても稲刈りはできない。同地の耕作の歴史は秦漢時代までさかのぼることができ、地元の村民は現在も手作業で稲刈りをしている。(新化=新華社記者/陳振海)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2019100700502

    伝統的農法受け継ぎ手作業で稲刈り湖南省紫鵲界棚田  4日、紫鵲界棚田のあぜ道で休憩する地元農家。中国湖南省婁底(ろうてい)市新化県の紫鵲界(しじゃくかい)棚田は、同省中西部に位置する雪峰山脈に属する。標高500~1200メートルの山腹に広がる棚田の傾斜は平均約30度。平原地域の広大な水田と異なり、紫鵲界棚田は30平方メートルほどの小さなブロック状に分かれているため、小型農機を使っても稲刈りはできない。同地の耕作の歴史は秦漢時代までさかのぼることができ、地元の村民は現在も手作業で稲刈りをしている。(新化=新華社記者/陳振海)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2019100700515

    伝統的農法受け継ぎ手作業で稲刈り湖南省紫鵲界棚田  4日、紫鵲界棚田で稲刈りをする地元農家。中国湖南省婁底(ろうてい)市新化県の紫鵲界(しじゃくかい)棚田は、同省中西部に位置する雪峰山脈に属する。標高500~1200メートルの山腹に広がる棚田の傾斜は平均約30度。平原地域の広大な水田と異なり、紫鵲界棚田は30平方メートルほどの小さなブロック状に分かれているため、小型農機を使っても稲刈りはできない。同地の耕作の歴史は秦漢時代までさかのぼることができ、地元の村民は現在も手作業で稲刈りをしている。(新化=新華社記者/陳振海)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2019100700324

    伝統的農法受け継ぎ手作業で稲刈り湖南省紫鵲界棚田  4日、紫鵲界棚田で、脱穀機を別の田んぼへ運ぶ地元農家。中国湖南省婁底(ろうてい)市新化県の紫鵲界(しじゃくかい)棚田は、同省中西部に位置する雪峰山脈に属する。標高500~1200メートルの山腹に広がる棚田の傾斜は平均約30度。平原地域の広大な水田と異なり、紫鵲界棚田は30平方メートルほどの小さなブロック状に分かれているため、小型農機を使っても稲刈りはできない。同地の耕作の歴史は秦漢時代までさかのぼることができ、地元の村民は現在も手作業で稲刈りをしている。(新化=新華社記者/陳振海)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2019100700412

    伝統的農法受け継ぎ手作業で稲刈り湖南省紫鵲界棚田  4日、紫鵲界棚田で稲刈りの準備をする地元農家。中国湖南省婁底(ろうてい)市新化県の紫鵲界(しじゃくかい)棚田は、同省中西部に位置する雪峰山脈に属する。標高500~1200メートルの山腹に広がる棚田の傾斜は平均約30度。平原地域の広大な水田と異なり、紫鵲界棚田は30平方メートルほどの小さなブロック状に分かれているため、小型農機を使っても稲刈りはできない。同地の耕作の歴史は秦漢時代までさかのぼることができ、地元の村民は現在も手作業で稲刈りをしている。(新化=新華社記者/陳振海)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2019100700406

    伝統的農法受け継ぎ手作業で稲刈り湖南省紫鵲界棚田  4日、紫鵲界棚田で、収穫した稲を打ち付けて脱穀する地元農家。中国湖南省婁底(ろうてい)市新化県の紫鵲界(しじゃくかい)棚田は、同省中西部に位置する雪峰山脈に属する。標高500~1200メートルの山腹に広がる棚田の傾斜は平均約30度。平原地域の広大な水田と異なり、紫鵲界棚田は30平方メートルほどの小さなブロック状に分かれているため、小型農機を使っても稲刈りはできない。同地の耕作の歴史は秦漢時代までさかのぼることができ、地元の村民は現在も手作業で稲刈りをしている。(新化=新華社記者/陳振海)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2019100700545

    伝統的農法受け継ぎ手作業で稲刈り湖南省紫鵲界棚田  4日、紫鵲界棚田で、収穫した稲を打ち付けて脱穀する地元農家。中国湖南省婁底(ろうてい)市新化県の紫鵲界(しじゃくかい)棚田は、同省中西部に位置する雪峰山脈に属する。標高500~1200メートルの山腹に広がる棚田の傾斜は平均約30度。平原地域の広大な水田と異なり、紫鵲界棚田は30平方メートルほどの小さなブロック状に分かれているため、小型農機を使っても稲刈りはできない。同地の耕作の歴史は秦漢時代までさかのぼることができ、地元の村民は現在も手作業で稲刈りをしている。(新化=新華社記者/陳振海)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2019100700550

    伝統的農法受け継ぎ手作業で稲刈り湖南省紫鵲界棚田  4日、紫鵲界棚田で、もみを干して乾燥させる地元農家。中国湖南省婁底(ろうてい)市新化県の紫鵲界(しじゃくかい)棚田は、同省中西部に位置する雪峰山脈に属する。標高500~1200メートルの山腹に広がる棚田の傾斜は平均約30度。平原地域の広大な水田と異なり、紫鵲界棚田は30平方メートルほどの小さなブロック状に分かれているため、小型農機を使っても稲刈りはできない。同地の耕作の歴史は秦漢時代までさかのぼることができ、地元の村民は現在も手作業で稲刈りをしている。(新化=新華社記者/陳振海)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2019100700503

    伝統的農法受け継ぎ手作業で稲刈り湖南省紫鵲界棚田  4日、紫鵲界棚田のあぜ道で休憩する地元農家。中国湖南省婁底(ろうてい)市新化県の紫鵲界(しじゃくかい)棚田は、同省中西部に位置する雪峰山脈に属する。標高500~1200メートルの山腹に広がる棚田の傾斜は平均約30度。平原地域の広大な水田と異なり、紫鵲界棚田は30平方メートルほどの小さなブロック状に分かれているため、小型農機を使っても稲刈りはできない。同地の耕作の歴史は秦漢時代までさかのぼることができ、地元の村民は現在も手作業で稲刈りをしている。(新化=新華社記者/陳振海)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2019100700512

    伝統的農法受け継ぎ手作業で稲刈り湖南省紫鵲界棚田  4日、紫鵲界棚田で、収穫した稲を打ち付けて脱穀する地元農家。中国湖南省婁底(ろうてい)市新化県の紫鵲界(しじゃくかい)棚田は、同省中西部に位置する雪峰山脈に属する。標高500~1200メートルの山腹に広がる棚田の傾斜は平均約30度。平原地域の広大な水田と異なり、紫鵲界棚田は30平方メートルほどの小さなブロック状に分かれているため、小型農機を使っても稲刈りはできない。同地の耕作の歴史は秦漢時代までさかのぼることができ、地元の村民は現在も手作業で稲刈りをしている。(新化=新華社記者/陳振海)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2019092504655

    さまざまな伝統農具を展示湖南省南県で農民豊収節を祝う  23日、南県で展示された土の塊を砕いたり平地にしたりするのに使用する大型のレーキのような道具。中国湖南省益陽市南県で23日、第2回「中国農民豊収節(祭)」を祝うイベントが開かれた。南県は洞庭湖エリアに位置し、平坦で開けた農地がある地域。同県内の羅文村では、殻物の収穫と脱穀体験、稲束投げ、わら縄ひねり、亀つかみなど伝統的な農業関連のイベントが行われた。また、唐竿(からざお)や馬鍬(まぐわ)、唐箕(とうみ)などの伝統的な農具も展示された。(南県=新華社配信/陳振海)=2019(令和元)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像