検索結果 16,841 件中 1 件 〜 50
  1. 2020052400953

    解除見据え、再開へ準備 人影まばらなファーム富田  人影がまばらな北海道中富良野町の観光農園「ファーム富田」=24日午後

  2. 2020052400014

    夕張メロンの収穫始まる 始まった収穫  北海道夕張市で始まった「夕張メロン」の収穫=24日午前

  3. 2020052400013

    夕張メロンの収穫始まる 収穫されるメロン  北海道夕張市で始まった「夕張メロン」の収穫=24日午前

  4. 2020052400012

    夕張メロンの収穫始まる 収穫されたメロン  北海道夕張市で始まった「夕張メロン」の収穫=24日午前

  5. 2020052201282

    帰還困難区域で田植え 大熊町の田植え  福島県大熊町の帰還困難区域で行われた田植え。周囲の水田には雑草が茂っていた=22日午後

  6. 2020052200956

    宮崎マンゴー、収穫最盛期 マンゴーと大隈好剛さん  収穫が最盛期を迎えた宮崎マンゴーを手にする大隈好剛さん=19日、宮崎県綾町

  7. 2020052200496

    微細粉米粉の焼き菓子人気 ブラウニー  自家栽培の微細粉米粉でできたブラウニー

  8. 2020051500892

    「スター農家」目指す40歳 シロップ手にする関谷さん  「せっきーファーム」で富有柿のシロップを手にする関谷英樹さん=岐阜県瑞穂市 「ひと・まち・東海」

  9. 2020051500890

    「スター農家」目指す40歳 関谷英樹さん  「せっきーファーム」で富有柿を栽培する関谷英樹さん=岐阜県瑞穂市 「ひと・まち・東海」

  10. 2020052104757

    大学生が故郷で起業江蘇省沭陽県  15日、沭陽県新河鎮で育てたコウシンバラを見せる楊婷婷さん。中国江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県は、中国の南と北気候帯の中間地点に位置することから、さまざまな種類の花木の生育に適している。同県の花木の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)、育成品種は3千種以上あり、省内最大の花木生産県となっている。2019年の花木売上高は200億元(1元=約15円)に上った。同県は近年、起業家に対し優遇策を次々と打ち出しており、19年は故郷に戻って起業した若者が20万人に達した。1996年生まれの趙紫瑄(ちょう・しせん)さんは大学卒業後、都会での就職をやめ、故郷に戻ってオンラインショップ「彩鼎園鮮花」を立ち上げた。ネット販売と店舗での対面販売を組み合わせ、切り花や観葉植物、盆栽などを大規模に栽培している。趙さんはこれまで、中国の通販サイト「淘宝網(タオバオ)」やライブ配信の運営について全く知識がなかったが、空いた時間に専門知識を身に付け、ライブ配信中はできる限り詳しく商品を紹介した。数カ月後、趙さんのフォロワー数は増え、番組配信中に毎日何万人ものフォロワーから問い合わせや購入が続くようになった。趙さんの花木栽培基地は現在、面積が千ムー(約67ヘクタール)余りに達し、年間売上高は300万元を超え、周辺地域や県外から従業員50人余りを雇用するまでになった。同県新河鎮の楊婷婷(よう・ていてい)さんも現在、コウシンバラの栽培基地を経営している。楊さんは17年初め、20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地を借り、コウシンバラの栽培を始め、各種規格の苗を育てた。楊さんの栽培基地は今では60ムー(4ヘクタール)以上に広がり、栽培するバラの種類は200品種を超えた。苗の生産量は年間150万株以上、年間売上高は180万元以上になった。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020052104704

    大学生が故郷で起業江蘇省沭陽県  15日、沭陽県新河鎮の栽培基地でコウシンバラの苗の手入れをする楊婷婷さん。中国江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県は、中国の南と北気候帯の中間地点に位置することから、さまざまな種類の花木の生育に適している。同県の花木の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)、育成品種は3千種以上あり、省内最大の花木生産県となっている。2019年の花木売上高は200億元(1元=約15円)に上った。同県は近年、起業家に対し優遇策を次々と打ち出しており、19年は故郷に戻って起業した若者が20万人に達した。1996年生まれの趙紫瑄(ちょう・しせん)さんは大学卒業後、都会での就職をやめ、故郷に戻ってオンラインショップ「彩鼎園鮮花」を立ち上げた。ネット販売と店舗での対面販売を組み合わせ、切り花や観葉植物、盆栽などを大規模に栽培している。趙さんはこれまで、中国の通販サイト「淘宝網(タオバオ)」やライブ配信の運営について全く知識がなかったが、空いた時間に専門知識を身に付け、ライブ配信中はできる限り詳しく商品を紹介した。数カ月後、趙さんのフォロワー数は増え、番組配信中に毎日何万人ものフォロワーから問い合わせや購入が続くようになった。趙さんの花木栽培基地は現在、面積が千ムー(約67ヘクタール)余りに達し、年間売上高は300万元を超え、周辺地域や県外から従業員50人余りを雇用するまでになった。同県新河鎮の楊婷婷(よう・ていてい)さんも現在、コウシンバラの栽培基地を経営している。楊さんは17年初め、20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地を借り、コウシンバラの栽培を始め、各種規格の苗を育てた。楊さんの栽培基地は今では60ムー(4ヘクタール)以上に広がり、栽培するバラの種類は200品種を超えた。苗の生産量は年間150万株以上、年間売上高は180万元以上になった。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020052104650

    大学生が故郷で起業江蘇省沭陽県  15日、沭陽県新河鎮の栽培基地でコウシンバラの苗を運ぶ楊婷婷さん(左)と夫の陳武(ちん・ぶ)さん。中国江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県は、中国の南と北気候帯の中間地点に位置することから、さまざまな種類の花木の生育に適している。同県の花木の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)、育成品種は3千種以上あり、省内最大の花木生産県となっている。2019年の花木売上高は200億元(1元=約15円)に上った。同県は近年、起業家に対し優遇策を次々と打ち出しており、19年は故郷に戻って起業した若者が20万人に達した。1996年生まれの趙紫瑄(ちょう・しせん)さんは大学卒業後、都会での就職をやめ、故郷に戻ってオンラインショップ「彩鼎園鮮花」を立ち上げた。ネット販売と店舗での対面販売を組み合わせ、切り花や観葉植物、盆栽などを大規模に栽培している。趙さんはこれまで、中国の通販サイト「淘宝網(タオバオ)」やライブ配信の運営について全く知識がなかったが、空いた時間に専門知識を身に付け、ライブ配信中はできる限り詳しく商品を紹介した。数カ月後、趙さんのフォロワー数は増え、番組配信中に毎日何万人ものフォロワーから問い合わせや購入が続くようになった。趙さんの花木栽培基地は現在、面積が千ムー(約67ヘクタール)余りに達し、年間売上高は300万元を超え、周辺地域や県外から従業員50人余りを雇用するまでになった。同県新河鎮の楊婷婷(よう・ていてい)さんも現在、コウシンバラの栽培基地を経営している。楊さんは17年初め、20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地を借り、コウシンバラの栽培を始め、各種規格の苗を育てた。楊さんの栽培基地は今では60ムー(4ヘクタール)以上に広がり、栽培するバラの種類は200品種を超えた。苗の生産量は年間150万株以上、年間売上高は180万元以上になった。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020052104710

    大学生が故郷で起業江蘇省沭陽県  15日、沭陽県新河鎮の栽培基地でコウシンバラの苗に水をやる楊婷婷さん。中国江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県は、中国の南と北気候帯の中間地点に位置することから、さまざまな種類の花木の生育に適している。同県の花木の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)、育成品種は3千種以上あり、省内最大の花木生産県となっている。2019年の花木売上高は200億元(1元=約15円)に上った。同県は近年、起業家に対し優遇策を次々と打ち出しており、19年は故郷に戻って起業した若者が20万人に達した。1996年生まれの趙紫瑄(ちょう・しせん)さんは大学卒業後、都会での就職をやめ、故郷に戻ってオンラインショップ「彩鼎園鮮花」を立ち上げた。ネット販売と店舗での対面販売を組み合わせ、切り花や観葉植物、盆栽などを大規模に栽培している。趙さんはこれまで、中国の通販サイト「淘宝網(タオバオ)」やライブ配信の運営について全く知識がなかったが、空いた時間に専門知識を身に付け、ライブ配信中はできる限り詳しく商品を紹介した。数カ月後、趙さんのフォロワー数は増え、番組配信中に毎日何万人ものフォロワーから問い合わせや購入が続くようになった。趙さんの花木栽培基地は現在、面積が千ムー(約67ヘクタール)余りに達し、年間売上高は300万元を超え、周辺地域や県外から従業員50人余りを雇用するまでになった。同県新河鎮の楊婷婷(よう・ていてい)さんも現在、コウシンバラの栽培基地を経営している。楊さんは17年初め、20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地を借り、コウシンバラの栽培を始め、各種規格の苗を育てた。楊さんの栽培基地は今では60ムー(4ヘクタール)以上に広がり、栽培するバラの種類は200品種を超えた。苗の生産量は年間150万株以上、年間売上高は180万元以上になった。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020051402137

    阿蘇の噴火、被害深刻に    (2)「作物被害」—降灰で出荷ができなくなった野菜が多く、収穫期を前に被害が広がり始めた=熊本県白水村  元年国内 15286

  15. 2020051800700

    ライチ「妃子笑」が収穫期迎える海南省  14日、ライチを収穫する海口市瓊山区三門坡鎮の農家。中国海南省北部でこのほど、妃子笑(ひししょう)と呼ばれる品種のライチが収穫期を迎えた。同省では今年、ライチ栽培面積が40万ムー(約2万6600ヘクタール)近くに達し、生産量と買い付け価格はいずれも昨年を上回った。(海口=新華社記者/郭程)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020052001510

    生態系の強みを発揮し、環境配慮型産業を発展福建省南平市  14日、福建省建甌(けんおう)市(南平市管轄下の県レベルの市)小松鎮の「水美緑道」の景色。中国福建省南平市はここ数年、「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然には金銀同様の価値がある)」という理念を実行に移し、環境にやさしい自然資源利用を積極的に探究している。現代農業や観光、健康・保養、デジタル情報、先進製造、文化・クリエーティブなどのグリーン(環境配慮型)産業の育成に力を入れ、特色ある発展の道を歩んでいる。同市は2019年、「国家森林都市」に指定された。現時点で森林被覆率は省内2位、蓄積量は首位となっている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020052104478

    広大な水田で田植え作業開始遼寧省  14日、農機を使って田植えを行う台安県新台鎮徳生村の村民。中国遼寧省では初夏、地元の農民らが適切な時期を見極め、広大な水田で農機を使って田植え作業を進める。水田には忙しく働く人々の活気がみなぎっている。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020052104498

    広大な水田で田植え作業開始遼寧省  14日、農機を使って田植えをする台安県新台鎮徳生村の村民。中国遼寧省では初夏、地元の農民らが適切な時期を見極め、広大な水田で農機を使って田植え作業を進める。水田には忙しく働く人々の活気がみなぎっている。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020052104418

    広大な水田で田植え作業開始遼寧省  14日、田植え機に苗を載せる台安県新台鎮徳生村の村民。中国遼寧省では初夏、地元の農民らが適切な時期を見極め、広大な水田で農機を使って田植え作業を進める。水田には忙しく働く人々の活気がみなぎっている。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020052104648

    大学生が故郷で起業江蘇省沭陽県  14日、沭陽県章集街道大瀋荘村で、母親の趙紅霞(ちょう・こうか)さんから花木の手入れについて学ぶ趙紫瑄さん(右)。中国江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県は、中国の南と北気候帯の中間地点に位置することから、さまざまな種類の花木の生育に適している。同県の花木の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)、育成品種は3千種以上あり、省内最大の花木生産県となっている。2019年の花木売上高は200億元(1元=約15円)に上った。同県は近年、起業家に対し優遇策を次々と打ち出しており、19年は故郷に戻って起業した若者が20万人に達した。1996年生まれの趙紫瑄(ちょう・しせん)さんは大学卒業後、都会での就職をやめ、故郷に戻ってオンラインショップ「彩鼎園鮮花」を立ち上げた。ネット販売と店舗での対面販売を組み合わせ、切り花や観葉植物、盆栽などを大規模に栽培している。趙さんはこれまで、中国の通販サイト「淘宝網(タオバオ)」やライブ配信の運営について全く知識がなかったが、空いた時間に専門知識を身に付け、ライブ配信中はできる限り詳しく商品を紹介した。数カ月後、趙さんのフォロワー数は増え、番組配信中に毎日何万人ものフォロワーから問い合わせや購入が続くようになった。趙さんの花木栽培基地は現在、面積が千ムー(約67ヘクタール)余りに達し、年間売上高は300万元を超え、周辺地域や県外から従業員50人余りを雇用するまでになった。同県新河鎮の楊婷婷(よう・ていてい)さんも現在、コウシンバラの栽培基地を経営している。楊さんは17年初め、20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地を借り、コウシンバラの栽培を始め、各種規格の苗を育てた。楊さんの栽培基地は今では60ムー(4ヘクタール)以上に広がり、栽培するバラの種類は200品種を超えた。苗の生産量は年間150万株以上、年間売上高は180万元以上になった。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020051800686

    ライチ「妃子笑」が収穫期迎える海南省  14日、ライチを収穫する海口市瓊山区三門坡鎮の農家。中国海南省北部でこのほど、妃子笑(ひししょう)と呼ばれる品種のライチが収穫期を迎えた。同省では今年、ライチ栽培面積が40万ムー(約2万6600ヘクタール)近くに達し、生産量と買い付け価格はいずれも昨年を上回った。(海口=新華社記者/郭程)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020051800726

    ライチ「妃子笑」が収穫期迎える海南省  14日、収穫したライチを運搬車に載せる海口市瓊山区三門坡鎮の農家。中国海南省北部でこのほど、妃子笑(ひししょう)と呼ばれる品種のライチが収穫期を迎えた。同省では今年、ライチ栽培面積が40万ムー(約2万6600ヘクタール)近くに達し、生産量と買い付け価格はいずれも昨年を上回った。(海口=新華社記者/郭程)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020052104473

    広大な水田で田植え作業開始遼寧省  14日、田植えに備え、農機を使って代かきをする台安県新台鎮徳生村の村民。中国遼寧省では初夏、地元の農民らが適切な時期を見極め、広大な水田で農機を使って田植え作業を進める。水田には忙しく働く人々の活気がみなぎっている。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020051800671

    ライチ「妃子笑」が収穫期迎える海南省  14日、ライチを収穫する海口市瓊山区三門坡鎮の農家。中国海南省北部でこのほど、妃子笑(ひししょう)と呼ばれる品種のライチが収穫期を迎えた。同省では今年、ライチ栽培面積が40万ムー(約2万6600ヘクタール)近くに達し、生産量と買い付け価格はいずれも昨年を上回った。(海口=新華社記者/郭程)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020051800745

    ライチ「妃子笑」が収穫期迎える海南省  14日、海口市瓊山区三門坡鎮の買付センターでライチを洗う従業員。中国海南省北部でこのほど、妃子笑(ひししょう)と呼ばれる品種のライチが収穫期を迎えた。同省では今年、ライチ栽培面積が40万ムー(約2万6600ヘクタール)近くに達し、生産量と買い付け価格はいずれも昨年を上回った。(海口=新華社記者/郭程)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020051800662

    ライチ「妃子笑」が収穫期迎える海南省  14日、海口市瓊山区三門坡鎮の買付センターで北京へ運ぶライチを車に積み込む作業員。中国海南省北部でこのほど、妃子笑(ひししょう)と呼ばれる品種のライチが収穫期を迎えた。同省では今年、ライチ栽培面積が40万ムー(約2万6600ヘクタール)近くに達し、生産量と買い付け価格はいずれも昨年を上回った。(海口=新華社記者/郭程)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020052001518

    生態系の強みを発揮し、環境配慮型産業を発展福建省南平市  14日、福建省建甌(けんおう)市(南平市管轄下の県レベルの市)小松鎮の美しい自然を取り入れて整備した道路。中国福建省南平市はここ数年、「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然には金銀同様の価値がある)」という理念を実行に移し、環境にやさしい自然資源利用を積極的に探究している。現代農業や観光、健康・保養、デジタル情報、先進製造、文化・クリエーティブなどのグリーン(環境配慮型)産業の育成に力を入れ、特色ある発展の道を歩んでいる。同市は2019年、「国家森林都市」に指定された。現時点で森林被覆率は省内2位、蓄積量は首位となっている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020052104441

    広大な水田で田植え作業開始遼寧省  14日、田植え機に苗を載せる台安県新台鎮徳生村の村民。中国遼寧省では初夏、地元の農民らが適切な時期を見極め、広大な水田で農機を使って田植え作業を進める。水田には忙しく働く人々の活気がみなぎっている。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020052104693

    大学生が故郷で起業江蘇省沭陽県  14日、沭陽県章集街道大瀋荘村で、淘宝のライブ配信でフォロワーに花木の手入れについて紹介する趙紫瑄さん。中国江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県は、中国の南と北気候帯の中間地点に位置することから、さまざまな種類の花木の生育に適している。同県の花木の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)、育成品種は3千種以上あり、省内最大の花木生産県となっている。2019年の花木売上高は200億元(1元=約15円)に上った。同県は近年、起業家に対し優遇策を次々と打ち出しており、19年は故郷に戻って起業した若者が20万人に達した。1996年生まれの趙紫瑄(ちょう・しせん)さんは大学卒業後、都会での就職をやめ、故郷に戻ってオンラインショップ「彩鼎園鮮花」を立ち上げた。ネット販売と店舗での対面販売を組み合わせ、切り花や観葉植物、盆栽などを大規模に栽培している。趙さんはこれまで、中国の通販サイト「淘宝網(タオバオ)」やライブ配信の運営について全く知識がなかったが、空いた時間に専門知識を身に付け、ライブ配信中はできる限り詳しく商品を紹介した。数カ月後、趙さんのフォロワー数は増え、番組配信中に毎日何万人ものフォロワーから問い合わせや購入が続くようになった。趙さんの花木栽培基地は現在、面積が千ムー(約67ヘクタール)余りに達し、年間売上高は300万元を超え、周辺地域や県外から従業員50人余りを雇用するまでになった。同県新河鎮の楊婷婷(よう・ていてい)さんも現在、コウシンバラの栽培基地を経営している。楊さんは17年初め、20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地を借り、コウシンバラの栽培を始め、各種規格の苗を育てた。楊さんの栽培基地は今では60ムー(4ヘクタール)以上に広がり、栽培するバラの種類は200品種を超えた。苗の生産量は年間150万株以上、年間売上高は180万元以上になった。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020051300953

    規格外果物に注文殺到 笑顔の矢萩美智社長  収穫したサクランボを手に笑顔の矢萩美智社長=11日、山形県天童市

  31. 2020051800740

    大地を彩る衲田花海江蘇省宿遷市  13日、衲田花海で撮影を楽しむ観光客。中国江蘇省宿遷(しゅくせん)市の三台山森林公園ではこのところ、さまざまな花が咲き競い、風景を彩っている。園内の衲田花海は総面積約2200ムー(147ヘクタール)。612枚の花畑から成り、花卉50種以上が栽培されている。(宿遷=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020051800723

    大地を彩る衲田花海江蘇省宿遷市  13日、衲田花海で花を観賞する観光客。中国江蘇省宿遷(しゅくせん)市の三台山森林公園ではこのところ、さまざまな花が咲き競い、風景を彩っている。園内の衲田花海は総面積約2200ムー(147ヘクタール)。612枚の花畑から成り、花卉50種以上が栽培されている。(宿遷=新華社記者/韓瑜慶)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020052300813

    小麦の収穫が本格化貴州省思南県  13日、貴州省銅仁市思南県邵家橋鎮烏石村で小麦を刈り取る農家。中国貴州省銅仁市思南県は5月中旬に入り、小麦の収穫期を迎えた。地元農家が大小さまざまな農機を使って刈り取り作業を急いでいる。(銅仁=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020052300826

    小麦の収穫が本格化貴州省思南県  13日、貴州省銅仁市思南県邵家橋鎮烏石村で小麦を刈り取る農家。中国貴州省銅仁市思南県は5月中旬に入り、小麦の収穫期を迎えた。地元農家が大小さまざまな農機を使って刈り取り作業を急いでいる。(銅仁=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020051800787

    大地を彩る衲田花海江蘇省宿遷市  13日、衲田花海で記念撮影する新婚カップル。中国江蘇省宿遷(しゅくせん)市の三台山森林公園ではこのところ、さまざまな花が咲き競い、風景を彩っている。園内の衲田花海は総面積約2200ムー(147ヘクタール)。612枚の花畑から成り、花卉50種以上が栽培されている。(宿遷=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020051800758

    大地を彩る衲田花海江蘇省宿遷市  13日、衲田花海で花を観賞する観光客。中国江蘇省宿遷(しゅくせん)市の三台山森林公園ではこのところ、さまざまな花が咲き競い、風景を彩っている。園内の衲田花海は総面積約2200ムー(147ヘクタール)。612枚の花畑から成り、花卉50種以上が栽培されている。(宿遷=新華社記者/李博)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020051800692

    大地を彩る衲田花海江蘇省宿遷市  13日、衲田花海を散策する観光客。中国江蘇省宿遷(しゅくせん)市の三台山森林公園ではこのところ、さまざまな花が咲き競い、風景を彩っている。園内の衲田花海は総面積約2200ムー(147ヘクタール)。612枚の花畑から成り、花卉50種以上が栽培されている。(宿遷=新華社記者/韓瑜慶)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020052300787

    小麦の収穫が本格化貴州省思南県  13日、貴州省銅仁市思南県邵家橋鎮烏石村で小麦を刈り取る農家。中国貴州省銅仁市思南県は5月中旬に入り、小麦の収穫期を迎えた。地元農家が大小さまざまな農機を使って刈り取り作業を急いでいる。(銅仁=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020052300812

    小麦の収穫が本格化貴州省思南県  13日、貴州省銅仁市思南県邵家橋鎮烏石村で小麦を刈り取る農家。中国貴州省銅仁市思南県は5月中旬に入り、小麦の収穫期を迎えた。地元農家が大小さまざまな農機を使って刈り取り作業を急いでいる。(銅仁=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020052300835

    小麦の収穫が本格化貴州省思南県  13日、貴州省銅仁市思南県邵家橋鎮烏石村で刈り取った小麦を見せる農家。中国貴州省銅仁市思南県は5月中旬に入り、小麦の収穫期を迎えた。地元農家が大小さまざまな農機を使って刈り取り作業を急いでいる。(銅仁=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020052300836

    小麦の収穫が本格化貴州省思南県  13日、貴州省銅仁市思南県塘頭鎮芭蕉壩区でコンバインを運転して小麦を収穫する農民。中国貴州省銅仁市思南県は5月中旬に入り、小麦の収穫期を迎えた。地元農家が大小さまざまな農機を使って刈り取り作業を急いでいる。(銅仁=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020051800756

    大地を彩る衲田花海江蘇省宿遷市  13日、衲田花海で花を撮影する観光客。中国江蘇省宿遷(しゅくせん)市の三台山森林公園ではこのところ、さまざまな花が咲き競い、風景を彩っている。園内の衲田花海は総面積約2200ムー(147ヘクタール)。612枚の花畑から成り、花卉50種以上が栽培されている。(宿遷=新華社記者/韓瑜慶)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020052300839

    小麦の収穫が本格化貴州省思南県  13日、貴州省銅仁市思南県邵家橋鎮烏石村で小麦を刈り取る農家。中国貴州省銅仁市思南県は5月中旬に入り、小麦の収穫期を迎えた。地元農家が大小さまざまな農機を使って刈り取り作業を急いでいる。(銅仁=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020051800748

    遼寧省、落花生の種まきシーズン迎える  12日、遼寧省鞍山市台安県の洪家農牧場で農機に落花生の種を入れる農家。中国遼寧省鞍山市台安県は気温が上昇し、土壌に適度な水分が含まれる時期に入り、落花生の種まきシーズンを迎えた。農家らは広大な畑で作業に励んでいる。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020051800710

    遼寧省、落花生の種まきシーズン迎える  12日、遼寧省鞍山市台安県の洪家農牧場で農機を使って落花生の種まきをする農家。中国遼寧省鞍山市台安県は気温が上昇し、土壌に適度な水分が含まれる時期に入り、落花生の種まきシーズンを迎えた。農家らは広大な畑で作業に励んでいる。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020051800683

    遼寧省、落花生の種まきシーズン迎える  12日、遼寧省鞍山市台安県の洪家農牧場で農機を使って落花生の種まきをする農家。中国遼寧省鞍山市台安県は気温が上昇し、土壌に適度な水分が含まれる時期に入り、落花生の種まきシーズンを迎えた。農家らは広大な畑で作業に励んでいる。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020051800690

    遼寧省、落花生の種まきシーズン迎える  12日、遼寧省鞍山市台安県の洪家農牧場で農機を使って落花生の種まきをする農家。中国遼寧省鞍山市台安県は気温が上昇し、土壌に適度な水分が含まれる時期に入り、落花生の種まきシーズンを迎えた。農家らは広大な畑で作業に励んでいる。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020051402308

    クコの葉の収穫最盛期寧夏回族自治区  11日、寧夏回族自治区の百瑞源賀蘭山基地でクコの葉を摘む作業員。中国寧夏回族自治区でクコの研究や商品開発を手掛ける企業、百瑞源の賀蘭山東麓にある拠点で11日、クコの葉の摘み取りが行われた。収穫した葉は洗浄、釜炒り、揉捻などの工程を経て茶製品となる。同拠点は300ムー(20ヘクタール)余りの栽培面積を有し、周辺の農民200人以上に就業機会や収入増をもたらしている。(銀川=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020051402305

    クコの葉の収穫最盛期寧夏回族自治区  11日、寧夏回族自治区の百瑞源賀蘭山基地でクコの葉を摘む作業員。中国寧夏回族自治区でクコの研究や商品開発を手掛ける企業、百瑞源の賀蘭山東麓にある拠点で11日、クコの葉の摘み取りが行われた。収穫した葉は洗浄、釜炒り、揉捻などの工程を経て茶製品となる。同拠点は300ムー(20ヘクタール)余りの栽培面積を有し、周辺の農民200人以上に就業機会や収入増をもたらしている。(銀川=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020051502308

    1万ムーの農業モデル地帯で農民の収入増目指す江蘇省金湖県  11日、江蘇省金湖県の「金緑源青果摘み取り体験パーク」で農作物を管理するスタッフ。中国江蘇省淮安市金湖県はここ数年、農村の1~3次産業の一体的発展を推進し、農村景観の庭園化や農業生産の近代化の取り組みを続けている。同県呂良鎮は省道沿いに1万ムー(約667ヘクタール)に及ぶ施設農業とレジャー・観光農業のモデル地帯を設置し、「東方園林苗木基地」や「金緑源青果摘み取り体験パーク」「金燦シャクヤク園」などを建設。農業とレジャーを融合させ、環境と経済が調和した発展への道を歩み始めている。(淮安=新華社記者/李博)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像