検索結果 11 件中 1 件 〜 11 件 "Hall"
  1. 2020052602122

    青島市で「嶗山茶闘茶大会」開催茶職人が伝統技を披露  21日、会場で手作業による伝統的な製茶の技法で茶をつくる選手たち。中国は茶の原産地であり、世界で最も早く茶葉を発見し、利用し始めた国でもある。国連食糧農業機関(FAO)商品問題委員会第72回会議(2019年12月)で、毎年の5月21日を「国際お茶の日」とすることが全会一致で可決された。中国山東省青島市で21日、「2020年度嶗山(ろうざん)茶闘茶大会」の決勝戦が行われ、製茶関連業界で働く選手100人余りが茶づくりや茶芸などの腕前を競い合った。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020052601874

    茶職人が技競う雨花茶手もみ・焙煎技術大会開催江蘇省  21日、会場で来場者に雨花茶を入れる茶芸師。21日は国連が定めた最初の「国際お茶の日」にあたる。無形文化遺産の「雨花茶の製造技術」を伝承し、雨花茶職人の技術向上を図るため、中国江蘇省茶葉学会、南京市農業農村局、中山陵園管理局が共催する「2020江蘇省手もみ・焙煎ならびに南京市雨花茶手もみ・焙煎技術競技大会」が同日、同市の鍾山風景区で開催された。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020052602109

    青島市で「嶗山茶闘茶大会」開催茶職人が伝統技を披露  21日、会場で手作業による伝統的な製茶の技法で茶をつくる選手たち。中国は茶の原産地であり、世界で最も早く茶葉を発見し、利用し始めた国でもある。国連食糧農業機関(FAO)商品問題委員会第72回会議(2019年12月)で、毎年の5月21日を「国際お茶の日」とすることが全会一致で可決された。中国山東省青島市で21日、「2020年度嶗山(ろうざん)茶闘茶大会」の決勝戦が行われ、製茶関連業界で働く選手100人余りが茶づくりや茶芸などの腕前を競い合った。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020052601895

    茶職人が技競う雨花茶手もみ・焙煎技術大会開催江蘇省  21日、会場で手もみの技を披露する選手。21日は国連が定めた最初の「国際お茶の日」にあたる。無形文化遺産の「雨花茶の製造技術」を伝承し、雨花茶職人の技術向上を図るため、中国江蘇省茶葉学会、南京市農業農村局、中山陵園管理局が共催する「2020江蘇省手もみ・焙煎ならびに南京市雨花茶手もみ・焙煎技術競技大会」が同日、同市の鍾山風景区で開催された。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020052601834

    茶職人が技競う雨花茶手もみ・焙煎技術大会開催江蘇省  21日、会場で手もみの技を競い合う選手たち。21日は国連が定めた最初の「国際お茶の日」にあたる。無形文化遺産の「雨花茶の製造技術」を伝承し、雨花茶職人の技術向上を図るため、中国江蘇省茶葉学会、南京市農業農村局、中山陵園管理局が共催する「2020江蘇省手もみ・焙煎ならびに南京市雨花茶手もみ・焙煎技術競技大会」が同日、同市の鍾山風景区で開催された。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020052601880

    茶職人が技競う雨花茶手もみ・焙煎技術大会開催江蘇省  21日、会場で雨花茶を入れる茶芸師。21日は国連が定めた最初の「国際お茶の日」にあたる。無形文化遺産の「雨花茶の製造技術」を伝承し、雨花茶職人の技術向上を図るため、中国江蘇省茶葉学会、南京市農業農村局、中山陵園管理局が共催する「2020江蘇省手もみ・焙煎ならびに南京市雨花茶手もみ・焙煎技術競技大会」が同日、同市の鍾山風景区で開催された。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020052601940

    青島市で「嶗山茶闘茶大会」開催茶職人が伝統技を披露  21日、会場で手作業による伝統的な製茶の技法で茶をつくる選手たち。中国は茶の原産地であり、世界で最も早く茶葉を発見し、利用し始めた国でもある。国連食糧農業機関(FAO)商品問題委員会第72回会議(2019年12月)で、毎年の5月21日を「国際お茶の日」とすることが全会一致で可決された。中国山東省青島市で21日、「2020年度嶗山(ろうざん)茶闘茶大会」の決勝戦が行われ、製茶関連業界で働く選手100人余りが茶づくりや茶芸などの腕前を競い合った。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020052601944

    青島市で「嶗山茶闘茶大会」開催茶職人が伝統技を披露  21日、会場で手作業による伝統的な製茶の技法で茶をつくる選手たち。中国は茶の原産地であり、世界で最も早く茶葉を発見し、利用し始めた国でもある。国連食糧農業機関(FAO)商品問題委員会第72回会議(2019年12月)で、毎年の5月21日を「国際お茶の日」とすることが全会一致で可決された。中国山東省青島市で21日、「2020年度嶗山(ろうざん)茶闘茶大会」の決勝戦が行われ、製茶関連業界で働く選手100人余りが茶づくりや茶芸などの腕前を競い合った。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020052602116

    青島市で「嶗山茶闘茶大会」開催茶職人が伝統技を披露  21日、会場で手作業による伝統的な製茶の技法で茶をつくる選手たち。中国は茶の原産地であり、世界で最も早く茶葉を発見し、利用し始めた国でもある。国連食糧農業機関(FAO)商品問題委員会第72回会議(2019年12月)で、毎年の5月21日を「国際お茶の日」とすることが全会一致で可決された。中国山東省青島市で21日、「2020年度嶗山(ろうざん)茶闘茶大会」の決勝戦が行われ、製茶関連業界で働く選手100人余りが茶づくりや茶芸などの腕前を競い合った。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020052602114

    青島市で「嶗山茶闘茶大会」開催茶職人が伝統技を披露  21日、会場で手作業による伝統的な製茶の技法で茶をつくる選手たち。中国は茶の原産地であり、世界で最も早く茶葉を発見し、利用し始めた国でもある。国連食糧農業機関(FAO)商品問題委員会第72回会議(2019年12月)で、毎年の5月21日を「国際お茶の日」とすることが全会一致で可決された。中国山東省青島市で21日、「2020年度嶗山(ろうざん)茶闘茶大会」の決勝戦が行われ、製茶関連業界で働く選手100人余りが茶づくりや茶芸などの腕前を競い合った。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020052602149

    青島市で「嶗山茶闘茶大会」開催茶職人が伝統技を披露  21日、会場で手作業による伝統的な製茶の技法で茶をつくる選手たち。中国は茶の原産地であり、世界で最も早く茶葉を発見し、利用し始めた国でもある。国連食糧農業機関(FAO)商品問題委員会第72回会議(2019年12月)で、毎年の5月21日を「国際お茶の日」とすることが全会一致で可決された。中国山東省青島市で21日、「2020年度嶗山(ろうざん)茶闘茶大会」の決勝戦が行われ、製茶関連業界で働く選手100人余りが茶づくりや茶芸などの腕前を競い合った。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像