検索結果 23,514 件中 1 件 〜 50
  1. 2020022601122

    米国の農地体験記で道筋  「自己形成する入り口のところで畑に放り出されたから、底がぽっかり抜けている。今でも形成できていません、恐らく」と話す石川好さん 甲乙A「学芸=ハーベストタイム」(ア)

  2. 2020022601119

    米国の農地体験記で道筋  「自己形成する入り口のところで畑に放り出されたから、底がぽっかり抜けている。今でも形成できていません、恐らく」と話す石川好さん 甲乙A「学芸=ハーベストタイム」(ア)

  3. 2020101701586

    なると金時、世界の食卓へ 作業する藤原俊茂さん  なると金時の貯蔵庫で作業する農家ソムリエーず代表の藤原俊茂さん 「四国トピックス」

  4. 2020101701576

    なると金時、世界の食卓へ 藤原俊茂さん  なると金時の輸出拡大に取り組む農家ソムリエーず代表の藤原俊茂さん 「四国トピックス」

  5. 2020101602515

    「宇宙大豆」収穫真っ盛り 枝豆を抱える石井好一さん  収穫した「宇宙大豆」の枝豆を抱える石井好一さん=8日、相模原市

  6. 2020101601053

    暑さに強い新コシヒカリ NU1号手に取る三ツ井氏  収穫された新品種「コシヒカリ新潟大学NU1号」を手に取る新潟大の三ツ井敏明教授=1日、新潟市 「NEWSパーク」

  7. 2020101900910

    農業実験ステーションで開放日のイベント河北省邯鄲市  16日、アワの実験栽培場で生徒らに農業知識を教える中国農業大学曲周実験ステーションの留学生。中国河北省邯鄲(かんたん)市曲周県にある中国農業大学曲周実験ステーションで16日、世界食料デーに合わせ、農業開放日のイベントが実施された。ステーションを訪れた児童・生徒らは、農業科学技術の知識を学び、食糧を大切にする意識を高めた。(邯鄲=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020101900863

    収穫期迎えたミカンの里浙江省建徳市  16日、熟したミカンを摘み取る建徳市松蜜果樹園基地の果物農家。中国浙江省建徳市三都鎮ではこのところ、2万8千ムー(約1867ヘクタール)のミカン畑が収穫期を迎え、山いっぱいに黄金色のミカンが輝く美しい秋の風景が広がっている。同鎮はミカンの年間生産量が6万トンを超え、計6カ所の収穫拠点があり、毎年約20万人がミカン狩りで訪れている。(建徳=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020101900833

    山東省濰坊市、海水稲1ムー当たりの収穫量が500キロ以上に  16日、濰坊市寒亭区の海水稲三産融合モデル基地で収穫量を測定する専門家。中国山東省濰坊市寒亭区の海水稲三産融合モデル基地で16日、中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いる青島海水稲科学研究チームが開発した耐塩アルカリ水稲(海水稲)の収穫量測定が行われた。同基地の5万ムー(約33平方キロ)の海水稲は1ムー(約667平方メートル)当たりの平均収穫量が625・3キロに達した。(濰坊=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020101900794

    天山山麓に輝く黄金色の稲穂新疆ウイグル自治区  16日、新疆農業科学院オンスー水稲試験ステーションで、収穫したイネを袋詰めするスタッフ。中国新疆ウイグル自治区アクス地区オンスー県は天山山脈南麓に位置し、同自治区のイネの主要生産地の一つとなっている。同県では11万8千ムー(約7900ヘクタール)以上の水田が次々と収穫期を迎え、稲穂が黄金色に輝く美しい景色が広がっている。地元では農家が稲刈りを行い、コメ加工企業が収穫したコメの買い取りや加工作業を進めている。(オンスー=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020101900636

    山東省濰坊市、海水稲1ムー当たりの収穫量が500キロ以上に  16日、濰坊市寒亭区の海水稲三産融合モデル基地で測定用の稲を収穫する農家。中国山東省濰坊市寒亭区の海水稲三産融合モデル基地で16日、中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いる青島海水稲科学研究チームが開発した耐塩アルカリ水稲(海水稲)の収穫量測定が行われた。同基地の5万ムー(約33平方キロ)の海水稲は1ムー(約667平方メートル)当たりの平均収穫量が625・3キロに達した。(濰坊=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020101900690

    天山山麓に輝く黄金色の稲穂新疆ウイグル自治区  16日、新疆ウイグル自治区アクス地区オンスー県で、コンバインを使ってイネを収穫する農家。中国新疆ウイグル自治区アクス地区オンスー県は天山山脈南麓に位置し、同自治区のイネの主要生産地の一つとなっている。同県では11万8千ムー(約7900ヘクタール)以上の水田が次々と収穫期を迎え、稲穂が黄金色に輝く美しい景色が広がっている。地元では農家が稲刈りを行い、コメ加工企業が収穫したコメの買い取りや加工作業を進めている。(オンスー=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020101900661

    収穫期迎えたミカンの里浙江省建徳市  16日、熟したミカンを摘み取る建徳市松蜜果樹園基地の果物農家。中国浙江省建徳市三都鎮ではこのところ、2万8千ムー(約1867ヘクタール)のミカン畑が収穫期を迎え、山いっぱいに黄金色のミカンが輝く美しい秋の風景が広がっている。同鎮はミカンの年間生産量が6万トンを超え、計6カ所の収穫拠点があり、毎年約20万人がミカン狩りで訪れている。(建徳=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020101900746

    農業実験ステーションで開放日のイベント河北省邯鄲市  16日、児童らに農業知識を教える中国農業大学曲周実験ステーションの留学生。中国河北省邯鄲(かんたん)市曲周県にある中国農業大学曲周実験ステーションで16日、世界食料デーに合わせ、農業開放日のイベントが実施された。ステーションを訪れた児童・生徒らは、農業科学技術の知識を学び、食糧を大切にする意識を高めた。(邯鄲=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020101900598

    農業実験ステーションで開放日のイベント河北省邯鄲市  16日、アワの実験栽培場で生徒らに農業知識を教える中国農業大学曲周実験ステーションの留学生。中国河北省邯鄲(かんたん)市曲周県にある中国農業大学曲周実験ステーションで16日、世界食料デーに合わせ、農業開放日のイベントが実施された。ステーションを訪れた児童・生徒らは、農業科学技術の知識を学び、食糧を大切にする意識を高めた。(邯鄲=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020101900946

    山東省濰坊市、海水稲1ムー当たりの収穫量が500キロ以上に  16日、濰坊市寒亭区の海水稲三産融合モデル基地で収穫した稲を手にする農家。中国山東省濰坊市寒亭区の海水稲三産融合モデル基地で16日、中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いる青島海水稲科学研究チームが開発した耐塩アルカリ水稲(海水稲)の収穫量測定が行われた。同基地の5万ムー(約33平方キロ)の海水稲は1ムー(約667平方メートル)当たりの平均収穫量が625・3キロに達した。(濰坊=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020101900798

    収穫期迎えたミカンの里浙江省建徳市  16日、熟したミカンを摘み取る建徳市松蜜果樹園基地の果物農家。中国浙江省建徳市三都鎮ではこのところ、2万8千ムー(約1867ヘクタール)のミカン畑が収穫期を迎え、山いっぱいに黄金色のミカンが輝く美しい秋の風景が広がっている。同鎮はミカンの年間生産量が6万トンを超え、計6カ所の収穫拠点があり、毎年約20万人がミカン狩りで訪れている。(建徳=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020101900937

    収穫期迎えたミカンの里浙江省建徳市  16日、熟したミカンを摘み取る建徳市松蜜果樹園基地の果物農家。中国浙江省建徳市三都鎮ではこのところ、2万8千ムー(約1867ヘクタール)のミカン畑が収穫期を迎え、山いっぱいに黄金色のミカンが輝く美しい秋の風景が広がっている。同鎮はミカンの年間生産量が6万トンを超え、計6カ所の収穫拠点があり、毎年約20万人がミカン狩りで訪れている。(建徳=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020101900935

    天山山麓に輝く黄金色の稲穂新疆ウイグル自治区  16日、新疆ウイグル自治区アクス地区オンスー県トフラ郷でコメを運ぶ加工企業のスタッフ。中国新疆ウイグル自治区アクス地区オンスー県は天山山脈南麓に位置し、同自治区のイネの主要生産地の一つとなっている。同県では11万8千ムー(約7900ヘクタール)以上の水田が次々と収穫期を迎え、稲穂が黄金色に輝く美しい景色が広がっている。地元では農家が稲刈りを行い、コメ加工企業が収穫したコメの買い取りや加工作業を進めている。(オンスー=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020101900941

    収穫期迎えたミカンの里浙江省建徳市  16日、摘み取ったばかりのミカンを選別する建徳市松蜜果樹園基地の果物農家。中国浙江省建徳市三都鎮ではこのところ、2万8千ムー(約1867ヘクタール)のミカン畑が収穫期を迎え、山いっぱいに黄金色のミカンが輝く美しい秋の風景が広がっている。同鎮には現在、計6カ所の収穫拠点があり、年間生産量は6万トンを超え、毎年約20万人がミカン狩りで訪れている。(建徳=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020101900654

    山東省濰坊市、海水稲1ムー当たりの収穫量が500キロ以上に  16日、濰坊市寒亭区の海水稲三産融合モデル基地で収穫量を測定する専門家(左)。中国山東省濰坊市寒亭区の海水稲三産融合モデル基地で16日、中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いる青島海水稲科学研究チームが開発した耐塩アルカリ水稲(海水稲)の収穫量測定が行われた。同基地の5万ムー(約33平方キロ)の海水稲は1ムー(約667平方メートル)当たりの平均収穫量が625・3キロに達した。(濰坊=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020101900663

    山東省濰坊市、海水稲1ムー当たりの収穫量が500キロ以上に  16日、ビデオ会議で海水稲三産融合モデル基地の収穫量測定結果を聞く袁隆平氏(画面中央)。中国山東省濰坊市寒亭区の海水稲三産融合モデル基地で16日、中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いる青島海水稲科学研究チームが開発した耐塩アルカリ水稲(海水稲)の収穫量測定が行われた。同基地の5万ムー(約33平方キロ)の海水稲は1ムー(約667平方メートル)当たりの平均収穫量が625・3キロに達した。(濰坊=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020101901041

    収穫期迎えたミカンの里浙江省建徳市  16日、摘み取ったばかりのミカンを選別する建徳市松蜜果樹園基地の果物農家。中国浙江省建徳市三都鎮ではこのところ、2万8千ムー(約1867ヘクタール)のミカン畑が収穫期を迎え、山いっぱいに黄金色のミカンが輝く美しい秋の風景が広がっている。同鎮はミカンの年間生産量が6万トンを超え、計6カ所の収穫拠点があり、毎年約20万人がミカン狩りで訪れている。(建徳=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020101900758

    農業実験ステーションで開放日のイベント河北省邯鄲市  16日、アワの実験栽培場で生徒らに農業知識を教える中国農業大学曲周実験ステーションの留学生。中国河北省邯鄲(かんたん)市曲周県にある中国農業大学曲周実験ステーションで16日、世界食料デーに合わせ、農業開放日のイベントが実施された。ステーションを訪れた児童・生徒らは、農業科学技術の知識を学び、食糧を大切にする意識を高めた。(邯鄲=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020101901043

    収穫期迎えたミカンの里浙江省建徳市  16日、熟したミカンを摘み取る建徳市松蜜果樹園基地の果物農家。中国浙江省建徳市三都鎮ではこのところ、2万8千ムー(約1867ヘクタール)のミカン畑が収穫期を迎え、山いっぱいに黄金色のミカンが輝く美しい秋の風景が広がっている。同鎮はミカンの年間生産量が6万トンを超え、計6カ所の収穫拠点があり、毎年約20万人がミカン狩りで訪れている。(建徳=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020101901030

    山東省濰坊市、海水稲1ムー当たりの収穫量が500キロ以上に  16日、濰坊市寒亭区の海水稲三産融合モデル基地で収穫量を測定する専門家。中国山東省濰坊市寒亭区の海水稲三産融合モデル基地で16日、中国工程院院士(アカデミー会員)の袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いる青島海水稲科学研究チームが開発した耐塩アルカリ水稲(海水稲)の収穫量測定が行われた。同基地の5万ムー(約33平方キロ)の海水稲は1ムー(約667平方メートル)当たりの平均収穫量が625・3キロに達した。(濰坊=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020101500138

    熊本知事、治水で意見聴取 要望を聴く蒲島知事  ダム設置を求める農業団体の要望を聞く熊本県の蒲島郁夫知事=15日午前、熊本県人吉市

  28. 2020101900770

    800年の古村で秋恒例の天日干し「晒秋」浙江省建徳市  15日、トウガラシを背景に記念撮影する観光客。中国浙江省建徳市大慈岩(だいじがん)鎮の新葉古村でこのほど、収穫した農作物を屋外に並べて天日干しする「晒秋節」が行われ、トウモロコシやカボチャ、トウガラシ、甘栗など色とりどりの農作物が、軒先や中庭、池のほとり、路上に並べられた。同村は800年余りの歴史があり、村内には祠堂や塔、寺などの歴史的建築物16カ所と古民家200棟余りが良好な状態で保存されている。これらの建築物は歴史が古く、種類も豊富なため、同村は「中国明清代建築物の野外博物館」と呼ばれている。(建徳=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020101900951

    移動放牧で農業生産の発展と生態系保護を後押し甘粛省  15日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県の移動先の放牧地で、収穫後のトウモロコシの茎や葉を食べる羊。中国の祁連(きれん)山脈北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県は近年、地元の農牧民を導き、「夏~秋の自然放牧、冬~春の舎飼いまたは移動放牧」を組み合わせた近代的な農牧業の発展推進に取り組んでいる。毎年10月中旬~翌年3月中旬にかけて、50ほどの村に住む300余世帯の農牧民と10万頭(匹)余りの牛・羊が、数十キロ離れたトウモロコシの幹などが残る畑へ移動する。同自治県は、移動放牧により草原の植生を回復させ、家畜のふんや作物の茎を利用することで、農牧業の発展と生態系保護を後押ししている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020101900677

    移動放牧で農業生産の発展と生態系保護を後押し甘粛省  15日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県で、放牧地へ移動する羊の群れ。中国の祁連(きれん)山脈北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県は近年、地元の農牧民を導き、「夏~秋の自然放牧、冬~春の舎飼いまたは移動放牧」を組み合わせた近代的な畜産業の発展推進に取り組んでいる。毎年10月中旬~翌年3月中旬にかけて、50ほどの村に住む300余世帯の農牧民と10万頭(匹)余りの牛・羊が、数十キロ離れたトウモロコシの葉や皮などが残る土地へ移動する。同自治県は、移動放牧により草原の草木を休ませることで、農民の増収を推進。また、家畜のふんやわらを有効的に利用することで、生産の発展と生態系保護を後押ししている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020101900567

    800年の古村で秋恒例の天日干し「晒秋」浙江省建徳市  15日、ハスの葉が一面に干された「ハスの葉横丁」で記念撮影する観光客。中国浙江省建徳市大慈岩(だいじがん)鎮の新葉古村でこのほど、収穫した農作物を屋外に並べて天日干しする「晒秋節」が行われ、トウモロコシやカボチャ、トウガラシ、甘栗など色とりどりの農作物が、軒先や中庭、池のほとり、路上に並べられた。同村は800年余りの歴史があり、村内には祠堂や塔、寺などの歴史的建築物16カ所と古民家200棟余りが良好な状態で保存されている。これらの建築物は歴史が古く、種類も豊富なため、同村は「中国明清代建築物の野外博物館」と呼ばれている。(建徳=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020101900573

    実りの秋黒竜江省で稲刈りが本格化  15日、黒竜江省の三江平原にある紅衛農場の田んぼで、稲の収穫作業を行うコンバイン。中国黒竜江省の各地ではこのところ、稲の収穫が最盛期を迎えており、田んぼではコンバインのエンジン音が響き渡っていた。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020101900931

    800年の古村で秋恒例の天日干し「晒秋」浙江省建徳市  15日、「トウモロコシ横丁」にトウモロコシを干す新葉古村の村民。中国浙江省建徳市大慈岩(だいじがん)鎮の新葉古村でこのほど、収穫した農作物を屋外に並べて天日干しする「晒秋節」が行われ、トウモロコシやカボチャ、トウガラシ、甘栗など色とりどりの農作物が、軒先や中庭、池のほとり、路上に並べられた。同村は800年余りの歴史があり、村内には祠堂や塔、寺などの歴史的建築物16カ所と古民家200棟余りが良好な状態で保存されている。これらの建築物は歴史が古く、種類も豊富なため、同村は「中国明清代建築物の野外博物館」と呼ばれている。(建徳=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020101900691

    800年の古村で秋恒例の天日干し「晒秋」浙江省建徳市  15日、古民家の壁に並べられたトウガラシ。中国浙江省建徳市大慈岩(だいじがん)鎮の新葉古村でこのほど、収穫した農作物を屋外に並べて天日干しする「晒秋節」が行われ、トウモロコシやカボチャ、トウガラシ、甘栗など色とりどりの農作物が、軒先や中庭、池のほとり、路上に並べられた。同村は800年余りの歴史があり、村内には祠堂や塔、寺などの歴史的建築物16カ所と古民家200棟余りが良好な状態で保存されている。これらの建築物は歴史が古く、種類も豊富なため、同村は「中国明清代建築物の野外博物館」と呼ばれている。(建徳=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020101900983

    実りの秋黒竜江省で稲刈りが本格化  15日、黒竜江省の三江平原にある紅衛農場の田んぼで、稲の収穫作業を行う自動運転コンバイン。中国黒竜江省の各地ではこのところ、稲の収穫が最盛期を迎えており、田んぼではコンバインのエンジン音が響き渡っていた。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020101900793

    800年の古村で秋恒例の天日干し「晒秋」浙江省建徳市  15日、新葉古村の池のほとりにびっしりと並んだトウガラシとトウモロコシ。中国浙江省建徳市大慈岩(だいじがん)鎮の新葉古村でこのほど、収穫した農作物を屋外に並べて天日干しする「晒秋節」が行われ、トウモロコシやカボチャ、トウガラシ、甘栗など色とりどりの農作物が、軒先や中庭、池のほとり、路上に並べられた。同村は800年余りの歴史があり、村内には祠堂や塔、寺などの歴史的建築物16カ所と古民家200棟余りが良好な状態で保存されている。これらの建築物は歴史が古く、種類も豊富なため、同村は「中国明清代建築物の野外博物館」と呼ばれている。(建徳=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020101900796

    800年の古村で秋恒例の天日干し「晒秋」浙江省建徳市  15日、古民家の壁に並べられたトウガラシとトウモロコシ。中国浙江省建徳市大慈岩(だいじがん)鎮の新葉古村でこのほど、収穫した農作物を屋外に並べて天日干しする「晒秋節」が行われ、トウモロコシやカボチャ、トウガラシ、甘栗など色とりどりの農作物が、軒先や中庭、池のほとり、路上に並べられた。同村は800年余りの歴史があり、村内には祠堂や塔、寺などの歴史的建築物16カ所と古民家200棟余りが良好な状態で保存されている。これらの建築物は歴史が古く、種類も豊富なため、同村は「中国明清代建築物の野外博物館」と呼ばれている。(建徳=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020101900816

    実りの秋黒竜江省で稲刈りが本格化  15日、黒竜江省の三江平原にある紅衛農場の田んぼで、稲の収穫作業を行うコンバイン。中国黒竜江省の各地ではこのところ、稲の収穫が最盛期を迎えており、田んぼではコンバインのエンジン音が響き渡っていた。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020101900621

    移動放牧で農業生産の発展と生態系保護を後押し甘粛省  15日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県で、放牧地へ移動する羊の群れ。中国の祁連(きれん)山脈北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県は近年、地元の農牧民を導き、「夏~秋の自然放牧、冬~春の舎飼いまたは移動放牧」を組み合わせた近代的な畜産業の発展推進に取り組んでいる。毎年10月中旬~翌年3月中旬にかけて、50ほどの村に住む300余世帯の農牧民と10万頭(匹)余りの牛・羊が、数十キロ離れたトウモロコシの葉や皮などが残る土地へ移動する。同自治県は、移動放牧により草原の草木を休ませることで、農民の増収を推進。また、家畜のふんやわらを有効的に利用することで、生産の発展と生態系保護を後押ししている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020101900671

    移動放牧で農業生産の発展と生態系保護を後押し甘粛省  15日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県で、放牧地へ移動する羊の群れ。中国の祁連(きれん)山脈北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県は近年、地元の農牧民を導き、「夏~秋の自然放牧、冬~春の舎飼いまたは移動放牧」を組み合わせた近代的な畜産業の発展推進に取り組んでいる。毎年10月中旬~翌年3月中旬にかけて、50ほどの村に住む300余世帯の農牧民と10万頭(匹)余りの牛・羊が、数十キロ離れたトウモロコシの葉や皮などが残る土地へ移動する。同自治県は、移動放牧により草原の草木を休ませることで、農民の増収を推進。また、家畜のふんやわらを有効的に利用することで、生産の発展と生態系保護を後押ししている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020101900680

    移動放牧で農業生産の発展と生態系保護を後押し甘粛省  15日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県で、放牧地へ移動する羊の群れ。中国の祁連(きれん)山脈北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県は近年、地元の農牧民を導き、「夏~秋の自然放牧、冬~春の舎飼いまたは移動放牧」を組み合わせた近代的な畜産業の発展推進に取り組んでいる。毎年10月中旬~翌年3月中旬にかけて、50ほどの村に住む300余世帯の農牧民と10万頭(匹)余りの牛・羊が、数十キロ離れたトウモロコシの葉や皮などが残る土地へ移動する。同自治県は、移動放牧により草原の草木を休ませることで、農民の増収を推進。また、家畜のふんやわらを有効的に利用することで、生産の発展と生態系保護を後押ししている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020101900824

    移動放牧で農業生産の発展と生態系保護を後押し甘粛省  15日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県の移動先の放牧地で、収穫後のトウモロコシの茎や葉を食べる羊。中国の祁連(きれん)山脈北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県は近年、地元の農牧民を導き、「夏~秋の自然放牧、冬~春の舎飼いまたは移動放牧」を組み合わせた近代的な農牧業の発展推進に取り組んでいる。毎年10月中旬~翌年3月中旬にかけて、50ほどの村に住む300余世帯の農牧民と10万頭(匹)余りの牛・羊が、数十キロ離れたトウモロコシの幹などが残る畑へ移動する。同自治県は、移動放牧により草原の植生を回復させ、家畜のふんや作物の茎を利用することで、農牧業の発展と生態系保護を後押ししている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020101900812

    実りの秋黒竜江省で稲刈りが本格化  15日、黒竜江省の三江平原にある紅衛農場の田んぼで、稲の収穫作業を行う自動運転コンバイン。中国黒竜江省の各地ではこのところ、稲の収穫が最盛期を迎えており、田んぼではコンバインのエンジン音が響き渡っていた。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020101900804

    800年の古村で秋恒例の天日干し「晒秋」浙江省建徳市  15日、実を付けた新葉古村の柿の木。中国浙江省建徳市大慈岩(だいじがん)鎮の新葉古村でこのほど、収穫した農作物を屋外に並べて天日干しする「晒秋節」が行われ、トウモロコシやカボチャ、トウガラシ、甘栗など色とりどりの農作物が、軒先や中庭、池のほとり、路上に並べられた。同村は800年余りの歴史があり、村内には祠堂や塔、寺などの歴史的建築物16カ所と古民家200棟余りが良好な状態で保存されている。これらの建築物は歴史が古く、種類も豊富なため、同村は「中国明清代建築物の野外博物館」と呼ばれている。(建徳=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020101901035

    移動放牧で農業生産の発展と生態系保護を後押し甘粛省  15日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県で、放牧地へ移動する羊の群れ。中国の祁連(きれん)山脈北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県は近年、地元の農牧民を導き、「夏~秋の自然放牧、冬~春の舎飼いまたは移動放牧」を組み合わせた近代的な畜産業の発展推進に取り組んでいる。毎年10月中旬~翌年3月中旬にかけて、50ほどの村に住む300余世帯の農牧民と10万頭(匹)余りの牛・羊が、数十キロ離れたトウモロコシの葉や皮などが残る土地へ移動する。同自治県は、移動放牧により草原の草木を休ませることで、農民の増収を推進。また、家畜のふんやわらを有効的に利用することで、生産の発展と生態系保護を後押ししている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020101900725

    ハヤトウリの収穫作業に勤しむ農家の人々貴州省恵水県  14日、恵水県弄苑村の作業場で、ハヤトウリを袋詰めする農家の人。中国貴州省黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州恵水県はここ数年、農業の産業構造を調整し、ハヤトウリ産業の発展に力を入れている。現在、同県のハヤトウリの栽培面積は5万2千ムー(約3467ヘクタール)に上り、約1万2千世帯の農家に増収をもたらしている。(恵水=新華社記者/陶亮)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020101900655

    飼料用トウモロコシ栽培が増収を後押し河北省唐山市  14日、唐山市豊潤区李虎荘村で、コンバインを使って飼料用トウモロコシを収穫する農家。中国河北省唐山市豊潤区ではここ数年、農業の構造調整を進めながら、企業と農家を結び付けた経営管理モデルを取り入れ、地元農家の飼料用トウモロコシ栽培を後押しするとともに、市場ニーズに合わせた注文栽培モデルを普及させ、農家に収入増をもたらす新たな道を切り開いている。区内の飼料用トウモロコシの栽培面積は現在、4万ムー(約2700ヘクタール)以上で、農家3千世帯以上が収入増を実現している。(唐山=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020101900575

    ハヤトウリの収穫作業に勤しむ農家の人々貴州省恵水県  14日、恵水県弄苑村の畑で、ハヤトウリの収穫作業に励む農家の人。中国貴州省黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州恵水県はここ数年、農業の産業構造を調整し、ハヤトウリ産業の発展に力を入れている。現在、同県のハヤトウリの栽培面積は5万2千ムー(約3467ヘクタール)に上り、約1万2千世帯の農家に増収をもたらしている。(恵水=新華社記者/陶亮)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020101602609

    第10回農業Week(幕張メッセ)で展示された害虫除けLED照明  害虫除けのLED照明「害虫くん退散1号」。害虫が活動しにくい波長の光で、虫を寄せ付けない仕組み。=2020(令和2)年10月14日、千葉県千葉市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ 「日本農業新聞」

  50. 2020101602611

    第10回農業Week(幕張メッセ)で展示されたスマート農機  ドローンメーカーのXAG JAPANが発表した、農薬散布や収穫物の運搬を自動で行う農業用無人車「R150」=2020(令和2)年10月14日、千葉県千葉市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ 「日本農業新聞」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像