検索結果 20 件中 1 件 〜 20 件 "陝西省漢中市"
  1. 2020081205410

    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県  3日、洋県紙坊街道草壩村の黄金梨農園からライブ配信する劉小剛(りゅう・しょうごう)さん夫婦。中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020081205412

    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県  3日、洋県紙坊街道草壩村の黄金梨農園からライブ配信する劉小剛(りゅう・しょうごう)さん夫婦。中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020081205379

    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県  2日、漢中市洋県茅坪鎮茅坪村の村民と一緒に写真に収まる野生のキンシコウ。同県ではジャイアントパンダやキンシコウが村を「訪問」することが度々あるため、地元の人々の野生動物保護に対する意識は比較的高く、人間と動物との共生を実現している。中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020081205488

    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県  洋県紙坊街道周家坎村の水田脇を電動バイクで通過する村民。近くにはトキが飛んでいる。(7月31日撮影)中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020081205389

    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県  水田の除草作業をする洋県紙坊街道周家坎村の村民。(7月31日撮影)中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020081205466

    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県  洋県紙坊街道周家坎村の水田で、殺虫灯の効果を調査する同県農業技術普及センターの技術員、陸小成(りく・しょうせい)さん(右)と白瑾(はく・きん)さん。(7月15日撮影)中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020081205386

    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県  水田に設置した捕虫器を点検する洋県紙坊街道草壩村の村民。同県農業技術普及センターはここ数年、トキ保護区の水田に捕虫器と殺虫灯計3千組(台)を設置。虫の生態を利用した物理的防虫技術を全面的に採用し、トキの生存環境を効果的に保護している。(7月15日撮影)中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020081205312

    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県  モモ園で春の耕作に励む洋県竜亭鎮柳山村の村民。同県では現在、7496ムー(約500ヘクタール)でナシ、モモ、キウイフルーツ、ミカンを代表とする有機果物を栽培しており、市場の人気商品となっている。(3月22日撮影)中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2019032000089

    サクランボの花が満開陝西省西郷県  14日、サクランボの花が満開となった陝西省漢中市西郷県の桜桃溝。中国陝西省漢中市西郷(せいきょう)県の桜桃溝でこのほど、サクランボ(桜桃)の花が満開となり、花見に訪れた多くの観光客でにぎわっている。同県ではサクランボの栽培面積が約2万ムー(約1333ヘクタール)となっており、毎年春になるとサクランボの花が次々と咲き乱れ、地元の美しい観光スポットになっている。(西郷=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2019032000168

    サクランボの花が満開陝西省西郷県  14日、陝西省漢中市西郷県の桜桃溝で花見をする観光客。中国陝西省漢中市西郷(せいきょう)県の桜桃溝でこのほど、サクランボ(桜桃)の花が満開となり、花見に訪れた多くの観光客でにぎわっている。同県ではサクランボの栽培面積が約2万ムー(約1333ヘクタール)となっており、毎年春になるとサクランボの花が次々と咲き乱れ、地元の美しい観光スポットになっている。(西郷=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2019032000170

    サクランボの花が満開陝西省西郷県  14日、陝西省漢中市西郷県の桜桃溝で花見をする観光客。中国陝西省漢中市西郷(せいきょう)県の桜桃溝でこのほど、サクランボ(桜桃)の花が満開となり、花見に訪れた多くの観光客でにぎわっている。同県ではサクランボの栽培面積が約2万ムー(約1333ヘクタール)となっており、毎年春になるとサクランボの花が次々と咲き乱れ、地元の美しい観光スポットになっている。(西郷=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2019032000263

    サクランボの花が満開陝西省西郷県  14日、サクランボの花が満開となった陝西省漢中市西郷県の桜桃溝。中国陝西省漢中市西郷(せいきょう)県の桜桃溝でこのほど、サクランボ(桜桃)の花が満開となり、花見に訪れた多くの観光客でにぎわっている。同県ではサクランボの栽培面積が約2万ムー(約1333ヘクタール)となっており、毎年春になるとサクランボの花が次々と咲き乱れ、地元の美しい観光スポットになっている。(西郷=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2019032000116

    サクランボの花が満開陝西省西郷県  14日、陝西省漢中市西郷県の桜桃溝で花見をする観光客。中国陝西省漢中市西郷(せいきょう)県の桜桃溝でこのほど、サクランボ(桜桃)の花が満開となり、花見に訪れた多くの観光客でにぎわっている。同県ではサクランボの栽培面積が約2万ムー(約1333ヘクタール)となっており、毎年春になるとサクランボの花が次々と咲き乱れ、地元の美しい観光スポットになっている。(西郷=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2019031502122

    食用キノコ栽培で収入増加陝西省西郷県  13日、陝西省漢中市西郷県の地元企業、午子農業が運営する食用キノコ栽培基地で収穫したサケツバタケを箱詰めする従業員。中国陝西省漢中市西郷(せいきょう)県はここ数年、農業生産構造の調整を積極的に行い、食用キノコ産業の発展に力を入れ、「企業+専業合作社(共同組合)+生産基地+農家」というビジネスモデルを普及させている。企業が貧困家庭と直接契約を結び、原材料と技術を提供して定期的にキノコを回収する方式をとることで、農民の収入増加の一助となっている。(西郷=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2019031502123

    食用キノコ栽培で収入増加陝西省西郷県  13日、陝西省漢中市西郷県の地元企業、漢中富林生態農林開発が運営する食用キノコ栽培基地で、キクラゲを収穫する従業員。中国陝西省漢中市西郷(せいきょう)県はここ数年、農業生産構造の調整を積極的に行い、食用キノコ産業の発展に力を入れ、「企業+専業合作社(共同組合)+生産基地+農家」というビジネスモデルを普及させている。企業が貧困家庭と直接契約を結び、原材料と技術を提供して定期的にキノコを回収する方式をとることで、農民の収入増加の一助となっている。(西郷=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2019031502118

    食用キノコ栽培で収入増加陝西省西郷県  13日、陝西省漢中市西郷県の地元企業、漢中富林生態農林開発が運営する食用キノコ栽培基地で、キクラゲを収穫する従業員。中国陝西省漢中市西郷(せいきょう)県はここ数年、農業生産構造の調整を積極的に行い、食用キノコ産業の発展に力を入れ、「企業+専業合作社(共同組合)+生産基地+農家」というビジネスモデルを普及させている。企業が貧困家庭と直接契約を結び、原材料と技術を提供して定期的にキノコを回収する方式をとることで、農民の収入増加の一助となっている。(西郷=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2018032301065

    一面に広がる黄色いじゅうたん陝西省漢中市で菜の花が見頃  22日、朝霧の漢中市南鄭県新集鎮の菜の花畑と農家。中国陝西省の漢中盆地では近ごろ、7万ヘクタールを超える菜の花畑が満開を迎え、黄色の菜の花と緑色の麦の苗が美しい景色を作り出した。(漢中=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2018032301112

    一面に広がる黄色いじゅうたん陝西省漢中市で菜の花が見頃  22日早朝、漢中市南鄭県新集鎮の農家の菜の花畑の上空を飛ぶ小鳥。中国陝西省の漢中盆地では近ごろ、7万ヘクタールを超える菜の花畑が満開を迎え、黄色の菜の花と緑色の麦の苗が美しい景色を作り出した。(漢中=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2018020500896

    トキの保護で貧困を脱却した洋県の村  2017年8月16日に上空から撮影した陝西省漢中市洋県草壩(ハ)村の黒米生産基地。草壩村には、村全体で有機栽培をする田んぼが2300ムー(1ムー=約667平方メートル)、アブラナ生産基地が4600ムー、サクランボ畑が300ムーある。年間生産量は有機栽培米が800トン強、菜種油・ごま油が260トン、高品質野菜が500トン強と、複数の作物を並行して有機栽培することで良好な発展を続けている。【新華社西安】中国・長江最大の支流である漢江(かんこう)上流の秦嶺山脈と大巴山脈一帯に位置する秦巴山区は、中国で特に貧しい地区として国家に指定されている広域特殊困難地区の一つ。1600人を超える村の人たちと同様、1980年代に村一帯が国からトキ保護区の中心地域に指定されたときは「トキの保護なんて村民の生活が成り立たなくなってしまう」と思った。だが今は「トキのふるさと」である美しい山河が、村民の収入を増やし、富をもたらす「黄金の鍵」となっている。(新華社記者/陶明)  =2017(平成29)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2018020500886

    トキの保護で貧困を脱却した洋県の村  2017年8月16日、陝西省漢中市洋県草壩(ハ)村の梨園で梨狩りをする観光客。草壩村には、3800ムー(1ムー=約667平方メートル)に及ぶ認証を受けた有機栽培梨の果樹園があり、1ムー当たりの産出額は600万元(1元=約17円)に上る。【新華社西安】中国・長江最大の支流である漢江(かんこう)上流の秦嶺山脈と大巴山脈一帯に位置する秦巴山区は、中国で特に貧しい地区として国家に指定されている広域特殊困難地区の一つ。1600人を超える村の人たちと同様、1980年代に村一帯が国からトキ保護区の中心地域に指定されたときは「トキの保護なんて村民の生活が成り立たなくなってしまう」と思った。だが今は「トキのふるさと」である美しい山河が、村民の収入を増やし、富をもたらす「黄金の鍵」となっている。(新華社記者/陶明)=2017(平成29)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像