検索結果 17,703 件中 1 件 〜 50
  1. 2020033000005

    「NEWSパーク」 無農薬米を子どもの給食に  無農薬で育てたニンジンを持つ、くりのみ園の理事長の島津隆雄さん(左端)ら=17日、長野県小布施町

  2. 2020033004526

    「新華社」 パイナップルの収穫が本格化広東省  27日、広東省湛江市徐聞県曲界鎮韓宅村でパイナップルを収穫する村民。中国広東省湛江市徐聞県のパイナップル農場が収穫期を迎えた。同県はパイナップルの主要産地で、作付面積は約35万ムー(約233平方キロ)。2020年の総生産量は全国の約3分の1を占める60万トンに達する見通しだ。(湛江=新華社記者/鄧華)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2020033004610

    「新華社」 パイナップルの収穫が本格化広東省  27日、広東省湛江市徐聞県曲界鎮韓宅村でパイナップルを収穫する村民。中国広東省湛江市徐聞県のパイナップル農場が収穫期を迎えた。同県はパイナップルの主要産地で、作付面積は約35万ムー(約233平方キロ)。2020年の総生産量は全国の約3分の1を占める60万トンに達する見通しだ。(湛江=新華社記者/鄧華)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2020033004504

    「新華社」 パイナップルの収穫が本格化広東省  27日、広東省湛江市徐聞県曲界鎮韓宅村で、収穫したばかりのパイナップルを見せる村民。中国広東省湛江市徐聞県のパイナップル農場が収穫期を迎えた。同県はパイナップルの主要産地で、作付面積は約35万ムー(約233平方キロ)。2020年の総生産量は全国の約3分の1を占める60万トンに達する見通しだ。(湛江=新華社記者/鄧華)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2020033004523

    「新華社」 パイナップルの収穫が本格化広東省  27日、広東省湛江市徐聞県曲界鎮韓宅村でパイナップルを収穫する村民。中国広東省湛江市徐聞県のパイナップル農場が収穫期を迎えた。同県はパイナップルの主要産地で、作付面積は約35万ムー(約233平方キロ)。2020年の総生産量は全国の約3分の1を占める60万トンに達する見通しだ。(湛江=新華社記者/鄧華)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2020033004617

    「新華社」 パイナップルの収穫が本格化広東省  26日、広東省湛江市徐聞県にあるパイナップルの電子商取引(EC)直送拠点で仕分け作業をする従業員。中国広東省湛江市徐聞県のパイナップル農場が収穫期を迎えた。同県はパイナップルの主要産地で、作付面積は約35万ムー(約233平方キロ)。2020年の総生産量は全国の約3分の1を占める60万トンに達する見通しだ。(湛江=新華社記者/鄧華)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2020032900398

    「新華社」 中国の農家、「ライブコマース」での直販に乗り出す  掘り出したばかりのタケノコを持ちながらライブ配信でファンとやり取りする農民ライブ配信者の葉軍生(よう・ぐんせい)さん。中国江西省上饒(じょうじょう)市万年県の山奥にある大源鎮大源村に住む葉さんは、広さ約100ムー(約6・7ヘクタール)の竹林を所有する。(資料写真)中国では、農家はこれまで生産に従事するだけだったが、サプライチェーンの川下に当たる販売にも進出するようになった。各地の政府は電子商取引(EC)の運営ノウハウを教える講座を開き、農家が新たな扉を開く手助けをしている。(南昌=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2020033004508

    「新華社」 イリ河谷で春の耕作始まる新疆ウイグル自治区  25日、チャプチャル・シベ自治県堆斉牛録郷で肥料を準備する農家。中国新疆ウイグル自治区のイリ河谷ではこのところ、気温の上昇に伴い、地元の栽培農家が春の耕作に取り組んでいる。(チャプチャル=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2020033004420

    「新華社」 イリ河谷で春の耕作始まる新疆ウイグル自治区  25日、チャプチャル・シベ自治県堆斉牛録郷でテンサイの種をまく衛星ナビゲーション自動運転播種機。中国新疆ウイグル自治区のイリ河谷ではこのところ、気温の上昇に伴い、地元の栽培農家が春の耕作に取り組んでいる。(チャプチャル=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2020033004471

    「新華社」 春の風物詩、ブドウのつるの掘り出し始まる寧夏回族自治区  24日、寧夏回族自治区銀川市の西夏王優良ブドウモデルパークでブドウ棚の下からつるを掘り出す農民。中国寧夏回族自治区銀川市の賀蘭山東麓では気温の上昇に伴い、良質なブドウを生産している各栽培拠点で、ブドウのつるを土から掘り出す作業が始まった。同地では毎年冬につるを土に埋め、春に掘り出す栽培方法を取っており、掘り出し作業はブドウの1年間の成長が始まったことを意味する。(銀川=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2020033004395

    「新華社」 春の風物詩、ブドウのつるの掘り出し始まる寧夏回族自治区  24日、寧夏回族自治区銀川市の西夏王優良ブドウモデルパークでブドウ棚の下からつるを掘り出す農民。中国寧夏回族自治区銀川市の賀蘭山東麓では気温の上昇に伴い、良質なブドウを生産している各栽培拠点で、ブドウのつるを土から掘り出す作業が始まった。同地では毎年冬につるを土に埋め、春に掘り出す栽培方法を取っており、掘り出し作業はブドウの1年間の成長が始まったことを意味する。(銀川=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2020033004401

    「新華社」 春の風物詩、ブドウのつるの掘り出し始まる寧夏回族自治区  24日、寧夏回族自治区銀川市の西夏王優良ブドウモデルパークでブドウ棚の下からつるを掘り出す農民。中国寧夏回族自治区銀川市の賀蘭山東麓では気温の上昇に伴い、良質なブドウを生産している各栽培拠点で、ブドウのつるを土から掘り出す作業が始まった。同地では毎年冬につるを土に埋め、春に掘り出す栽培方法を取っており、掘り出し作業はブドウの1年間の成長が始まったことを意味する。(銀川=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2020033004466

    「新華社」 春の風物詩、ブドウのつるの掘り出し始まる寧夏回族自治区  24日、寧夏回族自治区銀川市の西夏王優良ブドウモデルパークで農機を使ってブドウのつるを掘り出す農民。中国寧夏回族自治区銀川市の賀蘭山東麓では気温の上昇に伴い、良質なブドウを生産している各栽培拠点で、ブドウのつるを土から掘り出す作業が始まった。同地では毎年冬につるを土に埋め、春に掘り出す栽培方法を取っており、掘り出し作業はブドウの1年間の成長が始まったことを意味する。(銀川=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2020032609083

    「新華社」 中国、ミャンマーの発展に特別基金670万ドル提供  23日、ミャンマーの首都ネピドーで、2020年瀾滄江・メコン川協力特別基金ミャンマープロジェクト協力協定の調印式であいさつするミャンマーのソー・ハン外務次官。2020年瀾滄江・メコン川協力特別基金ミャンマープロジェクト協力協定の調印式が23日、ミャンマーの首都ネピドーで行われた。協定によると、中国はミャンマーに670万ドル(1ドル=約111円)余りの瀾滄江・メコン川協力特別基金を提供し、農業、教育、情報技術など多分野にわたる民衆に恩恵をもたらす22のプロジェクトの発展を後押しする。(ネピドー=新華社記者/張東強)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2020032900382

    「新華社」 ラベンダー畑で農作業をする人々新疆ウイグル自治区  23日、新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州霍城県芦草溝鎮四宮村の畑で作業する農家。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州霍城(かくじょう)県のラベンダー畑では現在、多くの農家が慌ただしく作業をしている。イリ河谷は「中国のラベンダーの里」と呼ばれ、中でも霍城県のラベンダー栽培面積は5万6千ムー(約3733ヘクタール)以上に達し、イリ河谷の栽培面積全体の8割以上を占めている。(霍城=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2020033004533

    「新華社」 スイミツトウの里で桃の花が満開江蘇省無錫市  23日、中国の「スイミツトウ(水蜜桃)の里」江蘇省無錫市恵山区陽山鎮の夕景色。中国江蘇省無錫市恵山区の陽山鎮では春を迎え、数万ムー(1ムー=約667平方メートル)の桃の花が満開となってピンクの花の海が広がり、夢のような幻想的風景を見せている。同鎮は中国で有名な「スイミツトウ(水蜜桃)の里」で、スイミツトウ栽培に700年以上の歴史を持つ。昨年の総生産量は2万トン余り、生産額は6億3千万元(1元=約16円)に達している。(南京=新華社配信/周海青)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2020032609058

    「新華社」 活気取り戻した温室観光客が果物狩り満喫雲南省昆明市  23日、イチゴ狩りを楽しむ観光客。新型コロナウイルスの感染状況が徐々に好転するにつれて、中国雲南省昆明市富民県にある雲南省農業科学院の温室「高級温室果物・野菜の高効率・優良栽培技術モデル基地」ではこのところ、以前の活気を取り戻しつつあり、果物狩り体験を楽しむ観光客の姿が見られた。(昆明=新華社記者/楊静)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2020032609062

    「新華社」 活気取り戻した温室観光客が果物狩り満喫雲南省昆明市  23日、イチゴを間引きする温室の管理スタッフ。新型コロナウイルスの感染状況が徐々に好転するにつれて、中国雲南省昆明市富民県にある雲南省農業科学院の温室「高級温室果物・野菜の高効率・優良栽培技術モデル基地」ではこのところ、以前の活気を取り戻しつつあり、果物狩り体験を楽しむ観光客の姿が見られた。(昆明=新華社記者/楊静)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2020032609050

    「新華社」 中国、ミャンマーの発展に特別基金670万ドル提供  23日、ミャンマーの首都ネピドーで、2020年瀾滄江・メコン川協力特別基金ミャンマープロジェクト協力協定の調印後、記念撮影に応じる中国とミャンマーの代表。2020年瀾滄江・メコン川協力特別基金ミャンマープロジェクト協力協定の調印式が23日、ミャンマーの首都ネピドーで行われた。協定によると、中国はミャンマーに670万ドル(1ドル=約111円)余りの瀾滄江・メコン川協力特別基金を提供し、農業、教育、情報技術など多分野にわたる民衆に恩恵をもたらす22のプロジェクトの発展を後押しする。(ネピドー=新華社記者/張東強)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2020032609079

    「新華社」 活気取り戻した温室観光客が果物狩り満喫雲南省昆明市  23日、イチゴ狩りを楽しむ子ども。新型コロナウイルスの感染状況が徐々に好転するにつれて、中国雲南省昆明市富民県にある雲南省農業科学院の温室「高級温室果物・野菜の高効率・優良栽培技術モデル基地」ではこのところ、以前の活気を取り戻しつつあり、果物狩り体験を楽しむ観光客の姿が見られた。(昆明=新華社記者/楊静)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2020032609101

    「新華社」 活気取り戻した温室観光客が果物狩り満喫雲南省昆明市  23日、温室内の気温を調整する管理スタッフ。新型コロナウイルスの感染状況が徐々に好転するにつれて、中国雲南省昆明市富民県にある雲南省農業科学院の温室「高級温室果物・野菜の高効率・優良栽培技術モデル基地」ではこのところ、以前の活気を取り戻しつつあり、果物狩り体験を楽しむ観光客の姿が見られた。(昆明=新華社記者/楊静)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2020032609096

    「新華社」 活気取り戻した温室観光客が果物狩り満喫雲南省昆明市  23日、温室の中で遊ぶ子どもたち。新型コロナウイルスの感染状況が徐々に好転するにつれて、中国雲南省昆明市富民県にある雲南省農業科学院の温室「高級温室果物・野菜の高効率・優良栽培技術モデル基地」ではこのところ、以前の活気を取り戻しつつあり、果物狩り体験を楽しむ観光客の姿が見られた。(昆明=新華社記者/楊静)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2020032900408

    「新華社」 ラベンダー畑で農作業をする人々新疆ウイグル自治区  23日、新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州霍城県芦草溝鎮四宮村の畑で作業する農家。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州霍城(かくじょう)県のラベンダー畑では現在、多くの農家が慌ただしく作業をしている。イリ河谷は「中国のラベンダーの里」と呼ばれ、中でも霍城県のラベンダー栽培面積は5万6千ムー(約3733ヘクタール)以上に達し、イリ河谷の栽培面積全体の8割以上を占めている。(霍城=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2020032900410

    「新華社」 ラベンダー畑で農作業をする人々新疆ウイグル自治区  23日、新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州霍城県芦草溝鎮四宮村の畑で作業する農家。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州霍城(かくじょう)県のラベンダー畑では現在、多くの農家が慌ただしく作業をしている。イリ河谷は「中国のラベンダーの里」と呼ばれ、中でも霍城県のラベンダー栽培面積は5万6千ムー(約3733ヘクタール)以上に達し、イリ河谷の栽培面積全体の8割以上を占めている。(霍城=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2020032900402

    「新華社」 ラベンダー畑で農作業をする人々新疆ウイグル自治区  23日、新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州霍城県芦草溝鎮四宮村の畑で作業する農家。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州霍城(かくじょう)県のラベンダー畑では現在、多くの農家が慌ただしく作業をしている。イリ河谷は「中国のラベンダーの里」と呼ばれ、中でも霍城県のラベンダー栽培面積は5万6千ムー(約3733ヘクタール)以上に達し、イリ河谷の栽培面積全体の8割以上を占めている。(霍城=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2020033004405

    「新華社」 「中国最南端の有機高山茶」収穫がまもなく終了海南省  23日、朝霧に包まれた海南省五指山市にある椰仙茶園の茶の木。中国海南省中部に位置する山間都市、五指山(ごしざん)市の森林面積は約1千平方キロメートル、森林率は86%を上回り、国内最大を誇る。独特な高山地区の冷涼な気候によって育まれた茶葉の品種、海南大葉種は、業界内で「中国最南端の有機高山茶」と称される。毎年元旦から春の新茶の収穫が始まり、墓参の習慣のある清明節(4月4日)頃には終わるため、「華夏第一早春茶」(中国で最も早い時期に収穫される春の新茶)と呼ばれている。(海口=新華社記者/厳鈺景)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2020033004468

    「新華社」 「中国最南端の有機高山茶」収穫がまもなく終了海南省  23日、海南省五指山市の椰仙茶園で、春の新茶を摘むリー族の民族衣装をまとった「茶娘」。中国海南省中部に位置する山間都市、五指山(ごしざん)市の森林面積は約1千平方キロメートル、森林率は86%を上回り、国内最大を誇る。独特な高山地区の冷涼な気候によって育まれた茶葉の品種、海南大葉種は、業界内で「中国最南端の有機高山茶」と称される。毎年元旦から春の新茶の収穫が始まり、墓参の習慣のある清明節(4月4日)頃には終わるため、「華夏第一早春茶」(中国で最も早い時期に収穫される春の新茶)と呼ばれている。(海口=新華社記者/厳鈺景)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2020033004486

    「新華社」 スイミツトウの里で桃の花が満開江蘇省無錫市  23日、中国の「スイミツトウ(水蜜桃)の里」、江蘇省無錫市恵山区陽山鎮の美しい田園風景。中国江蘇省無錫市恵山区の陽山鎮では春を迎え、数万ムー(1ムー=約667平方メートル)の桃の花が満開となってピンクの花の海が広がり、夢のような幻想的風景を見せている。同鎮は中国で有名な「スイミツトウ(水蜜桃)の里」で、スイミツトウ栽培に700年以上の歴史を持つ。昨年の総生産量は2万トン余り、生産額は6億3千万元(1元=約16円)に達している。(南京=新華社配信/周海青)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2020033004531

    「新華社」 「中国最南端の有機高山茶」収穫がまもなく終了海南省  23日、海南省五指山市の椰仙茶園で、春の新茶を摘むリー族の民族衣装をまとった「茶娘」たち。中国海南省中部に位置する山間都市、五指山(ごしざん)市の森林面積は約1千平方キロメートル、森林率は86%を上回り、国内最大を誇る。独特な高山地区の冷涼な気候によって育まれた茶葉の品種、海南大葉種は、業界内で「中国最南端の有機高山茶」と称される。毎年元旦から春の新茶の収穫が始まり、墓参の習慣のある清明節(4月4日)頃には終わるため、「華夏第一早春茶」(中国で最も早い時期に収穫される春の新茶)と呼ばれている。(海口=新華社記者/厳鈺景)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2020032609004

    「新華社」 中国、ミャンマーの発展に特別基金670万ドル提供  23日、ミャンマーの首都ネピドーで行われた2020年瀾滄江・メコン川協力特別基金ミャンマープロジェクト協力協定の調印式。2020年瀾滄江・メコン川協力特別基金ミャンマープロジェクト協力協定の調印式が23日、ミャンマーの首都ネピドーで行われた。協定によると、中国はミャンマーに670万ドル(1ドル=約111円)余りの瀾滄江・メコン川協力特別基金を提供し、農業、教育、情報技術など多分野にわたる民衆に恩恵をもたらす22のプロジェクトの発展を後押しする。(ネピドー=新華社記者/張東強)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2020032609019

    「新華社」 活気取り戻した温室観光客が果物狩り満喫雲南省昆明市  23日、イチゴ狩りを楽しむ観光客。新型コロナウイルスの感染状況が徐々に好転するにつれて、中国雲南省昆明市富民県にある雲南省農業科学院の温室「高級温室果物・野菜の高効率・優良栽培技術モデル基地」ではこのところ、以前の活気を取り戻しつつあり、果物狩り体験を楽しむ観光客の姿が見られた。(昆明=新華社記者/楊静)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2020032609013

    「新華社」 中国、ミャンマーの発展に特別基金670万ドル提供  23日、ミャンマーの首都ネピドーで、2020年瀾滄江・メコン川協力特別基金ミャンマープロジェクト協力協定の調印式であいさつする陳海(ちん・かい)駐ミャンマー中国大使。2020年瀾滄江・メコン川協力特別基金ミャンマープロジェクト協力協定の調印式が23日、ミャンマーの首都ネピドーで行われた。協定によると、中国はミャンマーに670万ドル(1ドル=約111円)余りの瀾滄江・メコン川協力特別基金を提供し、農業、教育、情報技術など多分野にわたる民衆に恩恵をもたらす22のプロジェクトの発展を後押しする。(ネピドー=新華社記者/張東強)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2020032609088

    「新華社」 活気取り戻した温室観光客が果物狩り満喫雲南省昆明市  23日、イチゴの生育状況をチェックする温室の管理スタッフ。新型コロナウイルスの感染状況が徐々に好転するにつれて、中国雲南省昆明市富民県にある雲南省農業科学院の温室「高級温室果物・野菜の高効率・優良栽培技術モデル基地」ではこのところ、以前の活気を取り戻しつつあり、果物狩り体験を楽しむ観光客の姿が見られた。(昆明=新華社記者/楊静)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2020032609110

    「新華社」 活気取り戻した温室観光客が果物狩り満喫雲南省昆明市  23日、雲南省農業科学院の温室の様子。新型コロナウイルスの感染状況が徐々に好転するにつれて、中国雲南省昆明市富民県にある雲南省農業科学院の温室「高級温室果物・野菜の高効率・優良栽培技術モデル基地」ではこのところ、以前の活気を取り戻しつつあり、果物狩り体験を楽しむ観光客の姿が見られた。(昆明=新華社記者/楊静)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2020032900391

    「新華社」 ラベンダー畑で農作業をする人々新疆ウイグル自治区  23日、新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州霍城県芦草溝鎮四宮村の畑で作業する農家。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州霍城(かくじょう)県のラベンダー畑では現在、多くの農家が慌ただしく作業をしている。イリ河谷は「中国のラベンダーの里」と呼ばれ、中でも霍城県のラベンダー栽培面積は5万6千ムー(約3733ヘクタール)以上に達し、イリ河谷の栽培面積全体の8割以上を占めている。(霍城=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2020032900395

    「新華社」 ラベンダー畑で農作業をする人々新疆ウイグル自治区  23日、新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州霍城県芦草溝鎮四宮村の畑で作業する農家。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州霍城(かくじょう)県のラベンダー畑では現在、多くの農家が慌ただしく作業をしている。イリ河谷は「中国のラベンダーの里」と呼ばれ、中でも霍城県のラベンダー栽培面積は5万6千ムー(約3733ヘクタール)以上に達し、イリ河谷の栽培面積全体の8割以上を占めている。(霍城=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2020032900401

    「新華社」 ラベンダー畑で農作業をする人々新疆ウイグル自治区  23日、新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州霍城県芦草溝鎮四宮村の畑で作業する農家。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州霍城(かくじょう)県のラベンダー畑では現在、多くの農家が慌ただしく作業をしている。イリ河谷は「中国のラベンダーの里」と呼ばれ、中でも霍城県のラベンダー栽培面積は5万6千ムー(約3733ヘクタール)以上に達し、イリ河谷の栽培面積全体の8割以上を占めている。(霍城=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2020033004457

    「新華社」 「中国最南端の有機高山茶」収穫がまもなく終了海南省  23日、海南省五指山市の椰仙茶園で、春の新茶を摘むリー族の民族衣装をまとった「茶娘」。中国海南省中部に位置する山間都市、五指山(ごしざん)市の森林面積は約1千平方キロメートル、森林率は86%を上回り、国内最大を誇る。独特な高山地区の冷涼な気候によって育まれた茶葉の品種、海南大葉種は、業界内で「中国最南端の有機高山茶」と称される。毎年元旦から春の新茶の収穫が始まり、墓参の習慣のある清明節(4月4日)頃には終わるため、「華夏第一早春茶」(中国で最も早い時期に収穫される春の新茶)と呼ばれている。(海口=新華社記者/厳鈺景)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2020033004548

    「新華社」 スイミツトウの里で桃の花が満開江蘇省無錫市  23日、無錫市恵山区陽山鎮で夕日に照らされた桃の花。中国江蘇省無錫市恵山区の陽山鎮では春を迎え、数万ムー(1ムー=約667平方メートル)の桃の花が満開となってピンクの花の海が広がり、夢のような幻想的風景を見せている。同鎮は中国で有名な「スイミツトウ(水蜜桃)の里」で、スイミツトウ栽培に700年以上の歴史を持つ。昨年の総生産量は2万トン余り、生産額は6億3千万元(1元=約16円)に達している。(南京=新華社配信/何磊静)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2020032100017

    「四国トピックス」 農地ハザードマップ作成  農業版ハザードマップを広げて議論する山岡欣也さん(左端)ら=13日、松山市・興居島

  41. 2020032100007

    「四国トピックス」 農地ハザードマップ作成  作成した農業版ハザードマップを披露する愛媛大大学院の間々田理彦准教授(右)=13日、松山市・興居島

  42. 2020033004467

    「新華社」 スイミツトウの里で桃の花が満開江蘇省無錫市  21日、江蘇省無錫市恵山区陽山鎮に広がる桃の花の海。中国江蘇省無錫市恵山区の陽山鎮では春を迎え、数万ムー(1ムー=約667平方メートル)の桃の花が満開となってピンクの花の海が広がり、夢のような幻想的風景を見せている。同鎮は中国で有名な「スイミツトウ(水蜜桃)の里」で、スイミツトウ栽培に700年以上の歴史を持つ。昨年の総生産量は2万トン余り、生産額は6億3千万元(1元=約16円)に達している。(南京=新華社配信/周海青)=2020(令和2)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2020032425737

    「新華社」 苗栽培に大忙し春分迎えた「ジャガイモの里」寧夏回族自治区  20日、西吉県の万崖ジャガイモ科学技術モデルパークで、水耕栽培の無毒化苗の手入れをするスタッフ。二十四節気の春分に当たる20日、「ジャガイモの里」と呼ばれる中国寧夏回族自治区固原市西吉県では、モデルパークのスタッフが無毒化したジャガイモの苗の栽培に励んでいた。ジャガイモは同県の特色ある「高品質産業」であり、今年は全県で80万ムー(約5万3千ヘクタール)のジャガイモ栽培が計画されている。(固原=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2020032425766

    「新華社」 苗栽培に大忙し春分迎えた「ジャガイモの里」寧夏回族自治区  20日、西吉県の万崖ジャガイモ科学技術モデルパークで、水耕栽培の無毒化苗の生育状況を確認するスタッフ。二十四節気の春分に当たる20日、「ジャガイモの里」と呼ばれる中国寧夏回族自治区固原市西吉県では、モデルパークのスタッフが無毒化したジャガイモの苗の栽培に励んでいた。ジャガイモは同県の特色ある「高品質産業」であり、今年は全県で80万ムー(約5万3千ヘクタール)のジャガイモ栽培が計画されている。(固原=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2020032425775

    「新華社」 スイカの収穫期迎える山東省  20日、濰坊市寒亭区の国家現代農業産業園で、スイカを収穫する濰坊郭牌農業の従業員。春分を迎えた中国山東省濰坊市寒亭区の国家現代農業産業園では、熟したスイカをスタッフが慌ただしく収穫し、市場へと送り出している。スイカ産業は地元農民の増収を促す特色ある産業となっている。(濰坊=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2020033004394

    「新華社」 スイミツトウの里で桃の花が満開江蘇省無錫市  20日、江蘇省無錫市恵山区陽山鎮桃源村では桃の花が満開になっている。中国江蘇省無錫市恵山区の陽山鎮では春を迎え、数万ムー(1ムー=約667平方メートル)の桃の花が満開となってピンクの花の海が広がり、夢のような幻想的風景を見せている。同鎮は中国で有名な「スイミツトウ(水蜜桃)の里」で、スイミツトウ栽培に700年以上の歴史を持つ。昨年の総生産量は2万トン余り、生産額は6億3千万元(1元=約16円)に達している。(南京=新華社配信/弦月)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2020032313609

    「新華社」 オンライン販売でビワ農家の増収を後押し福建省莆田市  20日、第1回「ビワフェスティバル」でビワを収穫する果物農家を指導する莆田市振興郷村集団の謝群凡(しゃ・ぐんはん)さん(左から2人目)。中国福建省莆田市仙遊県書峰郷で20日、クラウドを活用した第1回「ビワフェスティバル」が開幕した。同郷のビワ栽培面積は約2万ムー(約1333ヘクタール)で、地元農家の増収を促す重要な産業となっている。新型コロナウイルスの影響で、全国各地の販売業者が直接生産エリアを訪れてビワの買い付けができないため、同市は果物が売れ残る事態を避けるため、クラウドを活用した農産品の販売システムを構築。オンライン販売のプラットフォームでの直接仕入れとライブ配信による販売を組み合わせた方法を初めて取り入れ、農産品のオンライン産業チェーンを築くことで、果物農家の増収を後押ししている。(莆田=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2020032425745

    「新華社」 スイカの収穫期迎える山東省  20日、濰坊市寒亭区の国家現代農業産業園で、収穫したスイカを選別する濰坊郭牌農業の従業員。春分を迎えた中国山東省濰坊市寒亭区の国家現代農業産業園では、熟したスイカをスタッフが慌ただしく収穫し、市場へと送り出している。スイカ産業は地元農民の増収を促す特色ある産業となっている。(濰坊=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2020032425752

    「新華社」 スイカの収穫期迎える山東省  20日、濰坊市寒亭区の国家現代農業産業園で、スイカを収穫する濰坊郭牌農業の従業員。春分を迎えた中国山東省濰坊市寒亭区の国家現代農業産業園では、熟したスイカをスタッフが慌ただしく収穫し、市場へと送り出している。スイカ産業は地元農民の増収を促す特色ある産業となっている。(濰坊=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2020032425725

    「新華社」 苗栽培に大忙し春分迎えた「ジャガイモの里」寧夏回族自治区  20日、西吉県の万崖ジャガイモ科学技術モデルパークで、スタッフが水耕栽培の無毒化苗の手入れをしている。二十四節気の春分に当たる20日、「ジャガイモの里」と呼ばれる中国寧夏回族自治区固原市西吉県では、モデルパークのスタッフが無毒化したジャガイモの苗の栽培に励んでいた。ジャガイモは同県の特色ある「高品質産業」であり、今年は全県で80万ムー(約5万3千ヘクタール)のジャガイモ栽培が計画されている。(固原=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像