検索結果 24 件中 1 件 〜 24 件 "open"
  1. 2020071007932

    農業生態観光園が貧困脱却と増収を後押し黒竜江省  5日、黒竜江省肇東市昌五鎮昌盛村の農業生態観光園にある貧困支援ビニールハウス。(小型無人機から)中国黒竜江省肇東(ちょうとう)市昌五鎮昌盛村の農業生態観光園は現在、収穫期を迎えている。同園の敷地面積は千ムー(約66ヘクタール)余り。農産品の栽培と収穫、民俗工芸品の展示販売、観光などを融合させ、周辺に住む多くの農民に自宅近くの職場を提供した。園内に設置した貧困支援ビニールハウス200棟での生産活動により、200世帯が着実な収入増を実現した。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020071007847

    農業生態観光園が貧困脱却と増収を後押し黒竜江省  5日、黒竜江省肇東市昌五鎮昌盛村の農業生態観光園にある貧困支援ビニールハウス。(小型無人機から)中国黒竜江省肇東(ちょうとう)市昌五鎮昌盛村の農業生態観光園は現在、収穫期を迎えている。同園の敷地面積は千ムー(約66ヘクタール)余り。農産品の栽培と収穫、民俗工芸品の展示販売、観光などを融合させ、周辺に住む多くの農民に自宅近くの職場を提供した。園内に設置した貧困支援ビニールハウス200棟での生産活動により、200世帯が着実な収入増を実現した。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020070111120

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村に立ち並ぶ住宅。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020070111125

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村の太陽光発電施設で、ソーラーパネルを掃除する村の人。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020070111138

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村の太陽光発電施設で、ソーラーパネルを点検する電力技術者。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020070111079

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村の太陽光発電施設。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020070111050

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村の太陽光発電施設で、ソーラーパネルを掃除する村の人。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020070111074

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村に立ち並ぶ住宅。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020070111077

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村に立ち並ぶ住宅。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020070111103

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  上:かつての徳勝村。(2017年1月24日撮影、小型無人機から)。下:23日、住宅が立ち並ぶ徳勝村。(小型無人機から、組み合わせ写真)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2017(平成29)年1月24日、2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020070111121

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村のジャガイモのビニールハウス。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020062205046

    山間部で養鶏を手掛ける元教師天津市  19日、天津東山鵲山鶏養殖専業合作社の養鶏場。(小型無人機から)中国天津市薊州(けいしゅう)区に住む元教師の胡金艶(こ・きんえん)さんは2011年、同区下営鎮東山村の山中にある3千ムー(200ヘクタール)の果樹園を選び、浙江省から導入した良質なニワトリ「鵲山鶏」の養鶏を始めた。従業員を率いる胡さんは、自然の中で放し飼いにする方法で鵲山鶏を飼育。大学の専門家を招いて指導も受けた。胡さんが率いる天津東山鵲山鶏養殖専業合作社では、これまでに約6万羽の鵲山鶏を飼育しており、ニワトリと鶏卵の年間売上高は1200万元以上(1元=約15円)となっている。2017年からは、農家に特別価格でひよこを提供し、技術指導も行っており、周辺農家の富裕化にも尽力している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020071303927

    林間地を利用した農作物栽培で貧困脱却へ黒竜江省明水県  黒竜江省綏化市明水県明水鎮勤倹村の林木育種園。(6月16日撮影、小型無人機から)中国黒竜江省綏化(すいか)市明水県明水鎮の勤倹村は、貧困世帯に林間地を利用した農作物の栽培を推奨している。同村の林木育種園は、林業を営むと同時に木々の間の土地で野菜などを栽培する複合モデルを採用。貧困世帯に野菜の種を無償提供し、育てた野菜はそのまま貧困世帯が所有する。林木育種園では現在、木々を育てながら、林間地でトウガラシやナス、トマトなど20種類余りの野菜を栽培している。(ハルビン=新華社配信/胡楓)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020071304008

    林間地を利用した農作物栽培で貧困脱却へ黒竜江省明水県  黒竜江省綏化市明水県明水鎮勤倹村の林木育種園。(6月16日撮影、小型無人機から)中国黒竜江省綏化(すいか)市明水県明水鎮の勤倹村は、貧困世帯に林間地を利用した農作物の栽培を推奨している。同村の林木育種園は、林業を営むと同時に木々の間の土地で野菜などを栽培する複合モデルを採用。貧困世帯に野菜の種を無償提供し、育てた野菜はそのまま貧困世帯が所有する。林木育種園では現在、木々を育てながら、林間地でトウガラシやナス、トマトなど20種類余りの野菜を栽培している。(ハルビン=新華社配信/胡楓)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020062204996

    農民と企業が提携、良質なサツマイモ栽培で増収目指す天津市  15日、天津豊華裕隆農業発展のサツマイモ産業科学技術モデルパーク。(小型無人機から)中国天津市宝坻(ほうてい)区西部にある史各荘鎮では以前、経済的付加価値の低いトウモロコシや小麦を主に栽培していた。ここ数年、サツマイモ生産・販売大手、天津豊華裕隆農業発展のけん引と指導、とりわけ地元貧困村への支援と農業の構造調整により、多くの農家が良質なサツマイモを栽培するようになった。「大手企業+特色ある産業基地+貧困村+農家」という支援モデルがおおむね形成され、農家の収入増をけん引している。同社は昨年、同鎮や周辺地域の農家との間で、作付面積2570ムー(約171ヘクタール)余りに及ぶサツマイモ長期栽培契約を結んだ。契約によると、農作業での雇用人員だけでも年間延べ3万人以上、農家に300万元(1元=約15円)以上の収入をもたらす。さらに、京津冀(北京市、天津市、河北省)地域の合作社(協同組合)に対し、ウイルスフリー培養苗6千万本、金額にして900万元相当を提供する。収穫されたサツマイモは市場の2・5倍の価格で買い付け、サツマイモ栽培の普及促進を図るという。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020062205045

    農民と企業が提携、良質なサツマイモ栽培で増収目指す天津市  15日、天津豊華裕隆農業発展のサツマイモ産業科学技術モデルパーク。(小型無人機から)中国天津市宝坻(ほうてい)区西部にある史各荘鎮では以前、経済的付加価値の低いトウモロコシや小麦を主に栽培していた。ここ数年、サツマイモ生産・販売大手、天津豊華裕隆農業発展のけん引と指導、とりわけ地元貧困村への支援と農業の構造調整により、多くの農家が良質なサツマイモを栽培するようになった。「大手企業+特色ある産業基地+貧困村+農家」という支援モデルがおおむね形成され、農家の収入増をけん引している。同社は昨年、同鎮や周辺地域の農家との間で、作付面積2570ムー(約171ヘクタール)余りに及ぶサツマイモ長期栽培契約を結んだ。契約によると、農作業での雇用人員だけでも年間延べ3万人以上、農家に300万元(1元=約15円)以上の収入をもたらす。さらに、京津冀(北京市、天津市、河北省)地域の合作社(協同組合)に対し、ウイルスフリー培養苗6千万本、金額にして900万元相当を提供する。収穫されたサツマイモは市場の2・5倍の価格で買い付け、サツマイモ栽培の普及促進を図るという。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020042301812

    中国改革開放のシンボル、上海市浦東新区  17日、上海の外高橋保税区。(小型無人機から)中国上海市の浦東新区は改革開放によって誕生し、繁栄した。今年、開発と開放30周年を迎えた同区は、あぜ道が縦横に走る農業地帯だった場所に都市機能を集積、リソースを完備して、先進設備を備えた現代都市を作り上げ、中国の改革開放のシンボルとなった。(上海=新華社記者/丁汀)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020042301714

    中国改革開放のシンボル、上海市浦東新区  17日、上海の外高橋保税区。(小型無人機から)中国上海市の浦東新区は改革開放によって誕生し、繁栄した。今年、開発と開放30周年を迎えた同区は、あぜ道が縦横に走る農業地帯だった場所に都市機能を集積、リソースを完備して、先進設備を備えた現代都市を作り上げ、中国の改革開放のシンボルとなった。(上海=新華社記者/丁汀)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020042301798

    中国改革開放のシンボル、上海市浦東新区  17日、上海市浦東新区にある放射光施設「上海光源」。(小型無人機から)中国上海市の浦東新区は改革開放によって誕生し、繁栄した。今年、開発と開放30周年を迎えた同区は、あぜ道が縦横に走る農業地帯だった場所に都市機能を集積、リソースを完備して、先進設備を備えた現代都市を作り上げ、中国の改革開放のシンボルとなった。(上海=新華社記者/丁汀)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020041001906

    美しい村の自閉症児のための施設福建省  3月31日、福建省福州市閩侯県白沙鎮井下村にある放星家園。(小型無人機から)中国福建省福州市閩侯(びんこう)県白沙鎮井下村にある1軒の古い建物で、十数人の自閉症の子どもたちが療養生活を送っている。ここは曹芳(そう・ほう)さんが立ち上げた「放星家園」で、「農業療法」を採用し、地道な農作業を通じて子どもたちが社会に向けて心の窓を開き、命の価値を輝かせることを目指している。放星家園は2017年、美しい山河に囲まれた小さな村でオープンした。子どもたちはここで言語能力や文化的知識、身体能力などの回復訓練を行いながら、農作物を育てたり、地元農家の収穫の手伝いなどをしている。曹さんは「将来的には放星家園の規模を拡大し、より多くの自閉症の子どもたちを支援して、彼らの未来の夢ある道を切り開きたい」と語った。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020042301801

    中国改革開放のシンボル、上海市浦東新区  上海洋山港コンテナふ頭。(小型無人機から、3月18日撮影)中国上海市の浦東新区は改革開放によって誕生し、繁栄した。今年、開発と開放30周年を迎えた同区は、あぜ道が縦横に走る農業地帯だった場所に都市機能を集積、リソースを完備して、先進設備を備えた現代都市を作り上げ、中国の改革開放のシンボルとなった。(上海=新華社記者/丁汀)=2020(令和2)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020042301804

    中国改革開放のシンボル、上海市浦東新区  上海洋山港コンテナふ頭。(小型無人機から、3月18日撮影)中国上海市の浦東新区は改革開放によって誕生し、繁栄した。今年、開発と開放30周年を迎えた同区は、あぜ道が縦横に走る農業地帯だった場所に都市機能を集積、リソースを完備して、先進設備を備えた現代都市を作り上げ、中国の改革開放のシンボルとなった。。(上海=新華社記者/丁汀)=2020(令和2)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020021800939

    農村の感染対策に改造した農業機械が活躍河北省  14日、河北省灤州市范荘村の道路で消毒液の噴霧作業を行う高効率遠隔農業用噴霧器。(小型無人機から)新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、河北省灤州(らんしゅう)市はこのほど、農業機械を改造し予防・抑制の新たなツールとした。同市は農業合作社(協同組合)に無償で提供している農業用小型無人機と、俗に「カノン砲」と呼ばれる高効率で遠隔操作が可能な農業用噴霧器などの農機を徹底洗浄後、消毒液噴霧機器に改造した。さらに農業合作社の組合員を動員し消毒防疫班を設立。農民が「防疫先兵」となり、積極的に業務に当たっている。(灤州=新華社配信/于愛双)=2020(令和2)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020021800940

    農村の感染対策に改造した農業機械が活躍河北省  14日、河北省灤州市范荘村で上空から消毒液を噴霧する農業用小型無人機。(小型無人機から)新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、河北省灤州(らんしゅう)市はこのほど、農業機械を改造し予防・抑制の新たなツールとした。同市は農業合作社(協同組合)に無償で提供している農業用小型無人機と、俗に「カノン砲」と呼ばれる高効率で遠隔操作が可能な農業用噴霧器などの農機を徹底洗浄後、消毒液噴霧機器に改造した。さらに農業合作社の組合員を動員し消毒防疫班を設立。農民が「防疫先兵」となり、積極的に業務に当たっている。(灤州=新華社配信/于愛双)=2020(令和2)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像