検索結果 699 件中 1 件 〜 50
  1. 2020022603029

    「新華社」 新型肺炎対策と農作業準備を同時進行寧夏回族自治区  22日、寧夏回族自治区銀川市賀蘭県新平現代農業モデル園区。(小型無人機から)中国の北方地域は現在、春の農作業を控えた大切な時期を迎えている。寧夏回族自治区各地では、新型コロナウイルスによる肺炎との闘いと同時に農作業の準備が進められており、畑やビニールハウス、育苗用の温室など、あちこちに活気がみなぎっている。(銀川=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2020022504025

    「新華社」 中国の研究者、気候変動が青海チベット高原の植生生育に与える影響を解明  研究チームの実験場。(資料写真)中国甘粛省の蘭州大学草地農業生態系統国家重点実験室の賀金生(が・きんせい)教授率いる研究チームが主導した最新研究で、気候変動が寒冷高地の草地の植生生育に影響を与えるメカニズムが明らかになった。(蘭州=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2020022503951

    「新華社」 中国の研究者、気候変動が青海チベット高原の植生生育に与える影響を解明  中国青海省海北チベット族自治州門源回族自治県にある青海海北高寒草地生態系統国家野外科学観測研究ステーションの外観。(資料写真)中国甘粛省の蘭州大学草地農業生態系統国家重点実験室の賀金生(が・きんせい)教授率いる研究チームが主導した最新研究で、気候変動が寒冷高地の草地の植生生育に影響を与えるメカニズムが明らかになった。(蘭州=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2020021800939

    「新華社」 農村の感染対策に改造した農業機械が活躍河北省  14日、河北省灤州市范荘村の道路で消毒液の噴霧作業を行う高効率遠隔農業用噴霧器。(小型無人機から)新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、河北省灤州(らんしゅう)市はこのほど、農業機械を改造し予防・抑制の新たなツールとした。同市は農業合作社(協同組合)に無償で提供している農業用小型無人機と、俗に「カノン砲」と呼ばれる高効率で遠隔操作が可能な農業用噴霧器などの農機を徹底洗浄後、消毒液噴霧機器に改造した。さらに農業合作社の組合員を動員し消毒防疫班を設立。農民が「防疫先兵」となり、積極的に業務に当たっている。(灤州=新華社配信/于愛双)=2020(令和2)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2020021800940

    「新華社」 農村の感染対策に改造した農業機械が活躍河北省  14日、河北省灤州市范荘村で上空から消毒液を噴霧する農業用小型無人機。(小型無人機から)新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、河北省灤州(らんしゅう)市はこのほど、農業機械を改造し予防・抑制の新たなツールとした。同市は農業合作社(協同組合)に無償で提供している農業用小型無人機と、俗に「カノン砲」と呼ばれる高効率で遠隔操作が可能な農業用噴霧器などの農機を徹底洗浄後、消毒液噴霧機器に改造した。さらに農業合作社の組合員を動員し消毒防疫班を設立。農民が「防疫先兵」となり、積極的に業務に当たっている。(灤州=新華社配信/于愛双)=2020(令和2)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2020021409881

    「新華社」 感染対策と春の耕作を並行、都市への野菜供給確保広西チワン族自治区  10日、菜園の手入れをする久隆鎮大嶺村の農民。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市ではこのところ、春の耕作の準備時期を迎え、新型コロナウイルスによる肺炎感染の流行に妨げられることなく春の耕作や生産が行われている。地元の人々は一丸となって感染の予防・抑制に取り組むと同時に、急いで畑を耕して春の栽培を進め、冬野菜を収穫し、都市部住民への野菜供給を確保している。(欽州=新華社記者/張愛林)=2020(令和2)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2020012322606

    「新華社」 施設栽培の発展で農家の収入増陝西省延安市  20日、延安市宝塔区青化砭鎮梁村のビニールハウス。(小型無人機から)中国陝西省延安市宝塔区青化砭(せいかへん)鎮梁村ではここ数年、土地柄に合わせて施設栽培を発展させてきた。今では標準的なビニールハウス57棟が設置されている。同村は2019年にスイカやメロンなど商品作物の栽培を通じて160万元(1元=約16円)の収入を実現し、地元農家のさらなる収入増につなげた。(延安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2020012322639

    「新華社」 施設栽培の発展で農家の収入増陝西省延安市  20日、延安市宝塔区青化砭鎮梁村のビニールハウス。(小型無人機から)中国陝西省延安市宝塔区青化砭(せいかへん)鎮梁村ではここ数年、土地柄に合わせて施設栽培を発展させてきた。今では標準的なビニールハウス57棟が設置されている。同村は2019年にスイカやメロンなど商品作物の栽培を通じて160万元(1元=約16円)の収入を実現し、地元農家のさらなる収入増につなげた。(延安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2020011603232

    「新華社」 豆腐作りに刺しゅう-移転した貧困農家の新たな暮らし湖南省  7日、吉首市寨陽郷坪朗村で、「易地扶貧搬遷」によって建てられた住宅とその横にある畑および果物を栽培するビニールハウス。(小型無人機から)中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首(きっしゅ)市矮寨鎮坪朗村では2017年から「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策を指す)による住宅の建設および投入使用が始まり、矮寨鎮の辺鄙な貧困村・寨(集落)4カ所で、国務院貧困扶助弁公室貧困扶助システムに登録された貧困家庭35世帯の135人が住宅に入居し、貧困から脱却した人の割合は100%に達した。移転した家庭が再び貧困状態に陥るのを防ぐため、地元政府は移住者のためにトレーニングを行い、農家楽(アグリツーリズム)、坪朗豆腐、ミャオ族刺繍などの産業と効果的なマッチングを実施するとともに、民族文化と観光資源を融合させることで、民俗情緒あふれるツアーを打ち出している。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019122401546

    「新華社」 野生のサジーで貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  18日、空から見た清水河県野生サジー保護地。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フフホト市で最も南にある清水河県は、黄土丘陵ガリ谷区の地勢に属し、一年を通じて乾燥し雨が少なく、土壌侵食が深刻、生態環境は脆弱で経済発展も立ち遅れている。地元政府はここ数年、アリペイの環境保護に関する公益プラットフォーム「アント・フォレスト」や中国緑化基金会、内モンゴル農業大学と協力し、約2万ムー(約1333ヘクタール)の「野生沙棘(サジー、シーバックソーンとも呼ばれる)保護地」を設立。自然環境の保護に役立つだけでなく、地元住民、特に貧困家庭のために雇用を創出した。サジーは環境適応性に優れ、根系が発達していて、流砂を固定させ土壌を守り、土壌侵食を防ぐなど生態系保護機能を持つ。果実はビタミンCが豊富でジュースにすることもでき、生態的価値と経済的価値を兼ね備えている。(フフホト=新華社記者/徐欽)=2019(令和元)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019121600840

    「新華社」 安徽省蚌埠市でレンコン豊作厳寒の中収穫作業  11日、レンコンを掘る作業員。(小型無人機から)寒さが厳しさを増す中、中国安徽省蚌埠(ほうふ)市五河県では、蟹谷香種養殖専門合作社(協同組合)の1500ムー(100ヘクタール)の畑で栽培しているレンコンが豊作となった。作業員はレンコンの収穫に追われている。(蚌埠=新華社配信/黄博涵)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019121600858

    「新華社」 安徽省蚌埠市でレンコン豊作厳寒の中収穫作業  11日、レンコンを掘る作業員。(小型無人機から)寒さが厳しさを増す中、中国安徽省蚌埠(ほうふ)市五河県では、蟹谷香種養殖専門合作社(協同組合)の1500ムー(100ヘクタール)の畑で栽培しているレンコンが豊作となった。作業員はレンコンの収穫に追われている。(蚌埠=新華社配信/黄博涵)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019120407015

    「新華社」 サンシチニンジンがエコ農業の新たな代名詞に雲南省石林県  11月28日、雲南省石林イ族自治県北大村郷にある杏林大観園健康産業集団のサンシチニンジン水耕栽培ビニールハウス。(小型無人機から)中国雲南省は生薬サンシチニンジンの主な産地として知られ、同省産サンシチニンジンは有名な中医薬「雲南白薬」の主要成分にもなっている。石林イ族自治県ではサンシチニンジン産業の発展に注力しており、県内の杏林大観園健康産業集団では、残留農薬や重金属が基準値を上回らないように、サンシチニンジンのパイプ水耕栽培を行っている。同県では現在、サンシチニンジン栽培の他、生薬エコ栽培観賞拠点を発展させ、サンシチニンジンを使った薬膳料理などの関連産業チェーンを開発しており、雲南産サンシチニンジンが同県エコ農業の新たな代名詞となっている。(昆明=新華社記者/陶亮)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019112701506

    「新華社」 アブラツバキ増産で貧困脱却を後押し広西凌雲県  24日、凌雲県下甲鎮双達村に広がるアブラツバキ畑。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区百色(ひゃくしょく)市凌雲(りょううん)県はここ数年、「村集団+合作社(協同組合)+基地+農家」というモデルを採用し、収穫量の低いアブラツバキ畑を改造、増産に取り組んでいる。現在、同県のアブラツバキ栽培面積は27万ムー(約180平方キロ)余り、生産額は3億9千万元(1元=約16円)になっている。(凌雲=新華社記者/張愛林)=2019(令和元)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019112102296

    「新華社」 稲わらの収穫期迎える河北省曹妃甸区  18日、稲わらを梱包し円筒状にして回るトラクター。(小型無人機から)初冬を迎え、中国河北省唐山市曹妃甸区では、作業員が飼料用の稲わらの収穫に追われている。(唐山=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019112102304

    「新華社」 稲わらの収穫期迎える河北省曹妃甸区  18日、稲わらを梱包し円筒状にして回るトラクター。(小型無人機から)初冬を迎え、中国河北省唐山市曹妃甸区では、作業員が飼料用の稲わらの収穫に追われている。(唐山=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019112102330

    「新華社」 稲わらの収穫期迎える河北省曹妃甸区  18日、稲わらを梱包し円筒状にして回るトラクター。(小型無人機から)初冬を迎え、中国河北省唐山市曹妃甸区では、作業員が飼料用の稲わらの収穫に追われている。(唐山=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019112102284

    「新華社」 稲わらの収穫期迎える河北省曹妃甸区  18日、梱包された円筒状の稲わらが点在する田んぼ。(小型無人機から)初冬を迎え、中国河北省唐山市曹妃甸区では、作業員が飼料用の稲わらの収穫に追われている。(唐山=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019112102306

    「新華社」 稲わらの収穫期迎える河北省曹妃甸区  18日、稲わらを梱包し円筒状にして回るトラクター。(小型無人機から)初冬を迎え、中国河北省唐山市曹妃甸区では、作業員が飼料用の稲わらの収穫に追われている。(唐山=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019111302865

    「新華社」 江西省婺源県に初冬の訪れ  7日、空から見た婺源県江湾鎮篁嶺(こうれい)村。(小型無人機から)中国江西省上饒(じょうじょう)市婺源(ぶげん)県ではこのところ、カエデや天日干しされた作物、朝霧、棚田などの色彩がコントラストを作り出し、見る人を楽しませている。(婺源=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019111302927

    「新華社」 実り豊かな江西省婺源県天日干しの風景  7日、天日干しのザルが並ぶ婺源県篁嶺風景区の風景。(小型無人機から)初冬を迎えた中国江西省上饒(じょうじょう)市婺源(ぶげん)県篁嶺(こうれい)村では、人々が時間を見つけてトウガラシ、もみ、皇菊などの天日干しに精を出す。皇菊の栽培で収入増を実現した同村は、豊かな実りの中で穏やかな空気に包まれている。(婺源=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019111104748

    「新華社」 黄河両岸に広がる晩秋の景色内モンゴル自治区  6日、内モンゴル自治区トクト県を流れる黄河。(小型無人機から)晩秋を迎え、中国内モンゴル自治区フフホト市トクト県を流れる黄河の両岸では、農作物の収穫が既に終わり、河川と岸辺の黄土の色が一体となった味わい深い風景を作り出している。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019111104755

    「新華社」 黄河両岸に広がる晩秋の景色内モンゴル自治区  6日、内モンゴル自治区トクト県を流れる黄河。(小型無人機から)晩秋を迎え、中国内モンゴル自治区フフホト市トクト県を流れる黄河の両岸では、農作物の収穫が既に終わり、河川と岸辺の黄土の色が一体となった味わい深い風景を作り出している。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019111104714

    「新華社」 黄河両岸に広がる晩秋の景色内モンゴル自治区  6日、内モンゴル自治区トクト県を流れる黄河。(小型無人機から)晩秋を迎え、中国内モンゴル自治区フフホト市トクト県を流れる黄河の両岸では、農作物の収穫が既に終わり、河川と岸辺の黄土の色が一体となった味わい深い風景を作り出している。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019110701267

    「新華社」 菊花の収穫最盛期迎え、村が黄色に染まる湖南省衡陽市  3日、湖南省衡陽市南岳区寿岳郷岳林村の凰菊栽培基地で菊の花を収穫する農家の人。(小型無人機から)秋深まる中国湖南省衡陽(こうよう)市南岳区寿岳郷の岳林村はこのほど、高山凰菊の収穫期を迎えた。栽培基地にある600ムー(40ヘクタール)余りの畑で菊を栽培している地元の農家は、収穫や加工作業に追われている。(衡陽=新華社配信/曹正平)=2019(令和元)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019110701376

    「新華社」 菊花の収穫最盛期迎え、村が黄色に染まる湖南省衡陽市  3日、湖南省衡陽市南岳区寿岳郷岳林村の凰菊栽培基地で、晴天の日を選んで菊の花を日干しにする作業員。(小型無人機から)秋深まる中国湖南省衡陽(こうよう)市南岳区寿岳郷の岳林村はこのほど、高山凰菊の収穫期を迎えた。栽培基地にある600ムー(40ヘクタール)余りの畑で菊を栽培している地元の農家は、収穫や加工作業に追われている。(衡陽=新華社配信/曹正平)=2019(令和元)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019110608435

    「新華社」 小さな村の闘茶競技会福建省武夷山市  2日、武夷山市仙店村の茶畑。(小型無人機から)中国福建省武夷山市南部の興田鎮仙店村で2日、2019第3回武夷山茶葉交易会および「仙店杯」民生茶闘茶競技会が開催された。同村は山間部に位置する茶畑計約7千ムー(約467ヘクタール)以上の大部分で「高山雲霧有機茶」を栽培している。村では産業構造の転換による発展の道を探るため、茶産業資源を整理・統合し、「仙店人家」農民茶葉専業合作社(協同組合)を結成。闘茶競技会を村と企業の連携の場とし、茶農家の収入増と強い村づくりを実現した。仙店村は2018年、財政収入が131万1600元(1元=約15円)、住民1人当たりの可処分所得は1万6500元に達した。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019110501403

    「新華社」 リンゴ栽培講習会を開催チベット自治区  26日、講習会の様子。(小型無人機から)中国チベット自治区ニンティ(林芝)市メンリン(米林)県羌納郷林巴村にあるリンゴ園の隣で26日、リンゴ栽培に関する講習会が開催された。同自治区のチャムド(昌都)市や山南市、ニンティ市などから20人余りのリンゴ産業管理技術者と地元の村民が集まり、四川省農業科学院とチベット自治区農牧科学院の専門家による講習を受けたほか、同自治区リンゴ産業の新しい品種や技術、モデルの普及と応用について討論した。ニンティ市には現在、8カ所のリンゴ特別栽培モデル基地があり、累計3万5千ムー(約2333ヘクタール)以上に広がっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019102800872

    「新華社」 ショウガが収穫期迎える日本にも輸出山東省乳山市  24日、乳山市白沙灘鎮の畑でショウガを収穫する農家の人たち。(小型無人機から)秋の深まりをみせる中国山東省乳山市ではショウガが収穫期を迎え、ショウガの豊作を喜ぶ農家の人たちが収穫作業に追われていた。ショウガの栽培面積約5万ムー(約3333ヘクタール)を誇る同市は、厳格な管理、法の順守、無公害、安全な輸出という目標に基づき、2008年に「輸出向けショウガの検査免除基地」を設立。そこで生産されたショウガ製品を日本や米国などに輸出している。(威海=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019102800928

    「新華社」 ショウガが収穫期迎える日本にも輸出山東省乳山市  24日、乳山市白沙灘鎮の畑でショウガを収穫する農家の人たち。(小型無人機から)秋の深まりをみせる中国山東省乳山市ではショウガが収穫期を迎え、ショウガの豊作を喜ぶ農家の人たちが収穫作業に追われていた。ショウガの栽培面積約5万ムー(約3333ヘクタール)を誇る同市は、厳格な管理、法の順守、無公害、安全な輸出という目標に基づき、2008年に「輸出向けショウガの検査免除基地」を設立。そこで生産されたショウガ製品を日本や米国などに輸出している。(威海=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019102800760

    「新華社」 かつての貧困村が美しい村に変身江西省南昌市  23日、空から望む江西省南昌市湾里区羅亭鎮義坪村の民宿群。(小型無人機から)中国江西省南昌市湾里区羅亭鎮の東にある義坪(ぎへい)村は、2018年まで貧困が深刻な市級の村の一つだった。しかし、近年、支援機関や鎮村幹部、現地住民の努力により、同村は産業基盤を立脚し、貧困者支援の発展の道を確立。イチゴ栽培基地や太陽光発電、花のまちなどのプロジェクトを相次いで導入した。また、村民による「農家楽」(アグリツーリズム)施設や民宿の経営を奨励し、観光サービス業の発展に大いに力を入れている。現在、村のインフラは大幅に改善され、環境も整備され、かつての荒れ果てた貧困村は美しい農村へと生まれ変わった。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019102800762

    「新華社」 かつての貧困村が美しい村に変身江西省南昌市  23日、江西省南昌市湾里区羅亭鎮の義坪村を散策する観光客。(小型無人機から)中国江西省南昌市湾里区羅亭鎮の東にある義坪(ぎへい)村は、2018年まで貧困が深刻な市級の村の一つだった。しかし、近年、支援機関や鎮村幹部、現地住民の努力により、同村は産業基盤を立脚し、貧困者支援の発展の道を確立。イチゴ栽培基地や太陽光発電、花のまちなどのプロジェクトを相次いで導入した。また、村民による「農家楽」(アグリツーリズム)施設や民宿の経営を奨励し、観光サービス業の発展に大いに力を入れている。現在、村のインフラは大幅に改善され、環境も整備され、かつての荒れ果てた貧困村は美しい農村へと生まれ変わった。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019102800773

    「新華社」 かつての貧困村が美しい村に変身江西省南昌市  23日、空から望む江西省南昌市湾里区羅亭鎮の義坪村。(小型無人機から)中国江西省南昌市湾里区羅亭鎮の東にある義坪(ぎへい)村は、2018年まで貧困が深刻な市級の村の一つだった。しかし、近年、支援機関や鎮村幹部、現地住民の努力により、同村は産業基盤を立脚し、貧困者支援の発展の道を確立。イチゴ栽培基地や太陽光発電、花のまちなどのプロジェクトを相次いで導入した。また、村民による「農家楽」(アグリツーリズム)施設や民宿の経営を奨励し、観光サービス業の発展に大いに力を入れている。現在、村のインフラは大幅に改善され、環境も整備され、かつての荒れ果てた貧困村は美しい農村へと生まれ変わった。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019102800776

    「新華社」 かつての貧困村が美しい村に変身江西省南昌市  23日、江西省南昌市湾里区羅亭鎮義坪村の太陽光発電所。(小型無人機から)中国江西省南昌市湾里区羅亭鎮の東にある義坪(ぎへい)村は、2018年まで貧困が深刻な市級の村の一つだった。しかし、近年、支援機関や鎮村幹部、現地住民の努力により、同村は産業基盤を立脚し、貧困者支援の発展の道を確立。イチゴ栽培基地や太陽光発電、花のまちなどのプロジェクトを相次いで導入した。また、村民による「農家楽」(アグリツーリズム)施設や民宿の経営を奨励し、観光サービス業の発展に大いに力を入れている。現在、村のインフラは大幅に改善され、環境も整備され、かつての荒れ果てた貧困村は美しい農村へと生まれ変わった。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019102407534

    「新華社」 黄河の旧河道が湿地公園に変身江蘇省徐州市  20日、徐州市睢寧(すいねい)県の房湾湿地公園。(小型無人機から)中国江蘇省徐州市はここ数年、黄河旧河道で大規模な総合開発プロジェクトを実施している。水流回復に重点を置いたしゅんせつや拡張工事により生態環境を修復し、河川の送水機能と貯水能力を向上させた。房湾湿地公園をはじめとする湿地帯も相次ぎ開発されている。旧河道沿いの景観は大幅に向上し、農業生産条件も大きく改善した。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019102407129

    「新華社」 黄河の旧河道が湿地公園に変身江蘇省徐州市  20日、徐州市睢寧(すいねい)県の房湾湿地公園。(小型無人機から)中国江蘇省徐州市はここ数年、黄河旧河道で大規模な総合開発プロジェクトを実施している。水流回復に重点を置いたしゅんせつや拡張工事により生態環境を修復し、河川の送水機能と貯水能力を向上させた。房湾湿地公園をはじめとする湿地帯も相次ぎ開発されている。旧河道沿いの景観は大幅に向上し、農業生産条件も大きく改善した。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019102407279

    「新華社」 黄河の旧河道が湿地公園に変身江蘇省徐州市  20日、徐州市睢寧(すいねい)県の房湾湿地公園。(小型無人機から)中国江蘇省徐州市はここ数年、黄河旧河道で大規模な総合開発プロジェクトを実施している。水流回復に重点を置いたしゅんせつや拡張工事により生態環境を修復し、河川の送水機能と貯水能力を向上させた。房湾湿地公園をはじめとする湿地帯も相次ぎ開発されている。旧河道沿いの景観は大幅に向上し、農業生産条件も大きく改善した。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019102407608

    「新華社」 黄河の旧河道が湿地公園に変身江蘇省徐州市  20日、徐州市睢寧(すいねい)県の房湾湿地公園。(小型無人機から)中国江蘇省徐州市はここ数年、黄河旧河道で大規模な総合開発プロジェクトを実施している。水流回復に重点を置いたしゅんせつや拡張工事により生態環境を修復し、河川の送水機能と貯水能力を向上させた。房湾湿地公園をはじめとする湿地帯も相次ぎ開発されている。旧河道沿いの景観は大幅に向上し、農業生産条件も大きく改善した。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019102407539

    「新華社」 黄河の旧河道が湿地公園に変身江蘇省徐州市  20日、徐州市睢寧(すいねい)県の房湾湿地公園。(小型無人機から)中国江蘇省徐州市はここ数年、黄河旧河道で大規模な総合開発プロジェクトを実施している。水流回復に重点を置いたしゅんせつや拡張工事により生態環境を修復し、河川の送水機能と貯水能力を向上させた。房湾湿地公園をはじめとする湿地帯も相次ぎ開発されている。旧河道沿いの景観は大幅に向上し、農業生産条件も大きく改善した。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019102407571

    「新華社」 黄河の旧河道が湿地公園に変身江蘇省徐州市  20日、徐州市睢寧(すいねい)県の房湾湿地公園。(小型無人機から)中国江蘇省徐州市はここ数年、黄河旧河道で大規模な総合開発プロジェクトを実施している。水流回復に重点を置いたしゅんせつや拡張工事により生態環境を修復し、河川の送水機能と貯水能力を向上させた。房湾湿地公園をはじめとする湿地帯も相次ぎ開発されている。旧河道沿いの景観は大幅に向上し、農業生産条件も大きく改善した。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019102407402

    「新華社」 黄河の旧河道が湿地公園に変身江蘇省徐州市  20日、徐州市睢寧(すいねい)県の房湾湿地公園。(小型無人機から)中国江蘇省徐州市はここ数年、黄河旧河道で大規模な総合開発プロジェクトを実施している。水流回復に重点を置いたしゅんせつや拡張工事により生態環境を修復し、河川の送水機能と貯水能力を向上させた。房湾湿地公園をはじめとする湿地帯も相次ぎ開発されている。旧河道沿いの景観は大幅に向上し、農業生産条件も大きく改善した。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019102407508

    「新華社」 黄河の旧河道が湿地公園に変身江蘇省徐州市  20日、徐州市睢寧(すいねい)県の房湾湿地公園。(小型無人機から)中国江蘇省徐州市はここ数年、黄河旧河道で大規模な総合開発プロジェクトを実施している。水流回復に重点を置いたしゅんせつや拡張工事により生態環境を修復し、河川の送水機能と貯水能力を向上させた。房湾湿地公園をはじめとする湿地帯も相次ぎ開発されている。旧河道沿いの景観は大幅に向上し、農業生産条件も大きく改善した。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019102407513

    「新華社」 黄河の旧河道が湿地公園に変身江蘇省徐州市  20日、徐州市睢寧(すいねい)県の房湾湿地公園。(小型無人機から)中国江蘇省徐州市はここ数年、黄河旧河道で大規模な総合開発プロジェクトを実施している。水流回復に重点を置いたしゅんせつや拡張工事により生態環境を修復し、河川の送水機能と貯水能力を向上させた。房湾湿地公園をはじめとする湿地帯も相次ぎ開発されている。旧河道沿いの景観は大幅に向上し、農業生産条件も大きく改善した。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019102407048

    「新華社」 黄河の旧河道が湿地公園に変身江蘇省徐州市  20日、徐州市睢寧(すいねい)県の房湾湿地公園。(小型無人機から)中国江蘇省徐州市はここ数年、黄河旧河道で大規模な総合開発プロジェクトを実施している。水流回復に重点を置いたしゅんせつや拡張工事により生態環境を修復し、河川の送水機能と貯水能力を向上させた。房湾湿地公園をはじめとする湿地帯も相次ぎ開発されている。旧河道沿いの景観は大幅に向上し、農業生産条件も大きく改善した。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019102407588

    「新華社」 黄河の旧河道が湿地公園に変身江蘇省徐州市  20日、徐州市睢寧(すいねい)県の房湾湿地公園。(小型無人機から)中国江蘇省徐州市はここ数年、黄河旧河道で大規模な総合開発プロジェクトを実施している。水流回復に重点を置いたしゅんせつや拡張工事により生態環境を修復し、河川の送水機能と貯水能力を向上させた。房湾湿地公園をはじめとする湿地帯も相次ぎ開発されている。旧河道沿いの景観は大幅に向上し、農業生産条件も大きく改善した。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019102407594

    「新華社」 黄河の旧河道が湿地公園に変身江蘇省徐州市  20日、徐州市睢寧(すいねい)県の房湾湿地公園。(小型無人機から)中国江蘇省徐州市はここ数年、黄河旧河道で大規模な総合開発プロジェクトを実施している。水流回復に重点を置いたしゅんせつや拡張工事により生態環境を修復し、河川の送水機能と貯水能力を向上させた。房湾湿地公園をはじめとする湿地帯も相次ぎ開発されている。旧河道沿いの景観は大幅に向上し、農業生産条件も大きく改善した。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019102407272

    「新華社」 黄河の旧河道が湿地公園に変身江蘇省徐州市  20日、徐州市睢寧(すいねい)県の房湾湿地公園。(小型無人機から)中国江蘇省徐州市はここ数年、黄河旧河道で大規模な総合開発プロジェクトを実施している。水流回復に重点を置いたしゅんせつや拡張工事により生態環境を修復し、河川の送水機能と貯水能力を向上させた。房湾湿地公園をはじめとする湿地帯も相次ぎ開発されている。旧河道沿いの景観は大幅に向上し、農業生産条件も大きく改善した。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019102304944

    「新華社」 晩稲が収穫期湖南省懐化市で豊作  18日、空から見た湖南省懐化市辰渓県安坪鎮桐楡林村の田んぼ。(小型無人機から)中国湖南省懐化市辰渓県安坪鎮の桐楡林村では、晩稲(おくて)が豊作となった。農民らは黄金色に染まった田んぼで収穫に追われている。(長沙=新華社配信/楊娟)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019102304866

    「新華社」 晩稲が収穫期湖南省懐化市で豊作  18日、湖南省懐化市辰渓県安坪鎮桐楡林村で刈り取り機を使って晩稲を収穫する農民。(小型無人機から)中国湖南省懐化市辰渓県安坪鎮の桐楡林村では、晩稲(おくて)が豊作となった。農民らは黄金色に染まった田んぼで収穫に追われている。(長沙=新華社配信/楊娟)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019102304691

    「新華社」 晩稲が収穫期湖南省懐化市で豊作  18日、空から見た湖南省懐化市辰渓県安坪鎮桐楡林村の田んぼ。(小型無人機から)中国湖南省懐化市辰渓県安坪鎮の桐楡林村では、晩稲(おくて)が豊作となった。農民らは黄金色に染まった田んぼで収穫に追われている。(長沙=新華社配信/楊娟)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像