検索結果 2,561 件中 1 件 〜 50
  1. 2020053003321

    霧島酒造サツマイモ購入減 契約農家のサツマイモ畑  霧島酒造と契約する農家のサツマイモ畑=28日、宮崎県内

  2. 2020053003217

    JA全中会長選に中家氏 中家徹氏  中家徹氏

  3. 2020052903320

    越実習生ら寺に身を寄せ 寄付された食材で夕食  徳林寺に寄付された米や野菜を使い夕食を用意するベトナムからの元技能実習生=14日、名古屋市

  4. 2020052801061

    南高梅の収穫始まる 南高梅農家  南高梅を収穫する農家=27日、和歌山県田辺市

  5. 2020052701688

    夕張メロンの収穫始まる 始まった収穫  北海道夕張市で始まった「夕張メロン」の収穫=5月24日 「ニュースアラカルト」(くらし)「夕張メロンの収穫始まる」

  6. 2020052400953

    解除見据え、再開へ準備 人影まばらなファーム富田  人影がまばらな北海道中富良野町の観光農園「ファーム富田」=24日午後

  7. 2020052400014

    夕張メロンの収穫始まる 始まった収穫  北海道夕張市で始まった「夕張メロン」の収穫=24日午前

  8. 2020052400013

    夕張メロンの収穫始まる 収穫されるメロン  北海道夕張市で始まった「夕張メロン」の収穫=24日午前

  9. 2020052400012

    夕張メロンの収穫始まる 収穫されたメロン  北海道夕張市で始まった「夕張メロン」の収穫=24日午前

  10. 2020052701120

    田植えの最盛期迎えた北の米どころ遼寧省盤錦市  24日、稲の苗を整理する盤錦市大窪(だいわ)区の農家。中国北方の米どころとして知られる遼寧省盤錦(ばんきん)市ではこのところ、育苗、整地、施肥、除草などの一連の作業を経て田植え作業が本格的に整然と進められている。同市の今年の水稲作付面積は159万ムー(10万6千ヘクタール)余りとなり、主な品種は塩粳、天隆優、錦稲、コシヒカリなどで、水稲優良品種カバー率は98%以上で安定している。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020052701185

    田植えの最盛期迎えた北の米どころ遼寧省盤錦市  24日、育苗温室の中で田植えの基準にかなう稲の苗を運ぶ盤錦市大窪(だいわ)区の農家。中国北方の米どころとして知られる遼寧省盤錦(ばんきん)市ではこのところ、育苗、整地、施肥、除草などの一連の作業を経て田植え作業が本格的に整然と進められている。同市の今年の水稲作付面積は159万ムー(10万6千ヘクタール)余りとなり、主な品種は塩粳、天隆優、錦稲、コシヒカリなどで、水稲優良品種カバー率は98%以上で安定している。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020052701195

    田植えの最盛期迎えた北の米どころ遼寧省盤錦市  24日、育苗温室の中で田植えの基準にかなう稲の苗を運ぶ盤錦市大窪(だいわ)区の農家。中国北方の米どころとして知られる遼寧省盤錦(ばんきん)市ではこのところ、育苗、整地、施肥、除草などの一連の作業を経て田植え作業が本格的に整然と進められている。同市の今年の水稲作付面積は159万ムー(10万6千ヘクタール)余りとなり、主な品種は塩粳、天隆優、錦稲、コシヒカリなどで、水稲優良品種カバー率は98%以上で安定している。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020052701194

    田植えの最盛期迎えた北の米どころ遼寧省盤錦市  24日、田植え機で田植え作業を行う盤錦市大窪(だいわ)区の農家。中国北方の米どころとして知られる遼寧省盤錦(ばんきん)市ではこのところ、育苗、整地、施肥、除草などの一連の作業を経て田植え作業が本格的に整然と進められている。同市の今年の水稲作付面積は159万ムー(10万6千ヘクタール)余りとなり、主な品種は塩粳、天隆優、錦稲、コシヒカリなどで、水稲優良品種カバー率は98%以上で安定している。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020052701193

    田植えの最盛期迎えた北の米どころ遼寧省盤錦市  24日、田植え機で田植え作業を行う盤錦市大窪(だいわ)区の農家。中国北方の米どころとして知られる遼寧省盤錦(ばんきん)市ではこのところ、育苗、整地、施肥、除草などの一連の作業を経て田植え作業が本格的に整然と進められている。同市の今年の水稲作付面積は159万ムー(10万6千ヘクタール)余りとなり、主な品種は塩粳、天隆優、錦稲、コシヒカリなどで、水稲優良品種カバー率は98%以上で安定している。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020052701182

    田植えの最盛期迎えた北の米どころ遼寧省盤錦市  24日、田植え機で田植え作業を行う盤錦市大窪(だいわ)区の農家。中国北方の米どころとして知られる遼寧省盤錦(ばんきん)市ではこのところ、育苗、整地、施肥、除草などの一連の作業を経て田植え作業が本格的に整然と進められている。同市の今年の水稲作付面積は159万ムー(10万6千ヘクタール)余りとなり、主な品種は塩粳、天隆優、錦稲、コシヒカリなどで、水稲優良品種カバー率は98%以上で安定している。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020052701180

    田植えの最盛期迎えた北の米どころ遼寧省盤錦市  24日、田植え機で田植え作業を行う盤錦市大窪(だいわ)区の農家。中国北方の米どころとして知られる遼寧省盤錦(ばんきん)市ではこのところ、育苗、整地、施肥、除草などの一連の作業を経て田植え作業が本格的に整然と進められている。同市の今年の水稲作付面積は159万ムー(10万6千ヘクタール)余りとなり、主な品種は塩粳、天隆優、錦稲、コシヒカリなどで、水稲優良品種カバー率は98%以上で安定している。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020052701099

    田植えの最盛期迎えた北の米どころ遼寧省盤錦市  24日、田植え機で田植え作業を行う盤錦市大窪(だいわ)区の農家。(小型無人機から)中国北方の米どころとして知られる遼寧省盤錦(ばんきん)市ではこのところ、育苗、整地、施肥、除草などの一連の作業を経て田植え作業が本格的に整然と進められている。同市の今年の水稲作付面積は159万ムー(10万6千ヘクタール)余りとなり、主な品種は塩粳、天隆優、錦稲、コシヒカリなどで、水稲優良品種カバー率は98%以上で安定している。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020052201282

    帰還困難区域で田植え 大熊町の田植え  福島県大熊町の帰還困難区域で行われた田植え。周囲の水田には雑草が茂っていた=22日午後

  19. 2020052200956

    宮崎マンゴー、収穫最盛期 マンゴーと大隈好剛さん  収穫が最盛期を迎えた宮崎マンゴーを手にする大隈好剛さん=19日、宮崎県綾町

  20. 2020052200496

    微細粉米粉の焼き菓子人気 ブラウニー  自家栽培の微細粉米粉でできたブラウニー

  21. 2020052701283

    のどかな水田風景広がる黒竜江省で田植えが本格化  22日、寧安市渤海鎮に広がる水田風景。(小型無人機から)中国黒竜江省でこのほど、田植えが本格的に始まった。ブランド米「響水大米(きょうすいたいまい)」の生産地、同省寧安市は今年、27万6千ムー(約1万8400ヘクタール)の水稲栽培を計画しており、現在全市内の田植えがほぼ終わりに近づいているという。(寧安=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020052701316

    のどかな水田風景広がる黒竜江省で田植えが本格化  22日、寧安市渤海鎮に広がる水田風景。(小型無人機から)中国黒竜江省でこのほど、田植えが本格的に始まった。ブランド米「響水大米(きょうすいたいまい)」の生産地、同省寧安市は今年、27万6千ムー(約1万8400ヘクタール)の水稲栽培を計画しており、現在全市内の田植えがほぼ終わりに近づいているという。(寧安=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020052701269

    のどかな水田風景広がる黒竜江省で田植えが本格化  22日、寧安市渤海鎮上官地村の水田で田植えに励む農家。中国黒竜江省でこのほど、田植えが本格的に始まった。ブランド米「響水大米(きょうすいたいまい)」の生産地、同省寧安市は今年、27万6千ムー(約1万8400ヘクタール)の水稲栽培を計画しており、現在全市内の田植えがほぼ終わりに近づいているという。(寧安=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020052701151

    ウズベキスタン、中国の節水技術を利用した高効率栽培技術を導入  22日、ウズベキスタン・シルダリヤ州で関連技術の普及や応用を指導する中国側の専門家(左)。綿花の生産が盛んな中央アジアのウズベキスタンでは現在、中国のシートマルチ栽培と点滴かん水技術を組み合わせたマルドリ方式による綿花の高効率栽培技術が導入されている。ウズベキスタン・シルダリヤ州にある中国・ウズベキスタン現代節水農業技術モデルセンターの綿花畑では、綿花が勢いよく成長している。現地で同じ時期に種が蒔かれた綿花畑と比べ、発芽が早く、雑草も少ないなど、明らかな利点が見られた。同センタープロジェクト区の農場主であるアブドゥッラーさんによると、中国のマルドリ方式栽培技術を活用することで、播種量は減ったものの、合理的な播種によって成長する苗の数は1ヘクタール当たり16万株に達したという。これは従来の栽培方法による成苗率の1・5倍に相当する。(シルダリヤ州=新華社配信)=2020(令和2)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020052701257

    のどかな水田風景広がる黒竜江省で田植えが本格化  22日、寧安市渤海鎮に広がる水田風景。(小型無人機から)中国黒竜江省でこのほど、田植えが本格的に始まった。ブランド米「響水大米(きょうすいたいまい)」の生産地、同省寧安市は今年、27万6千ムー(約1万8400ヘクタール)の水稲栽培を計画しており、現在全市内の田植えがほぼ終わりに近づいているという。(寧安=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020052701301

    のどかな水田風景広がる黒竜江省で田植えが本格化  22日、寧安市渤海鎮上官地村の水田で田植えに励む農家。中国黒竜江省でこのほど、田植えが本格的に始まった。ブランド米「響水大米(きょうすいたいまい)」の生産地、同省寧安市は今年、27万6千ムー(約1万8400ヘクタール)の水稲栽培を計画しており、現在全市内の田植えがほぼ終わりに近づいているという。(寧安=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020052701302

    のどかな水田風景広がる黒竜江省で田植えが本格化  22日、寧安市渤海鎮上官地村の水田で田植えに励む農家。(小型無人機から)中国黒竜江省でこのほど、田植えが本格的に始まった。ブランド米「響水大米(きょうすいたいまい)」の生産地、同省寧安市は今年、27万6千ムー(約1万8400ヘクタール)の水稲栽培を計画しており、現在全市内の田植えがほぼ終わりに近づいているという。(寧安=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020052701307

    のどかな水田風景広がる黒竜江省で田植えが本格化  22日、寧安市渤海鎮上官地村の水田で田植えに励む農家。(小型無人機から)中国黒竜江省でこのほど、田植えが本格的に始まった。ブランド米「響水大米(きょうすいたいまい)」の生産地、同省寧安市は今年、27万6千ムー(約1万8400ヘクタール)の水稲栽培を計画しており、現在全市内の田植えがほぼ終わりに近づいているという。(寧安=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020052701311

    のどかな水田風景広がる黒竜江省で田植えが本格化  22日、寧安市渤海鎮上官地村の水田で田植えに励む農家。中国黒竜江省でこのほど、田植えが本格的に始まった。ブランド米「響水大米(きょうすいたいまい)」の生産地、同省寧安市は今年、27万6千ムー(約1万8400ヘクタール)の水稲栽培を計画しており、現在全市内の田植えがほぼ終わりに近づいているという。(寧安=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020052701068

    ウズベキスタン、中国の節水技術を利用した高効率栽培技術を導入  22日、ウズベキスタン・シルダリヤ州にある、中国・ウズベキスタン現代節水農業技術モデルセンターの綿花畑。綿花の生産が盛んな中央アジアのウズベキスタンでは現在、中国のシートマルチ栽培と点滴かん水技術を組み合わせたマルドリ方式による綿花の高効率栽培技術が導入されている。ウズベキスタン・シルダリヤ州にある中国・ウズベキスタン現代節水農業技術モデルセンターの綿花畑では、綿花が勢いよく成長している。現地で同じ時期に種が蒔かれた綿花畑と比べ、発芽が早く、雑草も少ないなど、明らかな利点が見られた。同センタープロジェクト区の農場主であるアブドゥッラーさんによると、中国のマルドリ方式栽培技術を活用することで、播種量は減ったものの、合理的な播種によって成長する苗の数は1ヘクタール当たり16万株に達したという。これは従来の栽培方法による成苗率の1・5倍に相当する。(シルダリヤ州=新華社配信)=2020(令和2)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020052701255

    のどかな水田風景広がる黒竜江省で田植えが本格化  22日、寧安市渤海鎮上官地村の水田で田植えに励む農家。中国黒竜江省でこのほど、田植えが本格的に始まった。ブランド米「響水大米(きょうすいたいまい)」の生産地、同省寧安市は今年、27万6千ムー(約1万8400ヘクタール)の水稲栽培を計画しており、現在全市内の田植えがほぼ終わりに近づいているという。(寧安=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020052701258

    のどかな水田風景広がる黒竜江省で田植えが本格化  22日、寧安市渤海鎮上官地村の水田で田植えに励む農家。(小型無人機から)中国黒竜江省でこのほど、田植えが本格的に始まった。ブランド米「響水大米(きょうすいたいまい)」の生産地、同省寧安市は今年、27万6千ムー(約1万8400ヘクタール)の水稲栽培を計画しており、現在全市内の田植えがほぼ終わりに近づいているという。(寧安=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020052701325

    のどかな水田風景広がる黒竜江省で田植えが本格化  22日、寧安市渤海鎮上官地村の水田で田植えに励む農家。中国黒竜江省でこのほど、田植えが本格的に始まった。ブランド米「響水大米(きょうすいたいまい)」の生産地、同省寧安市は今年、27万6千ムー(約1万8400ヘクタール)の水稲栽培を計画しており、現在全市内の田植えがほぼ終わりに近づいているという。(寧安=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020052601874

    茶職人が技競う雨花茶手もみ・焙煎技術大会開催江蘇省  21日、会場で来場者に雨花茶を入れる茶芸師。21日は国連が定めた最初の「国際お茶の日」にあたる。無形文化遺産の「雨花茶の製造技術」を伝承し、雨花茶職人の技術向上を図るため、中国江蘇省茶葉学会、南京市農業農村局、中山陵園管理局が共催する「2020江蘇省手もみ・焙煎ならびに南京市雨花茶手もみ・焙煎技術競技大会」が同日、同市の鍾山風景区で開催された。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020052601980

    観光客に人気天津市の「最も美しい農家院」を訪ねて  21日、天津市薊州区漁陽鎮西井峪村にある農家院の庭でくつろぐ観光客。中国天津市の「最も美しい農家院」と称される薊州(けいしゅう)区は「天津の裏庭」とも呼ばれ、自然に恵まれた美しい街として知られる。農村観光のモデル転換とアップグレードに伴い、従来の伝統的な農村の民家(農家院)が「特色あふれる民宿」に変身し、多くの観光客を集めている。同区がこのほど実施した農家院を選ぶイベント「わたしが一番好きな農家院」で選出された「最も美しい農家院」は、同地の人々の精神的な追求や美意識を表している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020052602173

    スイカズラ栽培で収入増河北省清河県  21日、摘み取ったスイカズラを乾燥させる河北省邢台市清河県の農家。中国河北省邢台市清河県は2017年以降、農業産業構造の調整を進める過程で、市場の需要と地元の土壌や気候などの特徴を踏まえ、企業からの注文を受けることで農民によるスイカズラ栽培の発展をけん引してきた。同県では現在、スイカズラ栽培面積が2千ムー(約133ヘクタール)近くに達しており、農家の収入増を後押ししている。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020052602137

    観光客に人気天津市の「最も美しい農家院」を訪ねて  21日、天津市薊州区漁陽鎮西井峪村で、農家院の敷地内の石畳を清掃する村の人。中国天津市の「最も美しい農家院」と称される薊州(けいしゅう)区は「天津の裏庭」とも呼ばれ、自然に恵まれた美しい街として知られる。農村観光のモデル転換とアップグレードに伴い、従来の伝統的な農村の民家(農家院)が「特色あふれる民宿」に変身し、多くの観光客を集めている。同区がこのほど実施した農家院を選ぶイベント「わたしが一番好きな農家院」で選出された「最も美しい農家院」は、同地の人々の精神的な追求や美意識を表している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020052602122

    青島市で「嶗山茶闘茶大会」開催茶職人が伝統技を披露  21日、会場で手作業による伝統的な製茶の技法で茶をつくる選手たち。中国は茶の原産地であり、世界で最も早く茶葉を発見し、利用し始めた国でもある。国連食糧農業機関(FAO)商品問題委員会第72回会議(2019年12月)で、毎年の5月21日を「国際お茶の日」とすることが全会一致で可決された。中国山東省青島市で21日、「2020年度嶗山(ろうざん)茶闘茶大会」の決勝戦が行われ、製茶関連業界で働く選手100人余りが茶づくりや茶芸などの腕前を競い合った。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020052602147

    断崖の上に建つ歴史ある「空中村」をゆく山西省平順県  21日、岳家寨村に向かう道路を走る車。(小型無人機から)太行山の奥深くにある断層の上にある中国山西省平順県石城鎮の岳家寨村は、「太行山の空中村」と呼ばれ、2012年12月に第1次中国伝統村落保護リストに登録された。同村は2010年から地理的な優位性を生かして農村観光の発展に力を入れ始め、多くの村民が「農家楽」(アグリツーリズム)に取り組むことで、観光客の誘致を図っている。(平順=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020052602028

    断崖の上に建つ歴史ある「空中村」をゆく山西省平順県  21日、山西省平順県石城鎮岳家寨村にある民宿。(小型無人機から)太行山の奥深くにある断層の上にある中国山西省平順県石城鎮の岳家寨村は、「太行山の空中村」と呼ばれ、2012年12月に第1次中国伝統村落保護リストに登録された。同村は2010年から地理的な優位性を生かして農村観光の発展に力を入れ始め、多くの村民が「農家楽」(アグリツーリズム)に取り組むことで、観光客の誘致を図っている。(平順=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020052601834

    茶職人が技競う雨花茶手もみ・焙煎技術大会開催江蘇省  21日、会場で手もみの技を競い合う選手たち。21日は国連が定めた最初の「国際お茶の日」にあたる。無形文化遺産の「雨花茶の製造技術」を伝承し、雨花茶職人の技術向上を図るため、中国江蘇省茶葉学会、南京市農業農村局、中山陵園管理局が共催する「2020江蘇省手もみ・焙煎ならびに南京市雨花茶手もみ・焙煎技術競技大会」が同日、同市の鍾山風景区で開催された。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020052602167

    スイカズラ栽培で収入増河北省清河県  21日、スイカズラを摘み取る河北省邢台市清河県の農家。(小型無人機から)中国河北省邢台市清河県は2017年以降、農業産業構造の調整を進める過程で、市場の需要と地元の土壌や気候などの特徴を踏まえ、企業からの注文を受けることで農民によるスイカズラ栽培の発展をけん引してきた。同県では現在、スイカズラ栽培面積が2千ムー(約133ヘクタール)近くに達しており、農家の収入増を後押ししている。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020052602169

    スイカズラ栽培で収入増河北省清河県  21日、摘み取ったスイカズラを乾燥させる河北省邢台市清河県の農家。中国河北省邢台市清河県は2017年以降、農業産業構造の調整を進める過程で、市場の需要と地元の土壌や気候などの特徴を踏まえ、企業からの注文を受けることで農民によるスイカズラ栽培の発展をけん引してきた。同県では現在、スイカズラ栽培面積が2千ムー(約133ヘクタール)近くに達しており、農家の収入増を後押ししている。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020052602166

    スイカズラ栽培で収入増河北省清河県  21日、スイカズラを摘み取る河北省邢台市清河県の農家。中国河北省邢台市清河県は2017年以降、農業産業構造の調整を進める過程で、市場の需要と地元の土壌や気候などの特徴を踏まえ、企業からの注文を受けることで農民によるスイカズラ栽培の発展をけん引してきた。同県では現在、スイカズラ栽培面積が2千ムー(約133ヘクタール)近くに達しており、農家の収入増を後押ししている。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020052602109

    青島市で「嶗山茶闘茶大会」開催茶職人が伝統技を披露  21日、会場で手作業による伝統的な製茶の技法で茶をつくる選手たち。中国は茶の原産地であり、世界で最も早く茶葉を発見し、利用し始めた国でもある。国連食糧農業機関(FAO)商品問題委員会第72回会議(2019年12月)で、毎年の5月21日を「国際お茶の日」とすることが全会一致で可決された。中国山東省青島市で21日、「2020年度嶗山(ろうざん)茶闘茶大会」の決勝戦が行われ、製茶関連業界で働く選手100人余りが茶づくりや茶芸などの腕前を競い合った。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020052601895

    茶職人が技競う雨花茶手もみ・焙煎技術大会開催江蘇省  21日、会場で手もみの技を披露する選手。21日は国連が定めた最初の「国際お茶の日」にあたる。無形文化遺産の「雨花茶の製造技術」を伝承し、雨花茶職人の技術向上を図るため、中国江蘇省茶葉学会、南京市農業農村局、中山陵園管理局が共催する「2020江蘇省手もみ・焙煎ならびに南京市雨花茶手もみ・焙煎技術競技大会」が同日、同市の鍾山風景区で開催された。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020052601949

    スイカズラ栽培で収入増河北省清河県  21日、スイカズラを摘み取る河北省邢台市清河県の農家。中国河北省邢台市清河県は2017年以降、農業産業構造の調整を進める過程で、市場の需要と地元の土壌や気候などの特徴を踏まえ、企業からの注文を受けることで農民によるスイカズラ栽培の発展をけん引してきた。同県では現在、スイカズラ栽培面積が2千ムー(約133ヘクタール)近くに達しており、農家の収入増を後押ししている。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020052601968

    スイカズラ栽培で収入増河北省清河県  21日、スイカズラを摘み取る河北省邢台市清河県の農家。(小型無人機から)中国河北省邢台市清河県は2017年以降、農業産業構造の調整を進める過程で、市場の需要と地元の土壌や気候などの特徴を踏まえ、企業からの注文を受けることで農民によるスイカズラ栽培の発展をけん引してきた。同県では現在、スイカズラ栽培面積が2千ムー(約133ヘクタール)近くに達しており、農家の収入増を後押ししている。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020052601880

    茶職人が技競う雨花茶手もみ・焙煎技術大会開催江蘇省  21日、会場で雨花茶を入れる茶芸師。21日は国連が定めた最初の「国際お茶の日」にあたる。無形文化遺産の「雨花茶の製造技術」を伝承し、雨花茶職人の技術向上を図るため、中国江蘇省茶葉学会、南京市農業農村局、中山陵園管理局が共催する「2020江蘇省手もみ・焙煎ならびに南京市雨花茶手もみ・焙煎技術競技大会」が同日、同市の鍾山風景区で開催された。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020052601940

    青島市で「嶗山茶闘茶大会」開催茶職人が伝統技を披露  21日、会場で手作業による伝統的な製茶の技法で茶をつくる選手たち。中国は茶の原産地であり、世界で最も早く茶葉を発見し、利用し始めた国でもある。国連食糧農業機関(FAO)商品問題委員会第72回会議(2019年12月)で、毎年の5月21日を「国際お茶の日」とすることが全会一致で可決された。中国山東省青島市で21日、「2020年度嶗山(ろうざん)茶闘茶大会」の決勝戦が行われ、製茶関連業界で働く選手100人余りが茶づくりや茶芸などの腕前を競い合った。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像