検索結果 17,096 件中 1 件 〜 50
  1. 2020021701015

    漁業と農業、どう併存  国営諫早湾干拓事業の潮受け堤防によって閉め切られた調整池。右は有明海=2019年9月、長崎県諫早市

  2. 2020021916816

    「新華社」 農作業にいそしむ中国各地の農家  16日、貴州省黔南プイ族ミャオ族自治州竜里県谷脚鎮のイチゴ栽培拠点でイチゴの摘み取りをする農家。早春を迎えた中国各地で、農家が新型コロナウイルスによる肺炎の予防・抑制に取り組みながら、時期を見て農作業を進めている。農地では忙しく働く人々の姿をそこかしこに見ることができる。(黔南=新華社配信/潘希来)=2020(令和2)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2020021916665

    「新華社」 農作業にいそしむ中国各地の農家  16日、大根を収穫する四川省彭州市葛仙山鎮普勝村の農家。早春を迎えた中国各地で、農家が新型コロナウイルスによる肺炎の予防・抑制に取り組みながら、時期を見て農作業を進めている。農地では忙しく働く人々の姿をそこかしこに見ることができる。(彭州=新華社配信/羅国楊)=2020(令和2)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2020021916680

    「新華社」 農作業にいそしむ中国各地の農家  16日、畑のジャガイモを確認する四川省彭州市葛仙山鎮楠新村の農家。早春を迎えた中国各地で、農家が新型コロナウイルスによる肺炎の予防・抑制に取り組みながら、時期を見て農作業を進めている。農地では忙しく働く人々の姿をそこかしこに見ることができる。(彭州=新華社配信/羅国楊)=2020(令和2)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2020021500290

    「けいざいフォーカス」 野菜20品を同時に水耕栽培  20品目以上の野菜が同時に水耕栽培で育てられている「アプレ」のハウス内の様子=1月、北海道七飯町

  6. 2020021500289

    「けいざいフォーカス」 野菜20品を同時に水耕栽培  20品目以上の野菜が同時に水耕栽培で育てられている「アプレ」のハウス=1月、北海道七飯町

  7. 2020021500288

    「けいざいフォーカス」 野菜20品を同時に水耕栽培  20品目以上の野菜が同時に水耕栽培で育てられている「アプレ」のハウス内の様子=1月、北海道七飯町

  8. 2020021800903

    「新華社」 パキスタン東部でバッタが大量発生農業被害深刻  15日、パキスタン東部パンジャブ州オカラ地区の農地でバッタを追い払う農民。(スマートフォンで撮影)パキスタン東部地方では昨年6月以降、大量発生したバッタが穀物や飼料を食べ尽くす「蝗害(こうがい)」が続いている。同国政府は今年初め、国家非常事態を宣言。農作物と農民の利益を守るため対策に取り組んでいる。(オカラ=新華社配信)=2020(令和2)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2020021800906

    「新華社」 パキスタン東部でバッタが大量発生農業被害深刻  15日、パキスタン東部パンジャブ州オカラ地区の農地でバッタを追い払う農民。(スマートフォンで撮影)パキスタン東部地方では昨年6月以降、大量発生したバッタが穀物や飼料を食べ尽くす「蝗害(こうがい)」が続いている。同国政府は今年初め、国家非常事態を宣言。農作物と農民の利益を守るため対策に取り組んでいる。(オカラ=新華社配信)=2020(令和2)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2020021800893

    「新華社」 パキスタン東部でバッタが大量発生農業被害深刻  15日、パキスタン東部パンジャブ州オカラ地区の農地でバッタを追い払う子どもたち。(スマートフォンで撮影)パキスタン東部地方では昨年6月以降、大量発生したバッタが穀物や飼料を食べ尽くす「蝗害(こうがい)」が続いている。同国政府は今年初め、国家非常事態を宣言。農作物と農民の利益を守るため対策に取り組んでいる。(オカラ=新華社配信)=2020(令和2)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2020021800912

    「新華社」 パキスタン東部でバッタが大量発生農業被害深刻  15日、パキスタン東部パンジャブ州オカラ地区の農地でバッタを追い払う農民。(スマートフォンで撮影)パキスタン東部地方では昨年6月以降、大量発生したバッタが穀物や飼料を食べ尽くす「蝗害(こうがい)」が続いている。同国政府は今年初め、国家非常事態を宣言。農作物と農民の利益を守るため対策に取り組んでいる。(オカラ=新華社配信)=2020(令和2)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2020021800916

    「新華社」 パキスタン東部でバッタが大量発生農業被害深刻  15日、パキスタン東部パンジャブ州オカラ地区に襲来したバッタの大群。(スマートフォンで撮影)パキスタン東部地方では昨年6月以降、大量発生したバッタが穀物や飼料を食べ尽くす「蝗害(こうがい)」が続いている。同国政府は今年初め、国家非常事態を宣言。農作物と農民の利益を守るため対策に取り組んでいる。(オカラ=新華社配信)=2020(令和2)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2020021800884

    「新華社」 パキスタン東部でバッタが大量発生農業被害深刻  15日、パキスタン東部パンジャブ州オカラ地区の農地でバッタを追い払う子どもたち。(スマートフォンで撮影)パキスタン東部地方では昨年6月以降、大量発生したバッタが穀物や飼料を食べ尽くす「蝗害(こうがい)」が続いている。同国政府は今年初め、国家非常事態を宣言。農作物と農民の利益を守るため対策に取り組んでいる。(オカラ=新華社配信)=2020(令和2)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2020021800967

    「新華社」 パキスタン東部でバッタが大量発生農業被害深刻  15日、パキスタン東部パンジャブ州オカラ地区の農地でバッタを追い払う農民。(スマートフォンで撮影)パキスタン東部地方では昨年6月以降、大量発生したバッタが穀物や飼料を食べ尽くす「蝗害(こうがい)」が続いている。同国政府は今年初め、国家非常事態を宣言。農作物と農民の利益を守るため対策に取り組んでいる。(オカラ=新華社配信)=2020(令和2)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2020021800968

    「新華社」 パキスタン東部でバッタが大量発生農業被害深刻  15日、パキスタン東部パンジャブ州オカラ地区で、捕まえたバッタを見せる男性。(スマートフォンで撮影)パキスタン東部地方では昨年6月以降、大量発生したバッタが穀物や飼料を食べ尽くす「蝗害(こうがい)」が続いている。同国政府は今年初め、国家非常事態を宣言。農作物と農民の利益を守るため対策に取り組んでいる。(オカラ=新華社配信)=2020(令和2)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2020021916812

    「新華社」 感染症対策と耕作準備を両立雲南省石林県  14日、温室でペピーノの苗を世話する農民。新型コロナウイルスによる肺炎との闘いが続く中、中国雲南省石林イ族自治県の農民たちは感染症予防に努めると同時に、春の農作業に向けて種や肥料の準備、ビニールハウスの設置などに精を出している。同県は今年、トウモロコシやイネなど穀物の栽培を50万ムー(約3万3300ヘクタール)規模で計画。15日までに耕地のうち39万6千ムー(約2万6400ヘクタール)のすき返しを終え、種子429・5トン、化学肥料4321トンを用意して、間もなく始まる農作業に備えている。(昆明=新華社配信/魏渓玥)=2020(令和2)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2020021800883

    「新華社」 農村の感染対策に改造した農業機械が活躍河北省  14日、河北省灤州市范荘村の道路で消毒液の噴霧作業を行う高効率遠隔農業用噴霧器。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、河北省灤州(らんしゅう)市はこのほど、農業機械を改造し予防・抑制の新たなツールとした。同市は農業合作社(協同組合)に無償で提供している農業用小型無人機と、俗に「カノン砲」と呼ばれる高効率で遠隔操作が可能な農業用噴霧器などの農機を徹底洗浄後、消毒液噴霧機器に改造した。さらに農業合作社の組合員を動員し消毒防疫班を設立。農民が「防疫先兵」となり、積極的に業務に当たっている。(灤州=新華社配信/于愛双)=2020(令和2)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2020021800939

    「新華社」 農村の感染対策に改造した農業機械が活躍河北省  14日、河北省灤州市范荘村の道路で消毒液の噴霧作業を行う高効率遠隔農業用噴霧器。(小型無人機から)新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、河北省灤州(らんしゅう)市はこのほど、農業機械を改造し予防・抑制の新たなツールとした。同市は農業合作社(協同組合)に無償で提供している農業用小型無人機と、俗に「カノン砲」と呼ばれる高効率で遠隔操作が可能な農業用噴霧器などの農機を徹底洗浄後、消毒液噴霧機器に改造した。さらに農業合作社の組合員を動員し消毒防疫班を設立。農民が「防疫先兵」となり、積極的に業務に当たっている。(灤州=新華社配信/于愛双)=2020(令和2)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2020021800941

    「新華社」 農村の感染対策に改造した農業機械が活躍河北省  14日、消毒液の噴霧に使用する農業用小型無人機を試験調整する作業員。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、河北省灤州(らんしゅう)市はこのほど、農業機械を改造し予防・抑制の新たなツールとした。同市は農業合作社(協同組合)に無償で提供している農業用小型無人機と、俗に「カノン砲」と呼ばれる高効率で遠隔操作が可能な農業用噴霧器などの農機を徹底洗浄後、消毒液噴霧機器に改造した。さらに農業合作社の組合員を動員し消毒防疫班を設立。農民が「防疫先兵」となり、積極的に業務に当たっている。(灤州=新華社配信/于愛双)=2020(令和2)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2020021800944

    「新華社」 農村の感染対策に改造した農業機械が活躍河北省  14日、高効率遠隔農業用噴霧器に消毒液を注入する作業員。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、河北省灤州(らんしゅう)市はこのほど、農業機械を改造し予防・抑制の新たなツールとした。同市は農業合作社(協同組合)に無償で提供している農業用小型無人機と、俗に「カノン砲」と呼ばれる高効率で遠隔操作が可能な農業用噴霧器などの農機を徹底洗浄後、消毒液噴霧機器に改造した。さらに農業合作社の組合員を動員し消毒防疫班を設立。農民が「防疫先兵」となり、積極的に業務に当たっている。(灤州=新華社配信/于愛双)=2020(令和2)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2020021800861

    「新華社」 農村の感染対策に改造した農業機械が活躍河北省  14日、河北省灤州市范荘村の道路で消毒液の噴霧作業を行う高効率遠隔農業用噴霧器。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、河北省灤州(らんしゅう)市はこのほど、農業機械を改造し予防・抑制の新たなツールとした。同市は農業合作社(協同組合)に無償で提供している農業用小型無人機と、俗に「カノン砲」と呼ばれる高効率で遠隔操作が可能な農業用噴霧器などの農機を徹底洗浄後、消毒液噴霧機器に改造した。さらに農業合作社の組合員を動員し消毒防疫班を設立。農民が「防疫先兵」となり、積極的に業務に当たっている。(灤州=新華社配信/于愛双)=2020(令和2)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2020021800940

    「新華社」 農村の感染対策に改造した農業機械が活躍河北省  14日、河北省灤州市范荘村で上空から消毒液を噴霧する農業用小型無人機。(小型無人機から)新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、河北省灤州(らんしゅう)市はこのほど、農業機械を改造し予防・抑制の新たなツールとした。同市は農業合作社(協同組合)に無償で提供している農業用小型無人機と、俗に「カノン砲」と呼ばれる高効率で遠隔操作が可能な農業用噴霧器などの農機を徹底洗浄後、消毒液噴霧機器に改造した。さらに農業合作社の組合員を動員し消毒防疫班を設立。農民が「防疫先兵」となり、積極的に業務に当たっている。(灤州=新華社配信/于愛双)=2020(令和2)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2020021304498

    故郷思い、新たな道へ  東日本大震災でがれきの山になった畑に立つ当時小学1年の及川太門さん(写真上前列中央)と菊農家の父康史さん(同後列左)ら一家(2011年6月)。震災翌年から菊栽培を再開し出荷量は3分の2にまで戻った。太門さん(写真下中央)は、仕事で疲れていても野球の相手をしてくれる父を敬う。将来は「家族と一緒にいたいし地元が好き。農家を継ぎたい」と話した=2月1日、宮城県南三陸町

  24. 2020021700385

    「新華社」 優先手続き実施で、春の耕作向け肥料輸入支援黒竜江省綏芬河  12日、春の耕作準備中の農家のために化学肥料を運ぶ貨物列車。中国黒竜江省最大の対ロシア口岸(通関地)、綏芬河(すいふんが)鉄道口岸の荷役作業場で12日午前、作業員がロシアからばら積みで輸入された化学肥料の袋詰め作業を行った。肥料はその後、省内で春の耕作の準備をしている農家に向け、貨物列車に積み込まれ発送された。今年に入り、同口岸からは既に116便、計8千トンのカリ肥料が輸入されている。現在は春の耕作準備の重要な時期にあり、綏芬河鉄道口岸では新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大防止・抑制対策をしっかり行うと同時に、農業用物資を速やかに入国させ各地に転送するため、優先手続きを行っている。またロシア・ポグラニチニのグロデコボ駅と積極的に協力して調整を行い、貨物が入国したその日に通関手続を済ませ、安全で円滑な詰め替え作業を行っている。(ハルビン=新華社配信/曲芸偉)=2020(令和2)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2020021700585

    「新華社」 優先手続き実施で、春の耕作向け肥料輸入支援黒竜江省綏芬河  12日、黒竜江省の綏芬河鉄道口岸で化学肥料を袋詰めする作業員。中国黒竜江省最大の対ロシア口岸(通関地)、綏芬河(すいふんが)鉄道口岸の荷役作業場で12日午前、作業員がロシアからばら積みで輸入された化学肥料の袋詰め作業を行った。肥料はその後、省内で春の耕作の準備をしている農家に向け、貨物列車に積み込まれ発送された。今年に入り、同口岸からは既に116便、計8千トンのカリ肥料が輸入されている。現在は春の耕作準備の重要な時期にあり、綏芬河鉄道口岸では新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大防止・抑制対策をしっかり行うと同時に、農業用物資を速やかに入国させ各地に転送するため、優先手続きを行っている。またロシア・ポグラニチニのグロデコボ駅と積極的に協力して調整を行い、貨物が入国したその日に通関手続を済ませ、安全で円滑な詰め替え作業を行っている。(ハルビン=新華社配信/曲芸偉)=2020(令和2)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2020021700549

    「新華社」 優先手続き実施で、春の耕作向け肥料輸入支援黒竜江省綏芬河  12日、黒竜江省の綏芬河鉄道口岸で積荷の化学肥料をかき出す作業員。中国黒竜江省最大の対ロシア口岸(通関地)、綏芬河(すいふんが)鉄道口岸の荷役作業場で12日午前、作業員がロシアからばら積みで輸入された化学肥料の袋詰め作業を行った。肥料はその後、省内で春の耕作の準備をしている農家に向け、貨物列車に積み込まれ発送された。今年に入り、同口岸からは既に116便、計8千トンのカリ肥料が輸入されている。現在は春の耕作準備の重要な時期にあり、綏芬河鉄道口岸では新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大防止・抑制対策をしっかり行うと同時に、農業用物資を速やかに入国させ各地に転送するため、優先手続きを行っている。またロシア・ポグラニチニのグロデコボ駅と積極的に協力して調整を行い、貨物が入国したその日に通関手続を済ませ、安全で円滑な詰め替え作業を行っている。(ハルビン=新華社配信/曲芸偉)=2020(令和2)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2020021700386

    「新華社」 優先手続き実施で、春の耕作向け肥料輸入支援黒竜江省綏芬河  12日、袋詰めされた化学肥料。中国黒竜江省最大の対ロシア口岸(通関地)、綏芬河(すいふんが)鉄道口岸の荷役作業場で12日午前、作業員がロシアからばら積みで輸入された化学肥料の袋詰め作業を行った。肥料はその後、省内で春の耕作の準備をしている農家に向け、貨物列車に積み込まれ発送された。今年に入り、同口岸からは既に116便、計8千トンのカリ肥料が輸入されている。現在は春の耕作準備の重要な時期にあり、綏芬河鉄道口岸では新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大防止・抑制対策をしっかり行うと同時に、農業用物資を速やかに入国させ各地に転送するため、優先手続きを行っている。またロシア・ポグラニチニのグロデコボ駅と積極的に協力して調整を行い、貨物が入国したその日に通関手続を済ませ、安全で円滑な詰め替え作業を行っている。(ハルビン=新華社配信/曲芸偉)=2020(令和2)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2020021700537

    「新華社」 優先手続き実施で、春の耕作向け肥料輸入支援黒竜江省綏芬河  12日、黒竜江省の綏芬河鉄道口岸で化学肥料を袋詰めする作業員。中国黒竜江省最大の対ロシア口岸(通関地)、綏芬河(すいふんが)鉄道口岸の荷役作業場で12日午前、作業員がロシアからばら積みで輸入された化学肥料の袋詰め作業を行った。肥料はその後、省内で春の耕作の準備をしている農家に向け、貨物列車に積み込まれ発送された。今年に入り、同口岸からは既に116便、計8千トンのカリ肥料が輸入されている。現在は春の耕作準備の重要な時期にあり、綏芬河鉄道口岸では新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大防止・抑制対策をしっかり行うと同時に、農業用物資を速やかに入国させ各地に転送するため、優先手続きを行っている。またロシア・ポグラニチニのグロデコボ駅と積極的に協力して調整を行い、貨物が入国したその日に通関手続を済ませ、安全で円滑な詰め替え作業を行っている。(ハルビン=新華社配信/曲芸偉)=2020(令和2)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2020021700394

    「新華社」 優先手続き実施で、春の耕作向け肥料輸入支援黒竜江省綏芬河  12日、黒竜江省の綏芬河鉄道口岸で化学肥料を袋詰めする作業員。中国黒竜江省最大の対ロシア口岸(通関地)、綏芬河(すいふんが)鉄道口岸の荷役作業場で12日午前、作業員がロシアからばら積みで輸入された化学肥料の袋詰め作業を行った。肥料はその後、省内で春の耕作の準備をしている農家に向け、貨物列車に積み込まれ発送された。今年に入り、同口岸からは既に116便、計8千トンのカリ肥料が輸入されている。現在は春の耕作準備の重要な時期にあり、綏芬河鉄道口岸では新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大防止・抑制対策をしっかり行うと同時に、農業用物資を速やかに入国させ各地に転送するため、優先手続きを行っている。またロシア・ポグラニチニのグロデコボ駅と積極的に協力して調整を行い、貨物が入国したその日に通関手続を済ませ、安全で円滑な詰め替え作業を行っている。(ハルビン=新華社配信/曲芸偉)=2020(令和2)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2020021916807

    「新華社」 感染症対策と耕作準備を両立雲南省石林県  12日、ビニールハウスを設置する農民。新型コロナウイルスによる肺炎との闘いが続く中、中国雲南省石林イ族自治県の農民たちは感染症予防に努めると同時に、春の農作業に向けて種や肥料の準備、ビニールハウスの設置などに精を出している。同県は今年、トウモロコシやイネなど穀物の栽培を50万ムー(約3万3300ヘクタール)規模で計画。15日までに耕地のうち39万6千ムー(約2万6400ヘクタール)のすき返しを終え、種子429・5トン、化学肥料4321トンを用意して、間もなく始まる農作業に備えている。(昆明=新華社配信/魏渓玥)=2020(令和2)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2020021916985

    「新華社」 感染症対策と耕作準備を両立雲南省石林県  12日、化学肥料など春に使用する農業資材を運ぶ作業員。新型コロナウイルスによる肺炎との闘いが続く中、中国雲南省石林イ族自治県の農民たちは感染症予防に努めると同時に、春の農作業に向けて種や肥料の準備、ビニールハウスの設置などに精を出している。同県は今年、トウモロコシやイネなど穀物の栽培を50万ムー(約3万3300ヘクタール)規模で計画。15日までに耕地のうち39万6千ムー(約2万6400ヘクタール)のすき返しを終え、種子429・5トン、化学肥料4321トンを用意して、間もなく始まる農作業に備えている。(昆明=新華社配信/魏渓玥)=2020(令和2)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2020021916820

    「新華社」 感染症対策と耕作準備を両立雲南省石林県  10日、畑で作業をする農民。新型コロナウイルスによる肺炎との闘いが続く中、中国雲南省石林イ族自治県の農民たちは感染症予防に努めると同時に、春の農作業に向けて種や肥料の準備、ビニールハウスの設置などに精を出している。同県は今年、トウモロコシやイネなど穀物の栽培を50万ムー(約3万3300ヘクタール)規模で計画。15日までに耕地のうち39万6千ムー(約2万6400ヘクタール)のすき返しを終え、種子429・5トン、化学肥料4321トンを用意して、間もなく始まる農作業に備えている。(昆明=新華社配信/魏渓玥)=2020(令和2)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2020021409883

    「新華社」 感染対策と春の耕作を並行、都市への野菜供給確保広西チワン族自治区  10日、欽州市の市民に野菜や果物を届ける久隆鎮青草村紫京農業生態園のスタッフ。中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市ではこのところ、春の耕作の準備時期を迎え、新型コロナウイルスによる肺炎感染の流行に妨げられることなく春の耕作や生産が行われている。地元の人々は一丸となって感染の予防・抑制に取り組むと同時に、急いで畑を耕して春の栽培を進め、冬野菜を収穫し、都市部住民への野菜供給を確保している。(欽州=新華社記者/張愛林)=2020(令和2)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2020021409842

    「新華社」 感染対策と春の耕作を並行、都市への野菜供給確保広西チワン族自治区  10日、久隆鎮大嶺村の農家の野菜畑で、野菜の検査をする欽州市欽南区の農産物品質安全検査担当者。中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市ではこのところ、春の耕作の準備時期を迎え、新型コロナウイルスによる肺炎感染の流行に妨げられることなく春の耕作や生産が行われている。地元の人々は一丸となって感染の予防・抑制に取り組むと同時に、急いで畑を耕して春の栽培を進め、冬野菜を収穫し、都市部住民への野菜供給を確保している。(欽州=新華社記者/張愛林)=2020(令和2)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2020021409844

    「新華社」 感染対策と春の耕作を並行、都市への野菜供給確保広西チワン族自治区  10日、久隆鎮大嶺村で、市場に供給するため冬野菜を急いで収穫する農民。中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市ではこのところ、春の耕作の準備時期を迎え、新型コロナウイルスによる肺炎感染の流行に妨げられることなく春の耕作や生産が行われている。地元の人々は一丸となって感染の予防・抑制に取り組むと同時に、急いで畑を耕して春の栽培を進め、冬野菜を収穫し、都市部住民への野菜供給を確保している。(欽州=新華社記者/張愛林)=2020(令和2)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2020021409843

    「新華社」 感染対策と春の耕作を並行、都市への野菜供給確保広西チワン族自治区  10日、久隆鎮大嶺村で、畑を耕して春の栽培に備える農民。中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市ではこのところ、春の耕作の準備時期を迎え、新型コロナウイルスによる肺炎感染の流行に妨げられることなく春の耕作や生産が行われている。地元の人々は一丸となって感染の予防・抑制に取り組むと同時に、急いで畑を耕して春の栽培を進め、冬野菜を収穫し、都市部住民への野菜供給を確保している。(欽州=新華社記者/張愛林)=2020(令和2)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2020021409852

    「新華社」 感染対策と春の耕作を並行、都市への野菜供給確保広西チワン族自治区  10日、欽南区久隆鎮で、市場向けのパクチーを収穫する欽州鑫糧食品供応鏈有限公司のスタッフ。中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市ではこのところ、春の耕作の準備時期を迎え、新型コロナウイルスによる肺炎感染の流行に妨げられることなく春の耕作や生産が行われている。地元の人々は一丸となって感染の予防・抑制に取り組むと同時に、急いで畑を耕して春の栽培を進め、冬野菜を収穫し、都市部住民への野菜供給を確保している。(欽州=新華社記者/張愛林)=2020(令和2)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2020021409881

    「新華社」 感染対策と春の耕作を並行、都市への野菜供給確保広西チワン族自治区  10日、菜園の手入れをする久隆鎮大嶺村の農民。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市ではこのところ、春の耕作の準備時期を迎え、新型コロナウイルスによる肺炎感染の流行に妨げられることなく春の耕作や生産が行われている。地元の人々は一丸となって感染の予防・抑制に取り組むと同時に、急いで畑を耕して春の栽培を進め、冬野菜を収穫し、都市部住民への野菜供給を確保している。(欽州=新華社記者/張愛林)=2020(令和2)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2020020704019

    連載企画「ルポ 2020の透視図」6回続きの(2)「台風被災地」 ふるさと2度失った母  台風による水害で泥に埋まったリンゴの木。収穫されないままリンゴが落ちていた=長野市

  40. 2020020509732

    西武日南キャンプ  キャンプ初の休日にミカンの「せとか」の収穫体験をする西武・宮川(中央)ら=宮崎県日南市

  41. 2020021200791

    「山陽新聞」 岡山で黄ニラ出荷本格化  黄ニラを天日干しする植田副部会長。岡山県が全国一の生産量を誇る黄ニラの出荷が、県内最大の産地・岡山市北区牟佐で本格化している。農家の畑では、金のすだれのように天日干しされた黄ニラが、澄んだ冬空に映えている。同地区では30戸が約10ヘクタールを栽培。このうち約1ヘクタールで育てるJA岡山黄ニラ部会の植田輝義副部会長(45)によると、干して水分を飛ばすことで色付きが良くなり風味も増すといい、「寒さで成長が穏やかなこの時期が最も甘味が詰まっていておいしい」と話す。=2020(令和2)年2月5日、岡山市北区牟佐、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  42. 2020013102973

    中村哲さん・資料  アフガニスタン東部ナンガルハル州のシェワ地区で開かれた農業用水路の完成式での中村医師(中央左)とシェルザイ知事(同右)=2010年2月(共同)

  43. 2020013102971

    中村哲さん・資料  アフガニスタン東部ナンガルハル州のシェワ地区で開かれた農業用水路の完成式でシェルザイ知事を持ち上げようとする中村哲さん(中央左)=2010年2月(共同)

  44. 2020013102969

    中村哲さん・資料  アフガニスタン東部ナンガルハル州のシェワ地区で開かれた農業用水路の完成式に出席した中村哲さん。右はシェルザイ知事=2010年2月(共同)

  45. 2020013102968

    中村哲さん・資料  アフガニスタン東部ナンガルハル州のシェワ地区で開かれた農業用水路の完成式でシェルザイ知事のお腹をさする中村哲さん(左)=2010年2月(共同)

  46. 2020020300556

    「新華社」 武漢の華中農業大学を応援韓国同窓会会長  1月30日、「武漢頑張れ」と書かれた紙を持つ陳炳来氏。中国湖北省武漢市にある華中農業大学の韓国同窓会会長を務める東亜大学の陳炳来教授は1月30日夜、「私の中国の故郷は武漢であり、日ごろから『武漢族』を自称しています。武漢のことで心を痛めています。手助けできないことを残念に思います」と母校にメッセージを送った。「文章が下手」と謙遜する陳氏は「武漢頑張れ」と印刷された文字を手に武漢を応援した。(武漢=新華社配信/蒋朝常)=2020(令和2)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2020012903795

    野菜収穫時期、AIが予測  トマトの光合成速度が表示されたスマートフォン=2019年12月、愛知県豊橋市

  48. 2020012807794

    台風19号の被災農家を視察  台風19号で、果樹園が被災した宍戸里司さん(左から2人目)の作業場内で懇談される秋篠宮ご夫妻=28日午前、福島県伊達市(代表撮影)

  49. 2020012720806

    「大型サイド」トランプ政権と米農家 「約束ほご」と不信感  トウモロコシ由来のバイオ燃料を生産する工場=2019年12月、米アイオワ州(共同)

  50. 2020012500009

    「ニュース産直便」 耕作放棄地にワイナリー  「ロイヤルベリーズファーム」のブルーベリーワインなどを扱う販売所=19日、栃木県那須町

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像