検索結果 16,585 件中 1 件 〜 50
  1. 2019102100062

    「スクランブル」 「森と共生の農業」成果  ブラジル北部トメアスで、森林農法の農場を案内する峰下興三郎さん=9月(共同)

  2. 2019102100061

    「スクランブル」 「森と共生の農業」成果  ブラジル北部のトメアス総合農協のジュース工場で、原料のアサイーを手にする乙幡敬一アルベルト理事長=9月(共同)

  3. 2019102100060

    「スクランブル」 「森と共生の農業」成果  ブラジル北部トメアスの森林農法の先駆者、小長野道則さん=9月(共同)

  4. 2019102000602

    稲倒れ、水に漬かった新米  被害を受けたコンバインの前で、浸水の高さを指し示す農家の大内喜博さん=18日、宮城県丸森町

  5. 2019101900031

    キュウリ農家、被害甚大  倒壊したキュウリ農家金沢一郎さんのビニールハウス=16日、福島県須賀川市

  6. 2019101900022

    キュウリ農家、被害甚大  倒壊したキュウリ農家金沢一郎さんのビニールハウス=16日、福島県須賀川市

  7. 2019101900011

    キュウリ農家、被害甚大  大きく変形したビニールハウスを見つめるキュウリ農家の小林美子さん=16日、福島県須賀川市

  8. 2019101804724

    「写真特集」20枚組の(12) 台風19号上陸から1週間  水害に遭った自宅の裏を見渡す男性。長年育ててきたリンゴ畑が、根こそぎ水に流された。「生きがいだったんじゃけどね。もう年だから農業は諦める」とうつむいた=17日、長野市穂保地区

  9. 2019101802349

    「海外フォト」 豊作願い  イエメンの首都サヌア近郊で大麦の収穫に当たる人。実りの秋、豊作を願います。(ロイター=共同)

  10. 2019101800853

    全国一のイチゴ生産に被害  台風19号の影響で浸水被害に見舞われた、イチゴ農家の鈴木行雄さん=15日、栃木県鹿沼市

  11. 2019101800851

    全国一のイチゴ生産に被害  台風19号の影響で壊れたビニールハウスを修理する、イチゴ農家の鈴木行雄さん夫妻=15日、栃木県鹿沼市

  12. 2019101800833

    全国一のイチゴ生産に被害  台風19号による大量の水で入り口部分が壊れたビニールハウス=15日、栃木県鹿沼市

  13. 2019101606271

    自動収穫ロボ、農家で実演  佐賀県太良町で行われた自動野菜収穫ロボットの実演=16日午後

  14. 2019101601312

    リンゴ、収穫期に大打撃  被災したリンゴ直売所「倉石農園」で後片付けをする人たち=14日、長野市豊野町

  15. 2019101601308

    リンゴ、収穫期に大打撃  水につかり販売できなくなったリンゴを手にする倉石忠昌さん=14日、長野市豊野町

  16. 2019101805075

    「新華社」 わらの焼却問題、廃棄物から収入の糧に湖南省常徳市  15日、常徳市鼎城区草坪鎮の興隆街村で、わらを加工した飼料を牛に与える農家の曾照剛(そう・しょうごう)さん。中国湖南省常徳市では、今年に入り農作物収穫後のわらの焼却禁止を徹底している。禁止の強化と再利用を並行して進め、再利用に向けた先進技術と設備も導入した。収穫の時期を迎えた同市鼎城(ていじょう)区の草坪(そうへい)鎮では、農家がわらを燃やす風景は過去のものとなった。わらは梱包(こんぽう)機で束にした後、廃棄物からお宝に変身する。1トンあたり150~200元(1元=約15円)で回収され、家畜飼料や製板・製紙の材料などに加工される。市の取り組みは、わら焼却の問題を解決したばかりか、農家の収入アップにもつながった。(長沙=新華社記者/陳思汗)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019101805010

    「新華社」 わらの焼却問題、廃棄物から収入の糧に湖南省常徳市  15日、常徳市鼎城区草坪鎮の興隆街村で、わら梱包機を運転し同僚と2人で田畑でワラを収拾する郭凌峰(かく・りんほう)さん(左)。(小型無人機から)中国湖南省常徳市では、今年に入り農作物収穫後のわらの焼却禁止を徹底している。禁止の強化と再利用を並行して進め、再利用に向けた先進技術と設備も導入した。収穫の時期を迎えた同市鼎城(ていじょう)区の草坪(そうへい)鎮では、農家がわらを燃やす風景は過去のものとなった。わらは梱包(こんぽう)機で束にした後、廃棄物からお宝に変身する。1トンあたり150~200元(1元=約15円)で回収され、家畜飼料や製板・製紙の材料などに加工される。市の取り組みは、わら焼却の問題を解決したばかりか、農家の収入アップにもつながった。(長沙=新華社記者/陳思汗)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019101804987

    「新華社」 わらの焼却問題、廃棄物から収入の糧に湖南省常徳市  15日、常徳市鼎城区草坪鎮のわら収集センターに集められたわら束。中国湖南省常徳市では、今年に入り農作物収穫後のわらの焼却禁止を徹底している。禁止の強化と再利用を並行して進め、再利用に向けた先進技術と設備も導入した。収穫の時期を迎えた同市鼎城(ていじょう)区の草坪(そうへい)鎮では、農家がわらを燃やす風景は過去のものとなった。わらは梱包(こんぽう)機で束にした後、廃棄物からお宝に変身する。1トンあたり150~200元(1元=約15円)で回収され、家畜飼料や製板・製紙の材料などに加工される。市の取り組みは、わら焼却の問題を解決したばかりか、農家の収入アップにもつながった。(長沙=新華社記者/陳思汗)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019101804965

    「新華社」 わらの焼却問題、廃棄物から収入の糧に湖南省常徳市  15日、常徳市鼎城区草坪鎮の卓宇農業合作社の飼料工場で積み出しを待つわらを加工した飼料。中国湖南省常徳市では、今年に入り農作物収穫後のわらの焼却禁止を徹底している。禁止の強化と再利用を並行して進め、再利用に向けた先進技術と設備も導入した。収穫の時期を迎えた同市鼎城(ていじょう)区の草坪(そうへい)鎮では、農家がわらを燃やす風景は過去のものとなった。わらは梱包(こんぽう)機で束にした後、廃棄物からお宝に変身する。1トンあたり150~200元(1元=約15円)で回収され、家畜飼料や製板・製紙の材料などに加工される。市の取り組みは、わら焼却の問題を解決したばかりか、農家の収入アップにもつながった。(長沙=新華社記者/陳思汗)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019101805062

    「新華社」 わらの焼却問題、廃棄物から収入の糧に湖南省常徳市  15日、常徳市鼎城区草坪鎮の卓宇農業合作社の飼料工場で配合される飼葉とわら。(小型無人機から)中国湖南省常徳市では、今年に入り農作物収穫後のわらの焼却禁止を徹底している。禁止の強化と再利用を並行して進め、再利用に向けた先進技術と設備も導入した。収穫の時期を迎えた同市鼎城(ていじょう)区の草坪(そうへい)鎮では、農家がわらを燃やす風景は過去のものとなった。わらは梱包(こんぽう)機で束にした後、廃棄物からお宝に変身する。1トンあたり150~200元(1元=約15円)で回収され、家畜飼料や製板・製紙の材料などに加工される。市の取り組みは、わら焼却の問題を解決したばかりか、農家の収入アップにもつながった。(長沙=新華社記者/陳思汗)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019101805076

    「新華社」 わらの焼却問題、廃棄物から収入の糧に湖南省常徳市  15日、常徳市鼎城区草坪鎮の興隆街村で、わら梱包機を運転し同僚と2人で田畑でワラを収拾する郭凌峰(かく・りんほう)さん(左)。中国湖南省常徳市では、今年に入り農作物収穫後のわらの焼却禁止を徹底している。禁止の強化と再利用を並行して進め、再利用に向けた先進技術と設備も導入した。収穫の時期を迎えた同市鼎城(ていじょう)区の草坪(そうへい)鎮では、農家がわらを燃やす風景は過去のものとなった。わらは梱包(こんぽう)機で束にした後、廃棄物からお宝に変身する。1トンあたり150~200元(1元=約15円)で回収され、家畜飼料や製板・製紙の材料などに加工される。市の取り組みは、わら焼却の問題を解決したばかりか、農家の収入アップにもつながった。(長沙=新華社記者/陳思汗)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019101805020

    「新華社」 わらの焼却問題、廃棄物から収入の糧に湖南省常徳市  15日、常徳市鼎城区草坪鎮の卓宇農業合作社の飼料工場で配合される飼葉とわら。中国湖南省常徳市では、今年に入り農作物収穫後のわらの焼却禁止を徹底している。禁止の強化と再利用を並行して進め、再利用に向けた先進技術と設備も導入した。収穫の時期を迎えた同市鼎城(ていじょう)区の草坪(そうへい)鎮では、農家がわらを燃やす風景は過去のものとなった。わらは梱包(こんぽう)機で束にした後、廃棄物からお宝に変身する。1トンあたり150~200元(1元=約15円)で回収され、家畜飼料や製板・製紙の材料などに加工される。市の取り組みは、わら焼却の問題を解決したばかりか、農家の収入アップにもつながった。(長沙=新華社記者/陳思汗)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019101805059

    「新華社」 わらの焼却問題、廃棄物から収入の糧に湖南省常徳市  15日、常徳市鼎城区草坪鎮の興隆街村で、わらを加工して作った飼料を食べる牛。中国湖南省常徳市では、今年に入り農作物収穫後のわらの焼却禁止を徹底している。禁止の強化と再利用を並行して進め、再利用に向けた先進技術と設備も導入した。収穫の時期を迎えた同市鼎城(ていじょう)区の草坪(そうへい)鎮では、農家がわらを燃やす風景は過去のものとなった。わらは梱包(こんぽう)機で束にした後、廃棄物からお宝に変身する。1トンあたり150~200元(1元=約15円)で回収され、家畜飼料や製板・製紙の材料などに加工される。市の取り組みは、わら焼却の問題を解決したばかりか、農家の収入アップにもつながった。(長沙=新華社記者/陳思汗)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019101703510

    「新華社」 唐山市でショウガの収穫が最盛期河北省  14日、河北省唐山市豊潤区新軍屯鎮山王寨村でショウガの収穫作業をする農家。中国河北省唐山市の豊潤区政府はここ数年、合作社と農家の連携による経営管理方式の導入を農民に促し、利益拡大のためショウガ栽培の大規模化を進めてきた。同区のショウガの栽培面積は約3万8千ムー(1ムー=15分の1ヘクタール)に達し、農家3千戸以上の収入増が実現した。(唐山=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019101703484

    「新華社」 高原野菜の栽培で収入増雲南省曲靖市沾益区  14日、野菜栽培拠点で草取りをする沾益区花山街道李家屯村の住民。中国雲南省曲靖市沾益区花山街道はここ数年、高原野菜の栽培に力を入れており、年間生産量4万5千トン以上で、30種類以上の野菜が市場で好評を得ている。地元の人々は、土地使用権の譲渡や自宅近くでの就業などにより収入を増やすことができた。(沾益=新華社記者/楊宗友)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019101703519

    「新華社」 高原野菜の栽培で収入増雲南省曲靖市沾益区  14日、野菜を箱詰めする沾益区花山街道施家屯村の住民。中国雲南省曲靖市沾益区花山街道はここ数年、高原野菜の栽培に力を入れており、年間生産量4万5千トン以上で、30種類以上の野菜が市場で好評を得ている。地元の人々は、土地使用権の譲渡や自宅近くでの就業などにより収入を増やすことができた。(沾益=新華社記者/楊宗友)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019101703453

    「新華社」 高原野菜の栽培で収入増雲南省曲靖市沾益区  14日、野菜栽培拠点でトウガラシを収穫する沾益区花山街道施家屯村の住民。中国雲南省曲靖市沾益区花山街道はここ数年、高原野菜の栽培に力を入れており、年間生産量4万5千トン以上で、30種類以上の野菜が市場で好評を得ている。地元の人々は、土地使用権の譲渡や自宅近くでの就業などにより収入を増やすことができた。(沾益=新華社記者/楊宗友)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019101703416

    「新華社」 唐山市でショウガの収穫が最盛期河北省  14日、河北省唐山市豊潤区新軍屯鎮山王寨村でショウガの収穫作業をする農家。中国河北省唐山市の豊潤区政府はここ数年、合作社と農家の連携による経営管理方式の導入を農民に促し、利益拡大のためショウガ栽培の大規模化を進めてきた。同区のショウガの栽培面積は約3万8千ムー(1ムー=15分の1ヘクタール)に達し、農家3千戸以上の収入増が実現した。(唐山=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019101703387

    「新華社」 唐山市でショウガの収穫が最盛期河北省  14日、河北省唐山市豊潤区新軍屯鎮山王寨村でショウガの収穫作業をする農家。中国河北省唐山市の豊潤区政府はここ数年、合作社と農家の連携による経営管理方式の導入を農民に促し、利益拡大のためショウガ栽培の大規模化を進めてきた。同区のショウガの栽培面積は約3万8千ムー(1ムー=15分の1ヘクタール)に達し、農家3千戸以上の収入増が実現した。(唐山=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019101703520

    「新華社」 高原野菜の栽培で収入増雲南省曲靖市沾益区  14日、野菜栽培拠点でトウガラシを収穫する沾益区花山街道施家屯村の住民。中国雲南省曲靖市沾益区花山街道はここ数年、高原野菜の栽培に力を入れており、年間生産量4万5千トン以上で、30種類以上の野菜が市場で好評を得ている。地元の人々は、土地使用権の譲渡や自宅近くでの就業などにより収入を増やすことができた。(沾益=新華社記者/楊宗友)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019101703487

    「新華社」 高原野菜の栽培で収入増雲南省曲靖市沾益区  14日、野菜の出荷準備をする沾益区花山街道松林村の住民。中国雲南省曲靖市沾益区花山街道はここ数年、高原野菜の栽培に力を入れており、年間生産量4万5千トン以上で、30種類以上の野菜が市場で好評を得ている。地元の人々は、土地使用権の譲渡や自宅近くでの就業などにより収入を増やすことができた。(沾益=新華社記者/楊宗友)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019101605406

    「新華社」 アメリカニンジンが豊作山東省威海市  12日、威海市文登区高村鎮で、アメリカニンジンを収穫する農家。黄金の秋、中国山東省威海市文登区では、特産のアメリカニンジン(Panaxquinquefolius)が豊作となっている。同区では1980年代初めからアメリカニンジンの栽培を開始。現在の栽培面積は約5万5千ムー(1ムー=15分の1ヘクタール)で、年間生産量は生ニンジンが7500トン、乾燥ニンジンが約1800トンとなっており、中国最大のアメリカニンジン生産地となっている。地元ではアメリカニンジンの栽培が住民に増収をもたらす特色ある産業となっている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019101605447

    「新華社」 アメリカニンジンが豊作山東省威海市  12日、威海市文登区高村鎮で、収穫したアメリカニンジンを手にする農家。黄金の秋、中国山東省威海市文登区では、特産のアメリカニンジン(Panaxquinquefolius)が豊作となっている。同区では1980年代初めからアメリカニンジンの栽培を開始。現在の栽培面積は約5万5千ムー(1ムー=15分の1ヘクタール)で、年間生産量は生ニンジンが7500トン、乾燥ニンジンが約1800トンとなっており、中国最大のアメリカニンジン生産地となっている。地元ではアメリカニンジンの栽培が住民に増収をもたらす特色ある産業となっている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019101605462

    「新華社」 アメリカニンジンが豊作山東省威海市  12日、威海市文登区高村鎮で、収穫したアメリカニンジンを手にする農家。黄金の秋、中国山東省威海市文登区では、特産のアメリカニンジン(Panaxquinquefolius)が豊作となっている。同区では1980年代初めからアメリカニンジンの栽培を開始。現在の栽培面積は約5万5千ムー(1ムー=15分の1ヘクタール)で、年間生産量は生ニンジンが7500トン、乾燥ニンジンが約1800トンとなっており、中国最大のアメリカニンジン生産地となっている。地元ではアメリカニンジンの栽培が住民に増収をもたらす特色ある産業となっている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019101605433

    「新華社」 アメリカニンジンが豊作山東省威海市  12日、威海市文登区張家産鎮で、収穫されたアメリカニンジンを洗う農家。黄金の秋、中国山東省威海市文登区では、特産のアメリカニンジン(Panaxquinquefolius)が豊作となっている。同区では1980年代初めからアメリカニンジンの栽培を開始。現在の栽培面積は約5万5千ムー(1ムー=15分の1ヘクタール)で、年間生産量は生ニンジンが7500トン、乾燥ニンジンが約1800トンとなっており、中国最大のアメリカニンジン生産地となっている。地元ではアメリカニンジンの栽培が住民に増収をもたらす特色ある産業となっている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019101605434

    「新華社」 アメリカニンジンが豊作山東省威海市  12日、威海市文登区高村鎮で、収穫されたアメリカニンジン。黄金の秋、中国山東省威海市文登区では、特産のアメリカニンジン(Panaxquinquefolius)が豊作となっている。同区では1980年代初めからアメリカニンジンの栽培を開始。現在の栽培面積は約5万5千ムー(1ムー=15分の1ヘクタール)で、年間生産量は生ニンジンが7500トン、乾燥ニンジンが約1800トンとなっており、中国最大のアメリカニンジン生産地となっている。地元ではアメリカニンジンの栽培が住民に増収をもたらす特色ある産業となっている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019101605436

    「新華社」 アメリカニンジンが豊作山東省威海市  12日、威海市文登区張家産鎮で、収穫されたアメリカニンジンを洗う農家。黄金の秋、中国山東省威海市文登区では、特産のアメリカニンジン(Panaxquinquefolius)が豊作となっている。同区では1980年代初めからアメリカニンジンの栽培を開始。現在の栽培面積は約5万5千ムー(1ムー=15分の1ヘクタール)で、年間生産量は生ニンジンが7500トン、乾燥ニンジンが約1800トンとなっており、中国最大のアメリカニンジン生産地となっている。地元ではアメリカニンジンの栽培が住民に増収をもたらす特色ある産業となっている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019101605427

    「新華社」 アメリカニンジンが豊作山東省威海市  12日、威海市文登区高村鎮で、アメリカニンジンを収穫する農家。黄金の秋、中国山東省威海市文登区では、特産のアメリカニンジン(Panaxquinquefolius)が豊作となっている。同区では1980年代初めからアメリカニンジンの栽培を開始。現在の栽培面積は約5万5千ムー(1ムー=15分の1ヘクタール)で、年間生産量は生ニンジンが7500トン、乾燥ニンジンが約1800トンとなっており、中国最大のアメリカニンジン生産地となっている。地元ではアメリカニンジンの栽培が住民に増収をもたらす特色ある産業となっている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019101605452

    「新華社」 アメリカニンジンが豊作山東省威海市  12日、威海市文登区高村鎮で、アメリカニンジンを収穫する農家。黄金の秋、中国山東省威海市文登区では、特産のアメリカニンジン(Panaxquinquefolius)が豊作となっている。同区では1980年代初めからアメリカニンジンの栽培を開始。現在の栽培面積は約5万5千ムー(1ムー=15分の1ヘクタール)で、年間生産量は生ニンジンが7500トン、乾燥ニンジンが約1800トンとなっており、中国最大のアメリカニンジン生産地となっている。地元ではアメリカニンジンの栽培が住民に増収をもたらす特色ある産業となっている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019101605419

    「新華社」 アメリカニンジンが豊作山東省威海市  12日、威海市文登区張家産鎮で、収穫されたアメリカニンジンを洗う農家。黄金の秋、中国山東省威海市文登区では、特産のアメリカニンジン(Panaxquinquefolius)が豊作となっている。同区では1980年代初めからアメリカニンジンの栽培を開始。現在の栽培面積は約5万5千ムー(1ムー=15分の1ヘクタール)で、年間生産量は生ニンジンが7500トン、乾燥ニンジンが約1800トンとなっており、中国最大のアメリカニンジン生産地となっている。地元ではアメリカニンジンの栽培が住民に増収をもたらす特色ある産業となっている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019101605128

    「新華社」 「カニ縛り大会」で実りの秋を迎える浙江省湖州市  11日、「カニ縛り大会」でわらを使って上海ガニを縛る村民。中国浙江省湖州市の織里鎮伍浦村で11日、「カニ縛り大会」が行われた。村民らは伝統的な手法で「大閘蟹」(上海ガニ)を縛り、喜びに満ちた豊作の秋を迎えた。同村は水産資源が豊富で、現在の養殖面積は1200ムー(80ヘクタール)余り、年間生産高は1400万元(1元=約15円)を超えている。10月は同村で養殖された上海ガニの収穫時期で、「カニ縛り大会」の開催は、村民が技を披露し学びを深め、伝統的な縛り方を普及させ、地元の上海ガニの産業化を促進することが狙い。(湖州=新華社記者/徐昱)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019101605188

    「新華社」 干ばつ対策用の水源を強化江西省南昌市  11日、三級ポンプステーションで吸い上げた贛江(かんこう)の水を農業用水としたことで順調に進む秋の収穫作業。(小型無人機から)中国江西省では7月下旬から10月初旬まで降水量が少なく、主要河川で水位の低い状態が続き、多くの地域でさまざまな程度の干ばつが発生している。秋の農作物の収穫を順調に進められるよう、南昌市新建区では干ばつ対策に延べ2600人以上の職員を投入、300基を超える対策設備を購入し、ポンプ式の井戸を900本以上追加した。また、川底をさらい流れをよくして10数キロメートルの水路を引き入れるなど、全力で農業用水の確保に当たっている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019101605066

    「新華社」 「カニ縛り大会」で実りの秋を迎える浙江省湖州市  11日、「カニ縛り大会」でわらを使って上海ガニを縛る村民。中国浙江省湖州市の織里鎮伍浦村で11日、「カニ縛り大会」が行われた。村民らは伝統的な手法で「大閘蟹」(上海ガニ)を縛り、喜びに満ちた豊作の秋を迎えた。同村は水産資源が豊富で、現在の養殖面積は1200ムー(80ヘクタール)余り、年間生産高は1400万元(1元=約15円)を超えている。10月は同村で養殖された上海ガニの収穫時期で、「カニ縛り大会」の開催は、村民が技を披露し学びを深め、伝統的な縛り方を普及させ、地元の上海ガニの産業化を促進することが狙い。(湖州=新華社記者/徐昱)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019101605092

    「新華社」 「ミニチュア農具」に込められた田園の思い出江西省都昌県  11日、手作りの「ミニチュア水車」に水を掛けて動かす兪聖記さん。収穫の秋真っ只中の中国江西省九江市都昌県陽峰郷村。村民の兪聖記(ゆ・せいき)さんは74才の高齢となり、畑仕事からは引退したものの、特別な形で自身の田園の記憶を記録に残している。木工制作を始めて58年。2010年からは記憶を頼りに紅梨木(堅木の一種)とクスノキを使ったミニチュア農具を手作りしている。精巧な見た目のミニチュアは、実際に動かすことも可能。これまでに百セット以上を作り上げた。兪さんは丁寧な手仕事で1980年代以前に広く使われていた農具を再現した。これらの作品から昔ながらの農耕文化を再認識し、古き良き農村の面影を感じることができる。(九江=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019101604841

    「新華社」 「ミニチュア農具」に込められた田園の思い出江西省都昌県  11日、兪聖記さんが手作りした「ミニチュア一輪車」。収穫の秋真っ只中の中国江西省九江市都昌県陽峰郷村。村民の兪聖記(ゆ・せいき)さんは74才の高齢となり、畑仕事からは引退したものの、特別な形で自身の田園の記憶を記録に残している。木工制作を始めて58年。2010年からは記憶を頼りに紅梨木(堅木の一種)とクスノキを使ったミニチュア農具を手作りしている。精巧な見た目のミニチュアは、実際に動かすことも可能。これまでに百セット以上を作り上げた。兪さんは丁寧な手仕事で1980年代以前に広く使われていた農具を再現した。これらの作品から昔ながらの農耕文化を再認識し、古き良き農村の面影を感じることができる。(九江=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019101605194

    「新華社」 干ばつ対策用の水源を強化江西省南昌市  11日、南昌市新建区昌邑(しょうゆう)郷の沿岸干ばつ対策ステーションで、農業用水を確保するため、揚水ポンプで贛江(かんこう)の水を吸い上げる作業員。中国江西省では7月下旬から10月初旬まで降水量が少なく、主要河川で水位の低い状態が続き、多くの地域でさまざまな程度の干ばつが発生している。秋の農作物の収穫を順調に進められるよう、南昌市新建区では干ばつ対策に延べ2600人以上の職員を投入、300基を超える対策設備を購入し、ポンプ式の井戸を900本以上追加した。また、川底をさらい流れをよくして10数キロメートルの水路を引き入れるなど、全力で農業用水の確保に当たっている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019101605180

    「新華社」 「カニ縛り大会」で実りの秋を迎える浙江省湖州市  11日、「カニ縛り大会」でわらを使って上海ガニを縛る村民。中国浙江省湖州市の織里鎮伍浦村で11日、「カニ縛り大会」が行われた。村民らは伝統的な手法で「大閘蟹」(上海ガニ)を縛り、喜びに満ちた豊作の秋を迎えた。同村は水産資源が豊富で、現在の養殖面積は1200ムー(80ヘクタール)余り、年間生産高は1400万元(1元=約15円)を超えている。10月は同村で養殖された上海ガニの収穫時期で、「カニ縛り大会」の開催は、村民が技を披露し学びを深め、伝統的な縛り方を普及させ、地元の上海ガニの産業化を促進することが狙い。(湖州=新華社記者/徐昱)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019101605140

    「新華社」 「カニ縛り大会」で実りの秋を迎える浙江省湖州市  11日、「カニ縛り大会」でわらを使って上海ガニを縛る村民。中国浙江省湖州市の織里鎮伍浦村で11日、「カニ縛り大会」が行われた。村民らは伝統的な手法で「大閘蟹」(上海ガニ)を縛り、喜びに満ちた豊作の秋を迎えた。同村は水産資源が豊富で、現在の養殖面積は1200ムー(80ヘクタール)余り、年間生産高は1400万元(1元=約15円)を超えている。10月は同村で養殖された上海ガニの収穫時期で、「カニ縛り大会」の開催は、村民が技を披露し学びを深め、伝統的な縛り方を普及させ、地元の上海ガニの産業化を促進することが狙い。(湖州=新華社記者/徐昱)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019101605155

    「新華社」 干ばつ対策用の水源を強化江西省南昌市  11日、南昌市新建区昌邑(しょうゆう)郷の贛江(かんこう)の沿岸で水位が下がり続けむき出しになった干潟。(小型無人機から)中国江西省では7月下旬から10月初旬まで降水量が少なく、主要河川で水位の低い状態が続き、多くの地域でさまざまな程度の干ばつが発生している。秋の農作物の収穫を順調に進められるよう、南昌市新建区では干ばつ対策に延べ2600人以上の職員を投入、300基を超える対策設備を購入し、ポンプ式の井戸を900本以上追加した。また、川底をさらい流れをよくして10数キロメートルの水路を引き入れるなど、全力で農業用水の確保に当たっている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019101605134

    「新華社」 「カニ縛り大会」で実りの秋を迎える浙江省湖州市  11日、「カニ縛り大会」でわらを使って上海ガニを縛る村民。中国浙江省湖州市の織里鎮伍浦村で11日、「カニ縛り大会」が行われた。村民らは伝統的な手法で「大閘蟹」(上海ガニ)を縛り、喜びに満ちた豊作の秋を迎えた。同村は水産資源が豊富で、現在の養殖面積は1200ムー(80ヘクタール)余り、年間生産高は1400万元(1元=約15円)を超えている。10月は同村で養殖された上海ガニの収穫時期で、「カニ縛り大会」の開催は、村民が技を披露し学びを深め、伝統的な縛り方を普及させ、地元の上海ガニの産業化を促進することが狙い。(湖州=新華社記者/徐昱)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像