検索結果 147 件中 1 件 〜 50 件 "貧困世帯"
  1. 2020070111171

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村のジャガイモのビニールハウスで農作業に励む村の人たち。中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020070111173

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村の「農光互補」(農業と太陽光発電の協業)プロジェクトエリアにあるソーラーパネルの下に植えられた薬用植物の生育状況をチェックする村民の徐亜茹(じょ・あじょ)さん。中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020070111119

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村に立ち並ぶ住宅。中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020070111120

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村に立ち並ぶ住宅。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020070111125

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村の太陽光発電施設で、ソーラーパネルを掃除する村の人。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020070111138

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村の太陽光発電施設で、ソーラーパネルを点検する電力技術者。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020070111079

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村の太陽光発電施設。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020070111050

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村の太陽光発電施設で、ソーラーパネルを掃除する村の人。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020070111074

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村に立ち並ぶ住宅。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020070111077

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村に立ち並ぶ住宅。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020070111080

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村の花畑で働く作業員。中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020070111128

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村の花壇で花の手入れをする作業員。中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020070111130

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、自宅前の畑に植えた野菜の手入れをする徳勝村の村民。中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020070111103

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  上:かつての徳勝村。(2017年1月24日撮影、小型無人機から)。下:23日、住宅が立ち並ぶ徳勝村。(小型無人機から、組み合わせ写真)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2017(平成29)年1月24日、2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020070111109

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、自身が経営する「老王微民宿(王さんの小さな民宿)」で、「福」の字が書かれた飾りを整える徳勝村の村民、孫桂英(そん・けいえい)さん(右)。中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020070111110

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村のジャガイモのビニールハウスで農作業に励む村の人。中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020070111097

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、住宅が立ち並ぶ徳勝村の風景。中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020070111121

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村のジャガイモのビニールハウス。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020070111075

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、自身が経営する「老王微民宿(王さんの小さな民宿)」のベランダで、シーツを干す徳勝村の村民、孫桂英(そん・けいえい)さん。中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020070111082

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村の太陽光発電施設。中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020060508899

    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  5月29日、地元のハウスでサケツバタケを収穫する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/趙沢輝)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020060508859

    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  5月29日、地元のハウスでサケツバタケを収穫する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/賀書琛)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020060508822

    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  5月29日、地元のハウスでサケツバタケを収穫する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/賀書琛)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020060508691

    Uターン起業したトン族女性、伝統の染織工芸で貧困扶助貴州省  5月28日、トン族伝統の木綿の手織り布を干す楊成蘭さん。中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮豊登トン寨に暮らす1980年代生まれのトン族女性、楊成蘭(よう・せいらん)さんは、2016年に夫とともに都会での仕事を辞め、故郷に戻って起業する道を選んだ。夫婦は空き家の2部屋を工房に改造し、故郷に伝わる機織り技術を生かして手織りの布や衣服、インテリア雑貨など一連のテキスタイル製品の生産・加工を行い、電子商取引(EC)プラットフォームで販売している。楊さんは18年、村に伝統織染合作社(協同組合)を設立し、村内および周辺集落の貧困世帯に出資を呼びかけた。地元の貧困世帯や村民の合作社への参加を促し、織りや染色、藍栽培などの産業に従事してもらうことで、民族に伝わる伝統の手工芸を継承すると同時に、村の人々の貧困脱却と増収につなげている。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020060508705

    Uターン起業したトン族女性、伝統の染織工芸で貧困扶助貴州省  5月28日、日に当てて乾かしたトン族伝統の木綿の手織り布を取り込む楊成蘭さん(左)と弟子。中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮豊登トン寨に暮らす1980年代生まれのトン族女性、楊成蘭(よう・せいらん)さんは、2016年に夫とともに都会での仕事を辞め、故郷に戻って起業する道を選んだ。夫婦は空き家の2部屋を工房に改造し、故郷に伝わる機織り技術を生かして手織りの布や衣服、インテリア雑貨など一連のテキスタイル製品の生産・加工を行い、電子商取引(EC)プラットフォームで販売している。楊さんは18年、村に伝統織染合作社(協同組合)を設立し、村内および周辺集落の貧困世帯に出資を呼びかけた。地元の貧困世帯や村民の合作社への参加を促し、織りや染色、藍栽培などの産業に従事してもらうことで、民族に伝わる伝統の手工芸を継承すると同時に、村の人々の貧困脱却と増収につなげている。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020060508762

    Uターン起業したトン族女性、伝統の染織工芸で貧困扶助貴州省  5月28日、植物由来の染料をタンクに注ぐ楊成蘭さん(左)とトン族の女性たち。中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮豊登トン寨に暮らす1980年代生まれのトン族女性、楊成蘭(よう・せいらん)さんは、2016年に夫とともに都会での仕事を辞め、故郷に戻って起業する道を選んだ。夫婦は空き家の2部屋を工房に改造し、故郷に伝わる機織り技術を生かして手織りの布や衣服、インテリア雑貨など一連のテキスタイル製品の生産・加工を行い、電子商取引(EC)プラットフォームで販売している。楊さんは18年、村に伝統織染合作社(協同組合)を設立し、村内および周辺集落の貧困世帯に出資を呼びかけた。地元の貧困世帯や村民の合作社への参加を促し、織りや染色、藍栽培などの産業に従事してもらうことで、民族に伝わる伝統の手工芸を継承すると同時に、村の人々の貧困脱却と増収につなげている。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020060508820

    Uターン起業したトン族女性、伝統の染織工芸で貧困扶助貴州省  5月28日、トン族伝統の木綿の手織り布を干す楊成蘭さん。中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮豊登トン寨に暮らす1980年代生まれのトン族女性、楊成蘭(よう・せいらん)さんは、2016年に夫とともに都会での仕事を辞め、故郷に戻って起業する道を選んだ。夫婦は空き家の2部屋を工房に改造し、故郷に伝わる機織り技術を生かして手織りの布や衣服、インテリア雑貨など一連のテキスタイル製品の生産・加工を行い、電子商取引(EC)プラットフォームで販売している。楊さんは18年、村に伝統織染合作社(協同組合)を設立し、村内および周辺集落の貧困世帯に出資を呼びかけた。地元の貧困世帯や村民の合作社への参加を促し、織りや染色、藍栽培などの産業に従事してもらうことで、民族に伝わる伝統の手工芸を継承すると同時に、村の人々の貧困脱却と増収につなげている。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020060508684

    Uターン起業したトン族女性、伝統の染織工芸で貧困扶助貴州省  5月28日、合作社の貧困者支援作業場で布を織る楊成蘭さん。中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮豊登トン寨に暮らす1980年代生まれのトン族女性、楊成蘭(よう・せいらん)さんは、2016年に夫とともに都会での仕事を辞め、故郷に戻って起業する道を選んだ。夫婦は空き家の2部屋を工房に改造し、故郷に伝わる機織り技術を生かして手織りの布や衣服、インテリア雑貨など一連のテキスタイル製品の生産・加工を行い、電子商取引(EC)プラットフォームで販売している。楊さんは18年、村に伝統織染合作社(協同組合)を設立し、村内および周辺集落の貧困世帯に出資を呼びかけた。地元の貧困世帯や村民の合作社への参加を促し、織りや染色、藍栽培などの産業に従事してもらうことで、民族に伝わる伝統の手工芸を継承すると同時に、村の人々の貧困脱却と増収につなげている。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020060508717

    Uターン起業したトン族女性、伝統の染織工芸で貧困扶助貴州省  5月28日、トン族伝統の木綿の手織り布を干す楊成蘭さん(左)。中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮豊登トン寨に暮らす1980年代生まれのトン族女性、楊成蘭(よう・せいらん)さんは、2016年に夫とともに都会での仕事を辞め、故郷に戻って起業する道を選んだ。夫婦は空き家の2部屋を工房に改造し、故郷に伝わる機織り技術を生かして手織りの布や衣服、インテリア雑貨など一連のテキスタイル製品の生産・加工を行い、電子商取引(EC)プラットフォームで販売している。楊さんは18年、村に伝統織染合作社(協同組合)を設立し、村内および周辺集落の貧困世帯に出資を呼びかけた。地元の貧困世帯や村民の合作社への参加を促し、織りや染色、藍栽培などの産業に従事してもらうことで、民族に伝わる伝統の手工芸を継承すると同時に、村の人々の貧困脱却と増収につなげている。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020060508734

    Uターン起業したトン族女性、伝統の染織工芸で貧困扶助貴州省  5月28日、完成したトン族伝統の木綿の手織り布を整理する楊成蘭さん。中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮豊登トン寨に暮らす1980年代生まれのトン族女性、楊成蘭(よう・せいらん)さんは、2016年に夫とともに都会での仕事を辞め、故郷に戻って起業する道を選んだ。夫婦は空き家の2部屋を工房に改造し、故郷に伝わる機織り技術を生かして手織りの布や衣服、インテリア雑貨など一連のテキスタイル製品の生産・加工を行い、電子商取引(EC)プラットフォームで販売している。楊さんは18年、村に伝統織染合作社(協同組合)を設立し、村内および周辺集落の貧困世帯に出資を呼びかけた。地元の貧困世帯や村民の合作社への参加を促し、織りや染色、藍栽培などの産業に従事してもらうことで、民族に伝わる伝統の手工芸を継承すると同時に、村の人々の貧困脱却と増収につなげている。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020060508777

    Uターン起業したトン族女性、伝統の染織工芸で貧困扶助貴州省  5月28日、日に当てて乾かしたトン族伝統の木綿の手織り布を取り込んで帰る楊成蘭さん。中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮豊登トン寨に暮らす1980年代生まれのトン族女性、楊成蘭(よう・せいらん)さんは、2016年に夫とともに都会での仕事を辞め、故郷に戻って起業する道を選んだ。夫婦は空き家の2部屋を工房に改造し、故郷に伝わる機織り技術を生かして手織りの布や衣服、インテリア雑貨など一連のテキスタイル製品の生産・加工を行い、電子商取引(EC)プラットフォームで販売している。楊さんは18年、村に伝統織染合作社(協同組合)を設立し、村内および周辺集落の貧困世帯に出資を呼びかけた。地元の貧困世帯や村民の合作社への参加を促し、織りや染色、藍栽培などの産業に従事してもらうことで、民族に伝わる伝統の手工芸を継承すると同時に、村の人々の貧困脱却と増収につなげている。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020060508688

    Uターン起業したトン族女性、伝統の染織工芸で貧困扶助貴州省  5月28日、手織り木綿の布で制作したスカーフを整理する楊成蘭さん。中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮豊登トン寨に暮らす1980年代生まれのトン族女性、楊成蘭(よう・せいらん)さんは、2016年に夫とともに都会での仕事を辞め、故郷に戻って起業する道を選んだ。夫婦は空き家の2部屋を工房に改造し、故郷に伝わる機織り技術を生かして手織りの布や衣服、インテリア雑貨など一連のテキスタイル製品の生産・加工を行い、電子商取引(EC)プラットフォームで販売している。楊さんは18年、村に伝統織染合作社(協同組合)を設立し、村内および周辺集落の貧困世帯に出資を呼びかけた。地元の貧困世帯や村民の合作社への参加を促し、織りや染色、藍栽培などの産業に従事してもらうことで、民族に伝わる伝統の手工芸を継承すると同時に、村の人々の貧困脱却と増収につなげている。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020060508696

    Uターン起業したトン族女性、伝統の染織工芸で貧困扶助貴州省  5月28日、トン族伝統の木綿の手織り布を干す楊成蘭さん(右)と楊さんの母親。中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮豊登トン寨に暮らす1980年代生まれのトン族女性、楊成蘭(よう・せいらん)さんは、2016年に夫とともに都会での仕事を辞め、故郷に戻って起業する道を選んだ。夫婦は空き家の2部屋を工房に改造し、故郷に伝わる機織り技術を生かして手織りの布や衣服、インテリア雑貨など一連のテキスタイル製品の生産・加工を行い、電子商取引(EC)プラットフォームで販売している。楊さんは18年、村に伝統織染合作社(協同組合)を設立し、村内および周辺集落の貧困世帯に出資を呼びかけた。地元の貧困世帯や村民の合作社への参加を促し、織りや染色、藍栽培などの産業に従事してもらうことで、民族に伝わる伝統の手工芸を継承すると同時に、村の人々の貧困脱却と増収につなげている。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020052701276

    産業の発展で貧困から脱却広西チワン族自治区鹿寨県  19日、広西チワン族自治区柳州市鹿寨県四排鎮水頭村の果樹園で働く村民の廖義才(りょう・ぎさい)さん。中国広西チワン族自治区柳州市鹿寨(ろくさい)県は、貧困脱却の取り組みとして地域の特色を生かした産業に力を入れており、貧困世帯の約89%が現代農業や畜産などに従事している。同県では2016~19年に22の村が貧困から脱却し、貧困者数は2万7587人から1013人に減少した。(南寧=新華社記者/黄孝邦)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020061112164

    ガチョウの養殖で貧困脱却を後押し新疆ホータン地区  ケリヤ県スイエク(斯也克)郷にある于田稲田鵝業養殖のガチョウ養殖・繁殖拠点で飼育されている健康なガチョウのヒナ。(5月19日撮影)中国新疆ウイグル自治区にあるタクラマカン砂漠の南端に位置するホータン地区ケリヤ(于田)県では、地元政府が2019年、同地の住民を貧困から脱却させ、生活の質の向上を図ろうと、大手企業を誘致して「企業+合作社(協同組合)+貧困世帯+農家」モデルを採用。ガチョウの養殖から食肉加工に至るまでの産業チェーンを構築し、ガチョウの養殖業の発展に力を入れている。広大な面積の博斯塘湿地では、内地から持ち込まれた数万羽のガチョウが次々と生息し、もともと水稲が栽培されていた水域は、生態養殖に最も適した場所となった。同県のガチョウの養殖事業に携わる企業、于田稲田鵝業養殖によると、同社は水田や湿地を利用した生態養殖をよりどころに、同自治区で最も地域的特色を持つガチョウ養殖・繁殖拠点を建設。より多くの貧困層のガチョウ養殖による貧困脱却を後押ししながら、市場競争力のある「稲田鵝(水田ガチョウ)」ブランドを育てていくという。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020061112007

    ガチョウの養殖で貧困脱却を後押し新疆ホータン地区  ケリヤ県スイエク(斯也克)郷にある于田稲田鵝業養殖のガチョウ養殖・繁殖拠点で飼育されている健康なガチョウのヒナ。(5月19日撮影)中国新疆ウイグル自治区にあるタクラマカン砂漠の南端に位置するホータン地区ケリヤ(于田)県では、地元政府が2019年、同地の住民を貧困から脱却させ、生活の質の向上を図ろうと、大手企業を誘致して「企業+合作社(協同組合)+貧困世帯+農家」モデルを採用。ガチョウの養殖から食肉加工に至るまでの産業チェーンを構築し、ガチョウの養殖業の発展に力を入れている。広大な面積の博斯塘湿地では、内地から持ち込まれた数万羽のガチョウが次々と生息し、もともと水稲が栽培されていた水域は、生態養殖に最も適した場所となった。同県のガチョウの養殖事業に携わる企業、于田稲田鵝業養殖によると、同社は水田や湿地を利用した生態養殖をよりどころに、同自治区で最も地域的特色を持つガチョウ養殖・繁殖拠点を建設。より多くの貧困層のガチョウ養殖による貧困脱却を後押ししながら、市場競争力のある「稲田鵝(水田ガチョウ)」ブランドを育てていくという。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020061112031

    ガチョウの養殖で貧困脱却を後押し新疆ホータン地区  ケリヤ県スイエク(斯也克)郷にある于田稲田鵝業養殖のガチョウ養殖・繁殖拠点で働く従業員。(5月19日撮影)中国新疆ウイグル自治区にあるタクラマカン砂漠の南端に位置するホータン地区ケリヤ(于田)県では、地元政府が2019年、同地の住民を貧困から脱却させ、生活の質の向上を図ろうと、大手企業を誘致して「企業+合作社(協同組合)+貧困世帯+農家」モデルを採用。ガチョウの養殖から食肉加工に至るまでの産業チェーンを構築し、ガチョウの養殖業の発展に力を入れている。広大な面積の博斯塘湿地では、内地から持ち込まれた数万羽のガチョウが次々と生息し、もともと水稲が栽培されていた水域は、生態養殖に最も適した場所となった。同県のガチョウの養殖事業に携わる企業、于田稲田鵝業養殖によると、同社は水田や湿地を利用した生態養殖をよりどころに、同自治区で最も地域的特色を持つガチョウ養殖・繁殖拠点を建設。より多くの貧困層のガチョウ養殖による貧困脱却を後押ししながら、市場競争力のある「稲田鵝(水田ガチョウ)」ブランドを育てていくという。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020061112160

    ガチョウの養殖で貧困脱却を後押し新疆ホータン地区  ケリヤ県スイエク(斯也克)郷にある于田稲田鵝業養殖のガチョウ養殖・繁殖拠点で飼育されているガチョウ。(5月19日撮影)中国新疆ウイグル自治区にあるタクラマカン砂漠の南端に位置するホータン地区ケリヤ(于田)県では、地元政府が2019年、同地の住民を貧困から脱却させ、生活の質の向上を図ろうと、大手企業を誘致して「企業+合作社(協同組合)+貧困世帯+農家」モデルを採用。ガチョウの養殖から食肉加工に至るまでの産業チェーンを構築し、ガチョウの養殖業の発展に力を入れている。広大な面積の博斯塘湿地では、内地から持ち込まれた数万羽のガチョウが次々と生息し、もともと水稲が栽培されていた水域は、生態養殖に最も適した場所となった。同県のガチョウの養殖事業に携わる企業、于田稲田鵝業養殖によると、同社は水田や湿地を利用した生態養殖をよりどころに、同自治区で最も地域的特色を持つガチョウ養殖・繁殖拠点を建設。より多くの貧困層のガチョウ養殖による貧困脱却を後押ししながら、市場競争力のある「稲田鵝(水田ガチョウ)」ブランドを育てていくという。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020052701327

    産業の発展で貧困から脱却広西チワン族自治区鹿寨県  19日、広西チワン族自治区柳州市鹿寨県四排鎮の木材加工工場で働く女性。中国広西チワン族自治区柳州市鹿寨(ろくさい)県は、貧困脱却の取り組みとして地域の特色を生かした産業に力を入れており、貧困世帯の約89%が現代農業や畜産などに従事している。同県では2016~19年に22の村が貧困から脱却し、貧困者数は2万7587人から1013人に減少した。(南寧=新華社記者/黄孝邦)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020052701335

    産業の発展で貧困から脱却広西チワン族自治区鹿寨県  19日、広西チワン族自治区柳州市鹿寨県四排鎮水頭村の畑を歩く村民の潘正坤(はん・せいこん)さん。中国広西チワン族自治区柳州市鹿寨(ろくさい)県は、貧困脱却の取り組みとして地域の特色を生かした産業に力を入れており、貧困世帯の約89%が現代農業や畜産などに従事している。同県では2016~19年に22の村が貧困から脱却し、貧困者数は2万7587人から1013人に減少した。(南寧=新華社記者/黄孝邦)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020061112032

    ガチョウの養殖で貧困脱却を後押し新疆ホータン地区  ケリヤ県スイエク(斯也克)郷にある于田稲田鵝業養殖のガチョウ養殖・繁殖拠点で飼育されているガチョウ。(5月19日撮影)中国新疆ウイグル自治区にあるタクラマカン砂漠の南端に位置するホータン地区ケリヤ(于田)県では、地元政府が2019年、同地の住民を貧困から脱却させ、生活の質の向上を図ろうと、大手企業を誘致して「企業+合作社(協同組合)+貧困世帯+農家」モデルを採用。ガチョウの養殖から食肉加工に至るまでの産業チェーンを構築し、ガチョウの養殖業の発展に力を入れている。広大な面積の博斯塘湿地では、内地から持ち込まれた数万羽のガチョウが次々と生息し、もともと水稲が栽培されていた水域は、生態養殖に最も適した場所となった。同県のガチョウの養殖事業に携わる企業、于田稲田鵝業養殖によると、同社は水田や湿地を利用した生態養殖をよりどころに、同自治区で最も地域的特色を持つガチョウ養殖・繁殖拠点を建設。より多くの貧困層のガチョウ養殖による貧困脱却を後押ししながら、市場競争力のある「稲田鵝(水田ガチョウ)」ブランドを育てていくという。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020052701293

    産業の発展で貧困から脱却広西チワン族自治区鹿寨県  広西チワン族自治区柳州市鹿寨県寨沙鎮古木村でアブラツバキの苗を手入れする村民。(5月10日撮影)中国広西チワン族自治区柳州市鹿寨(ろくさい)県は、貧困脱却の取り組みとして地域の特色を生かした産業に力を入れており、貧困世帯の約89%が現代農業や畜産などに従事している。同県では2016~19年に22の村が貧困から脱却し、貧困者数は2万7587人から1013人に減少した。(南寧=新華社記者/黄孝邦)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020070111123

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  徳勝村にある民宿旅館。(5月7日撮影)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020070111095

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  徳勝村にあるジャガイモの種芋の生産・販売を手がける大農種業の無菌培養室で、ビーカー内のジャガイモの苗の生育状況をチェックする技術スタッフ。(5月7日撮影)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020051103130

    カーボンシンク取引で貧困脱却を後押し貴州省  座談会でカーボンシンク森林の番号付けや写真撮影などについて説明を受ける村民。(資料写真)カーボンシンク(二酸化炭素吸収源)プロジェクトは、中国貴州省が新たに開発した、森林の生態価値を経済価値に転換して貧困脱却を図るプロジェクト。貴州省のカーボンシンク測定方法によると、林地を持つ登録貧困世帯の樹木を木の種類、大きさ、カーボンシンク効果(二酸化炭素の吸収量と酸素の放出量)に照らして選別し、番号を付けて、写真撮影を行い、それらの情報を「貴州省カーボンシンク貧困扶助プラットフォーム」にアップロードする。各樹木のカーボンシンク取引価格は年間3元(1元=約15円)で、一度の開発で連続6年販売でき、その後も繰り返し開発できる。カーボンシンク森林は個人または企業に販売でき、販売によって得た金額は全額、貧困農家個人の収入になる。(貴陽=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020051102868

    「貧困扶助茶園」で茶摘みが最盛期雲南省広南県  4月26日、雲南省広南県底圩郷の茶畑で少数民族の衣装をまとって茶葉を摘む農家。二十四節気の「穀雨」を過ぎると、中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の「貧困扶助茶園」では、地元の茶農家による春の茶摘みが最盛期を迎える。同県底圩(ていう)郷は雲南省内で茶葉栽培の面積が比較的広い郷鎮の一つで、栽培の歴史も長い。それぞれ約千ムーにわたり広がる樹齢100年超の茶の木と野生の茶の木が保存されている。地元ではここ数年、産業による貧困扶助モデルを刷新し、企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を組み合わせる方式で茶産業の発展を推進している。また敷地1万ムー(約667ヘクタール)余りのエコ化・標準化した茶葉栽培拠点を建設し、貧困世帯が茶畑の管理、茶摘み、製茶などに従事する機会を創出。茶農家に安定した収入増をもたらすとともに、貧困世帯の貧困脱却を後押ししている。(昆明=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020051102852

    「貧困扶助茶園」で茶摘みが最盛期雲南省広南県  4月26日、雲南省広南県底圩郷の茶畑で少数民族の衣装をまとって茶葉を摘む農家。二十四節気の「穀雨」を過ぎると、中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の「貧困扶助茶園」では、地元の茶農家による春の茶摘みが最盛期を迎える。同県底圩(ていう)郷は雲南省内で茶葉栽培の面積が比較的広い郷鎮の一つで、栽培の歴史も長い。それぞれ約千ムーにわたり広がる樹齢100年超の茶の木と野生の茶の木が保存されている。地元ではここ数年、産業による貧困扶助モデルを刷新し、企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を組み合わせる方式で茶産業の発展を推進している。また敷地1万ムー(約667ヘクタール)余りのエコ化・標準化した茶葉栽培拠点を建設し、貧困世帯が茶畑の管理、茶摘み、製茶などに従事する機会を創出。茶農家に安定した収入増をもたらすとともに、貧困世帯の貧困脱却を後押ししている。(昆明=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020051102840

    「貧困扶助茶園」で茶摘みが最盛期雲南省広南県  4月26日、雲南省広南県底圩郷の茶畑で少数民族の衣装をまとって茶葉を摘む農家。二十四節気の「穀雨」を過ぎると、中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の「貧困扶助茶園」では、地元の茶農家による春の茶摘みが最盛期を迎える。同県底圩(ていう)郷は雲南省内で茶葉栽培の面積が比較的広い郷鎮の一つで、栽培の歴史も長い。それぞれ約千ムーにわたり広がる樹齢100年超の茶の木と野生の茶の木が保存されている。地元ではここ数年、産業による貧困扶助モデルを刷新し、企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を組み合わせる方式で茶産業の発展を推進している。また敷地1万ムー(約667ヘクタール)余りのエコ化・標準化した茶葉栽培拠点を建設し、貧困世帯が茶畑の管理、茶摘み、製茶などに従事する機会を創出。茶農家に安定した収入増をもたらすとともに、貧困世帯の貧困脱却を後押ししている。(昆明=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020051102968

    「貧困扶助茶園」で茶摘みが最盛期雲南省広南県  4月26日、雲南省広南県底圩郷の茶畑で少数民族の衣装をまとって茶葉を摘む農家。二十四節気の「穀雨」を過ぎると、中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の「貧困扶助茶園」では、地元の茶農家による春の茶摘みが最盛期を迎える。同県底圩(ていう)郷は雲南省内で茶葉栽培の面積が比較的広い郷鎮の一つで、栽培の歴史も長い。それぞれ約千ムーにわたり広がる樹齢100年超の茶の木と野生の茶の木が保存されている。地元ではここ数年、産業による貧困扶助モデルを刷新し、企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を組み合わせる方式で茶産業の発展を推進している。また敷地1万ムー(約667ヘクタール)余りのエコ化・標準化した茶葉栽培拠点を建設し、貧困世帯が茶畑の管理、茶摘み、製茶などに従事する機会を創出。茶農家に安定した収入増をもたらすとともに、貧困世帯の貧困脱却を後押ししている。(昆明=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020051102929

    「貧困扶助茶園」で茶摘みが最盛期雲南省広南県  4月26日、雲南省広南県底圩郷の茶畑で少数民族の衣装をまとって茶葉を摘む農家。二十四節気の「穀雨」を過ぎると、中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県の「貧困扶助茶園」では、地元の茶農家による春の茶摘みが最盛期を迎える。同県底圩(ていう)郷は雲南省内で茶葉栽培の面積が比較的広い郷鎮の一つで、栽培の歴史も長い。それぞれ約千ムーにわたり広がる樹齢100年超の茶の木と野生の茶の木が保存されている。地元ではここ数年、産業による貧困扶助モデルを刷新し、企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を組み合わせる方式で茶産業の発展を推進している。また敷地1万ムー(約667ヘクタール)余りのエコ化・標準化した茶葉栽培拠点を建設し、貧困世帯が茶畑の管理、茶摘み、製茶などに従事する機会を創出。茶農家に安定した収入増をもたらすとともに、貧困世帯の貧困脱却を後押ししている。(昆明=新華社記者/浦超)=2020(令和2)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像