検索結果 36 件中 1 件 〜 36 件 "Hall"
  1. 2019101604858

    「新華社」 日本のコシヒカリ、第2回中国・黒竜江国際米フェスで金賞受賞  9日、第2回中国黒竜江省国際米フェスティバルで行われた米の品評会の審査会場。第2回中国・黒竜江国際米フェスティバルの米品評会の審査結果が9日、発表された。3回の審査を経て、日本の新潟県魚沼市産コシヒカリと、ハルビン市が管轄する県級市の五常市産「五優稲4号」が金賞を受賞した。日本の新潟薬科大学教授で日本水稲品質・食味研究会副会長の大坪研一氏によると、日本の代表的な品種であるコシヒカリには50年以上の歴史があり、もともとは倒伏(とうふく)しやすく、いもち病にも弱かったという。日本は、栽培技術の研究開発により、品種を改良すると同時に味も向上させた。品評委員会委員長で、中国農業農村部の水稲専門家指導グループ長・中国工程院院士(アカデミー会員)の万建民(ばん・けんみん)氏によると、良質な米には、透き通ってきらきらと輝く見た目、すがすがしく心地よい香り、弾力に富んだ口当たりという三つの特長があるといい、品評委員はこの基準に則り出品された米を審査した。第1回評価、再評価、最終評価を経て、多くの出品米の中から、新潟県魚沼市産コシヒカリと同省五常市産の五優稲4号が今回の金賞を受賞した。(ハルビン=新華社記者/孫暁宇)=2019(令和元)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019081900579

    「新華社」 第18回長春国際農業・食品博覧会開幕  16日、会場内の有機水稲栽培エリアで、アイガモ農法について学ぶ来場者。第18回中国長春国際農業・食品博覧(交易)会が16日、吉林省長春市の長春農博園で開幕した。中国農業農村部、吉林省人民政府および長春市人民政府が共催し、テーマは「産業の発展をけん引し、郷村の活性化を後押ししよう」。同博覧会は25日まで開催される。(長春=新華社記者/林宏)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019081900483

    「新華社」 第18回長春国際農業・食品博覧会開幕  16日、会場内の海洋館で、ダウリアチョウザメを眺める来場者。第18回中国長春国際農業・食品博覧(交易)会が16日、吉林省長春市の長春農博園で開幕した。中国農業農村部、吉林省人民政府および長春市人民政府が共催し、テーマは「産業の発展をけん引し、郷村の活性化を後押ししよう」。同博覧会は25日まで開催される。(長春=新華社記者/林宏)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019081900481

    「新華社」 第18回長春国際農業・食品博覧会開幕  16日、会場内で見かけた大型カボチャの横で写真を撮る来場者。第18回中国長春国際農業・食品博覧(交易)会が16日、吉林省長春市の長春農博園で開幕した。中国農業農村部、吉林省人民政府および長春市人民政府が共催し、テーマは「産業の発展をけん引し、郷村の活性化を後押ししよう」。同博覧会は25日まで開催される。(長春=新華社記者/林宏)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019081900549

    「新華社」 第18回長春国際農業・食品博覧会開幕  16日、博覧会の会場で、大型スイカを写真に収める来場者。第18回中国長春国際農業・食品博覧(交易)会が16日、吉林省長春市の長春農博園で開幕した。中国農業農村部、吉林省人民政府および長春市人民政府が共催し、テーマは「産業の発展をけん引し、郷村の活性化を後押ししよう」。同博覧会は25日まで開催される。(長春=新華社記者/林宏)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019081900613

    「新華社」 第18回長春国際農業・食品博覧会開幕  16日、博覧会の会場で、クラゲを眺める来場者。第18回中国長春国際農業・食品博覧(交易)会が16日、吉林省長春市の長春農博園で開幕した。中国農業農村部、吉林省人民政府および長春市人民政府が共催し、テーマは「産業の発展をけん引し、郷村の活性化を後押ししよう」。同博覧会は25日まで開催される。(長春=新華社記者/林宏)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019081900643

    「新華社」 第18回長春国際農業・食品博覧会開幕  16日、屋外会場にある花卉(かき)展示エリアを見学する来場者。第18回中国長春国際農業・食品博覧(交易)会が16日、吉林省長春市の長春農博園で開幕した。中国農業農村部、吉林省人民政府および長春市人民政府が共催し、テーマは「産業の発展をけん引し、郷村の活性化を後押ししよう」。同博覧会は25日まで開催される。(長春=新華社記者/林宏)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019081900697

    「新華社」 第18回長春国際農業・食品博覧会開幕  16日、会場内の観光農業展示館を見学する来場者。第18回中国長春国際農業・食品博覧(交易)会が16日、吉林省長春市の長春農博園で開幕した。中国農業農村部、吉林省人民政府および長春市人民政府が共催し、テーマは「産業の発展をけん引し、郷村の活性化を後押ししよう」。同博覧会は25日まで開催される。(長春=新華社記者/林宏)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019061001139

    「新華社」 田んぼでドラゴンボートレース遼寧省瀋陽市  7日、ドラゴンボートをこぐ選手。中国の伝統的な祝日、端午節(旧暦5月5日)に当たる7日、遼寧省瀋陽市にあるシボ族の水稲をテーマにしたクリエイティブ農業産業パーク「稲夢空間」の田んぼでドラゴンボートレースが行われ、会場は情熱と喜びに満ちた雰囲気に包まれた。(瀋陽=新華社配信/張文魁)=2019(令和元)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019061001143

    「新華社」 田んぼでドラゴンボートレース遼寧省瀋陽市  7日、ドラゴンボートをこぐ選手。中国の伝統的な祝日、端午節(旧暦5月5日)に当たる7日、遼寧省瀋陽市にあるシボ族の水稲をテーマにしたクリエイティブ農業産業パーク「稲夢空間」の田んぼでドラゴンボートレースが行われ、会場は情熱と喜びに満ちた雰囲気に包まれた。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019061001064

    「新華社」 田んぼでドラゴンボートレース遼寧省瀋陽市  7日、ドラゴンボートをこぐ選手。中国の伝統的な祝日、端午節(旧暦5月5日)に当たる7日、遼寧省瀋陽市にあるシボ族の水稲をテーマにしたクリエイティブ農業産業パーク「稲夢空間」の田んぼでドラゴンボートレースが行われ、会場は情熱と喜びに満ちた雰囲気に包まれた。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019061001068

    「新華社」 田んぼでドラゴンボートレース遼寧省瀋陽市  7日、ドラゴンボートをこぐ選手。中国の伝統的な祝日、端午節(旧暦5月5日)に当たる7日、遼寧省瀋陽市にあるシボ族の水稲をテーマにしたクリエイティブ農業産業パーク「稲夢空間」の田んぼでドラゴンボートレースが行われ、会場は情熱と喜びに満ちた雰囲気に包まれた。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019061001164

    「新華社」 田んぼでドラゴンボートレース遼寧省瀋陽市  7日、ドラゴンボートをこぐ選手。中国の伝統的な祝日、端午節(旧暦5月5日)に当たる7日、遼寧省瀋陽市にあるシボ族の水稲をテーマにしたクリエイティブ農業産業パーク「稲夢空間」の田んぼでドラゴンボートレースが行われ、会場は情熱と喜びに満ちた雰囲気に包まれた。(瀋陽=新華社配信/張文魁)=2019(令和元)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019061001249

    「新華社」 田んぼでドラゴンボートレース遼寧省瀋陽市  7日、ドラゴンボートをこぐ選手。中国の伝統的な祝日、端午節(旧暦5月5日)に当たる7日、遼寧省瀋陽市にあるシボ族の水稲をテーマにしたクリエイティブ農業産業パーク「稲夢空間」の田んぼでドラゴンボートレースが行われ、会場は情熱と喜びに満ちた雰囲気に包まれた。(瀋陽=新華社配信/張文魁)=2019(令和元)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019052903116

    「新華社」 科学館でレッドビーチの「美と神秘」を体験遼寧省盤錦市  24日、紅海灘湿地科学館の近代農業ホールで展示されているイネの標本。レッドビーチと呼ばれる中国遼寧省盤錦(ばんきん)市の紅海灘国家風景回廊には紅海灘湿地科学館がある。遼河デルタに位置する同館の建築面積は21万平方メートル。2018年5月の開館以来、遼河デルタ特有の紅海灘湿地を中心に、遼河河口の湿地環境と保護活動を展示している。(盤錦=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019052400568

    「新華社」 雅安とラサ、「茶馬古道」の要衝が友好都市関係を締結  10日、座談会と締結式典が行われた会場。中国四川省雅安(があん)市政府はこのほど、同市とチベット自治区ラサ市が友好都市関係を締結し、関連する協定に調印したと発表した。今後、農業、観光、文化、金融・商業取引、人材資源などの面で提携を展開する。(ラサ=新華社配信/雅安市政府提供)=2019(令和元)年5月10日、クレジット:雅安市政府/新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019031301703

    資料A 1798 農業危機突破大会開く  「農業危機突破全国農協代表者大会」に冷害で実らない稲穂を持って参加した農民代表=1980(昭和55)年9月17日、東京・平河町の日本都市センターホール(55年内地8414)

  18. 2019022806027

    「新華社」 第56回パリ国際農業見本市が開幕  26日、第56回パリ国際農業見本市の会場で、来場者にチーズの試食を勧める業者。第56回のパリ国際農業見本市が23日、開幕した。同見本市は1964年から毎年開催されている。今年は9日間にわたって行われ、69の国家と地域からの1千社余りが出展し、来場者は70万人を超えると見込まれている。(パリ=新華社記者/楊一苗)=2019(平成31)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019022805992

    「新華社」 第56回パリ国際農業見本市が開幕  26日、第56回パリ国際農業見本市の会場で展示された農産物を見る人。第56回のパリ国際農業見本市が23日、開幕した。同見本市は1964年から毎年開催されている。今年は9日間にわたって行われ、69の国家と地域からの1千社余りが出展し、来場者は70万人を超えると見込まれている。(パリ=新華社記者/楊一苗)=2019(平成31)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019012200311

    「新華社」 「ベルリン国際緑の週間」開幕  18日、「ベルリン国際緑の週間」会場で園芸を体験する来場者。世界最大の食品・農業・園芸見本市「ベルリン国際緑の週間2019」が18日、ドイツの首都ベルリンで開幕した。世界各地から1700社以上が出展し、27日まで開催される。(ベルリン=新華社記者/単宇琦)=2019(平成31)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019012200416

    「新華社」 「ベルリン国際緑の週間」開幕  18日、「ベルリン国際緑の週間」会場で羊に餌をやる子ども。世界最大の食品・農業・園芸見本市「ベルリン国際緑の週間2019」が18日、ドイツの首都ベルリンで開幕した。世界各地から1700社以上が出展し、27日まで開催される。(ベルリン=新華社記者/単宇琦)=2019(平成31)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019012200383

    「新華社」 「ベルリン国際緑の週間」開幕  18日、「ベルリン国際緑の週間」会場に展示された花卉(かき)の前で休憩する来場者。世界最大の食品・農業・園芸見本市「ベルリン国際緑の週間2019」が18日、ドイツの首都ベルリンで開幕した。世界各地から1700社以上が出展し、27日まで開催される。(ベルリン=新華社記者/単宇琦)=2019(平成31)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019012200309

    「新華社」 「ベルリン国際緑の週間」開幕  18日、「ベルリン国際緑の週間」会場で馬を見せるスタッフ。世界最大の食品・農業・園芸見本市「ベルリン国際緑の週間2019」が18日、ドイツの首都ベルリンで開幕した。世界各地から1700社以上が出展し、27日まで開催される。(ベルリン=新華社記者/単宇琦)=2019(平成31)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019012200333

    「新華社」 「ベルリン国際緑の週間」開幕  18日、「ベルリン国際緑の週間」会場で、花でできた「ベルリン・ベア」を観賞する来場者。世界最大の食品・農業・園芸見本市「ベルリン国際緑の週間2019」が18日、ドイツの首都ベルリンで開幕した。世界各地から1700社以上が出展し、27日まで開催される。(ベルリン=新華社記者/単宇琦)=2019(平成31)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019012200259

    「新華社」 「ベルリン国際緑の週間」開幕  18日、「ベルリン国際緑の週間」会場で来場者に出展品のお酒を紹介するアルメニアブースのスタッフ。世界最大の食品・農業・園芸見本市「ベルリン国際緑の週間2019」が18日、ドイツの首都ベルリンで開幕した。世界各地から1700社以上が出展し、27日まで開催される。(ベルリン=新華社記者/単宇琦)=2019(平成31)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019012200388

    「新華社」 「ベルリン国際緑の週間」開幕  18日、「ベルリン国際緑の週間」会場で来場者のためにビールを注ぐ独バイエルン州ブースのスタッフ。世界最大の食品・農業・園芸見本市「ベルリン国際緑の週間2019」が18日、ドイツの首都ベルリンで開幕した。世界各地から1700社以上が出展し、27日まで開催される。(ベルリン=新華社記者/単宇琦)=2019(平成31)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019012200390

    「新華社」 「ベルリン国際緑の週間」開幕  18日、「ベルリン国際緑の週間」会場でダンスを披露するルーマニアブースのスタッフ。世界最大の食品・農業・園芸見本市「ベルリン国際緑の週間2019」が18日、ドイツの首都ベルリンで開幕した。世界各地から1700社以上が出展し、27日まで開催される。(ベルリン=新華社記者/単宇琦)=2019(平成31)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019010700657

    「新華社」 農村株式制合作社、「年末ボーナス」を支給  3日、甘粛省隴南市徽県嘉陵鎮稲坪村の株主配当大会会場。中国甘粛省隴南(ろうなん)市徽(き)県嘉陵(かりょう)鎮稲坪(とうへい)村で3日、株主配当大会が開催され、79世帯の村民株主が個人と集団の配当金として合計46万元(1元=約16円)余りを受け取った。貧困村とされる稲坪村は、2018年から支援機関のサポートの下、同県青泥嶺(せいでいれい)樹蜜(じゅみつ)稲坪農民専業合作社を設立し、「党支部による指導、村による集団での株式保有、村民による資本参加、貧困世帯への株式割当」という方法により、村民79世帯を株式制合作社に整理・統合し、地元の自然環境を生かした養蜂産業を大いに発展させている。同合作社はこの1年、ミツバチの飼育、昔ながらの蜂蜜熟成・濃縮、搾油用作物の栽培などの多角的な経営を行い、年間売上高は63万元超、利益は46万元以上、1人当たりの平均純収入は2017年より600元以上増えた。村レベルの集団経済を成長させると共に、村民の地元での増収を実現した。(徽県=新華社記者/陳斌)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2018122808349

    第4回全国農業部門熱誠者会議  北朝鮮・平壌の4・25文化会館で行われた第4回全国農業部門熱誠者会議(2018年12月25日撮影)(朝鮮通信=共同)

  30. 2018122808339

    第4回全国農業部門熱誠者会議  北朝鮮・平壌の4・25文化会館で行われた第4回全国農業部門熱誠者会議(2018年12月25日撮影)(朝鮮通信=共同)

  31. 2018121420662

    「新華社」 マホガニー材加工で農家の収入増を支援河北省遵化市  11日、遵化市新店子鎮康各荘村にあるマホガニー材加工企業の展示ホールを見学する顧客。中国河北省唐山市遵化(じゅんか、唐山市の管轄下にある県級市)市新店子鎮康各荘村はここ数年、マホガニー材の加工・彫刻に携わる企業の発展を後押しすることで、農家の就職と収入増を促している。同村には現在、マホガニー材彫刻関連の企業が50社以上あり、周辺の村と合わせて2千人以上の農業従事者が工場に就職、1人当たりの年収は8万元(1元=約16円)余りに達した。(唐山=新華社配信/劉満倉)=2018(平成30)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2018111429422

    「新華社」 南京の大学生、「わらアートの景観」に挑戦  11日、観光客の休憩場所として制作した「わらアート」で休む南京林業大学風景園林学部の学生。中国江蘇省南京市江寧区にある渓田生態農業園で11日、南京林業大学風景園林学部の学生が「藁こづみの上の田園夢想家」をテーマに「わらによる景観設計・制作競技会」を開催した。競技会場では学生らが稲わらや竹の棒、木材などの素材を生かした「わらアート」30点を作り専門的な技量を披露し、農村観光の新たな景観スポットを生み出した。(南京=新華社記者/孫参)=2018(平成30)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2018111428864

    「新華社」 南京の大学生、「わらアートの景観」に挑戦  11日、「わらアート」を制作する南京林業大学風景園林学部の学生。中国江蘇省南京市江寧区にある渓田生態農業園で11日、南京林業大学風景園林学部の学生が「藁こづみの上の田園夢想家」をテーマに「わらによる景観設計・制作競技会」を開催した。競技会場では学生らが稲わらや竹の棒、木材などの素材を生かした「わらアート」30点を作り専門的な技量を披露し、農村観光の新たな景観スポットを生み出した。(南京=新華社記者/孫参)=2018(平成30)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2018111429014

    「新華社」 南京の大学生、「わらアートの景観」に挑戦  11日、「生命誕生」をテーマに殻の割れた卵をイメージした「わらアート」を制作する南京林業大学風景園林学部の学生。中国江蘇省南京市江寧区にある渓田生態農業園で11日、南京林業大学風景園林学部の学生が「藁こづみの上の田園夢想家」をテーマに「わらによる景観設計・制作競技会」を開催した。競技会場では学生らが稲わらや竹の棒、木材などの素材を生かした「わらアート」30点を作り専門的な技量を披露し、農村観光の新たな景観スポットを生み出した。(南京=新華社記者/孫参)=2018(平成30)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2018111429403

    「新華社」 南京の大学生、「わらアートの景観」に挑戦  11日、畑でネズミを捕るフクロウをテーマにした「わらアート」を制作する南京林業大学風景園林学部の学生。中国江蘇省南京市江寧区にある渓田生態農業園で11日、南京林業大学風景園林学部の学生が「藁こづみの上の田園夢想家」をテーマに「わらによる景観設計・制作競技会」を開催した。競技会場では学生らが稲わらや竹の棒、木材などの素材を生かした「わらアート」30点を作り専門的な技量を披露し、農村観光の新たな景観スポットを生み出した。(南京=新華社記者/孫参)=2018(平成30)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2018111429342

    「新華社」 南京の大学生、「わらアートの景観」に挑戦  11日、「わらアート」を制作する南京林業大学風景園林学部の学生。中国江蘇省南京市江寧区にある渓田生態農業園で11日、南京林業大学風景園林学部の学生が「藁こづみの上の田園夢想家」をテーマに「わらによる景観設計・制作競技会」を開催した。競技会場では学生らが稲わらや竹の棒、木材などの素材を生かした「わらアート」30点を作り専門的な技量を披露し、農村観光の新たな景観スポットを生み出した。(南京=新華社記者/孫参)=2018(平成30)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像