検索結果 240 件中 1 件 〜 50 件 "open"
  1. 2020021800883

    「新華社」 農村の感染対策に改造した農業機械が活躍河北省  14日、河北省灤州市范荘村の道路で消毒液の噴霧作業を行う高効率遠隔農業用噴霧器。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、河北省灤州(らんしゅう)市はこのほど、農業機械を改造し予防・抑制の新たなツールとした。同市は農業合作社(協同組合)に無償で提供している農業用小型無人機と、俗に「カノン砲」と呼ばれる高効率で遠隔操作が可能な農業用噴霧器などの農機を徹底洗浄後、消毒液噴霧機器に改造した。さらに農業合作社の組合員を動員し消毒防疫班を設立。農民が「防疫先兵」となり、積極的に業務に当たっている。(灤州=新華社配信/于愛双)=2020(令和2)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2020021800939

    「新華社」 農村の感染対策に改造した農業機械が活躍河北省  14日、河北省灤州市范荘村の道路で消毒液の噴霧作業を行う高効率遠隔農業用噴霧器。(小型無人機から)新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、河北省灤州(らんしゅう)市はこのほど、農業機械を改造し予防・抑制の新たなツールとした。同市は農業合作社(協同組合)に無償で提供している農業用小型無人機と、俗に「カノン砲」と呼ばれる高効率で遠隔操作が可能な農業用噴霧器などの農機を徹底洗浄後、消毒液噴霧機器に改造した。さらに農業合作社の組合員を動員し消毒防疫班を設立。農民が「防疫先兵」となり、積極的に業務に当たっている。(灤州=新華社配信/于愛双)=2020(令和2)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2020021800941

    「新華社」 農村の感染対策に改造した農業機械が活躍河北省  14日、消毒液の噴霧に使用する農業用小型無人機を試験調整する作業員。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、河北省灤州(らんしゅう)市はこのほど、農業機械を改造し予防・抑制の新たなツールとした。同市は農業合作社(協同組合)に無償で提供している農業用小型無人機と、俗に「カノン砲」と呼ばれる高効率で遠隔操作が可能な農業用噴霧器などの農機を徹底洗浄後、消毒液噴霧機器に改造した。さらに農業合作社の組合員を動員し消毒防疫班を設立。農民が「防疫先兵」となり、積極的に業務に当たっている。(灤州=新華社配信/于愛双)=2020(令和2)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2020021800944

    「新華社」 農村の感染対策に改造した農業機械が活躍河北省  14日、高効率遠隔農業用噴霧器に消毒液を注入する作業員。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、河北省灤州(らんしゅう)市はこのほど、農業機械を改造し予防・抑制の新たなツールとした。同市は農業合作社(協同組合)に無償で提供している農業用小型無人機と、俗に「カノン砲」と呼ばれる高効率で遠隔操作が可能な農業用噴霧器などの農機を徹底洗浄後、消毒液噴霧機器に改造した。さらに農業合作社の組合員を動員し消毒防疫班を設立。農民が「防疫先兵」となり、積極的に業務に当たっている。(灤州=新華社配信/于愛双)=2020(令和2)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2020021800861

    「新華社」 農村の感染対策に改造した農業機械が活躍河北省  14日、河北省灤州市范荘村の道路で消毒液の噴霧作業を行う高効率遠隔農業用噴霧器。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、河北省灤州(らんしゅう)市はこのほど、農業機械を改造し予防・抑制の新たなツールとした。同市は農業合作社(協同組合)に無償で提供している農業用小型無人機と、俗に「カノン砲」と呼ばれる高効率で遠隔操作が可能な農業用噴霧器などの農機を徹底洗浄後、消毒液噴霧機器に改造した。さらに農業合作社の組合員を動員し消毒防疫班を設立。農民が「防疫先兵」となり、積極的に業務に当たっている。(灤州=新華社配信/于愛双)=2020(令和2)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2020021800940

    「新華社」 農村の感染対策に改造した農業機械が活躍河北省  14日、河北省灤州市范荘村で上空から消毒液を噴霧する農業用小型無人機。(小型無人機から)新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、河北省灤州(らんしゅう)市はこのほど、農業機械を改造し予防・抑制の新たなツールとした。同市は農業合作社(協同組合)に無償で提供している農業用小型無人機と、俗に「カノン砲」と呼ばれる高効率で遠隔操作が可能な農業用噴霧器などの農機を徹底洗浄後、消毒液噴霧機器に改造した。さらに農業合作社の組合員を動員し消毒防疫班を設立。農民が「防疫先兵」となり、積極的に業務に当たっている。(灤州=新華社配信/于愛双)=2020(令和2)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019120900507

    「新華社」 農家「インフルエンサー」のライブ配信が人気広西・霊山県  3日、自身の電子商取引(EC)拠点で棚の商品を整理する甘有琴さん。中国広西チワン族自治区欽州市霊山県に住む甘有琴(かん・ゆうきん)さんは、一般的な30代の農家の女性だ。甘さんはインターネット上で農村生活のショート動画を発信し、ふるさとの農業副産物の販売をけん引。畑を耕しながらライブ配信も行う農家「インフルエンサー」として活躍している。甘さんとチームのメンバーは2017年からショート動画のソーシャルメディアアカウントを運営。今ではフォロワー総数が1千万人を超え、動画は1日当たり約200万回再生されている。甘さんは普段、料理や網を使った魚取り、木に登っての果実収穫など、農村生活のショート動画をアップしているが、実は並々ならぬ「販売影響力」の持ち主でもあり、2018年にはライブ配信を通じてライチを35万キロ以上販売。地元の貧困世帯が農業副産物を販売できるよう支援もしており、50人以上に雇用を提供している。(南寧=新華社記者/曹禕銘)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019120900492

    「新華社」 農家「インフルエンサー」のライブ配信が人気広西・霊山県  3日、ライブ配信中の甘有琴さん(左)。中国広西チワン族自治区欽州市霊山県に住む甘有琴(かん・ゆうきん)さんは、一般的な30代の農家の女性だ。甘さんはインターネット上で農村生活のショート動画を発信し、ふるさとの農業副産物の販売をけん引。畑を耕しながらライブ配信も行う農家「インフルエンサー」として活躍している。甘さんとチームのメンバーは2017年からショート動画のソーシャルメディアアカウントを運営。今ではフォロワー総数が1千万人を超え、動画は1日当たり約200万回再生されている。甘さんは普段、料理や網を使った魚取り、木に登っての果実収穫など、農村生活のショート動画をアップしているが、実は並々ならぬ「販売影響力」の持ち主でもあり、2018年にはライブ配信を通じてライチを35万キロ以上販売。地元の貧困世帯が農業副産物を販売できるよう支援もしており、50人以上に雇用を提供している。(南寧=新華社記者/曹禕銘)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019120900511

    「新華社」 農家「インフルエンサー」のライブ配信が人気広西・霊山県  3日、電子商取引(EC)カスタマーサービスと連携して、消費者からの質問に対応する甘有琴さん(左)。(組み合わせ写真)中国広西チワン族自治区欽州市霊山県に住む甘有琴(かん・ゆうきん)さんは、一般的な30代の農家の女性だ。甘さんはインターネット上で農村生活のショート動画を発信し、ふるさとの農業副産物の販売をけん引。畑を耕しながらライブ配信も行う農家「インフルエンサー」として活躍している。甘さんとチームのメンバーは2017年からショート動画のソーシャルメディアアカウントを運営。今ではフォロワー総数が1千万人を超え、動画は1日当たり約200万回再生されている。甘さんは普段、料理や網を使った魚取り、木に登っての果実収穫など、農村生活のショート動画をアップしているが、実は並々ならぬ「販売影響力」の持ち主でもあり、2018年にはライブ配信を通じてライチを35万キロ以上販売。地元の貧困世帯が農業副産物を販売できるよう支援もしており、50人以上に雇用を提供している。(南寧=新華社記者/曹禕銘)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019120900517

    「新華社」 農家「インフルエンサー」のライブ配信が人気広西・霊山県  3日、倉庫で出荷用の果物を梱包する甘有琴さん。(組み合わせ写真)中国広西チワン族自治区欽州市霊山県に住む甘有琴(かん・ゆうきん)さんは、一般的な30代の農家の女性だ。甘さんはインターネット上で農村生活のショート動画を発信し、ふるさとの農業副産物の販売をけん引。畑を耕しながらライブ配信も行う農家「インフルエンサー」として活躍している。甘さんとチームのメンバーは2017年からショート動画のソーシャルメディアアカウントを運営。今ではフォロワー総数が1千万人を超え、動画は1日当たり約200万回再生されている。甘さんは普段、料理や網を使った魚取り、木に登っての果実収穫など、農村生活のショート動画をアップしているが、実は並々ならぬ「販売影響力」の持ち主でもあり、2018年にはライブ配信を通じてライチを35万キロ以上販売。地元の貧困世帯が農業副産物を販売できるよう支援もしており、50人以上に雇用を提供している。(南寧=新華社記者/曹禕銘)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019120900559

    「新華社」 農家「インフルエンサー」のライブ配信が人気広西・霊山県  3日、自宅で料理をしながらショート動画を撮影する甘有琴さん(左)。中国広西チワン族自治区欽州市霊山県に住む甘有琴(かん・ゆうきん)さんは、一般的な30代の農家の女性だ。甘さんはインターネット上で農村生活のショート動画を発信し、ふるさとの農業副産物の販売をけん引。畑を耕しながらライブ配信も行う農家「インフルエンサー」として活躍している。甘さんとチームのメンバーは2017年からショート動画のソーシャルメディアアカウントを運営。今ではフォロワー総数が1千万人を超え、動画は1日当たり約200万回再生されている。甘さんは普段、料理や網を使った魚取り、木に登っての果実収穫など、農村生活のショート動画をアップしているが、実は並々ならぬ「販売影響力」の持ち主でもあり、2018年にはライブ配信を通じてライチを35万キロ以上販売。地元の貧困世帯が農業副産物を販売できるよう支援もしており、50人以上に雇用を提供している。(南寧=新華社記者/曹禕銘)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019120900496

    「新華社」 農家「インフルエンサー」のライブ配信が人気広西・霊山県  3日、出荷倉庫で果物の検査と選別をする甘有琴さん。中国広西チワン族自治区欽州市霊山県に住む甘有琴(かん・ゆうきん)さんは、一般的な30代の農家の女性だ。甘さんはインターネット上で農村生活のショート動画を発信し、ふるさとの農業副産物の販売をけん引。畑を耕しながらライブ配信も行う農家「インフルエンサー」として活躍している。甘さんとチームのメンバーは2017年からショート動画のソーシャルメディアアカウントを運営。今ではフォロワー総数が1千万人を超え、動画は1日当たり約200万回再生されている。甘さんは普段、料理や網を使った魚取り、木に登っての果実収穫など、農村生活のショート動画をアップしているが、実は並々ならぬ「販売影響力」の持ち主でもあり、2018年にはライブ配信を通じてライチを35万キロ以上販売。地元の貧困世帯が農業副産物を販売できるよう支援もしており、50人以上に雇用を提供している。(南寧=新華社記者/曹禕銘)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019120900530

    「新華社」 農家「インフルエンサー」のライブ配信が人気広西・霊山県  上:ライブ配信で仲間と一緒に黒米ちまきを紹介する甘有琴さん(左)。下:甘有琴さんのライブ配信の様子。(12月3日撮影、組み合わせ写真)中国広西チワン族自治区欽州市霊山県に住む甘有琴(かん・ゆうきん)さんは、一般的な30代の農家の女性だ。甘さんはインターネット上で農村生活のショート動画を発信し、ふるさとの農業副産物の販売をけん引。畑を耕しながらライブ配信も行う農家「インフルエンサー」として活躍している。甘さんとチームのメンバーは2017年からショート動画のソーシャルメディアアカウントを運営。今ではフォロワー総数が1千万人を超え、動画は1日当たり約200万回再生されている。甘さんは普段、料理や網を使った魚取り、木に登っての果実収穫など、農村生活のショート動画をアップしているが、実は並々ならぬ「販売影響力」の持ち主でもあり、2018年にはライブ配信を通じてライチを35万キロ以上販売。地元の貧困世帯が農業副産物を販売できるよう支援もしており、50人以上に雇用を提供している。(南寧=新華社記者/曹禕銘)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019110500760

    「新華社」 日本のODAによる「環境学習モデル教室」、江蘇省無錫市で竣工  18日、「環境学習モデル教室」のプレート除幕式。中国の在上海日本総領事館による「草の根・人間の安全保障無償資金協力(中国語名・利民工程)」事業の一環として、江蘇省無錫市恵山区前洲街道鉄路橋村に建設していた「環境学習モデル教室」が18日、竣工した。この建設計画は、一般参加・体験型の環境学習モデル教室の創設を目的とし、3月に始まった。ごみの分別や生ごみの堆肥化・再利用に関する習慣を地域に定着させ、ごみ処理対策を一段と進め、自然と共生する高付加価値・循環型農業の実現を目指す。(南京=新華社配信/在上海日本総領事館提供)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:在上海日本総領事館/新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019110500758

    「新華社」 日本のODAによる「環境学習モデル教室」、江蘇省無錫市で竣工  18日、あいさつする在上海日本国総領事館の磯俣秋男総領事。中国の在上海日本総領事館による「草の根・人間の安全保障無償資金協力(中国語名・利民工程)」事業の一環として、江蘇省無錫市恵山区前洲街道鉄路橋村に建設していた「環境学習モデル教室」が18日、竣工した。この建設計画は、一般参加・体験型の環境学習モデル教室の創設を目的とし、3月に始まった。ごみの分別や生ごみの堆肥化・再利用に関する習慣を地域に定着させ、ごみ処理対策を一段と進め、自然と共生する高付加価値・循環型農業の実現を目指す。(南京=新華社配信/在上海日本総領事館提供)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:在上海日本総領事館/新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019110500810

    「新華社」 日本のODAによる「環境学習モデル教室」、江蘇省無錫市で竣工  18日、記念撮影する中日双方の代表。中国の在上海日本総領事館による「草の根・人間の安全保障無償資金協力(中国語名・利民工程)」事業の一環として、江蘇省無錫市恵山区前洲街道鉄路橋村に建設していた「環境学習モデル教室」が18日、竣工した。この建設計画は、一般参加・体験型の環境学習モデル教室の創設を目的とし、3月に始まった。ごみの分別や生ごみの堆肥化・再利用に関する習慣を地域に定着させ、ごみ処理対策を一段と進め、自然と共生する高付加価値・循環型農業の実現を目指す。(南京=新華社配信/在上海日本総領事館提供)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:在上海日本総領事館/新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019092708713

    「新華社」 奇跡の「莓茶」、張家界の貧困農村に希望をもたらす  16日、莓茶基地で勢いよく育つ莓茶。中国湖南省張家界市桑植県は、中国の「広域特殊困難地区」の一つ、武陵山区域に位置する。うち、梯市(ていし)村という山あいの村落は極度の貧困にある。カルスト地形で有名な地域ではあるが、山深い場所に暮らす地元の人々は、脆弱な産業基盤、インフラ整備の遅れ、水資源の枯渇など、厳しい状況に置かれている。同村では2017年から貧困脱却工作隊が駐在し、カルスト地形の「水を溜めない」性質に着目し、乾燥に強い商品作物「莓茶(めいちゃ)」の栽培を導入した。現在、梯市村の莓茶産業は急速に発展し、栽培隊に加入する村民も増え続けている。莓茶合作社や加工工場も相次いで設立され、村全体の莓茶作付面積は450ムーを超え、収益も1ムー当たり5千元(1元=約15円)近くとなった。(張家界=新華社配信/中共張家界市紀委提供)=2019(令和元)年9月16日、クレジット:中共張家界市紀委/新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019092708716

    「新華社」 奇跡の「莓茶」、張家界の貧困農村に希望をもたらす  16日、莓茶を乾燥させる合作社の社員。中国湖南省張家界市桑植県は、中国の「広域特殊困難地区」の一つ、武陵山区域に位置する。うち、梯市(ていし)村という山あいの村落は極度の貧困にある。カルスト地形で有名な地域ではあるが、山深い場所に暮らす地元の人々は、脆弱な産業基盤、インフラ整備の遅れ、水資源の枯渇など、厳しい状況に置かれている。同村では2017年から貧困脱却工作隊が駐在し、カルスト地形の「水を溜めない」性質に着目し、乾燥に強い商品作物「莓茶(めいちゃ)」の栽培を導入した。現在、梯市村の莓茶産業は急速に発展し、栽培隊に加入する村民も増え続けている。莓茶合作社や加工工場も相次いで設立され、村全体の莓茶作付面積は450ムー(1ムー=15分の1ヘクタール)を超え、収益も1ムー当たり5千元(1元=約15円)近くとなった。(張家界=新華社配信/中共張家界市紀委提供)=2019(令和元)年9月16日、クレジット:中共張家界市紀委/新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019092708755

    「新華社」 奇跡の「莓茶」、張家界の貧困農村に希望をもたらす  16日、桑植県梯市村の竜三坑(りゅうさんこう)莓茶基地。中国湖南省張家界市桑植県は、中国の「広域特殊困難地区」の一つ、武陵山区域に位置する。うち、梯市(ていし)村という山あいの村落は極度の貧困にある。カルスト地形で有名な地域ではあるが、山深い場所に暮らす地元の人々は、脆弱な産業基盤、インフラ整備の遅れ、水資源の枯渇など、厳しい状況に置かれている。同村では2017年から貧困脱却工作隊が駐在し、カルスト地形の「水を溜めない」性質に着目し、乾燥に強い商品作物「莓茶(めいちゃ)」の栽培を導入した。現在、梯市村の莓茶産業は急速に発展し、栽培隊に加入する村民も増え続けている。莓茶合作社や加工工場も相次いで設立され、村全体の莓茶作付面積は450ムー(1ムー=15分の1ヘクタール)を超え、収益も1ムー当たり5千元(1元=約15円)近くとなった。(張家界=新華社配信/中共張家界市紀委提供)=2019(令和元)年9月16日、クレジット:中共張家界市紀委/新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019092708652

    「新華社」 奇跡の「莓茶」、張家界の貧困農村に希望をもたらす  16日、空中から見た梯市村羊毛凹(ようもうおう)莓茶基地。中国湖南省張家界市桑植県は、中国の「広域特殊困難地区」の一つ、武陵山区域に位置する。うち、梯市(ていし)村という山あいの村落は極度の貧困にある。カルスト地形で有名な地域ではあるが、山深い場所に暮らす地元の人々は、脆弱な産業基盤、インフラ整備の遅れ、水資源の枯渇など、厳しい状況に置かれている。同村では2017年から貧困脱却工作隊が駐在し、カルスト地形の「水を溜めない」性質に着目し、乾燥に強い商品作物「莓茶(めいちゃ)」の栽培を導入した。現在、梯市村の莓茶産業は急速に発展し、栽培隊に加入する村民も増え続けている。莓茶合作社や加工工場も相次いで設立され、村全体の莓茶作付面積は450ムー(1ムー=15分の1ヘクタール)を超え、収益も1ムー当たり5千元(1元=約15円)近くとなった。(張家界=新華社配信/中共張家界市紀委提供)=2019(令和元)年9月16日、クレジット:中共張家界市紀委/新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019092708710

    「新華社」 奇跡の「莓茶」、張家界の貧困農村に希望をもたらす  16日、茶園で莓茶を摘む栽培農家。中国湖南省張家界市桑植県は、中国の「広域特殊困難地区」の一つ、武陵山区域に位置する。うち、梯市(ていし)村という山あいの村落は極度の貧困にある。カルスト地形で有名な地域ではあるが、山深い場所に暮らす地元の人々は、脆弱な産業基盤、インフラ整備の遅れ、水資源の枯渇など、厳しい状況に置かれている。同村では2017年から貧困脱却工作隊が駐在し、カルスト地形の「水を溜めない」性質に着目し、乾燥に強い商品作物「莓茶(めいちゃ)」の栽培を導入した。現在、梯市村の莓茶産業は急速に発展し、栽培隊に加入する村民も増え続けている。莓茶合作社や加工工場も相次いで設立され、村全体の莓茶作付面積は450ムー(約30ヘクタール)を超え、収益も1ムー当たり5千元(1元=約15円)近くとなった。(張家界=新華社配信/中共張家界市紀委提供)=2019(令和元)年9月16日、クレジット:中共張家界市紀委/新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019090501019

    「新華社」 魅力ある観光地を目指す「花と木の故郷」蘇州市光福鎮  19日、蘇州市光福鎮の「米山米舎民宿」。太湖のほとりに位置する「中国の花と木の故郷」、中国江蘇省蘇州市呉中区の光福鎮はここ数年、農業と文化、観光業の融合を加速させ、知らず知らずのうちにその魅力を高めている。光福鎮では苗木生産が基幹産業の一つだったが、ここ数年、景観業界建設が減速し、沿海地域の苗木市場が飽和するにつれ、同鎮の「花卉・植木経済」も「量の追求」から考え方を転換するようになった。盆景文化をけん引役に、高級苗木路線による発展の道を歩もうとしている。光福鎮は現在、梅の花を軸とした文化と共産主義精神を称える紅色文化を掘り下げ、漁労文化と工芸文化を発展させることで、独自の地域ブランドを打ち立てている。同鎮では他にも「米山米舎民宿」など文化体験旅行との融合商品を考案している。地元の人的・文化的景観や生態環境、自然資源と太湖の漁労文化などを取り込み、観光客の好みに合わせて、太湖の漁村に触れる旅、禅や仏教について学ぶ旅、登山ウォーキングの旅、工芸文化の旅、梅花文化の旅など、多彩な旅行商品を取り揃えている。(南京=新華社配信/米山米舍提供)=2019(令和元)年8月19日、クレジット:米山米舍/新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019072600203

    「新華社」 チベット族居住地域の「マツタケ輸送」にドローンが活躍四川省  雅江県のマツタケ。(資料写真)中国四川省カンゼ(甘孜)チベット族自治州雅江(がこう)県でこのほど、中国物流大手の順豊エクスプレスが100機以上のドローンを使い、収穫したばかりのマツタケを山から麓へ迅速に運ぶサービスを開始した。(カンゼ=新華社配信/雅江県政府提供)=撮影日不明、クレジット:雅江県政府/新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019072600300

    「新華社」 チベット族居住地域の「マツタケ輸送」にドローンが活躍四川省  マツタケを運ぶドローン。(資料写真)中国四川省カンゼ(甘孜)チベット族自治州雅江(がこう)県でこのほど、中国物流大手の順豊エクスプレスが100機以上のドローンを使い、収穫したばかりのマツタケを山から麓へ迅速に運ぶサービスを開始した。(カンゼ=新華社配信/雅江県政府提供)=撮影日不明、クレジット:雅江県政府/新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019072600191

    「新華社」 チベット族居住地域の「マツタケ輸送」にドローンが活躍四川省  雅江県で収穫されたマツタケ。(資料写真)中国四川省カンゼ(甘孜)チベット族自治州雅江(がこう)県でこのほど、中国物流大手の順豊エクスプレスが100機以上のドローンを使い、収穫したばかりのマツタケを山から麓へ迅速に運ぶサービスを開始した。(カンゼ=新華社配信/雅江県政府提供)=撮影日不明、クレジット:雅江県政府/新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019072600255

    「新華社」 チベット族居住地域の「マツタケ輸送」にドローンが活躍四川省  雅江県のマツタケで作られた料理。(資料写真)中国四川省カンゼ(甘孜)チベット族自治州雅江(がこう)県でこのほど、中国物流大手の順豊エクスプレスが100機以上のドローンを使い、収穫したばかりのマツタケを山から麓へ迅速に運ぶサービスを開始した。(カンゼ=新華社配信/雅江県政府提供)=撮影日不明、クレジット:雅江県政府/新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019072600214

    「新華社」 チベット族居住地域の「マツタケ輸送」にドローンが活躍四川省  雅江県で箱詰めされたマツタケ。(資料写真)中国四川省カンゼ(甘孜)チベット族自治州雅江(がこう)県でこのほど、中国物流大手の順豊エクスプレスが100機以上のドローンを使い、収穫したばかりのマツタケを山から麓へ迅速に運ぶサービスを開始した。(カンゼ=新華社配信/雅江県政府提供)=撮影日不明、クレジット:雅江県政府/新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019072600198

    「新華社」 チベット族居住地域の「マツタケ輸送」にドローンが活躍四川省  10日、マツタケを運ぶドローン。中国四川省カンゼ(甘孜)チベット族自治州雅江(がこう)県でこのほど、中国物流大手の順豊エクスプレスが100機以上のドローンを使い、収穫したばかりのマツタケを山から麓へ迅速に運ぶサービスを開始した。(カンゼ=新華社配信/雅江県政府提供)=2019(令和元)年7月10日、クレジット:雅江県政府/新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019072600194

    「新華社」 チベット族居住地域の「マツタケ輸送」にドローンが活躍四川省  10日、ドローンが輸送したマツタケを受け取るスタッフ。中国四川省カンゼ(甘孜)チベット族自治州雅江(がこう)県でこのほど、中国物流大手の順豊エクスプレスが100機以上のドローンを使い、収穫したばかりのマツタケを山から麓へ迅速に運ぶサービスを開始した。(カンゼ=新華社配信/雅江県政府提供)=2019(令和元)年7月10日、クレジット:雅江県政府/新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019072600205

    「新華社」 チベット族居住地域の「マツタケ輸送」にドローンが活躍四川省  10日、雅江マツタケ産業園のマツタケ前処理センター。中国四川省カンゼ(甘孜)チベット族自治州雅江(がこう)県でこのほど、中国物流大手の順豊エクスプレスが100機以上のドローンを使い、収穫したばかりのマツタケを山から麓へ迅速に運ぶサービスを開始した。(カンゼ=新華社配信/雅江県政府提供)=2019(令和元)年7月10日、クレジット:雅江県政府/新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019061902654

    空海の満濃池、名勝指定  満濃池で行われた、水門を開放して水田に水を流す「ゆる抜き」=15日、香川県まんのう町

  32. 2019061500235

    讃岐の田潤す「ゆる抜き」  満濃池で行われた、水門を開放して水田に水を流す「ゆる抜き」=15日正午ごろ、香川県まんのう町

  33. 2019061403796

    「新華社」 中国の研究者、化学療法薬を含まない新たな抗がん剤を開発  ナノ診断・治療薬が作用する仕組み。(資料写真)中国の研究者はこのほど、がん組織の画像診断と抗がん治療を行う、化学療法薬を含まない新たなナノ診断・治療薬を開発した。研究は中国科学院合肥物質科学研究院技術生物・農業工程研究所の呉正岩(ご・せいがん)研究員のプロジェクトチームと、上海交通大学医学院の鄒多宏(すう・たこう)教授が協力して実施。成果はこのほど、生体材料分野の学術誌「Biomaterials」に掲載された。(合肥=新華社配信/呉正岩氏提供)=撮影日不明、クレジット:呉正岩氏/新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019061403797

    「新華社」 中国の研究者、化学療法薬を含まない新たな抗がん剤を開発  ナノ診断・治療薬の性能テストを行う呉正岩研究員のプロジェクトチーム。(5月16日撮影)中国の研究者はこのほど、がん組織の画像診断と抗がん治療を行う、化学療法薬を含まない新たなナノ診断・治療薬を開発した。研究は中国科学院合肥物質科学研究院技術生物・農業工程研究所の呉正岩(ご・せいがん)研究員のプロジェクトチームと、上海交通大学医学院の鄒多宏(すう・たこう)教授が協力して実施。成果はこのほど、生体材料分野の学術誌「Biomaterials」に掲載された。(合肥=新華社配信/呉正岩氏提供)=2019(令和元)年6月12日、クレジット:呉正岩氏/新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019061403784

    「新華社」 満洲里市民が寄贈の海洋生物、2千キロを越え天津の海洋公園へ  8日、輸送中の損傷を防ぐためウミガメに「保護服」を着せるスタッフ。中国内モンゴル自治区満洲里市の市民がこのほど、個人で所有していた海洋生物3頭を寄贈した。中国農業農村部漁業漁政管理局や全国水生野生動物保護分会などの機関が連携して支援を行い、3頭は天津市の海昌極地海洋公園に安全に運ばれ、同園に収容された。海洋公園の責任者によると、今回市民が寄贈したのはゴマフアザラシ2頭とアオウミガメ1頭。同園ではこれらが到着する前に独立した飼育観察エリアを準備し、飼育エリアの消毒と防疫を実施。さらに獣医を手配して身体検査の準備を進め、動物のスムーズな受け入れに備えた。(天津=新華社配信/天津海昌極地海洋公園提供)=2019(令和元)年6月8日、クレジット:天津海昌極地海洋公園/新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019061403737

    「新華社」 満洲里市民が寄贈の海洋生物、2千キロを越え天津の海洋公園へ  8日、今回の海洋生物の輸送に使用された車両。中国内モンゴル自治区満洲里市の市民がこのほど、個人で所有していた海洋生物3頭を寄贈した。中国農業農村部漁業漁政管理局や全国水生野生動物保護分会などの機関が連携して支援を行い、3頭は天津市の海昌極地海洋公園に安全に運ばれ、同園に収容された。海洋公園の責任者によると、今回市民が寄贈したのはゴマフアザラシ2頭とアオウミガメ1頭。同園ではこれらが到着する前に独立した飼育観察エリアを準備し、飼育エリアの消毒と防疫を実施。さらに獣医を手配して身体検査の準備を進め、動物のスムーズな受け入れに備えた。(天津=新華社配信/天津海昌極地海洋公園提供)=2019(令和元)年6月8日、クレジット:天津海昌極地海洋公園/新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019061403751

    「新華社」 満洲里市民が寄贈の海洋生物、2千キロを越え天津の海洋公園へ  6日、輸送のための保護ケースに入れられたアオウミガメ。中国内モンゴル自治区満洲里市の市民がこのほど、個人で所有していた海洋生物3頭を寄贈した。中国農業農村部漁業漁政管理局や全国水生野生動物保護分会などの機関が連携して支援を行い、3頭は天津市の海昌極地海洋公園に安全に運ばれ、同園に収容された。海洋公園の責任者によると、今回市民が寄贈したのはゴマフアザラシ2頭とアオウミガメ1頭。同園ではこれらが到着する前に独立した飼育観察エリアを準備し、飼育エリアの消毒と防疫を実施。さらに獣医を手配して身体検査の準備を進め、動物のスムーズな受け入れに備えた。(天津=新華社配信/天津海昌極地海洋公園提供)=2019(令和元)年6月6日、クレジット:天津海昌極地海洋公園/新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019061403773

    「新華社」 満洲里市民が寄贈の海洋生物、2千キロを越え天津の海洋公園へ  6日、保護されたゴマフアザラシ。中国内モンゴル自治区満洲里市の市民がこのほど、個人で所有していた海洋生物3頭を寄贈した。中国農業農村部漁業漁政管理局や全国水生野生動物保護分会などの機関が連携して支援を行い、3頭は天津市の海昌極地海洋公園に安全に運ばれ、同園に収容された。海洋公園の責任者によると、今回市民が寄贈したのはゴマフアザラシ2頭とアオウミガメ1頭。同園ではこれらが到着する前に独立した飼育観察エリアを準備し、飼育エリアの消毒と防疫を実施。さらに獣医を手配して身体検査の準備を進め、動物のスムーズな受け入れに備えた。(天津=新華社配信/天津海昌極地海洋公園提供)=2019(令和元)年6月6日、クレジット:天津海昌極地海洋公園/新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019060402917

    「新華社」 雲南省で外来昆虫「ツマジロクサヨトウ」食害被害面積93万ムー  24日、雲南省怒江リス族自治州でツマジロクサヨトウの発生状況を確認する雲南省農業科学院農業環境資源研究所の専門家。中国雲南省農業農村庁は29日、28日時点で省内120の県で外来種のガ「ツマジロクサヨトウ」が見つかり、計93万1500ムー(621平方キロ)の畑が食害にあったと発表した。(昆明=新華社配信/雲南省農業科学院農業環境資源研究所提供)=2019(令和元)年5月24日、クレジット:雲南省農業科学院農業環境資源研究所/新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019060402972

    「新華社」 雲南省で外来昆虫「ツマジロクサヨトウ」食害被害面積93万ムー  24日、雲南省開遠市で起きたツマジロクサヨトウの食害で被害を受けたトウモロコシ。中国雲南省農業農村庁は29日、28日時点で省内120の県で外来種のガ「ツマジロクサヨトウ」が見つかり、計93万1500ムー(621平方キロ)の畑が食害にあったと発表した。(昆明=新華社配信/雲南省農業科学院農業環境資源研究所提供)=2019(令和元)年5月24日、クレジット:雲南省農業科学院農業環境資源研究所/新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019060403003

    「新華社」 雲南省で干ばつ深刻化各地に赤色警報発令  21日、普洱(プーアル)市鎮沅(ちんげん)県で村民のために給水作業に当たる同県の消防救援隊員。中国雲南省の農業部門によると、深刻な干ばつの影響で、同省各地ではこれまでに農作物の被害面積が1106万8600ムー(約7400平方キロ)に及んでいる。うち収穫量が例年より3割以上減産した重度被害面積は348万5300ムー(約2300平方キロ)、同8割以上減産した極度被害面積は19万5300ムー(約130平方キロ)にのぼる。(昆明=新華社配信/雲南省普洱市鎮沅県消防救援隊提供)=2019(令和元)年5月21日、クレジット:雲南省普洱市鎮沅県消防救援隊/新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019060403004

    「新華社」 雲南省で外来昆虫「ツマジロクサヨトウ」食害被害面積93万ムー  20日、雲南省開遠市で栽培されているトウモロコシの葉に潜むツマジロクサヨトウ。中国雲南省農業農村庁は29日、28日時点で省内120の県で外来種のガ「ツマジロクサヨトウ」が見つかり、計93万1500ムー(621平方キロ)の畑が食害にあったと発表した。(昆明=新華社配信/雲南省農業科学院農業環境資源研究所提供)=2019(令和元)年5月20日、クレジット:雲南省農業科学院農業環境資源研究所/新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019052200101

    「新華社」 遼河文化がテーマの「栄興博物館」オープン遼寧省盤錦市  18日、栄興博物館に設けられた農業開拓がテーマの展示室。中国遼寧省盤錦市に18日、同市や周辺地域の遼河文化をメインテーマとする栄興博物館がオープンした。博物館の建築面積は3500平方メートル。「浅瀬の埠頭」や「荒地の開墾」「土地への定住」などのテーマで展示室を設け、実物や図版、模型、現代科学技術を応用した方法など、さまざまな形で盤錦地域の遼河文化を紹介する。(盤錦=新華社記者/潘昱竜)=2019(令和元)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019052200063

    「新華社」 遼河文化がテーマの「栄興博物館」オープン遼寧省盤錦市  18日、栄興博物館に設けられた農業開拓がテーマの展示室。中国遼寧省盤錦市に18日、同市や周辺地域の遼河文化をメインテーマとする栄興博物館がオープンした。博物館の建築面積は3500平方メートル。「浅瀬の埠頭」や「荒地の開墾」「土地への定住」などのテーマで展示室を設け、実物や図版、模型、現代科学技術を応用した方法など、さまざまな形で盤錦地域の遼河文化を紹介する。(盤錦=新華社記者/潘昱竜)=2019(令和元)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019052200059

    「新華社」 遼河文化がテーマの「栄興博物館」オープン遼寧省盤錦市  18日、農業開拓がテーマの展示室にある農業関連設備。中国遼寧省盤錦市に18日、同市や周辺地域の遼河文化をメインテーマとする栄興博物館がオープンした。博物館の建築面積は3500平方メートル。「浅瀬の埠頭」や「荒地の開墾」「土地への定住」などのテーマで展示室を設け、実物や図版、模型、現代科学技術を応用した方法など、さまざまな形で盤錦地域の遼河文化を紹介する。(盤錦=新華社記者/潘昱竜)=2019(令和元)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019052200097

    「新華社」 遼河文化がテーマの「栄興博物館」オープン遼寧省盤錦市  18日、農業開拓がテーマの展示室にある農業関連設備。中国遼寧省盤錦市に18日、同市や周辺地域の遼河文化をメインテーマとする栄興博物館がオープンした。博物館の建築面積は3500平方メートル。「浅瀬の埠頭」や「荒地の開墾」「土地への定住」などのテーマで展示室を設け、実物や図版、模型、現代科学技術を応用した方法など、さまざまな形で盤錦地域の遼河文化を紹介する。(盤錦=新華社記者/潘昱竜)=2019(令和元)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019060402958

    「新華社」 雲南省で干ばつ深刻化各地に赤色警報発令  17日、重度の干ばつ被害を受けた元江県の農作物。中国雲南省の農業部門によると、深刻な干ばつの影響で、同省各地ではこれまでに農作物の被害面積が1106万8600ムー(約7400平方キロ)に及んでいる。うち収穫量が例年より3割以上減産した重度被害面積は348万5300ムー(約2300平方キロ)、同8割以上減産した極度被害面積は19万5300ムー(約130平方キロ)にのぼる。(昆明=新華社配信/元江県農業農村局提供)=2019(令和元)年5月17日、クレジット:元江県農業農村局/新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019060402999

    「新華社」 中国商人、日本で花椒栽培に乗り出す海外市場に活路  5月17日、四川省南充(なんじゅう)市の青花椒基地で花椒の生育状況を確認する周易雨(しゅう・えきう)さん。中国西部の舌と唇をしびれさせる香辛料が今、海外の飲食店で人気を集めている。この動きに目を付けた四川商人、周易雨(しゅう・えきう)さんは、注目される神秘の香辛料「花椒(かしょう)」を日本で栽培しようと決心した。周さんと提携パートナーは日本の山口県や大阪府泉佐野市で合計500ムー(約33ヘクタール)の農地を借り、四川省原産の青花椒の栽培を開始した。周さんは毎月10日以上日本に滞在し、日本の農業技術を研究しながら、地元の農家に外来品種である青花椒の栽培法を教えている。。(成都=新華社配信/周易雨氏提供)=2019(令和元)年5月17日、クレジット:周易雨氏/新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019060403020

    「新華社」 中国商人、日本で花椒栽培に乗り出す海外市場に活路  5月17日、四川省南充(なんじゅう)市の青花椒基地で栽培されている周易雨(しゅう・えきう)さんの花椒の苗。中国西部の舌と唇をしびれさせる香辛料が今、海外の飲食店で人気を集めている。この動きに目を付けた四川商人、周易雨(しゅう・えきう)さんは、注目される神秘の香辛料「花椒(かしょう)」を日本で栽培しようと決心した。周さんと提携パートナーは日本の山口県や大阪府泉佐野市で合計500ムー(約33ヘクタール)の農地を借り、四川省原産の青花椒の栽培を開始した。周さんは毎月10日以上日本に滞在し、日本の農業技術を研究しながら、地元の農家に外来品種である青花椒の栽培法を教えている。(成都=新華社配信/周易雨氏提供)=2019(令和元)年5月17日、クレジット:周易雨氏/新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019060402960

    「新華社」 雲南省で干ばつ深刻化各地に赤色警報発令  17日、重度の干ばつ被害で底に亀裂が生じた玉渓市元江県窪垤(わてつ)郷の貯水池。中国雲南省の農業部門によると、深刻な干ばつの影響で、同省各地ではこれまでに農作物の被害面積が1106万8600ムー(約7400平方キロ)に及んでいる。うち収穫量が例年より3割以上減産した重度被害面積は348万5300ムー(約2300平方キロ)、同8割以上減産した極度被害面積は19万5300ムー(約130平方キロ)にのぼる。(昆明=新華社配信/元江県農業農村局提供)=2019(令和元)年5月17日、クレジット:元江県農業農村局/新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像