検索結果 7 件中 1 件 〜 7
  1. 2020040204217

    「けいざいフォーカス」 農業の複数拠点化広がる  収穫したダイコンを手にする西牟田農園代表の西牟田峰男さん夫妻=2019年11月、鹿児島県南九州市

  2. 2020040204206

    「けいざいフォーカス」 農業の複数拠点化広がる  収穫したキャベツを手にする「野菜くらぶ」の沢浦彰治社長=1月、群馬県昭和村

  3. 2020040302531

    「新華社」 感染予防に万全を期しての茶摘み湖北省十堰市  3月31日、十堰市茅箭区茅塔郷康家村の茶畑で茶摘みをする農家。中国の秦巴山区に位置する湖北省十堰市は、中国農業部から「中国道茶文化の里」「中国高香型生態緑茶の里」「中国有機緑茶の里」などの称号を受ける茶の産地として知られる。地元特産の「武当道茶」は、武当山や丹江口ダムなどと並ぶ同市の代名詞とされており、今では60を超える系列製品がある。地元では現在、新型コロナウイルスの感染状況の好転を受け、茶農家が一定の距離を保ちながら春の茶摘みを行っている。(武漢=新華社配信/秦芸凡)=2020(令和2)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2020040302593

    「新華社」 感染予防に万全を期しての茶摘み湖北省十堰市  3月31日、十堰市房県窯淮鎮三岔村で自宅前の茶畑の茶摘みをする村民。中国の秦巴山区に位置する湖北省十堰市は、中国農業部から「中国道茶文化の里」「中国高香型生態緑茶の里」「中国有機緑茶の里」などの称号を受ける茶の産地として知られる。地元特産の「武当道茶」は、武当山や丹江口ダムなどと並ぶ同市の代名詞とされており、今では60を超える系列製品がある。地元では現在、新型コロナウイルスの感染状況の好転を受け、茶農家が一定の距離を保ちながら春の茶摘みを行っている。(武漢=新華社配信/杜達巍)=2020(令和2)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2020040302614

    「新華社」 感染予防に万全を期しての茶摘み湖北省十堰市  3月31日、十堰市茅箭区茅塔郷大溝村の茶葉栽培基地で茶摘みをする農家。中国の秦巴山区に位置する湖北省十堰市は、中国農業部から「中国道茶文化の里」「中国高香型生態緑茶の里」「中国有機緑茶の里」などの称号を受ける茶の産地として知られる。地元特産の「武当道茶」は、武当山や丹江口ダムなどと並ぶ同市の代名詞とされており、今では60を超える系列製品がある。地元では現在、新型コロナウイルスの感染状況の好転を受け、茶農家が一定の距離を保ちながら春の茶摘みを行っている。(武漢=新華社配信/秦芸凡)=2020(令和2)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2020040302637

    「新華社」 感染予防に万全を期しての茶摘み湖北省十堰市  3月31日、十堰市房県窯淮鎮三岔村の茶葉栽培基地。(小型無人機から)中国の秦巴山区に位置する湖北省十堰市は、中国農業部から「中国道茶文化の里」「中国高香型生態緑茶の里」「中国有機緑茶の里」などの称号を受ける茶の産地として知られる。地元特産の「武当道茶」は、武当山や丹江口ダムなどと並ぶ同市の代名詞とされており、今では60を超える系列製品がある。地元では現在、新型コロナウイルスの感染状況の好転を受け、茶農家が一定の距離を保ちながら春の茶摘みを行っている。(武漢=新華社配信/趙愛平)=2020(令和2)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2020033000005

    「NEWSパーク」 無農薬米を子どもの給食に  無農薬で育てたニンジンを持つ、くりのみ園の理事長の島津隆雄さん(左端)ら=17日、長野県小布施町

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像