検索結果 3,915 件中 1 件 〜 50
  1. 2020021600276

    「栄養不足で不漁」裏付け  2019年3月、水揚げされるイカナゴの稚魚=兵庫県明石市の林崎漁港

  2. 2020020705463

    ミニ特集「復興庁8年」 「知恵や人育てる支援を」  地元の水産業者から水揚げの状況などを聞く田中復興相=1月、岩手県大船渡市

  3. 2020020705295

    「北ものがたり」 看護師、漁師に嫁ぎ魚売る  漁港に立つ舘岡勇樹さんと志保さん=北海道八雲町

  4. 2020020705294

    「北ものがたり」 看護師、漁師に嫁ぎ魚売る  漁港に立つ舘岡志保さん=北海道八雲町

  5. 2020020511056

    大型国際グラフィックス企画「世界が見える」(54)「世界の漁業」 漁業生産と消費、大幅増  アフリカ東部ソマリアで、捕まえた大きな魚を担ぐ漁師=2018年9月(ロイター=共同)

  6. 2020020501941

    「森のウナギ」で山村振興  ウナギを養殖する水槽を確認するエーゼロの社員=岡山県西粟倉村

  7. 2020021800573

    「大分合同新聞」 「ひがた美人」のカキ小屋  中津干潟で養殖するブランドカキ「ひがた美人」を味わえる「美人小屋」。蒸しカキやカキ飯などひがた美人を使ったメニューのほか、地元産海産物の焼き物や揚げ物も=2020(令和2)年01月29日、中津市小祝漁港、クレジット:大分合同新聞社/共同通信イメージズ

  8. 2020012323320

    「震災原発」 福島県沖、漁獲量1割減  福島県沿岸漁業の漁獲量推移

  9. 2020012323312

    「震災原発」 福島県沖、漁獲量1割減  福島県沿岸漁業の漁獲量推移

  10. 2020011900193

    「震災原発」 再開後の漁獲量、初の減少  福島県沿岸漁業の漁獲量推移

  11. 2020011900192

    「震災原発」 再開後の漁獲量、初の減少  福島県沿岸漁業の漁獲量推移

  12. 2020011501945

    「ニュースアラカルト」(経済)「サンマ水揚げ過去最低」 サンマ水揚げ過去最低  東京都内の小売店にならぶサンマ=2019年11月

  13. 2020011501528

    「スクランブル」 競り導入で漁港に活気  大阪府岸和田市の岸和田漁港に水揚げされたしらす=2019年12月

  14. 2020011501527

    「スクランブル」 競り導入で漁港に活気  大阪府岸和田市の岸和田漁港に水揚げされたしらすを品定めする仲買人ら=2019年12月

  15. 2020011401727

    「12段用」「水をめぐる」「写真ニュース」 冬の海に南の魚やサンゴ  伊豆半島、伊豆海洋公園、伊東市富戸、沼津市西浦久連、館山市波左間

  16. 2020011401726

    「12段用」「水をめぐる」「写真ニュース」 冬の海に南の魚やサンゴ  伊豆半島、伊豆海洋公園、伊東市富戸、沼津市西浦久連、館山市波左間

  17. 2020011401725

    「水をめぐる」「写真ニュース」 冬の海に南の魚やサンゴ  伊豆半島、伊豆海洋公園、伊東市富戸、沼津市西浦久連、館山市波左間

  18. 2020011401724

    「水をめぐる」「写真ニュース」 冬の海に南の魚やサンゴ  伊豆半島、伊豆海洋公園、伊東市富戸、沼津市西浦久連、館山市波左間

  19. 2020011401661

    「水をめぐる」「写真ニュース」7枚組みの(6) 冬の海に南の魚やサンゴ  駿河湾北東の西浦久連で成長が確認されたテーブル状のサンゴ、ミドリイシ。温暖化に伴う水温上昇傾向や、黒潮の流れ方との関係が疑われるという=2019年12月21日、静岡県沼津市、水深2㍍

  20. 2020011401660

    「水をめぐる」「写真ニュース」7枚組みの(7) 冬の海に南の魚やサンゴ  駿河湾北東の西浦久連で調査に臨む横地洋之さんら。海は暖かかったが、雪をかぶった富士山が見えた=2019年12月21日、静岡県沼津市

  21. 2020011401659

    「水をめぐる」「写真ニュース」7枚組みの(5) 冬の海に南の魚やサンゴ  水温19度、冬としては暖かい富戸の海中を泳ぐ甲羅がべっ甲色のウミガメ、タイマイ。高い水温が続き、1月中旬になっても目撃されている=2019年12月16日、静岡県伊東市、水深12㍍

  22. 2020011401657

    「水をめぐる」「写真ニュース」7枚組みの(3) 冬の海に南の魚やサンゴ  体長5~6㌢、ソメワケヤッコの幼魚=2019年12月17日、静岡県伊東市川奈、水深18㍍

  23. 2020011401655

    「水をめぐる」「写真ニュース」7枚組みの(2) 冬の海に南の魚やサンゴ  ハタタテハゼ=2019年12月16日、静岡県伊東市富戸、水深15㍍

  24. 2020011401654

    「水をめぐる」「写真ニュース」7枚組みの(4) 冬の海に南の魚やサンゴ  トゲチョウチョウウオ。大人の手のひらほどに成長している若魚=2019年12月17日、静岡県伊東市川奈、水深18㍍

  25. 2020011401653

    「水をめぐる」「写真ニュース」7枚組みの(1) 冬の海に南の魚やサンゴ  セナキルリスズメダイ=2019年12月16日、静岡県伊東市富戸、水深16㍍

  26. 2020011300153

    火山の軽石でふっくら  軽石を敷き詰めたトレーに寝かせた魚の様子を見る船橋敦子さん=北海道鹿部町

  27. 2020011200204

    「12段用」サイド「深刻な不漁、先行き不安も」 経営に打撃、先行き不安も  主な魚種の漁獲量

  28. 2020011200203

    サイド「深刻な不漁、先行き不安も」 経営に打撃、先行き不安も  主な魚種の漁獲量

  29. 2020011200202

    サイド「深刻な不漁、先行き不安も」 経営に打撃、先行き不安も  主な魚種の漁獲量

  30. 2020011200201

    「12段用」サイド「深刻な不漁、先行き不安も」 経営に打撃、先行き不安も  主な魚種の漁獲量

  31. 2020010801897

    「魚食系」漁師が魅力発信  特殊冷凍機「3Dフリーザー」について説明する川口洋史さん=2019年12月、北海道北見市常呂町

  32. 2020010700114

    「12段用」 19年サンマ水揚げ最低  サンマ水揚げ量の推移

  33. 2020010700113

    「12段用」 19年サンマ水揚げ最低  サンマ水揚げ量の推移

  34. 2020010700112

    19年サンマ水揚げ最低  サンマ水揚げ量の推移

  35. 2020010700111

    19年サンマ水揚げ最低  サンマ水揚げ量の推移

  36. 2020010700107

    19年サンマ水揚げ最低  北海道根室市の花咲港に水揚げされるサンマ=2019年8月

  37. 2020012320415

    「新華社」 極寒の中、最盛期迎えた冬季漁獲新疆ブルルトカイ県  5日、アイスドリルを使って氷に穴を開ける漁民。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区にある福海(ブルルトカイ)県では1月から3月にかけて冬季漁獲の最盛期を迎える。漁民はこの時期、気温が氷点下17度から氷点下30度という極寒の中、氷上で7~8時間かけて漁をする。冬のひき網漁は同地で60年以上の歴史を持つ重要な漁業となっている。新疆最北端のアルタイ地区に位置する福海県にはエルティシ川と烏倫古(ウルングル)川の水系が広がり、烏倫古湖と吉力湖を持つ。水域面積は1035平方キロで養殖水域面積は同自治区の6分の1を占め、重要な漁業基地の一つとなっている。人口はわずか6万人だが、2019年の水産物取引量は9800トン、生産高は2億5500万元(1元=約16円)だった。同県漁業管轄部門の馬海元(ば・かいげん)氏によると、同県では盛んな漁業によって、観光業、飲食業、宿泊業の発展も加速しているという。(ブルルトカイ=新華社記者/張暁竜)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2020012320783

    「新華社」 極寒の中、最盛期迎えた冬季漁獲新疆ブルルトカイ県  5日、漁民がアイスドリルを使って氷に開けた穴。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区にある福海(ブルルトカイ)県では1月から3月にかけて冬季漁獲の最盛期を迎える。漁民はこの時期、気温が氷点下17度から氷点下30度という極寒の中、氷上で7~8時間かけて漁をする。冬のひき網漁は同地で60年以上の歴史を持つ重要な漁業となっている。新疆最北端のアルタイ地区に位置する福海県にはエルティシ川と烏倫古(ウルングル)川の水系が広がり、烏倫古湖と吉力湖を持つ。水域面積は1035平方キロで養殖水域面積は同自治区の6分の1を占め、重要な漁業基地の一つとなっている。人口はわずか6万人だが、2019年の水産物取引量は9800トン、生産高は2億5500万元(1元=約16円)だった。同県漁業管轄部門の馬海元(ば・かいげん)氏によると、同県では盛んな漁業によって、観光業、飲食業、宿泊業の発展も加速しているという。(ブルルトカイ=新華社記者/張暁竜)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2020012320429

    「新華社」 極寒の中、最盛期迎えた冬季漁獲新疆ブルルトカイ県  5日、推計で700~800キロあるという1日の漁獲量。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区にある福海(ブルルトカイ)県では1月から3月にかけて冬季漁獲の最盛期を迎える。漁民はこの時期、気温が氷点下17度から氷点下30度という極寒の中、氷上で7~8時間かけて漁をする。冬のひき網漁は同地で60年以上の歴史を持つ重要な漁業となっている。新疆最北端のアルタイ地区に位置する福海県にはエルティシ川と烏倫古(ウルングル)川の水系が広がり、烏倫古湖と吉力湖を持つ。水域面積は1035平方キロで養殖水域面積は同自治区の6分の1を占め、重要な漁業基地の一つとなっている。人口はわずか6万人だが、2019年の水産物取引量は9800トン、生産高は2億5500万元(1元=約16円)だった。同県漁業管轄部門の馬海元(ば・かいげん)氏によると、同県では盛んな漁業によって、観光業、飲食業、宿泊業の発展も加速しているという。(ブルルトカイ=新華社記者/張暁竜)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2020012320712

    「新華社」 極寒の中、最盛期迎えた冬季漁獲新疆ブルルトカイ県  5日、網を載せた木製のソリを引くブルルトカイ県の漁民。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区にある福海(ブルルトカイ)県では1月から3月にかけて冬季漁獲の最盛期を迎える。漁民はこの時期、気温が氷点下17度から氷点下30度という極寒の中、氷上で7~8時間かけて漁をする。冬のひき網漁は同地で60年以上の歴史を持つ重要な漁業となっている。新疆最北端のアルタイ地区に位置する福海県にはエルティシ川と烏倫古(ウルングル)川の水系が広がり、烏倫古湖と吉力湖を持つ。水域面積は1035平方キロで養殖水域面積は同自治区の6分の1を占め、重要な漁業基地の一つとなっている。人口はわずか6万人だが、2019年の水産物取引量は9800トン、生産高は2億5500万元(1元=約16円)だった。同県漁業管轄部門の馬海元(ば・かいげん)氏によると、同県では盛んな漁業によって、観光業、飲食業、宿泊業の発展も加速しているという。(ブルルトカイ=新華社記者/張暁竜)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2020012320342

    「新華社」 極寒の中、最盛期迎えた冬季漁獲新疆ブルルトカイ県  5日、ウインチを使って網に結ばれたスチールワイヤーを巻き上げる漁民。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区にある福海(ブルルトカイ)県では1月から3月にかけて冬季漁獲の最盛期を迎える。漁民はこの時期、気温が氷点下17度から氷点下30度という極寒の中、氷上で7~8時間かけて漁をする。冬のひき網漁は同地で60年以上の歴史を持つ重要な漁業となっている。新疆最北端のアルタイ地区に位置する福海県にはエルティシ川と烏倫古(ウルングル)川の水系が広がり、烏倫古湖と吉力湖を持つ。水域面積は1035平方キロで養殖水域面積は同自治区の6分の1を占め、重要な漁業基地の一つとなっている。人口はわずか6万人だが、2019年の水産物取引量は9800トン、生産高は2億5500万元(1元=約16円)だった。同県漁業管轄部門の馬海元(ば・かいげん)氏によると、同県では盛んな漁業によって、観光業、飲食業、宿泊業の発展も加速しているという。(ブルルトカイ=新華社記者/張暁竜)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2020012320411

    「新華社」 極寒の中、最盛期迎えた冬季漁獲新疆ブルルトカイ県  5日、冬の漁の合間にポットに入ったミルクティーを飲む漁民。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区にある福海(ブルルトカイ)県では1月から3月にかけて冬季漁獲の最盛期を迎える。漁民はこの時期、気温が氷点下17度から氷点下30度という極寒の中、氷上で7~8時間かけて漁をする。冬のひき網漁は同地で60年以上の歴史を持つ重要な漁業となっている。新疆最北端のアルタイ地区に位置する福海県にはエルティシ川と烏倫古(ウルングル)川の水系が広がり、烏倫古湖と吉力湖を持つ。水域面積は1035平方キロで養殖水域面積は同自治区の6分の1を占め、重要な漁業基地の一つとなっている。人口はわずか6万人だが、2019年の水産物取引量は9800トン、生産高は2億5500万元(1元=約16円)だった。同県漁業管轄部門の馬海元(ば・かいげん)氏によると、同県では盛んな漁業によって、観光業、飲食業、宿泊業の発展も加速しているという。(ブルルトカイ=新華社記者/張暁竜)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2020012320419

    「新華社」 極寒の中、最盛期迎えた冬季漁獲新疆ブルルトカイ県  5日、アイスドリルを使って厚さ37センチの氷に穴を開ける漁民。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区にある福海(ブルルトカイ)県では1月から3月にかけて冬季漁獲の最盛期を迎える。漁民はこの時期、気温が氷点下17度から氷点下30度という極寒の中、氷上で7~8時間かけて漁をする。冬のひき網漁は同地で60年以上の歴史を持つ重要な漁業となっている。新疆最北端のアルタイ地区に位置する福海県にはエルティシ川と烏倫古(ウルングル)川の水系が広がり、烏倫古湖と吉力湖を持つ。水域面積は1035平方キロで養殖水域面積は同自治区の6分の1を占め、重要な漁業基地の一つとなっている。人口はわずか6万人だが、2019年の水産物取引量は9800トン、生産高は2億5500万元(1元=約16円)だった。同県漁業管轄部門の馬海元(ば・かいげん)氏によると、同県では盛んな漁業によって、観光業、飲食業、宿泊業の発展も加速しているという。(ブルルトカイ=新華社記者/張暁竜)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2020012320868

    「新華社」 極寒の中、最盛期迎えた冬季漁獲新疆ブルルトカイ県  5日、ブルルトカイ県で引き上げた網から水草を取る漁民。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区にある福海(ブルルトカイ)県では1月から3月にかけて冬季漁獲の最盛期を迎える。漁民はこの時期、気温が氷点下17度から氷点下30度という極寒の中、氷上で7~8時間かけて漁をする。冬のひき網漁は同地で60年以上の歴史を持つ重要な漁業となっている。新疆最北端のアルタイ地区に位置する福海県にはエルティシ川と烏倫古(ウルングル)川の水系が広がり、烏倫古湖と吉力湖を持つ。水域面積は1035平方キロで養殖水域面積は同自治区の6分の1を占め、重要な漁業基地の一つとなっている。人口はわずか6万人だが、2019年の水産物取引量は9800トン、生産高は2億5500万元(1元=約16円)だった。同県漁業管轄部門の馬海元(ば・かいげん)氏によると、同県では盛んな漁業によって、観光業、飲食業、宿泊業の発展も加速しているという。(ブルルトカイ=新華社記者/張暁竜)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019122800333

    ロケットエビで地域おこし  「ロケットロブスター」を養殖した水田の前に立つ小西大志さん=16日、鹿児島県南種子町

  46. 2020010602178

    「新華社」 恵み豊かな査干湖で冬の漁吉林省松原市  27日、凍結した査干湖でトラックの荷台に載せられる魚。中国吉林省松原市前ゴルロス・モンゴル族自治県で28日、凍結した査干(さかん)湖を会場とする査干湖第18回氷雪漁猟文化観光祭が開幕した。同湖は漁産資源が豊富で、地元で暮らす漁民たちは「中国北部最後の漁猟集落」と称される。(松原=新華社記者/張楠)=2019(令和元)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019122603207

    「12段用」 小型ブリ急増、頭悩ます  函館市のブリの漁獲量推移

  48. 2019122603206

    小型ブリ急増、頭悩ます  函館市のブリの漁獲量推移

  49. 2019122603204

    「12段用」 小型ブリ急増、頭悩ます  函館市のブリの漁獲量推移

  50. 2019122603205

    小型ブリ急増、頭悩ます  函館市のブリの漁獲量推移

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像