検索結果 36 件中 1 件 〜 36 件 "ブロック"
  1. 2020120303631

    堤体コンクリート打設が天端に到達白鶴灘発電所ダム  11月26日、堤体コンクリート打設の最初のブロックが天端に到達した白鶴灘水力発電所のダム。(小型無人機から)中国で建設が進む白鶴灘水力発電所ダムでこのほど、堤体コンクリート打設の最初のブロックが天端に到達した。建設中の水力発電プロジェクトとしては世界最大となる同発電所のダムの最大堤高は289メートル、堤頂長は709メートル。堤体コンクリートの総打設量は800万立方メートルで、計31ブロックに分割されている。2017年4月に堤体のコンクリート打設を開始し、今年11月26日に5号と27号の二つのブロックで堤体の天端に到達した。同発電所は、雲南省巧家県と四川省寧南県の県境を流れる金沙江の主流に位置し、発電所全体の設置容量は1600万キロワット、2021年7月に発電機第1陣が正式に稼働・発電の予定。(昆明=新華社配信/謝雷)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020120303626

    堤体コンクリート打設が天端に到達白鶴灘発電所ダム  11月26日、上空から見た建設中の白鶴灘水力発電所。(小型無人機から)中国で建設が進む白鶴灘水力発電所ダムでこのほど、堤体コンクリート打設の最初のブロックが天端に到達した。建設中の水力発電プロジェクトとしては世界最大となる同発電所のダムの最大堤高は289メートル、堤頂長は709メートル。堤体コンクリートの総打設量は800万立方メートルで、計31ブロックに分割されている。2017年4月に堤体のコンクリート打設を開始し、今年11月26日に5号と27号の二つのブロックで堤体の天端に到達した。同発電所は、雲南省巧家県と四川省寧南県の県境を流れる金沙江の主流に位置し、発電所全体の設置容量は1600万キロワット、2021年7月に発電機第1陣が正式に稼働・発電の予定。(昆明=新華社配信/謝雷)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020120303629

    堤体コンクリート打設が天端に到達白鶴灘発電所ダム  11月26日、堤体コンクリート打設の最初のブロックが天端に到達した白鶴灘水力発電所のダム。(小型無人機から)中国で建設が進む白鶴灘水力発電所ダムでこのほど、堤体コンクリート打設の最初のブロックが天端に到達した。建設中の水力発電プロジェクトとしては世界最大となる同発電所のダムの最大堤高は289メートル、堤頂長は709メートル。堤体コンクリートの総打設量は800万立方メートルで、計31ブロックに分割されている。2017年4月に堤体のコンクリート打設を開始し、今年11月26日に5号と27号の二つのブロックで堤体の天端に到達した。同発電所は、雲南省巧家県と四川省寧南県の県境を流れる金沙江の主流に位置し、発電所全体の設置容量は1600万キロワット、2021年7月に発電機第1陣が正式に稼働・発電の予定。(昆明=新華社配信/謝雷)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020101408220

    四川省長寧ブロックのシェールガス生産、日量2千万立方メートル超え  長寧国家級シェールガスモデル区にある寧201中心ステーション。(資料写真、小型無人機から)中国四川省の四川盆地南部にある大型シェールガス田「長寧-威遠国家級シェールガスモデル区」で10日、長寧ブロックのシェールガス生産が国内トップクラスの日量2026万立方メートルに達した。シェールガスの探査や開発、販売を手掛ける四川長寧天然気開発の佘朝毅(しゃ・ちょうき)副総経理は、今回日量2千万立方メートルを上回ったことで、同ブロックを含む中国石油天然気(ペトロチャイナ)の四川盆地南部シェールガス基地全体で日量4千万立方メートルを上回ったと説明。年間の総生産量は120億立方メートルと、中国全体の生産量の約6割に達する見通しだという。(成都=新華社配信/向欣栄)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020101408328

    四川省長寧ブロックのシェールガス生産、日量2千万立方メートル超え  四川盆地南部の山中に位置する寧201中心ステーションは、長寧国家級シェールガスモデル区で最も機能が整い、規模が大きいターミナル・ステーション。(資料写真、小型無人機から)中国四川省の四川盆地南部にある大型シェールガス田「長寧-威遠国家級シェールガスモデル区」で10日、長寧ブロックのシェールガス生産が国内トップクラスの日量2026万立方メートルに達した。シェールガスの探査や開発、販売を手掛ける四川長寧天然気開発の佘朝毅(しゃ・ちょうき)副総経理は、今回日量2千万立方メートルを上回ったことで、同ブロックを含む中国石油天然気(ペトロチャイナ)の四川盆地南部シェールガス基地全体で日量4千万立方メートルを上回ったと説明。年間の総生産量は120億立方メートルと、中国全体の生産量の約6割に達する見通しだという。(成都=新華社配信/向欣栄)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020060209178

    かつての荒地が「森林都市」に様変わりした陝西省楡林市  25日、楡林市ハイテク産業開発区のグリーンベルト。(小型無人機から)ムウス砂漠の南端にある中国陝西省楡林市は、2017年4月から市街区域の100万ムー(約6万7千ヘクタール)に及ぶ生態圏と市を囲む防護林ベルトの構築に乗り出し、荒れ山・荒地・荒れた砂漠、耕作放棄地、耕作不適地、遊休土地で造林・緑化を行い、低効率の林の改善・改造を実施。19年11月に「国家森林都市」の称号を獲得した。かつてはむき出しだった区域内の土地は全面的に緑化され、都市と周辺地域は緑が生い茂り、「塞上(北辺の地)の森林都市」の美しい風景が形成されている。(西安=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020060209132

    かつての荒地が「森林都市」に様変わりした陝西省楡林市  25日、楡林市ハイテク産業開発区の陽光広場。(小型無人機から)ムウス砂漠の南端にある中国陝西省楡林市は、2017年4月から市街区域の100万ムー(約6万7千ヘクタール)に及ぶ生態圏と市を囲む防護林ベルトの構築に乗り出し、荒れ山・荒地・荒れた砂漠、耕作放棄地、耕作不適地、遊休土地で造林・緑化を行い、低効率の林の改善・改造を実施。19年11月に「国家森林都市」の称号を獲得した。かつてはむき出しだった区域内の土地は全面的に緑化され、都市と周辺地域は緑が生い茂り、「塞上(北辺の地)の森林都市」の美しい風景が形成されている。(西安=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020060209107

    かつての荒地が「森林都市」に様変わりした陝西省楡林市  25日、楡林市ハイテク産業開発区のグリーンベルト。(小型無人機から)ムウス砂漠の南端にある中国陝西省楡林市は、2017年4月から市街区域の100万ムー(約6万7千ヘクタール)に及ぶ生態圏と市を囲む防護林ベルトの構築に乗り出し、荒れ山・荒地・荒れた砂漠、耕作放棄地、耕作不適地、遊休土地で造林・緑化を行い、低効率の林の改善・改造を実施。19年11月に「国家森林都市」の称号を獲得した。かつてはむき出しだった区域内の土地は全面的に緑化され、都市と周辺地域は緑が生い茂り、「塞上(北辺の地)の森林都市」の美しい風景が形成されている。(西安=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020060209168

    かつての荒地が「森林都市」に様変わりした陝西省楡林市  24日、楡林市の楡渓河生態回廊。(小型無人機から)ムウス砂漠の南端にある中国陝西省楡林市は、2017年4月から市街区域の100万ムー(約6万7千ヘクタール)に及ぶ生態圏と市を囲む防護林ベルトの構築に乗り出し、荒れ山・荒地・荒れた砂漠、耕作放棄地、耕作不適地、遊休土地で造林・緑化を行い、低効率の林の改善・改造を実施。19年11月に「国家森林都市」の称号を獲得した。かつてはむき出しだった区域内の土地は全面的に緑化され、都市と周辺地域は緑が生い茂り、「塞上(北辺の地)の森林都市」の美しい風景が形成されている。(西安=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020060209042

    かつての荒地が「森林都市」に様変わりした陝西省楡林市  24日、楡林市迎賓大道のグリーンベルト。(小型無人機から)ムウス砂漠の南端にある中国陝西省楡林市は、2017年4月から市街区域の100万ムー(約6万7千ヘクタール)に及ぶ生態圏と市を囲む防護林ベルトの構築に乗り出し、荒れ山・荒地・荒れた砂漠、耕作放棄地、耕作不適地、遊休土地で造林・緑化を行い、低効率の林の改善・改造を実施。19年11月に「国家森林都市」の称号を獲得した。かつてはむき出しだった区域内の土地は全面的に緑化され、都市と周辺地域は緑が生い茂り、「塞上(北辺の地)の森林都市」の美しい風景が形成されている。(西安=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020060209126

    かつての荒地が「森林都市」に様変わりした陝西省楡林市  24日、緑豊かな木々に囲まれた陝西省楡林市鎮北台。(小型無人機から)ムウス砂漠の南端にある中国陝西省楡林市は、2017年4月から市街区域の100万ムー(約6万7千ヘクタール)に及ぶ生態圏と市を囲む防護林ベルトの構築に乗り出し、荒れ山・荒地・荒れた砂漠、耕作放棄地、耕作不適地、遊休土地で造林・緑化を行い、低効率の林の改善・改造を実施。19年11月に「国家森林都市」の称号を獲得した。かつてはむき出しだった区域内の土地は全面的に緑化され、都市と周辺地域は緑が生い茂り、「塞上(北辺の地)の森林都市」の美しい風景が形成されている。(西安=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020060209103

    かつての荒地が「森林都市」に様変わりした陝西省楡林市  24日、楡林市のグリーンベルトで思い思いに楽しむ市民たち。(小型無人機から)ムウス砂漠の南端にある中国陝西省楡林市は、2017年4月から市街区域の100万ムー(約6万7千ヘクタール)に及ぶ生態圏と市を囲む防護林ベルトの構築に乗り出し、荒れ山・荒地・荒れた砂漠、耕作放棄地、耕作不適地、遊休土地で造林・緑化を行い、低効率の林の改善・改造を実施。19年11月に「国家森林都市」の称号を獲得した。かつてはむき出しだった区域内の土地は全面的に緑化され、都市と周辺地域は緑が生い茂り、「塞上(北辺の地)の森林都市」の美しい風景が形成されている。(西安=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020060209137

    かつての荒地が「森林都市」に様変わりした陝西省楡林市  24日、楡林市の緑地帯でウェディングフォトを撮影するカップル。(小型無人機から)ムウス砂漠の南端にある中国陝西省楡林市は、2017年4月から市街区域の100万ムー(約6万7千ヘクタール)に及ぶ生態圏と市を囲む防護林ベルトの構築に乗り出し、荒れ山・荒地・荒れた砂漠、耕作放棄地、耕作不適地、遊休土地で造林・緑化を行い、低効率の林の改善・改造を実施。19年11月に「国家森林都市」の称号を獲得した。かつてはむき出しだった区域内の土地は全面的に緑化され、都市と周辺地域は緑が生い茂り、「塞上(北辺の地)の森林都市」の美しい風景が形成されている。(西安=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020060209166

    かつての荒地が「森林都市」に様変わりした陝西省楡林市  楡林市ハイテク産業開発区の沙河広場。(5月2日撮影、小型無人機から)ムウス砂漠の南端にある中国陝西省楡林市は、2017年4月から市街区域の100万ムー(約6万7千ヘクタール)に及ぶ生態圏と市を囲む防護林ベルトの構築に乗り出し、荒れ山・荒地・荒れた砂漠、耕作放棄地、耕作不適地、遊休土地で造林・緑化を行い、低効率の林の改善・改造を実施。19年11月に「国家森林都市」の称号を獲得した。かつてはむき出しだった区域内の土地は全面的に緑化され、都市と周辺地域は緑が生い茂り、「塞上(北辺の地)の森林都市」の美しい風景が形成されている。(西安=新華社配信/劉継遠)=2020(令和2)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020032425719

    黄河の解氷期が終了内モンゴル自治区  18日、内モンゴル自治区トクト県を流れる黄河。(小型無人機から)黄河の内モンゴル自治区区間では18日、下流の氷の塊にせき止めれてたまった水が万家寨ダムに流れ込む様子が観測された。これにより、2019-20年度の解氷期が終了した。今年の解氷期は121日間、凍結した川の長さは全長699・5キロメートルに達するが、増水による災害は起きていないという。(フフホト=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020032425679

    黄河の解氷期が終了内モンゴル自治区  18日、内モンゴル自治区トクト県を流れる黄河。(小型無人機から)黄河の内モンゴル自治区区間では18日、下流の氷の塊にせき止めれてたまった水が万家寨ダムに流れ込む様子が観測された。これにより、2019-20年度の解氷期が終了した。今年の解氷期は121日間、凍結した川の長さは全長699・5キロメートルに達するが、増水による災害は起きていないという。(フフホト=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020032425649

    黄河の解氷期が終了内モンゴル自治区  18日、内モンゴル自治区トクト県を流れる黄河。(小型無人機から)黄河の内モンゴル自治区区間では18日、下流の氷の塊にせき止めれてたまった水が万家寨ダムに流れ込む様子が観測された。これにより、2019-20年度の解氷期が終了した。今年の解氷期は121日間、凍結した川の長さは全長699・5キロメートルに達するが、増水による災害は起きていないという。(フフホト=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020032425628

    黄河の解氷期が終了内モンゴル自治区  18日、内モンゴル自治区トクト県を流れる黄河。(小型無人機から)黄河の内モンゴル自治区区間では18日、下流の氷の塊にせき止めれてたまった水が万家寨ダムに流れ込む様子が観測された。これにより、2019-20年度の解氷期が終了した。今年の解氷期は121日間、凍結した川の長さは全長699・5キロメートルに達するが、増水による災害は起きていないという。(フフホト=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020032425721

    黄河の解氷期が終了内モンゴル自治区  18日、内モンゴル自治区トクト県を流れる黄河。(小型無人機から)黄河の内モンゴル自治区区間では18日、下流の氷の塊にせき止めれてたまった水が万家寨ダムに流れ込む様子が観測された。これにより、2019-20年度の解氷期が終了した。今年の解氷期は121日間、凍結した川の長さは全長699・5キロメートルに達するが、増水による災害は起きていないという。(フフホト=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020030402460

    被覆ブロックの設置が進むN4護岸。  被覆ブロックの設置が進むN4護岸。奥の埋め立て区域では土砂が投入されている。=2019(平成31)年2月25日午後1時58分、名護市辺野古(小型無人機で撮影)=2019(平成31)年2月25日午前11時半、名護市辺野古、クレジット:沖縄タイムス社/共同通信イメージズ 「沖縄タイムス」

  21. 2020030402459

    被覆ブロックの設置が進むN4護岸。  被覆ブロックの設置が進むN4護岸。左奥の埋め立て区域では土砂が投入されている。=2019(平成31)年2月25日午後1時56、名護市辺野古(小型無人機で撮影)、クレジット:沖縄タイムス社/共同通信イメージズ 「沖縄タイムス」

  22. 2018040500124

    空から見る広西の「つづら折りの道」  2日、広西チワン族自治区大化ヤオ族自治県六也郷の「つづら折りの道」(ドローン空撮写真)。かつて「八山一水一分田(山が多く河と田畑が少ない)」だった中国広西チワン族自治区の「晴天一身土,雨天一身泥(晴れの日は土だらけ、雨の日は泥だらけ)」の様子を表す言葉が、広大な山間部住民の「交通の不便さ」を如実に描写している。近年、同自治区の住民は党と政府の支援のもと、標高が高くて険しくカーブの多い山間部に山をめぐるつづら折り(ツヅラのつるのように折れ曲がっている様子)の道路を建設した。人々はこの道を「つづら折りの道」と呼ぶ。今では、山の中腹で美しい曲線を描き出す「つづら折りの道」が、住民の「外出が難しい」問題を解決しただけでなく、「道路+貧困扶助」、「道路+観光」、「道路+EC(電子商取引)」といった様々な発展モデルも生み出し、山村の富へと繋がる道、郷(中国の行政区画、日本の町に相当)・村振興の「急成長の道」を作り上げた。統計によると、2017年末時点で、広西チワン族自治区農村部の道路の総延長距離は9万8300キロに達し、自治区全体の道路の総延長距離の79.75%を占め、県道を骨組みとし、郷道を支線とし、村道を脈絡とする農村道路網システムを基本的に形成した。(南寧=新華社記者/張愛林)=2018(平成30)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2018040500135

    空から見る広西の「つづら折りの道」  3月30日、広西チワン族自治区凌雲県の弄福道路。(ドローン空撮写真)。かつて「八山一水一分田(山が多く河と田畑が少ない)」だった中国広西チワン族自治区の「晴天一身土,雨天一身泥(晴れの日は土だらけ、雨の日は泥だらけ)」の様子を表す言葉が、広大な山間部住民の「交通の不便さ」を如実に描写している。近年、同自治区の住民は党と政府の支援のもと、標高が高くて険しくカーブの多い山間部に山をめぐるつづら折り(ツヅラのつるのように折れ曲がっている様子)の道路を建設した。人々はこの道を「つづら折りの道」と呼ぶ。今では、山の中腹で美しい曲線を描き出す「つづら折りの道」が、住民の「外出が難しい」問題を解決しただけでなく、「道路+貧困扶助」、「道路+観光」、「道路+EC(電子商取引)」といった様々な発展モデルも生み出し、山村の富へと繋がる道、郷(中国の行政区画、日本の町に相当)・村振興の「急成長の道」を作り上げた。統計によると、2017年末時点で、広西チワン族自治区農村部の道路の総延長距離は9万8300キロに達し、自治区全体の道路の総延長距離の79.75%を占め、県道を骨組みとし、郷道を支線とし、村道を脈絡とする農村道路網システムを基本的に形成した。(南寧=新華社記者/張愛林)=2018(平成30)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2018040500123

    空から見る広西の「つづら折りの道」  3月18日、広西チワン族自治区那坡県百省郷の那孟村各酬屯にある「1里10カーブ」。(ドローン空撮写真)かつて「八山一水一分田(山が多く河と田畑が少ない)」だった中国広西チワン族自治区の「晴天一身土,雨天一身泥(晴れの日は土だらけ、雨の日は泥だらけ)」の様子を表す言葉が、広大な山間部住民の「交通の不便さ」を如実に描写している。近年、同自治区の住民は党と政府の支援のもと、標高が高くて険しくカーブの多い山間部に山をめぐるつづら折り(ツヅラのつるのように折れ曲がっている様子)の道路を建設した。人々はこの道を「つづら折りの道」と呼ぶ。今では、山の中腹で美しい曲線を描き出す「つづら折りの道」が、住民の「外出が難しい」問題を解決しただけでなく、「道路+貧困扶助」、「道路+観光」、「道路+EC(電子商取引)」といった様々な発展モデルも生み出し、山村の富へと繋がる道、郷(中国の行政区画日本の町に相当)・村振興の「急成長の道」を作り上げた。統計によると、2017年末時点で、広西チワン族自治区農村部の道路の総延長距離は9万8300キロに達し、自治区全体の道路の総延長距離の79.75%を占め、県道を骨組みとし、郷道を支線とし、村道を脈絡とする農村道路網システムを基本的に形成した。(南寧=新華社記者/張愛林)=2018(平成30)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2018040500149

    空から見る広西の「つづら折りの道」  3月18日、広西チワン族自治区那坡県の百省郷那孟村にある「つづら折りの道」の一区間。(ドローン空撮写真)かつて「八山一水一分田(山が多く河と田畑が少ない)」だった中国広西チワン族自治区の「晴天一身土、雨天一身泥(晴れの日は土だらけ、雨の日は泥だらけ)」の様子を表す言葉が、広大な山間部住民の「交通の不便さ」を如実に描写している。近年、同自治区の住民は党と政府の支援のもと、標高が高くて険しくカーブの多い山間部に山をめぐるつづら折り(ツヅラのつるのように折れ曲がっている様子)の道路を建設した。人々はこの道を「つづら折りの道」と呼ぶ。今では、山の中腹で美しい曲線を描き出す「つづら折りの道」が、住民の「外出が難しい」問題を解決しただけでなく、「道路+貧困扶助」、「道路+観光」、「道路+EC(電子商取引)」といった様々な発展モデルも生み出し、山村の富へと繋がる道、郷(中国の行政区画、日本の町に相当)・村振興の「急成長の道」を作り上げた。統計によると、2017年末時点で、広西チワン族自治区農村部の道路の総延長距離は9万8300キロに達し、自治区全体の道路の総延長距離の79.75%を占め、県道を骨組みとし、郷道を支線とし、村道を脈絡とする農村道路網システムを基本的に形成した。(南寧=新華社記者/張愛林)=2018(平成30)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2018040500109

    空から見る広西の「つづら折りの道」  3月14日、広西チワン族自治区那坡県の百南郷上保屯にある「つづら折りの道」(ドローン空撮写真)。かつて「八山一水一分田(山が多く河と田畑が少ない)」だった中国広西チワン族自治区の「晴天一身土,雨天一身泥(晴れの日は土だらけ、雨の日は泥だらけ)」の様子を表す言葉が、広大な山間部住民の「交通の不便さ」を如実に描写している。近年、同自治区の住民は党と政府の支援のもと、標高が高くて険しくカーブの多い山間部に山をめぐるつづら折り(ツヅラのつるのように折れ曲がっている様子)の道路を建設した。人々はこの道を「つづら折りの道」と呼ぶ。今では、山の中腹で美しい曲線を描き出す「つづら折りの道」が、住民の「外出が難しい」問題を解決しただけでなく、「道路+貧困扶助」、「道路+観光」、「道路+EC(電子商取引)」といった様々な発展モデルも生み出し、山村の富へと繋がる道、郷(中国の行政区画、日本の町に相当)・村振興の「急成長の道」を作り上げた。統計によると、2017年末時点で、広西チワン族自治区農村部の道路の総延長距離は9万8300キロに達し、自治区全体の道路の総延長距離の79.75%を占め、県道を骨組みとし、郷道を支線とし、村道を脈絡とする農村道路網システムを基本的に形成した。(南寧=新華社記者/張愛林)=2018(平成30)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2017020700570

    沖縄知事、工事中止要求 つり上げられるブロック  海底に設置するためクレーン船でつり上げられる大型コンクリート製ブロック=7日、沖縄県名護市辺野古沿岸部(共同通信社ヘリから)

  28. 2017020700142

    辺野古、ブロック投下 抗議のカヌーとクレーン船  工事に抗議するカヌー(下)を前に、大型コンクリート製ブロックの海底設置作業をするクレーン船=7日午前10時35分、沖縄県名護市辺野古沿岸部(共同通信社機から)

  29. 2017020600621

    沖縄県、工事中止を要請 海中に設置されるブロック  沖縄県名護市辺野古沿岸部の海中に設置するためクレーン船に移された大型コンクリート製ブロック(中央)=6日午後(共同通信社ヘリから)

  30. 2017020600594

    沖縄県、工事中止を要請 ブロック積んだクレーン船  米軍普天間飛行場の移設に向けた海上の本体工事が始まり、沖縄県名護市辺野古沿岸部では海中に設置する大型コンクリート製ブロックを台船(手前)からクレーン船に移す作業が行われた。奥は米軍キャンプ・シュワブ=6日午後(小型無人機から)

  31. 2017020500170

    辺野古海上きょう着工 ブロックを積んだ台船  沖縄県名護市辺野古の沿岸部に到着した、コンクリート製ブロックを積んだ台船。奥は米軍キャンプ・シュワブ=5日(小型無人機から)

  32. 2016092800110

    和白干潟 福岡市東部 貧酸素水塊によって生物の死滅が確認された福岡市東区の和白干潟(右下)。沖合左側が人工島=2013(平成25)年3月25日(本社ヘリから)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ 「西日本新聞」「九州の空撮」

  33. 2014101900055

    富士山噴火想定し防災訓練 造られる導流堤  富士山噴火を想定した防災訓練で、コンクリートブロックを並べて造られる「導流堤」=19日午前、静岡県御殿場市で共同通信社ヘリから

  34. 2012042000605

    クマ牧場で従業員死亡 雪がたまったおり  秋田八幡平クマ牧場のコンクリート製のおり。ヒグマが逃げた区画の隅(中央上)に雪がたまっている=20日午後3時8分、秋田県鹿角市で共同通信社ヘリから

  35. 2012031700304

    作業手順やボンベを調査 海洋牧場の音響給餌ブイ  大分県津久見市の保戸島沖に浮かぶ海洋牧場の音響給餌ブイ。ブイをつなぎ留めている海底のブロック引き揚げ作業中に、潜水士3人が死亡した=17日午後、共同通信社ヘリから

  36. 1996020400023

    大ブロック、海上を神戸へ 神戸港の巨大ブロック  神戸港に到着し係留される、「神戸港港島トンネル」の海底部分の一部になる巨大ブロック=4日午後、共同通信社ヘリから  

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像