検索結果 19 件中 1 件 〜 19 件 "貧困世帯"
  1. 2020061503577

    魚網からスポーツ用ネットの製造へ転換湖南省沅江市  網を生産する湖南鑫海の外観。(資料写真)中国第二の淡水湖、洞庭湖のほとりに位置する中国湖南省沅江(げんこう)市の湖南鑫海は、もともとは中国の主要漁網メーカーだった。国の環境保護強化に伴い、長江流域の漁業は転換を迫られるようになり、淡水魚用の網の需要が激減した。転換を余儀なくされた同社は子会社の「星海スポーツ」を立ち上げ、スポーツ用ネットなど生活用ネットの領域を開拓した。同ブランドの製品は現在、20項目以上の特許を取得しており、売上高は当初の数百万元(1元=約15円)から今年は1億元を超える見込みで、洞庭湖畔地区の多くの住民と貧困世帯に対する雇用にもつながっている。(長沙=新華社記者/史衛燕)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。 「新華社」

  2. 2020061503604

    魚網からスポーツ用ネットの製造へ転換湖南省沅江市  湖南鑫海の工場の生産ラインで網を製造する従業員。(5月22日撮影)中国第二の淡水湖、洞庭湖のほとりに位置する中国湖南省沅江(げんこう)市の湖南鑫海は、もともとは中国の主要漁網メーカーだった。国の環境保護強化に伴い、長江流域の漁業は転換を迫られるようになり、淡水魚用の網の需要が激減した。転換を余儀なくされた同社は子会社の「星海スポーツ」を立ち上げ、スポーツ用ネットなど生活用ネットの領域を開拓した。同ブランドの製品は現在、20項目以上の特許を取得しており、売上高は当初の数百万元(1元=約15円)から今年は1億元を超える見込みで、洞庭湖畔地区の多くの住民と貧困世帯に対する雇用にもつながっている。(長沙=新華社記者/史衛燕)=2020(令和2)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020061503711

    魚網からスポーツ用ネットの製造へ転換湖南省沅江市  子会社の「星海スポーツ」のショールームに展示された各種スポーツ用ネット。(5月22日撮影)中国第二の淡水湖、洞庭湖のほとりに位置する中国湖南省沅江(げんこう)市の湖南鑫海は、もともとは中国の主要漁網メーカーだった。国の環境保護強化に伴い、長江流域の漁業は転換を迫られるようになり、淡水魚用の網の需要が激減した。転換を余儀なくされた同社は子会社の「星海スポーツ」を立ち上げ、スポーツ用ネットなど生活用ネットの領域を開拓した。同ブランドの製品は現在、20項目以上の特許を取得しており、売上高は当初の数百万元(1元=約15円)から今年は1億元を超える見込みで、洞庭湖畔地区の多くの住民と貧困世帯に対する雇用にもつながっている。(長沙=新華社記者/王昕怡)=2020(令和2)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020061503633

    魚網からスポーツ用ネットの製造へ転換湖南省沅江市  織機の周囲で網を裁断し縁取りを付けスポーツ用ネットを製造する従業員。(5月22日撮影)中国第二の淡水湖、洞庭湖のほとりに位置する中国湖南省沅江(げんこう)市の湖南鑫海は、もともとは中国の主要漁網メーカーだった。国の環境保護強化に伴い、長江流域の漁業は転換を迫られるようになり、淡水魚用の網の需要が激減した。転換を余儀なくされた同社は子会社の「星海スポーツ」を立ち上げ、スポーツ用ネットなど生活用ネットの領域を開拓した。同ブランドの製品は現在、20項目以上の特許を取得しており、売上高は当初の数百万元(1元=約15円)から今年は1億元を超える見込みで、洞庭湖畔地区の多くの住民と貧困世帯に対する雇用にもつながっている。(長沙=新華社記者/史衛燕)=2020(令和2)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020061503621

    魚網からスポーツ用ネットの製造へ転換湖南省沅江市  子会社の「星海スポーツ」の5階にあるショールームに展示された各種スポーツ用ネット。(5月22日撮影)中国第二の淡水湖、洞庭湖のほとりに位置する中国湖南省沅江(げんこう)市の湖南鑫海は、もともとは中国の主要漁網メーカーだった。国の環境保護強化に伴い、長江流域の漁業は転換を迫られるようになり、淡水魚用の網の需要が激減した。転換を余儀なくされた同社は子会社の「星海スポーツ」を立ち上げ、スポーツ用ネットなど生活用ネットの領域を開拓した。同ブランドの製品は現在、20項目以上の特許を取得しており、売上高は当初の数百万元(1元=約15円)から今年は1億元を超える見込みで、洞庭湖畔地区の多くの住民と貧困世帯に対する雇用にもつながっている。(長沙=新華社記者/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020061503595

    魚網からスポーツ用ネットの製造へ転換湖南省沅江市  湖南鑫海の工場の生産ラインで網を製造する従業員。(5月22日撮影)中国第二の淡水湖、洞庭湖のほとりに位置する中国湖南省沅江(げんこう)市の湖南鑫海は、もともとは中国の主要漁網メーカーだった。国の環境保護強化に伴い、長江流域の漁業は転換を迫られるようになり、淡水魚用の網の需要が激減した。転換を余儀なくされた同社は子会社の「星海スポーツ」を立ち上げ、スポーツ用ネットなど生活用ネットの領域を開拓した。同ブランドの製品は現在、20項目以上の特許を取得しており、売上高は当初の数百万元(1元=約15円)から今年は1億元を超える見込みで、洞庭湖畔地区の多くの住民と貧困世帯に対する雇用にもつながっている。(長沙=新華社記者/史衛燕)=2020(令和2)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020040701855

    スズメバチの養殖で村を豊かに湖南省湘西  スズメバチの餌を見せる符隆保さん。(3月17日撮影)中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州瀘渓(ろけい)県にある達力寨(たつりきさい)村の山の斜面には屋内型の養蜂場がある。見た目は恐ろしいスズメバチだが、幼虫は貴重な珍味であり、ハチ毒もそれ以上に貴重な中医薬として知られる。この村に住む符隆保(ふ・りゅうほ)さんは昨年3月に養蜂を始め、その年の収入が5万元(1元=16円)を超えた。その後、合作社(協同組合)を設立し、貧困世帯が共同出資し、得た利益を互いに分配する形で貧困扶助につなげる取り組みを始めた。スズメバチの養殖が地元の人々を豊かにしている。(長沙=新華社配信/張克寧)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020040701881

    スズメバチの養殖で村を豊かに湖南省湘西  ハチに餌をやる準備をする符隆保さん。(3月17日撮影)中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州瀘渓(ろけい)県にある達力寨(たつりきさい)村の山の斜面には屋内型の養蜂場がある。見た目は恐ろしいスズメバチだが、幼虫は貴重な珍味であり、ハチ毒もそれ以上に貴重な中医薬として知られる。この村に住む符隆保(ふ・りゅうほ)さんは昨年3月に養蜂を始め、その年の収入が5万元(1元=16円)を超えた。その後、合作社(協同組合)を設立し、貧困世帯が共同出資し、得た利益を互いに分配する形で貧困扶助につなげる取り組みを始めた。スズメバチの養殖が地元の人々を豊かにしている。(長沙=新華社配信/張克寧)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020032313639

    貧困者支援工場が操業再開、貧困脱却を促進甘粛省通渭県  17日、布の裁断作業をする従業員。中国甘粛省定西市通渭(つうい)県の探越(通渭)服装服飾は、ターゲットを絞った貧困者支援活動に積極的に参加し、貧困者の雇用を支援する工場を設立することで、地元の人々の雇用問題を地元で解決している。同工場は従業員約170人に対する安定的な雇用を進めており、そのうち貧困世帯に指定された従業員は約40%を占めている。工場は2月22日から操業・生産再開を加速し、人々の地元での雇用と増収の確保を目指している。(通渭=新華社記者/張文静)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020040701942

    スズメバチの養殖で村を豊かに湖南省湘西  養蜂用の防護服に身を固め、給餌器を手にハチたちに餌やりをする符隆保さん。(3月17日撮影)中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州瀘渓(ろけい)県にある達力寨(たつりきさい)村の山の斜面には屋内型の養蜂場がある。見た目は恐ろしいスズメバチだが、幼虫は貴重な珍味であり、ハチ毒もそれ以上に貴重な中医薬として知られる。この村に住む符隆保(ふ・りゅうほ)さんは昨年3月に養蜂を始め、その年の収入が5万元(1元=16円)を超えた。その後、合作社(協同組合)を設立し、貧困世帯が共同出資し、得た利益を互いに分配する形で貧困扶助につなげる取り組みを始めた。スズメバチの養殖が地元の人々を豊かにしている。(長沙=新華社配信/張克寧)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020040701919

    スズメバチの養殖で村を豊かに湖南省湘西  給餌器を手にハチたちに餌やりをする符隆保さん。(3月17日撮影)中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州瀘渓(ろけい)県にある達力寨(たつりきさい)村の山の斜面には屋内型の養蜂場がある。見た目は恐ろしいスズメバチだが、幼虫は貴重な珍味であり、ハチ毒もそれ以上に貴重な中医薬として知られる。この村に住む符隆保(ふ・りゅうほ)さんは昨年3月に養蜂を始め、その年の収入が5万元(1元=16円)を超えた。その後、合作社(協同組合)を設立し、貧困世帯が共同出資し、得た利益を互いに分配する形で貧困扶助につなげる取り組みを始めた。スズメバチの養殖が地元の人々を豊かにしている。(長沙=新華社配信/張克寧)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020040701878

    スズメバチの養殖で村を豊かに湖南省湘西  養蜂用の防護服に身を固め、給餌器を手にハチたちに餌やりをする符隆保さん。(3月17日撮影)中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州瀘渓(ろけい)県にある達力寨(たつりきさい)村の山の斜面には屋内型の養蜂場がある。見た目は恐ろしいスズメバチだが、幼虫は貴重な珍味であり、ハチ毒もそれ以上に貴重な中医薬として知られる。この村に住む符隆保(ふ・りゅうほ)さんは昨年3月に養蜂を始め、その年の収入が5万元(1元=16円)を超えた。その後、合作社(協同組合)を設立し、貧困世帯が共同出資し、得た利益を互いに分配する形で貧困扶助につなげる取り組みを始めた。スズメバチの養殖が地元の人々を豊かにしている。(長沙=新華社配信/張克寧)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020040701906

    スズメバチの養殖で村を豊かに湖南省湘西  符隆保さんが養殖したスズメバチ。(3月17日撮影)中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州瀘渓(ろけい)県にある達力寨(たつりきさい)村の山の斜面には屋内型の養蜂場がある。見た目は恐ろしいスズメバチだが、幼虫は貴重な珍味であり、ハチ毒もそれ以上に貴重な中医薬として知られる。この村に住む符隆保(ふ・りゅうほ)さんは昨年3月に養蜂を始め、その年の収入が5万元(1元=16円)を超えた。その後、合作社(協同組合)を設立し、貧困世帯が共同出資し、得た利益を互いに分配する形で貧困扶助につなげる取り組みを始めた。スズメバチの養殖が地元の人々を豊かにしている。(長沙=新華社配信/張克寧)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020040701870

    スズメバチの養殖で村を豊かに湖南省湘西  養蜂用の防護服に身を固め、給餌器を手にハチたちに餌やりをする符隆保さん。(3月17日撮影)中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州瀘渓(ろけい)県にある達力寨(たつりきさい)村の山の斜面には屋内型の養蜂場がある。見た目は恐ろしいスズメバチだが、幼虫は貴重な珍味であり、ハチ毒もそれ以上に貴重な中医薬として知られる。この村に住む符隆保(ふ・りゅうほ)さんは昨年3月に養蜂を始め、その年の収入が5万元(1元=16円)を超えた。その後、合作社(協同組合)を設立し、貧困世帯が共同出資し、得た利益を互いに分配する形で貧困扶助につなげる取り組みを始めた。スズメバチの養殖が地元の人々を豊かにしている。(長沙=新華社配信/張克寧)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020032313529

    貧困者支援工場が操業再開、貧困脱却を促進甘粛省通渭県  17日、衣料品の縫製作業をする従業員。中国甘粛省定西市通渭(つうい)県の探越(通渭)服装服飾は、ターゲットを絞った貧困者支援活動に積極的に参加し、貧困者の雇用を支援する工場を設立することで、地元の人々の雇用問題を地元で解決している。同工場は従業員約170人に対する安定的な雇用を進めており、そのうち貧困世帯に指定された従業員は約40%を占めている。工場は2月22日から操業・生産再開を加速し、人々の地元での雇用と増収の確保を目指している。(通渭=新華社記者/張文静)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020040701839

    スズメバチの養殖で村を豊かに湖南省湘西  養蜂用の防護服に身を固め、給餌器を手にハチたちに餌やりをする符隆保さん。(3月17日撮影)中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州瀘渓(ろけい)県にある達力寨(たつりきさい)村の山の斜面には屋内型の養蜂場がある。見た目は恐ろしいスズメバチだが、幼虫は貴重な珍味であり、ハチ毒もそれ以上に貴重な中医薬として知られる。この村に住む符隆保(ふ・りゅうほ)さんは昨年3月に養蜂を始め、その年の収入が5万元(1元=16円)を超えた。その後、合作社(協同組合)を設立し、貧困世帯が共同出資し、得た利益を互いに分配する形で貧困扶助につなげる取り組みを始めた。スズメバチの養殖が地元の人々を豊かにしている。(長沙=新華社配信/張克寧)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020040701915

    スズメバチの養殖で村を豊かに湖南省湘西  湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州瀘渓県にある達力寨村。(3月17日撮影)中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州瀘渓(ろけい)県にある達力寨(たつりきさい)村の山の斜面には屋内型の養蜂場がある。見た目は恐ろしいスズメバチだが、幼虫は貴重な珍味であり、ハチ毒もそれ以上に貴重な中医薬として知られる。この村に住む符隆保(ふ・りゅうほ)さんは昨年3月に養蜂を始め、その年の収入が5万元(1元=16円)を超えた。その後、合作社(協同組合)を設立し、貧困世帯が共同出資し、得た利益を互いに分配する形で貧困扶助につなげる取り組みを始めた。スズメバチの養殖が地元の人々を豊かにしている。(長沙=新華社配信/張克寧)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020040701845

    スズメバチの養殖で村を豊かに湖南省湘西  スズメバチの巣。(2019年11月3日撮影)中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州瀘渓(ろけい)県にある達力寨(たつりきさい)村の山の斜面には屋内型の養蜂場がある。見た目は恐ろしいスズメバチだが、幼虫は貴重な珍味であり、ハチ毒もそれ以上に貴重な中医薬として知られる。この村に住む符隆保(ふ・りゅうほ)さんは昨年3月に養蜂を始め、その年の収入が5万元(1元=16円)を超えた。その後、合作社(協同組合)を設立し、貧困世帯が共同出資し、得た利益を互いに分配する形で貧困扶助につなげる取り組みを始めた。スズメバチの養殖が地元の人々を豊かにしている。(長沙=新華社配信/張克寧)=2019(令和元)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2018082207467

    美しい山河を貧困層の宝の山に陝西省寧陝県  18日、陝西省安康市寧陝県にある上壩河国家森林公園で遊ぶ観光客。同県は「生態+観光」のモデルを絶えず革新し、2017年には延べ480万人の観光客が同県を訪れ、貧困世帯はエコ観光により平均で3千元(1元=約16円)余りの増収を実現した。中国陝西省安康市寧陝県は秦嶺山脈の山懐に位置し、国の貧困支援開発事業の重点県に指定されている。同県はここ数年、森林被覆率が90・2%となる生態資源の優位性に立脚し、生態建設と貧困脱却の堅塁攻略を高度に融合させ、「生態+産業」、「生態+雇用」、「生態+観光」など一連の「生態+」貧困脱却モデルを積極的に模索し、「緑水・青山」(美しい山河)を貧困層の「金山・銀山」(宝の山)にしている。同県では2017年、生態建設により361世帯1192人が貧困から脱却したが、これは全貧困脱却者の52・9%に当たる。(寧陝=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像