検索結果 72,777 件中 1 件 〜 50
  1. 2019111305517

    「安倍事務所まで連絡を」  桜を見る会を含む「観光コース」の料金が記された文書(画像の一部を加工しています)

  2. 2019111301835

    「気候の緊急事態」宣言  昨年の台風21号に伴う高潮などで滑走路や施設が浸水した関西空港。地球温暖化の進行によって過去に例のない暴風雨災害の多発が懸念される=2018年9月

  3. 2019111207013

    「12段用」 台湾で洋上風力発電完工  台湾・台北市、洋上風力発電事業「フォルモサ1」(苗栗県)

  4. 2019111207010

    「12段用」 台湾で洋上風力発電完工  台湾・台北市、洋上風力発電事業「フォルモサ1」(苗栗県)

  5. 2019111206975

    台湾で洋上風力発電完工  台湾・台北市、洋上風力発電事業「フォルモサ1」(苗栗県)

  6. 2019111206972

    台湾で洋上風力発電完工  台湾・台北市、洋上風力発電事業「フォルモサ1」(苗栗県)

  7. 2019111205280

    里山の昆虫、大幅減少  ギフチョウ=2016年4月、大阪と奈良の府県境

  8. 2019111204962

    マグロ枠配分、沿岸に不満  太平洋クロマグロの漁獲枠の国内配分案について説明する水産庁の担当者=12日午後、東京都港区

  9. 2019111204389

    台湾で洋上風力発電完工  台湾沖に完工した洋上風力発電の風車群=12日、台湾・苗栗(共同)

  10. 2019111204350

    青い池、闇夜に輝く  LEDの照明で幻想的にライトアップされた北海道美瑛町の観光名所「青い池」。ロマンチックな雰囲気が訪れる人を魅了していた=12日夕

  11. 2019111202877

    施設攻撃、リスク浮上  サウジアラムコの石油関連施設=10月12日、サウジアラビア東部アブカイク(ロイター=共同)

  12. 2019111202874

    施設攻撃、リスク浮上  再建が進むサウジアラムコの石油関連施設=10月12日、サウジアラビア東部アブカイク(ロイター=共同)

  13. 2019111202871

    施設攻撃、リスク浮上  サウジアラムコの石油関連施設=2018年5月、サウジアラビア東部ラスタヌラ(ロイター=共同)

  14. 2019111200717

    「南の大地から」 しらせ、南極へ出港  南極へ向け出港する観測船「しらせ」=12日午前、東京都中央区

  15. 2019111305195

    「DPA」 Dangerous electric shocks - Wrong doctor in court 12 November 2019, Bavaria, Munich: The 30-year-old accused of attempted murder of numerous women and girls is sitting in the courtroom of the district court before the trial begins. The man is said to have pretended to be a doctor to young women and to have led them to life-threatening electricity experiments. Parts of the picture are made unrecognizable for legal reasons. Photo: Sven Hoppe/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  16. 2019111106628

    一元的な火山対策機関を  武田防災相(右)に火山対策に関する要望書を手渡す長崎幸太郎山梨県知事=11日、内閣府

  17. 2019111105115

    輸入50年、LNGに存在感  日本が初めて輸入したLNGを受け入れたタンク=10月、横浜市の東京ガス根岸LNG基地

  18. 2019111104970

    地質調査の許可、撤回を  上関原発建設に伴う地質調査許可の撤回を求め、山口県の担当者(右)に申し入れ書を渡す住民団体関係者=11日、山口市

  19. 2019111104639

    「インタビュー」台風19号 温暖化で強力、対策急務  インタビューに答える坪木和久・名古屋大教授

  20. 2019111302895

    「新華社」 青海省の高原に現れた「妖精」たち  9日、青海省瑪沁県に現れたバーラル。長江、黄河、瀾滄江の源流域、三江源地区に位置する中国青海省ゴロク・チベット族自治州瑪沁(マチェン)県は、立冬を過ぎて雪化粧した。同地では積雪の多い高山を離れ、餌を求めて低地へ移動してきた野生動物の姿を見ることができる。(西寧=新華社記者/李亜光)=2019(令和元)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019110900027

    元助役、大きな影響力  インタビューに応じる福井県高浜町の野瀬豊町長

  22. 2019110900026

    元助役、大きな影響力  インタビューに応じる福井県高浜町の野瀬豊町長

  23. 2019111302839

    「新華社」 青海省の高原に現れた「妖精」たち  9日、青海省瑪沁県の草原を歩き回る鹿。長江、黄河、瀾滄江の源流域、三江源地区に位置する中国青海省ゴロク・チベット族自治州瑪沁(マチェン)県は、立冬を過ぎて雪化粧した。同地では積雪の多い高山を離れ、餌を求めて低地へ移動してきた野生動物の姿を見ることができる。(西寧=新華社記者/張竜)=2019(令和元)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019111302849

    「新華社」 青海省の高原に現れた「妖精」たち  9日、青海省瑪沁県で餌を探すバーラル。長江、黄河、瀾滄江の源流域、三江源地区に位置する中国青海省ゴロク・チベット族自治州瑪沁(マチェン)県は、立冬を過ぎて雪化粧した。同地では積雪の多い高山を離れ、餌を求めて低地へ移動してきた野生動物の姿を見ることができる。(西寧=新華社記者/張竜)=2019(令和元)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019111302785

    「新華社」 青海省の高原に現れた「妖精」たち  9日、青海省瑪沁県の草原を移動するチベットガゼルの群れ。長江、黄河、瀾滄江の源流域、三江源地区に位置する中国青海省ゴロク・チベット族自治州瑪沁(マチェン)県は、立冬を過ぎて雪化粧した。同地では積雪の多い高山を離れ、餌を求めて低地へ移動してきた野生動物の姿を見ることができる。(西寧=新華社記者/張竜)=2019(令和元)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019111302879

    「新華社」 青海省の高原に現れた「妖精」たち  9日、青海省瑪沁県の草原で餌を探すチベットガゼル。長江、黄河、瀾滄江の源流域、三江源地区に位置する中国青海省ゴロク・チベット族自治州瑪沁(マチェン)県は、立冬を過ぎて雪化粧した。同地では積雪の多い高山を離れ、餌を求めて低地へ移動してきた野生動物の姿を見ることができる。(西寧=新華社記者/張竜)=2019(令和元)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019111302877

    「新華社」 青海省の高原に現れた「妖精」たち  9日、青海省瑪沁県の草原で餌を探すチベットスナギツネ。長江、黄河、瀾滄江の源流域、三江源地区に位置する中国青海省ゴロク・チベット族自治州瑪沁(マチェン)県は、立冬を過ぎて雪化粧した。同地では積雪の多い高山を離れ、餌を求めて低地へ移動してきた野生動物の姿を見ることができる。(西寧=新華社記者/張竜)=2019(令和元)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019111302847

    「新華社」 青海省の高原に現れた「妖精」たち  9日、青海省瑪沁県で餌を探すバーラル。長江、黄河、瀾滄江の源流域、三江源地区に位置する中国青海省ゴロク・チベット族自治州瑪沁(マチェン)県は、立冬を過ぎて雪化粧した。同地では積雪の多い高山を離れ、餌を求めて低地へ移動してきた野生動物の姿を見ることができる。(西寧=新華社記者/張竜)=2019(令和元)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019111302794

    「新華社」 青海省の高原に現れた「妖精」たち  9日、青海省瑪沁県の草原で餌を探すチベットガゼル。長江、黄河、瀾滄江の源流域、三江源地区に位置する中国青海省ゴロク・チベット族自治州瑪沁(マチェン)県は、立冬を過ぎて雪化粧した。同地では積雪の多い高山を離れ、餌を求めて低地へ移動してきた野生動物の姿を見ることができる。(西寧=新華社記者/張竜)=2019(令和元)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019111302915

    「新華社」 青海省の高原に現れた「妖精」たち  9日、青海省瑪沁県の草原を移動するチベットガゼルの群れ。長江、黄河、瀾滄江の源流域、三江源地区に位置する中国青海省ゴロク・チベット族自治州瑪沁(マチェン)県は、立冬を過ぎて雪化粧した。同地では積雪の多い高山を離れ、餌を求めて低地へ移動してきた野生動物の姿を見ることができる。(西寧=新華社記者/李亜光)=2019(令和元)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019110803922

    島根原発で国の防災訓練  島根県庁で実施された原子力総合防災訓練=8日午後

  32. 2019110803822

    島根原発で国の防災訓練  原子力総合防災訓練が実施され、島根県庁で開かれた対策会議=8日午後

  33. 2019110803524

    タイラギの安定生産に重点  福岡市で開かれた有明海漁場環境改善連絡協議会=8日午後

  34. 2019111302856

    「新華社」 乳山のカキの成長に立ち会ってきた日本人研究者山東省  8日、乳山市にある「中国(乳山)カキ産業研究院」を視察するシンポジウムに参加した国内外専門家。中国東部の山東省青島市と乳山市で5日から8日まで、「第8回国際かきシンポジウム」が開催された。席上、日本から参加した世界かき学会会長の森勝義氏は、来賓に向けて「本当に美味しいんです」と乳山のカキを推薦した。同シンポジウムは世界かき学会が組織し、日本のかき研究所が発起したもので、2年に1度開催されている。今回のシンポジウムは「カキ産業の持続可能な発展と遺伝資源保護」をテーマに中国海洋大学が主催し、日本、米国、オーストラリア、英国など多くの国から300人余りの専門家や研究者、業界関係者が出席した。(威海=新華社配信/王嘉)=2019(令和元)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019111302812

    「新華社」 乳山のカキの成長に立ち会ってきた日本人研究者山東省  8日、乳山華信食品公司でカキの新品種を手に取る森勝義氏。中国東部の山東省青島市と乳山市で5日から8日まで、「第8回国際かきシンポジウム」が開催された。席上、日本から参加した世界かき学会会長の森勝義氏は、来賓に向けて「本当に美味しいんです」と乳山のカキを推薦した。同シンポジウムは世界かき学会が組織し、日本のかき研究所が発起したもので、2年に1度開催されている。今回のシンポジウムは「カキ産業の持続可能な発展と遺伝資源保護」をテーマに中国海洋大学が主催し、日本、米国、オーストラリア、英国など多くの国から300人余りの専門家や研究者、業界関係者が出席した。(威海=新華社配信/王嘉)=2019(令和元)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019111302918

    「新華社」 乳山のカキの成長に立ち会ってきた日本人研究者山東省  8日、乳山華信食品公司でカキの新品種を観察する森勝義氏。中国東部の山東省青島市と乳山市で5日から8日まで、「第8回国際かきシンポジウム」が開催された。席上、日本から参加した世界かき学会会長の森勝義氏は、来賓に向けて「本当に美味しいんです」と乳山のカキを推薦した。同シンポジウムは世界かき学会が組織し、日本のかき研究所が発起したもので、2年に1度開催されている。今回のシンポジウムは「カキ産業の持続可能な発展と遺伝資源保護」をテーマに中国海洋大学が主催し、日本、米国、オーストラリア、英国など多くの国から300人余りの専門家や研究者、業界関係者が出席した。(威海=新華社配信/王嘉)=2019(令和元)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019111302902

    「新華社」 乳山のカキの成長に立ち会ってきた日本人研究者山東省  8日、乳山華信食品公司でカキの新品種を観察する森勝義氏。中国東部の山東省青島市と乳山市で5日から8日まで、「第8回国際かきシンポジウム」が開催された。席上、日本から参加した世界かき学会会長の森勝義氏は、来賓に向けて「本当に美味しいんです」と乳山のカキを推薦した。同シンポジウムは世界かき学会が組織し、日本のかき研究所が発起したもので、2年に1度開催されている。今回のシンポジウムは「カキ産業の持続可能な発展と遺伝資源保護」をテーマに中国海洋大学が主催し、日本、米国、オーストラリア、英国など多くの国から300人余りの専門家や研究者、業界関係者が出席した。(威海=新華社配信/王嘉)=2019(令和元)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019111302810

    「新華社」 乳山のカキの成長に立ち会ってきた日本人研究者山東省  8日、乳山のカキを試食する米国南カリフォルニア大学のデニス・ヘッジコック(DennisHedgecock)教授。中国東部の山東省青島市と乳山市で5日から8日まで、「第8回国際かきシンポジウム」が開催された。席上、日本から参加した世界かき学会会長の森勝義氏は、来賓に向けて「本当に美味しいんです」と乳山のカキを推薦した。同シンポジウムは世界かき学会が組織し、日本のかき研究所が発起したもので、2年に1度開催されている。今回のシンポジウムは「カキ産業の持続可能な発展と遺伝資源保護」をテーマに中国海洋大学が主催し、日本、米国、オーストラリア、英国など多くの国から300人余りの専門家や研究者、業界関係者が出席した。(威海=新華社配信/王嘉)=2019(令和元)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019111302820

    「新華社」 乳山のカキの成長に立ち会ってきた日本人研究者山東省  8日、乳山市にある華信食品公司を視察するシンポジウムに参加した国内外専門家。中国東部の山東省青島市と乳山市で5日から8日まで、「第8回国際かきシンポジウム」が開催された。席上、日本から参加した世界かき学会会長の森勝義氏は、来賓に向けて「本当に美味しいんです」と乳山のカキを推薦した。同シンポジウムは世界かき学会が組織し、日本のかき研究所が発起したもので、2年に1度開催されている。今回のシンポジウムは「カキ産業の持続可能な発展と遺伝資源保護」をテーマに中国海洋大学が主催し、日本、米国、オーストラリア、英国など多くの国から300人余りの専門家や研究者、業界関係者が出席した。(威海=新華社配信/王嘉)=2019(令和元)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  40. 2019111302917

    「新華社」 乳山のカキの成長に立ち会ってきた日本人研究者山東省  8日、乳山温喜生物公司で展示されたカキ製品を見る森勝義氏。中国東部の山東省青島市と乳山市で5日から8日まで、「第8回国際かきシンポジウム」が開催された。席上、日本から参加した世界かき学会会長の森勝義氏は、来賓に向けて「本当に美味しいんです」と乳山のカキを推薦した。同シンポジウムは世界かき学会が組織し、日本のかき研究所が発起したもので、2年に1度開催されている。今回のシンポジウムは「カキ産業の持続可能な発展と遺伝資源保護」をテーマに中国海洋大学が主催し、日本、米国、オーストラリア、英国など多くの国から300人余りの専門家や研究者、業界関係者が出席した。(威海=新華社配信/王嘉)=2019(令和元)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019111302920

    「新華社」 乳山のカキの成長に立ち会ってきた日本人研究者山東省  8日、乳山温喜生物公司で展示されたカキ製品を見る森勝義氏。中国東部の山東省青島市と乳山市で5日から8日まで、「第8回国際かきシンポジウム」が開催された。席上、日本から参加した世界かき学会会長の森勝義氏は、来賓に向けて「本当に美味しいんです」と乳山のカキを推薦した。同シンポジウムは世界かき学会が組織し、日本のかき研究所が発起したもので、2年に1度開催されている。今回のシンポジウムは「カキ産業の持続可能な発展と遺伝資源保護」をテーマに中国海洋大学が主催し、日本、米国、オーストラリア、英国など多くの国から300人余りの専門家や研究者、業界関係者が出席した。(威海=新華社配信/王嘉)=2019(令和元)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019110708165

    「プレミア12」 日本―台湾  台湾戦の9回に登板した山本=台中(共同)

  43. 2019110707198

    「プレミア12」 日本―台湾  台湾戦の6回から登板した山岡=台中(共同)

  44. 2019110704935

    支流が堤防乗り越え決壊か  阿武隈川の決壊について意見を述べる日本大の長林久夫名誉教授=7日午後、仙台市

  45. 2019110704016

    週末と来週のお天気  週末と来週のお天気

  46. 2019110704012

    週末と来週のお天気  週末と来週のお天気

  47. 2019110703000

    復興へマングローブ再生  フィリピン・タクロバンの公園で育てているマングローブの苗=10月(共同)

  48. 2019110702967

    復興へマングローブ再生  マングローブの説明をするペドロ・カヒンドさん=10月、フィリピン・タクロバン(共同)

  49. 2019111104371

    「新華社」 「雪竜号」と「雪竜2号」が初めて「対面」オーストラリア  7日、オーストラリアのホバート港に停船する「雪竜号」。中国第36次南極科学観測隊の隊員を乗せた極地調査砕氷船「雪竜号」が現地時間7日、オーストラリアのホバート港に入港し、すでに停泊していた「雪竜2号」と初めて「対面」した。(雪竜2号=新華社記者/劉詩平)=2019(令和元)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019111104229

    「新華社」 「雪竜号」と「雪竜2号」が初めて「対面」オーストラリア  7日、オーストラリアのホバート港に停泊する「雪竜号」。中国第36次南極科学観測隊の隊員を乗せた極地調査砕氷船「雪竜号」が現地時間7日、オーストラリアのホバート港に入港し、すでに停泊していた「雪竜2号」と初めて「対面」した。(雪竜2号=新華社記者/劉詩平)=2019(令和元)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像