検索結果 81 件中 1 件 〜 50 件 "open"
  1. 2019091003179

    「新華社」 埕北油田の採油プラットフォームを訪ねて渤海湾  5日、渤海湾に位置する埕北油田Bプラットフォーム。(小型無人機から)中国の渤海湾に位置する埕北(ていほく)油田は、中国海域で国際規範・基準に基づき建設された初の現代化油田。同油田の建設により、中国の油田の対外協力と海上現代化油田建設は始まった。1980年代に操業を開始した設計寿命30年の同油田は、2016年に設備全体を改良し、続いて「油井ネットワーク再構築」プランを実施した。この改良は「古い油田」の生産寿命の延長を実現するため、成功の経験を提供した。(天津=新華社記者/倪元錦)=2019(令和元)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019091003295

    「新華社」 埕北油田の採油プラットフォームを訪ねて渤海湾  5日に撮影した渤海湾に位置する埕北油田Bプラットフォーム。(小型無人機から)中国の渤海湾に位置する埕北(ていほく)油田は、中国海域で国際規範・基準に基づき建設された初の現代化油田。同油田の建設により、中国の油田の対外協力と海上現代化油田建設は始まった。1980年代に操業を開始した設計寿命30年の同油田は、2016年に設備全体を改良し、続いて「油井ネットワーク再構築」プランを実施した。この改良は「古い油田」の生産寿命の延長を実現するため、成功の経験を提供した。(天津=新華社記者/岳月偉)=2019(令和元)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019091003296

    「新華社」 埕北油田の採油プラットフォームを訪ねて渤海湾  5日、渤海湾に位置する埕北油田Bプラットフォームのガスフレア。(小型無人機から)中国の渤海湾に位置する埕北(ていほく)油田は、中国海域で国際規範・基準に基づき建設された初の現代化油田。同油田の建設により、中国の油田の対外協力と海上現代化油田建設は始まった。1980年代に操業を開始した設計寿命30年の同油田は、2016年に設備全体を改良し、続いて「油井ネットワーク再構築」プランを実施した。この改良は「古い油田」の生産寿命の延長を実現するため、成功の経験を提供した。(天津=新華社記者/岳月偉)=2019(令和元)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019091003247

    「新華社」 埕北油田の採油プラットフォームを訪ねて渤海湾  5日、渤海湾に位置する埕北油田Bプラットフォームのガスフレア。(小型無人機から)中国の渤海湾に位置する埕北(ていほく)油田は、中国海域で国際規範・基準に基づき建設された初の現代化油田。同油田の建設により、中国の油田の対外協力と海上現代化油田建設は始まった。1980年代に操業を開始した設計寿命30年の同油田は、2016年に設備全体を改良し、続いて「油井ネットワーク再構築」プランを実施した。この改良は「古い油田」の生産寿命の延長を実現するため、成功の経験を提供した。(天津=新華社記者/岳月偉)=2019(令和元)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019091205064

    「新華社」 貴州省最大の水利基幹プロジェクトの主ダムが完工  8月29日、空から見た貴州省最大の基幹水利事業、夾岩基幹水利プロジェクトの一部をなす黔西北給水水源ダム。中国貴州省で最大の基幹水利事業、夾岩基幹水利プロジェクトの一部をなす黔西北給水水源ダムの建設工事で8月29日、堤高が標高1323メートルに達し、堤頂部の工事は4カ月前倒しで完了した。(畢節=新華社配信/貴州省水利庁提供)=2019(令和元)年8月29日、クレジット:貴州省水利庁/新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019091205050

    「新華社」 貴州省最大の水利基幹プロジェクトの主ダムが完工  8月29日、空から見た貴州省最大の基幹水利事業、夾岩基幹水利プロジェクトの一部をなす黔西北給水水源ダム。中国貴州省で最大の基幹水利事業、夾岩基幹水利プロジェクトの一部をなす黔西北給水水源ダムの建設工事で8月29日、堤高が標高1323メートルに達し、堤頂部の工事は4カ月前倒しで完了した。(畢節=新華社配信/貴州省水利庁提供)=2019(令和元)年8月29日、クレジット:貴州省水利庁/新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019082800319

    「新華社」 中国黒竜江省、ロシアからの電力購入が累計293億kW時を突破  22日、中国・ロシア直流500キロボルト黒河BTB(BackToBack)交直変換所の開閉所。(小型無人機から)中国国家電網公司黒竜江省電力有限公司のデータによると、18日までに黒竜江省が今年ロシアから購入した電力は18億8千万キロワット時で、過去27年間の累計では293億1600万キロワット時だった。これにより、中国国内の石炭消費量約991万7千トンを削減し、東北地域に十分で安定したクリーンエネルギーを供給すると同時に、ロシア極東地域の余剰エネルギーの利用率を向上させた。1992年7月、黒竜江省電力有限公司の110キロボルト送電線「布黒線(ロシア・ブラゴベシチェンスク-黒竜江省・黒河)」が正式に送電を開始した。「布黒線」は中ロ両国が初めて共同で建設した越境送電線となり、以降、中国のロシアからの電力購入量は全体的に増加傾向となった。2012年、中国国家電網公司とロシア東方エネルギー股份公司(ロシア国営の大手石油会社ロスネフチと中国石油天然気集団の合弁会社)は25年間の電力購入協定を締結し、2037年までにロシアが中国に対し1千億キロワット時の電力を提供することを取り決めた。2016年、中国国家電網公司とロシアの電力会社ROSSETIは、双方が合弁会社を設立し送電網事業を展開する協議書に署名した。協力範囲は電力取引や送配電網に対する投資などに及んでいる。(黒河=新華社記者/王建威)=2019(令和元)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019082800391

    「新華社」 中国黒竜江省、ロシアからの電力購入が累計293億kW時を突破  22日、アムール-黒河500キロボルト送電線。(小型無人機から)中国国家電網公司黒竜江省電力有限公司のデータによると、18日までに黒竜江省が今年ロシアから購入した電力は18億8千万キロワット時で、過去27年間の累計では293億1600万キロワット時だった。これにより、中国国内の石炭消費量約991万7千トンを削減し、東北地域に十分で安定したクリーンエネルギーを供給すると同時に、ロシア極東地域の余剰エネルギーの利用率を向上させた。1992年7月、黒竜江省電力有限公司の110キロボルト送電線「布黒線(ロシア・ブラゴベシチェンスク-黒竜江省・黒河)」が正式に送電を開始した。「布黒線」は中ロ両国が初めて共同で建設した越境送電線となり、以降、中国のロシアからの電力購入量は全体的に増加傾向となった。2012年、中国国家電網公司とロシア東方エネルギー股份公司(ロシア国営の大手石油会社ロスネフチと中国石油天然気集団の合弁会社)は25年間の電力購入協定を締結し、2037年までにロシアが中国に対し1千億キロワット時の電力を提供することを取り決めた。2016年、中国国家電網公司とロシアの電力会社ROSSETIは、双方が合弁会社を設立し送電網事業を展開する協議書に署名した。協力範囲は電力取引や送配電網に対する投資などに及んでいる。(黒河=新華社記者/王建威)=2019(令和元)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019082800308

    「新華社」 中国黒竜江省、ロシアからの電力購入が累計293億kW時を突破  22日、中国・ロシア直流500キロボルト黒河BTB(BackToBack)交直変換所の開閉所。(小型無人機から)中国国家電網公司黒竜江省電力有限公司のデータによると、18日までに黒竜江省が今年ロシアから購入した電力は18億8千万キロワット時で、過去27年間の累計では293億1600万キロワット時だった。これにより、中国国内の石炭消費量約991万7千トンを削減し、東北地域に十分で安定したクリーンエネルギーを供給すると同時に、ロシア極東地域の余剰エネルギーの利用率を向上させた。1992年7月、黒竜江省電力有限公司の110キロボルト送電線「布黒線(ロシア・ブラゴベシチェンスク-黒竜江省・黒河)」が正式に送電を開始した。「布黒線」は中ロ両国が初めて共同で建設した越境送電線となり、以降、中国のロシアからの電力購入量は全体的に増加傾向となった。2012年、中国国家電網公司とロシア東方エネルギー股份公司(ロシア国営の大手石油会社ロスネフチと中国石油天然気集団の合弁会社)は25年間の電力購入協定を締結し、2037年までにロシアが中国に対し1千億キロワット時の電力を提供することを取り決めた。2016年、中国国家電網公司とロシアの電力会社ROSSETIは、双方が合弁会社を設立し送電網事業を展開する協議書に署名した。協力範囲は電力取引や送配電網に対する投資などに及んでいる。(黒河=新華社記者/王建威)=2019(令和元)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019082800306

    「新華社」 中国黒竜江省、ロシアからの電力購入が累計293億kW時を突破  22日、中国・ロシア直流500キロボルト黒河BTB(BackToBack)交直変換所の開閉所。(小型無人機から)中国国家電網公司黒竜江省電力有限公司のデータによると、18日までに黒竜江省が今年ロシアから購入した電力は18億8千万キロワット時で、過去27年間の累計では293億1600万キロワット時だった。これにより、中国国内の石炭消費量約991万7千トンを削減し、東北地域に十分で安定したクリーンエネルギーを供給すると同時に、ロシア極東地域の余剰エネルギーの利用率を向上させた。1992年7月、黒竜江省電力有限公司の110キロボルト送電線「布黒線(ロシア・ブラゴベシチェンスク-黒竜江省・黒河)」が正式に送電を開始した。「布黒線」は中ロ両国が初めて共同で建設した越境送電線となり、以降、中国のロシアからの電力購入量は全体的に増加傾向となった。2012年、中国国家電網公司とロシア東方エネルギー股份公司(ロシア国営の大手石油会社ロスネフチと中国石油天然気集団の合弁会社)は25年間の電力購入協定を締結し、2037年までにロシアが中国に対し1千億キロワット時の電力を提供することを取り決めた。2016年、中国国家電網公司とロシアの電力会社ROSSETIは、双方が合弁会社を設立し送電網事業を展開する協議書に署名した。協力範囲は電力取引や送配電網に対する投資などに及んでいる。(黒河=新華社記者/王建威)=2019(令和元)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019073006709

    「新華社」 環境に配慮した発展の道を歩む重慶市  重慶市忠県馬灌(ばかん)鎮果園(かえん)村の田園風景。(小型無人機から、7月2日撮影)中国南西部に位置する重慶市は、中西部地区唯一の直轄市として、長江上流地域の経済、金融、科学技術イノベーション、航空輸送、貿易物流の中心地、西部大開発における重要な戦略的支点となっており、また「一帯一路」と長江経済ベルトの重要な連結点、内陸地域の対外開放を加速させる基盤でもある。同市はここ数年、長江上流の生態防壁建設をめぐり、緑化改善、特色ある環境景観作り、三峡ダムエリアの生態系回復などの重要な環境プロジェクトの実施を加速させ、全力で自然環境を保護し、地域の生態系回復や汚染防止の堅塁攻略戦にしっかりと取り組んできた。市全体の環境が引き続き改善され、環境安全が有効に保障され、「生態優先、環境に配慮した発展」という理念が重慶発展のテーマとなっている。(重慶=新華社記者/王全超)=2019(令和元)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019060501493

    「新華社」 中国とロシアを結ぶ道路橋、黒竜江大橋が接合完了  5月31日、黒竜江で最初の道路橋となる黒竜江大橋。(小型無人機から)中国の黒竜江省黒河市とロシアのアムール州ブラゴベシチェンスクを結ぶ黒竜江(アムール川)大橋で5月31日、接合作業が無事完了した。中ロ国境を流れる黒竜江で最初の道路橋の建設は大きな進展を得た。(ハルビン=新華社配信/黒河市委宣伝部提供)=2019(令和元)年5月31日、クレジット:黒河市委宣伝部/新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019051600313

    「新華社」 ブルネイでの中国最大の投資プロジェクト、試運転段階に  3日、空から見た恒逸石化プラウ・ムアラ・ベサール石油精製プロジェクトの敷地内に立ち並ぶ貯蔵タンク。(小型無人機から)ブルネイでの中国最大の投資プロジェクト、中国の石油化学大手、恒逸石化股份有限公司(恒逸石化)によるプラウ・ムアラ・ベサール(PMB)石油精製プロジェクトの担当者は3日、同プロジェクトの建設が進み、原油が初めて貯蔵タンクに搬入され、生産のための試運転段階に入ったと説明した。(バンダルスリブガワン=新華社配信/恒逸実業提供)=2019(令和元)年5月3日、クレジット:恒逸実業/新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019051600347

    「新華社」 ブルネイでの中国最大の投資プロジェクト、試運転段階に  3日、ブルネイ沖の海上で、恒逸石化プラウ・ムアラ・ベサール石油精製プロジェクトに使用する原油を搬入するタンカー。(小型無人機から)ブルネイでの中国最大の投資プロジェクト、中国の石油化学大手、恒逸石化股份有限公司(恒逸石化)によるプラウ・ムアラ・ベサール(PMB)石油精製プロジェクトの担当者は3日、同プロジェクトの建設が進み、原油が初めて貯蔵タンクに搬入され、生産のための試運転段階に入ったと説明した。(バンダルスリブガワン=新華社配信/恒逸実業提供)=2019(令和元)年5月3日、クレジット:恒逸実業/新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019051600294

    「新華社」 ブルネイでの中国最大の投資プロジェクト、試運転段階に  3日、ブルネイ沖の海上で、恒逸石化プラウ・ムアラ・ベサール石油精製プロジェクトに使用する原油を搬入するタンカー。(小型無人機から)ブルネイでの中国最大の投資プロジェクト、中国の石油化学大手、恒逸石化股份有限公司(恒逸石化)によるプラウ・ムアラ・ベサール(PMB)石油精製プロジェクトの担当者は3日、同プロジェクトの建設が進み、原油が初めて貯蔵タンクに搬入され、生産のための試運転段階に入ったと説明した。(バンダルスリブガワン=新華社配信/恒逸実業提供)=2019(令和元)年5月3日、クレジット:恒逸実業/新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019073006755

    「新華社」 環境に配慮した発展の道を歩む重慶市  重慶市巴南(はなん)区にある白象山定心茶園の標準化茶葉栽培基地で、春茶の茶摘みをする農家。(小型無人機から、3月18日撮影)中国南西部に位置する重慶市は、中西部地区唯一の直轄市として、長江上流地域の経済、金融、科学技術イノベーション、航空輸送、貿易物流の中心地、西部大開発における重要な戦略的支点となっており、また「一帯一路」と長江経済ベルトの重要な連結点、内陸地域の対外開放を加速させる基盤でもある。同市はここ数年、長江上流の生態防壁建設をめぐり、緑化改善、特色ある環境景観作り、三峡ダムエリアの生態系回復などの重要な環境プロジェクトの実施を加速させ、全力で自然環境を保護し、地域の生態系回復や汚染防止の堅塁攻略戦にしっかりと取り組んできた。市全体の環境が引き続き改善され、環境安全が有効に保障され、「生態優先、環境に配慮した発展」という理念が重慶発展のテーマとなっている。(重慶=新華社記者/王全超)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019032205581

    「新華社」 雲南省瑞麗、中国·ミャンマー貿易最大の陸路通関都市目指す  10日、空から見た瑞麗市の一部の様子。(小型無人機から)ミャンマーと国境を接する中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州瑞麗市は、中国とミャンマーの貿易で最大の陸路通関ポイントとなっている。人や車、貨物の流れはいずれも雲南省で最も多く、瑞麗税関経由のモノの輸出入は中国・ミャンマー貿易全体の30%前後、雲南省全体の70%前後を占める。1978年に国家一級口岸(通関地)、2010年に国家重点開発開放試験区になった瑞麗では現在、「一帯一路」の一環として、中国・ミャンマー最大の陸路通関都市の建設が進められている。(瑞麗=新華社記者/秦晴)=2019(平成31)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2018121420677

    「新華社」 夜景が織りなす幻想的な美しさにうっとり広西南寧  4日、広西チワン族自治区南寧市の五象新区を彩る幻想的な夜景。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区南寧市は、中国のASEANに向けての開放・協力の最前線で、中国・ASEAN博覧会(CAEXPO)の定例開催地であり、広西北部湾経済区の中核都市でもある。また、「中国の緑城(緑の都)」と呼ばれ、2007年には国連のハビタット(国連人間居住計画)賞を受賞し、「全国文明都市」にも選ばれている。夜のとばりが降り灯りがともり始める頃、町のネオンがきらびやかに輝きだし、同自治区の区都を彩る幻想的な光景は、人々を魅了してやまない。(南寧=新華社記者/黄孝邦)=2018(平成30)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2018121420645

    「新華社」 夜景が織りなす幻想的な美しさにうっとり広西南寧  4日、広西チワン族自治区南寧市を彩る美しい夜景。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区南寧市は、中国のASEANに向けての開放・協力の最前線で、中国・ASEAN博覧会(CAEXPO)の定例開催地であり、広西北部湾経済区の中核都市でもある。また、「中国の緑城(緑の都)」と呼ばれ、2007年には国連のハビタット(国連人間居住計画)賞を受賞し、「全国文明都市」にも選ばれている。夜のとばりが降り灯りがともり始める頃、町のネオンがきらびやかに輝きだし、同自治区の区都を彩る幻想的な光景は、人々を魅了してやまない。(南寧=新華社記者/周華)=2018(平成30)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2018121420692

    「新華社」 夜景が織りなす幻想的な美しさにうっとり広西南寧  広西チワン族自治区南寧市の五象大橋とその周辺を彩る夜景。(11月29日、小型無人機から)中国広西チワン族自治区南寧市は、中国のASEANに向けての開放・協力の最前線で、中国・ASEAN博覧会(CAEXPO)の定例開催地であり、広西北部湾経済区の中核都市でもある。また、「中国の緑城(緑の都)」と呼ばれ、2007年には国連のハビタット(国連人間居住計画)賞を受賞し、「全国文明都市」にも選ばれている。夜のとばりが降り灯りがともり始める頃、町のネオンがきらびやかに輝きだし、同自治区の区都を彩る幻想的な光景は、人々を魅了してやまない。(南寧=新華社記者/周華)=2018(平成30)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2018110117743

    「新華社」 観光に依拠した特色ある町づくりで発展を推進河北省石家荘  27日、石家荘市鹿泉(ろくせん)区の徳明古鎮の夜景。(小型無人機から)中国河北省石家荘市は近年、観光施設と生活設備を整備し、生態観光(エコツーリズム)やレジャーリゾートを主力とした特色ある町(特色小鎮)を建設。歴史的遺跡、革命的遺跡、文化物語など人的・文化的資源をよりどころに、文化財保護と周辺環境の建設を強化し、文化的要素や美しい生態環境を有した文化観光の町を打ち立てた。観光に依拠した町の経済は、農村の発展を後押しし、現地の農民に富につながる道を提供した。(石家荘=新華社配信/張暁峰)=2018(平成30)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2018110117722

    「新華社」 観光に依拠した特色ある町づくりで発展を推進河北省石家荘  26日、空から見た石家荘市平山(へいざん)県西柏坡(せいはくは)文旅小鎮。(小型無人機から)。中国河北省石家荘市は近年、観光施設と生活設備を整備し、生態観光(エコツーリズム)やレジャーリゾートを主力とした特色ある町(特色小鎮)を建設。歴史的遺跡、革命的遺跡、文化物語など人的・文化的資源をよりどころに、文化財保護と周辺環境の建設を強化し、文化的要素や美しい生態環境を有した文化観光の町を打ち立てた。観光に依拠した町の経済は、農村の発展を後押しし、現地の農民に富につながる道を提供した。(石家荘=新華社配信/梁子棟)=2018(平成30)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2018100600363

    「新華社」 世界一高い送電鉄塔、頂上部の据え付け完了  1日、上空から見た頂上部の据え付け工事が完了した高さ380メートルの金塘島送電鉄塔とその頂上部で作業する作業員。(小型無人機から)中国浙江省舟山500キロボルト送電・変電プロジェクトで、高さ380メートルの金塘島送電鉄塔の最終段の吊り上げ・据え付け作業が1日、完了した。これは、同プロジェクト西堠門(せいこうもん)大横断の高さ380メートルの金塘島鉄塔と冊子島鉄塔の組み立てが完了し、頂上部の据え付けがつつがなく終了したことを示している。浙江省送変電工程公司によると、同省の舟山500キロボルト送電・変電プロジェクトは、舟山本島と内陸の送電網を結び、そのうちの西堠門大横断で金塘と冊子2島に中国が自主設計・建造した380メートルの海洋横断送電高塔2基を建設し、投資総額は46億2千万元(1元=約17円)に達し、送電鉄塔の高さ、総重量、基礎整備、頂上部の大きさなどにおいて世界記録を樹立した。プロジェクト完了後の送電容量は200万キロワットに達し、舟山国家石油備蓄基地や浙江石油化工有限公司の4千万トン(年間)石油精製一体化プロジェクトなど一連の重点プロジェクトにエネルギーを提供するとしている。(舟山=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2018100600328

    「新華社」 世界一高い送電鉄塔、頂上部の据え付け完了  1日、上空から見た頂上部の据え付け工事が完了した高さ380メートルの金塘島送電鉄塔とその頂上部で作業する作業員。(小型無人機から)中国浙江省舟山500キロボルト送電・変電プロジェクトで、高さ380メートルの金塘島送電鉄塔の最終段の吊り上げ・据え付け作業が1日、完了した。これは、同プロジェクト西堠門(せいこうもん)大横断の高さ380メートルの金塘島鉄塔と冊子島鉄塔の組み立てが完了し、頂上部の据え付けがつつがなく終了したことを示している。浙江省送変電工程公司によると、同省の舟山500キロボルト送電・変電プロジェクトは、舟山本島と内陸の送電網を結び、そのうちの西堠門大横断で金塘と冊子2島に中国が自主設計・建造した380メートルの海洋横断送電高塔2基を建設し、投資総額は46億2千万元(1元=約17円)に達し、送電鉄塔の高さ、総重量、基礎整備、頂上部の大きさなどにおいて世界記録を樹立した。プロジェクト完了後の送電容量は200万キロワットに達し、舟山国家石油備蓄基地や浙江石油化工有限公司の4千万トン(年間)石油精製一体化プロジェクトなど一連の重点プロジェクトにエネルギーを提供するとしている。(舟山=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2018100600378

    「新華社」 世界一高い送電鉄塔、頂上部の据え付け完了  1日、上空から見た頂上部の据え付け工事が完了した高さ380メートルの金塘島送電鉄塔とその頂上部で作業する作業員。(小型無人機から)中国浙江省舟山500キロボルト送電・変電プロジェクトで、高さ380メートルの金塘島送電鉄塔の最終段の吊り上げ・据え付け作業が1日、完了した。これは、同プロジェクト西堠門(せいこうもん)大横断の高さ380メートルの金塘島鉄塔と冊子島鉄塔の組み立てが完了し、頂上部の据え付けがつつがなく終了したことを示している。浙江省送変電工程公司によると、同省の舟山500キロボルト送電・変電プロジェクトは、舟山本島と内陸の送電網を結び、そのうちの西堠門大横断で金塘と冊子2島に中国が自主設計・建造した380メートルの海洋横断送電高塔2基を建設し、投資総額は46億2千万元(1元=約17円)に達し、送電鉄塔の高さ、総重量、基礎整備、頂上部の大きさなどにおいて世界記録を樹立した。プロジェクト完了後の送電容量は200万キロワットに達し、舟山国家石油備蓄基地や浙江石油化工有限公司の4千万トン(年間)石油精製一体化プロジェクトなど一連の重点プロジェクトにエネルギーを提供するとしている。(舟山=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2018100600342

    「新華社」 世界一高い送電鉄塔、頂上部の据え付け完了  1日、上空から見た頂上部の据え付け工事が完了した高さ380メートルの金塘島送電鉄塔とその頂上部で作業する作業員。(小型無人機から)中国浙江省舟山500キロボルト送電・変電プロジェクトで、高さ380メートルの金塘島送電鉄塔の最終段の吊り上げ・据え付け作業が1日、完了した。これは、同プロジェクト西堠門(せいこうもん)大横断の高さ380メートルの金塘島鉄塔と冊子島鉄塔の組み立てが完了し、頂上部の据え付けがつつがなく終了したことを示している。浙江省送変電工程公司によると、同省の舟山500キロボルト送電・変電プロジェクトは、舟山本島と内陸の送電網を結び、そのうちの西堠門大横断で金塘と冊子2島に中国が自主設計・建造した380メートルの海洋横断送電高塔2基を建設し、投資総額は46億2千万元(1元=約17円)に達し、送電鉄塔の高さ、総重量、基礎整備、頂上部の大きさなどにおいて世界記録を樹立した。プロジェクト完了後の送電容量は200万キロワットに達し、舟山国家石油備蓄基地や浙江石油化工有限公司の4千万トン(年間)石油精製一体化プロジェクトなど一連の重点プロジェクトにエネルギーを提供するとしている。(舟山=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2018100600365

    「新華社」 世界一高い送電鉄塔、頂上部の据え付け完了  1日、上空から見た頂上部の据え付け工事が完了した高さ380メートルの金塘島送電鉄塔とその頂上部で作業する作業員。(小型無人機から)中国浙江省舟山500キロボルト送電・変電プロジェクトで、高さ380メートルの金塘島送電鉄塔の最終段の吊り上げ・据え付け作業が1日、完了した。これは、同プロジェクト西堠門(せいこうもん)大横断の高さ380メートルの金塘島鉄塔と冊子島鉄塔の組み立てが完了し、頂上部の据え付けがつつがなく終了したことを示している。浙江省送変電工程公司によると、同省の舟山500キロボルト送電・変電プロジェクトは、舟山本島と内陸の送電網を結び、そのうちの西堠門大横断で金塘と冊子2島に中国が自主設計・建造した380メートルの海洋横断送電高塔2基を建設し、投資総額は46億2千万元(1元=約17円)に達し、送電鉄塔の高さ、総重量、基礎整備、頂上部の大きさなどにおいて世界記録を樹立した。プロジェクト完了後の送電容量は200万キロワットに達し、舟山国家石油備蓄基地や浙江石油化工有限公司の4千万トン(年間)石油精製一体化プロジェクトなど一連の重点プロジェクトにエネルギーを提供するとしている。(舟山=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2018100120733

    「新華社」 空から見た海岸都市広西チワン族自治区北海市  27日、広西チワン族自治区北海市の北海大道と北京路が交わる交差点。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区北海市は1984年に対外開放した中国の初の沿海開放都市の一つで、古代海上シルクロードの出発点の一つでもある。「一帯一路」構想と地理的優位性を生かし、北海市は開放、革新の発展の道を歩んでいる。(北海=新華社記者/張愛林)=2018(平成30)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2018100120543

    「新華社」 空から見た海岸都市広西チワン族自治区北海市  27日、広西チワン族自治区北海市の北部湾広場。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区北海市は1984年に対外開放した中国の初の沿海開放都市の一つで、古代海上シルクロードの出発点の一つでもある。「一帯一路」構想と地理的優位性を生かし、北海市は開放、革新の発展の道を歩んでいる。(北海=新華社記者/周華)=2018(平成30)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2018100120584

    「新華社」 空から見た海岸都市広西チワン族自治区北海市  26日、夕日が沈む中、北海市銀灘景勝地から出航する漁船。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区北海市は1984年に対外開放した中国の初の沿海開放都市の一つで、古代海上シルクロードの出発点の一つでもある。「一帯一路」構想と地理的優位性を生かし、北海市は開放、革新の発展の道を歩んでいる。(北海=新華社記者/李鑫)=2018(平成30)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2018100120815

    「新華社」 空から見た海岸都市広西チワン族自治区北海市  26日、広西チワン族自治区北海市の星島湖。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区北海市は1984年に対外開放した中国の初の沿海開放都市の一つで、古代海上シルクロードの出発点の一つでもある。「一帯一路」構想と地理的優位性を生かし、北海市は開放、革新の発展の道を歩んでいる。(北海=新華社記者/張愛林)=2018(平成30)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2018100120839

    「新華社」 空から見た海岸都市広西チワン族自治区北海市  26日、広西チワン族自治区北海市のハイテク創業パーク。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区北海市は1984年に対外開放した中国の初の沿海開放都市の一つで、古代海上シルクロードの出発点の一つでもある。「一帯一路」構想と地理的優位性を生かし、北海市は開放、革新の発展の道を歩んでいる。(北海=新華社記者/陸波岸)=2018(平成30)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2018100120706

    「新華社」 空から見た海岸都市広西チワン族自治区北海市  26日、広西チワン族自治区北海市僑港鎮の電建漁港。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区北海市は1984年に対外開放した中国の初の沿海開放都市の一つで、古代海上シルクロードの出発点の一つでもある。「一帯一路」構想と地理的優位性を生かし、北海市は開放、革新の発展の道を歩んでいる。(北海=新華社記者/黄孝邦)=2018(平成30)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2018100120613

    「新華社」 空から見た海岸都市広西チワン族自治区北海市  26日、広西チワン族自治区北海市の鉄山港。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区北海市は1984年に対外開放した中国の初の沿海開放都市の一つで、古代海上シルクロードの出発点の一つでもある。「一帯一路」構想と地理的優位性を生かし、北海市は開放、革新の発展の道を歩んでいる。(北海=新華社記者/陸波岸)=2018(平成30)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2018100120618

    「新華社」 空から見た海岸都市広西チワン族自治区北海市  26日、広西チワン族自治区北海市僑港鎮の電建漁港。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区北海市は1984年に対外開放した中国の初の沿海開放都市の一つで、古代海上シルクロードの出発点の一つでもある。「一帯一路」構想と地理的優位性を生かし、北海市は開放、革新の発展の道を歩んでいる。(北海=新華社記者/陸波岸)=2018(平成30)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2018100120841

    「新華社」 空から見た海岸都市広西チワン族自治区北海市  26日、広西チワン族自治区北海市の海景大道沿いの景色。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区北海市は1984年に対外開放した中国の初の沿海開放都市の一つで、古代海上シルクロードの出発点の一つでもある。「一帯一路」構想と地理的優位性を生かし、北海市は開放、革新の発展の道を歩んでいる。(北海=新華社記者/李鑫)=2018(平成30)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2018100120816

    「新華社」 空から見た海岸都市広西チワン族自治区北海市  26日、広西チワン族自治区北海市の園博園。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区北海市は1984年に対外開放した中国の初の沿海開放都市の一つで、古代海上シルクロードの出発点の一つでもある。「一帯一路」構想と地理的優位性を生かし、北海市は開放、革新の発展の道を歩んでいる。(北海=新華社記者/李鑫)=2018(平成30)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2018100120558

    「新華社」 空から見た海岸都市広西チワン族自治区北海市  25日、広西チワン族自治区北海市銀海区の冠頭嶺。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区北海市は1984年に対外開放した中国の初の沿海開放都市の一つで、古代海上シルクロードの出発点の一つでもある。「一帯一路」構想と地理的優位性を生かし、北海市は開放、革新の発展の道を歩んでいる。(北海=新華社記者/周華)=2018(平成30)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2018100120677

    「新華社」 空から見た海岸都市広西チワン族自治区北海市  25日、夕日に照らされる広西チワン族自治区北海市の街並み。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区北海市は1984年に対外開放した中国の初の沿海開放都市の一つで、古代海上シルクロードの出発点の一つでもある。「一帯一路」構想と地理的優位性を生かし、北海市は開放、革新の発展の道を歩んでいる。(北海=新華社記者/黄孝邦)=2018(平成30)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2018100120604

    「新華社」 空から見た海岸都市広西チワン族自治区北海市  25日、広西チワン族自治区北海市の金海湾マングローブ生態観光エリア。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区北海市は1984年に対外開放した中国の初の沿海開放都市の一つで、古代海上シルクロードの出発点の一つでもある。「一帯一路」構想と地理的優位性を生かし、北海市は開放、革新の発展の道を歩んでいる。(北海=新華社記者/李鑫)=2018(平成30)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2018092120278

    「新華社」 国連世界地理情報大会会場が正式オープン浙江徳清  18日、美しくライトアップされた国連世界地理情報大会の会場。(小型無人機から)中国浙江省徳清(とくせい)県の国連世界地理情報大会会場が19日、正式にオープンした。国連が主催し、中国自然資源部と浙江省人民政府が共同運営する国連世界地理情報大会が、11月19~21日に浙江省徳清県で開催される。テーマは「空間青写真を共に描く美しい世界を共に築く」。(徳清=新華社記者/翁忻暘)=2018(平成30)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2018092120445

    「新華社」 国連世界地理情報大会会場が正式オープン浙江徳清  18日、空から見た国連世界地理情報大会のメイン会場。(小型無人機から)中国浙江省徳清(とくせい)県の国連世界地理情報大会会場が19日、正式にオープンした。国連が主催し、中国自然資源部と浙江省人民政府が共同運営する国連世界地理情報大会が、11月19~21日に浙江省徳清県で開催される。テーマは「空間青写真を共に描く美しい世界を共に築く」。(徳清=新華社記者/翁忻暘)=2018(平成30)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2018101818579

    「新華社」 橋に見る中国の不屈の精神貴州省の高原で  貴州省の貴陽市と甕安(おうあん)県を結ぶ高速道路に架かる清水河大橋。(8月27日、小型無人機から)同橋の主径間は1130メートルで、世界最大のプレートガーダー構造の補剛桁つり橋。中国の橋を見れば世界の橋が分かり、貴州の橋を見れば中国の橋が分かる。中国で唯一平原のない省、貴州省のカルスト台地には2万本以上の橋が架けられ、数十もの「世界一」を生み出してきた。世界の高い橋100本のうち46本は貴州省にある。改革開放から40年、数世代にわたる建設者たちが「橋の精神」を形成、数が多く種類が豊富、また技術が複雑で高難度の「橋の博物館」を作り上げてきた。奇跡の背後には中国の人々の不屈の精神が映し出されている。(貴陽=新華社記者/劉続)=2018(平成30)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2018081301773

    「新華社」 古運河沿いの三湾湿地公園江蘇省揚州市  10日、上空から見た三湾湿地公園。(小型無人機から)三湾湿地公園は中国江蘇省の揚州古運河の三湾区間に位置し、敷地面積は約1520ムー(約101・84ヘクタール)。同公園は現有の湿地資源を基礎とし、グリーンな生態技術を生かし、多層保護システムを構築、原生態湿地保護と観光レジャーの融合を実現した。三湾湿地公園は2017年にオープンして以来、すでに揚州市南部エリアの新「名刺」になっている。(揚州=新華社記者/金立旺)=2018(平成30)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2018081301764

    「新華社」 古運河沿いの三湾湿地公園江蘇省揚州市  10日、上空から見た三湾湿地公園内の「都市書斎」。(小型無人機から)三湾湿地公園は中国江蘇省の揚州古運河の三湾区間に位置し、敷地面積は約1520ムー(約101・84ヘクタール)。同公園は現有の湿地資源を基礎とし、グリーンな生態技術を生かし、多層保護システムを構築、原生態湿地保護と観光レジャーの融合を実現した。三湾湿地公園は2017年にオープンして以来、すでに揚州市南部エリアの新「名刺」になっている。(揚州=新華社記者/金立旺)=2018(平成30)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2018080700059

    「新華社」 チベット自治区の新名所高原の「竜王の谷」ルラン  2日、ニンティ市ルラン鎮の「ルラン国際観光小鎮」。(小型無人機から)中国チベット自治区ニンティ(林芝)市巴宜区ルラン(魯朗)鎮にある「ルラン国際観光小鎮」は、広東省とチベット自治区が共同で作り上げた、美しい自然の風景と多彩な民俗文化、優れたインフラがそろうリゾート地。2016年10月の中国の国慶節(建国記念日)を祝う大型連休に合わせてオープンし、早くもチベット観光の欠かせない目的地になっている。ルランはチベット語で「竜王の谷」の意。標高3300メートルで川藏公路(四川省成都とチベット自治区ラサ間の自動車道)近くに位置し、「東方のスイス」と称されている。小鎮は自然の風景を最大限に生かし、既存の山や河川、村落との融合を図るように設計され、新たに作られた各エリアは自然の景観とバランスが取れており、山水画のような絶景を目にすることができる。(ニンティ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2018080700134

    「新華社」 チベット自治区の新名所高原の「竜王の谷」ルラン  2日、山を覆う雲がかかるニンティ市ルラン鎮。(小型無人機から)中国チベット自治区ニンティ(林芝)市巴宜区ルラン(魯朗)鎮にある「ルラン国際観光小鎮」は、広東省とチベット自治区が共同で作り上げた、美しい自然の風景と多彩な民俗文化、優れたインフラがそろうリゾート地。2016年10月の中国の国慶節(建国記念日)を祝う大型連休に合わせてオープンし、早くもチベット観光の欠かせない目的地になっている。ルランはチベット語で「竜王の谷」の意。標高3300メートルで川藏公路(四川省成都とチベット自治区ラサ間の自動車道)近くに位置し、「東方のスイス」と称されている。小鎮は自然の風景を最大限に生かし、既存の山や河川、村落との融合を図るように設計され、新たに作られた各エリアは自然の景観とバランスが取れており、山水画のような絶景を目にすることができる。(ニンティ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2018052400362

    「新華社」 空から望む貴安新区貴州省  22日、貴安新区のハイエンド設備製造業産業パーク。(小型無人機で撮影)中国で8番目の国家級新区、貴州省貴陽市の貴安新区は「西部地域の重要な成長拠点」「内陸開放型経済の新領域」「生態文明モデル区」という三大戦略を支える位置づけにある。新華社ではこのほど、小型無人機で同地区の発展と変化を記録した。(貴陽=新華社記者/欧東衢)=2018(平成30)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2018040400774

    「新華社」 春潮が岸を打ち、無数の船が行く-海南特区改革開放30年の記録  2018年3月23日、ボアオ・アジアフォーラムの永久開催地の夜景。(ドローンで撮影)中国海南省では4月、木綿花が開花し、ブーゲンビリアが一斉に咲き誇る。南中国海の海辺を無数の船舶が航行し、改革開放の波のうねりはとどまることを知らない。中国最大の経済特区である海南経済特区は30年前、情勢に合わせ誕生した。30年の間、海南省は試行を重ね、改革開放のため歴史に残る数多くの探索の痕跡を刻んだ。広い大海原を帆船は流されることなくまっすぐ進み、春潮が湧く。新たな歴史のスタート地点に立ち「而立」の海南特区は再出発し、困難や障害を乗り越えて突き進み、全力を尽くし誰よりも先に成功をおさめる。(海口=新華社記者/楊冠宇)=2018(平成30)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2017121600119

    国内14年ぶりスキー場新設  オープンしたスキー場「峰山高原リゾート ホワイトピーク」=16日午前、兵庫県神河町(共同通信社ヘリから)

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像