検索結果 5,749 件中 1 件 〜 50
  1. 2020021104282

    氷塊で海面が「雪原」に  「流氷接岸初日」を迎えた北海道網走で、海面を覆う流氷をかき分けるように進む観光砕氷船=11日午後1時(共同通信社ヘリから)

  2. 2020021104283

    氷塊で海面が「雪原」に  「流氷接岸初日」を迎えた北海道網走で、海面を覆う流氷をかき分けるように進む観光砕氷船=11日午後1時(共同通信社ヘリから)

  3. 2020021104303

    氷塊で海面「雪原」に  流氷に覆われた海面を進む観光砕氷船=11日午後0時58分、北海道・網走沖(共同通信社ヘリから)

  4. 2020021104302

    氷塊で海面「雪原」に  流氷に覆われた海面をかき分けるように進む観光砕氷船=11日午後1時5分、北海道・網走沖(共同通信社ヘリから)

  5. 2020021001571

    河津桜まつり始まる  静岡県河津町で暖冬の影響などで早くも見頃を迎えた「河津桜」。川沿いの桜並木には大勢の花見客が訪れた=10日午前(小型無人機から)

  6. 2020020510419

    「表層深層」新型肺炎 社交場、対策に限界  停泊していた横浜港から太平洋上へ向かうクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」=5日午後(共同通信社ヘリから)

  7. 2020020404617

    連絡なく眠れぬ夜  横浜港の大黒ふ頭沖に停泊するクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」のデッキに出てきた人たち=4日午後4時6分(共同通信社ヘリから)

  8. 2020020200553

    都心ルート運用へ実機確認  羽田新ルートの飛行確認のため、都心上空を飛行する航空機(中央左)。右奥は東京スカイツリー=2日午後(共同通信社ヘリから)

  9. 2020020200480

    都心ルート運用へ実機確認  羽田新ルートの飛行確認のため、都心上空を飛行する航空機。右奥は東京スカイツリー=2日午後(共同通信社ヘリから)

  10. 2020012426396

    「備え 巨大地震」 小笠原諸島―九州に大津波  宮崎市の大淀川河口付近=2019年12月(共同通信社ヘリから)

  11. 2020012001092

    「新華社」 西安城壁新春灯会開催陝西省  17日、きらびやかな明かりがともった西安城壁新春灯会。(小型無人機から)中国陝西省西安市で17日夜、第33回西安城壁新春灯会(ランタンフェスティバル)が正式に開幕した。今回の灯会では全てのランタンにLEDランプを使用することで消費電力を約80%節約し、一層の環境保護につなげている。城壁新春灯会は1984年からこれまでに計32回開催され、西安市の文化観光イベントとしてよく知られている。(西安=新華社記者/梁愛平)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2020012001094

    「新華社」 西安城壁新春灯会開催陝西省  17日、きらびやかな明かりがともった西安城壁新春灯会。(小型無人機から)中国陝西省西安市で17日夜、第33回西安城壁新春灯会(ランタンフェスティバル)が正式に開幕した。今回の灯会では全てのランタンにLEDランプを使用することで消費電力を約80%節約し、一層の環境保護につなげている。城壁新春灯会は1984年からこれまでに計32回開催され、西安市の文化観光イベントとしてよく知られている。(西安=新華社記者/梁愛平)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2020012001178

    「新華社」 西安城壁新春灯会開催陝西省  17日、きらびやかな明かりがともった西安城壁新春灯会。(小型無人機から)中国陝西省西安市で17日夜、第33回西安城壁新春灯会(ランタンフェスティバル)が正式に開幕した。今回の灯会では全てのランタンにLEDランプを使用することで消費電力を約80%節約し、一層の環境保護につなげている。城壁新春灯会は1984年からこれまでに計32回開催され、西安市の文化観光イベントとしてよく知られている。(西安=新華社記者/梁愛平)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2020011603150

    「新華社」 遼寧省盤錦市で氷雪の上を闊歩する大会開催  12日、大衆5キロ体験部に参加した屋外スポーツ愛好家。(小型無人機から)2020中国最北海岸線結氷地横断チャレンジ大会が12日、遼寧省盤錦市紅海灘国家風景回廊で開幕した。大会は専門部と大衆5キロ体験部の2コースに分けて行われ、うち大衆5キロ体験部には3千人余りの屋外スポーツ愛好家が参加した。(盤錦=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2020011603167

    「新華社」 遼寧省盤錦市で氷雪の上を闊歩する大会開催  12日、氷の上を歩く大衆5キロ体験部の参加者ら。(小型無人機から)2020中国最北海岸線結氷地横断チャレンジ大会が12日、遼寧省盤錦市紅海灘国家風景回廊で開幕した。大会は専門部と大衆5キロ体験部の2コースに分けて行われ、うち大衆5キロ体験部には3千人余りの屋外スポーツ愛好家が参加した。(盤錦=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2020011603175

    「新華社」 遼寧省盤錦市で氷雪の上を闊歩する大会開催  12日、氷の上を歩く大衆5キロ体験部の参加者ら。(小型無人機から)2020中国最北海岸線結氷地横断チャレンジ大会が12日、遼寧省盤錦市紅海灘国家風景回廊で開幕した。大会は専門部と大衆5キロ体験部の2コースに分けて行われ、うち大衆5キロ体験部には3千人余りの屋外スポーツ愛好家が参加した。(盤錦=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2020011603147

    「新華社」 遼寧省盤錦市で氷雪の上を闊歩する大会開催  12日、氷の上を歩く大衆5キロ体験部の参加者ら。(小型無人機から)2020中国最北海岸線結氷地横断チャレンジ大会が12日、遼寧省盤錦市紅海灘国家風景回廊で開幕した。大会は専門部と大衆5キロ体験部の2コースに分けて行われ、うち大衆5キロ体験部には3千人余りの屋外スポーツ愛好家が参加した。(盤錦=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2020011603226

    「新華社」 遼寧省盤錦市で氷雪の上を闊歩する大会開催  12日、氷の上を歩く大衆5キロ体験部の参加者ら。(小型無人機から)2020中国最北海岸線結氷地横断チャレンジ大会が12日、遼寧省盤錦市紅海灘国家風景回廊で開幕した。大会は専門部と大衆5キロ体験部の2コースに分けて行われ、うち大衆5キロ体験部には3千人余りの屋外スポーツ愛好家が参加した。(盤錦=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2020011603164

    「新華社」 豆腐作りに刺しゅう-移転した貧困農家の新たな暮らし湖南省  9日、吉首市寨陽郷坪朗村にある「易地扶貧搬遷」によって建てられた住宅の全景。(小型無人機から)中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首(きっしゅ)市矮寨鎮坪朗村では2017年から「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策を指す)による住宅の建設および投入使用が始まり、矮寨鎮の辺鄙な貧困村・寨(集落)4カ所で、国務院貧困扶助弁公室貧困扶助システムに登録された貧困家庭35世帯の135人が住宅に入居し、貧困から脱却した人の割合は100%に達した。移転した家庭が再び貧困状態に陥るのを防ぐため、地元政府は移住者のためにトレーニングを行い、農家楽(アグリツーリズム)、坪朗豆腐、ミャオ族刺繍などの産業と効果的なマッチングを実施するとともに、民族文化と観光資源を融合させることで、民俗情緒あふれるツアーを打ち出している。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2020011603423

    「新華社」 優雅な冬の使者、オオハクチョウの群れが飛来山東省栄成市  9日、栄成大天鵝国家級自然保護区で撮影したオオハクチョウの群れ。(小型無人機から)中国山東省栄成市には毎年10月から翌年3月にかけて、数千羽のオオハクチョウがシベリアなどから越冬のために次々と飛来する。同市は近年、オオハクチョウの生息地の環境を保護するため、湿地生態系の質的向上に取り組み続けてきた。今では中国におけるオオハクチョウの重要な越冬地および生息地となり、人と自然が調和的に共存する都市生態系を作り出している。(済南=新華社記者/侯東濤)=2020(令和2)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2020011603447

    「新華社」 優雅な冬の使者、オオハクチョウの群れが飛来山東省栄成市  9日、栄成大天鵝国家級自然保護区で撮影したオオハクチョウの群れ。(小型無人機から)中国山東省栄成市には毎年10月から翌年3月にかけて、数千羽のオオハクチョウがシベリアなどから越冬のために次々と飛来する。同市は近年、オオハクチョウの生息地の環境を保護するため、湿地生態系の質的向上に取り組み続けてきた。今では中国におけるオオハクチョウの重要な越冬地および生息地となり、人と自然が調和的に共存する都市生態系を作り出している。(済南=新華社記者/侯東濤)=2020(令和2)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2020011005716

    「新華社」 冬晴れの雪景色山東省済南市  8日、降雪後に霧が立ち込めた済南市の五竜潭。(小型無人機から)中国山東省済南市では8日、雪がやみ、積もった雪と青空が鮮やかなコントラストを描いた。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2020011005735

    「新華社」 冬晴れの雪景色山東省済南市  8日、降雪後に霧が立ち込めた済南市の五竜潭。(小型無人機から)中国山東省済南市では8日、雪がやみ、積もった雪と青空が鮮やかなコントラストを描いた。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2020011005776

    「新華社」 中国南極科学観測隊、コスモノート海の総合観測を完了  7日、雪竜2号の船尾で最後の底生生物用トロール網を回収する観測隊員。(小型無人機から)中国第36次南極科学観測隊は北京時間8日午前1時、さまざまな海洋生物が入った大型トロール網を深さ1200メートル余りの海底から極地調査砕氷船「雪竜2号」の甲板に引き上げ、コスモノート海での総合科学観測を無事終えた。(雪竜2号=新華社記者/劉詩平)=2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2020011603208

    「新華社」 豆腐作りに刺しゅう-移転した貧困農家の新たな暮らし湖南省  7日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首市矮寨鎮の坪朗村。(小型無人機から)中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首(きっしゅ)市矮寨鎮坪朗村では2017年から「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策を指す)による住宅の建設および投入使用が始まり、矮寨鎮の辺鄙な貧困村・寨(集落)4カ所で、国務院貧困扶助弁公室貧困扶助システムに登録された貧困家庭35世帯の135人が住宅に入居し、貧困から脱却した人の割合は100%に達した。移転した家庭が再び貧困状態に陥るのを防ぐため、地元政府は移住者のためにトレーニングを行い、農家楽(アグリツーリズム)、坪朗豆腐、ミャオ族刺繍などの産業と効果的なマッチングを実施するとともに、民族文化と観光資源を融合させることで、民俗情緒あふれるツアーを打ち出している。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2020011005775

    「新華社」 中国南極科学観測隊、コスモノート海の総合観測を完了  6日、雪竜2号の船尾で魚類用トロール網を回収する観測隊員。(小型無人機から)中国第36次南極科学観測隊は北京時間8日午前1時、さまざまな海洋生物が入った大型トロール網を深さ1200メートル余りの海底から極地調査砕氷船「雪竜2号」の甲板に引き上げ、コスモノート海での総合科学観測を無事終えた。(雪竜2号=新華社記者/劉詩平)=2020(令和2)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2020010700312

    「新華社」 中国、コスモノート海で海洋生態系調査を初めて実施  5日、時系列式堆積物捕獲器を搭載した潜水ブイを設置する科学観測隊員。(小型無人機から)中国第36次南極科学観測隊の隊員が5日、南大洋コスモノート海で初めて大型トロール網を使った底生生物調査を実施した。調査は中国が同海で初めて実施している海洋生態系調査の重要な構成要素となっており、他には海洋浮遊生物や遊泳生物、鳥類、哺乳類などの調査が含まれる。(雪竜2号=新華社記者/劉詩平)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019123100100

    定点・空撮資料   徳島県阿南市の橘湾火力発電所=2019年10月5日(共同通信社機から)

  29. 2019123100098

    定点・空撮資料   徳島県阿南市の橘湾火力発電所=2019年10月5日、(共同通信社機から)

  30. 2020010602173

    「新華社」 恵み豊かな査干湖で冬の漁吉林省松原市  28日に行われた査干湖第18回氷雪漁猟文化観光祭開幕式。(小型無人機から)中国吉林省松原市前ゴルロス・モンゴル族自治県で28日、凍結した査干(さかん)湖を会場とする査干湖第18回氷雪漁猟文化観光祭が開幕した。同湖は漁産資源が豊富で、地元で暮らす漁民たちは「中国北部最後の漁猟集落」と称される。(松原=新華社記者/張楠)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2020010602144

    「新華社」 恵み豊かな査干湖で冬の漁吉林省松原市  28日に行われた査干湖第18回氷雪漁猟文化観光祭開幕式。(小型無人機から)中国吉林省松原市前ゴルロス・モンゴル族自治県で28日、凍結した査干(さかん)湖を会場とする査干湖第18回氷雪漁猟文化観光祭が開幕した。同湖は漁産資源が豊富で、地元で暮らす漁民たちは「中国北部最後の漁猟集落」と称される。(松原=新華社記者/張楠)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2020010602183

    「新華社」 恵み豊かな査干湖で冬の漁吉林省松原市  27日、査干湖の漁場で魚を買い求める人たち。(小型無人機から)中国吉林省松原市前ゴルロス・モンゴル族自治県で28日、凍結した査干(さかん)湖を会場とする査干湖第18回氷雪漁猟文化観光祭が開幕した。同湖は漁産資源が豊富で、地元で暮らす漁民たちは「中国北部最後の漁猟集落」と称される。(松原=新華社記者/張楠)=2019(令和元)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2020010602130

    「新華社」 恵み豊かな査干湖で冬の漁吉林省松原市  27日、査干湖の漁場で魚を買い求める人たち。(小型無人機から)中国吉林省松原市前ゴルロス・モンゴル族自治県で28日、凍結した査干(さかん)湖を会場とする査干湖第18回氷雪漁猟文化観光祭が開幕した。同湖は漁産資源が豊富で、地元で暮らす漁民たちは「中国北部最後の漁猟集落」と称される。(松原=新華社記者/張楠)=2019(令和元)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2020010901724

    「新華社」 「雪竜2号」、南極で貴重な魚類サンプルを採集  26日、「雪竜2号」の船尾でトロール網を引き上げる科学観測隊員(小型無人機から)。中国第36次南極科学観測隊の隊員を乗せた極地調査砕氷船「雪竜2号」が26日、南大洋コスモノート海でトローリングによるサンプル採集を実施し、水深1100メートルに近い水域で貴重な魚類のサンプルを入手した。(雪竜2号=新華社記者/劉詩平)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019122401599

    「新華社」 南極海で出会った動物たち「雪竜2号」  19日、南極海を航行する「雪竜2号」(上、小型無人機から撮影)。流氷の上から「雪竜2号」を眺めるペンギンの群れ。(組み合わせ写真)中国第36次南極科学観測隊の隊員を乗せた極地調査砕氷船「雪竜2号」が19日午後、南極海(東経59・27度、南緯64・27度)を航行時、アザラシ、ペンギン、海鳥の群れに出会った。(雪竜2号=新華社記者/劉詩平)=2019(令和元)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2020011005778

    「新華社」 中国南極科学観測隊、コスモノート海の総合観測を完了  雪竜2号のムーンプール(開口部)を使用し、CTD(電気伝導度水温水深計)の採水作業を行う観測隊員。(2019年12月16日撮影、小型無人機から)中国第36次南極科学観測隊は北京時間8日午前1時、さまざまな海洋生物が入った大型トロール網を深さ1200メートル余りの海底から極地調査砕氷船「雪竜2号」の甲板に引き上げ、コスモノート海での総合科学観測を無事終えた。(雪竜2号=新華社記者/劉詩平)=2019(令和元)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019121803890

    「新華社」 冬のフルンボイル草原を訪ねて内モンゴル自治区  15日、陳バルグ旗の草原に広がる冬景色。(小型無人機から)冬に入り、中国内モンゴル自治区北東部に広がるフルンボイル草原は雪に覆われ、一面の銀世界となっている。(フルンボイル=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019121702462

    「新華社」 吉林省吉林市に霧氷出現輝く冬景色  14日、霧氷が輝く霧凇島の景色。(小型無人機から)中国吉林省吉林市の霧凇島景勝区ではここ数日、霧氷が現われ、一面に輝く冬景色が広がった。(吉林=新華社記者/張豪夫)=2019(令和元)年12月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019121302126

    辺野古、土砂投入から1年  米軍普天間飛行場の移設先として、埋め立てが進む沖縄県名護市辺野古の沿岸部。14日で土砂投入を始めて1年となる=13日午後(小型無人機から)

  40. 2019121302125

    辺野古、土砂投入から1年  米軍普天間飛行場の移設先として、埋め立てが進む沖縄県名護市辺野古の沿岸部。14日で土砂投入を始めて1年となる=12日(小型無人機から)

  41. 2019121302101

    辺野古、土砂投入から1年  土砂投入が始まった翌日の昨年12月15日(上)と、今月13日の沖縄県名護市辺野古の沿岸部(小型無人機から)

  42. 2019121302100

    辺野古、土砂投入から1年  土砂投入直前の昨年12月14日(上)と、今月13日の沖縄県名護市辺野古の沿岸部(小型無人機から)

  43. 2019121302099

    辺野古土砂投入から1年  14日で土砂投入が開始されて1年となる沖縄県名護市辺野古の沿岸部。右は軟弱地盤の存在が判明した海域=10日(共同通信社機から)

  44. 2019121302098

    辺野古土砂投入から1年  14日で土砂投入が開始されて1年となる沖縄県名護市辺野古の沿岸部。右は軟弱地盤の存在が判明した海域=10日(共同通信社機から)

  45. 2019121302097

    辺野古土砂投入から1年  14日で土砂投入が開始されて1年となる沖縄県名護市辺野古の沿岸部。右奥は軟弱地盤の存在が判明した海域=10日(共同通信社機から)

  46. 2019121302071

    辺野古、土砂投入から1年  米軍普天間飛行場の移設先として、埋め立てが進む沖縄県名護市辺野古の沿岸部。14日で土砂投入を始めて1年となる=13日(小型無人機から)

  47. 2019121302070

    辺野古、土砂投入から1年  米軍普天間飛行場の移設先として、埋め立てが進む沖縄県名護市辺野古の沿岸部。14日で土砂投入を始めて1年となる=13日午後(小型無人機から)

  48. 2019121302069

    辺野古、土砂投入から1年  米軍普天間飛行場の移設先として、埋め立てが進む沖縄県名護市辺野古の沿岸部。14日で土砂投入を始めて1年となる=13日午後(小型無人機から)

  49. 2019121302068

    辺野古、土砂投入から1年  米軍普天間飛行場の移設先として、埋め立てが進む沖縄県名護市辺野古の沿岸部。14日で土砂投入を始めて1年となる=13日午後(小型無人機から)

  50. 2019121600819

    「新華社」 渇水期を迎えた長江中下流域河床や砂州が露出  13日、水位が下がり露出した長江武漢流域の天興洲北部の砂州。(小型無人機から)中国の長江は渇水期を迎え、中下流の湖北省武漢流域では水位の著しい低下により、広い範囲で河床や砂州が姿を現し、独特の景観を作り出している。同省水文局の観測データによると、13日午前8時時点で、同省漢口流域の水位は13・8メートルまで低下している。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2019(令和元)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像