検索結果 1,421 件中 1 件 〜 50
  1. 2019081507655

    「日刊工業新聞」 サムスン日本研究所の外観  日本政府が「ホワイト国」から韓国を除外する政令改正を閣議決定。日本政府による韓国への輸出規制の強化によって主要製品に対して影響が懸念される、サムスン日本研究所=2019(令和元)年8月2日、横浜市鶴見区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  2. 2019062625819

    「新華社」 第8回アジア製油・石油化学科学技術大会開催中国は世界第2位の製油大国に江蘇省連雲港市  大会開催地の江蘇省連雲港市徐圩新区にある江蘇盛虹石化産業パーク。(資料写真)中国江蘇省連雲港市の徐圩(じょう)新区で18日、2019第8回アジア製油・石油化学科学技術大会が開催された。関係者および専門家は、中国の石油精製能力が大幅に向上し、世界第2位になったと語った。(南京=新華社配信/江蘇盛虹集団提供)=撮影日不明、クレジット:江蘇盛虹集団/新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019061205542

    「新華社」 ニュース背景:キルギス共和国  5日、キルギスの首都ビシケクにあるフィルハーモニー・コンサートホール。キルギス共和国(通称、キルギス)は中央アジア北東部に位置する内陸国で、国土面積は19万9900平方キロ、人口は640万人。北と北東はカザフスタン、南はタジキスタン、南西はウズベキスタン、南東と東は中国と接している。(ビシケク=新華社配信/ロマン)=2019(令和元)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019061205549

    「新華社」 ニュース背景:キルギス共和国  5日、キルギスの首都ビシケクの市庁舎。キルギス共和国(通称、キルギス)は中央アジア北東部に位置する内陸国で、国土面積は19万9900平方キロ、人口は640万人。北と北東はカザフスタン、南はタジキスタン、南西はウズベキスタン、南東と東は中国と接している。(ビシケク=新華社配信/ロマン)=2019(令和元)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019071707059

    「新華社」 霧島酒造、焼酎かす発電で循環型経済を目指す  霧島酒造志比田増設工場。(5月30日撮影)九州の宮崎県にある霧島酒造は百年余りの歴史を持つ日本最大の焼酎メーカーで「黒霧島」や「白霧島」などのブランドで知られる。工場では日々の製造過程で大量の「焼酎かす」が発生する。同社はそれをバイオマス発電に利用し、循環型経済の発展に向けたモデルを提示している。(東京=新華社記者/馬曹冉)=2019(令和元)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019071707044

    「新華社」 霧島酒造、焼酎かす発電で循環型経済を目指す  霧島酒造の焼酎粕リサイクルプラント。(5月30日撮影)九州の宮崎県にある霧島酒造は百年余りの歴史を持つ日本最大の焼酎メーカーで「黒霧島」や「白霧島」などのブランドで知られる。工場では日々の製造過程で大量の「焼酎かす」が発生する。同社はそれをバイオマス発電に利用し、循環型経済の発展に向けたモデルを提示している。(東京=新華社記者/馬曹冉)=2019(令和元)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019051900224

    中部電力浜岡原発・資料  中部電力浜岡原発。左下から1号機、2号機、3号機、4号機、5号機=2019年5月12日、静岡県御前崎市(共同通信社ヘリから)

  8. 2019052200068

    「新華社」 内モンゴル園緑豊かな庭園に広がる「北疆」絵巻北京園芸博  13日に撮影した内モンゴル園の外観。「壮大で美しい北疆(ほっきょう、北部の辺境地区)絵巻」をテーマとする内モンゴル園の敷地面積は2480平方メートル。同園の設計・建設を請け負った内蒙古蒙草生態環境(集団)が「生態優先とグリーン発展」の観点から、内モンゴルの西から東まで2400キロにおよぶ森林や広大な砂漠、壮大な草原・河川および渓谷・湿地の自然の景観を「縮小」して再現した。(北京=新華社記者/魏夢佳)=2019(令和元)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  9. 2019061300667

    「新華社」 ニュース背景:タジキスタン共和国  タジキスタンの首都ドゥシャンベの西に位置するギサール城。(4月14日撮影)タジキスタン共和国は中央アジア南東部に位置する内陸国で、東は中国、南はアフガニスタン、西はウズベキスタン、北はキルギスと国境を接している。国土面積は14万3100平方キロメートルで、国内は山が多く、山地面積は国土の約93%を占めることから「山岳国」とも呼ばれている。首都はドゥシャンベ。(ドゥシャンベ=新華社記者/白雪騏)=2019(平成31)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019061300675

    「新華社」 ニュース背景:タジキスタン共和国  タジキスタンの首都ドゥシャンベにある国立博物館。(4月13日撮影)タジキスタン共和国は中央アジア南東部に位置する内陸国で、東は中国、南はアフガニスタン、西はウズベキスタン、北はキルギスと国境を接している。国土面積は14万3100平方キロメートルで、国内は山が多く、山地面積は国土の約93%を占めることから「山岳国」とも呼ばれている。首都はドゥシャンベ。(ドゥシャンベ=新華社記者/白雪騏)=2019(平成31)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019030605517

    「新華社」 ロシアの大型油田、バンコール油田を訪ねて  2月28日、ロシア・クラスノヤルスク地方にあるバンコール油田。(航空写真)ロシアの国営石油会社、ロスネフチの子会社が経営、採掘を行っているバンコール油田は、石油と天然ガスコンデンセートの可採埋蔵量が4億8千万トンあり、年間生産量は2千万トンに達する。同油田は2009年から、東シベリア・太平洋石油パイプライン(ESPO)を通して中国に石油を輸出しており、現在ではESPOを通して中国に石油を輸出している主要な油田の一つとなっている。(モスクワ=新華社記者/白雪騏)=2019(平成31)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019012403040

    「沖縄タイムス」 オリオンビール  オリオンビール名護工場オリオンビール本社=2019(平成31)年1月23日、午後5時すぎ、沖縄県名護市、クレジット:沖縄タイムス/共同通信イメージズ

  13. 2018120506209

    「新華社」 農村から都市部まで空から見た広西百色市  11月27日、空から見た広西チワン族自治区の百色水利中枢プロジェクトが実施されたダム。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区百色(ひゃくしょく)市は雲南省、貴州省、同自治区の境界に位置し、12県・市・区を管轄下に置く都市で、総面積は約3万6300平方キロメートル、総人口は410万人余りに及ぶ。同市は現在、すでに同自治区の新たな工業基地、重要なアルミ工業基地、「紅色観光」(中国共産党ゆかりの革命史跡を巡る観光)および重要な「南菜北運(南から北に野菜や畜産品を運ぶ流通ルート)」基地となっている。(百色=新華社記者/周華)=2018(平成30)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019030106992

    「新華社」 中国、ポタラ宮の文献の保護と利用に今後10年で3億元投入  チベット自治区のポタラ宮。(2018年11月15日撮影、小型無人機から)中国は2019年から10年間で計3億元(1元=約17円)の特別資金を投入し、チベット自治区にあるポタラ宮の古文書や文献の保護と利用に関する過去最大規模の特別プロジェクトを展開する。ポタラ宮管理処がこのほど明らかにした。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2018110517106

    「新華社」 11月1日からポタラ宮の入場料無料に、チベット自治区ラサ  1日、朝焼けに美しく輝くポタラ宮。中国チベット自治区では、同地への冬季観光誘客を促進するため、2018年11月1日から2019年3月15日まで、ポタラ宮を無料で観光客に開放する優遇政策を実施する。その間、観光客は身分証明書で当日の無料入場券を受け取ることができるという。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2018100503864

    気象庁・資料  気象庁本庁=2018年8月1日、東京都千代田区

  17. 2018100503815

    気象庁・資料  気象庁本庁=2018年8月1日、東京都千代田区

  18. 2018100503772

    気象庁・資料  気象庁本庁=2018年8月1日、東京都千代田区

  19. 2018092517402

    「新華社」 湖底の落星墩古跡が姿を現す江西省  22日、江西省の鄱陽湖にある落星墩古跡。(小型無人機から)中国江西省にある鄱陽湖ではこのところ、渇水期の水位低下に伴い、廬山水域の湖底にある落星墩(らくせいとん)古跡(小さな島に歴史的建造物が建てられている)が姿を現している。(九江=新華社配信/韓俊烜)=2018(平成30)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2018092120278

    「新華社」 国連世界地理情報大会会場が正式オープン浙江徳清  18日、美しくライトアップされた国連世界地理情報大会の会場。(小型無人機から)中国浙江省徳清(とくせい)県の国連世界地理情報大会会場が19日、正式にオープンした。国連が主催し、中国自然資源部と浙江省人民政府が共同運営する国連世界地理情報大会が、11月19~21日に浙江省徳清県で開催される。テーマは「空間青写真を共に描く美しい世界を共に築く」。(徳清=新華社記者/翁忻暘)=2018(平成30)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2018092120445

    「新華社」 国連世界地理情報大会会場が正式オープン浙江徳清  18日、空から見た国連世界地理情報大会のメイン会場。(小型無人機から)中国浙江省徳清(とくせい)県の国連世界地理情報大会会場が19日、正式にオープンした。国連が主催し、中国自然資源部と浙江省人民政府が共同運営する国連世界地理情報大会が、11月19~21日に浙江省徳清県で開催される。テーマは「空間青写真を共に描く美しい世界を共に築く」。(徳清=新華社記者/翁忻暘)=2018(平成30)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2018091816657

    「新華社」 極東ロシアの都市ユジノサハリンスクを訪ねて  ロシア・ユジノサハリンスクにたたずむサハリン州郷土史博物館。ユジノサハリンスクはロシア連邦極東連邦管区サハリン州の州都で、サハリン島の南部に位置する。サハリン島はロシア最大の島で、面積は約7・64万平方キロメートル、人口は約50万人。島には森林、石油、天然ガス、石炭および非鉄金属資源などが豊富に埋蔵している。サハリン島と一部の周辺島嶼で構成するロシアの地方行政区画の一つがサハリン州だ。(ユジノサハリンスク=新華社記者/白雪騏)=2018(平成30)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2018082715259

    「新華社」 自然が広がる古代の辺境の町山西省広霊県  24日、山の斜面にある広霊県の聖泉寺。(小型無人機から)第1回国家グリーンエネルギーモデル県に指定された中国山西省大同市広霊(こうれい)県は、県政府所在地である壺泉(こせん)鎮周辺の広大な湿地や、長い歴史を持つ北斉(ほくせい、550年-577年)長城などの美しい風景が、訪れた多くの観光客を魅了している。(広霊=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2018082000946

    「新華社」「ジャカルタ・アジア大会」 空から見たアジア大会のメインスタジアム  16日、明かりが灯され、美しく輝くブンカルノ競技場。第18回アジア競技大会は18日夜、インドネシアの首都ジャカルタのブンカルノ競技場で開会式を行い、アジア最大のスポーツの祭典が幕開けする。(ジャカルタ=新華社記者/杜宇)=2018(平成30)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2018081600318

    「新華社」 勒通古鎮、歴史と文化の魅力を発信四川省理塘県  13日、ダライ・ラマ七世の生誕地とされる勒通古鎮の仁康古屋。中国四川省カンゼ・チベット族自治州理塘県はここ数年、旧市街の整理を行い、ダライ・ラマ七世(1708~1757年)の生誕地とされる「仁康古屋」や康巴(カンパ)チベット族の文化が色濃く残る「仁康古街」、チベット族の大型住居建築群「千戸藏寨」などを勒通古鎮として整備し、同県の歴史や文化の魅力を集中的にアピールしている。古鎮開発では、既存の自然景観や郷村の特色をできるだけ破壊しないよう保護と開発の双方に重きを置き、観光による貧困扶助や周辺地域への波及効果を発揮させるという計画のもと、「街の中に景観があり景観の中に街がある」という高原地域の街と景観の一体化を実現させた。(理塘=新華社記者/江宏景)=2018(平成30)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2018081400422

    「新華社」 「古建築」と「古村落」の保護を強化福建省莆田市  10日、福建省莆田市涵江区蘿苜田にある、1930年代に建てられた商業施設「東方廿五坎」。莆田市は中国福建省の「歴史文化名城」の一つである。同市はこの数年、特色ある村を合理的に計画し、人々の住環境を改善し、「古建築」と「古村落」の調査・洗い出し、保護、継承を重視し、都市の文化的基盤を絶えず固め、文化的品位を向上させている。(莆田=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2018080201359

    鳥取県知事が正式容認  中国電力島根原発3号機(手前)=松江市

  28. 2018073000329

    「新華社」 中国産100京級スパコン「天河3号」プロトタイプの開発完了  26日に撮影した天津市浜海新区傘下の開発区にある国家スパコン天津センター。中国天津市の浜海新区傘下の開発区にある国家スパコン天津センターによると、中国が独自開発する次世代の100京級スパコン「天河3号」のプロトタイプはこのほど、開発を終え順調に項目別検証に合格した。同プロトタイプは中国が独自開発した3種類の高性能エバリュエーションチップとコミュニケーションチップを採用。プロトタイプを基に「天河3号」は2020年に完成する見込み。(天津=新華社記者/毛振華)=2018(平成30)年7月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2018081400339

    「新華社」 砂漠ツアーで経済活性化を推進内モンゴル·クブチ砂漠  7月14日、響沙灣風景区にある蓮花酒店(ホテル)。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区オルドス高原の北側、黄河の南岸に位置するクブチ(庫布其)砂漠は現在、響沙灣、銀肯塔拉、恩格貝、七星湖といった砂漠周辺の観光地を開発し、国内の砂漠ツアーで最も豊富な観光商品や幅広い顧客層を持つ砂漠地帯の産業クラスターとなっている。統計によると、ここ10年、クブチ砂漠を特色とする生態観光地を訪れた観光客は延べ1200万人に達し、24億6千万元(1元=約16円)の収入を得たという。砂漠ツアーは今では現地の農牧民に富をもたらすための主要な手段の一つになっており、オルドス市の経済の高品質な発展を促進する力強いけん引力でもある。(フフホト=新華社記者/彭源)=2018(平成30)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2018060200382

    「ルポ」新潟県知事選 原発再稼働に賛否交錯  新潟県の東京電力柏崎刈羽原発6号機(右)と7号機

  31. 2018051800682

    「新華社」 世界遺産の土楼で村民の富裕化実現福建省竜岩市湖坑鎮  4日、無人機を使って上空からに撮影した「土楼王」として知られる承啓楼。中国福建省竜岩市永定区の南東部にある湖坑鎮は、世界文化遺産に登録された福建(永定)土楼がある重要な郷・鎮(町村に相当)であり、国家5A級(最高ランク)観光地の福建土楼永定景勝地の中心地に当たる。さまざまな形態の単体の土楼が350棟あるほか、古代の趣ある雄大な洪坑土楼群や南渓土楼群もあり、「土楼の里」として知られる。湖坑鎮の党委員会と政府は近年、世界文化遺産となった土楼を拠り所とし、「観光を発展させ、環境を保護し、農家の増収を実現する」との目標を掲げ、現地の村民による農村エコツーリズムを積極的に推進し、都会の人々が休日に農家や森の家で過ごす「農家楽」や「森林人家」などの第3次産業の発展を促進し、生態保護と農民の貧困脱却を実現する田舎活性化に乗り出している。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2018051800705

    「新華社」 世界遺産の土楼で村民の富裕化実現福建省竜岩市湖坑鎮  4日、「土楼王」として知られる承啓楼に入ろうとしている観光団。中国福建省竜岩市永定区の南東部にある湖坑鎮は、世界文化遺産に登録された福建(永定)土楼がある重要な郷・鎮(町村に相当)であり、国家5A級(最高ランク)観光地の福建土楼永定景勝地の中心地に当たる。さまざまな形態の単体の土楼が350棟あるほか、古代の趣ある雄大な洪坑土楼群や南渓土楼群もあり、「土楼の里」として知られる。湖坑鎮の党委員会と政府は近年、世界文化遺産となった土楼を拠り所とし、「観光を発展させ、環境を保護し、農家の増収を実現する」との目標を掲げ、現地の村民による農村エコツーリズムを積極的に推進し、都会の人々が休日に農家や森の家で過ごす「農家楽」や「森林人家」などの第3次産業の発展を促進し、生態保護と農民の貧困脱却を実現する田舎活性化に乗り出している。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2018051800738

    「新華社」 世界遺産の土楼で村民の富裕化実現福建省竜岩市湖坑鎮  4日に撮影した「土楼王子」として知られる振成楼内部の楼長・林日耕氏の家。中国福建省竜岩市永定区の南東部にある湖坑鎮は、世界文化遺産に登録された福建(永定)土楼がある重要な郷・鎮(町村に相当)であり、国家5A級(最高ランク)観光地の福建土楼永定景勝地の中心地に当たる。さまざまな形態の単体の土楼が350棟あるほか、古代の趣ある雄大な洪坑土楼群や南渓土楼群もあり、「土楼の里」として知られる。湖坑鎮の党委員会と政府は近年、世界文化遺産となった土楼を拠り所とし、「観光を発展させ、環境を保護し、農家の増収を実現する」との目標を掲げ、現地の村民による農村エコツーリズムを積極的に推進し、都会の人々が休日に農家や森の家で過ごす「農家楽」や「森林人家」などの第3次産業の発展を促進し、生態保護と農民の貧困脱却を実現する田舎活性化に乗り出している。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2018051800739

    「新華社」 世界遺産の土楼で村民の富裕化実現福建省竜岩市湖坑鎮  4日、無人機を使って上空からに撮影した「土楼王」として知られる承啓楼。中国福建省竜岩市永定区の南東部にある湖坑鎮は、世界文化遺産に登録された福建(永定)土楼がある重要な郷・鎮(町村に相当)であり、国家5A級(最高ランク)観光地の福建土楼永定景勝地の中心地に当たる。さまざまな形態の単体の土楼が350棟あるほか、古代の趣ある雄大な洪坑土楼群や南渓土楼群もあり、「土楼の里」として知られる。湖坑鎮の党委員会と政府は近年、世界文化遺産となった土楼を拠り所とし、「観光を発展させ、環境を保護し、農家の増収を実現する」との目標を掲げ、現地の村民による農村エコツーリズムを積極的に推進し、都会の人々が休日に農家や森の家で過ごす「農家楽」や「森林人家」などの第3次産業の発展を促進し、生態保護と農民の貧困脱却を実現する田舎活性化に乗り出している。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2018051800701

    「新華社」 世界遺産の土楼で村民の富裕化実現福建省竜岩市湖坑鎮  4日に撮影した福建省竜岩市永定区湖坑鎮の洪坑村にある「土楼王子」として知られる振成楼。中国福建省竜岩市永定区の南東部にある湖坑鎮は、世界文化遺産に登録された福建(永定)土楼がある重要な郷・鎮(町村に相当)であり、国家5A級(最高ランク)観光地の福建土楼永定景勝地の中心地に当たる。さまざまな形態の単体の土楼が350棟あるほか、古代の趣ある雄大な洪坑土楼群や南渓土楼群もあり、「土楼の里」として知られる。湖坑鎮の党委員会と政府は近年、世界文化遺産となった土楼を拠り所とし、「観光を発展させ、環境を保護し、農家の増収を実現する」との目標を掲げ、現地の村民による農村エコツーリズムを積極的に推進し、都会の人々が休日に農家や森の家で過ごす「農家楽」や「森林人家」などの第3次産業の発展を促進し、生態保護と農民の貧困脱却を実現する田舎活性化に乗り出している。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2018051800715

    「新華社」 世界遺産の土楼で村民の富裕化実現福建省竜岩市湖坑鎮  4日に撮影した福建省竜岩市永定区湖坑鎮洪坑村の土楼群周辺の村民が営む特産物店と飲食店。中国福建省竜岩市永定区の南東部にある湖坑鎮は、世界文化遺産に登録された福建(永定)土楼がある重要な郷・鎮(町村に相当)であり、国家5A級(最高ランク)観光地の福建土楼永定景勝地の中心地に当たる。さまざまな形態の単体の土楼が350棟あるほか、古代の趣ある雄大な洪坑土楼群や南渓土楼群もあり、「土楼の里」として知られる。湖坑鎮の党委員会と政府は近年、世界文化遺産となった土楼を拠り所とし、「観光を発展させ、環境を保護し、農家の増収を実現する」との目標を掲げ、現地の村民による農村エコツーリズムを積極的に推進し、都会の人々が休日に農家や森の家で過ごす「農家楽」や「森林人家」などの第3次産業の発展を促進し、生態保護と農民の貧困脱却を実現する田舎活性化に乗り出している。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2018051800752

    「新華社」 世界遺産の土楼で村民の富裕化実現福建省竜岩市湖坑鎮  4日に撮影した福建省竜岩市永定区湖坑鎮高頭郷の高北村の航空写真。手前の土楼が「土楼王」として知られる承啓楼。中国福建省竜岩市永定区の南東部にある湖坑鎮は、世界文化遺産に登録された福建(永定)土楼がある重要な郷・鎮(町村に相当)であり、国家5A級(最高ランク)観光地の福建土楼永定景勝地の中心地に当たる。さまざまな形態の単体の土楼が350棟あるほか、古代の趣ある雄大な洪坑土楼群や南渓土楼群もあり、「土楼の里」として知られる。湖坑鎮の党委員会と政府は近年、世界文化遺産となった土楼を拠り所とし、「観光を発展させ、環境を保護し、農家の増収を実現する」との目標を掲げ、現地の村民による農村エコツーリズムを積極的に推進し、都会の人々が休日に農家や森の家で過ごす「農家楽」や「森林人家」などの第3次産業の発展を促進し、生態保護と農民の貧困脱却を実現する田舎活性化に乗り出している。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2018051800686

    「新華社」 世界遺産の土楼で村民の富裕化実現福建省竜岩市湖坑鎮  4日に撮影した福建省竜岩市永定区湖坑鎮の洪坑村の全景。手前が「土楼王子」として知られる振成楼。中国福建省竜岩市永定区の南東部にある湖坑鎮は、世界文化遺産に登録された福建(永定)土楼がある重要な郷・鎮(町村に相当)であり、国家5A級(最高ランク)観光地の福建土楼永定景勝地の中心地に当たる。さまざまな形態の単体の土楼が350棟あるほか、古代の趣ある雄大な洪坑土楼群や南渓土楼群もあり、「土楼の里」として知られる。湖坑鎮の党委員会と政府は近年、世界文化遺産となった土楼を拠り所とし、「観光を発展させ、環境を保護し、農家の増収を実現する」との目標を掲げ、現地の村民による農村エコツーリズムを積極的に推進し、都会の人々が休日に農家や森の家で過ごす「農家楽」や「森林人家」などの第3次産業の発展を促進し、生態保護と農民の貧困脱却を実現する田舎活性化に乗り出している。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2018040700493

    東京電力福島第1原発  東京電力福島第1原発。右から1、2、3、4号機。奥はトリチウム水などが入ったタンク=2018年2月21日

  40. 2018040500558

    東海第2再稼働に資金支援  日本原子力発電の東海第2原発=茨城県東海村

  41. 2018040401166

    東電と東北電が支援意向  日本原子力発電の東海第2原発=茨城県東海村

  42. 2018040400774

    「新華社」 春潮が岸を打ち、無数の船が行く-海南特区改革開放30年の記録  2018年3月23日、ボアオ・アジアフォーラムの永久開催地の夜景。(ドローンで撮影)中国海南省では4月、木綿花が開花し、ブーゲンビリアが一斉に咲き誇る。南中国海の海辺を無数の船舶が航行し、改革開放の波のうねりはとどまることを知らない。中国最大の経済特区である海南経済特区は30年前、情勢に合わせ誕生した。30年の間、海南省は試行を重ね、改革開放のため歴史に残る数多くの探索の痕跡を刻んだ。広い大海原を帆船は流されることなくまっすぐ進み、春潮が湧く。新たな歴史のスタート地点に立ち「而立」の海南特区は再出発し、困難や障害を乗り越えて突き進み、全力を尽くし誰よりも先に成功をおさめる。(海口=新華社記者/楊冠宇)=2018(平成30)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2018032001071

    「新華社」 ラサで降雪うっすら雪化粧  18日、ラサの市街地の美しい雪景色。17日から18日にかけて、中国チベット自治区のラサ市内とその周辺の区・県では降雪となった。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2018(平成30)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2018022800435

    「新華社」 世界種子貯蔵庫の保存サンプル、10年で100万種突破  26日、ノルウェー領スバルバル諸島の世界種子貯蔵庫の入口。ノルウェー北部に位置するスバルバル諸島にある世界種子貯蔵庫は26日、発足10周年記念式典が開かれた。当日新たに7万6千以上の種子のサンプルが加えられ、同貯蔵庫が保存する種子は合計100万種を超えた。(ノルウェー・ロングイェールビーン=新華社記者/梁有昶)=2018(平成30)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2017122700087

    資料 96675 浜岡原発2号機が営業運転  営業運転を始めた中部電力浜岡原子力発電所の2号機(中央)。左向こう側は1号機=1978(昭和53)年11月29日、静岡県小笠郡浜岡町

  46. 2017122700004

    柏崎原発、審査正式合格へ  新潟県の東京電力柏崎刈羽原発の6号機(右)と7号機=9月30日(共同通信社機から)

  47. 2018051800624

    「新華社」 「数々の成果」が花開く「一帯一路」海外事業巡礼記  2017年12月1日、空から撮影したカメルーンのメンヴェレ(Memve‘ele)水力発電ダム。今年は「一帯一路(シルクロード経済ベルトと21世紀海上シルクロード)」国際協力サミットフォーラム開催から1周年を迎える。2017年5月、同フォーラムが北京で成功裏に開催されたことは、「一帯一路」構想の共同構築が理念から行動、計画から実施へと新たな段階に入ったことを示している。「一帯一路」構想が打ち出されてから5年にわたり、中国企業は海外へ次々と進出して国際市場を開拓し、多くのインフラプロジェクトを主宰・実施してきた。ケニアのモンバサ港とナイロビを結ぶ鉄道、ギリシャのピレウス港、中国・パキスタン経済回廊の2大道路といったプロジェクトは、全て秩序よく進められたか、すでに運営が始まっている。今では、「一帯一路」沿線に現れた「数々の成果」のうち、すでに着工している鉄道、道路、港湾、大橋および工業園区(パーク)などのインフラ整備プロジェクトでは、中国の知恵により大地が潤され、あでやかな花が咲き、活力に満ちあふれ、沿線諸国のインフラ環境の改善や同地の経済社会の発展促進に、積極的な役割を果たした。(北京=新華社配信)=2017(平成29)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2017111100227

    伊方原発・資料  四国電力伊方原発=2017年11月6日、愛媛県伊方町(共同通信社ヘリから)

  49. 2017111100207

    伊方原発・資料  四国電力伊方原発。(右上から反時計回りに)1号機、2号機、3号機=2017年11月6日、愛媛県伊方町(共同通信社ヘリから)

  50. 2017111100206

    伊方原発・資料  四国電力伊方原発3号機=2017年11月6日、愛媛県伊方町(共同通信社ヘリから)

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像