検索結果 51 件中 1 件 〜 50 件 "フルンボイル"
  1. 2020022504032

    新型肺炎と闘い、生産を確保する大慶油田  11日、作業中の大慶油田1205掘削チームの隊員。新型コロナウイルスによる肺炎を前にして、中国黒竜江省の大慶(たいけい)油田は感染と闘い生産を確保する最前線に立っており、1月の国内石油・天然ガス生産量は299万石油換算トンで、年間の安定した生産実現の基礎を築いた。生産の第一線の感染対策を強化するために、大慶油田フルンボイル分公司(支社)は、計1千本近い消毒液や手洗い液、100余りの体温計や放射温度計の調達と配布を行った。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020022503984

    新型肺炎と闘い、生産を確保する大慶油田  11日、職場に復帰したスタッフの体温を測る大慶油田生産現場の防疫検査所検査員。新型コロナウイルスによる肺炎を前にして、中国黒竜江省の大慶(たいけい)油田は感染と闘い生産を確保する最前線に立っており、1月の国内石油・天然ガス生産量は299万石油換算トンで、年間の安定した生産実現の基礎を築いた。生産の第一線の感染対策を強化するために、大慶油田フルンボイル分公司(支社)は、計1千本近い消毒液や手洗い液、100余りの体温計や放射温度計の調達と配布を行った。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020022504007

    新型肺炎と闘い、生産を確保する大慶油田  11日、感染と闘いながら、現場で働く大慶油田のスタッフ。新型コロナウイルスによる肺炎を前にして、中国黒竜江省の大慶(たいけい)油田は感染と闘い生産を確保する最前線に立っており、1月の国内石油・天然ガス生産量は299万石油換算トンで、年間の安定した生産実現の基礎を築いた。生産の第一線の感染対策を強化するために、大慶油田フルンボイル分公司(支社)は、計1千本近い消毒液や手洗い液、100余りの体温計や放射温度計の調達と配布を行った。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020022503981

    新型肺炎と闘い、生産を確保する大慶油田  11日、大慶油田が生産現場に設けた防疫検査所。新型コロナウイルスによる肺炎を前にして、中国黒竜江省の大慶(たいけい)油田は感染と闘い生産を確保する最前線に立っており、1月の国内石油・天然ガス生産量は299万石油換算トンで、年間の安定した生産実現の基礎を築いた。生産の第一線の感染対策を強化するために、大慶油田フルンボイル分公司(支社)は、計1千本近い消毒液や手洗い液、100余りの体温計や放射温度計の調達と配布を行った。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2019121803879

    冬のフルンボイル草原を訪ねて内モンゴル自治区  15日、陳バルグ旗の草原で撮影した牛の群れ。冬に入り、中国内モンゴル自治区北東部に広がるフルンボイル草原は雪に覆われ、一面の銀世界となっている。(フルンボイル=新華社配信/貝赫)=2019(令和元)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2019121803890

    冬のフルンボイル草原を訪ねて内モンゴル自治区  15日、陳バルグ旗の草原に広がる冬景色。(小型無人機から)冬に入り、中国内モンゴル自治区北東部に広がるフルンボイル草原は雪に覆われ、一面の銀世界となっている。(フルンボイル=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2019121803884

    冬のフルンボイル草原を訪ねて内モンゴル自治区  15日、陳バルグ旗の草原のかなたに沈む夕日。冬に入り、中国内モンゴル自治区北東部に広がるフルンボイル草原は雪に覆われ、一面の銀世界となっている。(フルンボイル=新華社配信/貝赫)=2019(令和元)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2019121803913

    冬のフルンボイル草原を訪ねて内モンゴル自治区  14日、陳バルグ旗の草原に広がる冬景色。冬に入り、中国内モンゴル自治区北東部に広がるフルンボイル草原は雪に覆われ、一面の銀世界となっている。(フルンボイル=新華社配信/貝赫)=2019(令和元)年12月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2019121803877

    冬のフルンボイル草原を訪ねて内モンゴル自治区  14日、陳バルグ旗の草原に広がる冬景色。冬に入り、中国内モンゴル自治区北東部に広がるフルンボイル草原は雪に覆われ、一面の銀世界となっている。(フルンボイル=新華社配信/貝赫)=2019(令和元)年12月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2019121803900

    冬のフルンボイル草原を訪ねて内モンゴル自治区  14日、陳バルグ旗の草原に広がる冬景色。冬に入り、中国内モンゴル自治区北東部に広がるフルンボイル草原は雪に覆われ、一面の銀世界となっている。(フルンボイル=新華社配信/貝赫)=2019(令和元)年12月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2019121803902

    冬のフルンボイル草原を訪ねて内モンゴル自治区  14日、霧氷に覆われた陳バルグ旗の草原の木々。冬に入り、中国内モンゴル自治区北東部に広がるフルンボイル草原は雪に覆われ、一面の銀世界となっている。(フルンボイル=新華社配信/貝赫)=2019(令和元)年12月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2019121803883

    冬のフルンボイル草原を訪ねて内モンゴル自治区  14日、陳バルグ旗の草原に広がる冬景色。冬に入り、中国内モンゴル自治区北東部に広がるフルンボイル草原は雪に覆われ、一面の銀世界となっている。(フルンボイル=新華社配信/貝赫)=2019(令和元)年12月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2019121702440

    全国冬季スポーツ大会メインスタジアムが完成内モンゴル自治区  10日に撮影した第14回全国冬季スポーツ大会メインスタジアムのアイスホッケー会場。中国内モンゴル自治区で開催される第14回全国冬季スポーツ大会は、来年2月16日の開幕まであと60日余りとなった。同自治区フルンボイル市ハイラル区で建設中のメインスタジアムがこのほど完成した。建築スタイルは、万事めでたく順調に運ぶことを意味する「巻雲」とモンゴル族が歓迎や敬意を示す帯状の絹布「哈達(ハタ)」の二つの要素を強調し、際立った特徴と時代の息吹にあふれている。大会開幕式および全ての氷上競技が、このスタジアムで開催される予定。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2019121702267

    全国冬季スポーツ大会メインスタジアムが完成内モンゴル自治区  10日に撮影した第14回全国冬季スポーツ大会メインスタジアムのアイスホッケー会場。中国内モンゴル自治区で開催される第14回全国冬季スポーツ大会は、来年2月16日の開幕まであと60日余りとなった。同自治区フルンボイル市ハイラル区で建設中のメインスタジアムがこのほど完成した。建築スタイルは、万事めでたく順調に運ぶことを意味する「巻雲」とモンゴル族が歓迎や敬意を示す帯状の絹布「哈達(ハタ)」の二つの要素を強調し、際立った特徴と時代の息吹にあふれている。大会開幕式および全ての氷上競技が、このスタジアムで開催される予定。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2019121702272

    全国冬季スポーツ大会メインスタジアムが完成内モンゴル自治区  10日に撮影した第14回全国冬季スポーツ大会メインスタジアムのスピードスケート会場。中国内モンゴル自治区で開催される第14回全国冬季スポーツ大会は、来年2月16日の開幕まであと60日余りとなった。同自治区フルンボイル市ハイラル区で建設中のメインスタジアムがこのほど完成した。建築スタイルは、万事めでたく順調に運ぶことを意味する「巻雲」とモンゴル族が歓迎や敬意を示す帯状の絹布「哈達(ハタ)」の二つの要素を強調し、際立った特徴と時代の息吹にあふれている。大会開幕式および全ての氷上競技が、このスタジアムで開催される予定。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2019121702274

    全国冬季スポーツ大会メインスタジアムが完成内モンゴル自治区  10日に撮影した第14回全国冬季スポーツ大会メインスタジアムのスピードスケート会場。中国内モンゴル自治区で開催される第14回全国冬季スポーツ大会は、来年2月16日の開幕まであと60日余りとなった。同自治区フルンボイル市ハイラル区で建設中のメインスタジアムがこのほど完成した。建築スタイルは、万事めでたく順調に運ぶことを意味する「巻雲」とモンゴル族が歓迎や敬意を示す帯状の絹布「哈達(ハタ)」の二つの要素を強調し、際立った特徴と時代の息吹にあふれている。大会開幕式および全ての氷上競技が、このスタジアムで開催される予定。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2019121702439

    全国冬季スポーツ大会メインスタジアムが完成内モンゴル自治区  10日に撮影した第14回全国冬季スポーツ大会メインスタジアムのスピードスケート・ショートトラック会場。中国内モンゴル自治区で開催される第14回全国冬季スポーツ大会は、来年2月16日の開幕まであと60日余りとなった。同自治区フルンボイル市ハイラル区で建設中のメインスタジアムがこのほど完成した。建築スタイルは、万事めでたく順調に運ぶことを意味する「巻雲」とモンゴル族が歓迎や敬意を示す帯状の絹布「哈達(ハタ)」の二つの要素を強調し、際立った特徴と時代の息吹にあふれている。大会開幕式および全ての氷上競技が、このスタジアムで開催される予定。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2019121702389

    全国冬季スポーツ大会メインスタジアムが完成内モンゴル自治区  10日、第14回全国冬季スポーツ大会メインスタジアムのスピードスケート・ショートトラック会場。中国内モンゴル自治区で開催される第14回全国冬季スポーツ大会は、来年2月16日の開幕まであと60日余りとなった。同自治区フルンボイル市ハイラル区で建設中のメインスタジアムがこのほど完成した。建築スタイルは、万事めでたく順調に運ぶことを意味する「巻雲」とモンゴル族が歓迎や敬意を示す帯状の絹布「哈達(ハタ)」の二つの要素を強調し、際立った特徴と時代の息吹にあふれている。大会開幕式および全ての氷上競技が、このスタジアムで開催される予定。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2019121702430

    全国冬季スポーツ大会メインスタジアムが完成内モンゴル自治区  10日、第14回全国冬季スポーツ大会メインスタジアムのスピードスケート・ショートトラック会場。中国内モンゴル自治区で開催される第14回全国冬季スポーツ大会は、来年2月16日の開幕まであと60日余りとなった。同自治区フルンボイル市ハイラル区で建設中のメインスタジアムがこのほど完成した。建築スタイルは、万事めでたく順調に運ぶことを意味する「巻雲」とモンゴル族が歓迎や敬意を示す帯状の絹布「哈達(ハタ)」の二つの要素を強調し、際立った特徴と時代の息吹にあふれている。大会開幕式および全ての氷上競技が、このスタジアムで開催される予定。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2019121702421

    全国冬季スポーツ大会メインスタジアムが完成内モンゴル自治区  10日に撮影した第14回全国冬季スポーツ大会メインスタジアムのアイスホッケー会場。中国内モンゴル自治区で開催される第14回全国冬季スポーツ大会は、来年2月16日の開幕まであと60日余りとなった。同自治区フルンボイル市ハイラル区で建設中のメインスタジアムがこのほど完成した。建築スタイルは、万事めでたく順調に運ぶことを意味する「巻雲」とモンゴル族が歓迎や敬意を示す帯状の絹布「哈達(ハタ)」の二つの要素を強調し、際立った特徴と時代の息吹にあふれている。大会開幕式および全ての氷上競技が、このスタジアムで開催される予定。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2019121702376

    全国冬季スポーツ大会メインスタジアムが完成内モンゴル自治区  10日に撮影した第14回全国冬季スポーツ大会メインスタジアムのアイスホッケー会場。中国内モンゴル自治区で開催される第14回全国冬季スポーツ大会は、来年2月16日の開幕まであと60日余りとなった。同自治区フルンボイル市ハイラル区で建設中のメインスタジアムがこのほど完成した。建築スタイルは、万事めでたく順調に運ぶことを意味する「巻雲」とモンゴル族が歓迎や敬意を示す帯状の絹布「哈達(ハタ)」の二つの要素を強調し、際立った特徴と時代の息吹にあふれている。大会開幕式および全ての氷上競技が、このスタジアムで開催される予定。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2019090402312

    悠久の大草原を蛇行する莫日格勒河内モンゴル自治区  8月29日、草原を流れる莫日格勒河。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フルンボイル市陳バルグ旗にある莫日格勒河は、大興安嶺山脈の西麓から発し、フルンボイル草原を流れ、その全長は290キロ以上にも及ぶ。川幅が狭く、曲がりくねった莫日格勒河を空から見ると、フルンボイル草原に舞い落ちたリボンのように見え、その雄大な姿が人々を魅了してやまない。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2019090402345

    悠久の大草原を蛇行する莫日格勒河内モンゴル自治区  8月29日、空から見た莫日格勒河。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フルンボイル市陳バルグ旗にある莫日格勒河は、大興安嶺山脈の西麓から発し、フルンボイル草原を流れ、その全長は290キロ以上にも及ぶ。川幅が狭く、曲がりくねった莫日格勒河を空から見ると、フルンボイル草原に舞い落ちたリボンのように見え、その雄大な姿が人々を魅了してやまない。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2019090402388

    悠久の大草原を蛇行する莫日格勒河内モンゴル自治区  8月29日、莫日格勒河のほとりで餌を探す羊の群れ。中国内モンゴル自治区フルンボイル市陳バルグ旗にある莫日格勒河は、大興安嶺山脈の西麓から発し、フルンボイル草原を流れ、その全長は290キロ以上にも及ぶ。川幅が狭く、曲がりくねった莫日格勒河を空から見ると、フルンボイル草原に舞い落ちたリボンのように見え、その雄大な姿が人々を魅了してやまない。(フルンボイル=新華社記者/李京)=2019(令和元)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2019090402396

    悠久の大草原を蛇行する莫日格勒河内モンゴル自治区  8月29日、空から見た莫日格勒河。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フルンボイル市陳バルグ旗にある莫日格勒河は、大興安嶺山脈の西麓から発し、フルンボイル草原を流れ、その全長は290キロ以上にも及ぶ。川幅が狭く、曲がりくねった莫日格勒河を空から見ると、フルンボイル草原に舞い落ちたリボンのように見え、その雄大な姿が人々を魅了してやまない。(フルンボイル=新華社記者/任軍川)=2019(令和元)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2019090402329

    悠久の大草原を蛇行する莫日格勒河内モンゴル自治区  8月29日、草原を流れる莫日格勒河。中国内モンゴル自治区フルンボイル市陳バルグ旗にある莫日格勒河は、大興安嶺山脈の西麓から発し、フルンボイル草原を流れ、その全長は290キロ以上にも及ぶ。川幅が狭く、曲がりくねった莫日格勒河を空から見ると、フルンボイル草原に舞い落ちたリボンのように見え、その雄大な姿が人々を魅了してやまない。(フルンボイル=新華社記者/李京)=2019(令和元)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2019090402331

    悠久の大草原を蛇行する莫日格勒河内モンゴル自治区  8月29日、草原を流れる莫日格勒河。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フルンボイル市陳バルグ旗にある莫日格勒河は、大興安嶺山脈の西麓から発し、フルンボイル草原を流れ、その全長は290キロ以上にも及ぶ。川幅が狭く、曲がりくねった莫日格勒河を空から見ると、フルンボイル草原に舞い落ちたリボンのように見え、その雄大な姿が人々を魅了してやまない。(フルンボイル=新華社記者/任軍川)=2019(令和元)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2019090402398

    悠久の大草原を蛇行する莫日格勒河内モンゴル自治区  8月29日、草原を流れる莫日格勒河。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フルンボイル市陳バルグ旗にある莫日格勒河は、大興安嶺山脈の西麓から発し、フルンボイル草原を流れ、その全長は290キロ以上にも及ぶ。川幅が狭く、曲がりくねった莫日格勒河を空から見ると、フルンボイル草原に舞い落ちたリボンのように見え、その雄大な姿が人々を魅了してやまない。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2019090402399

    悠久の大草原を蛇行する莫日格勒河内モンゴル自治区  8月29日、莫日格勒河が織りなす雄大な風景。中国内モンゴル自治区フルンボイル市陳バルグ旗にある莫日格勒河は、大興安嶺山脈の西麓から発し、フルンボイル草原を流れ、その全長は290キロ以上にも及ぶ。川幅が狭く、曲がりくねった莫日格勒河を空から見ると、フルンボイル草原に舞い落ちたリボンのように見え、その雄大な姿が人々を魅了してやまない。(フルンボイル=新華社記者/任軍川)=2019(令和元)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2019090402426

    悠久の大草原を蛇行する莫日格勒河内モンゴル自治区  8月29日、夕日に照らされる莫日格勒河。中国内モンゴル自治区フルンボイル市陳バルグ旗にある莫日格勒河は、大興安嶺山脈の西麓から発し、フルンボイル草原を流れ、その全長は290キロ以上にも及ぶ。川幅が狭く、曲がりくねった莫日格勒河を空から見ると、フルンボイル草原に舞い落ちたリボンのように見え、その雄大な姿が人々を魅了してやまない。(フルンボイル=新華社記者/李京)=2019(令和元)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2019090402358

    悠久の大草原を蛇行する莫日格勒河内モンゴル自治区  8月29日、夕日に輝く莫日格勒河。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フルンボイル市陳バルグ旗にある莫日格勒河は、大興安嶺山脈の西麓から発し、フルンボイル草原を流れ、その全長は290キロ以上にも及ぶ。川幅が狭く、曲がりくねった莫日格勒河を空から見ると、フルンボイル草原に舞い落ちたリボンのように見え、その雄大な姿が人々を魅了してやまない。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2019090402379

    悠久の大草原を蛇行する莫日格勒河内モンゴル自治区  8月29日、夕暮れ時の莫日格勒河。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フルンボイル市陳バルグ旗にある莫日格勒河は、大興安嶺山脈の西麓から発し、フルンボイル草原を流れ、その全長は290キロ以上にも及ぶ。川幅が狭く、曲がりくねった莫日格勒河を空から見ると、フルンボイル草原に舞い落ちたリボンのように見え、その雄大な姿が人々を魅了してやまない。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2019090402383

    悠久の大草原を蛇行する莫日格勒河内モンゴル自治区  8月29日、空から見た莫日格勒河。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フルンボイル市陳バルグ旗にある莫日格勒河は、大興安嶺山脈の西麓から発し、フルンボイル草原を流れ、その全長は290キロ以上にも及ぶ。川幅が狭く、曲がりくねった莫日格勒河を空から見ると、フルンボイル草原に舞い落ちたリボンのように見え、その雄大な姿が人々を魅了してやまない。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2019090402392

    悠久の大草原を蛇行する莫日格勒河内モンゴル自治区  8月29日、莫日格勒河が織りなす雄大な風景。中国内モンゴル自治区フルンボイル市陳バルグ旗にある莫日格勒河は、大興安嶺山脈の西麓から発し、フルンボイル草原を流れ、その全長は290キロ以上にも及ぶ。川幅が狭く、曲がりくねった莫日格勒河を空から見ると、フルンボイル草原に舞い落ちたリボンのように見え、その雄大な姿が人々を魅了してやまない。(フルンボイル=新華社記者/李京)=2019(令和元)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2019090402401

    悠久の大草原を蛇行する莫日格勒河内モンゴル自治区  8月29日、草原を流れる莫日格勒河。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フルンボイル市陳バルグ旗にある莫日格勒河は、大興安嶺山脈の西麓から発し、フルンボイル草原を流れ、その全長は290キロ以上にも及ぶ。川幅が狭く、曲がりくねった莫日格勒河を空から見ると、フルンボイル草原に舞い落ちたリボンのように見え、その雄大な姿が人々を魅了してやまない。(フルンボイル=新華社記者/任軍川)=2019(令和元)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2019090402408

    悠久の大草原を蛇行する莫日格勒河内モンゴル自治区  8月29日、空から見た莫日格勒河。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フルンボイル市陳バルグ旗にある莫日格勒河は、大興安嶺山脈の西麓から発し、フルンボイル草原を流れ、その全長は290キロ以上にも及ぶ。川幅が狭く、曲がりくねった莫日格勒河を空から見ると、フルンボイル草原に舞い落ちたリボンのように見え、その雄大な姿が人々を魅了してやまない。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2019121702373

    全国冬季スポーツ大会メインスタジアムが完成内モンゴル自治区  第14回全国冬季スポーツ大会のメインスタジアム。(8月27日撮影)中国内モンゴル自治区で開催される第14回全国冬季スポーツ大会は、来年2月16日の開幕まであと60日あまりとなった。同自治区フルンボイル市ハイラル区で建設中のメインスタジアムがこのほど完成した。建築スタイルは、万事めでたく順調に運ぶことを意味する「巻雲」とモンゴル族が歓迎や敬意を示す帯状の絹布「哈達(ハタ)」の二つの要素を強調し、際立った特徴と時代の息吹にあふれている。大会開幕式および全ての氷上競技が、このスタジアムで開催される予定。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2019011517013

    国境の安全を守る満洲里税関内モンゴル自治区満洲里  10日、入国審査を行う満洲里税関の職員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市に位置する満洲里は、中国最大の陸路口岸(通関地点)都市の一つとして知られている。この地の冬は寒くて長く、日中の最低気温は常にマイナス30度ほどで、最も寒い時期にはマイナス40度を下回る。このような寒さの厳しい辺境で、満洲里税関の職員たちは国境の安全を守り、ここを通過する旅人の心に温もりを与えている。(満洲里=新華社記者/鄒予)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2019011517292

    国境の安全を守る満洲里税関内モンゴル自治区満洲里  10日、満洲里の公路(道路)口岸で、規定を超えた外貨の持ち込みを摘発し、関連状況について記録する税関職員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市に位置する満洲里は、中国最大の陸路口岸(通関地点)都市の一つとして知られている。この地の冬は寒くて長く、日中の最低気温は常にマイナス30度ほどで、最も寒い時期にはマイナス40度を下回る。このような寒さの厳しい辺境で、満洲里税関の職員たちは国境の安全を守り、ここを通過する旅人の心に温もりを与えている。(満洲里=新華社記者/才揚)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2019011517622

    国境の安全を守る満洲里税関内モンゴル自治区満洲里  10日、夜間にロシアから入国した観光バスを念入りにチェックする満洲里税関の職員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市に位置する満洲里は、中国最大の陸路口岸(通関地点)都市の一つとして知られている。この地の冬は寒くて長く、日中の最低気温は常にマイナス30度ほどで、最も寒い時期にはマイナス40度を下回る。このような寒さの厳しい辺境で、満洲里税関の職員たちは国境の安全を守り、ここを通過する旅人の心に温もりを与えている。(満洲里=新華社記者/鄒予)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2019011517030

    国境の安全を守る満洲里税関内モンゴル自治区満洲里  10日、到着貨物の税関申告書を念入りにチェックする満洲里税関の職員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市に位置する満洲里は、中国最大の陸路口岸(通関地点)都市の一つとして知られている。この地の冬は寒くて長く、日中の最低気温は常にマイナス30度ほどで、最も寒い時期にはマイナス40度を下回る。このような寒さの厳しい辺境で、満洲里税関の職員たちは国境の安全を守り、ここを通過する旅人の心に温もりを与えている。(満洲里=新華社記者/鄒予)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2018102925695

    雪化粧のフルンボイル市内モンゴル自治区  26日、オロチョン自治旗の景勝地で雪景色を楽しむ観光客。中国の大興安嶺(だいこうあんれい)山脈南東のふもとに位置する内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗で26日、積雪がみられ、雪と風の中で見え隠れする原生林が、絵画のような美しさを作り出した。(フルンボイル=新華社配信/侯玉鵬)=2018(平成30)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2018102925572

    雪化粧のフルンボイル市内モンゴル自治区  26日、オロチョン自治旗の景勝地で雪景色を楽しむ観光客。中国の大興安嶺(だいこうあんれい)山脈南東のふもとに位置する内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗で26日、積雪がみられ、雪と風の中で見え隠れする原生林が、絵画のような美しさを作り出した。(フルンボイル=新華社配信/侯玉鵬)=2018(平成30)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2018102925670

    雪化粧のフルンボイル市内モンゴル自治区  26日、オロチョン自治旗の景勝地で雪景色を楽しむ観光客。中国の大興安嶺(だいこうあんれい)山脈南東のふもとに位置する内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗で26日、積雪がみられ、雪と風の中で見え隠れする原生林が、絵画のような美しさを作り出した。(フルンボイル=新華社配信/侯玉鵬)=2018(平成30)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2018102216643

    「丸顔」の猛禽類、カラフトフクロウ内モンゴル自治区  17日、内モンゴル自治区牙克石市ウニル鎮のダフリアカラマツの林で、餌を捕って羽ばたくカラフトフクロウ。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の管轄下にある牙克石(ヤクシ)市でこのほど、中国国家二級重点保護野生動物のカラフトフクロウの姿をカメラが捉えた。カラフトフクロウは頭が丸くて大きく、顔立ちがはっきりした猛禽(もうきん)類で、主に原始針葉樹林や針広混交林に生息する。音を立てずに速いスピードで空を飛び、餌を捕る姿はとても荒々しい。(牙克石=新華社記者/梅永存)=2018(平成30)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2018102216731

    「丸顔」の猛禽類、カラフトフクロウ内モンゴル自治区  17日、内モンゴル自治区牙克石市ウニル鎮のダフリアカラマツの林で、餌を捕って羽ばたこうとするカラフトフクロウ。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の管轄下にある牙克石(ヤクシ)市でこのほど、中国国家二級重点保護野生動物のカラフトフクロウの姿をカメラが捉えた。カラフトフクロウは頭が丸くて大きく、顔立ちがはっきりした猛禽(もうきん)類で、主に原始針葉樹林や針広混交林に生息する。音を立てずに速いスピードで空を飛び、餌を捕る姿はとても荒々しい。(牙克石=新華社記者/梅永存)=2018(平成30)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2018102216736

    「丸顔」の猛禽類、カラフトフクロウ内モンゴル自治区  17日、内モンゴル自治区牙克石市ウニル鎮のダフリアカラマツの林で、餌を捕って羽ばたこうとするカラフトフクロウ。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の管轄下にある牙克石(ヤクシ)市でこのほど、中国国家二級重点保護野生動物のカラフトフクロウの姿をカメラが捉えた。カラフトフクロウは頭が丸くて大きく、顔立ちがはっきりした猛禽(もうきん)類で、主に原始針葉樹林や針広混交林に生息する。音を立てずに速いスピードで空を飛び、餌を捕る姿はとても荒々しい。(牙克石=新華社記者/梅永存)=2018(平成30)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2018102216594

    「丸顔」の猛禽類、カラフトフクロウ内モンゴル自治区  17日、内モンゴル自治区牙克石市ウニル鎮のダフリアカラマツの林で、餌を捕って羽ばたこうとするカラフトフクロウ。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の管轄下にある牙克石(ヤクシ)市でこのほど、中国国家二級重点保護野生動物のカラフトフクロウの姿をカメラが捉えた。カラフトフクロウは頭が丸くて大きく、顔立ちがはっきりした猛禽(もうきん)類で、主に原始針葉樹林や針広混交林に生息する。音を立てずに速いスピードで空を飛び、餌を捕る姿はとても荒々しい。(牙克石=新華社記者/梅永存)=2018(平成30)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2018102216395

    「丸顔」の猛禽類、カラフトフクロウ内モンゴル自治区  17日、内モンゴル自治区牙克石市ウニル鎮のダフリアカラマツの林で、餌を捕って羽ばたこうとするカラフトフクロウ。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の管轄下にある牙克石(ヤクシ)市でこのほど、中国国家二級重点保護野生動物のカラフトフクロウの姿をカメラが捉えた。カラフトフクロウは頭が丸くて大きく、顔立ちがはっきりした猛禽(もうきん)類で、主に原始針葉樹林や針広混交林に生息する。音を立てずに速いスピードで空を飛び、餌を捕る姿はとても荒々しい。(牙克石=新華社記者/梅永存)=2018(平成30)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2018102216668

    「丸顔」の猛禽類、カラフトフクロウ内モンゴル自治区  17日、内モンゴル自治区牙克石市ウニル鎮の興安カラマツの林でカメラが捉えたカラフトフクロウ。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の管轄下にある牙克石(ヤクシ)市でこのほど、中国国家二級重点保護野生動物のカラフトフクロウの姿をカメラが捉えた。カラフトフクロウは頭が丸くて大きく、顔立ちがはっきりした猛禽(もうきん)類で、主に原始針葉樹林や針広混交林に生息する。音を立てずに速いスピードで空を飛び、餌を捕る姿はとても荒々しい。(牙克石=新華社記者/梅永存)=2018(平成30)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像