検索結果 111 件中 1 件 〜 50 件 "貧困脱却"
  1. 2020032313639

    「新華社」 貧困者支援工場が操業再開、貧困脱却を促進甘粛省通渭県  17日、布の裁断作業をする従業員。中国甘粛省定西市通渭(つうい)県の探越(通渭)服装服飾は、ターゲットを絞った貧困者支援活動に積極的に参加し、貧困者の雇用を支援する工場を設立することで、地元の人々の雇用問題を地元で解決している。同工場は従業員約170人に対する安定的な雇用を進めており、そのうち貧困世帯に指定された従業員は約40%を占めている。工場は2月22日から操業・生産再開を加速し、人々の地元での雇用と増収の確保を目指している。(通渭=新華社記者/張文静)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2020032313529

    「新華社」 貧困者支援工場が操業再開、貧困脱却を促進甘粛省通渭県  17日、衣料品の縫製作業をする従業員。中国甘粛省定西市通渭(つうい)県の探越(通渭)服装服飾は、ターゲットを絞った貧困者支援活動に積極的に参加し、貧困者の雇用を支援する工場を設立することで、地元の人々の雇用問題を地元で解決している。同工場は従業員約170人に対する安定的な雇用を進めており、そのうち貧困世帯に指定された従業員は約40%を占めている。工場は2月22日から操業・生産再開を加速し、人々の地元での雇用と増収の確保を目指している。(通渭=新華社記者/張文静)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2020031603661

    「新華社」 交通の改善で「第二の飛躍」を遂げる四川省のチベット族居住地域  四川省アバ・チベット族チャン族自治州小金県沃日鎮木欄村の道路脇に停められた車。(1月9日撮影)四川省のチベット族居住地域は、四川盆地から青海チベット高原にかけて標高が高くなる移行地帯に位置し、この地域の人々の生産生活や運命は、常に交通と密接な関係にある。データによると09年以来、中央政府と省政府が四川省のチベット族居住地域に割り当てた交通建設補助金は1300億元(1元=約15円)を超え、敷設または補修された道路は累計約4万7千キロに達した。19年末までに、同地域ではすべての郷鎮のセメント道路と、すべての建制村(行政区画としての村)の舗装道路が完成した。四川省は2月18日、カンゼ・チベット族自治州とアバ・チベット族チャン族自治州にある、合計16のチベット族居住地域の県が貧困県リストから外れたことを発表した。これにより、すでにリストを抜けた16県と合わせ、全国で2番目に人口が多いチベット族居住地域の全域で、貧困脱却が実現した。巨大な変化を前に、地元の幹部や一般の人々からも、交通の大発展が四川省のチベット族居住地域に「第二の飛躍」をもたらしたと感嘆の声が続々と上がっている。(成都=新華社記者/李夢馨)=2020(令和2)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2020031603731

    「新華社」 交通の改善で「第二の飛躍」を遂げる四川省のチベット族居住地域  四川省アバ・チベット族チャン族自治州小金県沃日鎮木欄村の星空を売りにした民宿。(1月9日撮影)四川省のチベット族居住地域は、四川盆地から青海チベット高原にかけて標高が高くなる移行地帯に位置し、この地域の人々の生産生活や運命は、常に交通と密接な関係にある。データによると09年以来、中央政府と省政府が四川省のチベット族居住地域に割り当てた交通建設補助金は1300億元(1元=約15円)を超え、敷設または補修された道路は累計約4万7千キロに達した。19年末までに、同地域ではすべての郷鎮のセメント道路と、すべての建制村(行政区画としての村)の舗装道路が完成した。四川省は2月18日、カンゼ・チベット族自治州とアバ・チベット族チャン族自治州にある、合計16のチベット族居住地域の県が貧困県リストから外れたことを発表した。これにより、すでにリストを抜けた16県と合わせ、全国で2番目に人口が多いチベット族居住地域の全域で、貧困脱却が実現した。巨大な変化を前に、地元の幹部や一般の人々からも、交通の大発展が四川省のチベット族居住地域に「第二の飛躍」をもたらしたと感嘆の声が続々と上がっている。(成都=新華社記者/李夢馨)=2020(令和2)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2020031603745

    「新華社」 交通の改善で「第二の飛躍」を遂げる四川省のチベット族居住地域  四川省アバ・チベット族チャン族自治州小金県沃日鎮木欄村の共同果樹園でリンゴの木の枝を剪定(せんてい)する村民。(1月9日撮影)四川省のチベット族居住地域は、四川盆地から青海チベット高原にかけて標高が高くなる移行地帯に位置し、この地域の人々の生産生活や運命は、常に交通と密接な関係にある。データによると09年以来、中央政府と省政府が四川省のチベット族居住地域に割り当てた交通建設補助金は1300億元(1元=約15円)を超え、敷設または補修された道路は累計約4万7千キロに達した。19年末までに、同地域ではすべての郷鎮のセメント道路と、すべての建制村(行政区画としての村)の舗装道路が完成した。四川省は2月18日、カンゼ・チベット族自治州とアバ・チベット族チャン族自治州にある、合計16のチベット族居住地域の県が貧困県リストから外れたことを発表した。これにより、すでにリストを抜けた16県と合わせ、全国で2番目に人口が多いチベット族居住地域の全域で、貧困脱却が実現した。巨大な変化を前に、地元の幹部や一般の人々からも、交通の大発展が四川省のチベット族居住地域に「第二の飛躍」をもたらしたと感嘆の声が続々と上がっている。(成都=新華社記者/李夢馨)=2020(令和2)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2020031603757

    「新華社」 交通の改善で「第二の飛躍」を遂げる四川省のチベット族居住地域  四川省アバ・チベット族チャン族自治州小金県沃日鎮木欄村の共同果樹園でリンゴの木の枝を剪定(せんてい)する村民。(1月9日撮影)四川省のチベット族居住地域は、四川盆地から青海チベット高原にかけて標高が高くなる移行地帯に位置し、この地域の人々の生産生活や運命は、常に交通と密接な関係にある。データによると09年以来、中央政府と省政府が四川省のチベット族居住地域に割り当てた交通建設補助金は1300億元(1元=約15円)を超え、敷設または補修された道路は累計約4万7千キロに達した。19年末までに、同地域ではすべての郷鎮のセメント道路と、すべての建制村(行政区画としての村)の舗装道路が完成した。四川省は2月18日、カンゼ・チベット族自治州とアバ・チベット族チャン族自治州にある、合計16のチベット族居住地域の県が貧困県リストから外れたことを発表した。これにより、すでにリストを抜けた16県と合わせ、全国で2番目に人口が多いチベット族居住地域の全域で、貧困脱却が実現した。巨大な変化を前に、地元の幹部や一般の人々からも、交通の大発展が四川省のチベット族居住地域に「第二の飛躍」をもたらしたと感嘆の声が続々と上がっている。(成都=新華社記者/李夢馨)=2020(令和2)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2020031603729

    「新華社」 交通の改善で「第二の飛躍」を遂げる四川省のチベット族居住地域  四川省アバ・チベット族チャン族自治州小金県沃日鎮木欄村の星空を売りにした民宿。(1月9日撮影)四川省のチベット族居住地域は、四川盆地から青海チベット高原にかけて標高が高くなる移行地帯に位置し、この地域の人々の生産生活や運命は、常に交通と密接な関係にある。データによると09年以来、中央政府と省政府が四川省のチベット族居住地域に割り当てた交通建設補助金は1300億元(1元=約15円)を超え、敷設または補修された道路は累計約4万7千キロに達した。19年末までに、同地域ではすべての郷鎮のセメント道路と、すべての建制村(行政区画としての村)の舗装道路が完成した。四川省は2月18日、カンゼ・チベット族自治州とアバ・チベット族チャン族自治州にある、合計16のチベット族居住地域の県が貧困県リストから外れたことを発表した。これにより、すでにリストを抜けた16県と合わせ、全国で2番目に人口が多いチベット族居住地域の全域で、貧困脱却が実現した。巨大な変化を前に、地元の幹部や一般の人々からも、交通の大発展が四川省のチベット族居住地域に「第二の飛躍」をもたらしたと感嘆の声が続々と上がっている。(成都=新華社記者/李夢馨)=2020(令和2)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2020031603692

    「新華社」 交通の改善で「第二の飛躍」を遂げる四川省のチベット族居住地域  四川省アバ・チベット族チャン族自治州小金県沃日鎮木欄村の共同果樹園でリンゴの木の枝を剪定(せんてい)する村民。(1月9日撮影)四川省のチベット族居住地域は、四川盆地から青海チベット高原にかけて標高が高くなる移行地帯に位置し、この地域の人々の生産生活や運命は、常に交通と密接な関係にある。データによると09年以来、中央政府と省政府が四川省のチベット族居住地域に割り当てた交通建設補助金は1300億元(1元=約15円)を超え、敷設または補修された道路は累計約4万7千キロに達した。19年末までに、同地域ではすべての郷鎮のセメント道路と、すべての建制村(行政区画としての村)の舗装道路が完成した。四川省は2月18日、カンゼ・チベット族自治州とアバ・チベット族チャン族自治州にある、合計16のチベット族居住地域の県が貧困県リストから外れたことを発表した。これにより、すでにリストを抜けた16県と合わせ、全国で2番目に人口が多いチベット族居住地域の全域で、貧困脱却が実現した。巨大な変化を前に、地元の幹部や一般の人々からも、交通の大発展が四川省のチベット族居住地域に「第二の飛躍」をもたらしたと感嘆の声が続々と上がっている。(成都=新華社記者/李夢馨)=2020(令和2)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2020011603164

    「新華社」 豆腐作りに刺しゅう-移転した貧困農家の新たな暮らし湖南省  9日、吉首市寨陽郷坪朗村にある「易地扶貧搬遷」によって建てられた住宅の全景。(小型無人機から)中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首(きっしゅ)市矮寨鎮坪朗村では2017年から「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策を指す)による住宅の建設および投入使用が始まり、矮寨鎮の辺鄙な貧困村・寨(集落)4カ所で、国務院貧困扶助弁公室貧困扶助システムに登録された貧困家庭35世帯の135人が住宅に入居し、貧困から脱却した人の割合は100%に達した。移転した家庭が再び貧困状態に陥るのを防ぐため、地元政府は移住者のためにトレーニングを行い、農家楽(アグリツーリズム)、坪朗豆腐、ミャオ族刺繍などの産業と効果的なマッチングを実施するとともに、民族文化と観光資源を融合させることで、民俗情緒あふれるツアーを打ち出している。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2020031603680

    「新華社」 交通の改善で「第二の飛躍」を遂げる四川省のチベット族居住地域  上:2019年6月に撮影した四川省アバ・チベット族チャン族自治州小金県沃日鎮木欄村の道路。下:2020年1月9日に撮影した木欄村の道路。(組み合わせ写真)四川省のチベット族居住地域は、四川盆地から青海チベット高原にかけて標高が高くなる移行地帯に位置し、この地域の人々の生産生活や運命は、常に交通と密接な関係にある。データによると09年以来、中央政府と省政府が四川省のチベット族居住地域に割り当てた交通建設補助金は1300億元(1元=約15円)を超え、敷設または補修された道路は累計約4万7千キロに達した。19年末までに、同地域ではすべての郷鎮のセメント道路と、すべての建制村(行政区画としての村)の舗装道路が完成した。四川省は2月18日、カンゼ・チベット族自治州とアバ・チベット族チャン族自治州にある、合計16のチベット族居住地域の県が貧困県リストから外れたことを発表した。これにより、すでにリストを抜けた16県と合わせ、全国で2番目に人口が多いチベット族居住地域の全域で、貧困脱却が実現した。巨大な変化を前に、地元の幹部や一般の人々からも、交通の大発展が四川省のチベット族居住地域に「第二の飛躍」をもたらしたと感嘆の声が続々と上がっている。(成都=新華社記者/李夢馨)=2020(令和2)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2020031603742

    「新華社」 交通の改善で「第二の飛躍」を遂げる四川省のチベット族居住地域  上:2019年6月に撮影した四川省アバ・チベット族チャン族自治州小金県沃日鎮木欄村の道路。下:2020年1月9日に撮影した木欄村の道路。(組み合わせ写真)四川省のチベット族居住地域は、四川盆地から青海チベット高原にかけて標高が高くなる移行地帯に位置し、この地域の人々の生産生活や運命は、常に交通と密接な関係にある。データによると09年以来、中央政府と省政府が四川省のチベット族居住地域に割り当てた交通建設補助金は1300億元(1元=約15円)を超え、敷設または補修された道路は累計約4万7千キロに達した。19年末までに、同地域ではすべての郷鎮のセメント道路と、すべての建制村(行政区画としての村)の舗装道路が完成した。四川省は2月18日、カンゼ・チベット族自治州とアバ・チベット族チャン族自治州にある、合計16のチベット族居住地域の県が貧困県リストから外れたことを発表した。これにより、すでにリストを抜けた16県と合わせ、全国で2番目に人口が多いチベット族居住地域の全域で、貧困脱却が実現した。巨大な変化を前に、地元の幹部や一般の人々からも、交通の大発展が四川省のチベット族居住地域に「第二の飛躍」をもたらしたと感嘆の声が続々と上がっている。(成都=新華社記者/李夢馨)=2020(令和2)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2020011603208

    「新華社」 豆腐作りに刺しゅう-移転した貧困農家の新たな暮らし湖南省  7日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首市矮寨鎮の坪朗村。(小型無人機から)中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首(きっしゅ)市矮寨鎮坪朗村では2017年から「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策を指す)による住宅の建設および投入使用が始まり、矮寨鎮の辺鄙な貧困村・寨(集落)4カ所で、国務院貧困扶助弁公室貧困扶助システムに登録された貧困家庭35世帯の135人が住宅に入居し、貧困から脱却した人の割合は100%に達した。移転した家庭が再び貧困状態に陥るのを防ぐため、地元政府は移住者のためにトレーニングを行い、農家楽(アグリツーリズム)、坪朗豆腐、ミャオ族刺繍などの産業と効果的なマッチングを実施するとともに、民族文化と観光資源を融合させることで、民俗情緒あふれるツアーを打ち出している。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2020011603202

    「新華社」 豆腐作りに刺しゅう-移転した貧困農家の新たな暮らし湖南省  7日、坪朗村の人がミャオ族刺繍の製品を作っている。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首(きっしゅ)市矮寨鎮坪朗村では2017年から「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策を指す)による住宅の建設および投入使用が始まり、矮寨鎮の辺鄙な貧困村・寨(集落)4カ所で、国務院貧困扶助弁公室貧困扶助システムに登録された貧困家庭35世帯の135人が住宅に入居し、貧困から脱却した人の割合は100%に達した。移転した家庭が再び貧困状態に陥るのを防ぐため、地元政府は移住者のためにトレーニングを行い、農家楽(アグリツーリズム)、坪朗豆腐、ミャオ族刺繍などの産業と効果的なマッチングを実施するとともに、民族文化と観光資源を融合させることで、民俗情緒あふれるツアーを打ち出している。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2020031004282

    「新華社」 ザクロ栽培で貧困脱却河南省淅川県  河南省南陽市淅川県九重鎮張河村に広がる種なしザクロの栽培基地。(2019年12月9日撮影、小型無人機から)貧困脱却の堅塁攻略戦の政策により、中国河南省南陽市淅川(せつせん)県九重鎮張河村は近年、「種なしザクロ(種が極めて軟らかいザクロ)」の栽培産業に取り組むことで、環境保護と地元農家の貧困脱却の両立を実現した。(南陽=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年12月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2020031004284

    「新華社」 ザクロ栽培で貧困脱却河南省淅川県  河南省南陽市淅川県九重鎮張河村に広がる種なしザクロの栽培基地。(2019年12月9日撮影、小型無人機から)貧困脱却の堅塁攻略戦の政策により、中国河南省南陽市淅川(せつせん)県九重鎮張河村は近年、「種なしザクロ(種が極めて軟らかいザクロ)」の栽培産業に取り組むことで、環境保護と地元農家の貧困脱却の両立を実現した。(南陽=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年12月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2020031004349

    「新華社」 ザクロ栽培で貧困脱却河南省淅川県  河南省南陽市淅川県九重鎮張河村に広がる種なしザクロの栽培基地。(2019年12月9日撮影、小型無人機から)貧困脱却の堅塁攻略戦の政策により、中国河南省南陽市淅川(せつせん)県九重鎮張河村は近年、「種なしザクロ(種が極めて軟らかいザクロ)」の栽培産業に取り組むことで、環境保護と地元農家の貧困脱却の両立を実現した。(南陽=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年12月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2020031004330

    「新華社」 ザクロ栽培で貧困脱却河南省淅川県  河南省南陽市淅川県九重鎮張河村に広がる種なしザクロの栽培基地。(2019年12月9日撮影、小型無人機から)貧困脱却の堅塁攻略戦の政策により、中国河南省南陽市淅川(せつせん)県九重鎮張河村は近年、「種なしザクロ(種が極めて軟らかいザクロ)」の栽培産業に取り組むことで、環境保護と地元農家の貧困脱却の両立を実現した。(南陽=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年12月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2020031004305

    「新華社」 ザクロ栽培で貧困脱却河南省淅川県  河南省南陽市淅川県九重鎮張河村に広がる種なしザクロの栽培基地。(2019年11月23日撮影、小型無人機から)貧困脱却の堅塁攻略戦の政策により、中国河南省南陽市淅川(せつせん)県九重鎮張河村は近年、「種なしザクロ(種が極めて軟らかいザクロ)」の栽培産業に取り組むことで、環境保護と地元農家の貧困脱却の両立を実現した。(南陽=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019102104292

    「新華社」 豊かな自然を活かした産業で貧困脱却湖南省常徳市  15日、湖南省常徳市桃源県楊渓橋鎮煌山村で、牛にGPS発信機を取り付ける村民。中国湖南省常徳市桃源県楊渓橋鎮煌山(こうざん)村は、烏雲界国家級自然保護区に位置する。村には百年以上にわたる金採掘の歴史があるが、生態環境保護のため、近年は坑道が閉鎖され樹木の伐採や放牧が一定期間禁止されている。貧困問題を解決するため、同村では地元の美しい環境、豊かな自然を生かし、キウイフルーツの栽培、養蜂、黄牛の繁殖といった産業を積極的に展開することで、村人の収入を大幅に増加させ、貧困救済の道を切り開いている。(常徳=新華社配信/陳思汗)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019102104211

    「新華社」 豊かな自然を活かした産業で貧困脱却湖南省常徳市  15日、湖南省常徳市桃源県楊渓橋鎮煌山村のキウイフルーツモデル基地で、キウイフルーツを摘み取る村民。中国湖南省常徳市桃源県楊渓橋鎮煌山(こうざん)村は、烏雲界国家級自然保護区に位置する。村には百年以上にわたる金採掘の歴史があるが、生態環境保護のため、近年は坑道が閉鎖され樹木の伐採や放牧が一定期間禁止されている。貧困問題を解決するため、同村では地元の美しい環境、豊かな自然を生かし、キウイフルーツの栽培、養蜂、黄牛の繁殖といった産業を積極的に展開することで、村人の収入を大幅に増加させ、貧困救済の道を切り開いている。(常徳=新華社配信/陳思汗)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019102104077

    「新華社」 豊かな自然を活かした産業で貧困脱却湖南省常徳市  15日、烏雲界国家級自然保護区内にあるキウイフルーツモデル基地。(小型無人機から)中国湖南省常徳市桃源県楊渓橋鎮煌山(こうざん)村は、烏雲界国家級自然保護区に位置する。村には百年以上にわたる金採掘の歴史があるが、生態環境保護のため、近年は坑道が閉鎖され樹木の伐採や放牧が一定期間禁止されている。貧困問題を解決するため、同村では地元の美しい環境、豊かな自然を生かし、キウイフルーツの栽培、養蜂、黄牛の繁殖といった産業を積極的に展開することで、村人の収入を大幅に増加させ、貧困救済の道を切り開いている。(常徳=新華社配信/陳思汗)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019102104294

    「新華社」 豊かな自然を活かした産業で貧困脱却湖南省常徳市  15日、湖南省常徳市桃源県楊渓橋鎮煌山村で、携帯電話で牛の群れの位置を確認する村民。中国湖南省常徳市桃源県楊渓橋鎮煌山(こうざん)村は、烏雲界国家級自然保護区に位置する。村には百年以上にわたる金採掘の歴史があるが、生態環境保護のため、近年は坑道が閉鎖され樹木の伐採や放牧が一定期間禁止されている。貧困問題を解決するため、同村では地元の美しい環境、豊かな自然を生かし、キウイフルーツの栽培、養蜂、黄牛の繁殖といった産業を積極的に展開することで、村人の収入を大幅に増加させ、貧困救済の道を切り開いている。(常徳=新華社配信/陳思汗)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019102104280

    「新華社」 豊かな自然を活かした産業で貧困脱却湖南省常徳市  15日、湖南省常徳市桃源県楊渓橋鎮煌山村で、養蜂箱の清掃をする村民。中国湖南省常徳市桃源県楊渓橋鎮煌山(こうざん)村は、烏雲界国家級自然保護区に位置する。村には百年以上にわたる金採掘の歴史があるが、生態環境保護のため、近年は坑道が閉鎖され樹木の伐採や放牧が一定期間禁止されている。貧困問題を解決するため、同村では地元の美しい環境、豊かな自然を生かし、キウイフルーツの栽培、養蜂、黄牛の繁殖といった産業を積極的に展開することで、村人の収入を大幅に増加させ、貧困救済の道を切り開いている。(常徳=新華社配信/陳思汗)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019041700392

    「新華社」 中国の水力発電プロジェクト、ラオス山村住民の貧困脱却を後押し  ラオス・ナムター川1号水力発電所付近の村落で遊ぶ子ども。(3月20日撮影)ラオス・ナムター川第1号水力発電所は、中国大手電力会社の中国南方電網公司が「一帯一路」構想の下で行った初の海外BOT(建設・運営・引き渡し)方式による水力発電プロジェクトで、ラオス北部のボーケーオ県のナムター川に造られている。昨年10月に運転を開始し、年間7億5900万キロワット時を発電することが可能で、地元経済の発展を支援している。同発電所の建設が影響するボーケーオ県とルアンナムター県の37村、1735世帯のため、中国南方電網公司は2018年までに移転地11カ所の建設と移住者の移転作業を完了した。同発電所はこの山間地帯に電気を引き、道路を開通させ、村民の生産力発展に役立っている。(ボーケーオ=新華社記者/王婧嬙)=2019(平成31)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019041700376

    「新華社」 中国の水力発電プロジェクト、ラオス山村住民の貧困脱却を後押し  ラオス・ナムター川1号水力発電所付近の村落の道を歩く村民。(3月20日撮影)ラオス・ナムター川第1号水力発電所は、中国大手電力会社の中国南方電網公司が「一帯一路」構想の下で行った初の海外BOT(建設・運営・引き渡し)方式による水力発電プロジェクトで、ラオス北部のボーケーオ県のナムター川に造られている。昨年10月に運転を開始し、年間7億5900万キロワット時を発電することが可能で、地元経済の発展を支援している。同発電所の建設が影響するボーケーオ県とルアンナムター県の37村、1735世帯のため、中国南方電網公司は2018年までに移転地11カ所の建設と移住者の移転作業を完了した。同発電所はこの山間地帯に電気を引き、道路を開通させ、村民の生産力発展に役立っている。(ボーケーオ=新華社記者/王婧嬙)=2019(平成31)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019041700413

    「新華社」 中国の水力発電プロジェクト、ラオス山村住民の貧困脱却を後押し  ダム湖から見たラオス・ナムター川1号水力発電所。(3月20日撮影)ラオス・ナムター川第1号水力発電所は、中国大手電力会社の中国南方電網公司が「一帯一路」構想の下で行った初の海外BOT(建設・運営・引き渡し)方式による水力発電プロジェクトで、ラオス北部のボーケーオ県のナムター川に造られている。昨年10月に運転を開始し、年間7億5900万キロワット時を発電することが可能で、地元経済の発展を支援している。同発電所の建設が影響するボーケーオ県とルアンナムター県の37村、1735世帯のため、中国南方電網公司は2018年までに移転地11カ所の建設と移住者の移転作業を完了した。同発電所はこの山間地帯に電気を引き、道路を開通させ、村民の生産力発展に役立っている。(ボーケーオ=新華社記者/王婧嬙)=2019(平成31)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019041700375

    「新華社」 中国の水力発電プロジェクト、ラオス山村住民の貧困脱却を後押し  ラオス・ナムター川1号水力発電所ダムで働くスタッフ。(3月19日撮影)ラオス・ナムター川第1号水力発電所は、中国大手電力会社の中国南方電網公司が「一帯一路」構想の下で行った初の海外BOT(建設・運営・引き渡し)方式による水力発電プロジェクトで、ラオス北部のボーケーオ県のナムター川に造られている。昨年10月に運転を開始し、年間7億5900万キロワット時を発電することが可能で、地元経済の発展を支援している。同発電所の建設が影響するボーケーオ県とルアンナムター県の37村、1735世帯のため、中国南方電網公司は2018年までに移転地11カ所の建設と移住者の移転作業を完了した。同発電所はこの山間地帯に電気を引き、道路を開通させ、村民の生産力発展に役立っている。(ボーケーオ=新華社記者/王婧嬙)=2019(平成31)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019041700411

    「新華社」 中国の水力発電プロジェクト、ラオス山村住民の貧困脱却を後押し  ラオス・ナムター川1号水力発電所のダムから見たダム湖。(3月19日撮影)ラオス・ナムター川第1号水力発電所は、中国大手電力会社の中国南方電網公司が「一帯一路」構想の下で行った初の海外BOT(建設・運営・引き渡し)方式による水力発電プロジェクトで、ラオス北部のボーケーオ県のナムター川に造られている。昨年10月に運転を開始し、年間7億5900万キロワット時を発電することが可能で、地元経済の発展を支援している。同発電所の建設が影響するボーケーオ県とルアンナムター県の37村、1735世帯のため、中国南方電網公司は2018年までに移転地11カ所の建設と移住者の移転作業を完了した。同発電所はこの山間地帯に電気を引き、道路を開通させ、村民の生産力発展に役立っている。(ボーケーオ=新華社記者/王婧嬙)=2019(平成31)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019011019232

    「新華社」 四川省平武県パンダ国家公園、生態活用型貧困脱却の試み  11日、老河溝保護区の赤外線カメラで撮影された野生のパンダ。漢方薬材の南五味子(ナンゴミシ)は、中国南方地域に広く分布しているが、長江上流の四川省平武(へいぶ)県産は「特別」なもので、世界自然保護基金(WWF)から「パンダ友好認証」(PandaFriendlyCertification)を受けている。平武県水晶中薬材種植専業合作社の羅中平(ら・ちゅうへい)社長は、「この認証の最も重要な条件は、野生パンダ生息地で採取でき、パンダの保護と人々が生計に貢献し、持続的に利用できるものということだ」と話す。WWFと提携して既に10年、南五味子の収穫と販売を徐々に産業化し、現地の伐採・草薬採集・猟といった伝統的な暮らしを変えた。同社は今年、南五味子を10トン販売し、社員400世帯余りの各世帯に1500元(1元=約16円)近い収入増をもたらした。(平武県=新華社配信/老河溝自然保護センター提供)=2018(平成30)年12月11日、クレジット:老河溝自然保護センター提供/新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019013112530

    「新華社」 四川省平武県パンダ国家公園、生態活用型貧困脱却の試み  四川省平武県木皮チベット族郷関壩(かんは)村の様子。漢方薬材の南五味子(ナンゴミシ)は、中国南方地域に広く分布しているが、長江上流の四川省平武(へいぶ)県産は「特別」なもので、世界自然保護基金(WWF)から「パンダ友好認証」(PandaFriendlyCertification)を受けている。平武県水晶中薬材種植専業合作社の羅中平(ら・ちゅうへい)社長は、「この認証の最も重要な条件は、野生パンダ生息地で採取でき、パンダの保護と人々が生計に貢献し、持続的に利用できるものということだ」と話す。WWFと提携して既に10年、南五味子の収穫と販売を徐々に産業化し、現地の伐採・草薬採集・猟といった伝統的な暮らしを変えた。同社は今年、南五味子を10トン販売し、社員400世帯余りの各世帯に1500元(1元=約16円)近い収入増をもたらした。(平武県=新華社記者/楊迪)=2018(平成30)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019011019205

    「新華社」 四川省平武県パンダ国家公園、生態活用型貧困脱却の試み  11月5日、老河溝保護区の赤外線カメラで撮影されたアジアゴールデンキャット。漢方薬材の南五味子(ナンゴミシ)は、中国南方地域に広く分布しているが、長江上流の四川省平武(へいぶ)県産は「特別」なもので、世界自然保護基金(WWF)から「パンダ友好認証」(PandaFriendlyCertification)を受けている。平武県水晶中薬材種植専業合作社の羅中平(ら・ちゅうへい)社長は、「この認証の最も重要な条件は、野生パンダ生息地で採取でき、パンダの保護と人々が生計に貢献し、持続的に利用できるものということだ」と話す。WWFと提携して既に10年、南五味子の収穫と販売を徐々に産業化し、現地の伐採・草薬採集・猟といった伝統的な暮らしを変えた。同社は今年、南五味子を10トン販売し、社員400世帯余りの各世帯に1500元(1元=約16円)近い収入増をもたらした。(平武県=新華社配信/老河溝自然保護センター提供)=2018(平成30)年11月5日、クレジット:老河溝自然保護センター提供/新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019011019064

    「新華社」 四川省平武県パンダ国家公園、生態活用型貧困脱却の試み  10月19日、平武県木皮チベット族郷関壩(かんは)村で、同村の養蜂合作社の李芯鋭(り・しんえい)理事長(右)と村人が村に「パンダ要素」を添える。漢方薬材の南五味子(ナンゴミシ)は、中国南方地域に広く分布しているが、長江上流の四川省平武(へいぶ)県産は「特別」なもので、世界自然保護基金(WWF)から「パンダ友好認証」(PandaFriendlyCertification)を受けている。平武県水晶中薬材種植専業合作社の羅中平(ら・ちゅうへい)社長は、「この認証の最も重要な条件は、野生パンダ生息地で採取でき、パンダの保護と人々が生計に貢献し、持続的に利用できるものということだ」と話す。WWFと提携して既に10年、南五味子の収穫と販売を徐々に産業化し、現地の伐採・草薬採集・猟といった伝統的な暮らしを変えた。同社は今年、南五味子を10トン販売し、社員400世帯余りの各世帯に1500元(1元=約16円)近い収入増をもたらした。(平武県=新華社配信/李芯鋭提供)=2018(平成30)年10月19日、クレジット:李芯鋭提供/新華社/共同通信イメージズ

  33. 2018101801581

    「新華社」 「全域観光」が切り開く地域振興の新局面河北省邯鄲市  14日、河北省邯鄲市永年区にある国家5A級観光地「広府古城」。(小型無人機から)中国河北省邯鄲(かんたん)市永年区はここ数年、観光業の発展と農村振興、貧困脱却の難関攻略、環境整備などの事業の結合に取り組む。観光により富をもたらすプロジェクトの実施を通じ、歴史文化ツアーや自然景色ツアー、農村体験ツアーなど多くの業態が参画する「全域観光」(注)という新たな経済モデルを構築し、農民増収をけん引した。区内には現在、国家5A級(最高ランク)観光地1つと観光名所や観光スポット100カ所以上があり、2017年には延べ482万人の観光客を受け入れた。(石家荘=新華社記者/王暁)(注)全域観光:観光レジャー業を通じた地域経済・社会の全面的かつ協調的な発展を目指す新たな地域経済モデル。=2018(平成30)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2018101801452

    「新華社」 「全域観光」が切り開く地域振興の新局面河北省邯鄲市  14日、河北省邯鄲市永年区にある「広府水街」を散策する観光客。(小型無人機から)中国河北省邯鄲(かんたん)市永年区はここ数年、観光業の発展と農村振興、貧困脱却の難関攻略、環境整備などの事業の結合に取り組む。観光により富をもたらすプロジェクトの実施を通じ、歴史文化ツアーや自然景色ツアー、農村体験ツアーなど多くの業態が参画する「全域観光」(注)という新たな経済モデルを構築し、農民増収をけん引した。区内には現在、国家5A級(最高ランク)観光地1つと観光名所や観光スポット100カ所以上があり、2017年には延べ482万人の観光客を受け入れた。(石家荘=新華社記者/王暁)(注)全域観光:観光レジャー業を通じた地域経済・社会の全面的かつ協調的な発展を目指す新たな地域経済モデル。=2018(平成30)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2018101801650

    「新華社」 「全域観光」が切り開く地域振興の新局面河北省邯鄲市  14日、河北省邯鄲市永年区にある国家5A級観光地「広府古城」を訪れる観光客。中国河北省邯鄲(かんたん)市永年区はここ数年、観光業の発展と農村振興、貧困脱却の難関攻略、環境整備などの事業の結合に取り組む。観光により富をもたらすプロジェクトの実施を通じ、歴史文化ツアーや自然景色ツアー、農村体験ツアーなど多くの業態が参画する「全域観光」(注)という新たな経済モデルを構築し、農民増収をけん引した。区内には現在、国家5A級(最高ランク)観光地1つと観光名所や観光スポット100カ所以上があり、2017年には延べ482万人の観光客を受け入れた。(石家荘=新華社記者/王暁)(注)全域観光:観光レジャー業を通じた地域経済・社会の全面的かつ協調的な発展を目指す新たな地域経済モデル。=2018(平成30)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2018100409417

    「新華社」 グリーン産業で貧困脱却、橋渡し役は「竹」  9月29日、空から見た于都県靖石郷の森林。(小型無人機から)中国江西省贛州(かんしゅう)市于都(うと)県靖石(せいせき)郷は近年、豊かな森林資源を十分に活用し、竹製品やタケノコ、竹林での養鶏などのプロジェクトによるグリーン(環境配慮型)産業の発展に力を入れ、人々が貧困から脱却し豊かになれるよう支援している。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2018(平成30)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2018100409423

    「新華社」 グリーン産業で貧困脱却、橋渡し役は「竹」  9月29日、贛州市于都県靖石郷良純村の竹林付近にある養蜂箱から採蜜する村民ら。中国江西省贛州(かんしゅう)市于都(うと)県靖石(せいせき)郷は近年、豊かな森林資源を十分に活用し、竹製品やタケノコ、竹林での養鶏などのプロジェクトによるグリーン(環境配慮型)産業の発展に力を入れ、人々が貧困から脱却し豊かになれるよう支援している。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2018(平成30)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2018100409337

    「新華社」 グリーン産業で貧困脱却、橋渡し役は「竹」  9月29日、贛州市于都県靖石郷良純村で、乾燥タケノコを包装して電子商取引での販売に備える村民ら。中国江西省贛州(かんしゅう)市于都(うと)県靖石(せいせき)郷は近年、豊かな森林資源を十分に活用し、竹製品やタケノコ、竹林での養鶏などのプロジェクトによるグリーン(環境配慮型)産業の発展に力を入れ、人々が貧困から脱却し豊かになれるよう支援している。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2018(平成30)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2018100409471

    「新華社」 グリーン産業で貧困脱却、橋渡し役は「竹」  9月29日、贛州市于都県靖石郷良純村の竹林で鶏に餌をやる村民。中国江西省贛州(かんしゅう)市于都(うと)県靖石(せいせき)郷は近年、豊かな森林資源を十分に活用し、竹製品やタケノコ、竹林での養鶏などのプロジェクトによるグリーン(環境配慮型)産業の発展に力を入れ、人々が貧困から脱却し豊かになれるよう支援している。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2018(平成30)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2018100409365

    「新華社」 グリーン産業で貧困脱却、橋渡し役は「竹」  9月29日、贛州市于都県靖石郷良純村の竹林で成熟した竹を伐採する村民ら。中国江西省贛州(かんしゅう)市于都(うと)県靖石(せいせき)郷は近年、豊かな森林資源を十分に活用し、竹製品やタケノコ、竹林での養鶏などのプロジェクトによるグリーン(環境配慮型)産業の発展に力を入れ、人々が貧困から脱却し豊かになれるよう支援している。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2018(平成30)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2018100409454

    「新華社」 グリーン産業で貧困脱却、橋渡し役は「竹」  9月29日、竹で腰掛けを作る贛州市于都県靖石郷良純村の村民。中国江西省贛州(かんしゅう)市于都(うと)県靖石(せいせき)郷は近年、豊かな森林資源を十分に活用し、竹製品やタケノコ、竹林での養鶏などのプロジェクトによるグリーン(環境配慮型)産業の発展に力を入れ、人々が貧困から脱却し豊かになれるよう支援している。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2018(平成30)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2018092014640

    「新華社」 ガチョウの飼育で貧困脱却チベット自治区チャムド市  16日、繞巴村高原生態ガチョウ飼育基地でガチョウに餌をやる従業員。中国チベット自治区チャムド市パシュー県拉根郷の繞巴村に駐在する作業チームは昨年4月から、貧困家庭を援助する貸付金を利用し、拉根郷緑優農業専業合作社に委託して繞巴村にガチョウ5200羽を収容する敷地8・7ムー(約5800平方メートル)の飼育拠点を建設、さらに「繞巴村高原生態ガチョウ」の商標登録も行い、村民に豊かさへの道を示した。今年9月上旬までにガチョウの成鳥2170羽、卵1万4千個以上を販売して得た売上高52万元(1元=約17円)、純利益45万元は同村の貧困家庭12世帯33名の直接利益となった。(チャムド=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2018092014772

    「新華社」 ガチョウの飼育で貧困脱却チベット自治区チャムド市  16日、繞巴村高原生態ガチョウ飼育基地で飼育されているガチョウたち。中国チベット自治区チャムド市パシュー県拉根郷の繞巴村に駐在する作業チームは昨年4月から、貧困家庭を援助する貸付金を利用し、拉根郷緑優農業専業合作社に委託して繞巴村にガチョウ5200羽を収容する敷地8・7ムー(約5800平方メートル)の飼育拠点を建設、さらに「繞巴村高原生態ガチョウ」の商標登録も行い、村民に豊かさへの道を示した。今年9月上旬までにガチョウの成鳥2170羽、卵1万4千個以上を販売して得た売上高52万元(1元=約17円)、純利益45万元は同村の貧困家庭12世帯33名の直接利益となった。(チャムド=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2018092014756

    「新華社」 ガチョウの飼育で貧困脱却チベット自治区チャムド市  16日、繞巴村高原生態ガチョウ飼育基地で村民とガチョウの卵の包装をする駐在作業チームのリーダー、朱海竜(しゅ・かいりゅう)さん(右)と村民。中国チベット自治区チャムド市パシュー県拉根郷の繞巴村に駐在する作業チームは昨年4月から、貧困家庭を援助する貸付金を利用し、拉根郷緑優農業専業合作社に委託して繞巴村にガチョウ5200羽を収容する敷地8・7ムー(約5800平方メートル)の飼育拠点を建設、さらに「繞巴村高原生態ガチョウ」の商標登録も行い、村民に豊かさへの道を示した。今年9月上旬までにガチョウの成鳥2170羽、卵1万4千個以上を販売して得た売上高52万元(1元=約17円)、純利益45万元は同村の貧困家庭12世帯33名の直接利益となった。(チャムド=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2018092014885

    「新華社」 ガチョウの飼育で貧困脱却チベット自治区チャムド市  16日、繞巴村高原生態ガチョウ飼育基地で、飼い始めたばかりのひなを世話する仁青拉姆(レンチンラム)さん。中国チベット自治区チャムド市パシュー県拉根郷の繞巴村に駐在する作業チームは昨年4月から、貧困家庭を援助する貸付金を利用し、拉根郷緑優農業専業合作社に委託して繞巴村にガチョウ5200羽を収容する敷地8・7ムー(約5800平方メートル)の飼育拠点を建設、さらに「繞巴村高原生態ガチョウ」の商標登録も行い、村民に豊かさへの道を示した。今年9月上旬までにガチョウの成鳥2170羽、卵1万4千個以上を販売して得た売上高52万元(1元=約17円)、純利益45万元は同村の貧困家庭12世帯33名の直接利益となった。(チャムド=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2018092014685

    「新華社」 ガチョウの飼育で貧困脱却チベット自治区チャムド市  16日、繞巴村高原生態ガチョウ飼育基地の温室で飼育されているガチョウのひなたち。中国チベット自治区チャムド市パシュー県拉根郷の繞巴村に駐在する作業チームは昨年4月から、貧困家庭を援助する貸付金を利用し、拉根郷緑優農業専業合作社に委託して繞巴村にガチョウ5200羽を収容する敷地8・7ムー(約5800平方メートル)の飼育拠点を建設、さらに「繞巴村高原生態ガチョウ」の商標登録も行い、村民に豊かさへの道を示した。今年9月上旬までにガチョウの成鳥2170羽、卵1万4千個以上を販売して得た売上高52万元(1元=約17円)、純利益45万元は同村の貧困家庭12世帯33名の直接利益となった。(チャムド=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2018092014731

    「新華社」 ガチョウの飼育で貧困脱却チベット自治区チャムド市  16日、繞巴村高原生態ガチョウ飼育基地で池を泳ぐガチョウたち。中国チベット自治区チャムド市パシュー県拉根郷の繞巴村に駐在する作業チームは昨年4月から、貧困家庭を援助する貸付金を利用し、拉根郷緑優農業専業合作社に委託して繞巴村にガチョウ5200羽を収容する敷地8・7ムー(約5800平方メートル)の飼育拠点を建設、さらに「繞巴村高原生態ガチョウ」の商標登録も行い、村民に豊かさへの道を示した。今年9月上旬までにガチョウの成鳥2170羽、卵1万4千個以上を販売して得た売上高52万元(1元=約17円)、純利益45万元は同村の貧困家庭12世帯33名の直接利益となった。(チャムド=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2018092014807

    「新華社」 ガチョウの飼育で貧困脱却チベット自治区チャムド市  16日、繞巴村高原生態ガチョウ飼育基地で飼育されているガチョウたち。中国チベット自治区チャムド市パシュー県拉根郷の繞巴村に駐在する作業チームは昨年4月から、貧困家庭を援助する貸付金を利用し、拉根郷緑優農業専業合作社に委託して繞巴村にガチョウ5200羽を収容する敷地8・7ムー(約5800平方メートル)の飼育拠点を建設、さらに「繞巴村高原生態ガチョウ」の商標登録も行い、村民に豊かさへの道を示した。今年9月上旬までにガチョウの成鳥2170羽、卵1万4千個以上を販売して得た売上高52万元(1元=約17円)、純利益45万元は同村の貧困家庭12世帯33名の直接利益となった。(チャムド=新華社記者/張汝鋒)=2018(平成30)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2018091423132

    「新華社」 大小井特大橋の建設、最終段階に貴州省羅甸県  12日に撮影した建設中の大小井特大橋。(小型無人機から)中国貴州省黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州羅甸(らでん)県大井(だいせい)河を跨ぐ大小井(だいしょうせい)特大橋でこのほど、建設工事が最終段階に入った。橋は全長1・5キロ、支間長450メートルで、コンクリート充填鋼管構造(CFT)の上路アーチ橋としては世界一の支間長を誇る。同橋の工事は平塘(へいとう)から羅甸に至る高速道路の鍵となるプロジェクトで、省内の道路の相互接続や、滇黔桂(てんけんけい、雲南省・貴州省・広西チワン族自治区)石漠化(せきばくか、表土流出による岩石層の露出)地域の貧困脱却に重要な意義を持つ。(羅甸=新華社記者/劉続)=2018(平成30)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2018091423164

    「新華社」 大小井特大橋の建設、最終段階に貴州省羅甸県  12日に撮影した建設中の大小井特大橋。(小型無人機から)中国貴州省黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州羅甸(らでん)県大井(だいせい)河を跨ぐ大小井(だいしょうせい)特大橋でこのほど、建設工事が最終段階に入った。橋は全長1・5キロ、支間長450メートルで、コンクリート充填鋼管構造(CFT)の上路アーチ橋としては世界一の支間長を誇る。同橋の工事は平塘(へいとう)から羅甸に至る高速道路の鍵となるプロジェクトで、省内の道路の相互接続や、滇黔桂(てんけんけい、雲南省・貴州省・広西チワン族自治区)石漠化(せきばくか、表土流出による岩石層の露出)地域の貧困脱却に重要な意義を持つ。(羅甸=新華社記者/劉続)=2018(平成30)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像