検索結果 1,059 件中 1 件 〜 50 件 "open"
  1. 2020112505168

    Christmas spirit despite Corona 23 November 2020, Saxony, Leipzig: A police car is driving through Petersstraße in Leipzig‘s city centre. Actually, the Leipzig Christmas market would start these days. However, due to the Corona Protection Ordinance, Christmas markets cannot take place in Saxony. Nevertheless, the illuminated Christmas tree and Christmas decorations should provide a Christmas atmosphere in the city centre. More than 15,000 additional points of light were installed by the city lighting. By investing in LED lights, the energy costs could be reduced by 75 percent. Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  2. 2020112505112

    Christmas spirit despite Corona 23 November 2020, Saxony, Leipzig: Passers-by walk through Petersstraße in Leipzig‘s city centre. Actually, the Leipzig Christmas market would start these days. However, due to the Corona Protection Ordinance, Christmas markets cannot take place in Saxony. Nevertheless, the illuminated Christmas tree and Christmas decorations should provide a Christmas atmosphere in the city centre. More than 15,000 additional points of light were installed by the city lighting. By investing in LED lights, the energy costs could be reduced by 75 percent. Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  3. 2020112504584

    Christmas spirit despite Corona 23 November 2020, Saxony, Leipzig: The decorated Christmas tree stands on Leipzig‘s market square. Actually, the Leipzig Christmas market would start these days. However, due to the Corona Protection Ordinance, Christmas markets cannot take place in Saxony. Nevertheless, the illuminated Christmas tree and Christmas decorations should provide a Christmas atmosphere in the city centre. More than 15,000 additional points of light were installed by the city lighting. By investing in LED lights, the energy costs could be reduced by 75 percent. Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  4. 2020112505255

    Christmas spirit despite Corona 23 November 2020, Saxony, Leipzig: Passers-by walk through Petersstraße in Leipzig‘s city centre. Actually, the Leipzig Christmas market would start these days. However, due to the Corona Protection Ordinance, Christmas markets cannot take place in Saxony. Nevertheless, the illuminated Christmas tree and Christmas decorations should provide a Christmas atmosphere in the city centre. More than 15,000 additional points of light were installed by the city lighting. By investing in LED lights, the energy costs could be reduced by 75 percent. Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  5. 2020112505257

    Christmas spirit despite Corona 23 November 2020, Saxony, Leipzig: The decorated Christmas tree stands on Leipzig‘s market square. Actually, the Leipzig Christmas market would start these days. However, due to the Corona Protection Ordinance, Christmas markets cannot take place in Saxony. Nevertheless, the illuminated Christmas tree and Christmas decorations should provide a Christmas atmosphere in the city centre. More than 15,000 additional points of light were installed by the city lighting. By investing in LED lights, the energy costs could be reduced by 75 percent. Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  6. 2020111704895

    中国改革国際フォーラム開催、日本の出席者が対中貿易の重要性指摘  15日、海南省海口市で開かれた第86回中国改革国際フォーラムに参加した在広州日本国総領事館の石塚英樹総領事。中国の改革開放と発展について話し合う第86回中国改革国際フォーラムが14~15日、海南省海口市で開かれた。今年のテーマは「高水準で開放する中国と世界」で、在広州日本総領事館の石塚英樹総領事と国際協力機構(JICA)中国事務所の佐々木美穂所長が発言し、国内外の有識者と「開かれた世界経済の構築」について意見交換した。(海口=新華社配信)=2020(令和2)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020111704968

    中国改革国際フォーラム開催、日本の出席者が対中貿易の重要性指摘  15日、海南省海口市で開かれた第86回中国改革国際フォーラムで発言する在広州日本国総領事館の石塚英樹総領事。中国の改革開放と発展について話し合う第86回中国改革国際フォーラムが14~15日、海南省海口市で開かれた。今年のテーマは「高水準で開放する中国と世界」で、在広州日本総領事館の石塚英樹総領事と国際協力機構(JICA)中国事務所の佐々木美穂所長が発言し、国内外の有識者と「開かれた世界経済の構築」について意見交換した。(海口=新華社配信)=2020(令和2)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020111704967

    中国改革国際フォーラム開催、日本の出席者が対中貿易の重要性指摘  14日、海南省海口市で開かれた第86回中国改革国際フォーラムで発言するJICA中国事務所の佐々木美穂所長。中国の改革開放と発展について話し合う第86回中国改革国際フォーラムが14~15日、海南省海口市で開かれた。今年のテーマは「高水準で開放する中国と世界」で、在広州日本総領事館の石塚英樹総領事と国際協力機構(JICA)中国事務所の佐々木美穂所長が発言し、国内外の有識者と「開かれた世界経済の構築」について意見交換した。(海口=新華社配信)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020110904407

    中国の学者、5億年前の古生物新種を発見  中国科学院南京地質古生物研究所の黄迪穎(こう・てきえい)氏が提供したキリンシアの復元図。(資料写真)エビのような体、五つの目、頑丈なハサミ…。このような生物が多くの現生生物の祖先なのか。中国人学者が発見し、学術誌「ネイチャー」で5日発表された新種の古代生物「章氏麒麟エビ(キリンシア、Kylinxiazhangi)」。このような5億年以上前の古代生物は多くの生物の形態特徴を合わせ持ち、生物進化の隙間を架け橋のように埋めるという。キリンシアは、雲南省澄江地域で発見された5億2千万年前の化石群「澄江動物群」から見つかった。中国神話の麒麟に似ており、さまざまな生物の形態特徴を持つという。(南京=新華社記者/王珏玢)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020102206377

    中国の科学技術が安全な送水を実現「南水北調」プロジェクト  16日、「南水北調」中央ルートの黄河横断プロジェクト。(小型無人機から)中国の「南水北調」中央ルート工程建設管理局は16~20日、5カ所の支部で2020年度オープンデーを開催し、同プロジェクトが科学的方法に基づいて安全な送水を実現していることを公開した。「南水北調」は中国南部地域の水を北部地域に送り、慢性的な水不足解消を目指すプロジェクトだ。中国水利部が発表した最新データによると、同プロジェクトは2020年度、河南省、河北省、天津市、北京市に83億立方メートルの給水と生態補水を実施、供給量は過去最大となった。(北京=新華社記者/劉詩平)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020102206384

    中国の科学技術が安全な送水を実現「南水北調」プロジェクト  16日、「南水北調」中央ルート鄭州区間の幹線用水路。(小型無人機から)中国の「南水北調」中央ルート工程建設管理局は16~20日、5カ所の支部で2020年度オープンデーを開催し、同プロジェクトが科学的方法に基づいて安全な送水を実現していることを公開した。「南水北調」は中国南部地域の水を北部地域に送り、慢性的な水不足解消を目指すプロジェクトだ。中国水利部が発表した最新データによると、同プロジェクトは2020年度、河南省、河北省、天津市、北京市に83億立方メートルの給水と生態補水を実施、供給量は過去最大となった。(北京=新華社記者/劉詩平)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020102206447

    中国の科学技術が安全な送水を実現「南水北調」プロジェクト  16日、オープンデ―のイベント会場で、小型無人機で水のサンプルを採集するスタッフ。中国の「南水北調」中央ルート工程建設管理局は16~20日、5カ所の支部で2020年度オープンデーを開催し、同プロジェクトが科学的方法に基づいて安全な送水を実現していることを公開した。「南水北調」は中国南部地域の水を北部地域に送り、慢性的な水不足解消を目指すプロジェクトだ。中国水利部が発表した最新データによると、同プロジェクトは2020年度、河南省、河北省、天津市、北京市に83億立方メートルの給水と生態補水を実施、供給量は過去最大となった。(北京=新華社記者/劉詩平)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020102206445

    中国の科学技術が安全な送水を実現「南水北調」プロジェクト  16日、黄河南岸にある「南水北調」の黄河横断トンネルの入り口。(小型無人機から)中国の「南水北調」中央ルート工程建設管理局は16~20日、5カ所の支部で2020年度オープンデーを開催し、同プロジェクトが科学的方法に基づいて安全な送水を実現していることを公開した。「南水北調」は中国南部地域の水を北部地域に送り、慢性的な水不足解消を目指すプロジェクトだ。中国水利部が発表した最新データによると、同プロジェクトは2020年度、河南省、河北省、天津市、北京市に83億立方メートルの給水と生態補水を実施、供給量は過去最大となった。(北京=新華社記者/劉詩平)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020102206388

    中国の科学技術が安全な送水を実現「南水北調」プロジェクト  16日、黄河南岸にある「南水北調」の黄河横断トンネルの入り口。(小型無人機から)中国の「南水北調」中央ルート工程建設管理局は16~20日、5カ所の支部で2020年度オープンデーを開催し、同プロジェクトが科学的方法に基づいて安全な送水を実現していることを公開した。「南水北調」は中国南部地域の水を北部地域に送り、慢性的な水不足解消を目指すプロジェクトだ。中国水利部が発表した最新データによると、同プロジェクトは2020年度、河南省、河北省、天津市、北京市に83億立方メートルの給水と生態補水を実施、供給量は過去最大となった。(北京=新華社記者/劉詩平)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020102206376

    中国の科学技術が安全な送水を実現「南水北調」プロジェクト  16日、オープンデ―のイベント会場で、水のサンプルを採集する小型無人機(右)と斜面から藻類を除去する多機能車両(左)。(小型無人機から)中国の「南水北調」中央ルート工程建設管理局は16~20日、5カ所の支部で2020年度オープンデーを開催し、同プロジェクトが科学的方法に基づいて安全な送水を実現していることを公開した。「南水北調」は中国南部地域の水を北部地域に送り、慢性的な水不足解消を目指すプロジェクトだ。中国水利部が発表した最新データによると、同プロジェクトは2020年度、河南省、河北省、天津市、北京市に83億立方メートルの給水と生態補水を実施、供給量は過去最大となった。(北京=新華社記者/劉詩平)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020102206423

    中国の科学技術が安全な送水を実現「南水北調」プロジェクト  16日、オープンデ―のイベント会場で、採取した水のサンプルを検査するスタッフ。中国の「南水北調」中央ルート工程建設管理局は16~20日、5カ所の支部で2020年度オープンデーを開催し、同プロジェクトが科学的方法に基づいて安全な送水を実現していることを公開した。「南水北調」は中国南部地域の水を北部地域に送り、慢性的な水不足解消を目指すプロジェクトだ。中国水利部が発表した最新データによると、同プロジェクトは2020年度、河南省、河北省、天津市、北京市に83億立方メートルの給水と生態補水を実施、供給量は過去最大となった。(北京=新華社記者/劉詩平)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020092200467

    「密」避けオープンエアー 楽しむ子どもたち  東京・代々木公園で4連休の最終日を楽しむ子どもたち=22日

  18. 2020092200466

    「密」避けオープンエアー 休日楽しむ親子  東京・代々木公園で4連休の最終日を楽しむ親子=22日

  19. 2020092200464

    「密」避けオープンエアー にぎわう代々木公園  東京・代々木公園で4連休の最終日を楽しむ人たち=22日

  20. 2020091804634

    Soldiers Return Home September 8, 2020 - Joint Base San Antonio-Kelly Fie, Texas, USA - Soldiers from the Urban Augustmentation Medical Task Force 627th, Fort Carson, Colo., board an aircraft home Septembert. 8, 2020, at Joint Base San Antonio-Kelly Field, Texas. The soldiers recently supported the FEMA led, Department of Defense COVID-19 response operations. U.S. Northern Command, through U.S. Army North, remains committed to providing flexible Department of Defense support to the Federal Emergency Management Agency in support of the whole-of-nation COVID-19 response. (Credit Image: © Sarayuth Pinthong/U.S. Air Force/ZUMA Wire/ZUMAPRESS.com)、クレジット:©Sarayuth Pinthong/U.S. Air Force/ZUMA Wire/ZUMAPRESS.com/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  21. 2020090107001

    Demonstration at the Garzweiler opencast mine 30 August 2020, North Rhine-Westphalia, Jüchen: The environmental activists Alexandra Koroleva (l-r), David Dresen, Luisa Neubauer, Tonny Nowshin and Kathrin Henneberger are led by the police from the edge of the Garzweiler open-cast mine. A nationwide alliance of environmental associations and climate groups wants to protest against the destruction of the endangered villages and for climate justice. Photo: David Young/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  22. 2020083102096

    Ludwigshafen - Festival of German Film 29 August 2020, Rhineland-Palatinate, Ludwigshafen: Spectators with headphones sit in front of a large LED video screen at the German Film Festival. Due to the Corona pandemic, this year‘s festival is designed as a pure open-air cinema. Until 13 September, 18 films from Germany and all over the world will be screened. Photo: Uwe Anspach/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  23. 2020083101979

    Ludwigshafen - Festival of German Film 29 August 2020, Rhineland-Palatinate, Ludwigshafen: At the Festival of German Film, viewers sit in front of a large LED video screen before the start of a feature film. Due to the Corona pandemic, this year‘s festival is designed as a pure open-air cinema. Until 13 September, 18 films from Germany and all over the world will be screened. Photo: Uwe Anspach/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  24. 2020083101986

    Ludwigshafen - Festival of German Film 29 August 2020, Rhineland-Palatinate, Ludwigshafen: At the German Film Festival, viewers watch a film on a large LED video screen. Due to the Corona pandemic, this year‘s festival is designed as a pure open-air cinema. Until 13 September, 18 films from Germany and all over the world will be screened. Photo: Uwe Anspach/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  25. 2020083102131

    Ludwigshafen - Festival of German Film 29 August 2020, Rhineland-Palatinate, Ludwigshafen: At the German Film Festival, viewers watch a film on a large LED video screen. Due to the Corona pandemic, this year‘s festival is designed as a pure open-air cinema. Until 13 September, 18 films from Germany and all over the world will be screened. Photo: Uwe Anspach/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  26. 2020083101977

    Ludwigshafen - Festival of German Film 29 August 2020, Rhineland-Palatinate, Ludwigshafen: At the German Film Festival, viewers watch a film on a large LED video screen. Due to the Corona pandemic, this year‘s festival is designed as a pure open-air cinema. Until 13 September, 18 films from Germany and all over the world will be screened. Photo: Uwe Anspach/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  27. 2020083102425

    Ludwigshafen - Festival of German Film 29 August 2020, Rhineland-Palatinate, Ludwigshafen: Two spectators with headphones sit in front of a large LED video screen at the Festival of German Film. Due to the Corona pandemic, this year‘s festival is designed as a pure open-air cinema. Until 13 September, 18 films from Germany and all over the world will be screened. Photo: Uwe Anspach/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  28. 2020083102417

    Ludwigshafen - Festival of German Film 29 August 2020, Rhineland-Palatinate, Ludwigshafen: A sign with the inscription “16th Festival of German Film“ is placed in front of a large LED video screen at the Festival of German Film. Due to the Corona pandemic, this year‘s festival is designed as a pure open-air cinema. Until 13 September, 18 films from Germany and all over the world will be screened. Photo: Uwe Anspach/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  29. 2020083102428

    Ludwigshafen - Festival of German Film 29 August 2020, Rhineland-Palatinate, Ludwigshafen: At the German Film Festival, viewers watch a film on a large LED video screen. Due to the Corona pandemic, this year‘s festival is designed as a pure open-air cinema. Until 13 September, 18 films from Germany and all over the world will be screened. Photo: Uwe Anspach/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  30. 2020083102432

    Ludwigshafen - Festival of German Film 29 August 2020, Rhineland-Palatinate, Ludwigshafen: At the Festival of German Film, viewers stand in front of a large LED video screen before the start of a feature film. Due to the Corona pandemic, this year‘s festival is designed as a pure open-air cinema. Until 13 September, 18 films from Germany and all over the world will be screened. Photo: Uwe Anspach/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  31. 2020083102044

    Ludwigshafen - Festival of German Film 29 August 2020, Rhineland-Palatinate, Ludwigshafen: A signboard with rules of conduct to protect against the spread of the corona virus stands in front of a large LED video screen at the German Film Festival. Due to the corona pandemic, this year‘s festival is designed as a pure open-air cinema. Until 13 September, 18 films from Germany and all over the world will be screened. Photo: Uwe Anspach/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  32. 2020083102117

    Ludwigshafen - Festival of German Film 29 August 2020, Rhineland-Palatinate, Ludwigshafen: Two spectators with headphones sit in front of a large LED video screen at the Festival of German Film. Due to the Corona pandemic, this year‘s festival is designed as a pure open-air cinema. Until 13 September, 18 films from Germany and all over the world will be screened. Photo: Uwe Anspach/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  33. 2020082205233

    「桃色吐息」満開 写真撮影する親子連れ  千葉県富津市のマザー牧場で約2万5千株のペチュニアの改良品種「桃色吐息」が見ごろを迎え、斜面を彩っている。鮮やかなピンク色の花畑では、訪れた人たちが記念撮影などを楽しんだ。牧場内の施設では、席の間隔を空け、換気を徹底し新型コロナウイルス感染症の予防対策を取っている。東京都内から家族で訪れた近藤真治郎さんは「開放的な場所なので気分転換をしに来ました。想像以上にきれい」と話した=22日午後

  34. 2020081700421

    野生ゾウの群れを追い続ける監視員雲南省シーサンパンナ  9日、野生アジアゾウの活動区域に警告用の看板を設置する普宗信さん。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州では現在、約280頭の野生アジアゾウが生息しており、国内最大の個体群の生息地となっている。中国は近年、アジアゾウ保護の取り組みを強化しているが、ゾウの数が増えたことで生活区域が人間と重なり「人とゾウの衝突」が頻繁に起きるようになった。同自治州勐海(もうかい)県のアジアゾウ監視・早期警戒センターで監視員を務める普宗信(ふ・そうしん)さん(49)の仕事は、野生ゾウの群れの動きを監視し、周辺住民に注意を促して、ゾウによる住民への被害を減らすこと。普さんは毎日、同僚らと共に移動するゾウの群れを小型無人機(ドローン)で追跡し、早期警戒プラットフォームにリアルタイムに情報を提供している。風雨が強くドローンを飛ばせない時は、監視員の経験に頼ってゾウの群れを追い掛けることになるという。(シーサンパンナ=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020081700423

    野生ゾウの群れを追い続ける監視員雲南省シーサンパンナ  9日、野生アジアゾウの出没情報を早期警戒プラットフォームに提供するため写真を撮る普宗信さん。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州では現在、約280頭の野生アジアゾウが生息しており、国内最大の個体群の生息地となっている。中国は近年、アジアゾウ保護の取り組みを強化しているが、ゾウの数が増えたことで生活区域が人間と重なり「人とゾウの衝突」が頻繁に起きるようになった。同自治州勐海(もうかい)県のアジアゾウ監視・早期警戒センターで監視員を務める普宗信(ふ・そうしん)さん(49)の仕事は、野生ゾウの群れの動きを監視し、周辺住民に注意を促して、ゾウによる住民への被害を減らすこと。普さんは毎日、同僚らと共に移動するゾウの群れを小型無人機(ドローン)で追跡し、早期警戒プラットフォームにリアルタイムに情報を提供している。風雨が強くドローンを飛ばせない時は、監視員の経験に頼ってゾウの群れを追い掛けることになるという。(シーサンパンナ=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020081700447

    野生ゾウの群れを追い続ける監視員雲南省シーサンパンナ  9日、山の上のトウモロコシ畑にいる野生のアジアゾウ。(小型無人機から)中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州では現在、約280頭の野生アジアゾウが生息しており、国内最大の個体群の生息地となっている。中国は近年、アジアゾウ保護の取り組みを強化しているが、ゾウの数が増えたことで生活区域が人間と重なり「人とゾウの衝突」が頻繁に起きるようになった。同自治州勐海(もうかい)県のアジアゾウ監視・早期警戒センターで監視員を務める普宗信(ふ・そうしん)さん(49)の仕事は、野生ゾウの群れの動きを監視し、周辺住民に注意を促して、ゾウによる住民への被害を減らすこと。普さんは毎日、同僚らと共に移動するゾウの群れを小型無人機(ドローン)で追跡し、早期警戒プラットフォームにリアルタイムに情報を提供している。風雨が強くドローンを飛ばせない時は、監視員の経験に頼ってゾウの群れを追い掛けることになるという。(シーサンパンナ=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020081700571

    野生ゾウの群れを追い続ける監視員雲南省シーサンパンナ  9日、野生アジアゾウを発見した後、朝食を取る普宗信さん。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州では現在、約280頭の野生アジアゾウが生息しており、国内最大の個体群の生息地となっている。中国は近年、アジアゾウ保護の取り組みを強化しているが、ゾウの数が増えたことで生活区域が人間と重なり「人とゾウの衝突」が頻繁に起きるようになった。同自治州勐海(もうかい)県のアジアゾウ監視・早期警戒センターで監視員を務める普宗信(ふ・そうしん)さん(49)の仕事は、野生ゾウの群れの動きを監視し、周辺住民に注意を促して、ゾウによる住民への被害を減らすこと。普さんは毎日、同僚らと共に移動するゾウの群れを小型無人機(ドローン)で追跡し、早期警戒プラットフォームにリアルタイムに情報を提供している。風雨が強くドローンを飛ばせない時は、監視員の経験に頼ってゾウの群れを追い掛けることになるという。(シーサンパンナ=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020081700628

    野生ゾウの群れを追い続ける監視員雲南省シーサンパンナ  9日、野生アジアゾウの活動場所を発見し、警告用の看板を持って道路封鎖に向かう普宗信さん。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州では現在、約280頭の野生アジアゾウが生息しており、国内最大の個体群の生息地となっている。中国は近年、アジアゾウ保護の取り組みを強化しているが、ゾウの数が増えたことで生活区域が人間と重なり「人とゾウの衝突」が頻繁に起きるようになった。同自治州勐海(もうかい)県のアジアゾウ監視・早期警戒センターで監視員を務める普宗信(ふ・そうしん)さん(49)の仕事は、野生ゾウの群れの動きを監視し、周辺住民に注意を促して、ゾウによる住民への被害を減らすこと。普さんは毎日、同僚らと共に移動するゾウの群れを小型無人機(ドローン)で追跡し、早期警戒プラットフォームにリアルタイムに情報を提供している。風雨が強くドローンを飛ばせない時は、監視員の経験に頼ってゾウの群れを追い掛けることになるという。(シーサンパンナ=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020081700572

    野生ゾウの群れを追い続ける監視員雲南省シーサンパンナ  8日、野生アジアゾウを探すルートについて同僚と相談する普宗信さん(中央)。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州では現在、約280頭の野生アジアゾウが生息しており、国内最大の個体群の生息地となっている。中国は近年、アジアゾウ保護の取り組みを強化しているが、ゾウの数が増えたことで生活区域が人間と重なり「人とゾウの衝突」が頻繁に起きるようになった。同自治州勐海(もうかい)県のアジアゾウ監視・早期警戒センターで監視員を務める普宗信(ふ・そうしん)さん(49)の仕事は、野生ゾウの群れの動きを監視し、周辺住民に注意を促して、ゾウによる住民への被害を減らすこと。普さんは毎日、同僚らと共に移動するゾウの群れを小型無人機(ドローン)で追跡し、早期警戒プラットフォームにリアルタイムに情報を提供している。風雨が強くドローンを飛ばせない時は、監視員の経験に頼ってゾウの群れを追い掛けることになるという。(シーサンパンナ=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020081700428

    野生ゾウの群れを追い続ける監視員雲南省シーサンパンナ  8日、野生アジアゾウの足跡を測る普宗信さん。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州では現在、約280頭の野生アジアゾウが生息しており、国内最大の個体群の生息地となっている。中国は近年、アジアゾウ保護の取り組みを強化しているが、ゾウの数が増えたことで生活区域が人間と重なり「人とゾウの衝突」が頻繁に起きるようになった。同自治州勐海(もうかい)県のアジアゾウ監視・早期警戒センターで監視員を務める普宗信(ふ・そうしん)さん(49)の仕事は、野生ゾウの群れの動きを監視し、周辺住民に注意を促して、ゾウによる住民への被害を減らすこと。普さんは毎日、同僚らと共に移動するゾウの群れを小型無人機(ドローン)で追跡し、早期警戒プラットフォームにリアルタイムに情報を提供している。風雨が強くドローンを飛ばせない時は、監視員の経験に頼ってゾウの群れを追い掛けることになるという。(シーサンパンナ=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020081700467

    野生ゾウの群れを追い続ける監視員雲南省シーサンパンナ  8日、ソーシャルメディアの微信(ウィーチャット)を使って同僚と連絡を取る普宗信さん。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州では現在、約280頭の野生アジアゾウが生息しており、国内最大の個体群の生息地となっている。中国は近年、アジアゾウ保護の取り組みを強化しているが、ゾウの数が増えたことで生活区域が人間と重なり「人とゾウの衝突」が頻繁に起きるようになった。同自治州勐海(もうかい)県のアジアゾウ監視・早期警戒センターで監視員を務める普宗信(ふ・そうしん)さん(49)の仕事は、野生ゾウの群れの動きを監視し、周辺住民に注意を促して、ゾウによる住民への被害を減らすこと。普さんは毎日、同僚らと共に移動するゾウの群れを小型無人機(ドローン)で追跡し、早期警戒プラットフォームにリアルタイムに情報を提供している。風雨が強くドローンを飛ばせない時は、監視員の経験に頼ってゾウの群れを追い掛けることになるという。(シーサンパンナ=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020081700559

    野生ゾウの群れを追い続ける監視員雲南省シーサンパンナ  8日、ドローンと赤外線カメラを使って野生アジアゾウを探す普宗信さん(右)と同僚の向志傑(こう・しけつ)さん。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州では現在、約280頭の野生アジアゾウが生息しており、国内最大の個体群の生息地となっている。中国は近年、アジアゾウ保護の取り組みを強化しているが、ゾウの数が増えたことで生活区域が人間と重なり「人とゾウの衝突」が頻繁に起きるようになった。同自治州勐海(もうかい)県のアジアゾウ監視・早期警戒センターで監視員を務める普宗信(ふ・そうしん)さん(49)の仕事は、野生ゾウの群れの動きを監視し、周辺住民に注意を促して、ゾウによる住民への被害を減らすこと。普さんは毎日、同僚らと共に移動するゾウの群れを小型無人機(ドローン)で追跡し、早期警戒プラットフォームにリアルタイムに情報を提供している。風雨が強くドローンを飛ばせない時は、監視員の経験に頼ってゾウの群れを追い掛けることになるという。(シーサンパンナ=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020081700583

    野生ゾウの群れを追い続ける監視員雲南省シーサンパンナ  8日、同僚らと共に野生アジアゾウを探す普宗信さん(左端)。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州では現在、約280頭の野生アジアゾウが生息しており、国内最大の個体群の生息地となっている。中国は近年、アジアゾウ保護の取り組みを強化しているが、ゾウの数が増えたことで生活区域が人間と重なり「人とゾウの衝突」が頻繁に起きるようになった。同自治州勐海(もうかい)県のアジアゾウ監視・早期警戒センターで監視員を務める普宗信(ふ・そうしん)さん(49)の仕事は、野生ゾウの群れの動きを監視し、周辺住民に注意を促して、ゾウによる住民への被害を減らすこと。普さんは毎日、同僚らと共に移動するゾウの群れを小型無人機(ドローン)で追跡し、早期警戒プラットフォームにリアルタイムに情報を提供している。風雨が強くドローンを飛ばせない時は、監視員の経験に頼ってゾウの群れを追い掛けることになるという。(シーサンパンナ=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020081700562

    野生ゾウの群れを追い続ける監視員雲南省シーサンパンナ  8日、路上で野生アジアゾウに追いかけられた時の写真を見せる普宗信さん。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州では現在、約280頭の野生アジアゾウが生息しており、国内最大の個体群の生息地となっている。中国は近年、アジアゾウ保護の取り組みを強化しているが、ゾウの数が増えたことで生活区域が人間と重なり「人とゾウの衝突」が頻繁に起きるようになった。同自治州勐海(もうかい)県のアジアゾウ監視・早期警戒センターで監視員を務める普宗信(ふ・そうしん)さん(49)の仕事は、野生ゾウの群れの動きを監視し、周辺住民に注意を促して、ゾウによる住民への被害を減らすこと。普さんは毎日、同僚らと共に移動するゾウの群れを小型無人機(ドローン)で追跡し、早期警戒プラットフォームにリアルタイムに情報を提供している。風雨が強くドローンを飛ばせない時は、監視員の経験に頼ってゾウの群れを追い掛けることになるという。(シーサンパンナ=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020081700424

    野生ゾウの群れを追い続ける監視員雲南省シーサンパンナ  8日、同僚の向志傑(こう・しけつ)さんと協力してドローンを飛ばす普宗信さん(右)。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州では現在、約280頭の野生アジアゾウが生息しており、国内最大の個体群の生息地となっている。中国は近年、アジアゾウ保護の取り組みを強化しているが、ゾウの数が増えたことで生活区域が人間と重なり「人とゾウの衝突」が頻繁に起きるようになった。同自治州勐海(もうかい)県のアジアゾウ監視・早期警戒センターで監視員を務める普宗信(ふ・そうしん)さん(49)の仕事は、野生ゾウの群れの動きを監視し、周辺住民に注意を促して、ゾウによる住民への被害を減らすこと。普さんは毎日、同僚らと共に移動するゾウの群れを小型無人機(ドローン)で追跡し、早期警戒プラットフォームにリアルタイムに情報を提供している。風雨が強くドローンを飛ばせない時は、監視員の経験に頼ってゾウの群れを追い掛けることになるという。(シーサンパンナ=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020081700459

    野生ゾウの群れを追い続ける監視員雲南省シーサンパンナ  8日、野生アジアゾウの活動状況を知るため、ゾウのふんを調べる普宗信さん。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州では現在、約280頭の野生アジアゾウが生息しており、国内最大の個体群の生息地となっている。中国は近年、アジアゾウ保護の取り組みを強化しているが、ゾウの数が増えたことで生活区域が人間と重なり「人とゾウの衝突」が頻繁に起きるようになった。同自治州勐海(もうかい)県のアジアゾウ監視・早期警戒センターで監視員を務める普宗信(ふ・そうしん)さん(49)の仕事は、野生ゾウの群れの動きを監視し、周辺住民に注意を促して、ゾウによる住民への被害を減らすこと。普さんは毎日、同僚らと共に移動するゾウの群れを小型無人機(ドローン)で追跡し、早期警戒プラットフォームにリアルタイムに情報を提供している。風雨が強くドローンを飛ばせない時は、監視員の経験に頼ってゾウの群れを追い掛けることになるという。(シーサンパンナ=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020081700485

    野生ゾウの群れを追い続ける監視員雲南省シーサンパンナ  8日、野生アジアゾウの活動区域を通過しようとする車を止め、運転者にゾウの活動状況を伝える普宗信さん。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州では現在、約280頭の野生アジアゾウが生息しており、国内最大の個体群の生息地となっている。中国は近年、アジアゾウ保護の取り組みを強化しているが、ゾウの数が増えたことで生活区域が人間と重なり「人とゾウの衝突」が頻繁に起きるようになった。同自治州勐海(もうかい)県のアジアゾウ監視・早期警戒センターで監視員を務める普宗信(ふ・そうしん)さん(49)の仕事は、野生ゾウの群れの動きを監視し、周辺住民に注意を促して、ゾウによる住民への被害を減らすこと。普さんは毎日、同僚らと共に移動するゾウの群れを小型無人機(ドローン)で追跡し、早期警戒プラットフォームにリアルタイムに情報を提供している。風雨が強くドローンを飛ばせない時は、監視員の経験に頼ってゾウの群れを追い掛けることになるという。(シーサンパンナ=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020081700439

    野生ゾウの群れを追い続ける監視員雲南省シーサンパンナ  8日、赤外線カメラが捉えた、道路を歩く2頭の野生アジアゾウ。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州では現在、約280頭の野生アジアゾウが生息しており、国内最大の個体群の生息地となっている。中国は近年、アジアゾウ保護の取り組みを強化しているが、ゾウの数が増えたことで生活区域が人間と重なり「人とゾウの衝突」が頻繁に起きるようになった。同自治州勐海(もうかい)県のアジアゾウ監視・早期警戒センターで監視員を務める普宗信(ふ・そうしん)さん(49)の仕事は、野生ゾウの群れの動きを監視し、周辺住民に注意を促して、ゾウによる住民への被害を減らすこと。普さんは毎日、同僚らと共に移動するゾウの群れを小型無人機(ドローン)で追跡し、早期警戒プラットフォームにリアルタイムに情報を提供している。風雨が強くドローンを飛ばせない時は、監視員の経験に頼ってゾウの群れを追い掛けることになるという。(シーサンパンナ=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020081700438

    野生ゾウの群れを追い続ける監視員雲南省シーサンパンナ  8日、野生アジアゾウが食べたトウモロコシを調べる普宗信さん。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州では現在、約280頭の野生アジアゾウが生息しており、国内最大の個体群の生息地となっている。中国は近年、アジアゾウ保護の取り組みを強化しているが、ゾウの数が増えたことで生活区域が人間と重なり「人とゾウの衝突」が頻繁に起きるようになった。同自治州勐海(もうかい)県のアジアゾウ監視・早期警戒センターで監視員を務める普宗信(ふ・そうしん)さん(49)の仕事は、野生ゾウの群れの動きを監視し、周辺住民に注意を促して、ゾウによる住民への被害を減らすこと。普さんは毎日、同僚らと共に移動するゾウの群れを小型無人機(ドローン)で追跡し、早期警戒プラットフォームにリアルタイムに情報を提供している。風雨が強くドローンを飛ばせない時は、監視員の経験に頼ってゾウの群れを追い掛けることになるという。(シーサンパンナ=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020080602248

    緑に親しむ湿地公園天津市宝坻区  3日、上空から見た潮白河国家湿地公園。(小型無人機から)中国天津市宝坻(ほうてい)区にある総面積5500ヘクタール余りの潮白河国家湿地公園は、潮白河を中心に、両岸を緑化して「緑の回廊」を整備し、湿地体験や水辺のアクティビティなどを楽しめるようにした開放型の公園となっている。同公園は昨年末に国家林業・草原局から市内初の国家級湿地公園に指定された。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像